モノローグ 主題 歌。 秋山黄色 モノローグ 歌詞&動画視聴

ドラマ「ふたりモノローグ」特設サイト

モノローグ 主題 歌

スポンサーリンク 10の秘密・ED(エンディング)主題歌は秋山黄色「モノローグ」 「10の秘密」の ED主題歌が秋山黄色さんの「モノローグ」に決定しました。 秋山黄色さん…あまり耳にしたことない名前ですね。 それもそのはず、今回の 「モノローグ」がメジャーデビューとなる新人アーティストです。 しかも、ただの新人ではないとのこと! 「10の秘密」主題歌は書き下ろし楽曲 今作「モノローグ」はドラマ主題歌として 初の描き下ろし楽曲で、しかも メジャーデビュー後一作目の新曲という大注目の曲です。 ドラマ「10の秘密」のED主題歌に抜擢され、しかも初の書き下ろし新曲、さらにメジャーデビュー作とのこと。 秋山黄色さんが「10の秘密」の楽曲についてコメントをだされています。 無職の俺に大事な役目を任せていただいて本当に嬉しいです。 誰しもが抱えている、もう変えられない事を悔やむやりきれない独白。 それによって少しでも何かが変われば少しは救われるのにという思いをこの曲に込めました。 10の秘密に隠された10以上の本質に、楽曲も寄り添わせて楽しんでください。 akiyamakiro. 河西プロデューサーさんは「10の秘密」のED主題歌「モノローグ」の魅力を「主人公の心情にどこかシンクロしながら、サスペンスドラマを盛り上げてくれる素晴らしい楽曲」と語ってらっしゃいます。 「10の秘密」主題歌の歌詞 「10の秘密」ドラマの予告動画でバックでかすかに流れるのは確認できます。 素敵な声とサスペンスドラマにマッチするメロディですね。 歌詞についてはmujic. jpで無料で見れるようですので、是非チェックしてみてくださいね。 こちらの方はされていました! ただ、CDの発売ではなく配信されるようです。 「10の秘密」のED主題歌「モノローグ」は 2020年2月4日(火)の配信スタートとなっています。 10の秘密・挿入歌やサントラ情報まで網羅しよう 1月14日より放送の向井理さん主演ドラマ『10の秘密』の劇伴を林さんと担当いたします! 音楽も素敵に仕上がってきております。 10の秘密のサントラや挿入歌の担当者 「10の秘密」のサントラ、挿入歌の担当者は 林ゆうきさんと橘麻美さんのコンビと判明。 この二人はテレビドラマを始め、映画、アニメと過去複数のサントラを共同で担当されていました。 二人の共同作品の一部は下記の表の通りです。 作品タイトル 年・制作 媒体 プリキュアミラクルユニバース 2019年東映 アニメ映画 あなたの番です 2019年日本テレビ テレビドラマ スタートゥインクルプリキュア 2019年テレビ朝日 テレビアニメ 嘘の戦争 2017年カンテレ テレビドラマ 昨年大ヒットした 「あなたの番です」のサントラ担当者も二人のコンビでした! 林ゆうきさんは単独でも、• 僕のヒーローアカデミア THE MOVIE(2019年、東宝)• 僕だけがいない街(2016年、ワーナー・ブラザース映画)• 連続テレビ小説 あさが来た(2015年、NHK) などを手掛けてらっしゃいます。 人気作品に多く携わっておられる二人なのでドラマを盛り上げる音楽になること間違いなしですですね。 「10の秘密」の挿入歌、サントラも非常に楽しみです。 サントラ発売日 さて「10の秘密」のサントラの発売日はいつになるでしょう。 「10の秘密」のオリジナルサウンドトラックは2020年2月19日でした。 秋山黄色さんが歌うED主題歌「モノローグ」はもちろんですが、挿入歌・サントラの方もヒットする可能性があるかもです。 素敵な楽曲が聞けるドラマ「10の秘密」、!.

次の

秋山黄色、ドラマ『10の秘密』主題歌の新曲「モノローグ」配信スタート

モノローグ 主題 歌

秋山黄色が、1stフル・アルバム『From DROPOUT』収録曲「モノローグ」の"PLAY MOVIE Guitar "を公開した。 "PLAY MOVIE"は、秋山黄色のオフィシャルYouTubeチャンネルにて公開されており、今回の「モノローグ」は自身の楽曲のギター・フレーズを自ら弾いた"PLAY MOVIE"シリーズ第6弾となる。 今回"PLAY MOVIE"が公開された「モノローグ」は、向井 理主演のTVドラマ"10の秘密"主題歌として初めて書き下ろしを担当し、ミュージック・ビデオがYouTubeで550万再生回数を突破した話題の楽曲となっている。 やさぐれカイドー 2. モノローグ ドラマ『10の秘密』主題歌 3. クラッカー・シャドー 4. スライムライフ 5. chills? Caffeine 7. 猿上がりシティーポップ 8. 夕暮れに映して 9. ガッデム 10. エニーワン・ノスタルジー [DVD] ーMUSIC VIDEO- 1. やさぐれカイドー 2. 猿上がりシティーポップ 3. ドロシー 4. クソフラペチーノ 5. クラッカー・シャドー 6. 一躍彼の代表曲となった「やさぐれカイドー」や、自身初のドラマ主題歌「モノローグ」をはじめ、強靭な求心力を秘めたギター・リフやフック満載のサウンドを内包した楽曲が肩を並べる。 それらに胸を掴まれるまま身を委ねるうちに見えてくるのは、大人になりきれず、地べたをのたうち回りながら生きる男の姿だ。 大人と少年の狭間を揺れ動きながら周囲を拒絶し、孤独に悦楽すら感じていた男が、いつしか自分自身の心もとなさを受け入れてゆく。 そんな切実な感情を、時に狂おしく、時に朗々と歌い上げる秋山の歌心には目を見張るものがある。 名刺代わりと言うにはあまりに生々しく鋭利な、秋山黄色という歌い手の血肉を感じる快作だ。 (五十嵐 文章) 2017年末に活動を開始した22歳のソロ・アーティスト、秋山黄色。 今作はとにかく「やさぐれカイドー」が凄まじい。 秋山によるハーモニクスがアクセントとなるギター・リフにZAZEN BOYSの"柔道二段"松下 敦のパワフルなドラム、井上陽水のツアー・ベーシスト なかむらしょーこのグルーヴィなベース。 それだけで重厚且つキャッチーな旋律を生み出しているのだが、そこに"やさぐれ"感のある剛毅な歌声、突如まくしたてる言葉が相まって、耳にこびりつくキラー・チューンとなった。 と思えば、シンプルなバンド・サウンドに乗せて、"専門学校中退のフリーター"と謳う彼らしい、夢と現実との乖離を嘆き叫ぶ曲「とうこうのはて」なども収録。 宅録部屋から大きな一歩を踏み出す作品になった。 (稲垣 遥).

次の

『A3!(エースリー)』第三部開幕 主題歌「モノローグ」と“永遠”をテーマに紡がれる第9幕から新章を考察

モノローグ 主題 歌

スマートフォン向けアプリ。 5次元舞台やアニメ化など、さまざまなメディアミックスを展開中の人気タイトルだ。 そしてこの5月、待望の第三部がスタートした。 今回はストーリーの公開に先駆け解禁されていた、新生春組リーダーの佐久間咲也が歌う主題歌「モノローグ」を軸に、メインストーリー第三部について考えてみたい。 (エースリー)メインストーリー第三部前半PV まず「モノローグ」を聴いて、普段の人懐っこく元気いっぱいな咲也のイメージとは少しだけ異なる印象を受けた人も多いだろう。 その歌声は聴く人に優しく語りかけるようで、心に深くしみる。 若かりし頃に同じ夢を追っていたであろう4人は、皆で歩いていた道から大きく離れてはいないものの、今は同じ方向を見ていないようだ。 大人になるということは、諦めた夢との折り合いをつけながら生きていくことでもあるから。 第二部の終わりで、咲也はあるメンバーが劇団に別れを告げようとしたできごとを思い出し、「みんなとはずっと永遠に一緒にいられると信じていたが、そうではなかった」と話す。 おとぎ話の中に住んでいない人々は、「めでたしめでたし」の先を紡いでいかねばならないのだ。 そういう意味ではたしかに、永遠などないと言えるのかもしれない。 自分を認められなかった人も、立ち止まっていた人も、心を燃やせるなにかを探していた人も、1人では叶えることができなかった願いを、この場所で色とりどりの花のように咲かせることができたのだ。 第9幕ですでに面識ができた人たちもいるようだが、これから大人たちは、かつて過ごした場所で夢を追いかける若者たちと出会うのだろう。 フルール賞という大きすぎる目標を追いかける若い役者たちは、青臭く見えるかもしれないし、眩しくも見えるかもしれない。 だがそれは、今は永遠を信じられなくなってしまったいつかの自分たちと同じ姿であるはずだ。 だから今、枯れて乾いたように見える木は、がむしゃらに夢を追いかける輝きや熱を浴びて、ふたたび花を咲かせることもあるかもしれない。

次の