ひかり の タクト ドラクエ ウォーク。 ドラクエウォーク ひかりのタクトが有能すぎる件

【ドラクエウォーク】いやしのかぜの効果と回復量の上げ方【全体回復スキル】

ひかり の タクト ドラクエ ウォーク

さとりのつえには呪文効果プラスしかついていない さとりの杖についている特技は「いやしの波動」。 名前からして状態異常を治してくれるのかな、と思うけど別にそういうわけではない。 いやしの風の上位版、という感じで全体回復してくれます。 じゃあどのくらいあがるのか、というのが気になるところですが、ここが実にやっかい。 いやしの風の回復量は基本的には回復魔力(500が上限)依存で、それにスキル・特技プラス効果がのっかって回復量が決まります。 ところが、さとりの杖には特技プラス効果がついていないので、純粋にこころと心珠、装備についているスキル・特技プラス効果が反映されていやしの波動の回復量が決まることになります。 とどのつまり、 いやしの波動の回復量はこころと心珠に大きく依存する、ということ。 そのかわりさとりの杖には呪文プラス効果がついているので、ベホイミなどの呪文の回復量はあがります。 ただし、これまたやっかいなところが、 いやしの風の上限は回復魔力500でしたが、いやしの波動の回復魔力上限はそれを上回る650らしい。 これらの要素が複雑なので、さとりの杖に対する評価がわかれているのかな、と。 賢者のレベル45のパッシブつけば波動で180ほど回復しました。 さとりの杖を装備して全体回復量がかなりあがるのは超ガチ勢 ひかりのタクトのいやしの風回復魔力の上限は500なので、どんなに回復魔力が高くなってもスキル・特技プラスしないと回復量は上がりませんでした。 ところが、さとりの杖のいやしの波動の回復魔力の上限は650なので、回復魔力を超盛れるガチ勢は、さとりの杖に変えると全体回復量がひかりのタクトより結構あがるなあ、と感じるのではないでしょうか。 例えば装備でロザリー上を凸っていたりとか、さとりの杖を4凸できる人とか。 緑こころで超強いのがくればさとりの杖が輝く! 回復魔力がデスピサロ級に高くてスキルプラスも10%以上で、とかの緑こころがくれば、さとりの杖かなり強くなりますよね! メタルホイミンもちろん強いのですが、インフレ抑えてきた印象です。 新メガモンスターに期待?! 3月12日でトロルとドラゴンが終了とのお知らせがきていましたよね。 その代わりに何が実装されるのか。 もしこれで強い緑こころがくれば、さとりの杖を狙いにいっても良いかもしれません。 ひとつは魔法戦士用の黄色だと思いますが、もうひとつが緑の可能性はおおいにある!!でも星1の代わりだしどうでしょう。 さとりガチャは3月26日までなので、新メガモンスターと魔法戦士の様子をみてから引くかどうか考えても良さそう。 現状ひかりのタクトがない方は、さとりシリーズは全体的に外れないし、引いてみるのは大アリだと思います!! 死ななければ勝てる!!!!からね。 笑 まとめ 現環境ではひかりのタクトがあればそんなにさとりの杖の必要性はないけど、これから緑こころがインフレすれば欲しかった、と後悔する可能性あり! 引くか迷っているなら新メガモンと魔法戦士の様子をみてから考えてみては? aichan-y29.

次の

【ドラクエウォーク】いやしのかぜの効果と回復量の上げ方【全体回復スキル】

ひかり の タクト ドラクエ ウォーク

今作は全体攻撃を持つ敵も多く、全体回復スキルが必要になってきます。 ボス攻略にも重宝しますので是非覚えて役立てて下さい。 最初の内は回復量も少なくそんなに変わらないかもしれませんが、回復量が多くなるにつれてこの特殊効果が真価を発揮してきます。 回復量20の20%はたった4しか上がりませんが、回復量100になると20もアップしますからね。 MP回復をもつので連戦も可能 武器レベルを20にすると 戦闘終了後にMPを10回復を習得します。 また杖の特性で通常攻撃をするとMPを回復します。 これによってMPのもちがよくなりレベル上げやボス戦での連戦がしやすくなります。 ザオラルを習得できる さらにこの武器の利点として、麻痺を直すキアリクや蘇生呪文 ザオラルを習得できます。 どのゲームでも重要な役割を持つ甦生呪文ですが、今作のドラクエでは戦闘でHPが0になっても終了後にはHP1で復活するので有り難みが少ないです。 ただ戦闘中でも確実に生き返らせることができるので、ボスなどの長期戦や死にやすい低レベルのキャラが経験値をもらうために使ったりと役立つ場面はあるでしょう。 また、後々即死攻撃をしてくる敵やボスが出てくることもあるのでタクトを複数持ってゾンビアタック!なんて日が来るかもしれません。 「ドラクエウォーク(DQW)」の回復魔呪文ベホイミを覚えるベホイミスライムのこころSの便利な使い方についてご紹介します。 このこころを装備させることによって戦術にも幅がでるので是非入手してみて下さい。 また火力のあるボスや複数いるボス戦では いやしのかぜ持ちが2人いると安定がとれることがあるので、ひかりのタクトを2本持っている場合でも限界突破せず 複数所持しておくことをオススメします。 限界突破で得られる効果がじゅもんダメージ+5%で回復量と関係がないことも理由の一つです。 最後に このような性能からリセマラランキングでも上位にランクされています。 優秀な武器ですので手に入れた際は是非武器のレベルを上げて使ってみましょう。

次の

【ドラクエウォーク】Wタクト信者によるザオラルマウント!ぶっ壊れ性能なのか?

ひかり の タクト ドラクエ ウォーク

かいふく魔力の差からユグドラシルのみ、やや低めの回復量となった。 ユグドラシルでも代用可能 やや回復量は劣るものの、いやしの風目当てであれば星4杖のユグドラシルでも代用は可能。 かいふく魔力はさらに下がってしまうが、その他のいやしの風持ち武器でも全体回復はできる。 結論:どっちが強い? 筆者の個人的な結論です。 重視する基準は各プレイヤーによって変わると思うので、ご了承の上ご覧ください。 サポート特化でロッドが便利 ドラゴンロッドの最大の利点は、 僧侶がバイシオンで攻撃力アップサポートができるようになること。 試練の扉など、短いターンで素早く敵を倒す必要のあるクエストで役立つ。 もちろん使い分けは可能 高難易度回復はひかりのタクト 高難易度ではザオラルによる蘇生も含め、ひかりのタクトの方が役立つケースもある。 攻撃面も大きな差はないため、回復に専念するのであれば無理にドラゴンロッドを持たせる必要はない。 ロッドはメガモンスター討伐に役立つ メガモンスターのソロ討伐時には、高いHPを削り切るまでがどうしても長期戦になりがち。 ドラゴンロッドは バイシオンによる火力アップや全体回復とできることが多い。 1人で複数の役割を持てるのは魅力だ。 ドラクエウォークの関連記事 最新おすすめ記事 メガモンスター討伐にギガンテスが追加!弱点や耐性はこちら。

次の