病院 マスク 不足。 マスクに続いて消毒液も不足!?病院で手術ができなくなる可能性も?|*るなわんメモ*

病院のマスク不足に救いの手 「商社以外」のルートで入手、高騰分を補填する支援も

病院 マスク 不足

東京都内の病院で働く看護師の女性(45)は、不安をぬぐい切れない。 入院患者は日々増え続け、女性が働く一般病棟も新型ウイルス専用病棟に切り替わった。 今後は重症者でベッドが埋まることも予想される。 頻繁なたんの吸引作業や介護支援、人工呼吸器の管理などの負担が格段に増す。 受け持つ病棟のベッドは約40床で、担当の看護師は20人弱。 妊娠や持病を抱えるなどの理由で、別の病棟へ異動となった同僚らの補充はないままだ。 週1~2回の夜間勤務は看護師3~4人で維持している。 女性は普段朝6時半には家を出て、帰宅できるのは夜7時ごろ。 どんなに疲れていても家に帰れば、小学生と中学生の子供の育児や家事も待っている。 「マスクは使い捨てが理想だけど、今は1日1枚。 このままの勤務環境が続けば、家庭にウイルスを持ち込み、家族にうつしてしまうのではないか」。 緊張感は常に消えない。 スウェーデン466・1人、アメリカ419・9人など他の先進国と比べ、人員の圧倒的な少なさが際立つ。 PR 日本看護協会は人員不足に対応するため、資格を持つものの勤務していない潜在看護師の復職支援を進めるが、窮状は続く。 同協会の福井トシ子会長は今月3日の会見で「感染症患者を担当していない看護職にも多大な業務負荷がかかっている」と医療現場の実態を強調。 数十人の入院患者を看護師数人で見るといった夜勤体制の現状についても「看護職の免疫力低下を招き、感染しやすい状況を作ることになる」と危機感をあらわにした。 実際に集団感染を起こした永寿総合病院(東京都台東区)では、感染者191人のうち医師が8人だったのに対し、看護師・看護助手は48人に上った。 医師が1日1枚なのに対し、看護師は2日に1枚というところもあり、「使用済みのマスクを『ビニール袋』にしまい、2日使用することの感染リスクを考えると納得がいかない」との意見が寄せられた。 PR 深刻だったのは、子供の休校措置による影響だ。 総じて看護師の2割が休暇を取らざるを得ず、外来休診・新規患者の受け入れ停止に追い込まれたり、休んだ看護師の分、他の看護師が長時間労働や夜勤回数の増加を強いられたりしているケースも出ているという。 「夫が会社から出勤を停止された」「子供の保育所から通園を拒否された」。 感染リスクと隣り合わせの職場のため、家族が偏見や差別的扱いを受けているとの訴えも相次いだ。 日本看護協会には、感染した看護師が心的外傷後ストレス障害(PTSD)に陥った事例や、子供がいじめを受けたとの報告も寄せられている。 「最前線で闘う看護職や医療機関へ、エールを送ってほしい」。 福井会長はそう呼びかけた。

次の

【特別寄稿】コロナ危機はまだ去っていない!都民の命をこのまま小池都知事に任せておいていいのか!? 小池都政のもと、クラスター感染した「都立墨東病院」の惨状を渾身レポート!!

病院 マスク 不足

マスク不足の対応に追われている京都大医学部付属病院(京都市左京区) 新型コロナウイルスの感染が拡大する中、京都の病院がマスク不足への対応に追われている。 感染リスクが高い病院では通常、医師や看護師らが一日に何度もマスクを交換するが、現在は支給数の制限や節約の呼び掛けをしている。 京都大医学部付属病院(京都市左京区)では使用数が原則として1週間1枚になっている。 京都市内の病院関係者からは「マスクを確保できる見込みは立っていない」と不安の声が漏れる。 「1週間に1枚しか使えないなんて衛生上あり得ない」。 京大病院に勤める女性医師は訴える。 普段は診察や手術のたびにマスクを交換していた。 だがマスクの確保が不安定になったとして、2月に医師や看護師らに対し1人当たり1日1枚の使用とする旨が病院から通知された。 3月6日には原則として1週間1枚の使用制限が伝えられたという。 感染制御の専門知識を持つこの医師は「マスクのフィルター機能が損なわれるので1日1枚が限度」と指摘。 新型コロナウイルス以外にもさまざまな感染症のリスクに対処する上で、現状のマスクの支給態勢に懸念を示す。 「マスク不足への不安は現場から伝えていた。 病院側は対応が遅かった」と話す。 京大病院によると、通常は週に計2万枚を院内で支給していたが、3月の使用制限開始時に在庫は4万枚になっていた。 その後、マスクの納入が進み17日時点は10万枚に回復している。 1週間1枚の使用に伴う衛生上の懸念については「マスクは肉眼的に汚染されれば交換する。 必要時には各部署へ配布をしている」としている。 ほかでも京都市立病院(中京区)は、マスクを購入していた中国・武漢のメーカーから納品が滞り、使用の節約を呼び掛けている。 三菱京都病院(西京区)も2月中旬から、医療者は原則1日1枚の使用制限に切り替えた。 府立医科大付属病院(上京区)は1カ月分の在庫があるが「今後のマスク納入状況は予断を許さない」。 3月上旬からマスクの交換を減らすよう院内に伝えている。 マスク不足を受け、京都府は医療機関にマスク46万枚を19日までに配布。 「さらにマスクが必要となることは理解している。 今後もマスク入手の対策を講じたい」と説明する。 医療機関へ同日までに約4万枚を配布した京都市も「いつまでこの状況が続くか分からないが、確保に努めていきたい」としている。

次の

医者がマスクない病院の現状とは!?閉院・休院理由がマスク不足って大丈夫?

病院 マスク 不足

総合病院の看護助手として働き始め、約3週間。 少しずつ業務にも慣れてきた。 最初に「感染についての講義」を受け、手洗い・マスク着用の重要性を教えられた。 知ってるけどね。 施設でも毎年勉強会が必須だし、外部研修も交代で、誰かが毎年受けに行かなくてはな らない。 でも、施設より病院の方が厳しいのは当然だね。 いろいろな病気を持っている人に対応するのだから。 感染を持っている方のベッドにはカーテンが引かれ、なぜかアライグマの絵が描かれた 紙が貼ってある。 (手洗いしましょう、のマークなんだろね) でも感染者が同室に集められていないのは、保菌者と言うだけで重い症状が出ているわ けではないからだと思う。 感染の種類としては ウイルスによるもの、と細菌によるもの、寄生虫によるもの等がある。 <ウイルス性> インフルエンザ ノロウイルス ロタウイルス 肝炎 HIV そして今問題の 新型コロナもウイルス 等 <細菌性> MASA レジオネラ 緑膿菌 結核 白癬(水虫)等 施設とは比べ物にならないくらい、感染対策は徹底している。 マスクは常に着用、一度外したものは処分。 患者に触るときは、使い捨て手袋着用。 おむつ交換時、手袋と使い捨てナイロンエプロン着用。 ひとり済むと破棄、+手指消毒 勿体ないくらい、手袋、エプロン、マスクをバンバン捨てる。 それほど徹底した感染対策してるのに、、、、 先日より急に マスク禁止令! は?? 感染者に対応するときと、トイレ掃除や、おむつ交換後の容器をハイター消毒するとき は着けて良いが、それ以外は着けないように、、、だって。 いやだよう~ マスク買い占めしてる人!病院に寄付しておくれ~と言いたい。 じゃあ家から持ってくるわ!と言う人もいて、それはOKなんだって。 私も今少し持ってるけど、、 ほんとに売ってないね。 全部なくなったらどうするんだろう。 楽天で検索したら あった!! けど めちゃ高くなってるわ 買えない・・・.

次の