ギャップ マインダー。 FACTFULNESS(ファクトフルネス) 10の思い込みを乗り越え、データを基に世界を正しく見る習慣

統計をエンターテインメントに変えた天才ハンス・ロスリングのTED動画をランキングにしてみた

ギャップ マインダー

世界への認識を妨げる「ドラマチックな本能」 多くの人が、チンパンジーにすら勝てないのはなぜだろう? ランダムに答えた場合よりも、たくさん間違えてしまうのはなぜだろう? 「ファクトフルネス」 ハンス・ロスリング、オーラ・ロスリング、アンナ・ロスリング・ロンランド(上杉周作、関美和約) この本の結論は、 ドラマチックな本能に流されず、事実で正しく世界を認識しよう というもの。 記事冒頭のクイズの正解は 「3. 60パーセント」。 しかし、ほとんどの人間が「1. 20パーセント」か「2. 40パーセント」を選んでしまうのだそうです。 著者は、様々な国やグループの人に対してこういった「クイズ」を試してみたものの、まともに正解できる人がほとんどいなかった。 3つの正解のうち適当に1つを選ぶ「チンパンジー」よりも回答率の高い集団は、ほとんどいなかったそうです。 つまり、ほとんどの人間が何らかの原因で「世界の見方を誤っている」。 著者が出した その原因は「ドラマチックに世界を見てしまう本能」です。 その本能が、ほとんどの人間に世界への認識を誤らせている。 著者は「ドラマチックに世界を見てしまう本能」の具体例を示し、それぞれの「本能」を抑え「世界を正しく認識する方法」を教えてくれるのです。 「ファクトフルネス」と著者の紹介 「ファクトフルネス」の主な著者は ハンス・ロスリング。 ハンス・ロスリングは医師であり、公衆衛生学者でもあります。 2005年に、オーラ・ロスリング(息子)とアンナ・ロスリング・ロンランド(息子の妻)と共にギャップマインダー財団を設立しています。 このギャップマインダー財団の活動は「事実に基づく世界の見方」を広めること。 ハンス・ロスリングは長らくこの活動に携わってきたとのことです。 残念ながら、ハンス・ロスリングは「ファクトフルネス」出版前の2017年2月に亡くなっています。 そして「ファクトフルネス」はハンス・ロスリングが 息子のオーラと、その妻アンナと共に死の直前まで書いた本です。 ハンス・ロスリングの死後、オーラとアンナがこの本を完成させ、2018年に出版となりました。 ハンス・ロスリングの遺志を継いで出版された「事実を基に世界を見る」ための本なのです。 「ファクトフルネス」の内容 「ファクトフルネス」とは この本のタイトルにもなっている「ファクトフルネス」とは 「事実に基づいて世界を見ること」を意味する著者の造語です。 「ファクトフルネス」の冒頭には、この記事のはじめに紹介したようなクイズが「あと12問」掲載されています。 すでにご紹介したとおり、様々な国や知識層の人にこのクイズを試してみても、 ほとんどの人が「チンパンジーよりも悪い点」しかとることができない。 その原因は「ドラマチックに世界を見てしまう本能」。 「本能」というだけあり、 誰もがその「本能」を持っていて、そして世界を誤って認識してしまう。 著者によれば、この 「本能」は10種類あるとのこと。 この「ドラマチックに世界を見てしまう本能」を抑えなければ正しい世界の姿は見えてこないのです。 10種類の「本能」 著者が示す 10種類の「本能」は、次のとおり。 この10種類の「本能」について、著者はクイズの結果や現在の世界のデータから、それぞれが「どのような本能」かを教えてくれます。 そして、 それぞれの「本能」を抑える方法まで示してくれているのです。 世界は思ったほど悪くはない この「ファクトフルネス」が教えてくれる「ドラマチックに世界を見てしまう本能」は、「本能」だけあって、どれも身に覚えがあるようなものになっています。 例えば「分断本能」や「ネガティブ本能」の説明の中では、ほとんどの人が「実際よりも世界は悪い」と認識していることが示されます。 つまり ほとんどの人は「事実(データ)が示す世界」よりも「悪い世界」をイメージしている。 それが人間の「本能」なのだとこの本は指摘しています。 ただ問題なのは、ほとんどの人が 事実(データ)に関心も抱かず、ただ漠然と「本能」のままに世界を認識していること。 そしてまた、 ぼくが連想したのは以前に紹介した本「最高の体調 ACTIVE HEALTH」のこと。 「最高の体調 ACTIVE HEALTH」 では、「生物としての人間の肉体」が現代という時代に適応していないことが指摘されていました。

次の

ベビーシッターとチャイルドマインダーの違いは?子どもの預け先選びで意識したこと|ベビーシッター探すならキズナシッター

ギャップ マインダー

昨日、統計アニメーションソフト、ギャップマインダーっていうサイトを見つけたんだけど、これがおもしろい!このソフトは、スウェーデンに拠点を置くギャップマインダー財団が、2007年にグーグルに買収されてそれ以来開発を進めてきた統計のソフト。 何が出来るかっていうと、各種統計データを過去から未来の推移を動画で見れるんだ。 例えば、1960年ごろから2006年までの国別の石油の消費量と人口数の関係が見たい!と思ったら、このサイトで左のバーで石油の消費量、右のバーで国別人口数を選んで、プレイを押すだけで、瞬時に動画にしてくれる。 これは凄い。 Googleのトレンダライザー Trendalyzer スウェーデンのギャップマインダー財団から購入 ちなみに、SEO関連のブログのほとんどはリンクベイト狙いか、順位がどうのとかYahoo! で更新があったとか、役立たずが多いが、優れたアフィリエイターや上記ブログのようなファイナンシャル関係は、お宝情報によく当たって嬉しい。 やはり、お金を稼いでいる人たちは、情報の嗅覚も違うってことだろうか… 百聞は一見にしかず。 Videos — Gapminder. org• まったくアカデミックな資金援助とは考えられないので、いずれ、時系列の統計情報処理はAdWords、Analyticsに活かされるのかもしれない。 やれやれ、Googleは着々とターミネーターの世界をつくっているんだね。 さて、トレンダライザー、Trendalyzeはともかく、ギャップマインダーやギャップマインダー財団を検索して、次の記事を発見した。 — アラン・アトキソン:ニュースレター|ウェーブフロント・ニュースレター 第7号 2004年4月19日発行 推薦図書 ギャップマインダー 特に推奨! ギャップマインダーは 複雑な発展動向が簡単に理解できるよう、動的グラフで表したウェブサイトである。 このサイトのソフトウェアは動向に動きをつけるので、収入や健康、教育な どの問題が、時代や場所によってどのように変化するかを参照することができる。 その画像は美しく、役に立つうえに、少しくせになる! アラン・アトキソンは2004年にギャップマインダーを見つけて絶賛している。 そして、Googleが2007年に買収。 それを伝える記事が次。 Invest in Sweden Agency — ISAについて ISA(Invest in Sweden Agency)は、スウェーデンでのビジネスチャンスに関する情報を外国投資家に提供する政府機関です。 ISAは本部をストックホルムに置き、東京、ニューヨーク、上海に支部を、ロンドン、デンマーク、フィンランド、ドイツ、イタリア、オランダ、韓国、台湾に代表事務所を設置しています。 例えば、Googleに買収された日本の企業や技術ってあるのだろうか? また、日本政府は、ISAのような活動を行っているのかな? やるわけないよね。 むしろ、すでに日本企業に投資している外国人投資家を排除しようとしてるんだから。 裁判官とか、経済産業省とか…• Googleで順位変動が起こるのはサイトのパターンに問題あり。 脆弱性がペナルティを召喚... iPadを復元から、バックアップを復元で、プッシュ通信荒らしから解放された... livedoorはNAVER。 2011年は検索とECサイトも激変か... ChromeでページのHTMLソースを見ようとして発見した超優れもの機能... ブラックハットや低レベルのSEOがかなり危険になってきた…... ブレードランナーが処刑するのはアンドロイドのレプリカント「ネクサス6型 Nexus-6 models」... クラウドは、コンシューマーよりもスモールビジネスやスタートアップのビジネスモデルに寄与... PC用ページをモバイル向けに変換するGoogleの超すぐれ機能。 だがしかし弊害も... 底なしの株価下落傾向。 でも資金があれば超買い時かも... 投資家は脊髄反射でYahoo! 株を買いGoogle株を売る。 新聞は真っ先に報道する。...

次の

TED日本語

ギャップ マインダー

Gapminder, Motion Chartの使い方、作り方How to make Gapminder motion chart Gapminderの使い方、Google Motion Chartの作り方、Excel, JMP, R, SOCR での作成 GAPMINDERは、 でも紹介され、注目を集めています。 2017年2月、ハンス・ロスリング氏が逝去されました。 お悔やみ申し上げます。 世界情勢、社会問題等の膨大な統計データを内蔵しており、これらの膨大な数値を5次元で一度に閲覧でき、考察することができます。 (5次元は、X軸、Y軸、時間、プロットサイズ、色で表現されています. ) ここの[GAPMINDER WORLD]で、実際に操作することができます。 また、デスクトップ版をダウンロードしてローカルで使用することもできます。 (要Adobe Air) 下記に記載したGapminderは、FLASH版であったため、現在改良された非FLASH版がメインに公開されています。 インターフェースはある程度異なりましたが、機能はほぼ同じです。 FLASH版もまだ公開されています。 使用法は簡単ですが、下記に日本語への翻訳版を置きました。 同上 同上 GapminderのDOWNLOADSタブの一番下にある1970年から2000年までの各国における収入分布図は、大変興味深いグラフです。 この間に日本は、貧困? 、中流、裕福の3つのピークを持つ分布から、尖度の大きい(幅の狭い)正規分布に移行し、貧富の差のない理想的?な社会となったのがわかります。 (裕福な層の上昇よりも貧しい層の上昇の方が大きい)この分布の変化は、中国と真逆であり、ブラジルの富裕層と金額的に一致し、旧ソ連と開放前の中国と形状が一致しています。 また、この後の10年超で多少広がったと思われる日本の貧富の差がどの程度であるのか?も興味深いところです。 ナイジェリアの変化は、悲惨です。 これと同様の動くグラフを作成する機能は、Googleをはじめとして、いくつか提供されており、以下に簡単な解説をのせました。 いずれもデザインは本家のGapminderに劣るようです。 Google Motion Chartの作り方 グラフの作成法 Gapminder社をGoogle社が買収し、Google DriveのSpread Sheet MS-Excelに類似 の機能の一つのMotion Graphとして実装されています。 itmedia. google. Motion Chart用のGoogle Sheetのデータフォーマットは、下記のとおりです。 1行目は、タイトル.2行目からデータを入力 A列は、独立したプロット点の名称(例:国名)(交換不可) B列は、時間軸。 (例:年)(交換不可) C列は、X軸となる数値データ(例:一人当たりの収入)(交換可能) D列は、Y軸となる数値データ(例:平均寿命)(交換可能) E列は、A列をまとめるカテゴリー等、プロットの色となる(例:大陸)数値データでも良い。 (交換可能) F列は、プロット円の径となる数値(交換可能) G列以降は、数値/文字データ等(交換して表示される) D列までが必須です。 行の順番は、順不同。 時間の順でなくとも問題ありません。 操作法は、Gapminderとほぼ同様です。 Excelで Motion Chartを作る その1 Lloyd's(英ロイズ社.世界的保険市場)では、VBAを使ってExcel上でMothin Chartを実現するファイルを公開しています。 ここで公開されているファイルのRAWDATAシートを入れ替えることによって自分のデータをMotion Chartとすることができます。 INPUTシートは、RAWDATAから自動生成されますので、変更してはいけません。 INTROシートに使用法が解説されています。 データを変更した場合、[CHART]の[Update]を行うこと. [Play]でスタート、[Esc]でストップ その2 S Anandさんのブログに掲載 Excelのサンプルファイルがあります。 統計ソフトJMPで Motion Chartを作る では、Ver. 7からモーション・チャートの機能が追加されたようです。 操作が簡単で、プロット点のカテゴライズを加えて6次元データとして表示できます。 Flashファイルに書き出す機能があり、ブラウザ内で(ローカルにも)実行できます。 データの入力例 地域は、カテゴリーデータ. 年は、順序データとしています。 それ以外は、連続データに設定します。 Mothin Chartが作成され、[実行]で動作します。 Rで Motion Chartを作る オープンソースの統計ソフトRによってモーションチャートを作成することができるようです。 (試みていません) 下記参照 GoogleVisGoogle Visualisation API をR で利用する:googleVis-0. 16 パッケージ入門 関西大商学部 荒木孝治 を使う サイト Top 50 ggplot2 Visualizations - The Master List With Full R Code 内の に作製法の解説があります。 他にも多種のグラフについてRのソースと共に解説されています。 SOCRサービスで Motion Chartを作る The goals of the Statistics Online Computational Resource SOCR are to design, validate and freely disseminate knowledge. (試みていません) Dex: The Data Explorerで Motion Chartを作る 高機能なオープンソースソフトウェアであり、Time Lapse or Motion Charts が作成できるようです。 (試みていません) その他モーションチャート機能を持った新サイト.

次の