イングランド サッカー リーグ。 プレミアリーグって、どんなリーグ? 視聴方法についても紹介します【イングランド】|早起きラガード.com

イングランドの女子サッカーリーグ「FA女子スーパーリーグ」について

イングランド サッカー リーグ

イングランドサッカーのリーグ構成は、20クラブからなると72クラブからなる(EFL)よりなっており、フットボールリーグはそれぞれ24クラブからなる、、の3つのディビジョンに分かれている。 EFLの下には、プロ・アマ混成のが存在している。 フットボールリーグは、に創設された世界最古のプロリーグである。 12クラブにより創設され、その後チーム数を急速に伸ばし、複数のディビジョンに分割され、には4つのディビジョンに合計92のクラブが所属している。 にはプレミアリーグが創設され、フットボールリーグはその下部リーグとなった。 より、フットボールリーグのディビジョン名称がそれまでのファーストディビジョン、セカンドディビジョン、サードディビジョンから現在のものに変更になった。 構造 [ ]• プレミアリーグ(20クラブ) 下位3クラブが自動降格• EFLチャンピオンシップ(24クラブ) 上位2クラブが自動昇格 3位から6位のうち、プレーオフにより1クラブが昇格 下位3クラブが自動降格• EFLリーグ1(24クラブ) 上位2クラブが自動昇格 3位から6位のうち、プレーオフにより1クラブが昇格 下位4クラブが自動降格• Edmundsbury Football League Division Two — 7 clubs Stroud and District League Division Six — 14 clubs Yorkshire Amateur League Division Four — 12 clubs NOTE: No league has its top division at level 19 20 — 11 clubs Central and South Norfolk League Division Four — 12 clubs Devon and Exeter Football League Division Eight — 12 clubs Mid-Sussex Football League Division Seven — 10 clubs St. 12回• (5回)• (3回)• (2回)• (1回)• (1回)• (1回)• (2回)• (1回)• (1回)• (2回)• (1回)• 優勝(注 : UEFAカップ、フェアーズカップ優勝を含む)10回• (3回)• (2回)• (2回)• (1回)• (1回)• (1回)• (注 : UEFAカップに統合) 8回• (2回)• (1回)• (1回)• (1回)• (1回)• (1回)• (1回)• (3回)• (1回)• (1回)• (1回)• (1回) 脚注 [ ].

次の

イングランド7部 ノンフットボールリーグのレベルは?

イングランド サッカー リーグ

順位表• シーズン 歴代優勝クラブ 勝点 勝 分 敗• マンチェスター・シティ 98 32 2 4• マンチェスター・シティ 100 32 4 2• チェルシー 93 30 3 5• レスター 81 23 12 3• チェルシー 87 26 9 3• マンチェスター・シティー 86 27 5 6• マンチェスター・ユナイテッド 89 28 5 5• マンチェスター・シティー 89 28 5 5• マンチェスター・ユナイテッド 80 23 11 4• チェルシー 86 27 5 6• マンチェスター・ユナイテッド 90 28 6 4• マンチェスター・ユナイテッド 87 27 6 5• マンチェスター・ユナイテッド 89 28 5 5• チェルシー 91 29 4 5• チェルシー 95 29 8 1• アーセナル 90 26 12 0• マンチェスター・ユナイテッド 83 25 8 5• アーセナル 87 26 9 3• マンチェスター・ユナイテッド 80 24 8 6• 順位 チーム名 勝点• 1 リヴァプール 86• 2 マンチェスター・シティ 63• 3 レスター・シティ 55• 4 チェルシー 54• 5 ウルヴァーハンプトン・ワンダラーズ 52• 6 マンチェスター・ユナイテッド 49• 得点ランキング• 順位 選手名 得点数 試合数• 1 ジェイミー・ヴァーディ 19 28• 2 ピエール・エメリク・オーバメヤン 17 29• 2 モハメド・サラー 17 27• 4 セルヒオ・アグエロ 16 24• 4 ダニー・イングス 16 31•

次の

サッカー四大リーグの特徴とレベル、CL・ELの仕組みの基本を徹底解説【2019年版】

イングランド サッカー リーグ

ボーンマスは25日、6月末で退団する5選手を発表した。 退団する選手は、元イングランド代表FW 37 、スコットランド代表MF 26 、MF 24 、FW 20 、DF 20 とのことだ。 デフォーは、ウェストハムでプロデビュー後、2000年10月にボーンマスにレンタル移籍。 その後、トッテナムやポーツマス、トロントFC、サンダーランドなどでプレー。 2017年7月にボーンマスへ加入していたが、今シーズンはレンジャーズへとレンタル移籍していた。 ボーンマスでは、公式戦通算34試合に出場し4ゴール2アシストを記録していた。 フレイザーは2013年1月にアバディーンからボーンマスへ加入。 今シーズンは主力としてプレミアリーグで28試合に出場し1ゴール4アシストを記録。 公式戦通算では208試合に出場し24ゴール33アシストを記録していた。 関連ニュース ウォルバー・ハンプトンは24日、プレミアリーグ第31節でボーンマスと対戦し、1-0で勝利した。 リーグ戦6試合無敗の6位ウルブズ 勝ち点46 が、ホームに降格圏に沈む18位ボーンマス 勝ち点27 を迎えた一戦。 直近のウェストハム戦を完勝したウルブズは、その試合から先発を1人変更。 デンドンケルに代えてアダマ・トラオレを先発に起用した。 試合はゴールレスで迎えた後半に動く。 60分、右サイドをドリブルで持ち上がったアダマ・トラオレがクロスを供給すると、ヒメネスがヘディングシュートを叩き込み、この試合は初の枠内シュートでウルブズが先制に成功した。 先制したウルブスは、78分にもモウティーニョの右CKからボリが決定機を迎えたが、このシュートは相手GKの好セーブに阻まれた。 その後も互いに選手交代で展開の打開を図るが膠着した状態が続く。 そんな中、ウルブズは後半アディショナルタイムにチャンスを迎える。 94分、自陣中盤でボールを受けたペドロ・ネトがドリブルで持ち上がると、そのままボックス内まで侵入。 相手GKとの一対一を迎えたが、シュートはわずかにゴール右に逸れた。 結局、試合は1-0でタイムアップ。 ヒメネスのゴールで逃げ切ったウルブズが、再開後2連勝を飾り、来季のチャンピオンズリーグ CL 出場権を争う上位陣を追走している 2020. 25 04:16 Thu ボーンマスは17日、複数選手との短期契約延長合意を発表した。 合意者は主将のイングランド人DFサイモン・フランシス 35 をはじめ、元ポーランド代表GKアルトゥール・ボルツ 40 、イングランド人DFチャーリー・ダニエルズ 33 、イングランド人MFアンドリュー・サーマン 33 の4選手となる。 一方、今季のここまでリーグ戦28試合 1得点 でプレーしているスコットランド代表MFライアン・フレイザー 26 がクラブとの短期契約延長を辞退したことも明らかに。 契約満了の今月末をもって、ボーンマス退団が決まっている。 これを追って報じたイギリス『ガーディアン』によると、R・フレイザーの移籍先は現時点で不明確だが、クリスタル・パレス、ニューカッスル、ワトフォードが候補に挙がっているという。 なお、プレミアリーグは新型コロナウイルスの影響で3月中旬から延長が続いたが、17日からの再開が決定。 降格圏18位からの巻き返しが求められるボーンマスは20日に行われるプレミアリーグ第30節でクリスタル・パレスのホームに迎え撃つ。 2020. 17 21:00 Wed ボーンマスは8日、リバプールからレンタル中のウェールズ代表MFハリー・ウィルソン 23 の契約期間を今シーズン終了まで延長したことを発表した。 新型コロナウイルスの影響でシーズン終了が後ろ倒しになった欧州各国リーグでは契約上の問題が発生。 通常は選手とクラブ間の契約は6月30日までとなっているため、シーズン終了が7月や8月にもつれ込んだ場合、クラブは当該選手を起用できなくなる。 その対策として、実質的な今季終了までの短期契約延長という特例が認められており、ウィルソンもその対象だった。 昨夏にレンタル移籍で加入したウィルソンは、今シーズンのプレミアリーグで27試合に出場しチーム2番目の7ゴールを記録している。 残留を争うチームでキープレーヤーとなっている。 2020. 09 08:10 Tue ボーンマスのGKアーロン・ラムズデール 22 が新型コロナウイルス COVID-19 からの回復を発表した。 ラムズデールは、プレミアリーグが全クラブを対象に行っていた新型コロナウイルスの検査で、1度目は陰性だったものの、2度目に陽性反応を示していた。 そのため14日間の自己隔離措置をとることになり、チームトレーニングに参加することができずにいた。 自己隔離期間を終えたラムズデールは最新の検査で陰性だったとのこと。 自身のツイッターでも「今朝の時点で、僕は自己隔離から離れることができた」と回復したことを明かしていた。 なお、プレミアリーグは28日と29日に3度目、4度目の一斉検査を実施。 陽性反応者が1人も出なかったと発表している。 一方で、同タイミングでチャンピオンシップ イングランド2部 の8クラブを対象とした1058回の検査を行ったが、10人が陽性反応を示しており、プレミアリーグの感染者なしの報告も予断を許さない状況には変わりがないことを示している。 2020. 31 09:45 Sun ボーンマスのGKアーロン・ラムズデール 22 が新型コロナウイルス COVID-19 の検査で陽性反応を示したようだ。 自身がイギリス『サン』のインタビューで明かした。 シーズン再開を目指すプレミアリーグは、各クラブがトレーニングを再開。 先日、プレミアリーグが全クラブを対象に検査を行った結果、1度目の検査で3クラブから6名が陽性となり、23日に行われた2度目の検査では2クラブから2名が陽性反応となった。 ラムズデールは、1度目の検査では陰性だったものの、2度目の検査では陽性反応を示したとのこと。 注意しながら生活していたものの、どこで感染したのかに頭を悩ませていたと『サン』で語った。 「この2日間、理解しようと努めてきた」 「先週の月曜日、トレーニングを始める前の検査は陰性だった」 「だから、先週はスーパーに行ったり、ガソリンスタンドに行って満タンにするなど、普段の生活を送っていた」 「ウイルスに感染すると血液中に現れる。 明確なことは言えないけど、僕がウイルスに感染したのは2つの検査の間の3日間だと思う」 「僕は以前と同じようにロックダウン中の過ごし方に注意してきたけど、買い物に出かけた時に感染したんだろう」 最初の検査で陰性となったラムズデールは、チームメイトと共にトレーニングに参加。 しかし、しっかりとソーシャル・ディスタンスは守られていたという。 「僕たちはトレーニングをしたけど、2m離れるという厳しい規則の下で行われた」 「僕たちのクラブは、ルールを破ることを望まないクラブであり、再開するために全てを適切に行って行きたい。 ルールーを破ると、他の人を危険にさらすことになる。 だから、僕たちは離れている」 「とても奇妙なものだったよ。 僕は健康だし、味覚も嗅覚もあるし、ウイルスに関する全てを持っている。 間違いなくショックだし、僕が対応しなければならない」 「自宅に7日間隔離されるので、家の中で何かをする時間はある。 トレーニングとしては理想的なものではないけど、それらは1つにすぎない」 ラムズデールは、ボーンマスの正守護神として今シーズンのプレミアリーグで28試合に出場。 また、ビッグクラブの獲得候補にも挙がっていた将来有望な若手GKだ。 2020. 26 11:27 Tue.

次の