住友 不動産 外壁 塗装。 住友不動産のリフォームはどう?【口コミ・評判】

住友林業をハウスメーカーで外壁塗装する時のメリット・デメリット

住友 不動産 外壁 塗装

住友不動産が運営するリフォーム会社で、一度は耳にした事があるのではないでしょうか? 知名度もあり、実績も豊富です。 新築そっくりさんという名称で営業活動を行っています。 多くの女性有資格者を中心にきめ細かい提案を行ってくれるという特徴があります。 大きな特徴としては、定価制を採用しているという所。 分かりやすい料金体系という事もあって、利用しやすいと思います。 一軒一軒異なるプランを提案するために、経験豊富な専任のプランナーが担当に付いてくれます。 分からない事に関しては、丁寧に答えてくれるので気軽に色々相談に乗ってみると良いでしょう。 住友不動産リフォームでは、約100の独自の検査基準があり、施行後にも徹底的に検査を行います。 手抜き工事がないように最善の注意を払っています。 もちろん、アフターサービスに関してもあります。 内容自体は作業内容によって異なります。 ホームページ上にも記載がありませんでしたので、契約をする際には事前に確認をしておく必要があります。 お得なパックもありますので、一度確認すると良いでしょう。 【住友不動産リフォームのCM】.

次の

本当に信頼できる!おすすめの外壁塗装業者ベスト5

住友 不動産 外壁 塗装

> > 住友不動産 住友不動産のリフォーム口コミ体験談 ここでは住友不動産でリフォームを行った人からの口コミをご紹介します。 失敗や後悔をしたくないという人は住友不動産の評判をチェックしておきましょう。 ローンの相談や工事中のためにご近所への挨拶回りなど協力いただきました。 ありがごうございました。 3箇所から見積もりをとった中で、親身に相談に乗ってくれた住友不動産にお願いをしました。 対応だけでなく施工もきちんと行ってくれたので満足しています。 ただ、リフォームのために家を長期にわたって開けるわけにもいかないので工期を短くしてもらうようにお願いしましたが、思うほど短くならがかったのが残念です。 また、リビングはくつろぐことができる空間を作ることができたので家で過ごすのが居心地がよくなりました。 完成後は使い勝手の悪かったキッチン、玄関、風呂場が快適になりました。 特に玄関はバリアフリーになり足腰の弱い祖母も入りやすくなりました。 強引に高いプランを提案することなく、希望する費用と内容でプランを考えてくれたので安心できました。 しっかりと打合せをしながら依頼ができたので納得できるものにしてくれたのでよかったです。 もっと他の会社とも比較すべきでした 住友不動産という名前だけで他のリフォーム業者とよく比較せずにリフォームを依頼してしまいました。 工期は予定より遅れてしまいましたが、無難な仕上がりで悪くはありません。 しかし、親戚が来た時にリフォーム費用の話になり、「高すぎ!」驚くほど高い、と指摘されてしまいました。 後悔しないために依頼する前に他の会社ともよく比較すべきだったと反省しています。 沢山あるリフォーム会社の中から、大手で安心してお願い出る所を探し、こちらの住友不動産のリフォームに施工していただきました。 問い合わせ後早々に見積もりにも来てもらえ、こちらの色々な要望にも対応していただき、スムーズに工事を終える事ができました。 今後メンテナンスもしていただけるとの事なので安心です。 仕上がりがとても丁寧で納得のリフォームだったので住友不動産にリフォームをお願いをしてよかったです。 予算も限られている中でできるだけ希望に近いリフォームプランを計画してもらいました。 完成が楽しみです。 住友不動産のリフォームに関する評判はどうですか? <悪い口コミ> 住友不動産のリフォームに関する評判で良く出てくるのが「新築そっくりさん」。 これに関しては、悪い評判もたくさん出ているようですが、実際のところどうなのでしょうか? そもそも「新築そっくりさん」とは、古いお家が新築そっくりに生まれ変わるという商品です。 悪く書いている評判情報には、高い、通常1. 5倍の費用がかかる、ちゃんと工事をしない、責任を取らないなどまるで悪徳業者のような書き方をしているものがあります。 しかし、これらの悪い評判には、信ぴょう性がありません。 確かに費用は高いかもしれません。 でもそれは手抜きをせず、良いものを作るためには、しかたがないことでもあります。 この費用面に以外に関する悪い評判は、デマである可能性が高いように感じています。 おそらくですが、ライバル業者による住友不動産の評判を落とすためのネガティブキャンペーンという戦略なのかもしれません。 とは言え、住友不動産のリフォーム費用はやはり高い。 「新築そっくりさん」に関しては特にそう思います。 では、なぜ高いリフォーム代金を支払ってまで工事をする人が多いのでしょうか? それは「新築そっくりさん」が、お客様の視点をズラス戦略を取っているからです。 通常、リフォームをする場合、比較するのはリフォーム代金との比較です。 ところが、「新築そっくりさん」の場合は、新築建て替えと比較をしています。 一見安く感じますよね。 でも、新築建て替えと比較したら安くなるに決まっているわけです。 本当に安いかどうかは、他のリフォーム業者に同じ工事内容で見積もりを取ってみることがとても大切です。 たぶん、うんと安くなるはずです。 相見積もりを取るときは、匿名で利用できる を使うと便利です。 <良い口コミ> 一方で住友不動産のリフォームは良い評判もあります。 工事を行う前の事前打ち合わせが丁寧であること、素人ではわかりにくいことを親身になって説明してくれること、建築材料では、手抜きすることなくグレードの高い標準仕様となっていること、などが評判としてあります。 最近では当たり前と言えば当たり前ですが、屋根の雪止め、ドアのストップ機能、外壁や屋根そして床材の材質など、そして住友不動産から提携先に発注するバスルーム、キッチンセットなども満足いく仕様になっています。 したがって、良い評判も多いのですが、ときたま下請業者から泣きが入っているようです。 下請けからすると手間暇の割りに実入りが少ないということや仕様に合致しない仕上がりはやり直しになるというようなことすが、これらは力関係もあり、是非は難しい判断ですが、依頼主からすれば手抜きしないで完成させてくれるという面で評価できるものであります。 住友不動産にリフォームを依頼して大丈夫? 結論から言えば、住友不動産のリフォームは信頼しても大丈夫です。 数々の実績があり、事例も豊富であり、受注から完成までのプロセスを追ってみても、確かなことが言えるからです。 注文主に意思決定させるタイミングも心得たもので、住友不動産が他社に発注する建材や設備なども抜かりがありません。 床材や壁材、壁紙はもちろんのこと、バスルームやキッチン周りもお客様本位で対応してくれます。 頼めば、本来は守備範囲外のカーテン生地やエアコンなども仲介する形でやってくれます。 信頼感は抜群ですが、ただ一点気を付けたいのは、最初の見積額に対するプラスの費用が掛かる説明が、どうかするとわかりにくいところです。 カーテンで言えば、カーテンを取り付ける器具までは基本コストに入っていますが、カーテンそのものは入っていません。 家電製品はほとんどが別扱いですが、照明器具やLEDそのものは外か内か、などです。 ダイニングにカウンターをつけるようなときも、基本コストに入っている場合と追加料金が必要な場合があったりします。 この点だけは、最初に確認し、また追加する前に確認するのが賢明でしょう。 住友不動産のリフォーム費用は安い?高い? 結論から言うと、安いリフォーム業者からすると高いです。 そのため、安さを重視する場合は、などで相見積もりを依頼してみるのが一番良いと思います。 ただ、長期的展望に立って料金を考えてみると住友不動産のリフォームは安いといえるかもしれません。 住友不動産はマンションから一戸建てまで、幅広い用途の住宅を手がけています。 定期メンテナンスの実績も豊富です。 住友不動産が設計から施工まで手がけた建物は、同じような条件の住宅が多いですから、設備機器類も同様に修理や修繕しやすくなっています。 消耗品の部品が大量に安定して取り揃えられていますので、個人業者のリフォームで購入するよりも費用が割安になります。 ただし個人業者のリフォームと比較すると、出張工事費用が必要になったり、人件費が割高に感じられる要素もあるのですが、豊富な施工事例がリフォーム事例にも繋がりますので、適切な修理と修繕を施工してもらえます。 必要に応じて新しい設備機器類に新規交換が行なわれることもありますが、取り扱われる設備機器類は住友不動産が実際に新築物件で施工している製品が選ばれます。 新旧の製品の交換における相性や、不具合なども検証済みが多いので、築年数から十年以上が経過している場合でも、安心して依頼できますし、結果的に安い費用に感じられます。 リフォーム費用を匿名で比較する方法 ホームプロのサービスを利用すると、他のリフォーム業者と「匿名」で比較することが可能です! おすすめリフォーム業者 ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・.

次の

住友不動産のリフォームはどう?【口コミ・評判】

住友 不動産 外壁 塗装

住友林業は住宅受注件数第6位の日本を代表する住宅メーカーです。 高級感のある外観に加えて耐震性や耐久性などの機能性にも優れているのが特徴です。 住友林業住宅では3ヵ月、1年、2年、5年、10年、15年、20年、25年の無料点検が受けられますが実際に手入れをするとなったら有料になります。 特に10年目の点検では以降の保証の継続も兼ねた外壁塗装を含んだ有料メンテナンス工事が必要になります。 この10年点検の時にハウスメーカーで手入れをした方がいいのか、地元の外壁塗装業者にお願いしたほうがいいのか意見が分かれる所です。 ハウスメーカーで外壁塗装する時のメリットとデメリットをまとめましたので、業者選びの参考にしていただければと思います。 メリット 30年保証が継続される 30年保証システムとは、お住まいが安全で健全であり続けるため、充実した定期点検、アフターサービス並びに適切なメンテナンスを組み合わせたもので、お引き渡し後の定期点検時に「維持保全契約書」に基づいた有料メンテナンス工事を当社、または当社が業務委託をしているアフターメンテナンス専門会社あるいは当社グループ会社にて実施していただくことにより、構造躯体と防水(地下室・地下車庫は除く)の10年間の保証期間を5年ごとに最大30年まで延長し、お住まいの品質と性能の維持を図るものです。 住友林業で外壁塗装をお願いすれば、構造躯体と防水の30年保証が継続されることになります。 構造躯体とは、基礎、基礎ぐい、壁、柱、小屋組、土台、斜材、床版、屋根版などの建築構造を支える骨組みになります。 構造躯体に不具合が生じた際には無償で修理してくれるのは大きなメリットになります。 ちなみに10年点検では、外壁塗装工事、防水工事、防蟻工事が主な施工項目になります。 シーサンドコート塗装ができる デメリット 住友林業のリフォームは高い 住友林業から10年目のメンテナスとして、外壁塗装150万円の見積りが提案されました。 時同じくして、飛び込みでやって来た日本eリモデルの営業社員から、極力近い条件で100万円という提案を受けました。 住友林業のリフォームはグループ会社の住友林業ホームテック株式会社が行いますが、一般的な相場よりも2割~3割ほど高くなります。 そもそも住友林業の建物は大きい傾向にあり塗装面積も広くなりがちですが、だいたい150万円~170万円というのが相場になっています。 ちなみに10年点検では防蟻も行いますが15万円~20万円ほどかかり、住友林業の10年点検ではトータル200万円程度が必要になってきます。 住友林業は建築費も高額ですが、ハウスメーカーでリフォームを行えばその費用も高くなるのはデメリットになります。 業者の比較ができない 住友林業でリフォームする際は住友林業ホームテック一択になりますので業者の比較ができません。 外壁塗装は決して安くないサービスになりますので、本来であれば見積り価格やアフターサポートの比較を行って一番メリットの大きい業者を選びたいものです。 確かに住友林業ホームテックは実績のある会社ではありますが、大手ならではフットワークの重さは気になるところです。 結局は下請け業者が施工する 住友林業の下請けで外壁塗装をたまにしますが、塗装業者は50~60万程度で厳しい仕事をしています。 さらにこの孫請の塗装業者もいたりします。 孫請等は30~40万程度で塗装されています。 ハウスメーカー等は基本的に高過ぎです。 業者は安すぎる為、生活があるので、手抜きをする場合も当然あります。 良い業者を探せば同じ内容でも半額近くにはなると思います。 参考程度にしてみてください。 住友林業ホームテックの修繕はほとんどが地域の下請け業者が対応することになります。 窓口が住友林業ホームテックの営業マンってだけですの状態ですね。 こうなると 最初から地域の業者に頼んでしまった方が話しも早いですし、価格も安くなります。 ここに住友林業の外壁塗装が高い理由があるわけですが、下請けで頼まれる業者はかなり厳しい価格で仕事をしていると言った口コミもありました。 厳しい価格だとやはり工期や職人の質などで辻褄を合わせなくてはいけなくなる為、不具合のリスクも上がります。 完了後、屋根を確認したところ、縁切りが写真のよう15ミリほどしか空いてなかったのが、正解なのだろうか? 担当者は問題ないと言い張るが。。。 — brookvalewalkt brookvalewalk 住友林業ホームテックでリフォームをしました。 かなり高かったです。 総額が高いということもそうですが、 それよりも、ほんとにこの価値があるのか?と 出来上がってから感じました。 うちは管理がしっかりしてますと工事前に言っていましたが 監督は現場にほとんど来ないで大工さんにまかせっきり こちらから電話でおかしいところを伝えると、確認します と言い確認して、すぐに直しますとか言うことが何度かありました。 これで、管理料とかほんとに取るのか?と思いました。 あと、書類にたくさんサインやハンコを求められます。 なるほど、何かあったときに、サインしてるじゃないですか?と 言うための資料なんでしょうね っと最後になってよく判りました。 外壁塗装専門業者で外壁した人の口コミ メンテなんて地元の業社さんに頼んだ方がいいですよ。 だって何を見積もらせても2倍くらい・・ 保証なんてローコストでも工務店でも10年はあるらしいから、こんな高いところで建てるんじゃなかった! 建てた後も儲けようとして! 構造自体は50年くらいは何もしなくても持ちます。 わざわざ保証がどうのこうのと騒ぐ問題ではありません。 定期点検とは言葉が綺麗に聞こえますがあなたから儲けるための手段でしかありませんよ 最初にやってくるのが外部の塗装です。 15年あたりでハウスメーカーに依頼する事になると思いますが 直接塗装やに依頼するのでは100万程高いです。 毎回点検とか言われては多額の費用をねん出しなければいけないのです。 じゃ~直接業者に依頼すると言えば保証は打ちきりだと脅されるのです。 こだわる必要はまったくない。 金がじゃぶじゃぶあるならしっかりとハウスメーカーに依頼して 儲けさせれば良い話 多額のローンを組むような貧乏人はするべきでないという簡単な話。 言葉と宣伝に踊らされるのが庶民のアホ シーサンドコートと似た仕上がりにしたい方におすすめの塗料 どうしてもシーサンドコートの様な仕上がりにしたいという方には、株式会社アペティーが製造・販売している自然石調セラミック塗料『ラピス』がおすすめです。 ラピスは、自然石を吹き付け工法によって吹き付けて仕上げるのでシーサンドコートの様な高級感が演出できるのが特徴です。 また、見た目だけでなくクラック(ひび割れ)に強いことや塗膜の耐久性が高いなどの機能面も優れています。 シーサンドコートは美しいデザイン性ではありますが、どうしても汚れが付きやすく2年ほどで黒ずみが現れてくるのがデメリットです。 その点ラピスは、親水性が高い塗料でもありますので外壁に汚れが付着しずらく綺麗な外壁が長持ちしてくれます。 ただ、ラピスは少々価格が高いのがデメリットになっています。 住友林業のリフォームは高い• 業者の比較ができない• 結局は下請け業者が施工する 住友林業で外壁塗装をする際のメリットとデメリットを紹介しましたが、まとめると外壁塗装をより安く済ませたい人は外壁塗装業者、住んでみて構造躯体に不安が残る人は住友林業でリフォームすることをおすすめします。 ちなみに住友林業の30年保証がなくなっても外壁塗装業者の施工保証は付与されますし、シーサイドコートに似た塗料も現在では発売されていますので、それほど過敏に住友林業にこだわらなくていいのではないかというのが私の意見です。 住友林業住宅を外壁塗装する際にはメリット・デメリットをよく見て行ってください。 当サイトでは、外壁塗装業者のインターネット紹介サービス『ヌリカエ』(登録業者800社以上)をおすすめしています。 ヌリカエを使うことで、わずか45秒で自宅から近い実績のある業者をピックアップして紹介してくれます。 あくまでも見積りサービスとなっていますので、価格相場やサービスの比較として使ってみるとよいでしょう。 利用は無料(土日祝も対応してくれます)なので興味のある方は下記公式サイトから、自宅から近い業者を見てみてください。

次の