タイトリスト ts1 試打。 タイトリストが「最強」と豪語する〈TS1〉を打ったら、100点! 【パーゴルフ プラス|PAR GOLF PLUS 】

タイトリストTS4ドライバー試打評価レビュー|適正スピンで高初速!飛距離性能は文句なし?|サラリーマンゴルファーまさのゴルフ雑記帳

タイトリスト ts1 試打

ボールスピードが速い ボールスピードが速いということがキャッチとなっており、確かにボールスピードが速いと思うのですが、どちらかというとボールが捕まるので、フェースの反発力が活かせているという印象がとても強いです。 重心角が大きくてボールが捕まる タイトリストからは公表されてませんが、重心角(重心アングル)が大きく設定されており、ヘッドが返りやすい構造となっています。 実際にダウンスイングからインパクトにかけて、ネックを軸にヘッドがローテーションする感覚が伝わってきます。 故にボールが捕まり過ぎることもあり、チーピンが懸念されます。 ですが、ボールが捕まらないドライバーよりは、ボールが捕まった方がフェース面の反発力が活かせますし、スライスが減らせるので、飛距離アップできます。 TS1ドライバー試打動画 ヘッドの形状だけを見ると、ドライバーというよりはブラッシー(2番ウッド)のような感じがしました。 ヘッド体積は460ccとなっており従来のドライバーと変わらないのですが、あまりにヘッドがシャロー過ぎて、フェアウェイウッドに近い印象を受けました。 ただ、ヘッド形状がシャローになっていることから、フェースの高さがありません。 ですから、スイートエリアでボールをヒットしやすいので、ミート率が上がりやすく感じました。 フェースの真ん中でボールが打てると、タイトリストのドライバーとは思えないほど、ボールが飛び出す瞬間から高い弾道が打てます。 いきなり高いボールが打てるので、ボールが上がらないゴルファーに向いてます。 非力なゴルファーでも扱える タイトリストTS1ドライバーは、ヘッドスピードが遅いゴルファー、非力なゴルファーでも扱えるスペックとなっています。 装着できるシャフトに関しても、シャフト重さ50グラムを切ってくるほどに軽量となっていますし、クラブ総重量も280グラムを切るくらいに軽くなっています。 感触としては、タイトリストのVG3ドライバーに近いイメージがあります。 ということから、タイトリストTS1ドライバーは、ヘッドスピードが遅いゴルファー、シニア向けゴルファーに向いてると言えます。 タイトリスト TS1 ドライバー 基本スペック• ヘッド体積:460cc• 長さ:45. 75インチ• ロフト角:9. 5度、10. ライ角:59度 Titleist Diamana 50 シャフトスペック 先中調子のシャフトです。 クラブ総重量は270グラムを少し超えるくらいの重さとなってます。 フレックス S SR R シャフト重さ 50 48 46 トルク 5. 5 5. 6 5. 7 クラブ総重量 275 273 271 Titleist Air Speeder シャフトスペック かなり軽いシャフトです。 シャフト重さ50グラムを切ってくるスペックとなってます。 フレックス SR R シャフト重さ 45 43 トルク 4. 8 5. 0 クラブ総重量 270 268 タイトリスト TS1 ドライバーは、タイトリストが新たなユーザー層に向けた、タイトリストの独自の飛び性能を持たせた軽量ドライバーです。 ヘッドスピードが遅いゴルファーでも十分に扱えるスペックとなっています。 タイトリスト TS1 ドライバー 購入 有賀園ゴルフオンラインAGOにて、購入できます。 自粛解除されたのでゴルフに行きたいなと思うのですが梅雨入りして微妙なテンションでゴルフに行けてません。 Amebaトップブロガーとして、アメブロの方でも記事を書き始めましたので、こちらもよろしくお願いいたします。 1年くらい前にトップブロガーとして、ブログやりませんかとお声掛けを頂いたのですが、私のマイペースな性格ゆえに、最近スタートしたブログです。 ゴルフは哲学 YouTubeチャンネル開設しました。 動画の投稿数が少ないですが、これから少しずつ充実していくつもりですので、チャンネル登録お願いいたします。 最近の投稿記事• 2020年6月26日• 2020年6月26日• 2020年6月24日• 2020年6月23日• 2020年6月17日• 2020年6月13日• 2020年6月13日• 2020年6月11日.

次の

タイトリストTS1ドライバー試打評価|高弾道、捕まり強めながらキャリー300y超え!

タイトリスト ts1 試打

Titleist タイトリスト のドライバーは、既にTS2とTS3というモデルが発売されている中で、新モデルとして2019年7月5日にTS1ドライバーが発売されました。 従来のモデルと何が違うの?と思いますが、このTS1ドライバーは、他のTSシリーズとヘッド体積は460ccと同じですが、重量が8g軽くなっています。 軽いヘッドは、寛容性がなくなると言われていますが、このわずか8gの軽量化は、軽くなりすぎないようにTitleist タイトリスト が取り組んだ結果の答えなのでしょう。 そして、このTS1ドライバーは、スライス抑止機能も搭載されています。 Titleist タイトリスト のドライバーで、この機能が実装されたのは、久しぶりなのではないでしょうか。 ほどよく軽量化されたことで、シニア層や女性ゴルファーなど、従来のTitleist タイトリスト ユーザー以外の層も、憧れのTitleist タイトリスト ドライバーを使うことができるようになったのだと思います。 スライサーの方にも無理なく使え、操作性もそれなりあるので、これからハンデを上げたい方、上達していきたい方などには丁度いいクラブです。 また、ヘッド重量も軽くできているため、弾道は自然に上がりやすく、高弾道の球質になります。 ドライバーを苦手としている方には、ぜひ試していただきたいドライバーでもあります。 シャフトのスペックも先中調子なので、ヘッドスピードも無理なく上げやすいシャフトです。 Titleist タイトリスト TS1 ドライバーの見た目とスペックを紹介! Titleist タイトリスト TS1 ドライバーの見た目! シャフト Titleist Diamana 50 Titleist AiR Speeder 実効ロフト角 度 9. 75 クラブ重さ g 271 273 275 268 270 シャフト重さ g 46 48 50 43 45 スイングウエイト D2. 5 D2. 0 シャフトトルク 度 5. 7 5. 6 5. 5 5 4. フェイスの向きは少しだけ左を向いたフックフェイスなので捕まりが良さそうなイメージのドライバーです。 クラブの長さが45. 75インチと長尺ですが、ヘッドが大きく見えるため、シャフトの長さを感じないのは不思議な感じがしました。 いよいよ試打を開始していきます。 ヘッドの捕まりが良さそうなので、引っ掛けに注意しながら、打った球は予想以上に大きなキャリーで軽く捕まって飛んでいきました。 球を無理に上げようとしなくても、勝手に球を上げてくれます。 今回試打したTS1ドライバーのロフト角は9. シャフトの動きは、先中調子なので、インパクトの際にヘッドを上に持ち上げてくれる動きがあり、シャフトの撓り方も高弾道にしてくれる要因の一つだと思いました。 なお、TS1ドライバーのクラブの総重量は275gと、かなり軽い方のクラブです。 経験上、ここまで軽いクラブだと軽い球質になってしまうこともあるのですが、TS1ドライバーの球質は重いボールが飛んでいきます。 ヘッドを軽くした分だけ、ヘッドスピードを楽に上げられるようになっており、その効果で強い球になるので、試打を続けていくうちに、シャフトのしなり方やヘッドの動き方に段々慣れ、ヘッドスピードの数値も徐々に上がってきました。 本当に軽いヘッドとシャフトのバランスが絶妙に取れているので、ヘッドスピードが上がり飛距離が伸びていくのだと思います。 それと、オフヒットした時でもヘッドのブレが少ないので、曲がり幅も少なく直進性も高いような気がしました。 ヘッドは460ccの体積なので、重心距離は長いと思いますが、インパクト付近でのヘッドのもたつき感はなく、捕まりが良いドライバーです。 対象ユーザーは初心者の方からアベレージまで、幅広い方に使っていただけると思いますが、特に打点が不安定な方や球が低い方、スライサーの方などには、このTS1ドライバーの性能を最大限に活用し、スコアアップに繋げて貰えたらと思っています!! Titleist タイトリスト TS1 ドライバーの試打をYupiteru(ユピテル)でデータ計測.

次の

タイトリスト TS1 ドライバー | 試打レポ

タイトリスト ts1 試打

【飛距離】 ぶっ飛ぶ!気持ちいい! インパクトの衝撃が軽いのに高初速で飛び出してグイグイとキャリーが伸びる。 オフセンターでも同じように飛んでくれる。 ちょっとビックリ、、、 うーん、 フォローの強風が吹いてるんじゃないかなと旗を見るとむしろややアゲンスト。。。 60g台のシャフトに差し替えて打ってみると、ちょっとヘッドが軽く感じて安定しなかった。 でもバランスを調整すればぶっ飛びそうな潜在能力はあります。 【弾道】 ストレート系の高弾道で曲がらない。 持ち球がハイドローの私には 10. 私が所有するTS3の10. スピン量は丁度いい感じ。 ドロップしません。 【つかまり】 フェースのターンは控えめ。 でもかアメリカのメーカーにありがちなつかまり切らないイライラ感は全くない。 TS2,TS3よりも1度アップライトな設定の効果なのか、振り遅れぎみでヒットしてもしっかり捕まえてくれます。 プッシュが出ません。 【打感】 分厚い打感ではないが軽快な感触。 軽く弾いてくれる。 なかなかの好感触です。 【操作性】 曲がらないから安心して操作できる。 小幅な範囲ならドローもフェードも打ちやすい。 ただし低い球が打ちづらい。 【安定感】 やさしい。 オフセンターでも曲がらないしロスしない。 振り遅れたり、起き上がったりしても持ちこたえてくれます。 つかまり過ぎた感触でもドローがかかりすぎない。 この安定感はすごい。 そして、トップオブスイングからフィニッシュまで躊躇 ちゅうちょ なく振り抜ける。 これは「気持ちいい!」の一言です。 若返ったような気持ちになる、、、こりゃたまらんです。 TS2よりも2段階ぐらいやさしいクラブ。 のような位置付け。 でも、何と言っても純正の「Diamana50」が超素晴らしい。 その点ではちょっとリードしてるかも。 このシャフトはいいですよ。 楽なクラブにスペックダウンしたいアスリートやセミアスリートにぴったりです。 シャフトは 標準仕様は2種類のオリジナルカーボン。 ・Titleist Diamana 50 ・Titleist AIR Speeder オリジナルカーボンの「Titleist Diamana 50」は、最近人気の軽くて硬いシャフト。 振り抜きやすくて暴れない。 ヘッドスピードが平均以下でもっとしなりを感じたいなら40g台の「Titleist AIR Speeder 」もある。 おすすめしたいゴルファーは ・オフセンターでも飛んで欲しい。 ・やさしいクラブで飛ばしたい。 ・ハードなモデルからスペックダウンさせたい。 ・高弾道が打ちたい。 まとめ・総合点 タイトリスト TS1 ドライバー は、振り抜きやすくてビッグキャリー。 オリジナルカーボンが絶品で、やさしくぶっ飛びます。 ・よく飛ぶ ・初速が速い ・高弾道 ・振りやすい ・ミスに強い ・安定感抜群 このやさしさと飛距離は想定以上でした。 しかもタイトリストのアスリート感も嬉しい。

次の