バス釣り peライン。 バス釣りで使うPEラインに結ぶリーダーの太さと長さの選び方

バス釣り:PEラインが適している釣りは何か!?

バス釣り peライン

僕はブラックバス釣りにおいて、 PEラインは向いていないと思っています。 特にベイトリール。 スピニングリールも向かない理由もあるのですが、特にベイトリールにおいてはバス釣りにPEラインは向いていません。 最近ではソルトウォーターやトラウトルアーでは当たり前の様にPEラインが使用されています。 普及が進んでいる事もあってか一昔前ではPEラインはけっこう高級品で高価だったイメージがあるのですが、最近ではいいPEラインが随分安く手に入る様になってきました。 今回はその理由をお伝えしたいと思います。 ブラックバス釣りにおいてPEラインが向かない理由 出典:ダイワ 僕がブラックバス釣りにおいてPEラインが向かないと思っている理由は、PEラインの 最大のメリットとも言えるその特徴にあります。 PEラインの最大の特徴と言えば、 「しなやかで伸縮性が無く、感度がいい」と言う事はあなたも周知の事実では無いでしょうか。 しかし、このPEラインの最大のメリットとも言える特徴こそが、僕が「ブラックバス釣りには向いていない」と言う意見に至る理由なのです。 今回はその辺りをじっくり説明したいと思います。 感度が良いという事は、サカナからも感度がいい PEラインを使ったことがある方ならわかると思いますが、PEラインは驚くほど 感度が良いです。 サカナのチェイスや前アタリも明確に手元に伝えてくれて、ナイロンラインに比べれば雲泥とも言える感度です。 「感度がいいなら、いいんじゃないの?」 確かに感度が良いに越したことはありません。 しかし、感度が良いという事は、サカナからも感度が良いという事です。 つまり、 「サカナが違和感を感じやすい」と言う事です。 サカナがライン通して「釣られる!」と思うかは謎ですが、コチラからこれだけ情報が明確に伝わってくるのですから、僕は少なからずサカナが ラインを通して向こう側に何らかの生命感を感じてもおかしくないと思っています。 特に本能で生きている生物にとって危険予知と言うのは、生きるか死ぬかの分かれ目になる重要な要素で、「何らかの違和感」は立派な逃げる理由にはなるでしょう。 ですから感度が良すぎるというのはコチラにもメリットがあるものの、 サカナにとってもメリットがあるという事なのです。 その考えに至るエピソードを一つお話しますね。 本流でトラウトをやっていた際にウグイがヒットしたので、ムーチング 生きたサカナをエサとして使う釣り をやってみたんですね。 サカナが元気に生きていて泳がせているうちは反応は良かったのですが、死んでしまうと一気に反応が無くなってしまったのです。 何をやっても一向に反応が無くなってしまったので、諦めてウグイをハリから外し、目の前 2m先位 にポイと捨てたんですね。 そしたらすぐにレインボートラウトがパクっと咥えて持って行ってしまいました。 サカナ エサ がラインから解放されたら見事に一発です。 この出来事はラインを通じてコチラの殺気と言うか、違和感が伝わっていたのでないかと考えさせるには十分な出来事でした。 PEラインは感度が悪い PEラインは感度が良いというお話をした直後に感度が悪いて、なんのこっちゃと思われた方も見えたと思いますが、PEラインはめちゃくちゃ感度が良い反面、 ラインにテンションが掛かっていないと感度がゼロになってしまうのです。 つまり感度が「0か100」と言う極端な性質を持っているのです。 ナイロンラインはPEラインに比べると絶対的な感度はかなり悪いです。 ですが、多少テンションが掛かっていなくても、PEラインに比べれば違和感を感じる程度の感度はあります。 つまり、ナイロンラインなどのモノフィラメント系は、 絶対的な感度自体はPEラインに劣るものの、「感度」を得る領域が広いという事なのです。 ラインをぎりぎり張らず緩めずで使う、なんて事はPEラインには難しいと言う事なのです。 流れの中でラインがうねってしまうと、PEラインは感度はほぼゼロになってしまい全く分からなくなってしまいますが、ナイロンラインは「なんとなく」くらいは分かります。 「全く分からない」と「なんとなくわかる」の違いはかなり大きいです。 全く分からないとアタリの取りようもありませんが、なんとなくでも分かればアングラー側で判断する事が出来ます。 喰いが渋く繊細にラインを張らず緩めずでいる時や、テンションを掛けずにフォールさせている時など、ブラックバス釣りには結構そういったシチュエーションは多いと思います。 ですから、実釣、特にワームを使う様な遅い釣りにおいては、感度が「0か100か」と言うのは非常に使いにくいと思います。 ブラックバス釣りにおいてラインに伸縮性が無いのはデメリット 伸縮性が無いという無いというのは感度が良いというメリットにも繋がりますが、ブラックバス釣りの様に近距離戦が多い釣りでは デメリットは大きいです。 PEラインはご存知の通り、伸縮性はほぼゼロと言ってもいいです。 感度はすこぶるいいのですが、 近距離戦において伸縮性が無いという事はバラしやすさに直結してしまいます。 遠投して遠くでサカナを掛けた場合はまだ横へ逃げる事も可能ですし、手前に寄せてきた際にはそれなりに弱っているのでまだいいと思うのですが、近くで掛けて魚を強引にゴリ巻きして寄せてしまう事が多いブラックバス釣りにおいて、伸縮性の無さはバラしやすさにモロに直結してしまうのです。 これは本当に思いのほか大きいデメリットです。 スピニングロッドの様に柔らかいロッドならまだしも、ブラックバス釣りで近距離戦と言えば、ヘビーなロッドでカバーからぶち抜くという事も多いでしょう。 ブラックバス釣りではスピニングタックルは軽量ルアーで使う事が多い為、柔らかく繊細なロッドを使う事が多い その時に使用するヘビーカバー用のロッドなんて、正直、棒の様にガチガチです。 タダでも伸縮性の無いラインにがガチガチのロッドでは、バラし易さも倍増してしまいますし、サカナへのダメージも思いのほか大きいです。 やはり「ヘビーロッドでゴリ巻き」と言う状況でのPEラインと言うは向いていないと僕は思います。 PEラインが向いている場合もある ブラックバス釣りにおいてPEラインは向いていないとは言ってはいますが、向いている釣りもあります。 一つは ヘビキャロの超遠投の釣りです。 こう言う釣りでは 近距離戦でバラシやすいというデメリットが小さくなり、伸縮性が無く感度良いというのが大きなメリットになります。 超遠投した先で繊細なアタリを捉え、ラインに伸縮性が無いとアワセもバシッと決まります。 リーダーの先でノーシンカー状態のワームがフワフワと漂うと言う状態は、ロングディスタンス 距離を取っている状態 である事も相まってPEラインからの殺気も伝わりにくいと思います。 サカナが近くに寄って来た頃には既に結構弱っているとは思いますが、それでもPEラインは近距離において非常にバラし易いので、その辺は要注意ですけどね^^ 【ベイトリールでPEライン】ブラックバス釣りが向かない理由【まとめ】 ブラックバスでPEラインが向かない理由は、 ・感度が良すぎてサカナにも違和感を与えかねない ・感度が「0か100」と極端な為、逆に「感度」を得る領域が狭い ・伸縮性が無さすぎて近距離戦でバラシやすい ・ヘビーロッドでゴリ巻きだとサカナへのダメージが大きい 以上の理由から、「ブラックバス釣りにはPEラインは向いていない」と言うのが僕の意見です。 もちろん「全く使えない」と言う訳ではありません。 ここでも説明した様にキャロライナ系の使い方だとデメリットよりメリットの方が活きてきますし、繊細なスピニングロッドのでもメリットを活かす事は出来ます。 ベイトリールでのPEラインキャスティングや高切れの防ぎ方など、PEラインについていろいろ書いていますので、良かったらご覧になってください。

次の

バス釣りラインのおすすめ人気ランキング10選【初心者向きのタイプも!】

バス釣り peライン

長さが1000mであることを考えると、 非常にリーズナブルな価格で購入できるのが魅力。 安いだけでなくピアノ線の約8倍を誇る強度なので、決して質は低くありません。 低コストで大容量、コストパフォーマンスに優れるPEラインを探している人におすすめの商品です。 編み数 4本 対象魚 シーバス・アオリイカ・アコウダイ・アジ・アメマス・イサキ・イシダイ・イナダ・カサゴ・カツオ・カレイなど 号数(ポンド) 0. 4(10)・0. 6(12)・0. 8(15)・1(18)・2(28)・2. 5(30)・3(40)・4(50)・5(60)・6(70)・7(80)・8(100)・9(115) 長さ 1000m 色 マルチカラー 繊維を均一にする加工がされているので、強度が高く伸縮性が低いのが特徴のPEライン。 魚からのコンタクトや海中からの情報をつかみやすいのが魅力です。 伸びにくいので、効果的に魚を引き寄せることができるでしょう。 繊維が均一なことで耐摩耗性にも優れています。 繊維が詰まっているため表面硬度が上がり、水切れも優秀。 水面の状況に左右されにくく、安定した釣りをサポートしてくれます。 低伸度・高強度・高感度と、トータルバランスに優れたPEラインです。 編み数 8本 対象魚 ワラサ・ブリ・ヒラマサなど 号数(ポンド) 1(-)・1. 2(-)・1. 5(-)・2(-)・2. 摩擦性に優れているので、多少厳しい環境でも使用可能。 直線性も高いため、遠くまで投げやすく扱いが手軽な点も魅力です。 1mごとに15cmの目印がついているので、 魚が食いついたのが分かりやすいのも魅力。 さらに、10メートルごとに色が変わるマルチカラーは、どれくらい糸を伸ばしているかも一目瞭然です。 編み数 8本 対象魚 ハタ・カサゴ・ウッカリカサゴ・カツオ・カンパチ・サワラ・シイラ・GT・スズキなど 号数(ポンド数) 0. 6(14)・0. 8(16)・1(20)・1. 2(25)・1. 5(30)・2(35)・2. 強度が強く伸縮性は低めなので、魚や水中の感覚をダイレクトに感じることができます。 直感的に釣りを楽しみたい方におすすめです。 密度が高くすぐに水中へ沈む特性があるため、狙った深さまでスムーズにアプローチできます。 滑らかに仕上げられた表面が、ロッドへの絡みを減らしてくれるのもポイントです。 編み数 4本 対象魚 ロックフィッシュ・青物・メバル・バス・シーバス・トラウト・ヒラスズキなど 号数(ポンド) 0. 4(8)・0. 6(12)・0. 8(16)・1(20)・1. 2(24)・1. 5(30)・2(40)・2. 5(50)・3(55)・3. 5(58)・4(60)・4. 5(70)・5(80)・6(90)・7(95)・8(100)・9(120)・10(120) 長さ 150・200・300・500・1000m 色 イエロー・グレー・ダックグリーン・ダークグリーン・ブラック・ホワイト・マルチカラー 釣りメーカーのシマノが発売する国産品で、 しなやかさと滑らかさを両立した質感が魅力のPEライン。 余計な抵抗が発生せずスムーズにキャスティングでき、水切れも優秀。 扱いやすさを重視する方におすすめです。 最大ポンド数も42. 8と高いので、号数が高いものを選べば、大型の魚相手でも十分活躍してくれるでしょう。 欠点らしい欠点が見当たらない、バランスの良い商品です。 編み数 8本 対象魚 - 号数(ポンド) 0. 6(14. 5)・0. 8(18. 3)・1(22. 4)・1. 2(27)・1. 5(31. 7)・2(42. 8) 長さ 200m 色 ライムグリーン・スーパーブルー 表面にピッチマーキングがあり、伸びているラインの速さや長さが一目で分かるのが特徴。 さらに、10mごとにオレンジやブルーに色が変わるマルチカラーなので、視認性に優れたラインをお探しの方におすすめです。 伸縮性が低く、感度も良好。 小ぶりな魚でもしっかりと食いつきを感じ取ることができそうです。 もちろん引っ張り性能も兼ね備えているので、強く鋭い引きたいときも活躍してくれます。 号数が0. 4から5までと、ラインナップが豊富な点も魅力といえます。 アオリイカなどの小型のターゲットから、より大型で本格的な魚まで対応できますよ。 天候や環境に応じても使い分けて使用してもいいでしょう。 編み数 8本 対象魚 全魚種対応 号数(ポンド) 0. 4(9. 1)・0. 6(14)・0. 8(18)・1(20)・1. 2(23)・1. 5(26)・2(35)・2. PEラインはナイロンやフロロと比べればやや高価ですが、この商品なら気軽に手が出せます。 安く大量に購入したい方などにもおすすめです。 ただ安いだけではなく、扱いやすさも兼ね備えています。 特殊な設計が、糸を通すリングでの絡みや糸を巻き取るの際のトラブルを軽減。 釣りにつきもののストレスを減らし、より楽しい釣りライフをサポートしてくれますよ。 劣化を防ぐための加工が施されているので、耐久性も優秀。 初期性能をしっかり維持することで、安いうえに長く使えます。 号数展開も0. 4〜8までとかなり豊富に揃えていますよ。 PEラインに興味のある方は、まずこの商品を試してみてはいかがでしょうか。 編み数 4本 対象魚 青物・タイ・シーバス・ヒラスズキ・メバル・ヒラメ・イカ・マグロなど 号数(ポンド) 0. 4(12)・0. 6(14)・0. 8(16)・1(18)・1. 2(20)・1. 5(23)・2(27)・2(31)・3(40)・3. 5(45)・4(50)・4. 5(60)・5(70)・6(80)・7(90)・8(100)・10(110) 長さ 200・300・500・1000m 色 マルチカラー・ハイビズイエロー・クリアホワイト 伸縮性と吸水率の低い素材を使用することにより、 魚のコンタクトと水面の感覚をつかみやすくしているPEライン。 繊細な引きも見逃しにくく、かかった魚を逃してしまうイライラを軽減してくれます。 均一に編み込まれた作りは、衝撃に強く耐久性も十分にあります。 入門用PEラインとしても申し分のない扱いやすさでしょう。 号数12・長さ5種類・カラー4色と、バリエーションも豊か。 狙う魚やスタイルはもちろん、趣味に応じて選んでもよいですね。 素人・玄人を問わずどなたにもおすすめの商品です! 編み数 4本・8本 対象魚 アオリイカ・アコウダイ・アジ アメマス・アキアジ・アカハラ・イトウ・イサキ・イシダイサクラマス・シマアジ・シーバスなど 号数(ポンド) 0. 4(10)・0. 6(12)・0. 8(15)・1(18)・1. 5(22)・2(28)・3(40)・4(50)・5(60)・6(70)・8(100)・10(110) 長さ 150・200・300・500・1000m 色 マルチカラー・クリアホワイト・ステルスグレー・ビビットイエロー ピットライフ(同) 商品名 X-CORE 放浪カモメオリジナルPEライン エクストラパワー シーガー PEX8 200m ピットブル8 200m ラピノヴァX マルチゲーム150m タナトル 8 300m アーマードF アジ・メバル PEライン 4編 G-SOUL スーパージグマン X8 OCEA EX8 PE 300m VARIVAS(バリバス)アバニ キャスティングPE マックスパワー X8 300m G-soul X8 Upgrade PE 150m POWER BRAID PRO 特徴 高感度で扱いやすい。 魚を鋭く引っ張れる 4本編みでも耐久性が高い。 視認性のあるカラーも魅力 抵抗が少なく、滑らかにキャスティングできる アジやメバルを釣りたいならこれ 魚や水中の感覚をダイレクトに感じられる 厳しい環境にも対応。 直線性が高く扱いやすい 丈夫でトータルバランスに優れたPEライン 摩擦抵抗が少なく、仕掛けを遠くまで投げることが可能 1mごとに15cmの目印があり食いつきが分かりやすい 1000mの長さなのにリーズナブル 最安値 編み数 4本・8本 4本 8本 8本 4本 8本 - 4本 8本 8本 8本 8本 4本 対象魚 アオリイカ・アコウダイ・アジ アメマス・アキアジ・アカハラ・イトウ・イサキ・イシダイサクラマス・シマアジ・シーバスなど 青物・タイ・シーバス・ヒラスズキ・メバル・ヒラメ・イカ・マグロなど 全魚種対応 - メバル・アイナメ・アオリイカ・シーバスなど - アジ・メバルなど ロックフィッシュ・青物・メバル・バス・シーバス・トラウト・ヒラスズキなど ハタ・カサゴ・ウッカリカサゴ・カツオ・カンパチ・サワラ・シイラ・GT・スズキなど ワラサ・ブリ・ヒラマサなど ヒラマサ・GT・キハダ・マグロ・ヒラメ・カツオ・シイラ・サワラなど シーバスなど シーバス・アオリイカ・アコウダイ・アジ・アメマス・イサキ・イシダイ・イナダ・カサゴ・カツオ・カレイなど 号数(ポンド) 0. 4(10)・0. 6(12)・0. 8(15)・1(18)・1. 5(22)・2(28)・3(40)・4(50)・5(60)・6(70)・8(100)・10(110) 0. 4(12)・0. 6(14)・0. 8(16)・1(18)・1. 2(20)・1. 5(23)・2(27)・2(31)・3(40)・3. 5(45)・4(50)・4. 5(60)・5(70)・6(80)・7(90)・8(100)・10(110) 0. 4(9. 1)・0. 6(14)・0. 8(18)・1(20)・1. 2(23)・1. 5(26)・2(35)・2. 5(40)・3(48)・4(62)・5(78) 0. 6(14. 5)・0. 8(18. 3)・1(22. 4)・1. 2(27)・1. 5(31. 7)・2(42. 8) 0. 6(13. 9)・0. 8(17. 8)・1(20. 8)・1. 2(22. 2)・1. 5(29. 8) 0. 6(14. 5)・0. 8(18. 3)・1(22. 4)・1. 5(31. 7)・2(42. 8)・3(54. 6)・4(67. 8) 0. 2(4)・0. 3(5)・0. 4(6)・0. 5(7) 0. 4(8)・0. 6(12)・0. 8(16)・1(20)・1. 2(24)・1. 5(30)・2(40)・2. 5(50)・3(55)・3. 5(58)・4(60)・4. 5(70)・5(80)・6(90)・7(95)・8(100)・9(120)・10(120) 0. 6(14)・0. 8(16)・1(20)・1. 2(25)・1. 5(30)・2(35)・2. 5(45)・3(50) 1(-)・1. 2(-)・1. 5(-)・2(-)・2. 5(50) 1(20. 2)・1. 2(24. 1)・1. 5(28. 6)・2(33)・2. 5(40)・3(48)・4(64)・5(78)・6(85)・8(112) 0. 6(14)・0. 8(16)・1(22)・1. 2(25)・1. 5(30) 0. 4(10)・0. 6(12)・0. 8(15)・1(18)・2(28)・2.

次の

バス釣りにおけるPEライン。直結?リーダー不要?

バス釣り peライン

バスラインの素材について まず、バスフィッシングで使用されるラインは ナイロン・フロロカーボン・PEの三種類がありそれぞれ性質が異なる。 簡単に説明していこう。 ナイロンライン ナイロンは伸びやすくて 扱いやすいが感度が低い、日光や吸水性により劣化する、擦れて切れやすいなどのデメリットもある。 フロロカーボンライン フロロは 感度が高く、硬いので根ズレに強いが巻きぐせがつきやすくトラブルになりやすいなどのデメリットもある。 PEライン PEラインは 感度が非常に高く、細く作れるので飛距離が伸びるなどのメリットがあるが高価で編みこみ構造により風の影響を受けやすいことや根ずれには弱いというデメリットもある。 ラインの浮力の話 比重によるキャスト直後の水中イメージは上記の図のようになり、PEラインは完全に浮き、ナイロンラインは少しだけ浮いてフロロカーボンラインは沈む。 このイメージを頭のなかに入れるとどのルアーをどのように使いたいかでラインの使い分けができるだろう。 例えばノーシンカーワームをPEラインで使おうとすると沈めても常に上に引っ張られるようなイメージになるため水深がある場所で底をネチネチとは攻めづらい。 逆にトップウォーター類を使うときにフロロカーボンラインを使用すると下へ引き込まれる力が強いので必要以上にルアーが潜り込んでしまい使いづらい。 ラインは 適材適所で使い分けるのがよいだろう。 スポンサーリンク バスフィッシングで使うラインの太さはどれぐらい? ラインに使用される単位がポンドと呼ばれる単位で0. 5キロより若干軽めくらいが1ポンド。 なので4ポンドだと2キロくらいの魚を持ち上げれる計算。 号数で書かれている場合は 1号が4ポンドとなる。 魚が力一杯ひっぱると4キロとかの力になってしまうのでドラグと呼ばれる装置(リールの頭にあるつまみ)を緩めたりして、強い力で引き込まれると糸が出るようにしておかなければならない。 ペットボトルに水を入れてラインを結び持ち上げてみるなどすると良い。 ちなみに、ブラックバスは40センチくらいで大体1キロ。 50センチを超えるランカーで2. 5キロとかの重さ。 スピニングリールの場合 おすすめのラインのポンド数は 大体3~6ポンド、5ポンドくらいだとそう簡単には切れないし軽いワームでも難なく操れる。 ただ ナイロンだと根ずれに弱いので高価ではあるがフロロカーボンをおすすめする。 8ポンドと太目のラインをおすすめされる場合もあるが スピニングリールは非常に巻き癖がつきやすくトラブルになりやすいので出来る限り柔らかい細めのラインを使用したい。 PEラインを使う場合、太いもの(4号以上)は直結でも良いが細いものは直結した場合、丸呑みされると 歯で切られることがあるのでを付ける。 スピニングリール用ラインおすすめ 私は前は高いラインを巻いていたが最近はをメインに使っている。 結局高いラインでもトラブルは起こるのでそれなら安いラインを消耗品として常に巻き替えて使ったほうが効率がいいと感じている。 他にはFCスナイパーも高品質でそれほど高くないのでよく使っているライン。 ベイトリールの場合 ベイトリールでは重いルアーを使用することが多いため太いラインを巻く。 一般的に 10ポンド~20ポンドくらいを使うが20ポンド~だと最近の浅溝リールでかなり少なくしか巻けないので ベイトリールでは14~16ポンドをおすすめする。 どうしても太いラインを使いたければ型番の大きなリールを買おう。 ベイトリールだと太い糸が巻けるのでナイロンでもフロロでもいいが ブッシュを打つなら絶対フロロにして欲しい。 ベイトリール用ラインおすすめ 特にこれがおすすめと言うのもは無いが私はを使っている。 非常にしなやかで扱いやすい商品。 ナイロンはよく巻き替えるので600メートル巻きというのも魅力。

次の