カレー とろみ つか ない。 カレーやシチューが水っぽい理由!とろみがつかない時の付け方はコレ♪

カレーのとろみがつかない理由や水っぽい時は煮詰める?アレンジ法は?|知っておきたい食のあれこれ!

カレー とろみ つか ない

カレーが焦げるのはとろみのせいです。 焦げ易いのは、対流が起きにくいからです。 冷めたカレーなんてほとんど固体ですよね。 さらさらの汁物なら、がんがん直火を当てても対流で料理の温度はほぼ均等になります。 ところが、とろみがついた料理は火が当たっている下のほうだけ温度が上がっても対流があまり起こらず、含まれる水分の流動性も低いので、上の表面は普通に沸いているだけのように見えても、底の部分だけが水分がなくなって焦げていくのです。 対処法ですが、以下の2点です。 1.ルーを入れたら火を弱くする。 なべ底に炎の先が触れるなんて論外。 沸騰の泡が止まるくらいの弱火で、そのかわりふたをして上のほうから冷めてしまわないようにします。 理想を言えば湯煎(ゆせん)調理なら焦げることはないのですが、そこまでしなくても注意していれば大丈夫だと思います。 厚手の鍋を使うのも、鍋の外から内側まで熱が届く間に拡散するので有効です。 当然の帰結として、火の通り易い葉物などを別にすれば具材はとろみをつける前に食べられるくらいまで煮えている必要があります。 2.ルーが溶けてきたらかき混ぜてやる。 弱火なら時々、中火くらいならしょっちゅう混ぜたほうがいいです。 上から見てぐつぐつ気泡が出ているようなら混ぜどきです。 温め直しのときは、初め強火(どっちみち焦げるほど温度が上がっていないから)で、少し温まってきたら中火くらいの強さでもいいので、ふたはせずに付きっきりでゆっくり混ぜていると焦げません。 電子レンジが簡単ですけどね。 シチューでも片栗粉でとろみをつけたあんでも、さらさらでない料理はすべて同じ理由で焦げ易いので同じ心がけで臨んでください。 炒めるときに焦がせば誰でも見て匂ってわかりますよね。 それが分からない人だったら煮るときでも食べるときでも気にしないだろうし、そういうご質問ではないですね。 ルーを入れてからが勝負です。 石焼き調理でもないかぎり火を止めてから焦げることはありません。 火を止めてから余熱を使うことはありますが、基本的に全体の温度は下がるだけなので焦げるというのは物理的にありえないことです。 もし焦げていたら、それは火を止める前に焦げていたのに気がつかなかったということです。

次の

もうシャバシャバカレーとはおさらば!とろみのつけ方のコツをご紹介。

カレー とろみ つか ない

単純に、水を入れすぎてしまった。 煮汁が沸騰している状態でルーをいれてしまった。 炭水化物制限ダイエットのために・・・じゃがいもなしでカレーをつくった。 新鮮な野菜から水分がたくさん出た。 などなど、様々な原因がありそうです。 カレーにとろみがつかず、水っぽくなってしまった場合の解決策を、原因ごとにみていきましょう。 原因1:規定の分量より水を多く入れてしまった! これはやりがちと言いますか、計るのが面倒なのでこれくらい!と適当に水を入れる私にとってはわりと日常です・・・。 カレールーにはとろみをつける小麦粉が多く含まれており、これによってとろみがつくわけですので、 単純に小麦粉を水で溶いていれることで簡単にとろみをつけることができます! 水溶き片栗粉でもとろみをつけることができますが、失敗するとダマになってしまうため、一度火を止めた状態で少しずつ足すようにしてください。 原因2:煮汁が沸騰している状態でルーをいれてしまった。 確かに市販のカレールーの箱には、一度火を止めてからルーを入れてくださいと記載があります。 えっ?それだけでそんなに変わるの?と思ったあなた。 私も以前やらかしましたが、煮汁が沸騰している状態でルーを入れると、水っぽいカレーが誕生します。 なぜかというと、ルーに含まれているとろみ付け成分の「でんぷん」がうまく溶けずにダマになってしまうからです。 でんぷんは80度以下でいい具合に溶けるため、一度火を止めてから入れるを徹底するようにしましょう。 原因3:入れる野菜によるもの。 水の分量は守ったのに、カレーにとろみがつかない場合、入れる野菜に原因があることも! 新鮮な野菜をもりもり使うと、思いの外野菜から水分がたくさん出て、とろみがなくなってしまうこともあります。 また、炭水化物制限ダイエットにより、カレーの定番具材「じゃがいも」を入れずに作ると、いつもより水っぽくなることがあります。 なぜかというと、じゃがいもにはとろみ付け成分であるでんぷんが含まれており、カレーをよりとろっとさせてくれるのです! じゃがいもを入れないといけないわけではありませんが、 とろっとしたカレーを作りたいあなたはじゃがいもを入れるのがおすすめです。 カレーが水っぽい時は煮詰めればいいの?ルーを足す方が良い? カレーに限らずですが、お料理をしていて多少水っぽくなってしまったときは、煮詰めることで解決できるケースもありますよね。 カレーも例外ではなく、 煮詰めて水分を飛ばすことで、とろとろのカレーになるケースがあります。 また、カレーが水っぽい時はルーを足せば良いのでは?と思ったあなた。 確かにルーの中に、カレーをとろとろにする成分が含まれていますので、 ルーを足すことで水っぽくなくなることもあります。

次の

カレーをドロドロにする作り方!さらさらになる原因は水の入れすぎ等?

カレー とろみ つか ない

野菜はしっかりと炒めましょう。 野菜の水分量は品種や季節によっても変わりますので、そこを注意して、 水分量を決まるのも大事です。 水が足りない時は後から足せますので、様子を見ながら、 作り方に記載されている量よりも気持ち少なめに入れるようにすると良いでしょう。 煮込み時間が少ないと、蒸発するはずの水分が少なく、 結果、カレーに含まれる水分が多くなってしまいます。 具材がしっかり柔らかくなるまで、水で煮込んでからカレールーを入れるようにしましょう。 使う野菜、野菜の炒め具合によっても、必要な水分量は変わるため、 あくまでもレシピは目安にして、様子を見ながら水分を足すようにする A ベストアンサー 圧力鍋やシャトルシェフを、使ってらっしゃるのでしたら、 初めから水を少なめにしたほうがいいと思います。 煮込み時間が短かったりや密封状態だと、水分が飛ばないので サラサラしたカレーに仕上がります。 それと、カレーにダマが出来ていませんか? 割ったルゥを、いきなり沸騰したお湯の中に入れると、 割り入れたルウの表面だけが熱によって糊化し、上手く混ざりませんしトロミも出にくくなります。 また、ルゥを溶かして煮込んでから、しばらく火を止めて冷まし 再加熱すると、とろみが出ますよ。 どうしてもトロミが出ない場合は、じゃがいもをすったものを入れてみてください。 ジャガイモの澱粉で、トロミが出ます。 nhk. nhk. html Q カレーで小麦粉をきつね色になるまで炒めるのはなぜですか? 先日、初めてS&Bのカレー粉からカレーを作りました。 味は初めての割にはまあまあでした。 で、作ってる最中にふと思ったんですが、缶に書いてある「小麦粉をきつね色になるまで炒める」と書いてるアレはどういう意味があるのでしょうか? 炒めすぎたり、全く炒めなかったりというのはないとしても、きつね色に全然手前だと何が不都合なんでしょうか? あと、ついでにといってはなんですが、油大さじ2.5+小麦粉おおさじ4はサラサラですか?クリーム状ですか? 私はちゃんと量を計ったつもりでしたが、クリーム状で(ほぼ)きつねを色を迎えましたが油が多すぎるような気がしてます。

次の