神棚 お供え 順番。 神棚の飾り方とは?お札の設置/神具の意味/お供えについても解説!|終活ねっとのお坊さん

神棚のお供え物は?上げ下のタイミングと処分の仕方なども

神棚 お供え 順番

神棚へのお供え物は、神饌(しんせん)と呼ばれ、神様へと献上する食事にあたります。 食事は毎日とるものですから、お供え物も献上する必要があります。 神饌は「日供(にっく)」と呼ばれ、神社では、毎朝神饌を献上するための「日供祭(にっくさい)というお祭りが行われています。 では、神棚には、どのような品をお供えすれば良いのでしょうか。 神様へのお食事ですから、何か特別な謂れのあるものを準備した方が良いのでしょうか。 お供えのための品と、その作法について確認していきましょう。 お供えをするタイミング お供えは、毎朝おこないます。 神様が優先されますので、食事をする前に、献上するようにしましょう。 パジャマ姿ではなく、服装を軽く正してから行なうと良いですね。 榊立ての水を取り替え、燈明に灯りもともしておきましょう。 お供え物には、毎日準備する方が良い品と、お祝い事などの特別な日に献上する方が良い品があります。 「米・塩・水」の三品は、基本的に毎日用意します。 特別な日には、お酒やお菓子、野菜や果物といった品を献上します。 また、初鰹といった季節の初物が手に入ったときや、いただき物などがあったときには、まず神様にお供えしてから家族でいただくと良いでしょう。 基本のお供え物は三つ 基本的に、毎日お供えするのは「米・塩・水」の三つです。 日本は、昔から稲作が中心であったため、米は何よりも大事な捧げ物となります。 昔から、その年の初めて実りを神社にお供えする習慣もありました。 神社に納める表書きに「初穂料」と書くのは、その名残とも言えます。 また、塩や水も、私たちが生きていくうえで無くてはならないものです。 神様のお食事と、私たちの生活には、密接な関係があるのです。 お供え物を並べる順番 基本のお供え物である三品には、それぞれ並べる順番があります。 「米・塩・水」の順に重要になるので注意しましょう。 重要度が高い品から順に、神様の近くに配置していくようにします。 この場合、一番近くに米を置き、遠い場所には水を置くことになります。 酒を供える場合は、米に続いて大事な品となるため、2番目に近い場所に並べてください。 神棚を初めてお祀りする際は、すべての品を献上することが難しい場合もあります。 まだ不慣れなうちは、1品だけを準備することから始めて、徐々に品数を増やすという方法も可能です。 毎日のお供えが難しい場合は 神様へのお供え物は、基本的には毎日おこなうのが正しい作法です。 神社でも、お供えの献上は毎日おこなわれています。 神様へのお食事ですから、忘れることはできません。 しかし、仕事に日々忙しく追われる現代では、毎日のお供えが難しい場合もあります。 また、神棚の安置場所は、高いところになることが多いため、手軽に取り替えることができない場合もあります。 事情があって毎日のお供えができない場合は、水だけを交換するにとどめておくこともできます。 その他の品については、毎月の1日や15日といった、特定の日に取り替えるようにするのです。 それぞれの職場や家庭で、お供えを交換するためのルールを設けると良いでしょう。 ただし、一旦決めたルールは、必ず守るようにしてください。 神棚から下げたお供えは、全員でいただくと良いでしょう。 「お下がり」と呼ばれる作法になります。 お供えをしたことで、それぞれの品には神様の力が宿っています。 それをいただくことで、私たちの体内に力を取り込むことができるのです。 お米や塩ですから、毎日の食事の準備に使用することで、簡単にいただくことができます。 神棚にお供え物をする まとめ お供えは、神様のお食事ですが、特別豪華な品を揃える必要はありません。 私たちが毎日必要とする基本的な品々で十分です。 出来る限り作法を守り、日頃の感謝を込めて神様に召し上がっていただく気持ちを忘れないようにしましょう。

次の

神棚の設置の仕方とは?飾り方やお供え物の位置も含めて全特集!

神棚 お供え 順番

神棚とは 神棚は 神をまつるために家の中にこしらえた祭壇を指します。 神棚には、棚そのものだけではなく、棚の上に安置したお宮も含めます。 神棚はお札を納める場所としての役割を持っており、神社などでいただいたお札を神棚に入れて保管します。 日本では昔から祖先の霊を供養することで神となり、子孫である私たちを守ってくれるとの言い伝えがあります。 そのため、神棚は神聖なものであり、なるべく明るく人の出入りが少ない場所に設置するのが一般的です。 神棚を置くスペースが限られている場所に向いていて1枚扉のお宮である「一社宮」、神棚の中では最も使用されている3枚扉の「三社宮」、火を司る荒神様をお祀りするための『荒神宮』など、さまざまな種類の神棚があります。 神棚にお供えするもの 神棚にお供えするものをご存知でしょうか? 神棚にお供えするものは何でもいいわけではなく、基本的な米・塩・水やお祝い時の酒・野菜・果物・お菓子など、お供えするものがある程度決まっています。 お供えするものには、それぞれ意味がありますので、時期によってお供えするものが変わることもあるのです。 この章では、神棚にお供えするものについて詳しく解説していきます。 米・塩・水 神棚にお供えするものとして米・塩・水が挙げられます。 毎朝、米・塩・水をお供えして、悪い状態になる前にいただくようにすることが多いです。 ただ、お供えものを毎日変えることが難しいという人もいて、いたみにくい塩や水は何日かお供えしているようです。 お米は時間が経つと硬くなり、美味しくなくなってしまうため、朝にお供えして朝食にいただく家庭もあります。 米は日本の伝統食でありお供えものの中でもメインになっています。 「炊きたての米」「生米」がより望ましいといえます。 塩や水に関してもお供えして下げる際は、料理に使うなどして捨てることがないように気を付けましょう。 榊 神棚には榊(さかき)という葉っぱをお供えします。 榊は神聖な植物として、神棚のお供えもに使用されています。 神さまの聖域と人間世界との「堺」を示すための木で、「境木」が転じたという説もあり、榊の語源にはさまざまな諸説があるといわれています。 神棚は神様を祀るための意味を持つため、神と関係がある榊はお供えものとして用意しておきましょう。 魚 神棚には魚をお供えします。 海の幸として神様にも喜ばれそうな魚ですが、お供えするときには向きに注意が必要です。 海に住む魚はお腹を神棚に向ける、川に住む魚は背中を神棚に向けます。 そのため、魚についての知識も必要になってくるため、魚に詳しくない人はお供えする前に確認しておいてください! また、『イカ』のように頭が尖った魚類をお供えする際には、神様を祀る神棚に向けるのは避けた方がいいでしょう。 『タコ』のような頭が丸い魚類は頭を向けても大丈夫です。 このように魚をお供えものとして捧げる場合は、注意する点が多いことも理解しておきましょう。 餅(正月) 正月といえば餅です。 正月以外に餅をお供えする機会は少ないですが、正月には神棚に餅をお供えする家庭も多いです。 神棚にお供えするものといえば米ですが、米のかわりに鏡餅をお供えしてもいいでしょう。 神棚のサイズによっては餅が入らないことも考えられます。 そのようなケースでは、神棚ではなく床や別の場所に置いてもいいとされています。 正月はお祝いですので、餅をただおそなえするのではなく、他のものと一緒にお供えして豪勢にすることがあるようです。 例えば、一緒にお供えするものとして、「裏白・ゆずりは・だいだい・昆布」などが挙げられます。 裏白は左右対称の葉になっているのが特徴なので「夫婦円満」を表し縁起がいいと言われています。 枝が長いのは長寿を表しており、神棚とは相性がいいお供えものです。 ゆずりはには親は子供が静養したら代を譲るといった意味を持ち、だいだいは家が繁栄する意味を持ち、昆布は「よろこんぶ」で喜びを意味していると言われています。 これらの縁起がいいものと一緒に餅を飾ることで、神への祈りも届くのではないでしょうか。 野菜・果物・お菓子(特別な日) 神棚には特別な日に酒・野菜・果物・お菓子をお供えします。 米や塩、水などと違って酒・野菜・果物・お菓子を毎日交換するのは手間も費用もかかりますので難しいでしょう。 そのため、特別な日に酒・野菜・果物・お菓子をお供えして、神棚を豪勢に彩りましょう。 野菜や果物は匂いが強いものは避けた方がいいです。 避けた方がいいのは「香味野菜」と呼ばれる野菜であり、にんにくやニラ、生姜、セロリなどを指します。 神棚にお供えする順番・場所 お供えの配置や順番にも決まりがあります。 神棚にお供えする順番・場所について解説します。 並べるためのスペースがない場合には並べ方が変わることもあるようです。 横一列に並べてお供えするパターンだと、正面が上位になり米を配置することになります。 右が二番目で塩、左が三番目で水といった順番になります。 特別な行事では米や塩、水以外をお供えする場合もあります。 天井の近く・南向きに神棚を設置する 天井の近く・南向きに神棚を設置することが一般的です。 人の出入りが多かったり、湿気でジミジミしていたりする場所は神棚に向いていません。 神様を祀っているので、南向きで明るい場所で、天井近くに設置するのが望ましいでしょう。 玄関に設置するのはNGです。 玄関は家の鳥居ともいえますし、その鳥居をくぐって小國神社があるのが望ましいため、玄関よりなるべく奥に設置するよう心がけてください。 また、仏壇の上に神棚を置いくのも好ましくないと言えます。 神棚と仏壇を向かい合わせにして設置しない 神棚と仏壇を向かい合わせにして設置しないようにしましょう。 ただ、同じ部屋に設置するのは問題ありません。 神棚のお供え物を交換するタイミング 神棚のお供えものは交換するタイミングがあり、そのお供えものによってタイミングが異なります。 ここでは、神棚のお供えものを交換するタイミングについて徹底解説します。 米を交換するタイミング 神棚のお供えものである米は 朝に出して、朝食前には交換するのが一般的です。 また、交換するのはできれば毎日が望ましいでしょう。 米は時間が経つといたむリスクが高まるため、美味しいうちに下げて食べるようにしてください。 塩を交換するタイミング 神棚のお供えものである塩の交換のタイミングは 1日1回がベストですが、塩はいたまないため忙しいなら数日お供えしたままでも問題ありません。 ただ、ホコリが被ってしまうのは良くないので、きれいな状態であることを確認しておきましょう。 お供えする時間が長かった場合は、口にするのを抵抗感がある人もいるはずです。 そのような人は料理に使用せずに、お清めとして家の玄関や庭にまいてもいいですし、お風呂にいれてもいいでしょう。 お供えした塩ですので、捨てることは避けたいところです。 水 を交換するタイミング お供えものである水は 毎日交換した方がいいでしょう。 水は蒸発してなくなったり、いたんだりするリスクがありますの。 そのため、下げて飲むか、植物の水やりに使用するか、捨てずに使用することが大切です。 タイミングは絶対ではない!傷まないうちに交換しよう 今回お供えものを交換するタイミングをご紹介しましたが、タイミングに絶対といったルールはありません。 結局は故人や神様に対しての気持ちが一番大切なので、毎日お供えものを交換できないから失礼にあたるわけではありません。 例えば、食べ物をお供えものにしていて、腐敗してしまったら無理して食べるわけにはいかないですし捨ててかまいません。 ただ、米や塩、水など全てのお供え物は傷まないうちに交換し、捨てないようにする心がけが大切です。 神棚にお供えしたものは後で食べる? 神棚にお供えしたものは後で食べた方がいいですが、いたんでしまった場合は無理に食べなくても問題ありません。 お米は朝にお供えして、そのまま朝食として食べると捨てるリスクを減らすことができます。 お水やお酒も、お供えして時間が経ったら飲んだり、料理に使ったりするのが一般的です。 絶対に捨ててはいけないといったルールはありませんが、捨てるのはバチ当たりだと思う人が多いでしょう。 塩はお清めの効果もあると有名ですので、料理に使用して食べるのではなく、家の前にまいてお清めする家庭も多いです。 神棚にお供えしたものに関しては、なるべく捨てずに食べたり使用したりするのが常識になっているようです。 まとめ 神棚にお供えするものや順番、場所、タイミングについてご紹介しました。 神棚は順番や優先順位、設置してはいけない場所があるため、神棚について知らない人にとっては設置するのに苦労することも少なくありません。 神棚は神社に行かずともお参りできる大事な場所であり、飾るなら正しい方法で設置したいところです。 神棚を設置する人にこの記事が参考になれば幸いです。

次の

神棚のお供え物の作法を解説!配置には決まりがある?

神棚 お供え 順番

神棚とは 神棚は 神をまつるために家の中にこしらえた祭壇を指します。 神棚には、棚そのものだけではなく、棚の上に安置したお宮も含めます。 神棚はお札を納める場所としての役割を持っており、神社などでいただいたお札を神棚に入れて保管します。 日本では昔から祖先の霊を供養することで神となり、子孫である私たちを守ってくれるとの言い伝えがあります。 そのため、神棚は神聖なものであり、なるべく明るく人の出入りが少ない場所に設置するのが一般的です。 神棚を置くスペースが限られている場所に向いていて1枚扉のお宮である「一社宮」、神棚の中では最も使用されている3枚扉の「三社宮」、火を司る荒神様をお祀りするための『荒神宮』など、さまざまな種類の神棚があります。 神棚にお供えするもの 神棚にお供えするものをご存知でしょうか? 神棚にお供えするものは何でもいいわけではなく、基本的な米・塩・水やお祝い時の酒・野菜・果物・お菓子など、お供えするものがある程度決まっています。 お供えするものには、それぞれ意味がありますので、時期によってお供えするものが変わることもあるのです。 この章では、神棚にお供えするものについて詳しく解説していきます。 米・塩・水 神棚にお供えするものとして米・塩・水が挙げられます。 毎朝、米・塩・水をお供えして、悪い状態になる前にいただくようにすることが多いです。 ただ、お供えものを毎日変えることが難しいという人もいて、いたみにくい塩や水は何日かお供えしているようです。 お米は時間が経つと硬くなり、美味しくなくなってしまうため、朝にお供えして朝食にいただく家庭もあります。 米は日本の伝統食でありお供えものの中でもメインになっています。 「炊きたての米」「生米」がより望ましいといえます。 塩や水に関してもお供えして下げる際は、料理に使うなどして捨てることがないように気を付けましょう。 榊 神棚には榊(さかき)という葉っぱをお供えします。 榊は神聖な植物として、神棚のお供えもに使用されています。 神さまの聖域と人間世界との「堺」を示すための木で、「境木」が転じたという説もあり、榊の語源にはさまざまな諸説があるといわれています。 神棚は神様を祀るための意味を持つため、神と関係がある榊はお供えものとして用意しておきましょう。 魚 神棚には魚をお供えします。 海の幸として神様にも喜ばれそうな魚ですが、お供えするときには向きに注意が必要です。 海に住む魚はお腹を神棚に向ける、川に住む魚は背中を神棚に向けます。 そのため、魚についての知識も必要になってくるため、魚に詳しくない人はお供えする前に確認しておいてください! また、『イカ』のように頭が尖った魚類をお供えする際には、神様を祀る神棚に向けるのは避けた方がいいでしょう。 『タコ』のような頭が丸い魚類は頭を向けても大丈夫です。 このように魚をお供えものとして捧げる場合は、注意する点が多いことも理解しておきましょう。 餅(正月) 正月といえば餅です。 正月以外に餅をお供えする機会は少ないですが、正月には神棚に餅をお供えする家庭も多いです。 神棚にお供えするものといえば米ですが、米のかわりに鏡餅をお供えしてもいいでしょう。 神棚のサイズによっては餅が入らないことも考えられます。 そのようなケースでは、神棚ではなく床や別の場所に置いてもいいとされています。 正月はお祝いですので、餅をただおそなえするのではなく、他のものと一緒にお供えして豪勢にすることがあるようです。 例えば、一緒にお供えするものとして、「裏白・ゆずりは・だいだい・昆布」などが挙げられます。 裏白は左右対称の葉になっているのが特徴なので「夫婦円満」を表し縁起がいいと言われています。 枝が長いのは長寿を表しており、神棚とは相性がいいお供えものです。 ゆずりはには親は子供が静養したら代を譲るといった意味を持ち、だいだいは家が繁栄する意味を持ち、昆布は「よろこんぶ」で喜びを意味していると言われています。 これらの縁起がいいものと一緒に餅を飾ることで、神への祈りも届くのではないでしょうか。 野菜・果物・お菓子(特別な日) 神棚には特別な日に酒・野菜・果物・お菓子をお供えします。 米や塩、水などと違って酒・野菜・果物・お菓子を毎日交換するのは手間も費用もかかりますので難しいでしょう。 そのため、特別な日に酒・野菜・果物・お菓子をお供えして、神棚を豪勢に彩りましょう。 野菜や果物は匂いが強いものは避けた方がいいです。 避けた方がいいのは「香味野菜」と呼ばれる野菜であり、にんにくやニラ、生姜、セロリなどを指します。 神棚にお供えする順番・場所 お供えの配置や順番にも決まりがあります。 神棚にお供えする順番・場所について解説します。 並べるためのスペースがない場合には並べ方が変わることもあるようです。 横一列に並べてお供えするパターンだと、正面が上位になり米を配置することになります。 右が二番目で塩、左が三番目で水といった順番になります。 特別な行事では米や塩、水以外をお供えする場合もあります。 天井の近く・南向きに神棚を設置する 天井の近く・南向きに神棚を設置することが一般的です。 人の出入りが多かったり、湿気でジミジミしていたりする場所は神棚に向いていません。 神様を祀っているので、南向きで明るい場所で、天井近くに設置するのが望ましいでしょう。 玄関に設置するのはNGです。 玄関は家の鳥居ともいえますし、その鳥居をくぐって小國神社があるのが望ましいため、玄関よりなるべく奥に設置するよう心がけてください。 また、仏壇の上に神棚を置いくのも好ましくないと言えます。 神棚と仏壇を向かい合わせにして設置しない 神棚と仏壇を向かい合わせにして設置しないようにしましょう。 ただ、同じ部屋に設置するのは問題ありません。 神棚のお供え物を交換するタイミング 神棚のお供えものは交換するタイミングがあり、そのお供えものによってタイミングが異なります。 ここでは、神棚のお供えものを交換するタイミングについて徹底解説します。 米を交換するタイミング 神棚のお供えものである米は 朝に出して、朝食前には交換するのが一般的です。 また、交換するのはできれば毎日が望ましいでしょう。 米は時間が経つといたむリスクが高まるため、美味しいうちに下げて食べるようにしてください。 塩を交換するタイミング 神棚のお供えものである塩の交換のタイミングは 1日1回がベストですが、塩はいたまないため忙しいなら数日お供えしたままでも問題ありません。 ただ、ホコリが被ってしまうのは良くないので、きれいな状態であることを確認しておきましょう。 お供えする時間が長かった場合は、口にするのを抵抗感がある人もいるはずです。 そのような人は料理に使用せずに、お清めとして家の玄関や庭にまいてもいいですし、お風呂にいれてもいいでしょう。 お供えした塩ですので、捨てることは避けたいところです。 水 を交換するタイミング お供えものである水は 毎日交換した方がいいでしょう。 水は蒸発してなくなったり、いたんだりするリスクがありますの。 そのため、下げて飲むか、植物の水やりに使用するか、捨てずに使用することが大切です。 タイミングは絶対ではない!傷まないうちに交換しよう 今回お供えものを交換するタイミングをご紹介しましたが、タイミングに絶対といったルールはありません。 結局は故人や神様に対しての気持ちが一番大切なので、毎日お供えものを交換できないから失礼にあたるわけではありません。 例えば、食べ物をお供えものにしていて、腐敗してしまったら無理して食べるわけにはいかないですし捨ててかまいません。 ただ、米や塩、水など全てのお供え物は傷まないうちに交換し、捨てないようにする心がけが大切です。 神棚にお供えしたものは後で食べる? 神棚にお供えしたものは後で食べた方がいいですが、いたんでしまった場合は無理に食べなくても問題ありません。 お米は朝にお供えして、そのまま朝食として食べると捨てるリスクを減らすことができます。 お水やお酒も、お供えして時間が経ったら飲んだり、料理に使ったりするのが一般的です。 絶対に捨ててはいけないといったルールはありませんが、捨てるのはバチ当たりだと思う人が多いでしょう。 塩はお清めの効果もあると有名ですので、料理に使用して食べるのではなく、家の前にまいてお清めする家庭も多いです。 神棚にお供えしたものに関しては、なるべく捨てずに食べたり使用したりするのが常識になっているようです。 まとめ 神棚にお供えするものや順番、場所、タイミングについてご紹介しました。 神棚は順番や優先順位、設置してはいけない場所があるため、神棚について知らない人にとっては設置するのに苦労することも少なくありません。 神棚は神社に行かずともお参りできる大事な場所であり、飾るなら正しい方法で設置したいところです。 神棚を設置する人にこの記事が参考になれば幸いです。

次の