近畿 大学 マグロ マスク。 マスク生活が楽しくなるマグロのマスクカバー SNSには装着例が続出

近畿大「マグロ愛」ですごいの出したぞ 飛び出るマスクカバー、図書館にデカい置物

近畿 大学 マグロ マスク

近畿大学附属広島高校・中学校福山校(福山市佐波町)が6月8日、「マグロ」のマスクカバーを使ってマスクを楽しく着用する動画をツイッターで公開した。 (広島経済新聞) 動画では、生徒や教職員がマグロのマスクカバーを用いて、それぞれの場所でのマスク着用を呼び掛ける。 マスクカバーは、ペーパークラフト製で外出自粛要請が続き、マスク不足が暗い話題としてニュースに取り上げられていた4月中旬に近畿大学(東大阪市小若江3)が企画した。 同大学は、クロマグロの完全養殖に向けた研究を1970(昭和45)年から行っており、2002(平成14)年に世界で初めて完全養殖に成功した。 その後は、「近大マグロ」として広く流通し、「マグロ大学」と呼ばれることもあり、マスクカバーのデザインにマグロを取り上げたという。 ペーパークラフトは、5月上旬からウェブサイトで無料公開を始めた。 ツイッター公開後は、小学生や幼稚園児を中心に制作事例が投稿され、老人ホームのスタッフが着用している姿を見た年配の男性が笑っている写真やマグロになりきり泳ぎ回り風呂に入って親子で一本釣りのまねをする子どもたちなどの投稿が相次いだ。 同大学の広報担当者は「マスクというアイテムは本来、体調不良でもなければ使用せずに過ごせるもので、少しネガティブな印象があるように思うが、それを使わざるを得ない今、これをご覧いただくことで、『アホやな〜』と笑ってもらったり、マスクを着けることを少しでも楽しんでいただけたら」と話す。 【移動に関する感染対策】 ・感染が流行している地域からの移動、感染が流行している地域への移動は控える ・帰省や旅行はひかえめに 出張はやむを得ない場合に ・発症したときのため誰とどこで会ったかをメモにする ・地域の感染状況に注意する• 3 日常生活の各場面別の生活様式 【買い物】 ・通販も利用 ・1人または少人数ですいた時間に ・電子決済の利用 ・計画を立てて素早く済ます ・サンプルなど展示品への接触は控えめに ・レジに並ぶときは前後にスペース• 【公共交通機関の利用】 ・会話は控えめに ・混んでいる時間帯は避けて ・徒歩や自転車利用も併用する• 【食事】 ・持ち帰りや出前 デリバリーも ・屋外空間で気持ちよく ・大皿は避けて料理は個々に ・対面ではなく横並びで座ろう ・料理に集中 おしゃべりは控えめに ・お酌 グラスやお猪口の回し飲みは避けて• 【娯楽 スポーツ等】 ・公園はすいた時間や場所を選ぶ ・筋トレやヨガは自宅で動画を活用 ・ジョギングは少人数で ・すれ違うときは距離をとるマナー ・予約制を利用してゆったりと ・狭い部屋での長居は無用 ・歌や応援は十分な距離かオンライン• 【冠婚葬祭などの親族行事】 ・多人数での会食は避けて ・発熱やかぜの症状がある場合は参加しない.

次の

広島の高校生らがマスク着用呼び掛け 「近大マグロ」ペーパークラフト使う

近畿 大学 マグロ マスク

「マグロ大学と自称しているくらいなので」 近大では、新型コロナウイルスの感染拡大を受けて立体的なマグロのマスクカバーを製作した。 2020年5月に公式ツイッターに画像を掲載すると「面白い」とたちまち話題になった。 さらに、6月8日にはツイッターに約2メートルのマグロのレプリカの画像を投稿。 ソーシャルディスタンスの目安を示すため施設の入り口に設置されたものだ。 図書館の机の上にも人との間隔をあけるため立体的なマグロの置物が置かれている。 広報担当者によると、「近大らしいユニークな取り組みを」と、広報室のメンバーでアイデアを出したそうだ。 ツイッターでは面白いと話題だが、在校生からは「シュールやな」、「こんなマグロに見られてて勉強できへんのちゃう?」などいろいろな意見が出ているという。 マグロを前面に押し出す姿勢に担当者は、 「マグロ大学と自称しているくらいなので」 と話す。 完全養殖に成功した「功績」は大きく、これまでもイベントのノベルティーとしてマグロのシャーペンをつくり、大学の広告にはどこかに必ずマグロを使ってきた。 「近畿大学のシンボル的存在として、間違いないかなと思いますね」と語る。 また、「ユニークな取り組みをきっかけに近畿大学を知ってもらいたい」とも。 「近大独特のユーモアとか、大阪っぽい感じを出すことによって、知名度の向上につながればと思っています」。 付属校教員がマグロマスク着けて踊る動画 学内ではどのような反応が出ているのか、気になった。 すると、 「割とみんな耐性がついてきているというか... 」 と広報担当者。 マグロを推し出した取り組みを何年も続けていると、大学側も、ノリノリではないものの多くが「いつもの感じね」と見守る雰囲気になってきているそうだ。 今や付属校にまで広がっている。 近大付属広島高等学校・中学校福山校は、ユーチューブで動画「マスクで笑おう」を公開している。 星野源の「うちで踊ろう」の替え歌に合わせて、教員たちがマグロのマスクを着用して楽しそうに過ごす様子が収められている。 実は付属校の教員が独自に作ったそうで、「ぜひ大学の公式ツイッターでも使ってもらえれば」と連絡があったとのことだ。

次の

超リアルな「まぐろマスク」が爆誕! 近畿大学が無料でマスクカバーのペーパークラフトを公開しています

近畿 大学 マグロ マスク

・笑った!シュールすぎる。 ・早速作った。 家族で楽しめました。 ・これなら絶対にソーシャルディスタンス(社会的距離)が取れるね。 2020年5月1日に、近畿大学の公式Twitterが投稿したあるマスクカバーが話題になっています。 新型コロナウイルス感染症による外出自粛で、家にいる時間が増えている現状を受け、近畿大学はオリジナルのマスクカバーを考案。 現物を写した1枚とともに、作り方を公開しました。 「ちょっと難易度が高めですが、ゴールデンウィークにレッツチャレンジ!」という言葉を添えて、投稿されたマスクカバーがこちらです。 リアルなビジュアルに目がくぎ付けになりますね。 さらに、近畿大学は制作事例を続けて投稿。 実際に制作し、使ってみた幼稚園児や小学生の写真がこちらです。 中には風呂場で着用し、完全なるマグロになりきる猛者も…! ちなみに、作り方の例ではA3サイズのペーパークラフトとして紹介されていますが、実際はA4サイズの紙を使用しても十分に制作可能とのことです。 近畿大学はどういった経緯で、このようなインパクトのあるマスクカバーの制作を思い至ったのでしょうか。 広報室の担当者にお話をうかがってみました。 近畿大学広報室の担当者を直撃! ——マスクカバーを作った理由は? 外出自粛が続き、マスク不足が暗い話題としてニュースで取り上げられる中、前向きに手作りマスクを楽しむ方も増え始めたように感じます。 本来、体調不良でもなければ使用せずに過ごせる、少しネガティブな印象の『マスク』というアイテムを、人々が使用せざるを得ない今、これをご覧いただくことで「アホやな〜」と笑っていただき、マスクをつけることを少しでも楽しんでいただけたらと思い制作しました。 家庭内でストレスを溜めているであろうお子さん達は、作るだけでなく、ごっこ遊びなどでさらに世界を広げられ、それを家族で笑っていただいていることなどがとても嬉しいです。 ——なぜほかの魚ではなく、マグロに? 本学は、1970年にクロマグロの完全養殖に向け研究に着手しました。 32年の歳月を要し、2002年に世界で初めてクロマグロの完全養殖に成功しました。 実現に32年もの歳月を要したのは、クロマグロがデリケートな魚であり、生態もよく知られていなかったためです。 本学研究所が生産する完全養殖クロマグロは、『近大マグロ』として流通が拡がり、陰では(?)「マグロ大学」とまで呼ばれるような本学のアイコンとなっており、今回のマスクカバー制作に至りました。 『マグロマスクカバー』の制作には、外出自粛により気分が落ち込みがちな今こそ「多くの人に笑ってもらい、家族で楽しんでもらいたい」という想いがつまっていました。 これなら工作するところから楽しめそうですね。 おうち時間を使ってマスクカバーを作り、マグロになりきってみてはいかがでしょうか! [文・構成/grape編集部] 出典 kinkidaigakuPR.

次の