青い カーネーション 花 言葉。 青いカーネーション【ムーンダスト】花言葉は○○で母の日にもオススメ!

花言葉で色を選んでみて。バラの色で変わる花言葉。

青い カーネーション 花 言葉

カーネーションが母の日に人気な理由 母の日に欠かせない花といえば、カーネーション。 でも、なぜ母の日に贈られるようになったのでしょう?その由来には諸説ありますが、有名なのはアメリカの女性活動家アンナ・シャービスにまつわるエソードです。 アンナ・ジャービズは、尊敬する母親の追悼式の祭壇に「母が好きだった」カーネーションを飾りました。 そしてのちに「母の日」の設立に助力したことから、カーネーションは、母の日の花とされるようになったそうです。 カーネーション全体の花言葉 『無垢で深い愛』 母の日が作られる起源となったエピソードに由来してつけられたカーネーション全体の花言葉は、「無垢で深い愛」です。 日本では、母の日の花として知られていますが、パーティーや結婚式などうれしいシーンで幅広く利用されているんですよ。 白いカーネーションの花言葉 『純粋な愛』『私の愛は生きています』『愛の拒絶』『尊敬』 「純粋な愛」と「愛の拒絶」という正反対の意味をもつのが、白いカーネーションです。 もともと、母親をなくした子供がつけていたとされる色なので、母の日のプレゼントにはそぐわないと考える人も多くいます。 ただ、清潔感があることから、白を好きな女性も多くいます。 ポジティブな花言葉をもつ花と合わせるのがおすすめです。 赤いカーネーションの花言葉 『母への愛』『母の愛』『感動』 赤色のカーネーションの花言葉は、「深い愛」。 その他にも、母の日に贈られる定番の色なことから、母親や女性の愛情を表す花言葉をいくつももっています。 情熱的で真っ直ぐな女性へのプレゼントにおすすめです。 濃い目の赤いカーネーションの花言葉 『私の心に哀しみを』『欲望』 濃い赤色のカーネーションには、「私の心に哀しみを」という花言葉がつけられています。 これは、赤いカーネーションに「哀れみ」という花言葉がつけられており、その赤色が深くなればなるほど哀しみも深くなるということのあらわれかもしれません。 自分で育てるならよいですが、プレゼントするときは、相手に配慮してあげられるとよいですね。 オレンジのカーネーションの花言葉 『純粋な愛』『あなたを熱愛します』『清らかな慕情』 オレンジ色のカーネーションがもつ花言葉は、「純粋な愛」などポジティブなものばかり。 どちらかといえば、恋人に向けた花言葉といえます。 大切な人やこれから気持ちを伝える相手に贈りたい花色ですね。 ピンクのカーネーションの花言葉 『女性の愛』『熱愛』『美しい仕草』『感謝』『上品・気品』『暖かい心』 ピンク色のカーネーションには、「女性」を褒める花言葉がたくさんあります。 また、ピンク色自体も女性的な雰囲気をもっていることから、どんな女性へのプレゼントにもぴったり。 他の花色と合わせて、華やかな花束を作ることができますよ。 黄色のカーネーションの花言葉 『嫉妬』『侮蔑』『軽視』『軽蔑』『美』『愛情の揺らぎ』『友情』 青空に向かって咲く、黄色のカーネーションはきれいですよね。 しかし、黄色い花にはネガティブな意味が多いように、黄色のカーネーションも「嫉妬」や「侮辱」といった花言葉がつけられています。 白色と同じように、「黄色が好き」な女性以外には、プレゼントとしてはNGな花色です。 もし、黄色のカーネーションを贈るときは、一言添えるようにしたいですね。 紫のカーネーションの花言葉 『気まぐれ』『移り気』『誇り』『気品』 女性らしい強さをもつ方への贈り物なら、「気品」という花言葉をもった紫色のカーネーションがおすすめ。 ただ、「気まぐれ」などネガティブな花言葉もあるので、メッセージカードを添えて渡すと誤解を与えずにすみますよ。 また、紫色といっても赤やピンクに近いものなど様々。 カーネーションを送りたい相手に合った紫色を選びましょう。 青いカーネーションの花言葉 『永遠の幸福』 青いカーネーションは、白いカーネーションに青色の水を吸わせたタイプと、遺伝子組み換え技術によって生み出された青紫色の2種類が存在します。 青色の花を咲かせるのはとてもむずかしく、鮮やかな青色のカーネーションであれば前者、ムーンダストと呼ばれ自然界の中で最も青色に近い青紫色のカーネーションであれば後者のカーネーションになります。 その淡くはっきりとした青色は、「開発がむずかしく、もし作れたなら一生幸せになれる」という研究者たちの長年の思いから、「永遠の幸せ」という花言葉がつけられました。 緑のカーネーションの花言葉 『癒やし』『純粋な愛情』 緑色のカーネーションには、「癒やし」という花言葉がつけられています。 観葉植物が緑の葉っぱをつけて癒やしを与えてくれるように、緑色には人の気持ちを和らげてリラックスさせる効果があります。 いつも優しく、おだやかな女性におすすめの花色です。 絞り色や複色のカーネーションの花言葉 『愛の拒絶』『私はあなたの奴隷になる』『愛の拒絶』 複色や絞り色と呼ばれるカーネーションがもつ花言葉は「拒絶」。 花言葉の由来は定かではありませんが、ネガティブな意味をもっています。 ただし、ベースの花色を考えて、ネガティブな花言葉はあまり気にしないで贈る場合もあるようです。 ムーンダストカーネーション(青紫色のカーネーション)の花言葉 『永遠の幸福』 ムーンダストとは、1980年代から開発され、1995年に遺伝子組み換え技術によって世界で初めて創りだされた青紫色のカーネーションのことです。 日本のサントリーフラワーズとオーストラリアの植物工学企業が共同開発して作ったもので、「永遠の幸福」という花言葉とともに、日本では1997年から発売されはじめました。 生花店ではあまり見かけませんが、最近では2009年に「アクアブルー」という、一番淡い青紫色の品種も発売されました。 虹色のカーネーション(レインボーカーネーション)の花言葉 『感謝』 虹色のカーネーションは、別名レインボーカーネーションと呼ばれ、「感謝」という花言葉をもっています。 品種改良に初めて成功したのはオランダで、白色のカーネーションに虹色の水を吸わせて色付けされたといわれています。 個性的なカーネーションを送りたい方におすすめです。 プレゼントするときに気をつけたい花言葉をもつカーネーションの色は? バラやチューリップなどと同じで知名度の高い花の1つ、カーネーション。 古くから、「美」「女性」「愛」を象徴する花として、女性や母親へのプレゼントに利用されてきました。 ただプレゼントする際に、できれば控えたい色があります。 「濃い赤色」「紫色」「黄色」「白色」の4色は、ネガティブな花言葉をもちます。 そのため、女性へのプレゼントにはなるべく控えるようにして、もし花束に混ざっている場合は、メッセージカードを添えて、誤解を与えないようにすると安心です。 カーネーションの花言葉は女性や母親にぴったり カーネーションは、古くから大切な女性へ愛情を示すために贈られ花でした。 この風習を考えると、「母の日」ができてから「最愛のお母さんに贈る花」として有名になったのも納得ができますね。 お母さんやパートナーの女性に気持ちを伝えたいときは、ぜひカーネーションをプレゼントしてあげてくださいね。

次の

お祝いに最適!素敵な花言葉を持つ花と観葉植物まとめ

青い カーネーション 花 言葉

誕生日や母の日にカーネーションの花を贈ったり、誕生日や母の日のプレゼントにカーネーションの花を添えようと考えているなら、「カーネーションの花言葉」を知った上で花を贈るべきです。 の調べによると、カーネーションの花言葉は17語あります。 花言葉は花の色や品種などによって異なる場合があるので注意が必要です。 このページでは、カーネーションの花言葉以外にも、カーネーションの花について詳しい情報を掲載しています。 つまり、カーネーションの花の色や花の品種、カーネーションの英語での呼び方や名前の由来などが詳しく書かれているのです。 では、「カーネーションの花言葉」の他にもあなたが知りたい花の花言葉を調べることができます。 カーネーションの花言葉 カーネーションの花言葉は、全部で17種類あります。 花の色や品種によって花言葉が違いますので、注意しましょう。 【1】カーネーションの花言葉 無垢で深い愛 【2】カーネーションの花言葉 女性の愛 【3】赤いカーネーションの花言葉 母への愛 【4】赤いカーネーションの花言葉 熱烈な愛 【5】濃い赤色のカーネーションの花言葉 欲望 【6】ピンクのカーネーションの花言葉 熱愛 【7】ピンクのカーネーションの花言葉 感謝 【8】白いカーネーションの花言葉 純粋な愛 【9】白いカーネーションの花言葉 尊敬 【10】黄色のカーネーションの花言葉 軽蔑 【11】黄色のカーネーションの花言葉 嫉妬 【12】紫のカーネーションの花言葉 誇り 【13】紫のカーネーションの花言葉 気品 【14】オレンジ色のカーネーションの花言葉 情熱 【15】青色のカーネーションの花言葉 永遠の幸福 【16】複色のカーネーションの花言葉 私はあなたの奴隷になる 【17】レインボーカーネーションの花言葉 感謝 花の色に関係ないカーネーションの花言葉 花の色に関係ないカーネーションの花言葉は、「無垢で深い愛」と「女性の愛」です。 母の日にピッタリなカーネーションの花言葉。 お母さんには、「ありがとう」という想いを込めて「無垢で深い愛」という花言葉を贈ってあげてください。 もちろん、恋人に贈っても問題ない花言葉なのプレゼント向きの良い花言葉です。 赤いカーネーションの花言葉 By 赤いカーネーションの花言葉は「母への愛」と「熱烈な愛」です。 カーネーションと言ったら、赤色が定番の色。 母の日に贈る花の代名詞であり、花の美しさはもちろんのこと、母親に贈りたい花言葉を持っています。 また、あまり知られていませんが、「熱烈な愛」という花言葉もあります。 好きな女性や男性に贈っても良い花言葉なので、恋人に贈っても問題ありません。 【補足】母の日になぜカーネーションを贈るようになったのか 母の日に、赤色のカーネーションの花束をプレゼントすることは有名ですが、なぜ母の日のギフトがカーネーションになったかについては、理由があります。 1905年に、アメリカのアンナ・ジャービス Anna Jarvis という女性の母親が亡くなりました。 母が好きだったカーネーションの花を教会に参拝に来た人に配ったことから、母親にカーネーションの花束を贈る習慣がついたのが由来です。 濃い赤色のカーネーションの花言葉 By 濃い赤色のカーネーションの花言葉は「欲望」です。 上記の通り、赤色のカーネーションの花言葉が良い意味なので、濃い赤色のカーネーションもいい意味の花言葉だと思いがちですが、実はあまりよくない意味の花言葉です。 カーネーションをプレゼントするなら、あまり濃い赤色のカーネーションは選ばないようにするのが無難だと思います。 カーネーション ピンク の花言葉 By ピンクのカーネーションの花言葉は「熱愛」と「感謝」です。 「熱愛」という花言葉は、恋人に贈るべき花言葉。 「感謝」という花言葉は、常日頃の感謝の気持ちを相手に伝える時に役立つ花言葉です。 ちなみに、ピンクのカーネーションの「感謝」の花言葉は、どちらかと言うと女性に贈った方が良い花言葉ですが、男性に贈っても問題ありません。 白いカーネーションの花言葉 By 白いカーネーションの花言葉は「純粋な愛」と「尊敬」です。 「尊敬」という言葉は、あなたが尊敬している相手であれば老若男女問わず贈れるいい言葉。 尊敬の念を込めて贈ってあげてください。 「純粋な愛」という花言葉は、恋人向きの言葉なので恋人に贈ると良いでしょう。 注意すべきは、いくら花言葉が良い意味でも母親には贈らない方が良いという点。 詳しい理由は、以下をご覧ください。 母の日成立のきっかけになったアンナ・ジャービス Anna Jarvis の母親が亡くなった当時、彼女は白いカーネーションを皆に贈りました。 このことから、白いカーネションは母親を亡くしている場合、母親が存命している場合は赤いカーネションという風になりました。 母の日に白いカーネーションを贈ってはいけないという習慣になっているので、気をつけましょう。 黄色のカーネーションの花言葉 By 黄色のカーネーションの花言葉は「軽蔑」と「嫉妬」です。 黄色のカーネーションは、明るい色で見た目が良いためプレゼント用として選びたくなるところですが、花言葉は悪い意味ばかりです。 決して人に贈ってはいけない言葉なので、気をつけてください。 紫のカーネーションの花言葉 By 紫のカーネーションの花言葉は「誇り」と「気品」です。 紫という花の色のように、上品なマダムなお母様にピッタリの花言葉です。 物事に対して誇りを持って頑張っている人、今まで頑張っていた退職した方などに贈りましょう。 オレンジ色のカーネーションの花言葉 By オレンジ色のカーネーションの花言葉は「情熱」です。 花の色のように情熱的な花言葉で、恋人や好きな人に告白する時などにおすすめしたい色の花言葉です。 青いカーネーション ムーンダスト の花言葉 By は、日本のが開発した世界初の青いカーネーションを指します。 遺伝子操作によって作ったカーネーションで、ムーンダストは青色というよりか、やや紫がかった青色のカーネーションです。 そんな、青色のカーネーション ムーンダスト の花言葉は「永遠の幸福」。 最近結婚した人や、これから結婚する人に贈ってあげると良いでしょう。 ちなみに、青く着色した水で白いカーネーションを育てると、真っ青な青いカーネーションになります。 偽物と言えば偽物になるのかもしれませんが、真っ青なカーネーションを贈りたい人は、人工的に青くしたカーネーションを贈っても良いでしょう。 複色のカーネーションの花言葉 By 複色のカーネーションの花言葉は、「私はあなたの奴隷になる」です。 人に贈るような意味の言葉ではありませんので、参考程度に覚えておくと良いでしょう。 レインボーカーネーションの花言葉 出典 花専用の染料に浸けて育てると、鮮やかな虹色の花になります。 これをレインボーカーネーションと言い、見た目が奇抜で人気のカーネーションです。 そんな レインボーカーネーションの花言葉は、「感謝」です。 「感謝」という花言葉は、男女問わず多くの人に贈ることができ、ストレートに「ありがとう」と伝えることができます。 カーネーション以外の花言葉を調べたい場合 カーネーションの花言葉があなたの希望する意味ではない場合、以下のリンクからカーネーションの花言葉以外の花言葉を調べることができます。 花を指定して花言葉を探したい場合… へ• 花言葉を指定して花を選びたい場合… へ カーネーションという植物について カーネーションという植物は、どんな植物なのか、どんな花を咲かせるのかなどを詳しく解説致します。 ナデシコ属という生物分類に属しているカーネーション By カーネーションは、下記の和名の由来の通り、江戸時代にオランダから伝わった花です。 香りも良く、たくさんの花色があるとても美しい花で、ギフト用の花としてとても人気の花。 母の日だけでなく、クリスマス、敬老の日、結婚式のブーケ、退職、還暦にと様々な行事で贈答できる素晴らしい花なのです。 中にはコンパクトサイズのミニカーネーションという品種もあるので、カーネーションの本数を増やしたいならミニカーネーションを贈ると良いでしょう。 カーネーションの花をプレゼントしたいけど、お金がない人は、折り紙で作ったカーネーションを贈ってみるという手もあります。 誕生日の花としてのカーネーション カーネーションは、以下の月日の誕生日の花です。 そのため、以下の月日の誕生日の人に、花言葉を添えてカーネーションの花をプレゼントすることは良いことです。 しかし、カーネーション以外で同じ月日の誕生月の花や誕生日の花をお探しの場合は、以下のリンクからその月日のカーネーション以外の誕生花を調べてください。 スプレーカーネーション限定• ピンク色のカーネーション限定• スプレーカーネーション限定• 赤色のカーネーション限定• ピンク色のカーネーション限定• 赤色のカーネーション限定 カーネーションの英語と名前の由来 カーネーションの英語とその英語の由来、またカーネーションの和名とその和名の由来をご紹介致します。 カーネーションは英語でcarnation。 その言葉の由来とは? 昔、 たいかんしき ではカーネーションの花が使われていました。 戴冠式を英語にするとcoronationと言うのですが、coronationが転訛してcarnationいう英名になりました。 カーネーションの和名 別名 は、和蘭石竹 おらんだせきちく。 その言葉の由来とは? カーネーションは、江戸時代にオランダから伝わった花です。 カーネーションは、ナデシコ科ナデシコ属の花なのですが、ナデシコ科ナデシコ属の花のことを石竹と言います。 オランダから伝わった石竹ということで、和蘭石竹 おらんだせきちく という和名になりました。 ちなみに、和蘭石竹はカーネーションの和名ですが、カーネーションという名前があまりに有名なので、和蘭石竹をカーネーションの別名と扱う場合もあります。 カーネーションの種類 品種 について 3000種類以上あるカーネーションの中で、有名な品種は以下の通りです。 スタンダードカーネーション By スタンダードカーネーションとは、一般的なカーネーションで、咲き方は八重咲きのみです。 1茎に1輪花を咲かせるため、1本のカーネーションを贈りたいならスタンダードカーネーションを贈るのが一般的。 ちなみに、上記のムーンダストなども、スタンダードカーネーションの一種です。 スプレーカーネーション By とは、茎から枝分かれして花を咲かせるタイプのカーネーションです。 花は少し大きめで、ほとんどがが八重咲き 稀に一重咲きがあります。 ちなみに、日本で一番栽培されているカーネーションは、 です。 ダイアンサスタイプ By ダイアンサスタイプのカーネーションは、スプレーカーネーションのように枝分かれして花を咲かせますが、スプレーカーネーションとは反対に ほとんどが一重咲きです。 稀に八重咲きのものもあり。 花はやや小さめです。 ポットカーネーション カーネーションの鉢植え型タイプのことをポットカーネーションと言います。 カーネーションと言えばカーネーションの花束を想像する人も多いと思いますが、カーネーションにも鉢植えタイプが存在します。 自宅で花を育てるのが好きな人に贈ってあげてください。 カーネーションの花の色や形や開花時期 季節 By カーネーションは、非常に多くの品種がある花なので、品種によって花の色や咲き方や特徴も様々です。 花の色は、白色、ピンク色、黄色、オレンジ色、赤紫色、紅色、黒紅色、絞り柄、模様入りといったように多岐に渡ります。 花の咲き方も一重咲きや八重咲きなどがあります。 以前は、一季咲きが一般的なカーネーションでしたが、現在は四季咲き性が主。 従って、春の季節の花と言えます。

次の

カーネーションの花言葉|ピンクやオレンジ・青・赤・緑・白の色別

青い カーネーション 花 言葉

「プリザーブド」は、英語で「保存する」という意味。 生花のうちに色素を抜き、特殊な染料を吸わせることで、色鮮やかな美しさとソフトな風合いを長期間にわたって保ちます。 花をプリザーブドフラワーに加工する際は、基本的に花屋か専門業者に依頼するのが主流ですが、実は溶液を購入すれば 個人で加工することも可能なのを知っていましたか? 母の日定番のカーネーションは花びらが厚く、加工に向いています。 加工途中で液体に浸すため、桜やコスモス、スイートピーなどの花びらが少なかったり、薄い花は加工の途中に散りやすいので注意してください。 手間がかかり、必要な材料も他の加工より多いですが、その分自分でできた際の喜びはひとしおです。 ぜひチャレンジしてみてくださいね。 押し花で保存する 自分でブーケを加工する場合、ドライフラワーが1番簡単です。 ドライフラワーを作る方法は、 自然乾燥させる方法と薬剤を使う方法の2通りがあります。 より手が掛からない方法は自然乾燥です。 湿気が少なく風通しの良い場所に、花を逆さに吊して乾燥させましょう。 生花をドライフラワーにする場合は、数日花瓶に入れて花を楽しんだ後、元気な花は残し、痛み始めた花から取り出して干すことをおすすめします。 厚みのあるカーネーションなどの花は、花束のままではなく1本ずつ離して干した方が早く乾燥します。 薬剤を使用して乾燥させる場合は、密閉容器に花とシリカゲルなどの乾燥剤をたくさん入れて乾燥させる方法が一般的です。 約1週間から2週間程度で完成します。 乾燥剤はお菓子の袋などに入っているものを使用するか、もしくは手芸店で手に入れることが可能です。 プラスチックの容器にシリカゲルを敷き詰め、その上に生花を置きましょう。 生花の上からさらにシリカゲルを被せ、電子レンジに掛けて水分を飛ばす方法もあります。 乾燥させる時間を短縮できるだけでなく、花の色も自然乾燥より鮮やかに残るため、おすすめの方法です。 グリセリン溶液を花に塗ったり、茎から吸い上げさせたりすることにより、柔らかくツヤがあるドライフラワーを作ることもできます。 おわりに.

次の