オスマン 帝国 外伝 シーズン 4 あらすじ 114。 オスマン帝国外伝〜愛と欲望のハレム〜シーズン3全話ネタバレ感想まとめ

BS日テレ

オスマン 帝国 外伝 シーズン 4 あらすじ 114

第1話:愛の代償 オスマン帝国皇帝スレイマンの首に短刀を突きつけた暗殺者サドゥカ。 その頃、レオはヒュッレムを守るため、自ら毒菓子を口にしていた。 親友のマトラークチュがハンガリー王ラヨシュ2世の手紙の運び屋になっていたことを知ったイブラヒムは、マトラークチュに残酷な命令をする。 レオの一件で完全に敵対したイブラヒムとヒュッレムは、互いに対して宣戦布告。 皇帝のお気に入りを自負する2人の戦いが新たに幕を開ける。 第2話:ラヨシュへの報復 皇帝スレイマンは、暗殺者をよこしたハンガリー王ラヨシュ2世への報復を果たすべく、大軍勢を組織。 先遣隊として大宰相イブラヒムを送り込む。 その頃、ラヨシュ2世はバチカンに救援を依頼。 そして遠征に同行しようと考えた皇子ムスタファは、こっそりと馬を走らせていた。 イブラヒムの活躍でブダへの道が着実に切り開かれるも、スレイマンは不機嫌を隠さない。 イブラヒムは、暗殺未遂の日にヒュッレムと何をしていたかと問いただされ…。 第3話:疑われた忠誠心 皇帝スレイマンは森の中でハンガリー王ラヨシュ2世が放った刺客に命を狙われるも、勇敢な軍司令官の活躍により難を逃れる。 皇帝に不信感を抱かせたイブラヒムは皇帝のもとへ行き弁明を試みる。 トプカプ宮殿では懐妊の分かった皇女ハティジェが喜びよりも不安を募らせていた。 一方、皇帝妃ヒュッレムと女官ニギャールとの間に以前とは異なる微妙な空気を読み取った皇帝妃マヒデブランは、ニギャールを呼び出して事情を知ろうとする。 第4話:モハーチの戦い オスマン帝国軍の進軍を阻んでいた川に橋が完成し、皇帝スレイマンは架橋の作業に尽力した軍司令官マルコチョールをねぎらう。 一方、トプカプ宮殿では母后が中心となり、犠牲祭の準備が進められていた。 占星術師からよいお告げを聞き、笑顔が戻った皇女ハティジェだったが、あることがきっかけで皇帝妃ヒュッレムに怒りを爆発させる。 そんな中、ついにモハーチでオスマン帝国とハンガリー王国の決戦の火ぶたが切られる。 第5話:皇妃と皇女 ハンガリー王国を落とした皇帝スレイマンは、数々の戦利品と共にイスタンブールに戻る。 戦利品の中にはイブラヒムに与えたヘラクレスなどの彫像もあった。 その頃、地中海でスペイン船がオスマン帝国の海賊に襲われる。 乗っていたのはカスティーリャの王女。 それを伝え聞いたベネチア共和国元首の息子アルヴィーゼ・グリッティは、真偽の程を調べ始める。 帝都に戻ったスレイマンは久々に家族と再会。 ヒュッレムと熱いひとときを過ごす。 第6話:囚われの王女 カスティーリャ王女が拉致されたと聞いたベネチア共和国元首の息子グリッティは解放を求めて海賊船の船長ムラトに会う。 だが、思惑をめぐらせるムラトは取引に応じず、グリッティを追い返すのだった。 トプカプ宮殿では女官ニギャールが皇女ハティジェの出産が落ち着くまで、しばらく皇女の屋敷に住み込むことになる。 そんな中、グリッティから王女の窮状を聞いた大宰相イブラヒムは後宮宦官長スンビュルを呼び出し、ある極秘の指令を出す。 第7話:イブラヒム邸の彫像 ヒュッレムは占星術師ヤクップに毒薬作りを依頼。 望みどおりの効果を得るには、対象の人物が片時も離さない物が必要だった。 その頃、皇帝スレイマンはオスマン帝国の捕虜となったカスティーリャ王女イサベラと密会。 自分を野蛮人とののしる王女に興味を示す。 一方、イブラヒムの屋敷には戦利品の彫像が届く。 偶像崇拝を禁じるイスラム社会では、それをよく思わない者たちがいて…。 イブラヒムの周りに少しずつ不穏な空気が漂い始めていた。 第8話:死の呪い 詩人の集会に出かけたマトラークチュとマルコチョールは屋敷の庭に彫像を飾った大宰相イブラヒムを激しく非難する詩人フィガーニーに会う。 トプカプ宮殿では彫像の話を聞き、気分を害した母后が皇帝スレイマンに詰め寄る。 スレイマンはカスティーリャ王女イサベルに、ある贈り物をする。 皇帝妃ヒュッレムは側女ニリュフェルを使ってイブラヒムを陥れる計画を着々と進めていた。 そんな中、皇女ハティジェの体調に異変が起きる。 第9話:慢心の芽 ハティジェ皇女は占いどおり、男の子を出産。 しかしお産は順調とはいかなかった。 そんな中、ヒュッレムが機転を利かせるが…。 囚われの王女イサベラは馬で逃走。 婚約者の窮状を知ったフリードリヒ王子は救出を誓う。 息子が生まれた喜びから慢心とも取れる言葉を庭の彫像の前で語ったイブラヒム。 その後ろにはいつしか皇帝スレイマンが立っていて…。 ヒュッレムは後宮の拡張を母后に頼むも、門前払いされてイラ立ちを募らせる。 第10話:浅知惠 アナトリアで起こった反乱は治まる気配を見せず、皇帝スレイマンは大宰相イブラヒムに鎮圧を命じる。 だが、息子の健康状態を案じる皇女ハティジェは夫イブラヒムが不在になることを心細く思い、反発する。 一方、オーストリア大公国からイサベラ王女の解放を求めて使節が宮殿にやってくる。 狩猟の館に女性がいることを知った皇帝妃ヒュッレムはイブラヒムを陥れようと策を講じる。 ハティジェを不憫に思う母后は皇帝に異見を呈す。 第11話:招かれざる客 傲慢にならないと誓った皇帝スレイマンだが、冷酷帝こと父セリム皇帝に似てきたと母后に言われたことが気になっていた。 狩猟の館にいる女性が皇帝の客人だと知ったヒュッレムは嫉妬心の塊に。 ハティジェ皇女は赤ん坊の体が弱いことに悩み、庭の彫像が不幸を呼んでいると疑心暗鬼になる。 囚われの王女イサベラを救おうと婚約者フリードリヒ王子は館に向かうが…。 フェルディナント大公の使節は新たな提案をスレイマンに持ちかける。 第12話:疑心 園庭で皇帝スレイマンと母后のよそよそしい様子を見た皇帝妃マヒデブランは2人の間に何かあったのではと怪しむ。 反乱鎮圧の命令を受けアナトリアへ遠征した大宰相イブラヒムは反乱者の旺盛な勢いに水を差すべく秘策を弄する。 一方、皇帝に女性の存在を感じた皇帝妃ヒュッレムは真相を突き止めるべく大胆な行動に出る。 狩猟の館に幽閉されているカスティーリャ王女イサベラは不法侵入で捕まった婚約者の身を案じ、ある決意をする。 第13話:燃え上がる炎 狩猟の館に行ったヒュッレムは、皇帝スレイマンが女性と一緒にいるのを目撃。 アナトリアに遠征中のイブラヒムは反乱の扇動者や支持者を説得しようと試みるが、交渉は暗礁に乗り上げていた。 スレイマンはヒュッレムと過ごしながらもイサベラ王女の姿が頭を離れない。 そんな時、王女に危機が訪れ、真夜中にもかかわらず皇帝自ら救出に向かう。 ヒュッレムは、嫉妬の炎が激しく燃え上がる中、ハティジェ皇女の屋敷で王女と同席することになり…。 第14話:皇帝の計略 皇女ハティジェの屋敷でカスティーリャ王女イサベラに初めて会った皇帝妃ヒュッレムは、顔が青ざめ、体調を崩す。 アナトリアの反乱は大宰相イブラヒムの計略が功を奏して収束へ向かう。 皇帝スレイマンは、オーストリア大公のいとこの王子フリードリヒの処遇について決断を下す。 一方、オーストリア大公は法王を訪ね、オスマン帝国への対抗策を相談していた。 イブラヒムが疎ましいヒュッレムは出すぎたマネをして最悪の結果を招く。 第15話:危険な一手 狩猟の館で皇帝スレイマンはイサベラ王女に口づけをする。 それを目撃したニギャールはヒュッレムに報告。 嫉妬に駆られたヒュッレムは、激情に任せて王女のいる大宰相邸に乗り込む。 しかしスレイマンの心が少しずつ自分から離れているのを誰よりも感じていた。 一方、軍司令官マルコチョールは、思い人アルミンが父親によって遠ざけられようとしているのを知り、危険な一手に出る。 反発していたアルミンもしだいに心を許すようになり…。 第16話:王女の告解 皇女ハティジェは夕食会で夫イブラヒムになれなれしくする王女イサベラに不快感を抱く。 イサベラはイブラヒムに教会で告解がしたいと言い出すが、告解以外にも、ある思惑があった。 軍司令官マルコチョールに娘アルミンを誘拐された両替商ジョシュアはイブラヒムに直訴する。 だが、その後、イブラヒムは高熱を出し、ひどく体調を崩す。 そんな中、嫉妬に燃えるヒュッレムは狩猟の館に乗り込み、再びイサベラに詰め寄る。 第17話:特別な贈り物 皇帝の作った首飾りをイサベラ王女が着けているのを見たヒュッレムは、時が来たら首から奪い取ると宣言。 ニギャールはイブラヒムに民間療法を施すが、それをハティジェ皇女に見られてしまい…。 マルコチョールはアルミンとの仲を認めてもらおうとするも、イブラヒムにたしなめられることに。 母后は後宮で宴を開き、ヒュッレムと王女を同席させる。 嫉妬の塊となったヒュッレムはあらゆる手段で皇帝を取り戻そうとする。 御前会議では、ペルシャから来た導師カービズの説法が問題になっていた。 傷心が後宮へ王女を招いた母后への怒りへと変わったヒュッレムは、母后にこれまでの不満をぶつけ、脅しをかける。 そんな中、会議の最中に皇帝の目の前で大宰相イブラヒムの体調が急変する。 一方、イサベラ王女に危険が迫る。 第19話:毒牙 卒倒したイブラヒムのもとに駆けつけたヒュッレム。 仕込んだ毒の効果が現れてほくそ笑んでいたが、そこにスレイマンの送った名医が現れる。 その頃、狩猟の館ではイサベラ王女がヒュッレムの送り込んだ蛇の毒牙にかかっていた。 イブラヒムの看病で疲れていた皇女ハティジェは息子メフメトの授乳中に眠ってしまい…。 後宮ではヒュッレムの部屋が皇子ムスタファに与えられ、母親のマヒデブランから独立して生活するようになっていた。 第20話:最後の切り札 愛息メフメトを亡くした皇女ハティジェは母として自らのふがいなさに打ちひしがれ、精神を病んでいく。 御前会議では導師ムッラー・カービズの裁きが行われていた。 一方、帝国からの脱出を計画していたカスティーリャ王女イサベラは決行の日に教会へ行くが、土壇場になって逃亡を見送る。 大宰相イブラヒムはヒュッレムに毒を盛られたことを確信し、秘策をもって反撃に出る。 そんな中、ハティジェが驚がくの行動に出る。 第21話:失ったもの 昔の恋人レオの日記をスレイマンの前で読むことになったヒュッレム。 青ざめながらも読み上げていくが、恐ろしい知らせが届いた混乱に乗じて日記を中庭に投げ捨てる。 すぐさまニリュフェルに取りに行かせるが、その前に日記を拾い上げた者がいて…。 息子を失った悲しみに打ちひしがれるハティジェは、母后とエディルネ宮殿で静養することに。 そんな中、イサベラ王女をライバル視するヒュッレムは、自分が誘拐して逃がしてやると提案していた。 第22話:死の病 カスティーリャ王女イサベラの生存を知った婚約者フリードリヒ王子は、オーストリア大公フェルディナントに事情を訴える。 病床に伏していた両替商ジョシュアの娘アルミンは、診察の結果、恐るべき病名が明らかになる。 大宰相邸で献身的にイブラヒムに仕える侍女長ニギャールは、禁断の過ちを犯してしまう。 皇帝妃ヒュッレムは宦官ギュルに王女イサベラを逃がす手はずを整えさせ、早朝に王女を送り出すが、思いもよらない事態が起こる。 第23話:夢物語 イサベラ王女はイブラヒムに逃亡を阻止され、狩猟の館に戻された。 大宰相邸から宮殿に戻されたニギャールは、部屋に籠もって泣き続け、スンビュル宦官長の怒りを買うことに。 マルコチョールは病身の恋人アルミンと、幸せな未来を語ったあと結ばれる。 イサベラ王女を帝国から追い払ったと信じるヒュッレムは、母后の居ぬ間に宴を開き…。 イサベラ王女は、いつしかスレイマンへの思いが心の中で大きくなっていることに気づく。 第24話:奪い合う愛 エディルネ宮殿から母后の一行が帰ってくるが、母后は皇帝妃ヒュッレムが宴に興じる姿を見て激怒する。 一方、軍司令官マルコチョールは最愛の妻アルミンを弔い最後の別れを告げる。 そんな中、旧宮殿への追放からニギャールを救いたい宦官ギュルは追放を阻止するために奔走していた。 静養から戻った皇女ハティジェが皆を屋敷へ招待する。 美しく装って参加したヒュッレムだったが、皇帝スレイマンと親しく会話する思いがけない人物の姿を見て驚く。 第25話:邪視 イサベラ王女が後宮に入ることになり、ヒュッレムは心穏やかではいられない。 スレイマンに詰め寄るも逆に諭され、不満はますます高まるばかり。 母后もイブラヒムも波乱の兆候を感じ取っていた。 ニギャールは旧宮殿行きを阻止してもらった代償に、ヒュッレムに協力を求められる。 ライバルを全員倒すと宣言したヒュッレムは、王女を排除すべく、よからぬ考えを巡らせていた。 その頃、ハンガリーを巡る情勢も少しずつ緊張を増していた。 第26話:狙われた王女 皇帝妃ギュルフェムと夕食を共にしていた皇女ハティジェは、もう一度、占星術師ヤクップに占ってもらいたいと考えていた。 皇帝妃ヒュッレムを排除したい大宰相イブラヒムは後宮女官ニギャールを使って、ある策略を練る。 一方、ヒュッレムもまた、皇帝スレイマンの寵愛を奪うカスティーリャ王女イサベラを亡き者にすべく黒死病に乗じた暗殺計画を始動させる。 それぞれの思いが交錯する中、事態は思わぬ方向へ展開していく。 第27話:尽きぬ野望 ヒュッレムはイサベラ王女を監禁。 その後始末をニギャールとギュルに命じる。 翌朝、王女がいないと分かった後宮は大騒ぎに。 スレイマン皇帝の命令で捜索が行われるも、有力な情報は一切見つからなかった。 一方、王女を使ってヒュッレムを陥れようとしていたイブラヒムも、予想外の展開に翻弄されていた。 ヒュッレムは、大きな野望を娘に語るが、それを扉の陰で聞いている者がいて…。 母后はヒュッレムへの対応をスレイマンに直訴する。 第28話:近づく嵐 皇帝妃ヒュッレムの傍若無人な振る舞いに業を煮やした母后はヒュッレムに対する風当たりを強くし、締め付けを図る。 一方、オーストリア大公フェルディナントは皇帝スレイマンに使節を送り、帝国が支配下に置いた領土の返還を求めてくる。 そんな中、母后から女官長ダイェに、ある恐ろしい計画の実行が命じられる。 立ち聞きで計画を知った側女ニリュフェルは血相を変えてヒュッレムに知らせる。 そして、ヒュッレムの身に恐ろしい事が起こる。 第29話:憎しみの連鎖 愛馬を殺されて激高したヒュッレムは、凶器となった自分の短刀を手に母后の部屋に押しかけ、母后を責め立てる。 小姓頭マルコチョールがスレイマン皇帝の命令で犯人を捜すが、出てくる証言はどれもある1人の人物を示唆していた。 マルコチョールの聞き込みに対し、ヒュッレムも母后も腹心の部下への嫌疑を否定。 その頃、欧州遠征の総司令官となったイブラヒムを批判や陰謀から守るべく、スレイマンは特別な勅令を発していた。 第30話:ウィーン進軍 皇帝妃ヒュッレムの愛馬殺害の容疑で投獄された側女ニリュフェルは牢でうちひしがれていた。 母后と対峙したヒュッレムは、自分への怨嗟はあといくつ犠牲を払えば消えるのかと悲痛な思いを吐露する。 そんな中、皇帝スレイマンがウィーン遠征に出発する。 迎え撃つ神聖ローマ帝国皇帝カール5世も着々と準備を整えていた。 一方、宮殿ではヒュッレムが思いがけず母后に過去の秘密を知られてしまい、かつてないほどの危機に直面する。 第31話:包囲 元婚約者レオの手帳を手にした母后に問い詰められたヒュッレムは、不義の関係ではないと必死に弁明。 数々の知られざる事実を聞いた母后はショックを受ける。 隙を見て手帳を奪おうとするヒュッレムだったが、なかなかうまくいかない。 その頃、欧州に進軍した皇帝スレイマン率いるオスマン帝国軍はウィーンの城を包囲。 しかし、その頭上には暗雲が広がり始めていた。 宮殿で四面楚歌となったヒュッレムは、ある取引を持ちかけるが…。 第32話:後宮の反乱 皇帝妃ヒュッレムは、まんまとレオの手帳を手に入れ、母后の目の前で勝ち誇ったように燃やしてみせる。 一方、ウィーンへ迫るオスマン軍であったが、悪天候に悩まされ、撤退することに。 皇帝妃ヒュッレムは帝都に戻った皇帝スレイマンにさっそく自分の身分解放を迫る。 大宰相イブラヒムへの許されない恋心に悩む女官ニギャールはしだいに自分を追い込んでいく。 そんな中、さらなる野望を抱くヒュッレムが皇帝に対して大胆な行動に出る。 第33話:賭け 自由の身となったヒュッレムは、結婚しないかぎり同衾できないと夜伽を拒否。 結婚が目的で身分解放を求めたと知ったスレイマン皇帝は激怒し、ヒュッレムの処罰を命じる。 大宰相邸では道ならぬ恋に悩むニギャールが、イブラヒム宛ての遺書をバイオリンの箱に入れて屋上へ。 その手紙を皇女ハティジェが見つけてしまい…。 マヒデブランがスレイマンに召されて怒りに震えるヒュッレムだが、結婚という野望のため、犠牲を承知で大きな賭けに出る。 第34話:戦う理由 ベイコズの館で幼い皇女ミフリマーフが高熱を出し、病状を案じた皇帝スレイマンが見舞いにやってくる。 皇帝に会えたうれしさを隠せないヒュッレムだったが、皇帝は冷たい態度でヒュッレムを突き放すのだった。 一方、皇女ハティジェの屋敷を皇帝妃マヒデブランが訪問し、女官ニギャールは不吉な存在だと吹き込む。 そんな中、ヒュッレムが後宮に再び返り咲くことを恐れる母后は大宰相イブラヒムに接触し、ある陰謀を持ちかける。 第35話:暗殺 山賊に襲われたヒュッレムは、森の中で凍えているところを発見され、スレイマン皇帝に抱えられて宮殿に戻る。 マルコチョールを独断で護衛につかせたダイェに母后は不審の目を向ける。 スレイマンは事件を裏で操る者がいるのではと危惧。 そんな頃、病床のヒュッレムは自分たちの敵が仕組んだのだと弱々しくスレイマンにささやいていた。 その一方で母后には必ず皇帝と結婚すると宣言。 結婚という野望に向けて、着々と外堀を埋めていた。 第36話:祝典 後宮の熾烈な戦いを制するため、皇帝妃ヒュッレムは忠義な者を集めるように宦官ギュルに命じる。 一方、皇子ムスタファとメフメトが割礼式を迎える。 帝国の栄華を極めた祝典にご満悦の皇帝スレイマン。 身重の皇女ハティジェは占星術師の予言に不安を募らせていた。 帝都が割礼式の喜びに沸く中、祝典の催しに紛れて不穏な動きをする者が現れる。 ヒュッレムを裏庭に呼び出した皇帝は、ヒュッレムに思いがけないものを見せる。 第37話:回りゆく毒 華やかな割礼式に隠れて結婚の儀を執り行ったスレイマン皇帝とヒュッレム。 後宮に報告に行くが、母后から厳しい言葉を受けることになる。 その頃、ヒュッレムの命令を受けた暗殺者がイブラヒムを狙っていた。 計画を中止したはずが、何者かの放った矢がイブラヒムの背に突き刺さり…。 奴隷の身分から解放されて皇帝の正妻となったヒュッレムだが、欲望と憎悪は一向に収まる気配を見せず、まだ胸の中で燃えたぎっていた。 第38話:深まる溝 大宰相イブラヒムの暗殺を企てた者は誰か?皇帝妃ヒュッレムは自分の刺客が犯人ではないかと疑い宦官ギュルを問い詰める。 一方、暗殺未遂事件のことを何も知らされていなかった皇帝スレイマンは激怒し、早急な調査を命じる。 瀕死の床にあるイブラヒムは、回復へのいちるの望みを抱いて湯治を試すことに。 ヒュッレムの尊大な態度に堪忍袋の緒が切れた母后はヒュッレムを巧みな罠にかけ、念願の正妻の座を失うかもしれない危機がヒュッレムを襲う。 第39話:死の淵(ふち)より レオの死の秘密をスレイマン皇帝の前で暴こうと、母后はヒュッレムを呼び出して問いただす。 スレイマンは部屋の中に身を隠し、2人の話を聞いていた。 癒やしの洞窟で解毒治療を続けるイブラヒム。 献身的に介護するニギャールだが、イブラヒムへの秘めた思いを宦官長に知られてしまい…。 宮殿では、帝都に舞い戻った高官が、イブラヒム暗殺未遂事件の黒幕候補の1人に挙がっていた。 自白を導こうとマルコチョールが罠を仕掛ける。 第40話:妃の冠 正妃となったヒュッレムは、世間から皇帝を惑わした魔女だとウワサされていた。 一方、内政が混乱しているクリミア・ハン国から母后の姪アイビゲ王女が帝都に到着。 民に健在ぶりを知らしめるために街へ出たイブラヒムは、不測の出来事に遭遇する。 豪華な冠が完成したヒュッレム。 得意げにかぶって現れるが…。 皇女ハティジェが産気づいた頃、宮廷史家マトラークチュに嫁いだ女官ニギャールには、まさかの事態が起こっていた。 第41話:マヒデブランの決断 結婚式を終えたニギャールの前に突然現れたイブラヒム。 2人はマトラークチュの家で秘密の関係を続けることになり…。 イブラヒム不在の大宰相邸ではハティジェの出産が始まっていた。 一方、マヒデブランは、スレイマン皇帝に軽んじられる怒りと悲しみが限界に達していた。 愛の暴走を母后とイブラヒムが案じる中、皇帝に気持ちをぶつけてしまい…。 そんな母を見た皇子ムスタファは父である皇帝と向き合い、母を守る決意を語る。 第42話:暗闘 エディルネ宮殿へ移ることになった皇帝妃マヒデブランと皇子ムスタファが出発の前に皇帝妃ヒュッレムの部屋にあいさつに来る。 一方、御前会議では新たな遠征が話し合われていた。 酒場に行った宦官ギュルはひょんなことから重大な秘密を知ってしまう。 母后は皇帝妃ヒュレムを夕食に招くが、ヒュッレムは何か裏があるのではないかと怪しむ。 そんな中、互いに致命的な弱みを握ったイブラヒムと元アナトリア軍政官ベフラムが激しい攻防を繰り広げる。 第43話:派閥争い イブラヒムとニギャールの関係を知る元アナトリア軍政官ベフラムが、スレイマン皇帝に奏上することとなり、秘密の発覚を恐れたイブラヒムは許可も取らずに皇帝の前に進み出る。 後宮では母后がヒュッレム派の締め出しを画策。 ヒュッレムに賃上げを邪魔されたと思った側女たちは、母后派とヒュッレム派に割れて、ついには暴動を起こし…。 ベフラムに脅迫されたイブラヒムは、要望を聞くふりをしつつ、ベフラムのいる酒場に向かう。 第44話:入隊式 月日は流れ、1532年、皇帝スレイマンと皇帝妃ヒュッレムは4人目の皇子ジハンギルを授かっていた。 エディルネ宮殿から、りりしく成長した第1皇子ムスタファが、母であり皇帝妃であるマヒデブランとトプカプ宮殿に戻ってくる。 ムスタファに後宮が用意されるという話を聞き、色めき立つ側女たち。 ヒュッレムは息子たちの皇位継承のライバルとなるムスタファの厚遇に嫉妬心を燃やす。 そんな中、母后が宮殿に不思議な占い師を招く。 第45話:頂上対決 後宮で孤立するヒュッレムは、巡回を強化させ、新たなお付きの者たちに身の回りを警護させる。 手下の側女たちに金品を振る舞うも、そのことで後宮はさらに敵と味方に分裂することに。 そんな時、ヒュッレムを批判した側女が血の海の中で発見されて…。 その頃、遠征中のスレイマン皇帝のもとにはオーストリア大公やフランス国王の使節が代わる代わる訪問していた。 列国との駆け引きが続く中、順調に進軍するも、包囲戦で苦戦を強いられる。 第46話:憎悪の炎 大宰相イブラヒムが率いる軍はウィーン東南の小都市ギュンスで包囲戦を展開。 神聖ローマ帝国皇帝カール5世はモハーチの戦いでのラヨシュ2世の二の舞いを恐れ、スレイマン皇帝との会戦を避けようとする。 その頃、後宮で側女の給金の盗難事件が起こる。 皇帝妃ヒュッレム派とそうでない者たちの不和は、もはや修復不可能なまでに悪化。 反ヒュッレム派の側女たちは、ヒュッレムがすべての元凶とばかり、怒りを爆発させ、危険な行動に出る。 第47話:傷痕 後宮で起きた側女たちの反乱により火をつけられたヒュッレムは、重傷を負っていた。 遠征中のスレイマン皇帝に手紙で知らせるも、イブラヒムの判断で皇帝には届けられない。 スレイマンに包み隠さず報告したと母后に告げたヒュッレムは、自分の証人として思わぬ人物を挙げる。 後宮では人事の変更があり、スンビュル宦官長やギュル宦官が色めき立つ。 そんな中、昇進を遂げたのは…。 その頃、オスマン軍の長い遠征も終わりを迎えていた。 第48話:皇子の宴 皇帝妃マヒデブランは遠征から戻った皇子ムスタファの労をねぎらうために宴を計画。 宴で舞を披露する側女の1人に皇帝妃ヒュッレムのお付きだったノラが選ばれる。 大宰相イブラヒムは母后とヒュッレムのために食事会を開くが…。 後宮の新女官長に就任したギュルシャーは、これまでのうっぷんを晴らすかのように威張り散らし、ダイェを侮辱。 激怒したヒュッレムがギュルシャーを威嚇し、ついにはヒュッレムとマヒデブランの戦いに発展する。 第49話:反抗 ヒュッレムに侮辱されて泣き崩れるマヒデブランを見たムスタファは、スレイマン皇帝の所に押しかけ、母と自分の運命を決めるのはスレイマンなのかヒュッレムなのかと問い詰める。 ムスタファの行動にスレイマンは激高。 いつか息子を手にかけるのではないかと不安になる。 大切な金曜礼拝を父親への抗議で欠席すると言うムスタファ。 皇帝への謀反とも取られかねない危険な決心を前に、マヒデブランは息子を説得しようと奔走する。 第50話:角が生えた男 酒場に入り浸り浴びるように酒を飲む宮廷史家マトラークチュを家まで送った小姓頭マルコチョールは、妻であるはずのニギャールが家にいないことを不審に思う。 一方、宮殿では皇帝スレイマンに反発心を抱く皇子ムスタファが金曜礼拝にも姿を見せず、母であるマヒデブラン妃をやきもきさせていた。 そんな中、クリミア・ハン国の王女アイビゲに帰国の日が迫る。 だが、母后とマヒデブラン妃の思惑により、事態は意外な展開を見せる。 第51話:良縁 ムスタファとクリミアの王女アイビゲの縁談が決まり、戸惑う本人たちをよそに周囲はお祝いムードに。 そんな中、ムスタファの権威が増すことを恐れるヒュッレムは、ムスタファとアイビゲのそれぞれの恋心を利用して縁談の破談をもくろむ。 イブラヒムとニギャールの不義の関係に巻き込まれたマトラークチュは疲れ果て、ついに行動に出る。 イブラヒムは石職人に自分の胸像を作らせることにするが、それが原因でハティジェと不穏な空気に…。 第52話:政略結婚 母后と皇帝妃マヒデブランはムスタファ皇子の縁談の妨げになるとして側女エフスンを旧宮殿へ送る。 マヒデブランはムスタファが縁談を承諾するよう大宰相イブラヒムに説得を頼む。 一方、クリミアの王女アイビゲとの許されない愛に葛藤する小姓頭マルコチョールは、アイビゲの愛を受け止め切れす酒と美女に逃げていた。 体調を崩したと言う女官ニギャールを見舞った女官長ダイェは見てはいけないものを目撃してしまい…。 第53話:イブラヒムの首 胸像の首をスレイマン皇帝に斬り捨てられたイブラヒムは、すべてを捨てる覚悟を決める。 突然、イブラヒムがいなくなったことにハティジェ皇女は困惑。 イブラヒムの胸像の首が届いたことから、スレイマンがイブラヒムを殺したとのではないかと疑心暗鬼になり…。 後宮ではムスタファとアイビゲの婚約式の準備が始まる。 そんな中、マルコチョールやアイビゲ、ニギャールも、思いどおりにならない愛や苦しい思いを抱えていた。 第54話:婚約式 皇子ムスタファとクリミアの王女アイビゲの婚約式が明日に迫り、もしイブラヒムがそれまでに戻らなければ皇帝から厳しい沙汰が下る事態となる。 ハティジェ皇女はイブラヒムの命を守るため、ムスタファをイブラヒムのもとへ…。 そんな中、アイビゲの父サーヒブ・ギレイが帝都に到着。 アイビゲに思いを寄せるマルコチョール、2人の結婚を阻止したい皇帝妃ヒュッレムなど、それぞれの思いが交錯しながら、ついに運命の婚約式を迎える。 第55話:大勝負 婚約式には出席したものの、許可なく去ろうとしたイブラヒムをスレイマン皇帝は投獄。 イブラヒムは夜を地下牢で過ごした後、目隠しをされて連れていかれる。 ムスタファの寵愛を受けるエフスンがヒュッレムの手先であると気づいたファトマは、ギュルシャーに報告しようとするが、逆に脅されることに。 その頃、戻らぬイブラヒムを案じるハティジェの前にヒュッレムが現れ、不吉な知らせを告げる。 果たしてイブラヒムの運命は…。 第56話:皇帝の天秤 皇子ムスタファとクリミアの王女アイビゲの婚約式を終え、クリミア・ハン国の君主サーヒブ・ギレイが帰路に就く。 側女エフスンがヒュッレムの手先だと知った皇帝妃マヒデブランは激怒。 大宰相の職務に復帰したイブラヒムは不在時にアヤス宰相が承認した助成金の決定に異を唱える。 皇女ハティジェはイブラヒムの態度に不信感を抱いていた。 エフスンのことでマヒデブランにののしられたヒュッレムは激高するも皇子ムスタファに戒められる。 第57話:新たな対立 ムスタファにいさめられたヒュッレムは、涙ながらにスレイマン皇帝に訴えるが、スレイマンは逆にヒュッレムに謝罪を要請。 ヒュッレムはムスタファへの憎しみを募らせる。 裏切りが発覚した側女エフスンは、マヒデブランとムスタファへの忠誠を証明することに。 イブラヒムに恨みを持つ教団の動きは、宮殿の人間も巻き込みながら大きくなっていた。 謝罪の一件でムスタファの脅威を味わったヒュッレムは、恐ろしい計画の実行を告げる。 第58話:皇子の災難 尊師と呼ばれる謎の人物は、教団の問題でイラ立つ大宰相イブラヒムをさらに追い詰めるべく、宮廷史家マトラークチュを教団に取り込むよう指示する。 ヒュッレムはエフスンを呼び出し、ムスタファ排除のための劇薬を渡す。 一方、末の皇子ジハンギルは火がついたように泣き続け、医女が診察するも原因が突き止められず、皇帝は医師長ヤセフを呼ぶ。 そんな中、ムスタファがエフスンを夕食に誘う。 劇薬をしのばせるエフスンに決断の時が迫る。 第59話:運命と罪 ムスタファの食事に毒を盛るようヒュッレムに命令された側女エフスンは、恋心との間で葛藤。 その頃、ヒュッレムの末の息子ジハンギルも背骨の痛みに泣き叫んでいた。 ヒュッレムは祈祷師を呼んで占ってもらうが、その占断に苦悩が和らぐどころか激怒する。 ムスタファと婚約中のクリミアの王女アイビゲは、結婚式の前に一時帰国することに。 アイビゲの思い人を知るヒュッレムは…。 第60話:愛の行方 尊師は、教団指導者サーリムに教団存続の危機をあおり、大宰相イブラヒムを排除するようにけしかける。 椎骨に障害を持つ末の皇子ジハンギルが医師長ヤセフの治療を受けることになる。 皇子ムスタファのお気に入りの側女エフスンが倒れ、医師の診察を受ける。 クリミアの王女アイビゲと小姓頭マルコチョールはクリミアへ向かっていた。 一方、家族で休暇に出かけたイブラヒムに命の危険が迫る。 そんな中、スレイマンの体に異変が現れる。 第61話:不例 昏倒した皇帝スレイマンは呼吸停止に陥る。 名医ヤセフの懸命の治療で息を吹き返すも、意識は戻らないままだった。 その頃、教団の刺客がイブラヒム一家の馬車を襲撃。 皇女ハティジェが盾に取られてしまう。 眠り続けるスレイマンは父帝との会話を夢に見ていた。 ヒュッレム、マヒデブラン、イブラヒムもそれぞれスレイマンとの思い出を回想。 後宮ではスレイマン亡き後の継承問題が話題に。 マヒデブランはムスタファを玉座に就けるべく動き出す。 皇子ムスタファの母マヒデブランは、皇帝亡き後、ムスタファが帝位に就くことを思い描いていた。 祖国クリミアへ向かった王女アイビゲと小姓頭マルコチョールは不義の罪を疑われ、宮殿へ連れ戻される。 そんな中、使節の間でも皇帝の健康不安説が流れ始める。 第63話:忠誠と裏切り 意識が戻った皇帝スレイマンは家族の祝福を受ける。 スレイマンはヒュッレムに病床で皆の忠誠と裏切りを見たと語る。 アイビゲとの駆け落ちの疑いで連れ戻されたマルコチョールは地下牢へ。 その処分はムスタファに委ねられる。 またもニギャールの家で夜を明かしたイブラヒムに、ハティジェの疑念は高まるばかり。 ムスタファの側女エフスンは食事中に気分が悪くなったことから、妊娠していないか診察を受けることになり…。 第64話:残酷な規則 皇帝妃マヒデブランに皇子ムスタファの子が宿っていることを知られた側女エフスンは堕胎処置を施されそうになる。 マヒデブラン妃は、堕胎に反対するムスタファに後宮の規則を説くのだった。 大宰相イブラヒムの不審な行動に疑問を抱いた皇女ハティジェは密偵イドリスから尾行の報告を受ける。 東方遠征を控えた皇帝スレイマンはイブラヒムに命じ、神聖ローマ帝国皇帝カール5世との和平交渉を進めるように言う。 小姓頭マルコチョールに処刑の日が訪れる。 第65話:魔女 ムスタファの側女エフスンは堕胎手術中に大量出血。 意識がもうろうとする中、ヒュッレムにムスタファの毒殺を命じられたことを明かす。 その事実がマヒデブランとムスタファからスレイマン皇帝に伝えられ、ヒュッレムの運命はスレイマンに委ねられることに。 ヒュッレムは自分を陥れる中傷だと訴えるが…。 一方、イブラヒムと不義の関係にあるニギャールにある事実が発覚。 ダイェに相談しているところを医女に立ち聞きされてしまう。 第66話:去りゆく者 側女エフスンが命を落とし、責任を問われて追放を言い渡された産婆アレフェは女官ニギャールの醜聞を逆手に取り女官長ダイェを脅す。 ところが、逆上したダイェはアレフェを平手打ちし、最悪の事態を招いてしまう。 皇帝妃ヒュッレムに憎悪の炎を燃やす皇帝妃マヒデブランは、ヒュッレムの弱点を突く手で報復をたくらんでいた。 大宰相イブラヒムはオーストリア大公フェルディナントの使節との和平交渉に臨む。 第67話:悲劇の前触れ イブラヒムの不義の相手がニギャールだと知った母后は激怒。 ニギャールを問い詰めるが、さらなる事実を告げられ、大きなショックを受ける。 スレイマン皇帝に報告しようとしたところ、母后は発作を起こして昏倒。 そのまま意識を失ってしまう。 母后の回復に時間がかかる場合、後宮は代理人が運営することになる。 規則では最年長の皇子の母親であるマヒデブランだが、後宮を仕切る絶大な権限をヒュッレムも狙っていて…。 第68話:祈る思い 昏睡状態に陥った母后の容体を案じるダイェは、道ならぬ恋に走るニギャールのせいで母后が倒れたのだとなじる。 一方、遠征準備に旅立つ大宰相イブラヒムは望んだ予算が下りないことに腹を立てていた。 母后に一目会いたいダイェはひそかに宮殿へ忍び込むが、皇帝妃マヒデブラン一行に見つかり、追い出される。 皇帝妃ヒュッレムは母后に付き添えるのはダイェしかいないと皇帝に訴え、ダイェ復帰の道筋をつける。 そんな中、母后の容体に変化が訪れる。 第69話:権力の行使 皆の祈りが通じて意識の戻った母后だが、全快には程遠い状態だった。 しかし追放処分になったダイェも看病に戻り、少しずつ回復の兆しが見え始める。 後宮を運営する権限を手にしたマヒデブランは、早速改革に着手。 それが面白くないヒュッレムはスレイマン皇帝に訴える。 一方、財務長官イスケンデルはオーストリアとの和平協定の写しを入手。 皇帝と同等であるかのようなイブラヒムの発言に憤慨し、スレイマンの御前に向かっていた。 第70話:駆け引き "皇帝妃マヒデブランの後宮の支配に辟易した皇帝妃ヒュッレムは、皇子ムスタファを早く地方へ赴任させて、マヒデブランを同行させ、宮殿から追い出そうと画策する。 ヒュッレムは財務長官イスケンデルに近づき、策を練るのだった。 一方、さらなる失態を犯した女官ギュルシャーは、マヒデブランを諦め、新たな主人を求める。 スメデレボへ逃がしたはずのニギャールがまだ後宮にいることを咎めたイブラヒムは驚くべき事実を知り絶句する。 " 第71話:地獄への道 ニギャールが妊娠していると知ったイブラヒムは激怒。 しかも対策を話し合っていたところを立ち聞きされてしまう。 マヒデブランの信頼を失ったギュルシャーは旧宮殿に追放されることに。 ヒュッレムの命令で皇子メフメトの個室の準備を進めたニギャールは、マヒデブランの怒りを買って解任される。 財務長官イスケンデルはイブラヒムと対立して罷免に。 そんな中、ギュルシャーは必死でヒュッレムに連絡を取ろうとしていた。 第72話:どんでん返し 皇帝妃マヒデブランの後宮支配に業を煮やした皇帝妃ヒュッレムは、腹心の宦官ギュルと行動に出る。 マヒデブラン妃に従う側女ファトマは、あの手この手で皇子ムスタファに取り入ろうとしていた。 そんな中、母后が命を狙われる。 暗殺は未遂に終わったものの、宮殿を揺るがす大事件に皆、動揺を隠せない。 一方、行商人の女がヒュッレムを訪ねてやってくる。 女の伝言を聞き、離宮へ向かったヒュッレムは、まさかの人物と対面する。 第73話:暴かれる秘密 一命を取り留めたギュルシャーは、ヒュッレムに情報を提供する代わりに庇護を求める。 後宮の運営権を得たマヒデブランは、ムスタファの地方赴任の準備の名目で贅沢品を購入。 母后を計略の駒にしてハティジェの怒りを買ったヒュッレムは、自分が始めたケンカではないと言い放ち…。 後宮がさまざまな欲望に揺れる中、母后が回復の兆しを見せ、明るい空気に。 ニギャール追放で空きになっていた後宮出納官は、スレイマン皇帝が直々に任命する。 第74話:偉大なる母后 後宮出納官に就任した皇帝妃ギュルフェムは皇帝妃マヒデブランの浪費を指摘する。 皇帝スレイマンは、夢見が気になり、乳兄弟ヤフヤに占ってもらう。 側女ファトマは、ずる賢く立ち回り皇子ムスタファの心を奪おうとする。 おなかが目立ってきたニギャールは帝都を離れるが、道中、不審な者たちに襲われる。 皇帝妃ヒュッレムは、母后を見舞い、これまで抱えてきた思いと共に、ある決意を伝える。 その直後、母后の容体は急変し…。 第75話:新たな秩序 ヒュッレムがハティジェにイブラヒムの不貞を明かそうとしたその時、母后の容体が急変。 スレイマン皇帝も後宮も悲しみに暮れていた。 そんな中、皇子身スタファの地方赴任の日が迫り、新たな秩序のもとで皆が再出発を模索する。 ハティジェの帰りを待っていたヒュッレムは、手の内に隠していたニギャールをイブラヒム排除のために引っ張り出す。 イブラヒムは謎の人物の正体を調査。 後宮を辞したダイェは、人知れず下働きの生活を始めていた。 母后の後継として後宮の運営を任された皇帝妃マヒデブランは母后の部屋に移るため、改装に着手。 それを知った皇帝妃ヒュッレムは心穏やかではいられず後宮出納官ギュルフェムに苦情を言う。 母后の死を思い、自責の念に駆られていたダイェは悲劇の決断をする。 匿名の不審な手紙を受け取った皇女ハティジェは深く苦悩する。 第77話:懐の蛇 イブラヒムの不貞を密告する手紙に書かれていた家に向かったハティジェは、おなかの大きなニギャールを見つけて衝撃を受ける。 スレイマンは棒術の試合中にカッとなり、ムスタファを殴打。 父帝と同じように息子の成長を喜べなくなっている自分に気づく。 イブラヒムはついに尊師を追い詰めるが…。 マニサ赴任を翌日に控えたムスタファは、弟たちやマヒデブランと別れを惜しむ。 ハティジェはニギャールの子供の父親を調べることに。 第78話:愛が壊れる時 皇女ハティジェは宮廷史家マトラークチュを呼び出し、ニギャールの腹の子の父親は誰かと問い詰める。 マニサへ向かう出立式の日を迎えた皇子ムスタファは盛大に見送られて宮殿を後にする。 ユダヤ人両替商から借金を重ね、首が回らなくなった皇帝妃マヒデブランは、後宮出納官ギュルフェムにも事情を知られ、窮地に陥る。 ヒュッレムは大宰相イブラヒムの不貞の証人をハティジェに引き合わせる。 ヒュレムの逆襲が、いよいよ始まる。 第79話:最後の勝者 ギュルフェムが後宮で襲われた。 犯人が名前を出したことから、スレイマン皇帝はマヒデブランの命令と判断。 マヒデブランは否定するが…。 その頃、ヒュッレムの計略でニギャールとの不貞が露見したイブラヒムは、ハティジェと対面していた。 後宮の運営を誰に任せるか、スレイマンはギュルフェムに相談。 その答えはスレイマンの考えと一致していた。 ヒュッレムは奴隷として宮殿に来た時の自分を回想。 後宮だけでなく世界の支配者になると誓う。

次の

海外ドラマ【オスマン帝国外伝シーズン3】 あらすじ全話一覧

オスマン 帝国 外伝 シーズン 4 あらすじ 114

セリム皇子の弟で、メフメト皇子亡き後皇帝の座を巡ってしのぎを削るバヤジット皇子。 二人は小さい頃から何かにつけて争っていました。 セリム皇子は弓矢も勉強も得意ではなく、他の皇子たちと比べられていることに危機感があったのか特に年の近いバヤジット皇子に何かにつけて嫌がらせをしていました。 意地悪で出来の悪い兄セリム皇子をバヤジット皇子は軽蔑し、馬鹿にしています。 ヒュッレムもバヤジットの方が優秀なのはわかっていましたが、二人がけんかばかりしていることを心配していたようです。 ムスタファ皇子が生きている時は、まだまだ二人の関係はただの仲が悪い兄弟ですが、ムスタファ皇子の処刑を知ったバヤジット皇子はムスタファ皇子を尊敬していたため、父スの決定にショックを受けます。 バヤジット皇子とセリム皇子はこの頃から「仲の悪い兄弟」から「跡目争いのライバル」となってしまうのです・・・。 バヤジットの妻はイブラヒムとハティジェの娘、フーリジハンです。 成人したバヤジット皇子はAras Bulut İynemli Aras Bulut İynemliは1990年8月25日生まれ。 初ドラマ出演は「Arka Sokaklar」(2009年) という刑事ものでした。 バヤジット皇子はセリム皇子と皇帝の座を最後まで争うことになります。 ここでもの皇帝の座を巡るどす黒い陰謀が悲しい結末を生んでしまうのです。

次の

海外ドラマ『オスマン帝国外伝』あらすじとキャスト!Huluにて

オスマン 帝国 外伝 シーズン 4 あらすじ 114

栄華を誇ったオスマン帝国最盛期の後宮。 1520年、セリム1世が逝去。 皇太子であったスレイマン1世が第10代皇帝に即位し、以降46年に渡る華麗なるオスマン帝国統治の歴史が始まる。 スレイマンの即位と同じ頃、ルテニア(現在のウクライナ)では、タタール人による襲撃が続いていた。 ある小さな町の司祭の美しい娘アレクサンドラ(後のヒュッレム)は、目の前で家族、そして恋人を皆殺しにされる悲劇に襲われる。 その美貌で命拾いしたアレクサンドラは捕虜となり、幼なじみのマリアとともにオスマン帝国のハレムに献上されるため、奴隷船に乗せられた。 ハレムに入ったアレクサンドラは、絶望のあまり死ぬことさえも恐れず、全てに反抗的な態度でいたが、ある夜、夢枕に立った両親の言葉に後押しされ、このハレムで生き抜くことを決意するのだった。 生き抜くためにはトプカプ宮殿の後宮でスレイマンの側女に選ばれなければならないと考えたアレクサンドラは、ある夜の宴で妖艶な舞を披露しスレイマンの心を掴む。 翌日の夜、スレイマンはアレクサンドラを夜伽に召すが、寝所に現れたのは皇妃マヒデブランだった。 母后アイシェは、「皆、地位を狙う。 賢くなりなさい」と忠告するが、マヒデブランは嫉妬に狂っていく…。 さらに、皇子を身ごもり、皇妃となることを望むヒュッレムは、スレイマンとの結びつきを強くするためイスラム教に改宗、あらゆる知恵を絞り着実にハレムの中でのし上がっていく。 しかし、そこには数知れない陰謀と嫉妬が待ちうけ、女同士の熾烈な権力争いに身を投じていくことになる…。

次の