超 魔 導 竜 騎士 ドラグーン オブ レッド アイズ。 超魔導竜騎士-ドラグーン・オブ・レッドアイズ【ウルトラレア】LGB1

遊戯王カードWiki

超 魔 導 竜 騎士 ドラグーン オブ レッド アイズ

2種の耐性のおかげでほとんどのカードは無効効果の囮にできない、その無効効果はダメステでも使える3種のパーフェクトカウンター、おまけに無効にするとさらに攻撃力が上がるというライダー憤死ものの効果、倒しきれずターンを渡すと対象を取らないダブルマグマックスがプレイヤーに襲い掛かる。 極めつけはデビフラ・やぶ蛇や墓地からの特殊召喚にも一切制限がかかっていないというバグ持ちという始末である。 アナコンダをつかえば、制圧展開の〆として設置できるもっとも神に近いと言っても過言ではないモンスター。 対処方はいくつかあるが壊獣・超融合・結界波で倒すのが一番楽、「伏せや他にモンスターがいない状態のドラグーン1体を倒すだけなら余裕」という話をよく聞くが、それは最初から対策済のデッキか、意識せずにメインからドラグーンに対して有効なカードが入るデッキに限られるだろう。 これに里や虚無空間まで一緒に出されると、いよいよラー玉くらいしか対処法がなくなる。 9期、10期のインフレここに極まれりな新規レッドアイズ融合。 効果の強さは説明不要ですが、とにかく無駄なテキストがほとんど無く、必要消費の少なさからくるスロットアドがそれに拍車をかける。 自由なデッキスロットを利用したメタビ、真紅眼融合のデメリットを軽減できるサブテラー、アナコンダやドロドロゴンで出すトリスタやドラリンにオルフェゴールといったソリティアテーマと、これだけでも環境勢の悪用が激しいのですが融合召喚以外でも出せるのでやぶ蛇やデビフラ、正規召喚後の蘇生も視野に入れたオルガや魔術師も使いつぶしている。 たしかに対策方法はありますが、このカードの強さはスロットアドの高さなので壊獣や結界波を積みつつ出張先のテーマデッキへのメタも必要で、メカサンダー・キングや虚無空間などのメタへのメタも張られると対策にも限度ってものでしょう。 本来ならこんなマスPドランシアのハイブリッドみたいなカードは相応の消費やデメリットが必須なはずなのに、ドランシア以上に手軽に出せてしまうトロイメアマーメイドと同レベルで気軽に並べてしまう現在はテストプレイうんぬん以前の問題かと。 このカードの話題がすごいですね。。 除去効果、無効化破壊までならまだしも対象をとれずに効果破壊も許さない一人戦争状態。 ラ〇ボーかな? 出張性能が高く採用率が今勢いのある現在ならまだ対策しやすいとは思います。 9割9分は真紅眼融合で現れるので、1ターン目で展開力のないデッキではほぼ単騎での状況ですので、 普段嫌われやすい壊獣や効果破壊に耐性のあるカード、冥王結界波などを採用してしばらくは尖った構成のデッキにしてもいいんじゃないでしょうか。 戦闘破壊耐性もないのでサンダイオンあたりで普通に殴り勝てます。 せっかく戦力が分散化してきたのに浮幽さくら嬢がうずうずしている。 まさにひどいレベルでバランスが取れている状況。 アナコンダがいなければレッドアイズデッキ以外ではほぼ脅威はなくなるとは思うんですがねぇ... このカードの説明はする必要ないですかね。 ブラマジと真紅眼が友情融合… したらなんかとんでもない化け物になった。 しかも効果ドラゴンならなんでも真紅眼の代わりが務まるという。 神縛り耐性、素材となった通常モンスターの数だけ使えるモンスター破壊+バーンの効果、カードの効果を手札を捨てることで無効にして破壊し更に自己強化する効果を持っている。 モンスターとしての性能は高い耐性と強力な無効効果、さらに苛烈な破壊効果を備えた傑物には違いない。 しかもヴェルデアナコンダと真紅眼融合のコンボで事実上のリンク2モンスターとして振り回す事ができる軽いモンスター。 恐るべき軽さとそれに相反する異次元の性能を持ったモンスター。 ただ耐性は完全なものではなく、無効化も手札を消費する。 デッキにはブラマジ 真紅眼融合を使う場合は真紅眼も を求める。 完全無双のモンスターではなく、事故や万が一の危機も付き纏うカードかなーとも思ったり。 確かに書いてある事はどれを取っても強いしはっきり言ってぶっ壊れレベルだ。 とは言えこの手のぶっ壊れ性能モンスターは程度の差は多少あれども今に始まった事ではなくこのレベルのインフレは9期から始まってる。 それに対策が全く無い訳ではなく壊獣・ラヴァゴ・金玉等で場からどかしたり、ライトニング等で単純に打点で上回って殴り倒す。 対象を取らない破壊ではない除去 墓地に送る・バウンス・除外 等々やりようはある。 対象を取らない除外モンスターは例えばトリシューラ等が該当する。 幸い昨今では当たり前になりつつある相手ターンでも発動出来るの一文がないのでせいぜい干渉されてもターン1の無効にして破壊し打点を上げられるだけなのでシンクロやリンク特化のソリティアデッキ等ではそこまで突破に苦労はしない。 流石に2、3体並べられると話は変わって来るが1ターンで3体立つなんてそんなケースはまず起きないだろう。 いずれにしてもコイツレベルの壊れは9期や10期にも居てる訳で、過去のぶっ壊れ性能モンスターは現環境でも野放しでコイツだけ少し暴れたら禁止しますって仮になったらそれはそれでおかしくね?とも思うが。 そして何とカード名単1も付いていない、真紅眼融合1枚から出てくる、無関係なシンクロデッキでも2の効果はなくなるがドロドロゴンから出てくるというやばさである、もう言葉が出ないほどのやけくそ強カードである。 先攻で出して強い奴がいなかったレッドアイズ的にはようやく先攻で真紅眼融合で出して強い奴が来たかという感じではあるが、それにしても強すぎて戦慄するレベルである。 考えた奴は頭がおかしいのだろうか?ブラック・マジシャン、真紅眼の黒竜はともかくドラゴン族の効果モンスターという緩い素材で出て来るのに、対象耐性、効果破壊耐性を備えた3000打点。 それだけに留まらず、なんと相手の効果を無効化した場合に攻撃力が永続で1000アップするオマケ付。 安定して除去出来るのは壊獣くらい。 真紅眼融合でお手軽にデッキから飛び出して来るのはもちろん、デビル・フランケン、やぶ蛇にも対応。 せめて手札、フィールドの融合召喚限定にして頂けませんかね。 ティマイオスの眼でブラック・マジシャンを墓地送りすることで出すことも可能。 ドロドロゴンと効果モンスターのドラゴン族が用意出来るデッキならば、これまた出すことが出来る。 下手すると2体破壊からのこのカードのダイレクトアタックでワンショットを決められる。 今はめっきり採用されなくなってしまったSNo. 39 希望皇ホープ・ザ・ライトニングがメタになるが、その為に2枠削って採用することは無いか。

次の

【遊戯王 最新情報】ドラグーン+サンダードラゴンのデッキがCSで優勝!デッキレシピ等も紹介|「第127回オレたちトレカ部CS」大会結果が判明!【本日の #遊戯王優勝デッキ】

超 魔 導 竜 騎士 ドラグーン オブ レッド アイズ

攻撃対象にされた際にこの表示形式を変更する効果はありますが、相手のモンスターの攻撃力を下げる効果はありませんので、召喚後は状況に応じてリンク素材にしていくと良いでしょう! 「レモン・マジシャン・ガール」 「レモン・マジシャン・ガール」以外の 「マジシャン・ガール」モンスターををリリースすることでデッキから魔法使い族をサーチ出来ます。 「アップル・マジシャン・ガール」の効果を使えば 「マジシャン・ガール」モンスターを墓地から回収でき 「チョコ・マジシャン・ガール」を使えば、墓地から魔法使い族を特殊召喚できるので、リリース効果は積極的に使っていくといいでしょう! サーチするカードははその場に合わせて、持ってくるといいでしょう! 攻撃対象に選択された際に自身の効果で、効果を無効にして手札から、魔法使い族を特殊召喚できるので 「ブラック・マジシャン・ガール」や、「 ブラック・マジシャン」など、 効果が無効になっても、かまわないモンスターをサーチし、特殊召喚を狙うといいでしょう! スポンサーリンク 「アップル・マジシャン・ガール」 攻撃対象に選択された際、 レベル5以下の 魔法使い族を特殊召喚できるモンスター! また戦闘、効果で破壊された際は 「マジシャン・ガール」モンスターを3体まで、回収出来るので、役に立つ場面が多いモンスターです! このデッキでは、リリースやリンク召喚などで、墓地に 「マジシャン・ガール」モンスターが溜まりやすいため、3枚回収する能力は意外と簡単に達成出来てしまいます。 「チョコ・マジシャン・ガール」 「マジシャン・ガール」の中で、一番汎用性の高いモンスター! 手札から、魔法使い族を捨てることで、1枚ドローできる効果を持っており、手札に来てしまった、上級魔法使いを墓地に送れるので、 事故防止にも役に立つモンスターです! 「Emトリッククラウン」を墓地に送れば、即座にレベル4二体を展開することが出来るので、ランク4を エクシーズ素材にしたり、 リンク召喚につなげたりすることも出来ます。 「 ブラックマジシャンガール」 男性の皆さんの大好きなヒロインモンスター! ヒロイン代表モンスターでしたが今まで単体だと、カードパワーに欠け中々採用できずにいましたが、このデッキでは攻撃対象を移し替えた最終地点として特殊召喚できるほか、「マジシャン・ガール」の中で、 闇属性なので 「黒魔族のヴェール」や 「黒魔族復活の棺」などで、簡単に場に呼び出すことが可能です! 「召喚僧サモンプリースト」 「黒・魔・導・爆・列・破」や「 黒魔族のヴェール」など、手札で使えない状況の魔法カードをコストに出来つつ、レベル4モンスターをデッキから特殊召喚できるため採用! 「チョコ・マジシャン・ガール」をデッキから特殊召喚できたり「 Emトリック・クラウン」とは 高相性です! スポンサーリンク 「Emトリッククラウン」 「チョコ・マジシャン・ガール」「 黒魔族復活の棺」「 ディメンションマジック」などのコストや サモンプリーストとの相性が良い汎用性の高い魔法使い族モンスター! 魔法使い族専用のエクシーズ素材やリンク素材になれたりと優秀なモンスターです。 「ブラックマジシャン」 召喚方法がこのデッキでは豊富なので「ブラック・マジシャン・ガール」と並べることも可能です。 また強力な融合モンスターである 「超魔導竜騎士-ドラグーン・オブ・レッドアイズ」の素材としても必要なモンスターであります。 「魔法使い族の里」 魔法使い族デッキでは、強力なフィールド魔法です。 このデッキはすべて、魔法使い族のため、効果の使用に困ることが少なく、戦闘以外の除去に弱い 「マジシャン・ガール」モンスターを除去魔法から守れます! また 「超魔導竜騎士-ドラグーン・オブ・レッドアイズ」とこのカードが並ぶと強力な盤面になりますので場合によっては採用枚数を増やしてみてみ良いでしょう! 「竜星の極み」 このデッキの核となる罠カードです。 「マジシャン・ガール」モンスターの効果は相手依存という弱点がありますが、効果をこのカードで、 強制的に攻撃させることで 「マジシャン・ガール」モンスターの効果を発動させ流ことができます。 基本的に 「マジシャン・ガール」からまた違う 「マジシャン・ガール」に攻撃対象を移し替えていけば、あっと言う間に 「マジシャン・ガール」が盤面に揃います。 「バトルマニア」 上記の 「竜星の極み」と同じ理由で採用しました! 「竜星の極み」にない強みは永続罠でないため 「サイクロン」などで、破壊されない点が強みです。 スポンサーリンク 【マジシャン・ガール】デッキの回し方を紹介! 各シナジー間の強い 「マジシャン・ガール」モンスターの効果を駆使しながら、相手のモンスターの攻撃力を半減させ 「マジシャン・ガール」モンスターをドンドン展開していきます。 しかし、普通にフィールドに存在していれば、相手は攻撃してくれずに場が硬直するので 「竜星の極み」や 「バトルマニア」を使って強制攻撃させます。 このデッキでは、魔法使い専用汎用カードも入っており、魔法使い本来の戦い方もできますので 「竜星の極み」や 「バトルマニア」が引けなくても魔法カードや罠カードを使い応戦していきましょう! 今回の構築では2020年5月現在制限カードにも指定されている強力な融合モンスターである 「超魔導竜騎士-ドラグーン・オブ・レッドアイズ」を採用しております。 効果モンスターがすぐに2体並びやすいかつ「ブラック・マジシャン」を無理なく採用できるので、 「超魔導竜騎士-ドラグーン・オブ・レッドアイズ」とは相性が良く 「超魔導竜騎士-ドラグーン・オブ・レッドアイズ」で押しっきて勝つといった戦術も可能です。 「マジシャン・ガール」デッキの組み方と改造するなら? 今回紹介したデッキレシピでもある程度戦っていくことができますが、もし 「マジシャン・ガール」デッキを1から組む際は 「マジシャン・ガール」の 効果はあくまでも相手依存という弱点を意識して組む必要があります。 また 「マジシャン・ガール」の攻撃を変更する効果は各 「マジシャン・ガール」1ターンに1度なので2回目に攻撃対象にされてしまうとそのまま戦闘破壊されてしまうので、その辺の弱点カバーも必要です。 今回のデッキレシピでは汎用性の高い 「強制脱出装置」を採用しましたが、場合によっては攻撃を強制させるカードと相性の良い攻撃反応型罠カードをデッキに数枚入れてみても良いでしょう! 「マジシャン・ガール」デッキは魔法使い族テーマですので、サポートカードも多いので色々なカードを試せるのも利点です! 【ブラック・マジシャン・ガールデッキレシピ2020】まとめ 今回は遊戯王のヒロインモンスターである 「ブラック・マジシャン・ガール」デッキの紹介でした! どちらかと言うとカウンター向けのデッキなので、場が硬直することが多いのが弱点ですが、使って見ると次々と可愛い女の子が出てくるので 「ブラック・マジシャン:ガール」が好きな男性の方々には是非オススメしたいデッキとなっております! 同じく遊戯が使うエースモンスター「ブラック・マジシャン」デッキの紹介はコチラ!!.

次の

【超魔導竜騎士-ドラグーン・オブ・レッドアイズ効果考察】ブラマジデッキ、レッドアイズデッキ双方の利点・強みを考える!真紅眼融合から出て来るのはホント強いよね

超 魔 導 竜 騎士 ドラグーン オブ レッド アイズ

超魔導竜騎士-ドラグーン・オブ・レッドアイズ 歴代最強の魔法使い族、 《超魔導竜騎士-ドラグーン・オブ・レッドアイズ》。 相手モンスターを消し炭にしながらライフを奪い、効果破壊及び対象不可という不可侵性。 そして、万能カウンターによる絶大なマウント性能を発揮します。 昨年末、最初期に登場した融合特化型の【ドラグーンビート】は姿を変え、《超魔導竜騎士-ドラグーン・オブ・レッドアイズ》に《儀式魔人リリーサー》で特殊召喚を封じる《クラウソラスの影霊衣》と《妖精伝姫-シラユキ》を添える ハッピーセットスタイルが台頭しています。 例えば、 【ドラグーン】対【オルフェゴール】 《超魔導竜騎士-ドラグーン・オブ・レッドアイズ》の破壊対象不可という耐性に対して、対象を取らない墓地送りで突破してくる《宵星の機神ディンギルス》や、打点突破を仕掛ける《ヴァレルソード・ドラゴン》を 《儀式魔人リリーサー》が封札。 また、《オルフェゴール・トロイメア》で《宵星の騎士ギルス》等の攻撃力を2300以上に上げて《クラウソラスの影霊衣》を戦闘破壊する目論見を許さない 《妖精伝姫-シラユキ》という構図。 おいおいマイケル困っちゃう状態に陥るので詰み。 【ドラグーン】の新境地となる着地点。 盤面的には融合モンスターと儀式モンスターが並び立つ奇怪展開ですが、やはりそのルートに絡んで来るのは仲介屋 《水晶機巧-ハリファイバー》。 もはや芸術的。 後行はエクストラデッキから現れる《ダーク・アームド・ドラゴン》こと 《アクセスコード・トーカー》を絡めた捲りを軸としています。 《おろかな重葬》に支払うライフ半分と《捕食植物ヴェルテ・アナコンダ》に必要なライフ2000の兼ね合いがアレですけど。 【ドラグーンビート】は【ドラグーンと愉快な仲間達】に姿を変え、今日も悲鳴に耳を傾けています。 ではまた! girudoya.

次の