白血球 数 13000。 正常白血球13000正常吗

白血球の値が13000で、健康診断の採血引っかかってしまいました。風邪で...

白血球 数 13000

白细胞 英文名:leukocyte,white blood cell,简称:WBC ,旧称白血球。 血液中的一类细胞。 白细胞分为中性粒细胞、嗜酸性粒细胞、嗜碱性粒细胞、单核细胞、淋巴细胞。 前三种因其胞质内含有嗜色颗粒,故称为粒细胞。 在显微镜下可以看到,血细胞中体积比较大、数量比较少。 具有细胞核。 其主要作用是吞噬细菌、防御疾病。 白细胞是人体与疾病斗争的"卫士"。 当病菌侵入人体体内时,白细胞能通过变形而穿过毛细血管壁,集中到病菌入侵部位,将病菌包围﹑吞噬。 如果体内的白细胞的数量高于正常值,很可能是身体有了炎症。 正常成人血液中的白细胞数目为 4. 白细胞是一个很大众化的话题,因为到医院看病经常会做化验检查,而最常做的是血常规检查,血常规检查中最多用途的就是和分类。 因此公众有必要对其进行初步的了解,储备相关的基础知识。 白细胞俗称白血球,是人体血液中非常重要的一类血细胞。 白细胞在人体中担负许多重任,它具有吞噬异物并产生抗体的作用,机体伤病的损伤治愈能力,抗御病原体入侵的能力,对疾病的免疫抵抗力等。 人身体有不适时,经常会通过白细胞数量的显著变化而表现出来。 因此到医院看病很多情况下需要化验血常规,现在医院血常规化验多采用仪器,常有20多项指标,在很多时候医师往往首先关注的是白细胞(WBC)是否改变。 白细胞是一种非常特殊且重要的细胞,因此了解其相关的知识非常重要。 说到白细胞的变化首先是数量的变化。 正常人白细胞总数在(4. 其实在这个数值上下0. 成年男女一般都在这个范围内,且性别之间没有太大不同,但是儿童和婴幼儿则完全不同。 其实白细胞还可以细分为五种类型,使用仪器或人工方法对这五类细胞分别计数,被称为白细胞分类计数。 有关白细胞分类检查的相关内容将在后续的文章中介绍。 白细胞总数高于10. 白细胞生理性增高往往有以下情况,如剧烈、体力劳动、冷热水浴后、酷热和严寒、紫外线照射、妇女月经期和排卵期、妊娠期(特别是妊娠20周后)、产后、吸烟者、情绪激动、刺激、儿童剧烈哭闹等因素都可导致白细胞数量增高。 此外在安静和放松状态下较低、活动和餐后适当增高、下午较上午偏高,一天之内的变化甚至可相差一倍,因此到医院做血常规化验应尽量保持在平静状态下,在相同的段内检查,其结果才更具参考价值和可比性。 白细胞病理性增高非常重要,应该根据患者的具体病情进行分析判断。 急性细菌性感染白细胞会迅速升高,而且和感染程度呈正比。 例如患者常因感冒、发热、咳嗽、疼痛等症状到医院看病,多通过白细胞数量的变化初步判断是否因细菌性感染而造成以上的临床症状。 白细胞升高往往意味着患者症状因细菌性感染而导致各身体器官和组织的急性或慢性的感染、、组织损伤等情况,因为白细胞是一类具有吞噬功能的细胞,可以看作是人体防御系统的重要防线,当发生感染时,白细胞中数量最多的嗜中性粒细胞和嗜酸性粒细胞会迅速出现(表现为白细胞数量的增多),吞噬入侵人体的细菌、寄生虫等病原体。 而且这种细菌性感染程度往往与白细胞数量升高成正比。 而白细胞不升高往往被看作是病毒入侵导致的感染,白细胞升高呈幅度较小、缓慢的状态。 此外各种组织损伤、外伤、手术后、急性失血、中毒、恶性、急性中毒等白细胞也会有明显升高,但这要根据患者的情况和其他检查手段进行判断和分析。 白细胞升高最严重的问题是造血系统的恶性肿瘤,也就是白血病,其白细胞常会明显升高,其升高幅度可以是正常人的数倍或数十倍以上。 此类患者不仅白细胞数量出现明显改变,更重要的是其质量发生重要变化,大量幼稚细胞出现在外周血液中。 白血病有许多类型,可分为急性与慢性,此时不仅仅要看白细胞数量,还需要做血涂片甚至骨髓穿刺检查、流式细胞分析和生物学检查才能确认。 5时肯定考虑为异常。 白细胞数量明显减少也是不可忽视的问题,长期接触放射线、各种理化因素导致的中毒、肿瘤的化疗和放疗、脾功能亢进、自身免疫病、再生障碍性贫血、造血功能障碍等都会导致白细胞特别是中性粒细胞减少,当然这些疾病的诊断还要依靠其他的检查手段才能确定。 应该注意的是,当白细胞数量明显减少,特别是中性粒细胞低于1. 外观观察 白细胞能吞噬异物,浆细胞产生抗体,在机体损伤治愈、抗御病原的入侵和对疾病的免疫方面起着重要的作用。 机体发生炎症或其他疾病都可引起白细胞总数及各种白细胞的百分比发生变化,因此检查白细胞总数及白细胞分类计数成为辅助诊断的一种重要方法。 白细胞是一个庞大的血细胞家族,它们的形态结构和生理功能是多样的,但是,它们之间不是相互孤立的,在机体的防护、免疫和创伤愈治过程中起协同作用。 尽管它们是血液中的一类细胞成分,但它们功能的发挥,更多地体现在循环管道外的器官组织中。 在功能方面它们与这些器官组织中的许多细胞成分如巨噬细胞、肥大细胞、成细胞等密切相关。 白细胞是机体防御系统的一个重要组成部分。 它通过吞噬和产生抗体等方式来抵御和消灭入侵的病原。 吞噬作用 吞噬作用是生物体最古老的,也是最基本的防卫机制之一。 对于其要消灭的对象无特异性,在免疫学中称之为非特异性免疫作用。 中性粒细胞和单核细胞的吞噬作用很强,嗜酸性粒细胞虽然游走性很强,但吞噬能力较弱。 白细胞可以通过毛细血管的内皮间隙,从血管内渗出,在组织间隙中游走。 它们吞噬侵入的细菌、病毒、寄生虫等病原体和一些坏死的组织碎片。 一般认为,白细胞能向异物处聚集,并将其吞噬,这是因为白细胞有趋化性。 由于细菌体或死亡的细胞所产生的刺激,诱发白细胞向该处移动。 组织发炎时产生一种活性多肽,也是白细胞游动的诱发物质之一。 中性粒细胞内的颗粒为溶酶体,内含多种酶,能消化其所摄取的病原体或其他异物。 一般一个白细胞处理5~25个细菌后,本身也就死亡。 死亡的白细胞集团和细菌分解产物构成脓液。 单核细胞由骨髓生成,在血液内仅生活3~4天,即进入肝、脾、肺和淋巴等组织转变为巨噬细胞。 变为巨噬细胞后,体积加大,溶酶体增多,吞噬和消化能力也增强。 但其吞噬对象主要为进入细胞内的致病物,如病毒、疟原虫和细菌等。 巨噬细胞还参与激活的特异免疫功能。 此外,它还具有识别和杀伤肿瘤细胞,清除衰老与损伤细胞的作用。 特异性免疫功能 淋巴细胞也称免疫细胞,在机体特异性免疫过程中起主要作用。 所谓特异性免疫,就是淋巴细胞针对某一种特异性抗原,产生与之相对应的抗体或进行局部性细胞反应,以杀灭特异性抗原。 血液中淋巴细胞按其发生和功能的差异,分为T淋巴细胞和B淋巴细胞两类。 T细胞受抗原刺激变成致敏细胞后,其免疫作用表现以下三个方面。 直接接触并攻击具有特异抗原性的异物,如肿瘤细胞,异体移植细胞;分泌多种,破坏含有病原体的细胞或抑制病毒;B细胞与T细胞起协同作用,互相加强,来杀灭病原微生物。 当此细胞受到抗原刺激变成具有免疫活性的浆细胞后,产生并分泌多种抗体,即免疫球蛋白,以针对不同的抗原。 B细胞内有丰富的粗面内质网,合成旺盛。 抗体通过与相应抗原发生免疫反应,抗体能中和、沉淀、凝集或溶解抗原,以消除其对抗体的有害作用。 嗜碱性和嗜酸性粒细胞的功能 颗粒白细胞()中含有特殊染色颗粒,用瑞氏染料染色可分辨出三种颗粒白细胞即中性粒细胞、和嗜碱性粒细胞。 中性粒细胞具有变形运动和吞噬活动的能力,是机体对抗入侵病菌,特别是急性化脓性细菌的最重要的防卫系统。 当中性粒细胞数显著减少时,机体发生感染的机会明显增高。 嗜酸性粒细胞具有粗大的嗜酸性颗粒,颗粒内含有过氧化物酶和酸性酶。 嗜酸性粒细胞具有趋化性,能吞噬抗原抗体复合物,减轻其对机体的损害,并能对抗组织胺等致炎因子的作用。 嗜碱性粒细胞中有嗜碱性颗粒,内含组织胺、肝素与等生物活性,在抗原-抗体反应时释放出来。 在人体的正常中偶尔能见到少许白细胞,所以粪便检查中白细胞的多少可以作为肠道是否有炎症的一种依据。 无颗粒白细胞 无颗粒白细胞无细胞质颗粒,但有圆形细胞核,包括和。 单核细胞是血液中最大的血细胞。 目前认为它是的前身,具有明显的变形运动,能吞噬、清除受伤、衰老的细胞及其碎片。 单核细胞还参与免疫反应,在吞噬抗原后将所携带的抗原决定簇转交给淋巴细胞,诱导淋巴细胞的特异性免疫反应。 单核细胞也是对付细胞内致病细菌和寄生虫的主要细胞防卫系统,还具有识别和杀伤肿瘤细胞的能力。 淋巴细胞则为具有特异性免疫功能的细胞。 T淋巴细胞主要参与细胞免疫反应而B淋巴细胞参与反应。 成年人白细胞数为每立方毫米5000~9000单位,其中中性粒细胞占0. 50~0. 70,嗜酸性粒细胞占0. 005~0. 05,嗜碱性粒细胞占0. 005~0. 01,单核细胞占0. 03~0. 08,淋巴细胞占0. 20~0. 幼儿血液中白细胞数高于成年人。 不同生理状态(如妊娠期)会引起白细胞数量的变化。 有炎症时,血中的白细胞数明显增加。 各类白细胞的防御保护作用各不相同。 白细胞减少症 白细胞是一类有核的血细胞。 当每微升超过10000个时,称为白细胞增多;而每微升少于4000个时,则称为白细胞减少. 机体有炎症(即发炎)时会出现白细胞增多;白细胞减少可有遗传性、家族性、获得性等。 其中获得性占多数。 药物、放射线、感染、毒素等均可使粒细胞减少,药物引起者最常见。 避免用药是要避免因为药而产生的白细胞减少。 白细胞减少症,是指周围白细胞计数持续下降所引起的一组症状。 治疗白细胞减少症采用益气养血,补肾益精,健脾养胃诸法。 一般白细胞少的原因有;病毒感染、伤寒等、也有因为药物引起的。 如系药物等引起的粒细胞减少,应立即停药,适当应用生白药物,如集落刺激因子(CsF)、、茜草双酯、多抗甲素等。 停止接触放射线或其他化学毒物。 由脾功能亢进引起的,易发生反复,严重感染,可做脾切除术。 白细胞减少的缘由 应首先分析病因,根据不同患者及发病机理采用的治疗方案。 西医治疗多予防治感染,激素,维生素B4,白细胞减少症鲨肝醇,利血生,氨肽素等。 病情严重的给予造血刺激因子,到目前为止这些升白细胞的药物疗效都是暂时的,如病因未去除或原因不明,只能起到暂时的缓解作用,故我们一般选择1-2种升白细胞药物即可,观察3-4周,如无效可换用其他组药物,造血刺激因子和成分输血虽见效快但价格昂贵和显效一时,不是根本治疗方法。 中医治疗本病,侧重于整体调节,故可从根本上达到治愈的目的,中医认为本病初期多是气血两虚脾气亏损为主,晚期伤及肝肾,导致肾阴虚,肾阳虚或阴阳两虚,总以脾胃肝肾虚损为本。 临床以补脾益肾,益气补肾活血等方法治疗白细胞减少,一般1-2周即可见效,而且有药效持久,无不良白细胞减少症反应及副作用的优点,通过临床及实验研究,有些中药具有明显的升提白细胞的作用。 如党参、黄芪、虎杖、茜草根、紫河车、山甲、石苇、鹿角霜、五味子等。 选用这些药物,结合中医辨证,对于治疗血液病之白细胞减少症,肿瘤放疗所致的白细胞减少及各种原因不明的白细胞减少,均有明显提升白细胞作用。 血液病专家组,在长期的临床实践中,中成药物,经临床应用,具有良好的治疗效果。 [2] 治疗进行关键是去除病因而对原因未明的白细胞和粒细胞减少症可口服~种升白细胞药物如利血生、鲨肝醇、碳酸锂、维生素B等,但对粒细胞缺乏症病人,住院应按急诊立即主治住院抢救,否则会危及生命,应给无菌隔离控制感染,血白细胞成分输注对症处理,必要时应给粒或粒-单系集落刺激因子(G-CSFGM-CSF)病因已明确,除去病因为治疗的根本;药物引起者,立即停药;感染引起者,积极控制感染。 继发于其他疾病者,积极治疗原发病。 原因不明的白细胞减少症,有反复感染者应及时控制感染,并注意预防感染。 对病程较长,症状不明显,白细胞减少不明显,且多次骨髓检查无明显粒细胞生成受抑者,主要是定期随诊,解除思想顾虑,不必过多依赖药物。 多数患者呈良性过程。 碳酸锂有刺激骨髓粒细胞生成作用。 剂量为0. 6-0. 其副作用有轻度胃灼热感、恶心、乏力,停药后很快消失。 但肾病者慎用。 维生素B4、鲨肝醇、利血生、脱氧核糖核酸等药物也可应用,但疗效都不肯定。 当周围血液的白细胞计数持续低于4. 由于白细胞中的成分主要是中性粒细胸胞及淋巴细胞,尤以中性粒细胞为主,故大多数情况下,白细胞减少是中性粒细胞减少所致。 当中性粒细胞计数低于(1. 5-1. 白细胞减少症状群,是由于原因不明和继发于其他疾病之后而引起的疾病,分为原发性和继发性两大类。 原发性者原因不明;继发性者认为其病因可由急性感染,物理、化学因素,血液系统疾病,伴脾肿大的疾病,结缔组织疾病,过敏性疾病,遗传性疾病等,获得性或原因不明性粒细胞减少等。 白细胞减少症患者自觉症状不多,常以疲乏,头晕为最常见,此外还有食欲减退,四肢痠软,失眠多梦,低热,畏寒,腰痠,心慌等症,常被医生和患者忽视,诊为其他疾病,此时须反复检查白细胞总数,如持续低于4. 白细胞减少症:除治疗病因外,应根据不同患者及发病原理选择相应的治疗方案。 白细胞减少的虚劳之人,切勿多食。 体质虚弱的白细胞减少者,切勿服食。 故凡虚弱之病,包括白细胞减少症者,皆当忌食。 此外,白细胞减少症者还应忌食生萝卜、萝卜缨、地骷髅、苦瓜、金橘等耗气伤正之品;也忌食胡椒、辣椒、桂皮、食茱萸、草豆蔻、荜澄茄等辛辣温燥伤阴的刺激性食物;还忌食生瓜、茼蒿(蓬蒿)、香蕉、、蚌肉、田螺等寒凉损阳、生冷伤脾食品。 白细胞计数 原理 益气健脾药能提高机体免疫功能; 滋阴补血药可保护骨髓功能, 增加外周血液的白细胞、血红蛋白及血小板。 能升高白细胞中药有效成分主要为类(枸杞、银耳、云芝、淫羊藿、人参多糖等)、类(小檗胺、去甲斑蝥素、苦参总碱、千金藤素等)、皂苷类(人参皂苷、总皂苷、黄芪苷等)、挥发油类(莪术油、茴香烯等)。 另据《使用营养师手册 》记录:鹅血10ml或相当于此量的冻干血粉,每天一剂,分次冲适量水饮用,连服15天为一个疗程,有增进食欲,改善肝脾肿大,提高、白细胞数量的效果。 它可诱导嗜中性粒细胞产生大量的循环嗜中性粒细胞,明显增加嗜中性粒细胞计数,减少粒细胞减少的持续时间, 可因此减少抗生素应用时间。 正常情况下,新产生的成熟粒细胞5d 进入循环池,而应用rHuG-CSF 后大约1d 进入循环池。 使用rHuG-CSF,患者WBC 恢复正常平均需3-4d。 500 多例肿瘤患者临床验证,其升白作用与惠尔血(rHuG-CSF) 相当,而促进免疫功能更明显。 动态观察发现, 在用药24h 后升白作用最为明显。 白细胞回升至正常值的平均所需时间为3-2d。 该品主要副作用为发热和局部疼痛,对症处理多可缓解。 放、化疗可导致肿瘤患者骨髓抑制,其造血微环境也会受到破坏。 地榆升白片能防止放、化疗对骨髓造血细胞DNA的损伤,并且具有保护造血微环境的作用。 临床观察中发现,在放、化疗开始时即配合地榆升白片使用,用于防止因放、化疗引起的白细胞减少症,起到了良好的疗效。 白细胞临床意义 人体内白细胞总数和种类白细胞的百分比是相对稳定的。 正常人每立方毫米的血液时白细胞为止5000~10000个。 机体发生或其他疾病都可引起白细胞总数及各种白细胞的百分比发生变化,因此检查白细胞总数及白细胞分类计数成为辅助诊断的一种重要方法。 粪便中的白细胞当肠道有炎症时增多其数量多少与炎症轻重及部位有关偑晩鄌回閳呀。 小肠炎症时白细胞数量不多丂毡鞔蹑雉鞙,均匀混合于粪便内且因细胞部分被消化而不易辨认。 佯爬癋觝韏亨鳅结肠炎症如菌痢时亢曣蛡钆醰蜇,白细胞大量出现甚至满视野仼托磺醠闍韫嫊媳,并可见到退化的白细胞,还可见到边缘已不完整或已破碎核不清楚、成堆的脓细胞。 过敏性肠炎肠道寄生虫病(如阿米巴痢疾或钩虫病)时粪便中有时还伴有夏科-雷登伇気销详銄僀(Charcot-Leyden)両松铵鐂鎥结晶,如用瑞氏染液染色可见到嗜酸性粒细胞。 流行病学及临床研究发现,白细胞与脑血管病的发生和预后有关。 文献报道,对10000余人两年的观察研究表明,白细胞增高是脑梗死的先兆之一;而中性粒细胞增高的相关性最大,尤其小于65岁组最明显。 血中白细胞数越高,发生脑梗死的危险性越大。 梗死组织周围有白细胞浸润,且梗死灶周围的毛细血管存在白细胞聚集现象。 对脑血管病患者白细胞的流变性研究,亦发现白细胞在脑血管病的病理生理过程中起着重要作用。 对于化脓感染等有着重要的作用。 学科区别.

次の

正常白血球13000正常吗

白血球 数 13000

血液検査の結果 白血球が14000あり 白血球の割合を調べる項目を追加しての再検査と言われました。 ただし腫瘍の目安になる数値に異常がないので 再検査は半年後と言われて とホッとして聞くのを忘れたんですけど 今すごく倦怠感があるのはこの数値のせいでしょうか? 一日怠いと言うよりは 波があって 急激に怠く立っていられないとかあります。 だからと言って一日中そうではありません。 また 8か月前の別病院での白血球数値は7800でした。 今回受診した時にそれを把握してなかったので 先生も「いつも高いのかもね」と言って「じゃあ半年後ね」と 言われましたが 8か月前の数値を見る限り いつも高いわけではなさそうで。 それでも再検査は半年後で適切でしょうか? 質問者さんがどんな方でどんな仕事、生活、生き方をされてるのかわかりません。 一般的な話しとして参考になさってください。 白血球の割合云々とありますが、実はこの割合が大変重要なのです。 白血球は自律神経の支配下にあります。 白血球の中のリンパ球と顆粒球(主に好中球)は拮抗関係にあるのですが、自律神経のバランスがそのまま白血球のバランスとなります。 白血球の増加という場合はほとんどが顆粒球(なかでも好中球)の増加です。 顆粒球の増加はガンだとか化膿性疾患あるいは膠原病など炎症性疾患が原因のこともありますが、実は病気として現れなくてもおこりうるのです。 顆粒球は自律神経の交感神経が緊張するほど増加しますので、質問者さんはその検査時点では交感神経の緊張が強かったことになります。 もともと白血球の多い方は日々の活動量も多くエネルギー代謝も活発ですし、日頃から心身のストレスが多くても白血球は多くなりがちです。 例えば辛い悩みを抱えこむ心のストレス、長時間労働、過重労働、忙し過ぎる生活などのストレスでも増えるのです。 顆粒球増多による白血球の増加が一過性のものであればまだいいのですが、増加が慢性的なものであるとするとなんらかのストレスによって交感神経の緊張が続いてることになります。 お分かりのように顆粒球の増多は自律神経の偏りを示しますが、なにかと頑張り過ぎを警告してるのです。 顆粒球にはアドレナリンの受容体がありますので頑張れば頑張るほどアドレナリンの影響を受けます。 交感神経が緊張するとアドレナリンの分泌も増えますのでアドレナリンの作用による興奮や緊張の極限として全身倦怠感が現れてきます。 また、顆粒球は活性酸素を放出しますので増え過ぎて正常値を超えるようになると急性の化膿性疾患や組織障害の原因となってきます。 当然ながら拮抗関係にあるリンパ球の割合が減ってきますので免疫力の低下に繋がります。 何事もバランスです。 もし白血球の増加が一時的なものでないとするならば、相当ストレスが強いことを示していますので今までの生活、生き方を見直すことが大切です。 A ベストアンサー 端的にいえば(はっきりとはいえない)だと思います。 今わかっているデータではあまりにも一般的なデータ過ぎます。 MCV:109、NEUT:82. 6、リンパ球:11. 9 このうちNEUTは好中球のことだと思います。 通常の比率は好中球:リンパ球は50:40です。 これに対して現在の状況は好中球が多いですね。 MCVは赤血球の体積です。 特に問題なさそうです。 その中で一般的によく知られているのは白血球がたくさん増殖するものです。 さらに白血球の分化のいろんな段階で問題が起こると、それぞれの段階の未熟な白血球が増加します。 (ただし慢性白血病ではすべての段階のものが増加します)その結果、正常な血球の増殖が抑制されて、貧血とか出血傾向になるのです。 また、白血球はストレスとかによっても大きく変化します。 軽い風邪にかかっても、すぐに一万は超えます。 これらのことから、ひとまず経過観察が対処としておおいのです。 ただ、詳しく採血検査しても、結果が出るまでに長くかかる検査だったりして、結局は1週間後に再検査、がもっとも適当という風になるのではないでしょうか。 しかし、心配ならば結局は残りのデータ確認が、精神衛生的にも重要だと思います。 健康に気をつける人で大病になる人は少ないといわれていますし、病院にかかって、白血病そ否定する検査をしてもらってはいかがでしょうか。 端的にいえば(はっきりとはいえない)だと思います。 今わかっているデータではあまりにも一般的なデータ過ぎます。 MCV:109、NEUT:82. 6、リンパ球:11. 9 このうちNEUTは好中球のことだと思います。 通常の比率は好中球:リンパ球は50:40です。 これに対して現在の状況は好中球が多いですね。 MCVは赤血球の体積です。 特に問題なさそうです。 その中で一般的によく知られているのは白血球がたくさん増殖するもので... Q 旦那の話なのですが、会社の健康診断の結果、 白血球の数が去年に比べて倍近く増加していて、3ヵ月後に再検査が必要とのことでした。 (去年:5,400、今年:11,900) 検査の時、特に風邪など体調が悪いことはありませんでした。 また、この時の尿検査の結果で潜血も引っかかりました。 こちらは、軽度異常で日常生活には問題なし、来年また経過を見ましょう・・というものでした。 何かで、白血病の影響で血尿が出ることがあると読みました。 検査結果では、3ヶ月後とのことですが、もっと早くちゃんと検査をした方が良いのでしょうか? ・・無知な為、白血球増加=白血病 と結びついてしまい、不安です。 どなたか詳しい方、アドバイスをお願いします。 A ベストアンサー 3ヵ月後の再検診で十分であると考えます。 白血球というのは、感染防御のための細胞です。 つまりからだの中にばい菌が入ってくると、これをやっつけるために増加します。 たとえば、転んでひざ小僧をすりむくと、化膿していなくても多少なりとも傷口からばい菌が入るため、15,000ぐらいまではすぐに増加します。 私はご主人を診察したわけではないので、ご主人の白血球が増加した原因はわかりませんが、健康診断を行った医師が、3ヵ月後に再検査を行うのが適当である。 と判断したとしたら、 それは白血病の可能性は少なく、本人も気がついていないような小さな外傷による可能性が高いので、その傷が治りその傷による白血球数の増加の影響がなくなった頃に再検査を行って、他の病気の可能性がないことを確認しよう。 と考えたものと思われます。 さほど心配する必要はないと思います。 A ベストアンサー 小児科の医師をしています。 成人の白血球数の上限は8000くらいまでですから、「やや多い」とはいえると思います。 但し、採血当時に感染症に罹患していたとするならば妥当な数値です。 他の検査所見や、診察所見が不明のため断定は出来ませんが、心配するほどのものではないと思います。 好中球の割合の75. 好中球は主に細菌の感染があった場合に上昇しますが、この程度では極端な増加ではありません。 と考えがちですが、その場合は他の検査異常を伴うことが殆どです。 医師から、コメントがなかったということはその、「他の検査異常」がなかったのでしょう。 現段階では血液疾患を疑う必要もないでしょう。 採血より数日しても、感冒の症状が改善しないのなら、一応改めて医師にご相談ください。 まずは、からだをゆっくりと休めましょう。 お大事に。 A ベストアンサー これは一般論ですので、最近口内炎がよく出来るようになったとか、ちょっとつねっただけで内出血が起こったなどといった症状が急に増えたのなら、必ず医者に診てもらってください。 さて白血球は特に細菌感染等で炎症が起こった時に増加します。 ですから、病的な物の場合大半は何らかの症状を伴います。 正常値とは大半の病気のない人がこの範囲内にいる確率が高いということを示しているだけなのです。 つまり皆顔が違うように、やや大目や低めの人も当然います。 白血球は貴女のおっしゃる通り3500~から9000程度ですが、これだけでもかなり上と下に差があります。 つまり相当変動すると言うことです。 また測定器や施設によっては4000~8000という所もあります。 と言うことは、誤差が下500上1000あるわけです。 正常値9000までで9600ではコンピュータ解析では異常値になってしまいますが、医師の判断では正常と判断しても差し支えないと思います。 他の方も言ってらっしゃる様に中には原因不明の白血球増多も時折みかけますが、この場合、白血球分画が大切になります。 白血球には好中球、好塩基球、好酸球、単球といった種類があります。 このどれが増加しているかで病気の種類が分かります。 正常値を越えている場合、ほとんどがこの血液像を調べてありますので、何も言われていないのなら、まず問題はなかったと言えるでしょう。 私のつたない経験上、他に症状がなくてこれら分画に異常が認められた人は全て白血球12000以上です。 でも不安を抱えたままでは精神衛生上良くありません。 会社の検診ならば指定病院がありますので、そちらを受診なさってすっきりさせましょう。 これは一般論ですので、最近口内炎がよく出来るようになったとか、ちょっとつねっただけで内出血が起こったなどといった症状が急に増えたのなら、必ず医者に診てもらってください。 さて白血球は特に細菌感染等で炎症が起こった時に増加します。 ですから、病的な物の場合大半は何らかの症状を伴います。 正常値とは大半の病気のない人がこの範囲内にいる確率が高いということを示しているだけなのです。 つまり皆顔が違うように、やや大目や低めの人も当然います。 白血球は貴女のおっしゃる通り3500~から9000程度... Q 炎症や細菌感染だけではなく、精神的ストレスによっても、白血球(顆粒球)は増加すると、、或る本に書いてありました。 質問ですが、 1、精神的ストレスにより白血球(顆粒球)が増加するほどのストレスというのは、いったいどんな程度のストレスでしょうか? カラオケとかに行ったり自棄酒のんだり人に愚痴ったりして翌日には発散できるレヴェルのストレスでも増加するのでしょうか? 2、精神的ストレスにより白血球(顆粒球)が増加するというのは、いわゆる基準値以上で、採血検査でも「注意」が入る程の増加をしますか?11. 000以上になるとか。 5、恋愛中に、相手に不安を感じたり、相手に振り回されて一喜一憂したりする心の動きもストレスにあたりますか?ww A ベストアンサー 顆粒球(主に好中球)はその人の自律神経のレベル(その時の心や体の状態)に応じて絶えず増減をしています。 1、同じようなストレスでもそれを深刻に敏感に感じる人とそうでない人もいますのでどの程度のストレスでどれだけ顆粒球が増えるのかはまちまちです。 顆粒球の増殖能力は大変高く緊急時にすぐ対応できるように体がその機能を備えてるわけですが、なにか組織に炎症が起きると2~3時間でたちまち通常の2倍に増えます。 しかし、生き続ける遺伝子を持っていませんので2~3日で死んでいきます。 どんどん入れ替えられてるのです。 2、基準値自体が曖昧なものですし、大事なことは白血球の数より白血球の中味です。 白血球全体に占める顆粒球の割合と数によってその時の免疫の状態がわかります。 それによって一方の免疫の主体であるリンパ球の値が左右されます。 3、ストレスの強さ、ストレスの持続時間、期間によって変わります。 4、同上 5、人によってはそういうこともあるかもしれません。 我々は適度なストレスがないと生きていけないでしょう。 ただ、ストレスが強すぎて自分の適応力を超えることがあります。 適応力を超えたとしてもこれがおっしゃるように、憂さを晴らして翌日には立ち直ることができるような一過性のストレスであればそれほど問題にはなりません。 適応力を超えるような肉体的、精神的なストレスが解決できず慢性的に抱えてしまうと正常値を超える顆粒球増多が続き病気の原因になります。 顆粒球が増え過ぎると常在菌と反応して化膿性の疾患が増えたり、顆粒球が死ぬときに放出する活性酸素で組織破壊が起こります。 たまに血液検査をして白血球像を調べると良いと思います。 自分のその時の免疫状態が良くわかります。 顆粒球(主に好中球)はその人の自律神経のレベル(その時の心や体の状態)に応じて絶えず増減をしています。 1、同じようなストレスでもそれを深刻に敏感に感じる人とそうでない人もいますのでどの程度のストレスでどれだけ顆粒球が増えるのかはまちまちです。 顆粒球の増殖能力は大変高く緊急時にすぐ対応できるように体がその機能を備えてるわけですが、なにか組織に炎症が起きると2~3時間でたちまち通常の2倍に増えます。 しかし、生き続ける遺伝子を持っていませんので2~3日で死んでいきます。 どんど... Q 40歳の主婦です。 パートで、老人ホームの介護員をしています。 質問は、私の白血球数値の事です。 去年秋、健康診断で高い数字が出ました。 気になったので、今、 病院で検査中です。 先日、部屋の片づけをしていましたら、 一昨年の健診結果が出てきました。 やはり数値は高かったです。 血液検査の結果は以下に記します。 11 ・・ 15,000 (健診結果) H. 11 ・・ 18,700 (健診結果) H. 19 ・・ 13,100 (病院で検査) H. 13 ・・ 16,950 (病院で検査) 1月13日には、血液像の検査もして頂いており、その結果です。 Neut ・・ 80. 4 Lymph ・・ 13. 2 Mono ・・ 5. 6 Eos ・・ 0. 7 Baso ・・ 0. 1 上記の結果により、再度、採血され、1ヶ月後に検査結果が出る との事で、今は「待ち」の状態です。 担当の先生は「慢性骨髄性白血病の疑いを消すための検査ですよ」と 仰っていました。 でも3日前から、右耳の下が少し腫れ、痛みもあります。 その為、不安がつのってきています。 こちらのサイトで見せて頂いた所、「15,000」という数値は、 かなり高いようです。 しかしながら、その後19,000辺りを上限に 上下している状態で、慢性骨髄性白血病の可能性って高いでしょうか? それと血液検査の結果が1ヶ月かかるのは、 長すぎる気がするのですが・・・。 なにぶん、子供がまだ小学生低学年で、今、私が大病をすると 心配です。 どうぞご回答、よろしくお願いします。 40歳の主婦です。 パートで、老人ホームの介護員をしています。 質問は、私の白血球数値の事です。 去年秋、健康診断で高い数字が出ました。 気になったので、今、 病院で検査中です。 先日、部屋の片づけをしていましたら、 一昨年の健診結果が出てきました。 やはり数値は高かったです。 血液検査の結果は以下に記します。 11 ・・ 15,000 (健診結果) H. 11 ・・ 18,700 (健診結果) H. 19 ・・ 13,100 (病院で検査) H. 13 ・・ 16,950 (病院で検査)... A ベストアンサー 消化器内科医ですが、研修中に血液疾患の患者さんも担当させて頂いておりました。 慢性骨髄性白血病 以下CMLと略します)の可能性は低いと思います。 全体を通して白血球は多いですが、体質的なものではないでしょうか。 いわゆる基準値とは95%の方の結果が含まれる領域ですので、特に病気がなくても高くなる方、低くなる方いらっしゃいます。 また、1月のデータを拝見すると、白血球中の細胞分画に大きな狂いはありません。 確かにNeut 好中球)が若干多い印象がありますが、CMLなら検出されるべき、幼弱異常白血球が認められておりませんし、CMLに特徴的なBaso 好塩基球 の増加もありません。 また、トータルの白血球数も、もっと増えます(5万~20万位です)。 CMLの診断においては、その他採血にてLDHの上昇もあるでしょうし、他のNAP scoreというのも調べます。 CMLはフィラデルフィア染色体の異常が原因とされております。 血液内科の専門ではありませんが、これも採血の検体で調べることは可能と考えます。 また、白血病の際に行うのは、「骨髄生検」です。 「髄液検査」ではありません。 腸骨という骨盤の一部の骨か、胸骨という胸の真ん中にある骨から骨髄を専用の針で採取します。 「髄液検査」をしても得られるのは脳脊髄液で、造血細胞は得られません。 最終的な診断は、採血と骨髄生検で行われますが、採血のみでもある程度の診断は可能と考えます。 専門的な話が多くなってしまいましたが、担当の先生の方針は間違ってはいないと考えます。 どうしてもご心配でしたら、血液内科を受診下さい。 消化器内科医ですが、研修中に血液疾患の患者さんも担当させて頂いておりました。 慢性骨髄性白血病 以下CMLと略します)の可能性は低いと思います。 全体を通して白血球は多いですが、体質的なものではないでしょうか。 いわゆる基準値とは95%の方の結果が含まれる領域ですので、特に病気がなくても高くなる方、低くなる方いらっしゃいます。 また、1月のデータを拝見すると、白血球中の細胞分画に大きな狂いはありません。 確かにNeut 好中球)が若干多い印象がありますが、CMLなら検出されるべき、幼弱異常白... Q 以前にも白血球や白血病について質問した物ですが、以前から白血球が高くて9000台をうろうろしてて、一度血液内科にかかり詳しく検査してもらい、まぁ2万、3万と増えてこなければ問題ないでしょう。 タバコの影響だと思います。 白血病で一度下がったりする物なのでしょうか? お医者様の言う通りタバコの影響とみて心配いらないのでしょうか? 一日10~15本の喫煙者です。 どちら様か詳しい方宜しくお願い致します。 以前にも白血球や白血病について質問した物ですが、以前から白血球が高くて9000台をうろうろしてて、一度血液内科にかかり詳しく検査してもらい、まぁ2万、3万と増えてこなければ問題ないでしょう。 タバコの影響だと思います。 と言う事で様子を見るようにいわれ帰って来たのですが、本日別件で採血したら白血球が12500もあり、お医者様曰くタバコの影響で上がってるから心配ないとの事だったのですが、もう一度詳しく調べてもらった方がいい数字なのでしょうか? ここ最近の数字を書かせて頂きますと、 01... A ベストアンサー 回答#3です。 補足を拝見しましたが、 シロウトが理解できる範囲を超えた医学的レベルの高い内容だと思います。 つまり、シロウトがちょっと聞きかじった付け焼刃的な知識で勝手な判断すると、 誤った考えを持ってしまう危険がありますので、 医師に聞かれたほうがよろしいかと存じます。 シロウトの手に負える内容ではないということをご認識ください。 白血球は通常5つに分けられます。 前にも回答しましたが、好中球の数値はニキビの化膿程度でも上がります。 細かいことであまりオタオタしないほうがよろしいかと思います。 本当に大変な状態なら医師がそれなりの対応をするはずだと思いませんか。 それともやはり医師が信用できませんか。 回答#3です。 補足を拝見しましたが、 シロウトが理解できる範囲を超えた医学的レベルの高い内容だと思います。 つまり、シロウトがちょっと聞きかじった付け焼刃的な知識で勝手な判断すると、 誤った考えを持ってしまう危険がありますので、 医師に聞かれたほうがよろしいかと存じます。 シロウトの手に負える内容ではないと... A ベストアンサー 白血球数がどれくらいかわかりませんが・・・ 健康診断の結果を持って病院に行って、もう一度検査してもらいましょう。 体質で白血球数が多いかたもいますが、一度はきちんと検査しておいたほうが良いですよ。 ocn. htm.

次の

白血球13000能是白血病吗,急急急_百度知道

白血球 数 13000

白血球の基準値はだいたい3100~9500ですから少し多いですね。 以前から多かったならば体重のせいではないと思います。 基準値とは、健康な人の95%がその範囲に納まる数値のことです。 残りの5%の人は健康であっても基準値から外れます。 質問者さまもその5%の人なのかもしれません。 また、血液疾患があっても白血球が多くなることがあります。 私も白血球が多く血液内科で精密検査をしたところ、慢性骨髄増殖性疾患だと言われました。 体調に問題はないので経過観察で済んでます。 とりあえず、質問者さまは内科で再検査を受けた方が良いでしょう。 健康診断の結果表を持って内科に行き、以前から白血球が多かったことも伝えてください。 再検査の結果、精密検査が必要か、経過観察で良いのかは、医師が判断します。 なお、白血球は食生活でどうにかなるものではありませんが、健康のためにジャンクフードなどは控え、栄養のバランスを考えて食事をされた方が良いですよ。

次の