ポケモン ダメージ 計算 アプリ。 【Appliv】【剣盾対応】個体値&ダメージカリキュレータ

【ポケモンGO】個体値計算は Poke Genie アプリで決まり!使い方を解説|ポケらく

ポケモン ダメージ 計算 アプリ

どうもはむ🐹です。 やっぱりポケモン対戦初心者と中級者の差って、ダメージ感覚ですよね。 私は計算しないと分からないことの方が多いです。 初心者ですね。 世の中には結構たくさんのダメージ計算アプリがありますよね。 どれも計算結果は同じだと思いますので、後は使いやすいかどうか…という話かと思います。 私は、1sec. silk. html。 ダメージ計算をする目的ですが、私はステータスの最適化と行動の最適化のために使用しています。 ですので、事前に綿密に計算しておく必要があるのです。 このアプリの最大のメリットとして、ダメージの周囲値が表示されるというものがあります。 確定で倒せるようにしたいな~思ったときに、最低限どれだけ努力値をさく必要があるのかが割と一目でわかるようになっています。 また、確定で耐えたい場合にも同様です。 臆病最速Cぶっぱ C152 のジャラランガのスケイルノイズを、砂嵐下のバンギラスにうった場合のダメージです。 威力・攻撃力・防御力・一致・相性を入力しましょう。 等倍は、入力無しでOKです。 ALvとDLvは、自分の攻撃段階と相手の防御段階です。 今回は、全体技でありかつ砂嵐補正込みなので、対応するラジオボタンをアクティブにしています。 保存実行をクリックすると、計算結果が出ます。 実行でも結果は出ますが、履歴を残した方が振り返れるのでおすすめです。 攻撃力周囲値と防御力周囲値を見て、細かい数値を調整します。 たとえば、ジャラランガ側で最低ダメージを40以上にしたければ、Aを実数値で153以上にすればよいことが分かります。 防御側も同様です。 このようにダメージを見ながらステータスを細かく調整しつつ、履歴も残せるので私はかなり重宝しています。 みなさんも、興味があれば是非利用してみてください。 ちなみに、このアプリを紹介しても私には一銭も入ってきません….

次の

Androidアプリ 「究マネ(剣盾版: ダメージ計算, 個体管理)」 (ツール)

ポケモン ダメージ 計算 アプリ

ここからはレーティングバトル中の操作です。 相手レートを押すとテンキーが出てくるので、数値を入力します。 ポケモン入力を押すと、よく使われているポケモン一覧が出てきます。 ポケモンを押すか、ポケモン検索から入力しましょう。 完了を押すか右にスワイプします。 対戦開始を押します。 その他機能 スターターセット PGLのデータを基に作られた400匹以上のポケモンデータが最初から登録されています。 これらはアプリのアップデートと共に自動更新されます。 ダメージ計算において努力値や技を入力する手間が省けるのは勿論、教え技やポケモンが追加されても編集作業をする必要はありません。 ポケモン単体ダメージ計算 右上のコピー・まとめてコピーは育成論などでダメージ計算を列挙する時にご利用ください。 くさむすびやヘビーボンバー、ジャイロボール、イカサマ、サイコショック、マグニチュード、かたやぶり、エアロック、デルタストリーム、オーラ補正、ばけのかわ+連続攻撃など様々な要素に対応しています。 最後に 最近はパソコンを持たない人が多いようです。 AndroidにはポケマネやMEGAToolといった使いやすいダメージ計算アプリがありますが、iOSにはしばらくの間ありませんでした。 Versusは今後も安定して提供していきますので、よろしくお願いします。 もしバグを発見されたり、ご感想などありましたらレビューを頂けると嬉しいです。 Versusのダウンロードはこちらから。 寄稿ガイドライン.

次の

【Appliv】【剣盾対応】個体値&ダメージカリキュレータ

ポケモン ダメージ 計算 アプリ

鎧の孤島・冠の雪原登場ポケモンでもダメージ検索ができます。 計算結果の切り捨て、四捨五入なども細かく計算しているためかなり正確な計算結果が出力できます。 見やすい詳細計算結果画面や計算過程を見ることができるので、どうしてこの計算結果になるのかも確認することができます。 シングルやダブル、天候、フィールドも対応しています。 github. 今回のアプリも性格補正の有無、ステータス上昇下降、持ち物などを簡単に切り替えることが可能です。 以前も育成時の耐久調整の際にはお世話になっていたため、今世代でも頻繁に使わせていただくことになりそうです。 アプリ内の広告解除が月額制のため、その点だけは注意が必要です 月額120円と微々たる金額ですが。 個人的には800円程度で買い切りの広告解除のほうが好みなので、そちらのプランも実装していただけるとなお嬉しいです。 参考になれば幸いです。 しかし後述の「対戦重視のダメージ計算ツール」ならば育成にも対戦にも使えるので、私は「対戦重視のダメージ計算ツール」を推奨します。 本文に入ります ポケモンの育成、対戦をする上で、ダメージ計算ツールは重要なツールです。 そして、ダメージ計算ツールは大きく分けて2種類あります。 「育成重視型」と「対戦重視型」です。 育成重視のツールは、少し操作が多めですが計算結果が分かりやすいため、主に育成中に使います。 また、計算結果を提示するためにスクショ目的で利用されることもよくあります。 初心者でも直感的に操作できるので、広く普及しています。 一方、対戦重視のツールは操作を極力少なくし、対戦中にも素早く計算できるようにスピードに特化したダメージ計算ツールです。 精度は他のダメージ計算ツールと全く変わりませんが、操作が若干特殊なので敬遠されがちです。 そして、この2種類のツールの計算スピードは、かなり違います。 具体例を挙げると、対戦重視のツールは平均でこのアプリの半分程度の時間で計算することができます。 中には、事前記録機能を使って、4タップで計算できるものまであります。 今のポケモンにはまだ「対戦中にダメージ計算をする」文化が 上位勢を除いて あまり浸透していませんが、必要な時に素早くダメージ計算ができればもちろん勝率は上がります。 というか上がりました 体験談。 また、一度早いツールに慣れてしまえば対戦も育成もそれ一台で済ませることができるので、個人的には後述の「対戦用ダメージ計算機」を使用することをオススメします。 ーーーーーーーーーーーーーーーーーー 〜主な対戦重視型ダメージ計算ツール〜 せっかくなので私の知っている2つの対戦用ツール スマホ用とPC用 を紹介させていただこうと思います。 興味がある方、暇な方は読んでくださると嬉しいです。 ・VS 剣盾 SWSH スマホ用のダメージ計算アプリ。 ダメージを12個同時に計算し、ほぼ全てのポケモンのテンプレ型が初期状態で登録されているため、双方のポケモンを入力するだけで計算することができます。 また、自分のポケモンを登録する機能もあるので、いちいち努力値を入れなくても大丈夫です。 更に、対戦記録をつける機能や、すばやさを比較する機能など、便利な機能もついています。 操作方法が他のダメージ計算機と違うため、今までにダメージ計算機を使ったことがある人は最初は違和感を感じるかもしれませんが、すぐに慣れます。 自分もこのアプリを愛用していて、ダメージ計算以外の機能も充実しているため個人的には一番の性能だと思っています。 ・トレーナー天国のダメージ計算サイト スマホでは使えず、PCのみで使えます。 ポケモンを入力すると、双方の技とダメージ計算がダメージの高い順に並ぶので、あらかじめ自分のポケモンを入力しておけば、相手のポケモンを入力するだけで計算が可能です。 サイトなので、ウインドウを6つ開いて、それぞれに自分のポケモンを入力しておく... なんてこともできます。 サブの機能はありませんが、トレーナー天国にはダメージ計算以外の便利サイトも沢山あるので、そちらを併用してみるのも良いでしょう。 ・最後に ここまで読んで頂き、ありがとうございました。 このレビューで紹介した2つのダメージ計算機は、通常のものとは構造が違うため敬遠されがちですが、使いこなせば普通の計算機以上の働きをしてくれる優れものです。 ぜひ一度、試してみてくださいね!.

次の