こんな 世界 と 嘆く 誰か の 生きる 理由 に なれる でしょ うか 歌詞。 米倉華はサヨナラをいわなかった

#4 【タクカム】全てを壊してしまおうか(中編)【模造長編】

こんな 世界 と 嘆く 誰か の 生きる 理由 に なれる でしょ うか 歌詞

92 ID:VZwesk1y. 70 ID:ZcWFYlUN. 02 ID:TgnV0YtJ. 02 ID:HLYT6jQY. 10 ID:PtWpMGlT. 20 ID:sVgwWVFH. net ? あれ? クサイとかゆー太っちょ芸人は いなかったことにしてるんですか? 同じ手を使った先輩なのに。 酷いなあ。 24 ID:yjdmz4c0. 52 ID:ca0TLYdO. 91 ID:cxZYc0vQ. net どちらかと言うとキスマイとかの真似かな。 40 ID:lWEw5uwX. 44 ID:cyjkGfoT. net 韓流ってどこにチョン風味があるんだ?チョンが英語で歌い踊るだけのどこに? 坂本九みたいなものを出してから誇れよ。 日本人が日本語で歌って賞をもらう。 これが正しい日本流。 41 ID:mHZlvJRT. 97 ID:o13f1T9B. 94 ID:v8hhgM6P. 50 ID:u5jHOYSP. 73 ID:y2fAC7Yc. 46 ID:IUxtGhmG. 18 ID:EqaVuI0S. 92 ID:IINvoihB. net TBS? 71 ID:yjdmz4c0. 05 ID:JUHLSZnO. 48 ID:Aq5AntVH. net だれ? 新型売春夫ニカ? 12 ID:mPlECZpV. 09 ID:ZujTm1UJ. net おまいらの思う世界的アーティストって誰? ウリは Beatles,Beach Boys,Rolling Stones,Bob Dylan,Bee Gees,Carpenters,ABBA とベタな部分で書いてみた。 35 ID:pQdMHJCp. 52 ID:Ys6TbLu9. net おおう、やっぱ分かってんじゃね朝鮮人ww ただ今は、もう朝鮮人なんぞ見下しすぎて見下しすぎてはるか遠く下の方に朝鮮人どもが落ちて 行ってしまったので、ぜんぜん見えなくなってしまったなww でも朝鮮人臭い嫌な臭いだけは未だにこっちまで漂って来るので、はるか下の下の方まで見下げ られてしまった朝鮮人どもが、まだ臭い息して生きているというのは感じている。 79 ID:9ai8XIu1. 87 ID:ZujTm1UJ. net 君は代表曲とかどこが好きかとか挙げられるよね? つべのURL貼ってもらっていいからさ。 87 ID:GUR2eKEW. 09 ID:rauXYvuF. 03 ID:yjdmz4c0. 09 ID:IjPW5jBy. 92 ID:whUV3uL7. 88 ID:nfuV62nl. 47 ID:tvHzZQkY. net 俺が勘定したら 嘘八百回だった。 89 ID:ZujTm1UJ. net ヒットはなくても根強い人気とか、後世になって評価される曲とかあるからね。 書き込んだ後に気づきました。 大変失礼いたしました。 39 ID:4GhuGlMz. 66 ID:cxZYc0vQ. net CSのもごり押しでしょ。 15 ID:Y5fiuB1B. 22 ID:cxZYc0vQ. 11 ID:EtY8Vuey. 29 ID:1SQeFZ6u. 84 ID:cxZYc0vQ. 64 ID:mUgkkdZg. 80 ID:cxZYc0vQ. net 堀江美都子。 79 ID:51t7i4VG. net ノーベル賞いくつだっけ? 尊敬されるのはどっちかなあ。 はっきり言えよ。 51 ID:yjdmz4c0. 88 ID:1SQeFZ6u. 95 ID:xN7YxoEc. 10 ID:XN1Typ6s. 67 ID:WtJTYJCh. net アーティストというか、芸能って、日本では、評価されない世界。 堅気の商売じゃないという認識。 だから、韓国がすごいでしょう、すばらしいでしょうといっても、女子供ぐらいしか、相手にしないんだわ。 56 ID:zetDmgcl. 74 ID:YAU6nEcR. 73 ID:cxZYc0vQ. net んなこたぁねぇよ。 歌舞伎だろうが落語だろうが一定の評価を受けてるだろと。 17 ID:hSNUqNDA. 11 ID:OyhFkXvy. net それ誰? 防爆冷蔵庫なら知ってるけど。 89 ID:yjdmz4c0. 76 ID:iYJVqOOV. 69 ID:dwx61AuK. | | , 'イ! || ヽ ヾア ノQii. ,':. ,'::. ,';. ,';';. ,'::. 71 ID:pRun97wZ. 26 ID:VCjUEkHa. 89 ID:3JmwxNfw. net 日本は韓国をこれまで以上に見下し続ける。 政権で何とでもなる司法なんて後進国だw 自覚しろよ馬鹿チョン。 62 ID:N1tOKL7N. net デイリーモーションがトウガラシに占拠されててマジウザい。 68 ID:JsKZz0eb. 59 ID:uZag96ME. 10 ID:AL7nK5fq. 76 ID:xN7YxoEc. 04 ID:bHmTrn4S. 85 ID:yH0Z7he1. 94 ID:bHmTrn4S. 84 ID:WBWJJGCJ. 04 ID:yjdmz4c0. 33 ID:N1XJmRhJ. net アホか。 87 ID:WBWJJGCJ. 96 ID:bHmTrn4S. 08 ID:IlaYZGrA. 10 ID:yjdmz4c0. net 出てるよ 因みにWRカー規定で1. 51 ID:JGUEsBaq. 62 ID:ejJEZNUk. 97 ID:H3Zh0SxJ. 53 ID:OyLDUxjA. 79 ID:jsVy7JJp. net 英語と日本語で歌ってるしなぁ。 90 ID:JfpbLWJ3. 27 ID:NfWUolTU. 19 ID:xN7YxoEc. 64 ID:uZag96ME. 12 ID:HDAT5G4T. 79 ID:RUEy37J5. 35 ID:uxm5daLA. net 防弾少年はアメリカで人気ないよ。 誰も知らないのに一部のチャートだけ上がっている不思議さ。。。 87 ID:OyLDUxjA. 93 ID:cb1KrU3J. 61 ID:uxm5daLA. 37 ID:yjdmz4c0. 63 ID:Fn6nG4Fp. 55 ID:WzbFBrpJ. 37 ID:5ZThYeyZ. 74 ID:Rg1ZI370. 49 ID:LysHzgGr. 94 ID:yjdmz4c0. 74 ID:CnNVUX2j. BTSを自慢するぐらいの事しか無いて、ほんと情無いと思わないのかなあ。 43 ID:PRSAJnt1. 13 ID:yjdmz4c0. 88 ID:eituKiXK. 96 ID:yKYX4gKT. 30 ID:1b7eErVR. 04 ID:Q7WnB5Mh. net 欧州で、人気の防弾少年。 聞いたことないよ。 ビッグバンのほうが、知れ渡っている。 早く病院に行ったほうが良い。 06 ID:pGc68mbq. 53 ID:ChtYPo4l. 84 ID:7lk9ZYJI. 75 ID:AGHAk3Wh. 01 ID:OuradA6R. 88 ID:rHNqzv34. 23 ID:Ux30mA0X. 在日様お買い上げ。 85 ID:mSeNHDtE. net スマン、ヒット曲が分からない。 52 ID:mOeXQVOj. 54 ID:zrXdknOF. 78 ID:7sMleRHj. net 韓国系あ。 02 ID:82wC7ocv. 98 ID:xflSYdRI. 87 ID:JYWY8wvC. 74 ID:h73JrUok. 77 ID:J9HSVNDo. 76 ID:voAVnJCy. net だれやねんBSTて。 41 ID:Mrg1FnUN. net 顔がダメ生理的に無理です。 30 ID:fEUUcB8L. 19 ID:TDQ1nRuy. 70 ID:AMybUP9r. net そんな世界的アーティストなら日本なんかほっといて世界中で好きなだけガッポガッポ稼いで下さいな。 61 ID:RptbPpUO. net オリコンとビルボードを潰した実績は正直いってすごいけど田代祭りと大して変わらない。 日本人のやるのははなんの利益にもならないところがいいのであって、営利を求めたら卑しい行為。 99 ID:FJSj6ARV. 01 ID:1ssoAxlH. 40 ID:Hll6RXNF. net 粗探しどころか問題ないものに勝手に火をつけて問題だ、とか言ってやがる。 もはや断交一択。 59 ID:sfFKOdAA. net 知らん。 44 ID:QCvX8Wqk. net The most surprising thing about the recent BTS album is that it was successful Where is BTS then? It might be geographically Korean, but its fanbase really lives in the enormous undersea threads of the world wide web. 51 ID:mf9eP7rO. 43 ID:U3LAxuTN. 50 ID:NtU6onJK. 32 ID:dE0TiLck. 94 ID:aYw61x7Y. net すごいから日本に入って来ないでアメリカにでも行っててください。 お願いだから来ないでください。 化粧したモヤシズがダミ声でラップしてダンスしてるようにしか見えない。 96 ID:rppHZ6hH. 33 ID:JJjUXVa5. net 原爆被害者を笑いものにする反日キチガイ。 日本では絶対に受け入れてはならない。 20 ID:fTrs1uBx. 89 ID:jrtiCmIV. 92 ID:tNqDvaf7. net 欧米で人気なら日本には来るな。 不愉快だから。 72 ID:Xmy3xjXc. 72 ID:V8PFAH8H. 33 ID:h73JrUok. 62 ID:6m9tnCW1. 93 ID:fv1afaTC. net???????? 41 ID:tCQz5klr. 83 ID:KBWzCqGQ. 76 ID:PlaYM3SY. 17 ID:gPcrapoR. net 本物の世界的アーティストなら日本で日本語ver. 08 ID:tCQz5klr. 25 ID:99vATswE. net 日本と比較して上か下かしか考えない韓国人。 日本は無視すればいいのに。 75 ID:WNJBJYaJ. net 知らないぞ。 マジで。。。。。。。。。 26 ID:tNqDvaf7. net 日本の音楽を馬鹿にするやつがいるけど、昔から結構造詣が深いようなものが多いんだぜ。 まあそれが売れたかどうかは別として、日本なりの解釈をしてその道を行ってるというような。 リスナーもレベルは高かったりする。 オタク気質に独特の文化が重なってたり。 23 ID:JBrrJyK2. 85 ID:MyZbPsZ0. 34 ID:zA8dYV9T. 61 ID:NsXZDkhu. 16 ID:NsXZDkhu. 65 ID:uWsdFp2Z. 27 ID:8GLaeQpB. net 日本人は日本国内で十分活動もできるし、評価もされるし、 社会的成功も収められる。 歌舞伎だって能だって、落語だって漫才だってそうでしょ。 歌手だって俳優だって幾らでも仕事がある。 なんならパチンコの巡業にいったっていい。 出稼ぎする必要なんて無いんだよね。 61 ID:T6v8DYl7. net 原爆少年団は知らなくても、ビルボード一位 取ってなくてもBABY METALやパヒュームや、 ぱみゅぱゅのが知名度あるぞ? あと、日本でも原爆少年団として知名度は 上がったよ。 良かったな。 この調子でノーベル賞取れると良いな。 97 ID:P7wkY5if. 19 ID:Yw1S2ATX. net お前朝鮮人のくせに不正を認めるなよ。 朝鮮人らしくないぞ。 74 ID:9mFWzGPz. 51 ID:jAJob5Ln. 72 ID:GCfqfuWB. 72 ID:1M9uZag2. 28 ID:6uQnCRjd. 10 ID:R4Yp6z0f. 55 ID:4apHLEbB. 85 ID:HlLAFkgW. net クラシックではカラヤンに認められたスミジョーて世界的なソプラノ歌手が居る。 この人はバカじゃないので政治的発言は一切しない。 52 ID:lZbPvCJi. 47 ID:BBfZTqog. 19 ID:f4PDUf0U. net 韓国トップの世界的アーティスト。 その関連株式が大暴落と聞いたけど。 たいしたアーティストがいないんだね。 83 ID:97YM0Pd1. 64 ID:UvLJfJgb. 70 ID:C754Kp6P. net ツアーで38万枚もチケット売ってたらそりゃあもう社会現象なんだけど、 職場、子供の親友達、サークル、大学の同期、 どこ見てもかすりもしないんだけど、 どこの世界で流行ってるの? あ、Youtube再生回数水増しの、アメリカの記事は読みました。 68 ID:DbjNtJwM. 76 ID:n7qPxPt1. 28 ID:0ES9AFTr. 85 ID:RBd3UrHP. net あいつ割りと好きなのに、なんか消えたな。 65 ID:dqDFtdOu. 77 ID:dqDFtdOu. 44 ID:qMmRfJTK. net 徴用工のような虚栄アーティストがでてくるとは思わなかった。 57 ID:FB3p3VsI. 09 ID:ToARleBO. 95 ID:RBd3UrHP. net まあ、そう言うな。 あいつは原爆ちんちんみたいな反日らしい事はしてないし なんか嫌いになれんわ。 81 ID:xaWqRSdG. 36 ID:F41k9fDF. 04 ID:K9GsZWxC. 75 ID:aZ5uKglk. net 江南スタイルさんは世界的アーティストに含まれますか? つかなんで「かんなむ」が変換できるんだよ。 61 ID:K9GsZWxC. 58 ID:YdLfrw4I. 30 ID:7raju7Pn. 50 ID:enFoSe1j. 60 ID:Ws71SZSi. 81 ID:J8IBzrSe. 04 ID:J8IBzrSe. 25 ID:K9GsZWxC. 25 ID:OrCz1OHa. 大量に再生させ続けることで、ストリーミング再生回数を伸ばしたというのだ。 もちろん国外のファンが普通に再生をしてもアメリカ国内の再生回数にはカウントをされないが、 VPNと呼ばれるネットワークを使用して、自身の居場所を偽りアメリカ国内からアクセスしたという手法をとっていた。 今後さらにストリーミングサービスが強力になっていくことで、このようなファンによる行動は大きな問題になっていく可能性もある。 こうした大量再生回数をストリーミング再生回数に含むべきか、全米レコード協会やチャートの統計をとっているNielsenなどは方針を示していない。 29 ID:M25Lro34. 69 ID:vhlhIEA8. net 드디어 아이즈원이 오늘 엠카에서 음방 첫 데뷔무대를 했습니다. 쇼콘때도 느낀거지만 라비앙로즈는 안무와 함께보니 진짜 멋지네요. 이런 멋진 안무를 만들어 준 '다시 만나' 안무가였던 채다솜 님에게 무한한 감사를... 40 ID:4EEQZaUm. 芸能人なんてどーでもいいわ。 67 ID:I0zBWusP. 大量に再生させ続けることで、ストリーミング再生回数を伸ばしたというのだ。 もちろん国外のファンが普通に再生をしてもアメリカ国内の再生回数にはカウントをされないが、 VPNと呼ばれるネットワークを使用して、自身の居場所を偽りアメリカ国内からアクセスしたという手法をとっていた。 今後さらにストリーミングサービスが強力になっていくことで、このようなファンによる行動は大きな問題になっていく可能性もある。 こうした大量再生回数をストリーミング再生回数に含むべきか、全米レコード協会やチャートの統計をとっているNielsenなどは方針を示していない。 39 ID:R8M7q2Oa. 64 ID:djET5Afc. 40 ID:2ej09kkS. 54 ID:BBfZTqog. 45 ID:KBWzCqGQ. 92 ID:aORm36sL. net 申し訳ないがそもそもアーティストそのものを尊敬していない。 何人であろうとも。 でも人類に貢献したノーベル賞受賞者なら何人でも尊敬する。 63 ID:12b5UG9K. 93 ID:m7gBNOtw. 24 ID:KBWzCqGQ. 13 ID:a2By0eeK. net たしかにどうでもいい雑魚ですが、イジるにはそこそこ面白いネタなんですよ。 93 ID:wzV8BEOR. 04 ID:tnOhsqO4. 25 ID:VLh7wfVM. 90 ID:TpxSIOUS. 48 ID:StrnSfON. 大量に再生させ続けることで、ストリーミング再生回数を伸ばしたというのだ。 もちろん国外のファンが普通に再生をしてもアメリカ国内の再生回数にはカウントをされないが、 VPNと呼ばれるネットワークを使用して、自身の居場所を偽りアメリカ国内からアクセスしたという手法をとっていた。 今後さらにストリーミングサービスが強力になっていくことで、このようなファンによる行動は大きな問題になっていく可能性もある。 こうした大量再生回数をストリーミング再生回数に含むべきか、全米レコード協会やチャートの統計をとっているNielsenなどは方針を示していない。 75 ID:oqYyDjKR. 14 ID:m7gBNOtw. 34 ID:ZrGEgXex. 38 ID:QMTTEnbH. net BTS? LBTなら分かるが。 85 ID:f22n8hXK. 53 ID:qobBTXRo. 39 ID:i5SBFJjM. 11 ID:UizXoTeI. net 明治、大正時代の日本人が抱いていたであろう価値観が今なら理解出来る気がする。 15 ID:X44bZO9U. 83 ID:oqYyDjKR. 64 ID:9CEELRSG. 46 ID:lXyl23P2. 76 ID:ewfLgvyO. net 原爆落とされてウェーイ!シャツ着てる奴のどこに嫉妬する要素があるんだ? 人として最低なだけだろ 朝鮮人だって亡くなってるのに、それを喜ぶバカ。 72 ID:RpMahhK0. 26 ID:u2IfILRp. 57 ID:XapTj1Kr. 32 ID:f22n8hXK. net 視界に入ってくるな。 79 ID:bCBUrVfe. 04 ID:M25Lro34. 78 ID:AjdFPR8S. net PS4もNintendoSwitchもFreeBSDベースのOSです。 OSをLinuxで開発する場合はGPLライセンスで ソースコードを公開する義務も出てきますが BSDライセンスならばそれを回避することができるので ゲーム機や家電製品が採用しやすいという事情があります。 49 ID:XjdaaAno. 71 ID:qGqwQUXO. 34 ID:6obq01zu. net ああ、日曜の朝にガン首揃えて眉をひそめて 日本を悲観している放送局のことか。 35 ID:VfhLUlf2. 90 ID:ssDEgD5j. 37 ID:HlLAFkgW. 13 ID:l3rsMcOW. 14 ID:KuB6fOLx. net ドイツ版「技能実習生」、ガストアルバイター制度の重い教訓 l ドイツは教育と職業のつながりが強く、 職業資格が重視される資格社会。 ドイツ語習得という 最初の一歩でつまずいた移民は そのまま社会からドロップアウトしかねない。 社会の底辺にいる移民たちは、 ドイツ人より低い社会保障と ドイツ人より高い貧困率にあえぐ。 ------------------------- 平均時給は、ドイツ人労働者の平均を下回っていたが、 特別手当が支給される危険な仕事等を引き受けることで それを補填していた。 また、「短期間で可能な限り稼ぐ」という目標から、 多くの者は超過勤務をいとわず、 外国人男性の月労働時間は、36%が200時間を超え、 中略 主に利益を得たのは、一部の企業である。 企業から見れば、ガストアルバイターは生産を拡大し、 賃金上昇を緩和し、 低い時給で高い利益と経済成長の維持に貢献してくれる存在だった。 もっともこれにより採算性のない事業が継続し、 労働力を節減する機械への投資がおろそかになった面もある。 ------------------------- しかし最大の原因は、 「帰る」という嘘を 50年に渡ってつき続けたことだと 指摘する人は多い。 この嘘によって 当局は移民政策を棚上げにし、 外国人は「融合」への努力を怠ることができた。 ドイツは、そのツケを 今後払っていかなければならないのだ。 48 ID:ZYREAsSC. 15 ID:ZYREAsSC. 05 ID:MCtMEM6Y. 73 ID:lWRkkpWR. net クソ野郎に対してクソ野郎と事実を言ってるだけだな そもそも売れてる歌手がいるクヤシー! 30 ID:TWwUgoMh. 54 ID:OQAgryRN. 11 ID:HQYA4V0c. 28 ID:T3KG9opd. 26 ID:wUmgfORz. 90 ID:XzD28FXb. 47 ID:koDos3x6. 38 ID:gWBb9D1M. 15 ID:djReltbg. net もう断交状態だろ、これ。 慰安婦ビジネスが下火だから新たに焼き直しして 嘘のたかり話 韓流でもう商売できないだろ、正体隠しても。 日本ができることは もう企業金融の引き上げ 在日3世までであとは強制送還 南北統一時協力資金はなし 過去の日本人が置いてきた個人的資産を没収差し押さえ 大使館閉鎖 日本の教科書は本当の事をきちんと書いていく あとはずっと泣き叫んでも 物乞いしても 隣国だからずっとたかり続けると言う宣言なんだから ほっておけ。 14 ID:u6uqF01U. net 世界的アーティストとか・・・ 不正で正体バレてるだろ。 56 ID:GiwFiZhy. 18 ID:O5utEz1f. 34 ID:kdSgGJNv. 44 ID:fiP2RTSe. 24 ID:S83wqw8O. 49 ID:QTD1cVAR. net 愛国教育と徴兵制度に鍛え上げられた韓国の男たちは、 敵が攻めてくると、愛する女を守るために、最新兵器を手にして、 勇敢に戦うことができる勇気あふれるサムライ達だ。 自虐史観教育と戦争放棄の平和憲法に甘え切った日本の若者たちは、 愛する女が敵兵に強姦されるのを見物しながら、オナニーにふけることしかできない、 哀れなオカマだ。 02 ID:JU2Rn37j. 93 ID:fiP2RTSe. 98 ID:ANfyEvPI. 91 ID:q9i9AIZU. 24 ID:fiP2RTSe. 40 ID:q9i9AIZU. 12 ID:7Szm5KHg. net 今時音楽とかダンスとか若者の興味の主軸でもねえだろ。 27 ID:fiP2RTSe. 04 ID:rYkJSY8c. 01 ID:hTT8FKwq. net >福岡など9会場で行われるBTSの日本公演チケット計38万枚がすでに売り切れ状態にあることを伝えている。 こんなのを引っ張り出して「これが民意ニダ」とか言い始めるよな。 57 ID:MRtKBhXo. net てか人気そんなないよ。 10 ID:3T3SGeJ0. net 何それ、知らない。 96 ID:Ca0wvrfP. 95 ID:wdwih08v. 56 ID:TARvxcJA. net 見くだしゃしないけど、ワンオクとかベビメタで騒いでる連中とともにバカにはしてるな。 98 ID:h8A0qeGF. net 俺はBPSなら知ってる。 38 ID:IGbJiGJK. net 1円の人とか、ガンダムの人とか、 忘れないであげてください。 いやむしろ、同じことを何回も繰り返せるのは才能か。 99 ID:pRRPm9H5. net 朝鮮人以外にほとんど知られていない世界的アーティスト。 80 ID:pRRPm9H5. net こういう奴って大抵たいしたの聴いてないよな。 66 ID:gWBb9D1M. 01 ID:gWBb9D1M. 98 ID:S83wqw8O. 19 ID:gWBb9D1M. 94 ID:Bh80rkq3. 12 ID:gQmX0Jl4. 70 ID:ANfyEvPI. 07 ID:4rlyAaSm. 43 ID:d3iKmBfj. 23 ID:7fsbLufy. net TBS? 何だろうと思ってスレ開いた。 23 ID:2j5JamD0. 70 ID:gXCeOBjQ. 36 ID:eN51BOUg. 45 ID:s8PGb0hV. net 今 BTSとかどうでもいいから。 62 ID:jiUJmqmd. 87 ID:AYg6MvuU. 50 ID:mO2UvAJD. 70 ID:UcHKdIG1. net 韓国のアイドルグループ「防弾少年団」のメンバーが昨年、 原爆のきのこ雲がプリントされたTシャツを着ていたことが、 現在日本と韓国のネット上を中心に物議を醸しています。 Tシャツには他にも、韓国国民が万歳を叫んでいる姿のプリント、 そして「愛国心」「我が祖国の歴史」「光復節」という文字もあり、 政治的なメッセージが含まれているであろうことが窺えます。 海外サイトの関連記事には、不謹慎すぎるとして非難の声が殺到。 net キモいからこっち向くな。 68 ID:9x47ojUd. net 元々別に見下してなんかいませんよ。 あなた達が勝手に「見下されている」と思っていただけです。 ツウィちゃんは俺の嫁になります。 33 ID:PuHgtZwj. 71 ID:nKtaLuh1. 00 ID:bZt0oIQq. 09 ID:3gwBaMtN. 03 ID:zWCux3sF. 91 ID:i3y5w4ge. net BTSの世界的評価をアジアの国として日本人は応援すべきだと思う。 59 ID:i3y5w4ge. 26 ID:6xPfhKaQ. 89 ID:tUXj8vle. 95 ID:btlmzLOx. net 人間じゃなくて道端に落ちてる犬が放りだした朝鮮人だろ。 16 ID:kW9kMlqU. 58 ID:kW9kMlqU. 74 ID:MTbVZVNb. 77 ID:pdgSWZvr. 30 ID:6mkrV99l. 02 ID:SrJcxJLV. net BTSは人気あるね。 若い日本の女の子は自分から股開くからなぁ。 01 ID:3LTTUxRY. 85 ID:dMHCazdE. 78 ID:HNiux0Kq. 90 ID:afMruV3J. 59 ID:HeW3KkNy. 31 ID:kW8RjX19. 86 ID:kcYmH6HW. 19 ID:8M3Opj10. net 見下す? 軽蔑されてんだよ。 徴用工問題をみりゃわかるだろ。 分からないのならそれが軽蔑されてる原因だよ。 50 ID:WWf10iDZ. 06 ID:KFcQRaZQ. net この論理だと韓国人は自分の姉や妹、同級生の女の子が日本や米国で大人気なことを さぞかし誇らしく思ってるんでしょうね。 75 ID:HMUDvLwB. net 興行の地域が、日本しかなくなってきただけのような。 中国から締め出され、アメリカもだめ、日本でギリギリくらいか。 それも、徴用工で、怪しくなってきて、日本で稼ぐと母国で、資産没収の憂き目に合うから、稼ぎ方が、粗くなる。 09 ID:l22NRByW. 07 ID:x0tapTlf. net 見下すてか韓国に近づくと腹下す。 41 ID:3j30ujvC. 41 ID:HWRjLhkD. 78 ID:Zpmj7PTu. 79 ID:ts0hs5hx. net ああ、YouTube60億再生の世界的アーティストさんですね。 世界的アーティストなら日本に来れなくなっても世界中で稼げばいいですね。 さようなら。 98 ID:vAVOsATI. 44 ID:fMOuxvEX. net 彼らの思考パターンは変わらないなぁ 「相手が嫉妬してる」「悪意がある」と勝手にみなして全否定だ。 02 ID:JTMiSXIA. 91 ID:wUgKM7S5. net 大坂なおみ絡みで初めて知った。 ガチの芸能ニュースではそれまで一度も聞いた事がなかった。 大坂なおみの一件で聞いた以降は、原爆Tシャツ騒ぎになるまで聞かなかった。 結局、実力 では一般人への発信能力が全く無い。 34 ID:P1yryObw. 10 ID:qs6mLuTI. net 韓国産の歌手ってBoA しか知りません。 正確にはBoA なら知っている。 あとは誰も知らないし興味も無い。 K-POP って人気あるっていうんで我が家の 娘どもに尋ねても誰も知らんし、興味も無い。 15 ID:6JqnawXI. 01 ID:ethnRsAe. 32 ID:bsu1NX2A. 50 ID:6UGl4MKW. 11 ID:GAovbB7r. 50 ID:M6Rz8kp7. 86 ID:kZNVEWlF. 77 ID:hNiSMYs0. 03 ID:WBzRoVlv. 95 ID:nvrByVJn. 79 ID:ypY7Rsrl. 63 ID:KwwGQ7nd. 00 ID:ypY7Rsrl. 56 ID:9htubeon. 57 ID:9VzLpqSq. 16 ID:2YCRqZzI. 53 ID:fOwB6IMA. 88 ID:KRwSn2H1. 87 ID:NklgSN48. 52 ID:ZfVBOZ32. net 確かに朝鮮は人を驚かせる事には長けているな。 北の核、兄の毒殺しかり、エンタメでは鮎のスケキヨ丼や高齢者や乳児レイプ しかも国民が同じ鋳型のサイボーグなんていったいどこの物語の国なんだい? 12 ID:q1iSClis. 85 ID:s70KmnEH. net いや、エンターテインメントの世界では見下してないよ。 素晴らしいものがある。 在日の友人もパフォーマーとして活躍中。 06 ID:dtZ7UK2Z. 50 ID:sriZOfKN. 60 ID:PUcrNPk2. net 出稼ぎ要員として養成されてる連中がどうしたって?大きな市場で人気が出るようにその国の音楽パクって作ってるだけじゃん。 72 ID:w25Hbcbp. 25 ID:xpdx8EKD. 68 ID:oVwORIy5. 85 ID:xpdx8EKD. 70 ID:cpVnATfb. 41 ID:cpVnATfb. 76 ID:QHQgsULT. 18 ID:fyNaaRrc. 83 ID:Dv1UmIMR. net 別に川原乞食の優劣なんぞ気にしちゃいないんだがw しかし、常日頃川原乞食を蔑む文化を強く保持しているのは 韓国の側であったはずだ。 34 ID:Dm0jMsBR. 42 ID:38gm4Nrd. 52 ID:xrTxFEkE. 18 ID:QqNSrFNG. 48 ID:8ZHlhuBBZ 知能の低い人類の亜種だから、無理。 73 ID:duMpZvNV. net 2ちゃんのキモヲタ右翼ニートは信じられないだろうが、 BTSは学生から中年まで日本の女に大人気なんだよなあ。 しかも韓流スターの髪型をまねたり、化粧品使ったりしているんだよ。 よほど自国の男に魅力がないんだね、かわいそうに。 57 ID:duMpZvNV. net 今まで下に見ていた韓国に経済で追い抜かれ、 韓流スターやロックバンドに女は取られるんだから 日本人男が嫉妬するのはしかたがないね。 37 ID:Dm0jMsBR. 55 ID:pS18i9n8. 79 ID:8ZHlhuBBZ >しかも韓流スターの髪型をまねたり、化粧品使ったりしているんだよ。 >よほど自国の男に魅力がないんだね、かわいそうに。 ホモネタか? 化粧品ということで女性かと思ったら、自国の男に魅力って、つながらないんだけど。 99 ID:3SOnpMD9. 17 ID:EawVIP5T. 38 ID:z8OZOsX3. 30 ID:9TlrgjiW. 11 ID:lGyPb0DM. 20 ID:vAVOsATI. net 童貞国家めw 但馬氏はうまいこというね。 この本、目から鱗ですわ。 38 ID:Xqw5yuqK. 12 ID:bIawJUoA. 68 ID:LG8MA1iZ. 92 ID:lGyPb0DM. 60 ID:BjM6Db36. 70 ID:1juQU0IW. 26 ID:xZboYYin. 94 ID:kzpA7WJi. 18 ID:xZboYYin. 08 ID:aio0Yl3r. net 小澤征爾秋吉敏子渡辺貞夫日野皓正他 アーティストとはこういう人たちを言います アイドルは アーティストとは言わないのでは? 23 ID:7p1oa5Oz. net さらっと死刑宣告をする化け猫であった。 26 ID:VXZbDeAL. 49 ID:7dFqmw0Q. 69 ID:YdVR8DaT. 60 ID:691XvMRD. 23 ID:ee9c8Nag. 77 ID:OqOI8mUC. 78 ID:CTrHwMJP. 48 ID:2V0BObyq. 03 ID:BNhbNUip. net おれは整形で使用する薬物のボトックスの事かと思った。 74 ID:MWkC5Otq. 52 ID:t4xhSMTf. 75 ID:8CPcwYpR. net いや、見下してないよ。 歌や踊りに関しては、韓国のアイドルグループの方が優れてる。 日本は、素人も歌って踊れるレベルを良しとしてるんだもの。 そこは誇れ。 45 ID:OTbXBQRX. 90 ID:EawVIP5T. 47 ID:bb69vPtN. net 百歩譲ってBTSとやらが世界的に人気だったとしても 1グループが韓国の文化を広める原動力にはならんだろ。 日本の場合はマンガ、アニメ、ゲーム、日本食を入り口に 外人が日本文化に興味を持つ人も多いみたいだし。 73 ID:8CPcwYpR. net うん。 86 ID:IQDaCill. 28 ID:8CPcwYpR. net あっ さんへのレスね。 29 ID:Dm0jMsBR. 46 ID:rl3oIJsK. net 日本で活動する 韓国芸能人が悪い。 60 ID:CIRmtZbZ. 25 ID:95Ua32NQ. 38 ID:UqFpZwcr. 78 ID:w8bnFGnO. 52 ID:yFiLiGQc. 99 ID:O48QFU3E. 74 ID:G27Tofya. 92 ID:QLuAhQl0. 39 ID:w1X9oeUK. net 良かったな。 おめでとう。 分かったから、このゴミどもが二度と 日本の土地を踏まない事を願うよ。 44 ID:IXIuuWPP. 60 ID:IXIuuWPP. 43 ID:5fvgpif4. 13 ID:vUSZjdvk. net テナント好評脱出続出中のコマ埋めに韓流ショップが出来たので客層や人数を会社上がりに観察しているが いや、観察に価値が無い程 「客」がいない。 63 ID:HY0kXv2G. 26 ID:SAQPW9bm. 80 ID:SpXpqWfA. net パラレルワールドを実証してくれてるんだろ。 61 ID:cmYJWwfr. 40 ID:Q6VWbLSV. 63 ID:O0y7BOnF. 06 ID:SAQPW9bm. 09 ID:NiMHajuS. 95 ID:5oBtCWOF. net 他国を見下してるのは、おまエラ特亜だろ。 仲間内で言い合ってろよ。 30 ID:zCbClJ6f. 反日やってたら日本人が折れてきて、譲歩してきたから。 日本は謝罪する必要など無かった」と理解させて、反日教育の効果から潰す。 つまり歴史戦に勝利する。 net 「日本人は国内評価より海外特に米国で評価されたものを有り難がる風土があるからな。 49 ID:iQfwlKsG. 71 ID:HcldrnM6. 78 ID:kAbe8geU. 09 ID:Vyb1D5WU. 23 ID:CKf8GTCV. 45 ID:v33l6xq7. net 不正に動画再生回数を水増ししただけで「世界的アーティスト」になった気になれる奴がいるとか、そりゃ想像さえできねぇわ。 それを裏付けるかのように全米ビルボードチャートは、ストリーミングサービスの有料会員の再生数を、自身のチャートでより重視する方針に転換を図ったのも事実だ。 しかしBuzzFeedのアメリカ版に、ストリーミングサービスを用いたファンによるチャート操作についての記事が掲載されている。 記事によればあるBTSのアメリカのファングループはSpotifyの有料会員アカウントを1000個作成、Twitterやslackなどを用いて、アメリカ国内や国外のファンに配布。 大量に再生させ続けることで、ストリーミング再生回数を伸ばしたというのだ。 もちろん国外のファンが普通に再生をしてもアメリカ国内の再生回数にはカウントをされないが、 VPNと呼ばれるネットワークを使用して、自身の居場所を偽りアメリカ国内からアクセスしたという手法をとっていた。 こうしたファンによる再生回数アップの手法は、BTSだけでなくHarry Stylesのファンたちも用いたと言われており、ビルボードチャートに影響を与えているという。 77 ID:T2lwLDRZ. 大量出荷で外部応援がかかったことは一度も無いけどな。 邪魔なんだよ、韓国がらみのあの手のゴミ。 特にこれからクリスマスお正月商戦で棚が圧迫されるんだし。 12 ID:FK9hJ2iv. net 世界的の意味を知らないの?だからいつまで経ってもバカチョンって言われるんだよ。 95 ID:IUcZtxqm. net で、なんて発音すんだよ。 日本のファッション真似じゃん。 最初、頭染めたのに日本人だぞ。 日本でのコンサートって、在日と日本観光客だろ。 君達知らいだろ、半島から来た売れない演歌歌手沢山いるのを。 86 ID:vBp6Za9u. net 良かったじゃん。 36 ID:Nttf5rqA. net 新しいベーコン・トマト・レタスバーガーの略 Sはレタスのスの部分 キムチに漬けてあるので超マズイWww. 66 ID:FFrxpEFz. 69 ID:xiuSHF2x. 36 ID:Ob70AXCo. 俺達宗主国。 韓国はニッポンの宗主国 未開だったお前らにしてあげたこと覚えてるか? 御使して挨拶しな(ハイ)前で跪け(ハイ) 永遠に従え(ハイ)泣きながら祈れ ハイ) ジャップ!街にゃすっかり核をくらった爆弾たち 広島bomb!長崎bomb!東京bomb!ジャパンbomb! ボン!ボン!ボン.... 29 ID:5iIXOSus. 56 ID:IfkTqKTZ. net 儒教の価値観では チョン>>日本 なのだが 現実社会では 日本>>>チョン このギャップにチョン自身が振り回されてる。 34 ID:6L9GCURT. 10 ID:Ei8TXAnf. 35 ID:IfkTqKTZ. 44 ID:idifto81. net タイのコンサートでチケット8割を無料配布 海外で何万人っていうのは嘘ですよ、皆さん騙されないように。 52 ID:0igw25Hk. 88 ID:SAQPW9bm. 18 ID:cxoxsUJh. net 韓国はクラシックのコンクールとかそこそこ実績はあるのに、プロとして大成する音楽家が出ない。 地味だが味のあるジャズ文化はあるのに、生かそうともしない。 くだらん歌謡曲しかない音楽文化。 演歌もあったちょっと前のほうが、まだ多少は健全であった気がする。 日本で例えればジャニーズやAKBグループみたいなのしかいない音楽界。 耐えられん。 真面目に音楽に取り組む連中はきっとアイドル歌謡の裏方さん。 もったいない。 33 ID:mhi1lCpF. 39 ID:5yIDz2Zt. 12 ID:5b6S38A1. 34 ID:hsRBot3q. 20 ID:MSSgemmQ. 81 ID:YL8c7b8D. 87 ID:IDSr2PKN. net 原爆Tシャツグループは死ねばいいのに。 07 ID:HeRpDIYh. 96 ID:AkobSJs0. net 可哀想な朝鮮半島に居る可哀想な朝鮮人や可哀想な朝鮮半島に居る可哀想な韓流朝鮮人を見下して差別して道端に転がる糞尿扱いしてるのは世界でも戦犯国のチョッパリ猿だけ。 30 ID:HlRZFXEH. net 国を保てなくなり頼むから併合してやったのに、 恩を仇で返すバカチョン民族。 従軍慰安婦問題? そんな問題はない! 親が金に困り娘を売った。 娘は知らなかった。 それだけだ。 恩を仇で返すバカチョン民族 世界の三大嫌われ民族 チョン公 ユダ公 露助 東洋のユダ公=チョン公 在日、巣へ帰れ、失せろ、消えろ 在日は、羞恥心がないから、日本人の蔑む仕事をやる。 そういう仕事は、金になる。 21 ID:UBn8Kj9D. net 世界的アーティストなら、わざわざ大嫌いな日本語を学習して憎い日本に来なくても 充分稼げるはずだが、何で来たいの? それに例の判決で、韓国人全体の日本への入国に大幅な制限が掛かる可能性もあるぞ。 迂闊に入国させ就労させたら、数十年後に「強制徴用された」とか言い出しかねないからな。 92 ID:vDPkGllk. 02 ID:rDoC4yAF. 79 ID:NZ87liSj. 93 ID:SpXpqWfA. net ほんとに世界的なアーティスト()だったら、あのシャツで大炎上だろ。 73 ID:DZMASXtG. 26 ID:Kcw9PdHF. 08 ID:Q8HGh5S7. 51 ID:GRJIQj9H. 72 ID:l6j35PKq. net またウリ達の才能にチョッパリが嫉妬してるニダのパターンか。 79 ID:vDPkGllk. 18 ID:VpDreasV. net サイみたいなのは好感が持てるけど、 これは気持ち悪いなあ。 54 ID:SpXpqWfA. net 千原兄弟にクリソツだからなPSYは。 94 ID:F7SF7kYC. net 見下すというより、ガワが日本人に似てるだけで中身は全くの別物のナニか。 と思ってる。 41 ID:J4G6GtGy. 35 ID:ZAZSdBLt. net 世界的アーティスト? 73 ID:F2GD0AAP. 44 ID:VIeVYGjT. 88 ID:hqfHfZHC. net 【韓流】韓国系米国人監督、「みんな整形手術を受けてリップスティックを塗っている。 ジョセフ・カーンは9日、自身のツイッターに防弾少年団の写真を掲載し、「みんな整形手術を受けてリップスティックを塗っている。 間抜けた金持ちアジア人の典型的な姿」と書いた。 また、ジョセフ・カーンはKポップアイドルのように「美しい少年」の姿を得るために整形する韓国男性たちが多いという内容のサウスチャイナ・モーニング・ポストの記事を掲載したりもした。 一方、ジョセフ・カーンはテイラー・スウィフト、マルーン5、ケリー・クラークソン、 プッシーキャット・ドールズ、ブリトニー・スピアーズなど、ポップスターのミュージックビデオを手がけた有名なミュージックビデオ監督だ。 2002年「グラミー賞」で最優秀ミュージック・ビデオ賞賞と最優秀監督賞、2004年MTV「ビデオ・ミュージック・アワード」では最優秀ビデオ賞を受賞した。 96 ID:hqfHfZHC. 世界のBTSファンが放送局や番組側に抗議し、結局、進行役の一人が公式的に謝罪することとなった。 「Farandula 40」は「防弾少年団」の受賞やステージ映像を見ながら「ブランドを着ているが、その効果がない。 男なのにとても細く、ヘアスタイルもおかしく、服も良く見えるはずがない」、 「ゲイクラブで働く人間のようだ。 みんな女性みたいだが、本当に男性なのか」などのコメントを残した。 ・やっぱメキシコは後進国だ。 ・でも最近の男性アイドルは、口紅を塗ったり化粧して着飾ったり、確かに普通ではないよな。 ・まぁ欧米人から見た本音がこれなんだろうな。 K-POP好きは必死に絶賛してるけどな。 ただ今回のはテレビ放送でそれを言ってしまったのが問題なだけ。 ・ぶっちゃけゲイだろ。 男なのに化粧したりしてるし。 ・アイドルなんだから化粧くらいするのは当然だろ。 ・化粧は俳優もしてるけどな。 まぁでも濃いアイライン、マスカラ、カラーコンタクトなどは控えた方が良いと思うけどな・・・ ・俺らから見ても違和感あるからな・・・ ・正直ゲイのように見えると言われても反論することができないんだが・・・ ・ゲイのようだって、事実だよな。 68 ID:hqfHfZHC. それを裏付けるかのように全米ビルボードチャートは、ストリーミングサービスの有料会員の再生数を、自身のチャートでより重視する方針に転換を図ったのも事実だ。 しかしBuzzFeedのアメリカ版に、ストリーミングサービスを用いたファンによるチャート操作についての記事が掲載されている。 この記事には今年初めてK-Popのアルバムで全米チャート1位を獲得したBTSのファンたちの行動が掲載されている。 記事によればあるBTSのアメリカのファングループはSpotifyの有料会員アカウントを1000個作成、Twitterやslackなどを用いて、 アメリカ国内や国外のファンに配布。 大量に再生させ続けることで、ストリーミング再生回数を伸ばしたというのだ。 もちろん国外のファンが普通に再生をしてもアメリカ国内の再生回数にはカウントをされないが、VPNと呼ばれるネットワークを使用して、自身の居場所を偽りアメリカ国内からアクセスしたという手法をとっていた。 こうしたファンによる再生回数アップの手法は、BTSだけでなくHarry Stylesのファンたちも用いたと言われており、ビルボードチャートに影響を与えているという。 55 ID:snyEe6Ms. 43 ID:ludnj4j9. 71 ID:9Hp1MEPW. 96 ID:o5OsLAiK. 04 ID:cmYJWwfr. 02 ID:0YzRLRM5. 04 ID:YIdr1puw. 37 ID:Ne6Purv3. 64 ID:ma3wC6FQ. net 握手券がまた笑えるのよ。 顔のをついたてで隠して名前張ったところから手だけでているって。 絶対本人じゃないわ。 ファンは確かにいるけど成績不良の不登校児だ。 21 ID:EpAvyyFM. 23 ID:0kaIj0Wg. 68 ID:Hl7AlkGx. 28 ID:lqrbIcTQ. 28 ID:L75wUtv7. 64 ID:XwUR7rzW. 89 ID:tFcEmNMa. 59 ID:K9El16IX. 94 ID:qyHpeFKO. net 防弾少年団 実力2割 メディア技術8割。 どうせすぐに飽きられる。 1年持てばいい方だろ。 11 ID:wQlXPtZ2. net バカのB トンマのT オマソのS ・。 42 ID:eMVcmDxo. 79 ID:07Yrv0x2. Mr」少女時代(2014 韓国) 112位 『RISE』 SOL(2014 韓国) 114位「UROBOROS」DIR EN GREY(2008 日本) 126位「Twinkle」少女時代テティソ(2012 韓国) 127位「BoA」BoA(2009 韓国) 129位「Overdose」EXO-K(2014 韓国) 135位「DUM SPIRO SPERO」DIR EN GREY(2011 日本) 150位「ALIVE」BIGBANG(2012 韓国) 160位「EXODUS」UTADA(2004 日本) 161位「One of a Kind」G-DRAGON(2012 韓国) 171位「The Most Beautiful Moment in Life, Pt. 09 ID:PxraNG1A. net 著作権ビジネスって日米の独壇場だけどな。 なんか凄い人気あるらしいから、頑張って不況を立て直せるぐらい稼ぎな。 いちいちこっち見てくんな気持ち悪い。 net 本国チョンですら現実見てるのに、ホルホル在日チョンと来たら・・・ 日本企業、世界最高の技術で危機突破-Chosun online 朝鮮日報 【韓国】 海外消費者「日本は技術力、中国は価格。 46 ID:5BJONcmO. 94 ID:62pnp6GW. 71 ID:vVdHfCTr. 29 ID:egdvxVGI. 67 ID:bSVGcfD4. net 世界で認められた。 ってのなら日本でなく他所の国いって稼いでこればよかろうに 俺たちのが上になった。 と日本を下に見るなら日本なぞいないものとして扱えばよかろう それで日本が困るなら態度も変わるだろうけど、現実に困る事なんて何一つないから悔しくて 無理やり因縁つけてきてる。 36 ID:Tl4mVkSL. 46 ID:bSVGcfD4. net あ、そうなんだ。 よかったね。 なら売れてる米国で頑張ってもっと稼いでね。 09 ID:u9U3szEU. 22 ID:6kQrV9p8. 90 ID:FM95txPS. 55 ID:6kQrV9p8. net 戦前の奴はチョソを見下してんじゃなくて毛嫌いしてる。 89 ID:NOr33HE9. 64 ID:dTtspXOE. 60 ID:uctQffrO. 49 ID:W1wzkA0k. 95 ID:VQQlROnh. 21 ID:Nyy5MwYd. net ハングルとは日帝の残滓の代表格です。 韓国の誇りを取り戻すために今直ぐ排斥しなければなりません。 古来より中国に事大してきた朝鮮半島の優秀性と誇り高き小中華の証しとして、 更には日帝の悪しき残滓を取り除く為にもハングルを即刻廃止し、 昔どおり漢字オンリーの素晴らしい文明国になるべきだと思われます。 86 ID:QWydlIr7. 59 ID:9YndBNlv. 38 ID:Kc4nRcQC. net 申し訳ないが、防弾少年団(BTS)を知らない。 調べてみても世界的アーティストとまでは言えないようだ。 また、このようなことで嫉妬する日本人は1%にも満たないだろう。 ノーベル賞受賞者が日本より多ければ嫉妬すると思うけれど。 44 ID:K9El16IX. 96 ID:UrGxEo21. net BTSに、芸術性で勝利できないからって、ファッションに噛み付くしかできないって悲しいな。 日本のミュージシャンのレベルってファンの劣化と共に下がり続けている一方、 韓流スターのレベルはうなぎ上りなんだよな。 net 「現代自動車を知らないのは日本だけかもしれない」 三菱自動車の劣悪なコピーしか無いのに、彼らは誇らしげに謳った。 87 ID:iLZIHdUV. 18 ID:07Yrv0x2. ドーム 35,000人 2月17日(日)福岡 ヤフオク! 95 ID:07Yrv0x2. 37 ID:FVoPVsd7. net 本国チョンですら現実見てるのに、ホルホル在日チョンと来たら・・・ 日本企業、世界最高の技術で危機突破-Chosun online 朝鮮日報 【韓国】 海外消費者「日本は技術力、中国は価格。 91 ID:Qe0EXzJl. 60 ID:CTlpXro6. 67 ID:g9au8OEq. 50 ID:07Yrv0x2. 15 ID:RFBXezG6. net 朝鮮人ってほんと凄く嫉妬って言葉大好きだよな。 自分が日常的に他に嫉妬してるから、文句言われたら嫉妬してるって言えば嬉しくてしゃーないんだろうなw 恥ずかしい奴等。 03 ID:YpAQnsap. 36 ID:Zta0A3Xs. 98 ID:07Yrv0x2. 03 ID:lqrbIcTQ. 64 ID:Zta0A3Xs. 46 ID:6udQ9eXu. net しかし日本人は惨めだな。 経済で中国、韓国に追い抜かれ、徴用工裁判では惨敗し、 韓流スターやBTSに女は取られ、 中国人観光客に梅毒をもらった女を与えられている。 31 ID:tBpOcEMM. net 本国チョンですら現実見てるのに、ホルホル在日チョンと来たら・・・ 日本企業、世界最高の技術で危機突破-Chosun online 朝鮮日報 【韓国】 海外消費者「日本は技術力、中国は価格。 80 ID:tBpOcEMM. 55 ID:tBpOcEMM. net 以下に示す通り、 チョンはノーベル賞だけではなく、あらゆる知的能力が要求される賞が取れないのです。 パクリ、モノマネ、買収が通用しないとこのザマ(嘲笑) 要するにチョンは知能が低いということです。 47 ID:07Yrv0x2. net 本国チョンですら現実見てるのに、ホルホル在日チョンと来たら・・・ 日本企業、世界最高の技術で危機突破-Chosun online 朝鮮日報 【韓国】 海外消費者「日本は技術力、中国は価格。 13 ID:I8KIEdh5. net 韓国国内で活動するのは結構だが 日本でチョロチョロすんな。 目障り。 19 ID:cJo0SdLX. net 朝鮮人記者「朝鮮人は根本的に科学に向いてない、だからノーベル賞ゼロ」「日本見下すのはアホだけ」 [無断転載禁止] c 2ch. net われわれはなぜか日本人がノーベル賞を受賞すると「韓国は何をやっているのか」と興奮する。 米国人、英国人、ドイツ人が受賞しても何とも思わないのだが、日本人が受賞するや、韓国の科学水準を嘆く。 先ごろ日本のあるメディアはそんな韓国人をおかしな人々だという趣旨で報じた。 韓国で「リオ五輪で日本が活躍したのに韓国はどうなっている」などという報道が相次いでいた時期だ。 今年も日本の科学者が22回目となるノーベル賞を受賞すると、「日本にはできるのに韓国はなぜできない」といった論議が盛んだ。 話を聞くに、日本がやることは韓国も当然やることができ、成さなければならないと言わんばかりだ。 日本人にしてみればあきれることだろう。 日本が近代科学研究を本格的に始めたのは100年以上前のことだ。 科学、数学、物理学、化学、医学といった言葉自体、日本人がつくったものだ。 韓国人が使っている具体的科学用語は言うまでもない。 東北大の小川正孝教授が43番元素を発見し、「ニッポニウム」と名付けたのは1908年だ。 それは20年後に否定されるが、後に新元素の発見自体は事実だったと確認された。 それから100年余りたって、2012年に九州大の森田浩介教授の研究チームが113番元素を発見した。 それは今年、100年前の「ニッポニウム」に似た「ニホニウム」と正式に命名された。 森田教授らはニホニウムを発見するため、7年間で400兆回の実験を行ったという。 物質の根本をめぐる100年の時間を通じた日本人の執念を知れば、「日本はノーベル賞を受賞できるのに韓国は何をしているのか」とは質問できないはずだ。 100年余り前、西洋の宣教師が撮影した韓国の姿は乳をあらわにした女性たち、数カ月は水浴びしていないであろう子どもたち、ふん尿だらけの光化門通りだった。 それに比べれば現在の韓日の差は縮まった。 それでも格差は存在する。 韓国が気付かないだけだ。 韓国人は「世界で唯一日本を見下す韓国人」という言葉を聞くと悪い気はしない。 そんな声に酔う人もいる。 実はそこに「おかしな韓国人」という言葉の意味がひそんでいる。 実際には日本を見下す国など世界に存在しないからだ。 日本を見下すためには日本に対し無知でなければならない。 ろくに知らずに大言壮語して虚勢を張る人だけが日本を見下すことができる。 ノーベル賞にこだわることも、知らずに虚勢を張っているためではないかと感じることがある。 普段は科学に全く関心がない。 科学を知らないことを恥じるどころか随分と堂々と論じる人も多く見掛けた。 それを「知性ある人」の特性の一つと考える人も少なくない。 それでいてノーベル賞発表の時期になると興奮するのは、普段バドミントンやレスリングに関心がないのに、五輪で金メダルを取れと騒ぐようなものだ。 68 ID:07Yrv0x2. 43 ID:GuHPRGaS. 73 ID:wReTRIXz. 60 ID:wekryXQZ. net 原爆Tシャツ以外何も知らん。 62 ID:zLlHvzKW. 14 ID:7IRPqX4Z. net 【韓国BTS(防弾少年団)】がMステ出演に! 韓国のアイドルグループ・BTS「防弾少年団」が9日の『ミュージックステーション』(テレビ朝日系)に出演することがわかった。 (中略) 「BTSのメンバーが以前『原爆が落とされた直後のキノコ雲と、韓国国民がバンザイしている写真』が プリントされたTシャツを着ていたことで物議になりました。 これに対し韓国紙が『感情的』『揚げ足取り』『BTSの影響力を恐れている』 と挑発的な反論し、さらに大騒ぎに。 ちなみに『紅白内定』ともいわれていただけに、 出したら『受信料不買運動になるのでは』という懸念すらも生まれました。 (以下略) GJ 2018. 24 ID:bfbc11xN. 82 ID:vVLADIiq. net >一方で記事は、一部日本メディアによる猛批判とは裏腹に、今月13日より東京、大阪、 福岡など9会場で行われるBTSの日本公演チケット計38万枚がすでに売り切れ状態にあることを伝えている。 49 ID:ojDr1Wrs. 89 ID:TjckyYN7. net 24時間ラジオ付けっ放しで、いろんな局を聴いてるが、コイツらのリクエストなんか一度も聴いた事ねえぞ。 K-POPのリクエストすらない。 82 ID:wQlXPtZ2. net 馬鹿のB トンマのT オソマのS。 41 ID:1mltx118. 96 ID:L75wUtv7. net あちこち調べてみたら確かに人気はあるみたい、 毛色の変わったアイドルなんで若い連中が付いてる模様 ウーパールーパーや猿回しみたいとは言わないように イギリスじゃものの数分でチケット売り切れ……しかし直後に転売ヤーがぼったくり価格で売り出し BTS fans demand Ticketmaster take action after UK tickets sell out in minutes... but are listed on resale sites for thousands. 33 ID:66wHNG4v. 91 ID:3ut94GbM. net 朝鮮カメムシ邪魔。 62 ID:ro8YFWe6. 42 ID:ro8YFWe6. net 人気があると言えば人気が出るんだわ。 67 ID:JC0ZVlzR. 79 ID:NiGtT3V8. 42 ID:I5oozXAV. 15 ID:i6CEUDxZ. 48 ID:dd7rg2Bf. net 嫉妬する以前に、 だいたい一部のバカ女たちを除いて、 ほとんどの日本人がBTSなんて知らんぞ。 名前に特徴があるんで俺は名前だけは知ってたが、 世界で活躍してるとか、日本で人気があるとか・・・・そんな細かいことまで知るか! 今回の原爆シャツの件で初めてこれだけBTSに接したという人間がほとんどだぞ。 96 ID:Px2myeyG. 53 ID:Xqc64vWe. 74 ID:9dfBlb1o. 91 ID:1u3ZpE50. 34 ID:0Zs0alfh. 97 ID:WG7Epkrq. net ビートルズ気取りで政治的発言してたら、誰かみたいに事故もありそうだよ。 注意して発言したり。 行動することですね。 調子に乗りすぎるなってことだよ。 1008 : 2ch. net投稿限界:Over 1000 Thread 2ch. netからのレス数が1000に到達しました。 総レス数 1008 236 KB.

次の

米倉華はサヨナラをいわなかった

こんな 世界 と 嘆く 誰か の 生きる 理由 に なれる でしょ うか 歌詞

ということで、 青木滉平くん担もとい少年忍者担になることを決めました。 約3週間前にこんな記事を書いていたので「今更……???」という感じはするけど、何せ10年もデビュー組のみを応援してきているものでそれはそれは抵抗が凄かった。 デビュー組からジュニアに行った人にはこの感覚何となく分かってもらえるんじゃないかなあと思うのだが。 懸念というか不安というか、抵抗していた理由としては上の記事に書いたけど、 今でもそれが拭えたわけじゃない。 けどもう、何か、ぐだぐだ言ってても時間の無駄だな、って思った。 だって青木くんは可愛いしかっこいいし素敵なんだもん。 チャンネル見ちゃってるんだもん。 クリエGのグダグダ感もすごく好きなんだもん。 もう推さない理由より推す理由が完全に勝ってるよ。 諦めよう。 はい、諦めました。 未だに不思議な感じはする。 そうか、私はJr. 担なのか……と。 ジャニーズ特有なのかなあ、この「担当になる」って感覚。 どうなんだろう。 ともあれ、何となく区切りとして、今朝ISLANDストアで青木くんの公式写真を2枚ずつ買った 本当は3枚ずつ買いたかった。 ついでに元木湧くん豊田陸人くん平塚翔馬くん田村海琉くんの写真も1枚ずつ買った。 海琉くん買ってるの何かすごい罪悪感あるんだけど大丈夫? 私捕まらない? その数時間後にJohnny's World Happy LIVE With YOUの告知が出て、しかも「少年忍者」って文字載っててめちゃくちゃ喜んだと同時に頭抱えたんだけどね。 嵐さんとさんは絶対日にち分けられるだろうし、どちらかと一緒の日になるとは思えない……7,500円か……コンサート1公演より安いよな…… 遠い目 トラHi美が単にバックで終わるとは考えられないので、同じ列に名前挙がってる少年忍者も単独パフォーマンスの時間あるかな。 期待していいのかな。 改めて、青木滉平くん、これからよろしくお願いします。 村上くんが、彼なりの言葉でグループに対する気持ちを綴ってくれていた。 もちろん予告などされておらず、あまりにも突然だった。 いつも「自分の気持ちは後回し」の村上くんが想いを言葉にしてくれたことが心の底から嬉しくて。 誠実な彼らしい、温かくて愛のある言葉が、照れ隠しみたくふざけた最後の一文が、たまらなく愛おしくて。 呆然として、10分ほどその場で動けなくなってしまった。 ふと思い浮かんだのがこの歌だ。 近畿圏に暮らす私は、この頃CMで大柴広己さんという方がカバーしたこの曲をよく耳にする。 おそらく「」でも何度も再放送されているだろうし、幼い頃からよく聴いた歌だ。 当時は歌詞の意味もろくに分からないまま、大人が「いい歌だ」と言うからいい歌なのだろう程度の認識でしかなかった。 けれどもあれから何年も経ち、歌詞の意味が分かるようになった今聴いて「いい歌だ」と思うのだから、やはりいい歌なのだ。 主語が大きくなってしまうのが何ともむずがゆいけれど、私たちファンは推しから『』をもらっているのだと思う。 CDだとかDVDだとか雑誌だとか、そういった物体は確かに物理的に存在しているけれど、本質的に重要なのはそこではない。 私たちが享受しているのはそこに内包されている表現であり、概念だ。 まさしく『』が指している歌で。 加えて自らの言葉で、行動で。 そういった概念に愛を添えて、アイドルはファンに届けてくれている。 全部、覚えている人がいなければ消えてしまう。 昨年秋にやすくんが主演した舞台『忘れてもらえないの歌』がまさにそういった主題だった。 だからこそ私は、彼らに貰った歌や言葉を、なけなしの記憶力をはたいて出来る限り覚えておこうと足掻いている。 記憶の中の宝箱に大事に大事にしまって、時折そっと出してはその温もりに何度だって愛を感じるのだ。 今日の村上くんの言葉だって、そうやって宝箱に入れて、この先ずっと大事にしたい。 一方で、私の彼らへの想いもまた、「」なのだと思う。 とはいえ彼らのそれと同義ではない。 切手がないから届かない、という意味だ。 ファンが推しにおくりものをする手段はゼロではない。 ジャニーズなら一応ファンレターは送ることができる。 切手を貼って投函すれば、読まれるかどうかは別の話として事務所には届く。 私もファンレターを書いたことはあるけれど、自担に書いたことはまだ一度もない。 そこら辺の事情は色々と複雑なのでここでは割愛する。 あとはまぁ、CDやグッズを買ったりライブに行ったりすることも愛情表現の一つではあるので、おくりものの一種といえばそうなのかもしれない。 けれども直接的な言葉で表して届けることは(本来)できない。 私は何年も前からで一方的に愛を呟いている。 もちろん本人や関係者の目に留まっても問題のないことしか言わないけれど、本人に届くなどつゆほども思っていないし、むしろ届かないでほしい。 仮に届いていてもそっとしておいてほしい。 届けたいことはRe:LIVEに書いたりラジオにおたより送ったりしてるし…… 送ってるんかい! ジャニーズのオタクをする中でこの距離感にすっかり慣れてしまったので、村上くんがをしないと公言していて本当に助かっているし、インレコ公式はこわいのでブロックしている。 ごめんなさい決して悪意はないんです。 本人に届けたくないのならば、届かないようにしているのならば、そこに何の意味があるのだろう。 有象無象の中の、「目に見えなくても応援してくれていることは知っている」の中にせいぜい含まれていたら 含まれていると勝手に思い込めたら それで幸せだ。 自分の無力さを嘆くことはあれど、所詮ただのファンなのだからそれくらいがちょうどいい。 今日も電子の海に揺蕩いながら、『』を出している。 自分の想いを表に出すことの少ない村上くんから、こんな突然に、これ程までに誠実で温かくて愛のある言葉をもらえるなんて思ってもみなかったから、どうしたらいいか分からなくて呆然としてしまっている……。 あなたを、を応援してきてよかった。 ありがとう。 今日の言葉、ずっと大事にする。 結論から言おう。 あれ以来、 来る日も来る日も青木滉平くんのことを考えている。 ISLAND TVにある青木くんの動画は全部見た。 ていうか記事書いた翌日、青木くんを認知して24時間以内に全て見終わった。 ブラウザ版ISLAND TVの右下に表示されるを見るたびにニヤニヤする、気持ち悪いオタクの完成である だって青木くん可愛いんだもん……。 その後とりあえずでJr. のことを話す専用垢を作ってみたけれど、特にオタク友達を増やす予定もないので身内だけフォローして勝手に騒いでいる。 あれから島動画の更新はないので Jr. チャンネルはまだ見れていない 、色んなJr. の動画を見ながら「青木くん元気かな……」と遠くから思いを馳せる毎日。 重すぎきっしょ。 知ってた。 ちなみにオススメしてもらった矢花黎くんの1人4役セッションがはちゃめちゃに面白かった。 この時代に 右から左へと言葉が流れる某動画サイト式コメントを採用し、変に寒くなりすぎず動画をわかりやすくするために有効活用したセンスに脱帽である。 めっちゃ可愛いランダムスター持ってるのも気になった。 ただ、青木担を名乗ることには依然として抵抗がある。 やはり自分はJr. 担に向いていないと思う。 トニトニの件だって認知翌日だったのにまあまあダメージを受けている。 今以上に本腰を入れて応援し始めてしまったら、万が一のときに今までの非じゃないくらい病むと思うのだ。 好きな子に対していきなり万が一を前提に話すのもどうかと思うけれど、青木くんはこの春に高校を卒業して、将来のことだってちゃんと考えているはず。 青木くんは色々とすごい子で、だけど同時に本人がすごいだけじゃどうにもならない世界に生きていて、今目の前にある道以外の選択肢だって絶対に存在している。 もし彼がそちらに魅力を感じてしまったとしても、「行かないで」なんて口が裂けても言えない。 それが表舞台から身を引く決断だったとしても尊重するべきだろう。 ……なんてことを認知から1日と7時間10分程度しか経っていない段階でつらつらとツイートしていたのだけれども、ひょっとすると私の周りだけ気がつかないうちに5年くらい経っているのかもしれない。 良くも悪くもジャニオタとしての経験値を積み過ぎている。 そんなこんなでもたもたしているうちにも時間は過ぎていく。 あとで「あの時素直に推しておけば」とか思うのは自分なのだ。 とっとと推せばいいのに、随分と臆病だなと自分でも思う。 果たしてこの気持ちに整理がつけられる日は来るのだろうか。 あー、裸の少年B盤、どうしようかなあ…………。 私のイメージカラーは紫。 理由は簡単、私があまりにも自担カラーに愚直だからだ。 実を言うと、元から紫が好きだったわけではない。 昔から寒色系を好む方ではあったが、中でも好きなのは青だったし今でも好きだ。 これは大野担になる前からの慣習だ。 しかし、のオタクになって一変した。 オタクであれば理解してもらえると思うが、服や小物を買うとき、ついつい推しのメンバーカラーに目がいくし手が伸びる。 その対象が 紫になった。 実際に自分が持っているもので例を挙げるなら、、手帳 ポルジョのヌネットかわいかったな 、インデックスファイル、カバー、かばん、その他エトセトラ。 紫の服、というとなかなか難しいように思えるかもしれないが、数年前にあったラベンダーカラーの流行に伴いぐっと数が増えた。 高校生の時分までは参戦予定に合わせてしか服を新調しなかった私のタンスの中身は、必然的に半数以上が紫になった。 うっかり洗濯物を溜めると、ひどい時にはベランダに干す服が端から紫、紫、紫、紫、一つ飛ばして紫、なんて漫談みたいなことになる。 そんなわけで最初にも書いた通り私のイメージカラーはいつからか紫になっていった。 これは私がそう思いたくて言っているわけではない。 オタク全開どころかアピールしながら生きているようなもんなので、むしろ紫を着ていないと「担降りしたの?」と言われるまでになってしまったのである。 そりゃ私だってバーガンディの服を着る時もあるわい。 昨年の夏から通っている歯医者にはよく話しかけてくれる歯科衛生士さんがいて、その人に当たると診察前に二言三言会話をするのだけれども、2月くらいについに「今日も紫の服なんですね」と言われてしまった。 あと、非常にくだらない話だが、人が紫を着ているのを見ると「どこで買ったんだろう」と気になる一方で敵意を抱きそうになることもややある。 「自分以外は滅多に紫を着ない」という思いによるものなのだろう。 もしかしたら同担拒否の人はこういう感情を抱いているのかもしれない。 知らんけど。 そんな、紫の服を人よりはたくさん持っている私だが、一番好きなのが数年前に一目惚れして買った デニムジャケットだ。 コートの代わりとまではいかないが、少し肌寒いくらいの日に着るにはちょうどいいくらいの厚手の生地。 濃い目の紫なので本当は秋物なのだろうが、春先でも秋口でも着てしまう。 身長が低い私にはかなりオーバーサイズで、パーカーの上に重ね着してフードを出すとしぬほど可愛い。 冬の現場には必ずと言っていいほど着ていく。 何ならUPDATEにもあのジャケットを着ていったのを写真を見返して思い出した。 もう買って4,5年ほどになるが、同じものを私以外に着ている人は見たことがない。 なかなか他にない色をしているので、20m先くらいからなら簡単に気付いてもらえる。 初対面でもジャケットで覚えてくれた人もいるくらいだ。 私のの一つになっていると言っても過言ではない。 だけど、今年はまだあのジャケットに一回しか袖を通していない。 ようやく着れる時期になってきたな、と思った矢先の外出自粛だ。 着たのだって歯医者に行くためだった。 そのときですら少し汗ばんでしまったのだから、もう今シーズンは着られない。 大好きな服を着ないまま、夏が来る。 「自慢の一着」 dlbag ぬい社長、もといフェニックス貴族・さん、35歳のお誕生日おめでとうございます! ということで今回も 大活躍楽曲セレクション開催します〜!どんぱふ! 安心と信頼の下ハモ担当曲や至高のメインパート曲はもちろん、せっかくなので天才的な演出をしてくれた曲も含めた35曲を 独断と偏見で選出しました。 今回も選ぶの大変だったし書くのも大変だった。 余裕を持って投稿できたとはいえ、「計画的にやります」って言ったのフラグでした。 次こそちゃんと前もってやります。 お前はずっとへぶんりの話をしているな…… やっぱり落ちサビ前の 震える思いに また登る太陽 の優しい低音に心を浄化されます。 ただ、すばるくんの上ハモとの調和もとても好きだったので……。 『GR8EST』でこのパートを背負う大倉くんにめっちゃ泣きましたし、それ以上に大倉くんの声がすごく綺麗で透き通っていて違う意味で泣きました。 総じて泣いた。 そして『侍唄』に収録された再録Ver. 以降は1サビ前半を担当。 これは落ちサビ前の「思い」にも当てはまりますね。 あと最後の「だ」の息の抜き方。 大倉くんはすごく耳馴染みがいい息の抜き方をすると個人的に思うんですよね。 ビブラート綺麗だし。 2.エネルギー アルバム『』収録曲。 ファンになる前から大好きな曲です。 じっとしてるだけなんて いろんなことソンしてるよ 確かそんな言い回し 君が笑えば照れる日々 声が若い……泣けてくる…… この時まだ22歳とか嘘だ…… まだそんなにビブラート効かせてなくて今より単調なんだけどめっちゃキュートだし超アイドルで好きです。 「エネルギー」と「照れる日々」で韻踏んでるの好き。 世界平和。 これは6人体制初ツアー『GR8EST』が本当に大きいですね。 担当の人に「こいつ分かってないなぁ」なんて言われるのを覚悟で。 大倉くんが何かマイナス発言をしたりマイナスの感情表現をするときには、誰かが必ずレスポンスして最終的にオチがつく。 ヘタレって言われているような姿とかまさにそう。 酷ですけど……。 だからこそ、『GR8EST』札幌公演で、この曲を涙ぐみながら歌っている大倉くんの姿を見て本当に衝撃を受けたんです。 歌い出し大倉くん担当になってるしさ。 DVD収録公演でも見られるけど、 涙を堪えるように天を仰いだり、アウトロでグッと俯きながらスネア叩いたり……。 嬉しいとか感動とか、そういうポジティブ感情以外で涙を見せる大倉くんというのが本当に印象がなくて。 驚いたと同時に、「ああ、本人たちも今しんどいんだな」なんて、言い方は悪いけど救われた部分もありました。 再録ver. が『なぐりガキBEAT』に収録されています。 演奏が変わってるんだけど、私はどちらかというとこっちの始まり方が好き。 4. みんながみんな愛情に飢えて震えているぜ の「が」と「い」と「ぜ」が好き。 伝われ……。 あと大倉くんの がんばれ日本! で日本は何とかなってきた部分あると思う。 いや知らんけど。 そして、やはりさんコラボには触れざるを得ないでしょう。 とにかくビジュが良いですね。 MVで茂木さんと対決してるの胸熱でした。 茂木さんが大倉くんのスネア風物置きを羨ましそうに見てたのも面白かったです。 『GR8EST』名古屋公演2日目だったと思うんですけど、ドラムソロの部分でクラッシュシンバル一発だけ叩いて立ち上がり、まるちゃんをスティックで指しつつガン見してベースソロキョドらせてて、最高に いたずらっ子大倉くんでした。 やる前からニヤニヤしちゃってたから察知したまるちゃんに「やるなよ」ってアイコンタクトされてたらしく、それでもやりよった!ってMCで愚痴られてましたね。 かわいいかよ。 それぞれがメンバーカラーのグレッチ持ってるのもすごく刺さりますけど、何より大倉くんが間奏で スタンディングドラムやってるのたまらないですよね!ロカビリーといえばグレッチとスタンディングドラムなのをお恥ずかしながら最近知りました。 また一つ賢くなったよ。 ライブ『8UPPERS』のMVに忠実な演出も好きだけど、お手振りになった時も (1人じゃないよ) で公演ごとに違うこと言ってくれたりするので好きです。 その前にまるちゃんとやすくんがおふざけしたりもするしね。 どの公演だったか忘れたけど、十五祭でまるちゃんの陽水さんモノマネにみんなが笑いすぎて「確かな想いだから」の部分が大倉くんの下ハモしか聞こえなかったのも面白かったですね。 主旋律が迷子だった。 君の肩に伸びた長い黒髪 風に揺れさらら 穏やかな午後は 歌声が綺麗で好き。 バラードとの相性の良さがよくわかる歌い出し。 これもめちゃくちゃ若くてびっくりしました。 ラスサビの 輝いて 輝いて 君をもし失えば 明日さえいらない も本当にいい声。 「輝いて」の「て」が優しすぎる。 多分でできてると思うんだよな。 7. 大倉くんの低音ボイス炸裂ソング。 大好き。 かと思ったら ほら 聴こえてくるメロディー 君もちょっと口ずさんでみなよ ほら ほら、、、 って突然いい声で言われるので困る。 そんなに言うなら口ずさんでみるよ……。 あと2番の「そんな人生最大のチャンス到来!? 」の裏なんですけど、私はいつまで経っても「 これ麻婆?これ麻婆!?これ麻婆!?!?」って言っているようにしか聞こえないです。 誰か正解を教えてください。 8. 2018年夏以降、Cメロで あの日交わした約束をずっと覚えているから で力強く前方を指し示し、 涙堪えて で叫ぶように天を仰いだり両腕を掲げたりする大倉くんが大好きです。 十五祭の演出もすごくよかった。 過去映像大放出還元祭みたいな(?)。 二番はギャグ映像多すぎて笑ったらいいのか泣いたらいいのか分からず一瞬涙ひゅって引っ込んだけどね。 楽しい部分あり懐かしい部分ありの素敵な演出でした。 9.T. L えらく 重く のしかかるリスク の「リスク」で声裏返ってる時もあるのが好き。 音源の言い方も好き。 寂しさ埋めてあげる そんで繁盛 の「繁盛」が好き。 お口大きく開けて歌ってる感じですね。 最後にみんなでTとWとLの文字を作るときに一人で元気いっぱいに腕伸ばしてT作ってる大倉くんは一生可愛いです。 最後に大倉くんのT見るためにこの曲があるみたいなところある(あまりにも過言) 10.宇宙に行ったライオン アルバム『FIGHT』収録曲。 この曲は歌ではなく演出について。 のライブ演出の中で、『ジャム』で披露されたこの曲が一二を争うレベルで大好きなんです。 とにかく映像が綺麗。 サイト下部のティザーにもほんの少し映っているのでぜひとも。 大倉くんが上向きながらドラム叩いてる直後の水しぶきみたいなやつ。 何より私が好きなのが、最後のサビが始まる直前の 雲の果て 胸の奥 遠くへ!! で大倉くんがスティックを振り上げた瞬間に水しぶきが上がる、という演出。 かゆいところに手が届くみたいな……パズルのピースがハマったみたいな……う〜ん、なんて表現したらいいか分からないけど、あの瞬間すごく気持ちいいんです。 でもこの話多分472848610285486回くらいしてるし、老人になるまで生きてたら「あのコンサートはあの曲が本当に良くてなぁ……」ってくどくど懐古するもんだからの人とかに「はいはいそれ前も聞きましたよ〜」って言われる。 でもやめない! いくら今までの曲を再構築するって言ったって、この曲はやらないだろうな、と個人的には思っています。 仮にやってくれるって言われても正直なところ手放しで喜べるわけではないし。 ただ、もしもまた歌ってくれるなら。 11.Dye D? 同じく『FIGHT』収録曲。 いや選ばないわけにいかないでしょ。 Welcome to the Board of dark moonlight night. の声の抜き方、そのあとの雰囲気変わるところにいくのにぴったりなんですよねぇ。 あとやっぱり間奏途中の Dye D? しんだ。 確実にDye Dされた。 お手上げ。 諦めました。 はーい。 (?) 12.へそ曲がり 1番Aメロ歌い出し、 何処となく屁理屈めいた世界のモノサシだが どれだけの人が豊かだと言ってるかな? の「(ゆ)たかだと」が好き。 びっくりするくらい好き。 何で好きなのかな〜と思って色々調べたら一応それっぽい要素は出てきました。 この四文字、子音だけ抜き出すとT・K・D・Tになって全部大まかには 破裂音に分類され(調べた)、音階的には 二文字ずつ「たか」「だと」で降りてくる。 ……で、その二つが自分にハマったらしくて異様に好きなんですけど、何でハマってるかの説明をしようと思っても私の持ちうる知識じゃできないんですよね。 何でなんだろう。 教えてえらいひと。 13.涙の答え おおくらくんしんじゃうやつ…………………… っていう印象が強かったんですけど、『GR8EST』でスモーク・ステージ上昇の 昇天演出 ダブルコンボかまされて余計にその印象が強くなりました。 あれで生まれ変わって『キング・オブ・男!』になるんですよねわかります(?) ていうのはまあ置いといて、この曲も歌い出しの大倉くんがすごく優しくて透き通ってるなぁって思うんです。 『僕は今星を見ていたよ』 『ひとりじゃないってことは ひとりの夜にわかる』 これから君に伝えたいことがあるんだ ストリングスが綺麗なバラード、一人称「僕」、大倉くん歌い出し、っていう綺麗要素三つ揃ってる。 大体作ったのさんとさんだしさ。 編曲はの数々の名曲をアレンジしてきた野間康介さんだしさ。 そりゃいい曲に決まってるよな。 14.レスキューレスキュー アルバム『JUKE BOX』収録曲。 この曲も下ハモで低音大活躍だし、やっぱり一番のミソは大サビ。 レスキューレスキュー For your love すぐに レスキューレスキュー For your peace レスキューレスキュー 必ず守るよ 守られたい……………(泣) 低音がマジマジのマジで有効活用されててヒエ〜〜〜;;ってなります。 加えてここをかっこよく歌い上げたあとのドラムの入り方も非常に好き。 大倉くんパートがオクターブ下で落ち着いてるからこそラスサビの賑やかさが対照的ですごく映えるんですよね。 15.夕闇トレイン こちらも『JUKE BOX』収録曲。 やっぱり歌い出しですよね。 誰かの落としていった 青い書きかけのダイアリー 大倉くんの低くて綺麗な声で始まることで曲全体の透過度が上がっているような感じがする。 あれ?透過度だと下がらなきゃいけないのか。 透明度か。 まあいいや。 「ダイアリー」の言い方がすごくいいし、「(落としてっ)た」と「(ダイア)リー」のビブラートも最高。 あと個人的にこの曲のスネアドラムのリズムがすごく好きです。 16ビートで、小節最後の16分音符2連打が多いじゃん……(伝わって)あとそれでいてBメロ入る前・Bメロ中盤・サビ終わりで三連符なところもいいですよね。 16.クラゲ 『JUKE BOX』収録曲。 思い通りにはいかない の歌い方の可愛さ。 落ちサビの 何十年かけてでも 伝えたい愛のメッセージ 大倉くんの歌唱パートの中では、というか大倉くんじゃなくてもかなり高音に入るはず。 しかも大倉くんパートからキー+1っていう鬼畜さ。 GAKUさん・ZENさんと一緒にWater とかER作ってくれた人だよ。 いやそりゃ音取るの難しいわ。 普通に音源素敵だし、これを今やってるボイトレの成果出てから歌ったらもっともっと素敵なんだろうなぁ……って楽しみしかないですね。 まずは披露していただくところからですね(にこにこ)冬コンやらんかな(にこにこ) 18.CloveR 大倉くん出演映画『クローバー』主題歌でした。 親と一緒に観に行って気まずかったな〜! CとRが恋したら 4枚の葉をつけた なんていう天才的な歌詞を大倉くんに歌わせたのが大正解すぎて……(これも作詞作曲GAKUさん) こうして出会えたのはね きっとすごい確率なんだ Oh そうだよね!!!!! (脳直) 「らっ」「ねっ」って大倉くんには珍しく語尾跳ねてる感じなのも好きです。 あと全体的に大倉くんの下ハモ好きですね。 (ずっとそばにおってくれへん??) おる〜〜〜!!!むしろおらせてくれ!!! (ちょろい) 2番歌い出しの大倉くんとまるちゃんの声もいいよね。 あと細かいステップの多い振付なので大倉くんの長い脚がとっても映えるんですよね。 ダンス好きだなぁ。 20.FUN FUN FUN FUN FUN FUN FUN FUN 同じくズム収録曲。 打つの疲れた 一番低い音歌って様になってるし、何よりライブの大倉くんが好きすぎる。 「生きる屍」担(?)です。 大倉くんが👎ってやってるの最高ですね。 しかもちゃんと握ってる👎じゃなくて親指以外の巻き加減がそんなにいってないやつ。 (伝われ) ていうかあの頃の大倉くん金髪で非常にビジュアル良いじゃないですか。 それだけでも最高なんですけど私が入った時赤髪だったんですよ。 死にましたよね。 どうも、私が生きる屍です。 21.三十路少年 『ズム』収録曲。 ありがとう先生。 日焼け!筋トレ!香水!カクテル! が言えなくて「日焼け!筋トレ!筋トレ!筋トレ……」ってエンドレス筋トレしだしたり、 いつまで経っても張ってる食い意地、食べ物のことになったらクレイな大倉くんのパートとして最適な 食が細くなるって聞いてたのに 成長期並みに食べてるし! なのに言えなくて「成長期に〜、なるって言うてたのに〜……? なっちゃってた?」って永遠の成長期に突入したりと、とにかくグダグダだった印象が強いこの曲。 まあ全員グダグダだったしな。 いかにグダグダだったかは円盤でダイジェストになってるのでどうぞ。 あの時まだ「俺まだ20代……」って言ってた大倉くんも三十路後半。 感慨深いものがありますね。 22.象 『ズム』収録曲。 高橋優くんの提供でお送りします。 高橋優くんファンの後輩が「優くんの出す曲でタイトルが動物の名前の曲は大抵ヤバい曲」って言ってた。 2番Aメロとかね。 プロなのはわかってるけど体力おばけでは…… 「叶えられる」と信じることをみんな怖がる の「る」の伸ばし方。 23.前向きスクリーム! とにかく全力ダンスが可愛い。 全力な大倉くん・安田くんがありえんかわいいので見てください。 ページ下部のティザー動画の0:32に一瞬映っています。 一瞬だけでいいから見て。 一瞬でもわかる可愛さ。 あの人、絶対に村上さんの右腕だよ。 そして『CANDY MY LOVE』の。 まるちゃん作詞作曲。 歌い出しの 誰でも良いわけないよ 君もそうでしょ? の声も言わずもがな最高なんですけど、曲終わってからのセリフ部分、まるちゃんに恋するすば子ちゃん(多分)に対して 「あんなやつやめとけって。 俺にしときなよ」 って声かけるの本当ずるいですよね!!!ハァ〜〜〜〜〜!!!言われたい!!! 25.勝手に仕上がれ 『の元気が出るCD!! 』収録曲。 日常とは違う異空間へようこそ ここにいる間は全部忘れてどうぞ 同じパートを前に歌ってる横山さんに釣られてなのかあえて合わせにいってるのか、ライブだと「どうぞ〜!」ってなる大倉くんが非常に可愛くて好きです。 でも音源の「どう」が少し裏返ってる感じも好き。 26.ナイナイアイラブユー こちらも『ー元気が出るCD!! 』収録。 歌い出しと1番Aメロ前半がとにかく美声で曲に合ってて素敵。 『十五祭』では音源より声が通ってて出しやすそうでしたね。 そして大倉くんの低音炸裂曲で、コーラスが本当に良い。 イヤホンして聴くと耳から幸せになります。 未披露くやしすぎて亡霊になってたのでワンコーラスでもやってくれて本当に嬉しかったです……!!大倉くんのバドゥビドゥ〜を生で聴けた!!ハッピー!!成仏!! 27.Do you agree? ずっと未音源化楽曲だったのを音源化してくれて本当に感謝しています。 ありがとう。 太陽が見たいよ で笑っちゃうの、これも591645826回くらい言ってるけど絶対やめない。 ごめんなさい。 だってすごい真剣な顔とかっこいい声でダジャレ言ってるの何回聴いても慣れないんだもん。 でもやっぱり落ちサビの Do you agree? の大倉くんがかっこよすぎるので全部忘れます。 さん作詞作曲。 天才ですね。 人により程度は異なりますが、 その計画(プラン)により東京への依存 が生じます。 この超超オシャレ歌詞を 音取り難易度EXPERTな超超オシャレメロディに乗せて超超オシャレ声な大倉くんが歌うの最高じゃないですか。 最高ですよねえ。 わかる。 あとここのテロップが しねきゃぷしょんなのすごい解釈の一致。 『十五祭』の私が入った公演では高確率で歌い終わりめっちゃ眼光鋭く睨まれてヒィッって縮み上がりました。 あの大倉さんすごく攻撃力が高くてかっこよかったです。 29.DO NA I アルバム『ジャム』収録曲。 「いや あの子俺に夢中」 がドドドドドイケメン。 アッそうです大倉さんに夢中ですって返事しそうになる。 何も嘘ではないけど。 入れ歯カタカタ鳴って いいリズムやん これ文字だけで見ると何つー歌詞なん……って思うけど大倉くんが歌うとあら不思議、すごくかっこいい。 「入れ歯カタカタ」の語感もいいし。 『へそ曲がり』でも挙げましたけど、私は大倉くんのカ行・タ行が好きなのかもしれないですね。 30.JAM LADY こちらも『ジャム』収録曲。 安田くん作詞作曲。 いやいやいやいやド低音、おいおい ころす気か? すぐ彷徨うオレの迷路 すぐさま酔うオレにメロメロ キミにつけた名はエロテロリスト すぐタートル ケロケロ と直後の投げちゅ、各サビ終わりの腰振りで何人殺 や った?私も被害者の一人ですけど。 エロテロリストはどう考えても向こうでしょうよ。 大丈夫?年齢規制いらない?何で関ジャムで披露できた?放送禁止コード引っかからなかった??? 31.応答セヨ 完全に『GR8EST』ツアーありきの話なんですけど、(DVDにも入っているように)メインステージに近め席だと最初に大倉くんの「ワン・トゥー・スリー・フォー!」っていう掛け声とスティックを打つ音が聞こえたんですよ。 ていうかスティックの音はステージから遠くても聴こえた。 その大倉くんの姿を思い出すと泣けてきちゃって。 でも、好きです。 DVD本編で、モニターの黄色い光に照らされる中で右手を高く掲げてる大倉くんがどうしようもなく美しくて困ってしまいます。 あとCメロまるちゃんパートのオク下ハモも大好きです。 俺に奢らせてほしい って言われたいし、 トロけちゃう程に夢中さ って思われたい。 そして何と言っても『十五祭』! まずはこの曲をセトリに選んでくれてありがとうございます。 イントロ流れた瞬間びっくりしすぎて身体強張ったし札幌公演の記憶は正直吹っ飛んでます。 しかしこれまた演出が洒落てるんですよね。 赤みのある照明でメインパート歌ってるメンバーだけ照らしたり、メンバーがバーカウンターのイスに座って歌ったり。 あと1サビ後半を大倉くんが歌ってくれたのもすごく嬉しかったんです。 愛の魔法で 裸のままの君をさらけ出して そして僕の肩にそっと寄りかかればいいから 少しだけ時間(トキ)をくれないかい? 強がりを越えて 揺れる心も身も預けて 時計を外した 普段低音パートの人が歌う高音パート、本当に最高ですね。 ただやっぱりどうしても高音裏返ってたことが多かったので、ボイトレの成果が出てきたときにまた歌ってほしいなって思う曲の一つでもあります。 めちゃくちゃ楽しみにしてるよ……言うだけタダだと思って言っておきますね…… 33.ここに 6人体制初シングル。 憧れた未来に向かって 出会い別れはいつも背わせ 気がつけば今日もまたガッカリ 当たり前の毎日 満たされないけど この1A歌い出しがいいんですよね、とても力強くて。 とはいえ結構な回数「新しい未来に向かって」と歌っていた大倉くん。 未来は常に新しいものなので確かに間違いではない。 あとはCメロ、まるちゃん主旋律の 凍える夜は怯えて 耳を澄まして 声を聞かせて 日々を照らして の下ハモもすごく好きです。 安定感のある大倉くんの下ハモ大好き芸人の血がうずく。 まるちゃんと肩組んだり向かい合ったり背わせになったりして歌ってるのを見ると毎回グッときます。 アツいんだよな、ここ。 34.crystal 一体誰が上ハモ担当 大臣大倉くんだと予想できた??? やすくんパートのオク上ハモ誰だろ〜声的にやすくんっぽく聞こえるけどソロ曲じゃあるまいし同じ人では重ねないよね〜なんて謎に思っていたらMVで大倉くんの口が動いていて一瞬何が起こっているのか理解できませんでした。 ライブで大倉くんの口が動いてるのちゃんと見ましたけど正直よく分かってないです。 低音担当がオク上ハモ…………????? 2019年の衝撃事件TOP5に堂々のランクインです。 おめでとう。 素敵な上ハモです。 この曲については作詞してくれた大倉くんに一生感謝し続けると思います。 もちろん、作曲の安田くんにも。 もちろん、私たちファンに向けた歌詞や込められた想いもあると思うし、そういった部分は聴きながら「こっちのセリフだよ」って何回も思ってしまうんですよね。 最後の「ここまで連れてきてくれてありがとう」とか。 歌詞全部好きだけど、強いて挙げるなら下の二つでしょうか。 幸せの定義なんて 人それぞれだけど それでも 今僕らはここにいる 夢を見て過ごした あの時はもう戻らないけれど 今は今で すごくすごく幸せなんだよ この歌詞にすごく救われました。 これから先も「今は今で幸せ」って言える環境に、大倉くんが、5人がいてくれたら、そんなに嬉しいことはないですし。 ただひたすら幸せでいてほしすぎてどうにかなりそうです。 願うことしかできん。 ……UPDATEのグッズ販売が5月22日からで始まることだし、たくさん買お!!!(大声) 大倉くんのビブラートが本当に大好き。 目を閉じて聴き入りたくなるような美しいビブラート。 十分素敵なのにボイトレで今以上にパワーアップするだなんてこっちとしては何て贅沢な……って感じなんですけど、色んな場面で向上心の塊な大倉くんが大好きなのであえて「期待してます」と言っておきます。 あとはね、演出に本格的に携わるようになってくれて良かったと思ってて、特に十五祭に関しては本当に感謝しているんです。 昨年9月頭のラジオでは「十五祭の演出は僕がやりました、思うところがあるなら僕の責任なので僕を責めてください(ニュアンス)」って言ってたけど逆です、これほど頭が上がらないことはないんですよ。 もちろん端々で悲しくなったり寂しくなったりして泣いたけど、あのとき泣けて良かったと思ってる。 過去をなかったことにしたいわけじゃないのはファンだけじゃないんだって全面に感じられる演出をしてくれた大倉くんだし、今後もきっと素敵なライブを作ってくれるんだろうなって、信頼してます。 毎回なんですけど、さんの曲をシャッフル再生しながら記事を書いているもので、途中で「あ〜〜〜〜この曲もいいじゃん〜〜〜〜」って被弾してしまってキリがなくなっちゃうんですよね。 全部いいからさ。 そういった曲についてもまたの機会で語れたらいいなぁって思います。 は推さないかな。 それが今、覆されようとしている。 この宣言は、自分への戒めでもあった。 最初の頃は「Jr. には興味がない」が本音だった。 情報も追えないし、大体既に掛け持ちなのだから、バックにつくからってガッツリ推してないデビュー組のライブに行くほどお金はかけられない。 あと自分の推してるグループでもだけど、同年代とか若いオタク、特に量産オタクやリアコオタクが怖い。 根がなのでこれは今も変わらない(ごめんなさい)。 しかし近年、Jr. が前面に押し出されるようになって、見る機会が格段に増えた。 興味なくても話を聞くようになり、少しずつ顔と名前が一致するようになってきて、「すごい子が多いんだなあ」と10kmくらい離れたところからにこにこ見守り、名前を知るJr. の退所の話を聞けば「みんな報われたらいいのにな……」と自担たちがいるのが厳しい芸能界であることを痛感する。 しかし、好感は持っていても所詮他人事。 だって実際自分の推しではないし。 理解しようと思ってできるものではないのでこれは仕方のないことだと思う。 先日のセルフインタビューでも少し触れたが、私は推しに容易に影響される人間である。 推しの一進一退で体調なんて簡単に崩れてしまう。 昔から関ジュオタクが知り合いに多く、ユニットの解体・編成に関するオタクの阿鼻叫喚はこの目でしかと見てきた。 のデビュー発表当時のこととか、なにきんのあれそれだってぼんやりとだけど覚えている。 デビュー組は安泰、だなんて この2年を経た今となっては死んでも口にできないけれど、それでも余程のことがない限り安心して応援していられるデビュー組のぬるま湯に浸かっている私には怖くてJr. なんか推せない。 あと単純に年下推すことに罪悪感がある。 ここら辺に関しては、この一年で女性アイドルの現場に行くようになったことだって自分的にはだいぶ想定外だった。 女性アイドルグループはメンバーの入れ替わりも激しいし推しと卒業はセットなのに、だ。 現に私は3月にあった推しの卒業をまだしっかりと消化できないでいる。 そんなんなのでJr. なんかにハマったらメンタルが大変なことになるに決まっている。 だからJr. は推さない。 自分のためにも、推すわけにいかないのだ。 だけど。 出会いには抗えないのかもしれない。 嵐の情報を得ているときに回ってきたこの動画のツイート。 気になって、見てみた。 金指くんは知ってる。 美 少年の子。 潤くんのことを憧れの先輩に挙げている子だ。 めちゃくちゃ失礼ながら青木滉平くんのことは1mmも知らなかった。 少年忍者は人数が多すぎて全く覚える気がなかった。 でも中性的で結構好みかもしれん。 へえ、ピアノ弾けるんだ。 結構上手い、というか個人的に好みの弾き方をする人だ。 「他に何か演奏してないのかな」と思ってしまったのが運の尽き。 気がついたら島動画を次々と見てしまっていた。 髪型がいわちに似てると思ったら尊敬してる先輩いわちなのか。 道理で。 私はキンプリならいわちのビジュアルがストライクゾーンのど真ん中。 同じ理由で昔の上田くんも好き。 ちなみにストライクゾーンの形が歪なので上田くんの今のビジュアルもド好みです。 目つきちょっと悪く見えるけどそこすら可愛い。 ほくろ可愛い。 ちょっと幸薄そうで可愛い。 背低いのか、可愛い。 料理普段やらないけど桃が好きだからピーチタルト作ってみたって発想がやばい。 しかもとかじゃなく単なる作った報告だけだった。 何だそれ可愛い。 織山くんとの「愛してるゲーム」は言い出しっぺのくせに弱くて可愛い。 いろんな意味で最後怖かったけど。 ピアノとトランペットが演奏できるのすごい。 ひとりはにかみオブリガードじゃん。 (は?) あと字が綺麗。 ポイント高い。 待て待て待て待て待て。 いや、無理だ。 私はJr. は推せない。 推すわけにいかないんだよ。 私が何かにハマるのは、決まって能動的に食指が動いた時だ。 他人におすすめされたことがきっかけで何かにハマることはほぼない。 チャンネルができた頃にJr. 担の友人がこぞって勧めてくるので見たけど、いくつか見て「面白いな〜」で終わった。 だいぶやばめの藤原担と最近仲が良くて、定期的になにわやAぇの動画を見せられたりもしている。 大橋くんの踊るTOP SECRETはやばかったし、現場行ってみたいなあとはふんわり思う。 でも意識的にはめちゃくちゃ茶の間。 現場に行きさえしない限りは、どんな供給を享受しても好感持つ程度で終わってしまうことがほとんどだ。 そんな私が、必死の抵抗をしながらも生年月日と入所日と血液型と出身県を覚えてしまっている。 思ったよりも年が上だったので罪悪感が少し薄れてしまっている(それでも年下)。 大体、Jr. を推すことに抵抗がなかったとしても、私は「ファン=お金を落とす人」「買わない後悔より買う後悔」だと思っているので、働けない今ハマるのは非常にまずい。 クリエのグッズがUPDATEと同じ日に開始とか言われたって、今の私にはわりと本気でもやし生活が始まるカウントダウンでしかない。 いやでも、寝て起きたら熱冷めてるかもしれないし。 とりあえず今は、何も考えずに寝よう。 ……この抵抗、いつまで持つだろうか。 dlbag キューむすぶたんこと、・ さん、18歳のお誕生日おめでとうございます!えっまだ18!?嘘だ!! 最近ではインスタに投稿された『エブリデイクリスマス』に 若干のみを感じながらエブリデイがクリスマスになってる今日この頃です。 ま〜た〜いちごか〜い! の推しは むろたん さん と れらたん 伊勢鈴蘭さん なんですが 先にむろ卒業についてのエントリー書けや 、わりと初期からふなちゃんの歌声がストライクゾーンのど真ん中で好きなんですよね。 個別握手に人生で初めてお邪魔したのはふなちゃんでした。 おててふわっふわでびっくりした…… 中でも好きなのがの「どーだっていいの」。 ハローにハマった当初この曲を聴いて圧倒されました。 一回くらい生で聴きたかったな!好きになったのが遅かったよほんと! 最初ふなちゃんが リスみたいに上の前歯だけ見せながら黄色のグレッチ弾いて、そこにメンバーが寄る光景なんてもうめっちゃ可愛いしアイドルアイドルしてるのに、開始13秒でパワフルな歌声に脳天ぶち抜かれる。 視覚情報と聴覚情報が噛み合わなくてバグが起きます。 そもそも曲がめちゃおしゃれ。 』みたいな感じ。 「」でもそうなんですけど、変に可愛さを使おうとせずともかっこよさをそのままにモノにしてしまう幅の広さというか、カントリーの技術のアベレージの高さがよくわかるなって感じます。 一番最初の Happyかどうか だけでご飯3杯くらい食える。 「Happy」の力強さ、がなり。 「どうか」の「か」の発声の仕方。 何でこんなに可愛らしいお顔でこんなパワフルに歌えるんですか?そんなんなのに最後のサビで変なおじさんやってるんだもんな。 好きだ。 そして歌詞も強い。 めっちゃ好きだし定期的に聴いて元気もらってます。 熱くなれること最優先!!! たまにはやりたくないこともやろうね私は 大好きだからってカラオケで歌おうとすると大火傷します。 でしか歌わん。 せっかくなので曲でふなちゃんが大活躍するやつもいくつか挙げておきます。 歌い出しのかっこよさはもちろんだけどたけちゃん さん とおてて繋いで走ってるのがただただ可愛いやつ。 私はこれで室田さんに惚れました。 ってそうじゃなくて。 でも歌い出しからいきなりシンメでにこにこしてるむろふなが強いことには変わりがない上、落ちサビもむろふなの圧倒的歌唱力と可愛さでぶん殴ってくる感じ。 これはこれでトンチキなはずなのに次の曲が余裕綽綽で超えていくもんだからもう私の中で普通曲認定されてしまっています。 みんな大好きトンチキソング。 ちなみに一番最初に買ったハローのシングルこれだったんですけど、なるほどこれがジャニーズと似て非なるハローのトンチキかと謎に納得してしまいました。 推しのデビューシングルがインド映画で選手になってるだなんて誰が想像するよ。 自分で書いてて意味わかんねえよ。 なのにどうして可愛いの…… 恋があたしのすべてじゃないけど いや恋〜〜〜〜〜!さんに軽率に恋〜〜〜〜〜! あとCメロの「ぜいたく言わない」が強過ぎてアッハイ……ぜいたく言いません……ってなる。 そういう曲じゃないよ。 書くためにMV漁ってたらふなちゃんの歌唱力にぶん殴られたくなってきました。 本当なら5月4日の大阪公演で一年ぶりのアンジュコンサートだったんですけどね。 2月にシリイベで横浜行ったとはいえ、コンサート死ぬほど楽しみにしてたので思い出すたびにどんよりしています。 でもふなちゃんの卒業延びたし、何とか卒業前にもう一目でいいからふなちゃんが歌い踊る姿を生で観たいですね。 そのためにも早くコロナ終息してくれないかな。 こんな世の中だけど、実りある一年になったらいいなと願っています。 改めて、ふなちゃんお誕生日おめでとうございました!!! dlbag.

次の

だれかの心臓になれたなら

こんな 世界 と 嘆く 誰か の 生きる 理由 に なれる でしょ うか 歌詞

竜タクミくれ!!からの白夜育ちカムイを経たタクカムというカオスの権化 本編沿いに入ります、無章~白夜二十五章までに相当します、タクカム要素は増えて行きますよー 前編から引き続いての竜タクミの都合いい暴走物語ですハイ、色々とご都合主義満載ですが一応理由はあったりなかったり……真相は闇に包まれるのだ() お察しの通り未回収伏線もあるのですが、その辺は「タクカムと直接関係ないからいいよね!」というかなり無責任な状態です 余力があったら外伝かなんかで補強したいとは思っているのですが、まぁ期待しないでください 前編での文体をいつかどこかで直したい、ブランクがひどくて色々とね……これも余裕が出来たら なんて言ってるのは推敲が大の苦手だからなんですよねー、しんどしんどい。 誰だよ0. 5m字なんて書いたのは!!出て来い!! ちなみに、一番見やすく文章成形されているのは 「アンドロイドで」「PC版を見る」というかなり身勝手な方式だったり 最早自分用である 相変わらず模造設定やキツい表現が多いのでその辺りは注意してください、注意書きは必ず目を通してからお願いします……ってこんなこと書いてると保身野郎の性格悪いとか言われるとか少し前のRTでありましたね、自衛です自衛。 カムイは剣を振るう、兄である最強の騎士に稽古をしてもらっているのだ。 そんなカムイと兄を観戦する弟もいる。 」 「……もう終わりか? カムイ。 お前の力はこんなものではないはずだ。 」 「さあ剣を握り、立て。 」 所々不鮮明な声音に、見慣れている筈なのにぼんやりとした兄弟たちの顔。 いつもと何かが違うような気がするのは何故だろう。 カムイはそんな事を思いながら剣を振るっていた。 「いいか? 今日、私から一本取れなければ……お前は生涯、ここを出られぬ。 」 「!?」 「さあ、行くぞ……カムイ、外の世界を見たいなら私を倒し、道を開け。 お前の力、私に見せてみよ!」 「の、望む所よっ!」 「カムイ、お前に足りないのは勇気と敵意だ。 殺意、敵を殺す気概を意識して。 それこそが殺意とは最も遠い感情の一つである信頼に他ならないと気付かないまま。 「うっ!?」 「む? 深手を負ったか。 ならば。 」 「これは……。 」 「【竜脈】。 大地に宿る竜の力を見出し、解き放って大地を変える。 カムイ、傷を癒しまた挑んでくるがいい。 」 「え、えぇ分かったわ。 「! 見事だ、カムイ。 強くなったな。 」 「いや、お前の才能だ。 」 「そんな、まだまだ私なんか……。 」 「兄さん。 さすがにそれに気付かないほど鈍感ではないのである。 「まったく。 」 そもそもカムイの弟はカムイを呼ぶ時に普段から名前を付けていたか? ただただ姉さん姉さんと怖いくらいに慕う弟の姿が脳裏に霞んで消える。 これは一体何の記憶だろう、少しずつ頭がぼやけてきた。 今日もあんなに寝た筈なのにまだ眠いのかと、カムイは首をぶんぶんと振って不可思議な気の迷いを振り切る。 」 そしてカムイは弟の名前を呼ぶ。 何だろう、悍ましいくらいの違和感しか無くて寒気がした。 知らない名前を呼んでいるような、そんな錯覚。 そこを極めればいい。 」 「あ。 」 カムイは大切な事に気が付いて弟の名を呼んだ。 はてあの弟はこんなに抜けていただろうかとカムイは小首をかしげる。 可愛い顔をしてカムイの弟はえげつないほどにカムイを求めてきた。 仕草も非常に愛らしいのは認めよう、だがこんな種類の可愛さだっただろうか、やはり疑問はぬぐえない。 」 「ああ……カムイ、大丈夫? 訓練でどこか痛めてない? 痛いところがあったら言ってね、私が介抱してあげるから。 」 「ええ、大丈夫よ。 」 「えへー、嬉しい?」 「ええ、もちろん。 その無邪気な姿はカムイの心の何よりの癒しとなっていた。 今も姉たるカムイの言葉に全身で喜びを表現して、カムイに抱き着いてくるくるとダンスをするように回り始める。 」 「あら。 」 身だしなみを整えた弟が戻ってきて小言を妹に吐く、これもまたいつもの日常風景の……はずだ。 そしてそれを姉が嗜める、これもまた日常。 ……何だろう、知らない事ばかりだ。 何故、知らないのだろう。 こうして何年も何年も過ごしてきた筈なのに。 本当に? 「みんな……。 」 そこでカムイの口はふつりと止まってしまう。 次の言葉が見つからない……そもそもあるのか? 分からない、分からない事だらけだ。 カムイを構成する世界がぐにゃりと歪んで、立っていられなくなる。 思わず地面に倒れて空を見上げた。 はて、カムイの知る空にこんな色があっただろうか? そこで彼女の意識は途絶える。 [newpage] [chapter:【二十三章・幽幻の聖母】] 明るい夜が終わり、明るい朝が来る。 それが白夜王国の日常。 変わらない日々がそこにあった。 カムイは意識の浮上を感じて目を開ける。 そこには、カムイに呼びかける穏やかなスズカゼの姿が日光に照らされていて。 「朝ですよ、カムイ様。 」 「え、もうこんな時間……。 」 「? まだ朝早いですよ、寝ぼけてらっしゃいますね。 白夜王国は日が落ちないので早朝でもこんな感じですが。 」 「ん……そうね、そうだったわね……。 」 ここ数年、スズカゼは給仕を覚えてカムイに奉仕するようになっていた。 忍であるスズカゼにとってそれは業務外なのだが、臣下としてこうしなければいけないと鬼気迫る雰囲気で修業していたのが懐かしい。 テキパキと働くスズカゼをぼんやりと見つめていたカムイだが、そんな様子にスズカゼが心配したのか声をかけてきた。 「カムイ様、御様子がすぐれないのですか? いつものように変な夢を見られたのでしょうか。 」 「ん、いつもと違うけど確かに変な夢だったわ。 知らない人たちが、私の事を兄弟って言っていたの。 」 「それは……。 」 スズカゼの表情が僅かに曇る。 カムイは不安げな表情をする臣下を安心させるかのように微笑んで、言葉を続けた。 「私が暗夜王国に連れ去られる『あるべき未来』で出来た兄弟って事かしらね。 私の兄弟はこの白夜王国にしかいないもの。 」 「ふむ、そうですね、タクミ様が未然に誘拐事件を防いでくださいましたものね。 」 「ええ、だからこそ私は今日もここに……白夜王国に居る。 忘れた事は無いわ。 」 スズカゼと話して目が冴えてきたカムイはようやく起き上がる。 そのまま寝ぼけ眼でゆっくり支度をしようとしたら、スズカゼに急かされてしまった。 「カムイ様、お急ぎください。 今日早めに起こしたのは城下町で行われる花見の為です、忘れたのですか?」 「はな、み……あっ!!!」 「思い出されたようで良かったです、さ、お急ぎください。 」 常昼の白夜王国だが、四季ははっきりとしており今は新たな芽吹きの時期を迎えている。 桜が好きな数代前の王妃の贈り物として当時の王は白夜王国中に桜の木を植えたのが未だに毎年咲き誇るのだ。 同じ株から接ぎ木で作った特異な種の為、全く同じ時期に咲く白夜の桜は国の名物としても名高い。 今日はそんな桜たちが、一年の中で最も華やかにその花弁を躍らせる日。 こうした日に王家の者が城下町を花見と称して練り歩くのは毎年の恒例行事となっていた。 王家の者が外へ繰り出すのもまた、大事な執務である。 今まで何となく不参加だったカムイだが、今年はタクミ達と共に繰り出す事になっていた。 タクミもまた初参加である。 彼は外を嫌っているわけではなく、単純にカムイと共にいる事を好んでいたので彼女に合わせて不参加だったようだが。 「急がないと遅れますよカムイ様、今日この日を楽しみにしていたのでしょう?」 「わ、分かってるわよスズカゼ!!」 忙しなく準備しながら、昨日と同じ今日が始まるとカムイは信じていた。 当たり前のように。 それが貴重なものだと知ったのは、全てが終わってからである。 朝食は食べていない。 屋台という所で食べ歩きというものをして腹を満たすのだと兄弟たちが語っていたのが昨日の事。 彼女にはいまいちピンとこなかったが、とにかく朝食を王城で食べずに現地で食べるという事だけは理解している。 謁見の間に滑り込んで周囲を見渡してみると、王家の者全員が集まっていた。 やはりカムイが最後らしい。 「はーっ、はーっ、お、おはよう……。 」 「おはよう、姉さん。 時間ぎりぎりだよ?」 「タクミ、お、おはよう。 」 やはりいつものようにカムイに駆け寄ってくる弟であるタクミ。 その姿を見てカムイは言葉に出来ない程に安心した。 今はあまり思い出せないが、夢の中で見た『弟』とは違ういつもの弟がそこに居るのである。 なのでカムイはいつもの笑みを浮かべてタクミに応えた。 「ご、ごめんなさい寝坊して……ふぅ。 」 「カムイ姉様らしいですね、ふふっ寝癖が付いていますよ?」 「ありがとう、サクラ。 」 タクミに袖を軽く引っ張られて家族の輪に加わるカムイ。 そんなカムイに近づいて、寝癖を撫でつけながら微笑む妹の名前はサクラ。 今では立派な王族として成長しつつある彼女は、やや人見知りのきらいはあるものの穏やかな性格の巫女姫として国民、家族ともどもに深く愛されている。 「やはり兄弟は全員で揃ってこそだな! では早速外へ行こうか!!」 「ええ、ヒノカ姉さん。 」 「しかしカムイと出かけるなど初めてだな、私も柄にもなく楽しみでなかなか寝付けなかったぞ!!」 「ヒノカ姉さんは大げさだなあ。 」 「タクミ、お前はいつもカムイと共に居るからそう思うんだろう!」 「ははは、姉さんと一緒に居るのは楽しいから、どうしてもね。 」 兄弟で短髪なのはサクラのみ。 カムイもアクアもまた長い髪をふわりとなびかせており、姉であるヒノカもまた例外ではない。 その炎のように真っ赤な髪を滝のように轟々としな垂れさせる様は、タクミやアクアとはまた違った方向で美しいと内外で評判だ。 そんな深紅の髪をなびかせながら薙刀を扱う様は、まさに戦姫と呼ぶに相応しいだろう。 「そうね、行きましょう。 」 「アクア、そう急かすな……母上、行ってきます。 」 「リョウマも、ほら早く。 」 暗夜から誘拐された姫であるアクア。 だが今では、白夜の王族の末席として溶け込んでいた。 ラズワルド、ルーナという臣下も取り穏やかながら平和な日常を満喫している。 これはあまり外部に知られていない話ではあるのだが、彼女の暗夜王国での仕打ちはひどいものだったようで、誘拐された事に深い感謝をしているのだとか。 タクミの託宣は正解だったと最も語るのは、紛れもなくアクア自身である。 白夜第一王子であるリョウマもまた、白夜の侍として立派に成長した。 竜の記憶を持った弟のタクミより執務に関わるのが遅かったものの、今ではちゃんと父王スメラギの補佐をしっかりとこなしている。 数年もすれば王位継承されるともっぱらの噂だ。 これで白夜も安泰だろうと言われている。 「行ってらっしゃい、リョウマ、ヒノカ、タクミ、サクラ、カムイ、アクア。 」 「ははっ、兄弟揃って出かけるのは初か、楽しんでこい!!」 「行ってきます、お母様!! お父様!!」 そんな仲睦まじい王族兄弟を見送るのは、現行の王であるスメラギと後妻のミコト。 ミコトと本当の意味での親子であるのはカムイただ一人だが、ミコトは六人の母として、またスメラギも六人の父として存在する紛れもない家族である。 遅れていたカムイも来たので、早速花見に行こうと六人が外に繰り出した。 とは言いつつ彼らの背後にはそれぞれの臣下を引き連れているので、結構な大所帯なのだが。 「ああそうそう! 昼ごろに王族としてお披露目をするから炎の広場に集合するんだぞ!!! 帰りはリリスに天馬を用意させるからな!」 「分かったよ父上ーー!」 思い出したようにスメラギは我が子達の背に声をかけた。 すると兄弟を代表してタクミが返事して手を振っている。 深窓の令嬢めいたカムイと伝説の白い竜たるタクミ、彼ら二人はこういった催し物に初めて参加するのだ。 国民が彼らを見たがるのは火を見るより明らか。 王族として見世物になるのは多少仕方ないと本人たちも理解を示している。 「ははは、仲良きことは美しきかな、か。 カムイもここ数年は外に興味を持ち始めて何よりだなミコト。 」 「……、」 「ミコト?」 満足そうにうんうんと頷くスメラギは妻たるミコトに同意を求めるが、返事がなく訝しみながら彼女を見た。 するとミコトは物憂げな表情で、兄弟が去っていった扉の先をただ眺めている。 心ここに有らずといった状態だった。 「ミコト、おいどうしたミコト。 」 「……はっ、な、何でしょうかあなた。 」 「ふむ、最近カムイがぼーっとしているという話を聞くが、同じくらいミコトも上の空だな。 」 「そ、そうでしょうか。 その、なんか嫌な予感がして……。 」 「お前がそう言うなら何か起こるのだろう、警備兵に警戒するように言っておくか。 」 「はい、あなた……。 」 ミコトもまたタクミやアクアと同じく『あるべき未来』が見える人間なのは、スメラギも百も承知。 しかし今にも涙をこぼしそうなミコトを見て、スメラギもただ事ではない雰囲気を感じ取っていた。 が、何か出来るわけではない。 それがスメラギにとって口惜しかった。 花見なんて花を見るだけだと思ってたけど……いざ実践してみると全く違うのね。 」 「そうだね姉さん、ここはオボロの家に遊びに行く時に通るいつもの道だけど、こうして皆で目的を持って通るととても新鮮に感じるよ。 」 花吹雪舞う商店街を王子王女六人は、身を寄せ合うように歩いていた。 と言いつつ、人だかりを臣下が護衛して成り立つ穏やかさだったのだが。 カムイは賑やかな城下町をキラキラした目で眺めている。 「ですがタクミ兄様、オボロさんの所へ遊びに行く時は文字通り飛んで行ってるのでは?」 「ん? 変装してお忍びで歩いた事も何回かあるよ?」 「よくバレなかったな。 」 「静かに動くだけなら光の加減で姿を見えづらくする事が出来るからねヒノカ姉さん。 常に強い光がある屋外でしか出来ないし、同じ場所でやり続けると違和感が出るから戦闘や隠密には向かないけど。 」 「……そんな技、初耳だぞ?」 「そりゃ言わなかったからねえ。 」 「お前な!?」 買い食いを知らないカムイの為に、兄弟たちは思い思いの食べ物を一つずつ選んで五種類の食べ物を食べる事を朝食としながら朗らかに歩いていた。 最初は緊張していたカムイも気がほぐれて、何時もの通りの明るさを取り戻して新たな体験に目を更に輝かせている。 「だがカムイよ、何故お前は外に出たがらなかったのだ?」 「リョウマ兄さん。 うーん何でかは私にも分からないのよね。 多分小さな頃に『外は怖いもの』って刷り込まれてたんじゃないかしら。 」 「やはりそうか。 だからこそカムイに誰も無理強いする事が無かったのだが……明確な理由が無いのなら、早めに声をかければよかったな。 」 「そこはオボロに感謝しないとねえ。 」 「ははは、違いない。 」 オボロとは、タクミが持つ平民の友人だ。 本来は身分が違いすぎて知り合う事すら出来なかった筈の関係は、タクミが竜である事を理由に発展する。 どういう訳かタクミはオボロの『あるべき未来』を見て、そしてその悲劇的な運命を回避してみせた。 紆余曲折あってタクミは終ぞ彼女を臣下にする事は無かったが、今でも両者の交流は友人として続いている。 カムイもタクミ経由で何度も遊んだりお話したりもしたし、最近はタクミ抜きで女二人で集まる事すらあった。 「カムイ、楽しい?」 「アクア。 とても楽しいわよ? あなたも楽しい?」 「私? 私も楽しいわ。 こんな賑やかで楽しい日々を送れるなんて、まるで夢のよう。 」 ふとカムイの背後からアクアが話しかけてきたので穏やかに答える。 微かな、しかし確かな頬笑みを湛えるアクアの足元も軽やかで、鼻歌でも歌いそうな雰囲気だ。 アクアは静かでどこか一人になりたがる人なのだが、臣下をとってから彼女なりに白夜王家に歩み寄ってきている。 その事はカムイも、スメラギの実子たる四人も、そして両親も喜んでおり、アクアなりの距離感の詰め方に合わせてゆっくりと本当に家族の一員になりつつあった。 今までやった事がない買い食いに夢中になってしまったカムイは後ろ髪を引かれる思いで、ミコトとスメラギに合流した。 既に広場には、たくさんの国民が集まっている。 この場におけるある意味主役であるカムイは、彼女と並んで立っている同じく主役たるタクミをちらりと見た。 タクミは自分の身を見世物だと正しく理解しているらしく既に半竜化しており、異形の腕を隠すように腕を組んでいたが背筋はしゃんと伸びている。 どうしてタクミはそんなに堂々としていられるのだろう、とカムイは悔しくなってしまった。 衆目の元に晒される事にカムイは慣れておらず、恥ずかしさのあまりまともに顔を上げる事すら出来ないのに。 そんな事を思っていると、カムイの視界が僅かに陰る。 どうやらタクミが翼を広げてカムイを覆い隠してくれたらしい。 光の竜たるタクミの翼の内側は暗いはずなのにどこか明るく、神秘的だった。 彼女は思う、今自分は世界で一番贅沢な天幕の中にいるのだと。 しかし今日のお披露目会の主目的はカムイとタクミの顔見せ。 いつまでもこうして弟の翼の下に逃げ続ける事は出来ない。 心が落ち着いてきたカムイは頬を自分の両手で軽く叩き、ぐっと正面を見据えた。 それを確認したタクミはカムイに向かって一つ微笑んでから自分も前を向き、そっと姉を翼の檻から解放する。 姉を誇示するかように光竜の翼が広げられ、その内側を彩る幾何学模様の造形もついでに国民に披露していた。 神話のごとき美しさに国民のどよめきが上がり、そしてそれは先程までカムイが独り占めにしていた光景でもある。 それが衆目に晒される事に謎の不愉快を自覚したカムイは内心首を傾げたりもした。 今、タクミの翼は彼の背中に大人しく折りたたまれている。 尻尾も地面に垂れていた。 「落ち着いたみたいだね、姉さん。 」 「ありがとう、タクミ。 」 両親の演説を出来るだけ邪魔しないように交わされた兄弟の会話と行動に、国民も家族も朗らかな気分になる。 だが知っている者は知っている、愛しい姉を翼の檻に囲った白い竜の悍ましいまでに獰猛な本性を。 こんな所で誰が不躾な、と振り向いた者が見たのは異様な光景だった。 邪気を纏った透明な騎兵が王族めがけて一直線に駆けている。 それも猛スピードで。 カムイが気付いた時には回避行動なんてとれないくらいに接近されており、その騎兵が持つのこぎりのような剣から目を離せない。 本能的な恐怖がカムイの背筋をかけ上り、吐き気がするほどの嫌悪感に足がすくむが……剣は待ってくれない。 勢いよく吹っ飛ぶが咄嗟に受け身を取ったカムイが次に目にした光景は、およそ信じられないものだった。 カムイが身に受ける筈だった刃を受けるのは強大な蛇……いや、白い竜そのもので。 炎の広場に鎮座する光竜の像と厳密には形は違うが、たてがみがいつも傍にいる弟と同じ色だったのでその正体にすぐ思い当たる事が出来る、出来てしまう。 透明な騎兵が纏う邪気を周囲に散らしながらどさりと地に伏す獣は……けもの、は。 「タクミーーーっ!!!」 『あぁ、ねえ、さん。 無事、だね? よかっ、た。 』 「駄目、や、タクミっ!!!」 『これも、罰、なの……かな……?』 土壇場で完全竜化してしまったタクミは、竜殺しの剣の一撃をその身に受けてしまう。 この時のカムイは敵の得物がドラゴンキラーというものだとは知らなかったが、タクミが大怪我をしたという認識は出来た。 そう、カムイを庇ってその身を切られた弟が、地面に血の池を作っている。 カムイを庇ったせいで。 カムイの、所為で。 目の前で繰り広げられた衝撃的な顛末を。 「お、かあ、さま……?」 タクミとカムイの微笑ましい、しかし独占欲が垣間見れる行動に苦笑いをしていたらいきなり襲撃を受けた。 不躾な馬の蹄の音はするものの、その正体を垣間見る事は出来ない。 だが見えない事こそがアクアにとって答えに他ならなかった。 彼らの正体は透魔兵、見えざる国の傀儡人形である。 しかし、おぼろげに見えるあの姿は一体何だ? アクアにとって夢にまで見た懐かしい人物が竜殺しの剣を振りかぶっているではないか。 アクアの母たるシェンメイの姿をした透魔兵は、剣と魔道を操る暗夜の兵種……ダークナイトとして今日この日に襲撃してきたのである。 よく考えると当然の事だった。 スメラギ王がいまだ健在なのだから。 『あるべき未来』では透魔兵化したスメラギの役目をシェンメイが請け負っているようだ。 ガングレリを持ちこむ事は熟練度的に不可能。 ならば次点で殺傷力の高いドラゴンキラーというのはある種合理的であろう。 今のカムイはまだ人であるため、効かない筈なのだが。 しかしカムイの本能的恐怖を刺激するには足りたようで、彼女は縫いとめられたかのように動かない。 このままでは特攻云々ではなく切り殺される、そうアクアが思った瞬間だった。 「危ない、姉さん!!!』 タクミのつんざくような悲鳴と共に迸る閃光。 身を完全に竜へと変じながら、らカムイを庇うように竜殺しの刃の前へ躍り出るタクミ。 人よりは巨大な身全てを使いカムイを隠すようにしながら、痛みを肩代わりしようとしている。 『……それはいけない。 』 「えっ?」 どこからともなく、泉でアクアと一緒に歌った邪悪な者の声が聞こえた。 視界の隅に翻るのは艶やかな濡鴉。 完全竜化の閃光が収まる直前にタクミは竜殺しの刃を受けてしまう。 だが、カムイを庇ったタクミを更に庇う者がいたという事を知っているのはアクアだけだった。 [newpage] [chapter:【二十四章・弟と姉】] 「何奴!?」 スメラギは一瞬遅れて雷神刀を抜き放ち、タクミに狼藉を働いた無礼者を問答無用とばかりに切りかかる。 しかし、透明な騎兵はその姿を完全に見えなくする事によってスメラギの攻撃をかわしながら移動し、背後から魔道を放った。 「何っ、くそっ!」 「あぁ、あなた、タクミが、カムイが……!」 「どうしたミコ……ト……!?」 ミコトも臣下から受け取った弓を握りしめながら、震える指でタクミとカムイをさし示す。 地面に血まみれでぐったりと横たわっている細長い獣は間違いなく光竜であり、つまりタクミである。 その横で絶叫をあげながら変化する影は……恐らく、カムイ。 カムイもまた、竜に成ろうとしているのだ。 『あぁぁぁあああ、ッァアアアアアァァァァアアア!!!』 「古の神、竜が二体だと……。 」 「私の結界はまだ効いてるのに、どうしてこんな事に、」 既に炎の広場は透明な騎兵が召喚したらしいノスフェラトゥが暴れ回っており、凄惨な状況になっている。 タクミとは全く違う形をした青い竜は殆ど正気を失っているらしく、ノスフェラトゥに片っ端から攻撃を仕掛けていた。 瀕死の白い竜に近づく人も化け物もほとんど全員攻撃していた青い竜だったが、アサマだけは無視しているのがいっそ不気味である。 慌ててタクミへ走り寄るミコトにも、青い竜は反応を示さない。 どうやらまだカムイは、完全に獣となっていないようだ。 「あぁ、タクミ、タクミ、癒しの術が、効果が……!!」 「死は平等ですが、どうしてこんな所であなたが倒れてるんですか!! おかしいでしょう!?」 竜を殺す為だけに作られた刃で作られた傷は、治りも非常に遅い。 本来なら即死してもおかしくないにも拘らず、奇跡的にタクミは生きている。 ミコトとアサマの治療虚しく回復する兆しはないのだが。 スメラギは息子に大怪我を負わせ、娘を錯乱させる原因を作った透明な騎兵に再び雷神刀を向けた。 彼に人を助ける力は無いが、武力ならある。 ならば今、スメラギがやる事など一つだろう。 住民の避難を臣下たちに任せ、彼はリョウマ、ヒノカ、サクラ、アクアといった子供たちと共に湧き出てきた敵を滅ぼさんと指揮を取る。 いや、正確には取ろうとした。 タクミの周囲の敵を殲滅し終えたらしいカムイが、透明な騎兵へと襲い掛かったのである。 『っぁあああぁァァア!! ゴァァァァア!!!!』 「ぬぅ!? カムイよ、独りで先走るでない!」 「待ってお父様! 今のカムイを刺激しては駄目!」 「その通りだがアクア、だからといって指を咥えて見ている訳には!」 確かにアクアの言う事は最もだ。 そして彼女は努めて冷静にある方向を指差す。 そこには一見何もないような場所に見えるが……よくよく目を凝らしてみるとぼんやりと何かが居る。 「いいえ、皆あそこを見て。 周囲の敵は確かにノスフェラトゥばかりなのだけれど、ほんの少しだけあの透明な騎兵と同じような感じの剣士が混じってるの。 」 「ふむ、確かに居るが。 」 「アクア姉様、えと……確かに居ますね。 」 「ああ、私にも何となく分かる。 だがそれがどうしたのだアクア?」 「お父様、サクラ、ヒノカ姉さん。 実はあの剣士たち、どうも例外なくさっきタクミを切った剣……ドラゴンキラーを持っているみたいなの。 」 「何だと!? それは本当かアクア!」 「ええリョウマ兄さん。 だから私は、周囲が見えていないカムイのフォローを提案するわ。 どうかしらお父様。 」 「……よし、その方針で行こう! お前たち、無茶だけはするなよ!」 リョウマは刀。 ヒノカは薙刀。 アクアは歌と薙刀。 サクラは祓串。 そしてスメラギは雷神刀を手に取って、白夜王族は勇敢に敵へと立ち向かっていく。 透明な騎兵を難なく退けたらしいカムイは、自身の周囲に居る敵を鬱憤を晴らすが如くなぎ倒している。 今はもう敵は居ない。 ただし周囲の被害は甚大なものになってしまったが。 民衆にも大量の怪我人、死者が出てしまったようだと臣下の報告があった。 「ミコト、タクミはどう……うわっと!?」 「危ないあなた!」 戦闘中も必死にタクミを治療していたミコトとアサマだが、タクミの傷は塞がりきっていない。 その様を心配したスメラギはタクミに近づこうとしたら、背後から殺気を向けられて思わず雷神刀を構える。 既に敵は殲滅しきった筈なのに残党か? と思ったが違う。 殺意の主は、竜と化したカムイだった。 『ゴァアアァァアァァァ……!』 湖底から轟くような呻き声で威嚇する青い竜。 忙しなく前脚を動かして鞭のように尻尾を振るう姿は明らかに怒っている。 青い竜はタクミの前に躍り出ると、父であろうと近づけさせない意志を示した。 いや、もうスメラギを父と認識出来ないようで、既にタクミの治療をしているミコトとアサマ以外の全て人間に威嚇しているらしい。 それに気付いたスメラギはそっと雷神刀をおろし、獣を刺激しないようにゆっくりと後ずさりで距離をとった。 人間がタクミに近づかない意志を示した事にカムイは満足したようにタクミの方へ向き直る。 そのままカムイはタクミの顔に鼻先を寄せてから首元をぐいぐいと押した。 まるでタクミを目覚めさせようとゆすっているようだが、タクミは一向に起きない……どころか動かした事によって更にタクミの血が流れる始末。 カムイはタクミの容体が悪化した理由が理解出来ず、今度は前脚でタクミの事をつつき始めた。 「も、もうお止めくださいカムイ様!!」 『ゴァア! ……クゥ……、』 見て居られなくなったらしいアサマがカムイの前脚に手をかけて制する。 行動を阻害された青い竜は怒るが、アサマにとってタクミが何なのかを知っていた。 そのアサマが止めるという事は、今のカムイの行動はタクミにとって不都合なのだろう。 そうカムイは獣なりにアサマの真意を理解したので、謝罪するように弱々しく鳴く。 忙しなく動いていたカムイの翼も尻尾も垂れ下がり、その場でうずくまってタクミの目覚めを待とうとしたその時、カムイは不思議な視線を感じて振り向いた。 「ユラリ……ユルレリ……。 」 それは、どこかで聞いた歌。 遠くて近い、近くて遠いあの場所で。 思い出せない、思い出せないけれど……頭が痛い、息苦しい。 頭と体の中で何かがぐるぐると回って気持ち悪い。 しかしこの気持ち悪い何かの正体をカムイは知っていた。 それは先程までカムイが表に出していた怒りの姿そのもの……つまりは、竜の衝動。 こんなものをタクミはずっと抱えていたのか。 その上で、あんなにカムイを想ってくれていたのだと。 それはどんなに難しい事だったのだろう。 「私、は……どうして、こんな、」 「カムイ。 」 「アクア、さっきはありがとう、あなたのおかげで私は戻って来れたみたい。 」 「気にしないで。 私とカムイは……家族、でしょう?」 「えぇ。 それと、怪我させてごめんなさいね?」 「それも気にしないで、あなたの中の竜の血がそうさせたのだから。 むしろミコトお母様とアサマに攻撃しなかっただけ上出来よ。 」 「ほんと、私って何……? 白夜王族の血は無いのに竜脈使えるし、竜になれちゃう、し。 ねえお母様、教えてよ……。 」 タクミの治療に専念しているミコトにカムイは呼びかける。 しかし、ミコトは今にも泣きそうな表情で言葉を紡ぐのみ。 「ごめんなさいカムイ、それは言ってはいけない事なの。 でもカムイも竜の血を継ぐ系譜なのは間違いないのです。 」 「はは、竜脈が使えるってやっぱりそういう事よね、お母様。 」 「ええ、言及を避けていました。 そしてそれに私は甘えていた……。 」 「って、タクミは大丈夫なの!?」 人の姿に取り戻して理性が帰ってきてと衝撃的な事が色々と起こったが、今の一番の心配事はタクミだ。 カムイを庇って凶刃に倒れた弟の容体を見る。 竜の姿の時に見ても状況は判然としなかったが今なら分かる、重体だ。 死んでいないのがおかしいくらいに傷ついている。 しかもミコトとアサマの治療虚しく、どんどんタクミは弱り続けていた。 どうしようどうしよう、このままだとタクミが死んでしまうとカムイの頭が真っ白になり、獣の衝動が喉からこみ上げて溢れてきそうになって、でもああタクミを前に暴れるなんて、だけど、どうしたら、 「カムイ様。 」 「……りり、す?」 安全を確認したらしい天馬厩舎係であるリリスが王族用の天馬を引っ張ってきて、カムイに神妙な声で呼びかける。 数年前に泉で拾った彼女を下働きで雇ってから大層カムイは懐かれていた。 そんな普段の愛らしい姿とは違う悲壮的な雰囲気を纏っていて、カムイは縋るように向き直る。 「カムイ様、リリスはあなたの事が大好きです。 」 「なに、いってるの、まるで別れのことば、みたいじゃない。 」 「ある意味ではそうですから。 ですが、それでも私は。 」 リリスは決意したように息を吸い込み、祝詞を唱えるように叫んだ。 「我が祖、我が神、我が血……星竜モローよ、我に力を!」 高らかに掲げたリリスの手から閃光が迸り、この場に居る者全てを包み込む。 次の瞬間、崩壊した炎の広場に誰もいなかった。 そこにはこの世に生きてもいなければ死んでもいないものが、崩壊して崩れ落ちて行っていた。 「あなた、馬鹿だわ。 」 『……どうって、こと、ないよ……『あの人』が……死ぬのと、比べた……ら……。 』 「本当に大馬鹿よ。 」 もう声は聞こえない。 どうやらあるべき場所へ還ってしまったようだ。 アクア以外の誰にも気づかれぬまま……あの者が守りたいと願った人にさえ。 それでも守る事が出来たのだから、十分なのだろう。 [newpage] [chapter:【二十五章・青い竜の涙】] リリスが発した眩い閃光が収まる。 眩む視界の中、カムイ達は周囲を伺うがそこは凄惨な炎の広場などではなかった。 誰も見た事の無い草原が広がっており、少し遠くにはどこか懐かしい桜並木が見えている。 何より皆が驚いたのは、リリスが居たであろう場所に小さな獣がいる事だ。 体表は青く、外套のような尾が特徴的なこの獣は穏やかな瞳でカムイを見つめている。 どこか既視感があるのは、頭に被っている庶民的な頭巾だけが原因ではないだろう。 異形の姿を謗るようなその姿に、この場に居る皆が既視感を覚えていた。 タクミが人を捨てた事を悲しむ時に見える気配にとても近いのである。 そうだ、タクミが今まさに命の危機にあるのだったとカムイは思い出してタクミを探す。 柔かな草原に横たわる白い竜はすぐ傍にいた。 ある種の賭けなのですが、ここは竜の脈力に満ちています。 本来の姿を晒してしまった私はカムイ様の住まう地にて最早無力な畜生に成り下がってしまいましたが、ここではこうしてお話する事も戦力と力を振るう事も出来るのです。 なので、竜たるタクミ様もここに招けば生命力が上がるのではという浅慮を働きました。 カムイもまたアサマとミコトとサクラを縋るような目で順番に見ていた。 」 「わ、私もっ、」 我に返ったアサマとミコト、新たにサクラがタクミの治療を再開する。 すると先程まで塞がらなかった傷跡が少しずつながら回復の気配を見せた。 タクミが助かるかもしれない……希望が見えてこの場にいる者から歓声が巻き起こる。 しかし以前タクミの容体は、予断を許さない事には変わらない。 今から私の神殿を出しましょう。 そこが一番、竜の治療に最適なはずなので。 今では傷も何とか塞がり、呼吸も安定し始めている。 一時は助からないのではないかとすら思っていたカムイは心底安堵のため息をこぼした。 「良かった、良かったわタクミ、良かった……。 」 今リリスの神殿に居るのは、此処を住居としているリリスを除けばカムイだけ。 治療の術を使える者はカムイにこの場を一時的に任せて休むことにしたらしい。 そんな彼女の後ろから、アクアが近寄って声をかけてきた。 「カムイ。 」 「私のせいでこんな大怪我させちゃってごめんね、痛かったでしょう、怖かったでしょう?」 「カムイ、ねえカムイ。 」 しかしカムイはアクアの声に耳を貸さないどころか、聞こえてもいないらしい。 それよりも彼女は自分の中でぐるぐると回る竜の衝動が落ち着かなくなり、人の姿を保つのが難しくなってきて思わず竜の力を解放した。 とはいってもかつてのタクミのような半竜状態なのだが。 今の青い竜に癒しの力は無い。 なのでこうして寄り添う事しか出来ないのが虚しかった。 「カムイ!! ねぇ、聞いてっ!!!」 「タクミ、タクミ……、……ぁ、くあ?」 「あぁやっと気付いてくれたわね。 いいカムイ、そのままの態勢でいいから聞いて頂戴。 」 タクミの傍に居たいだけなのに誰かが邪魔をする。 そんなのは許さないとカムイは呼び掛けられた方向へぞんざいに顔を向けると、どこか必死なアクアがいた。 最初はカムイをタクミと引きはがす為に此処に来たと思って鋭い目つきで彼女を睨みつけたが、どうやら違うらしい。 ならばとカムイはアクアの次の言葉を待った。 「今のカムイもそうなのだけれど、竜の衝動はとても強いものなの。 だからこのままだとカムイの心は獣に成り果ててしまうわ。 」 「あ……確かに。 私、もうタクミの事しか考えられなくなってる……。 」 「だから、竜石に封印するの。 タクミも持っていたでしょう?」 「白くて丸い竜石ね、確かに持ってたわ。 あれに竜の部分を切り離して入れてるって言ってたわね。 」 「そう、カムイも同じ事をしましょう?」 「分かったわ、どうすればいいの?」 「私の言うとおりにして。 」 そしてアクアは、かつてタクミに施したようにカムイの為に竜石を作り出す。 タクミの竜石は両手で包み込むように握れるほどの大きさの真珠玉のような形をしているのだが、カムイのものはまた形が違った。 透き通る青い宝石を涙型にカッティングしたようなものは、タクミの竜石よりも少し大きめだろうか。 今までカムイの中で暴れていた竜の衝動が、彼女の手にある宝石の中に仕舞いこまれた。 「良かった。 これであなたも大丈夫。 知っていると思うけど竜石は生みだした竜の一部。 だから大切に持っていて。 」 「ありがとう、分かったわ。 」 正常な思考が戻ってきたカムイは身を起こした。 タクミの近くに居るのは良いが、添い寝する必要は何処にもなく急に気恥ずかしくなってきたのである。 未だに浅めの呼吸を繰り返す光竜の頭をカムイは撫でた。 光竜の像とは違いたてがみがあるが、その触り心地は普段のタクミの髪の毛と全く変わらない。 きつく閉じられた瞳は何を微睡んでいるのだろう、悪夢でなければいいが。 落ち着いてきたカムイを見て安心したのであろうアクアは、それから二言三言カムイと喋ってから宿泊施設へと戻っていく。 この地を紹介してくれたおかげでタクミは今も生きている。 ……あの、カムイ様。 しばらくするとおずおずと言った雰囲気でリリスに声をかけられたが、カムイはずっとリリスの気配を感じている。 何故ならこの神殿は彼女ものなのだから。 なのでカムイは、何も動揺する事無く応える事が出来た。 一端タクミを撫でる手を止めてリリスに向きあい、改めて彼女をまじまじと見る。 立て続けに色んな事が起こりすぎていたのだ。 透明な騎兵、タクミの完全竜化、カムイの覚醒、王都への襲撃、そして……。 「リリスも竜だったのね。 目を合わせる竜と竜。 しかし獣の大きな瞳の中では湖が揺れていた。 ゆらゆら、ゆらゆら。 今にも零れ落ちてしまいそう。 醜くなんて無い、絶対。 ぽろぽろと零れ落ちる透明な結晶は、瞳に浮かぶ湖の崩壊を意味している。 敬愛する者に受け入れられた切なさで、リリスは溺れそうになっていた。 この異界は現実世界と時間の流れが違うので、こうしてのんびり出来るのだ。 スメラギとリョウマが野外で激しい剣の稽古をしているのも、最早日常風景の一つとなりつつある。 タクミの容体は日を追うごとに安定してきており、傷は既に完治していた。 だが後遺症と古傷を残さないようにと慎重に治療は続けられている。 この異界には朝があり昼があり夕方があり夜があり、光の中だけで生きてきた白夜の王族たちは夜に驚きながらも眠りにつく。 カムイもまた、タクミの為に敷かれた毛布に自分用の毛布を重ねて眠りの準備に取り掛かっていた。 「おやすみ、タクミ。 明日は目が覚めるといいね。 」 答えは、無い。 ただ眠る光竜にカムイは手のひら一つ落として撫で、寄り添うように目を瞑った。 リリスも噴水の中に沈む。 どうやら水が平気な種らしく水底が寝床なのだとか。 』 静かな神殿に一つ響く呻き声、続いて光竜の瞳がうっすらと開かれる。 その黄金の瞳は人の姿であった時より獣の性を孕んでいるが、外枠には理知が彩られていた。 獣は身を起こそうとして、身体がうまく動かない事に気が付く。 というより体の形が違う気がして、ならば半竜状態かと思った光竜は翼を動かしてみると……これは思う通り動かす事が出来る。 翼が動くなら浮けると光竜は浮遊しようとして、傍に愛しい温もりがある事に気がついた。 『姉さん。 』 ここでタクミはやっと違和感に気付く。 喉が動いていないのに声が出たのだ。 これはおかしいと口を開いてみたら、喉から漏れるのは人の声ではなく甲高い獣の咆哮。 鳥の鳴き声にもどこか似ているような気がする。 しまった、と慌ててパクンと口を閉じるがもう遅い、カムイがもぞもぞと動いて目を覚ましてしまった。 「え、なに、何がっ、……ってタクミ! 目が覚めたのね!!!」 『えっ、うわぁぁ姉さん落ち着いて!! 指が目に入る目に入る!!!』 強制的に意識を覚醒させられたカムイはタクミの姿を認めると、眠気なんて遥か彼方に吹き飛ばしてタクミに抱き着いてきたではないか。 思い切りぶつかられたような気がしたのだが、タクミの身体はびくともしない。 何故か少しだけ小さく見えるカムイに体を撫でまわされ、彼女の手が顔に触れた時にタクミは自分の身に何が起こっているのかやっと把握した。 姿形が完全な獣に成り果てている。 これは所謂完全竜化現象と呼ばれるもので、なるほど人とはあまりに違う身体を人のように動かそうとしても動かないわけだ、とタクミは一人納得した。 『落ち着いてよ姉さん! あはははくすぐったいって!!』 「だめよ! タクミは一週間も意識が無かったの!? だから色々確かめなきゃ!」 『一週間? 寝たきり……?』 「覚えてないのタクミ、あなた私を庇ってドラゴンキラーっていう竜を殺す為だけに作られた武器に切られたのよ!」 『………………、…………ぁ、』 ……思い出した。 繰り返す物語が回る時、カムイに約束された凶刃の代理が振り下ろされる。 本来はカムイの実母が受けるべき犠牲は、攻撃方法そのものの違いでミコトに出来る事は何もなかった。 この状況に、タクミは覚えがある。 オボロの運命に干渉した時に、彼女を命の危機に晒してしまった時と似ているのだ。 だからカムイを本来『あるべき未来』庇う者、すなわちミコトには届かない運命になってしまった。 その代わりにカムイの最も近くにいたのは、他ならぬタクミである。 タクミは既に竜として覚醒しており、今ここでカムイを庇えば竜特攻を抱える身でドラゴンキラーで致死の一撃を貰ってしまう。 だがそれがどうした。 竜の命を刈り取る剣に身を削られる痛みに震えながらも、この痛みを姉に与える事が無くて良かったとタクミは安堵する。 カムイがタクミの元に駆け寄る姿を見て、無事だったことが確認出来たのが何より嬉しかった。 ……ああ、これは罰なのかな。 全てを壊してでも分不相応なものを手に入れようとした愚かな獣の。 そこでタクミの意識は途切れている。 『僕は姉さんからドラゴンキラーの一撃から庇おうとしてそ完全竜化までしちゃったんだね。 』 「思い出せた?」 『うん、だけどあんな攻撃貰ったんだから流石に死んだと思ったんだけどなあ、奇跡だ。 』 「本当、タクミが生きてて良かった……。 」 タクミは改めて新たな体を意識しつつ身を起こした。 なるほど慣れていないので多少ギクシャクしてしまうけれど、問題なく動かせる。 なので長くなった首を周囲にめぐらして様子をうかがう。 見慣れない光景だったが『あるべき未来』の中で該当する風景をタクミは思い出す事が出来た。 『ふーん、ここはリリスの神殿か。 竜脈に満ちたこの異界なら竜の力を活性化させられる。 その力を使って瀕死の僕を癒したんだね。 』 「よく知ってるわねタクミは。 調子出てきたんじゃない?」 『さすがに無理だよ、何だかお腹も空いてるし。 ところでこれ、人の姿に戻っていいものなの?』 「多分大丈夫、怪我そのものは完治してるから。 傷が少しだけ残ってるけど治療中だから気にしないでね。 」 『姉さんを守れた勲章みたいなものだから、僕としてはむしろ誇らしいんだけど。 」 完全竜化を収めるのは存外簡単で、何の事は無い半竜化を押さえるのと全く同じである。 人の姿の時に身に着けていたものはそっくりそのまま何も変わっていなかった。 王家の昔の資料にはこの辺りの事も書かれており、竜に身を転じる時に身に着けている物は時空の位相がズレて保管されているらしい。 半竜化状態の時に背中の翼が服を破く事が無かったのも同じ理屈だ。 つまりの所、誰にも邪魔されない所に隔離されているという事なのだが、竜から人に戻る時に裸でなくてよかったとタクミは胸をなでおろす。 だって、魂が獣の意識に長く晒された直後に欲しい女を前に全裸になってしまうなんて、どんな間違いがあるか分からない。 タクミはカムイを欲しているが、身体だけではなく心も総べて欲しいのだ。 襲うなんて本意ではないのである。 「あ、服はそのままなのね。 」 「うん、そうみたいだ。 」 改めて人の姿として座り直したタクミは両腕を目の前にかかげて、手のひらを開いたり閉じたりした。 カムイの話によるとタクミは一週間寝込んでいたらしいが、彼にその間意識はない。 人の身体の方が違和感なく動かせることに安堵すると同時に、獣の心で一週間眠っていた弊害は確実にタクミの中に残っていた。 獣の心に人の身体。 乖離した両者は時が経てば自然と合わさってくるだろうが、目の前のカムイにこの事を悟られる訳にはいかない。 「大丈夫タクミ、どこか違和感とかそういうのは無い?」 「うん、大丈夫かな、流石に一週間寝込んでたみたいだから体の節々が痛いけど。 」 「傷が塞がりきっていない時は寝返りすらさせてあげられなかったんだけど、問題なさそうでよかったわ。 」 そう言いながらカムイはタクミの頬に指を滑らせ、頭をわしわしと撫でたあとに顔の形を確かめるようにぺたぺたと触り始める。 先程と同じような触れ合いは、タクミの形が人になったのだとカムイを安心させるに足りた。 カムイがタクミの形を教えてくれる。 その事がタクミの胸を切ないほどに締め付けて。 顔を重点的に触っていたカムイの手は徐々に下に降りて行き、ドラゴンキラーを受けたであろう場所を撫ではじめた。 左側の首の根本から右脇の下へ、斜めにカムイの手の平が滑る。 「傷を見せて欲しいわ。 」 「えーーーと……姉さん、それはここで脱げって事?」 「……あっ。 」 どこかしっとりとした雰囲気の中、カムイは自分が割と大胆な事を言ったと思い至って赤面した。 義理であろうと兄弟であり、さらに言うとカムイとタクミは異性同士。 治療の一環としてならともかく、ただ見る為だけに半裸になるというのはいかがなものだろう。 そもそもこの場所はリリスの神殿。 部屋主にあらぬ疑いをかけられるのも得策ではない筈だ。 窓の外から見えるのはタクミが生まれて初めて体験する夜の世界、しかし『あるべき未来』で何度も経験した記憶。 今が眠りの時だとタクミはちゃんと知っている。 「あ、その、やっぱり明日で許してあげるわよ、今はもう寝なさい!」 「うん、そうしてくれると嬉しいかな。 でもお腹空いたよ姉さん、何かない?」 自分で言い出しておいてこんな言いぐさは格好がつかないと思いながら、カムイは照れ隠しに目を反らした。 タクミも寝なければと思うのだが、先ほどまで眠っていたが故に睡魔はやって来ていない。 それよりも一週間寝たきりだったが故に空腹感を覚えていた。 「簡単な果物ならあるわよ。 」 「そうなんだ、食べたいんだけどいいかな?」 「分かったわ、じゃあ私が切るからちょっと待っててね。 」 「うん、よろしく……って? え????」 カムイは少し離れた台から小刀と果物を取り出して、鼻歌混じりに切り分けはじめる。 タクミの知る目の前の姉という人物が料理をした記憶は『あるべき未来』にしかなく、それもまた覚束ないものだった筈だ。 任せた手前、やる気に満ちているカムイを止める術をタクミは持たず、はらはらと見守るしか出来ない。 しかし不器用ながら怪我をする事も無く準備を完遂させたカムイは、満面の笑みでタクミの元に戻ってきた。 果物が一回り小さくなっているのはご愛嬌というものだろう。 「はいタクミ、姉さんはタクミが起きた時の為に練習したんだから!」 「それは嬉しいけど、他にやる事無かったの?」 「治療では力仕事くらいしか手伝えなくて基本暇だったのよね、これ位しかやる事無かったわ。 」 「……アサマたちの仕事、増やしてないだろうね?」 「うっ、」 「やっぱり。 でもまあいいか、僕の為に頑張ってくれたのは嬉しいよ。 頂いても?」 「あ、どうぞ。 」 薄く口を開くタクミに誘われるように、カムイはその口内に果物を差し出した。 その行動はお互い無意識で、こんな事をするのはおかしいという認識はカムイには無い。 タクミもまた獣の意識が思考を阻害して大胆な行動をとっている自覚は無かった。 無かったが……。 姉に世話を焼いてもらえる事が嬉しかったのだと後に語る。 白夜とは違う朝。 暗夜とも違う朝。 竜の加護がない普通の朝を、竜の加護に満ちた異界の地で迎えた。 朝一番にタクミの様子を見に来たサクラが人の姿になったタクミがカムイと一緒に眠っているのを見つけてから、異界は上へ下への大騒ぎとなった。 狭いリリスの神殿に白夜王族全員がタクミの無事を確認する為に押しかけて、その騒音でタクミとカムイも目を覚ましてしまう。 そしてタクミは、スメラギに姉を守った賞賛と無謀な事をした叱咤を受け、リョウマに思い切り頭を撫でられ、ヒノカに泣かれ、そんな三人をサクラが外に叩きだした。 サクラも鼻をすすらせながら治療道具を広げており、ミコトはただタクミを抱きしめ続ける。 少し遅れて到着したアサマが、リリスの神殿の外でしょんぼりと項垂れる三人の王族を困惑したように眺めていた。 「傷はもうこれ以上消す事は出来ないようですね、ごめんなさいタクミ。 」 「いいよ母上謝らないで。 姉さんにも言ったけど、僕が命を懸けた証拠だからむしろ誇らしいんだ。 」 「ですが……いえ、タクミがそう言うなら母はこれ以上何も言いません。 後遺症は残っていない筈なので、戦闘にも支障は無いでしょう。 」 「それは本当にありがとう。 弓を握れなくなったらどうしようとは思ってたからね。 」 「そんな事になれば風神弓に泣かれてしまいますよ。 」 「あはは、そうだね。 」 感動から復活したミコトがタクミの服を寛げて傷跡の確認をする。 人の身体と竜の身体は縮尺が違うので傷の大きさは多少小さくなっていたが、起点が首の根本なので白夜の伝統衣装では傷が見える可能性が高い。 しかしタクミは普段から襟巻を巻いているので、通常は見えないだろうという結論が出た。 「あとは……そうですね。 タクミも気付いていると思いますが、体力が落ちているのでしばらく養生するべきなのですが。 」 「あんな事があったのに? この異界は元の世界と比べて流れる時間が遥かに遅いとはいえ、気になって仕方ないよ。 本当は今すぐにでも炎の広場に戻って色々確かめたいくらいなのに。 」 「はい、分かっています。 だからせめて帰る前に、しっかり休んでくださいね。 」 「うん、それはそうする。 戻ったらすぐに戦う羽目になるから、リハビリくらいはしっかりやるさ。 」 服を直したタクミはおもむろに立ち上がって伸びをする。 長年培ってきた肉体はそうそう衰えたりはしないが、流石に病み上がりなのはよろしくない。 この異界は居心地がいいからこそ、慣れないうちは長居するべきではない事をタクミは知っていた。 「では、ひと月くらいかけてリハビリを……、」 「それは駄目だよ母上。 」 「タクミ!?」 「いつまでもここに居たらいけない、母上だって分かってる筈だよね。 」 「ですが!?」 「帰ろう。 待ってくれている人たちがいるからこそ。 決められた期間の中ではきっちり休むから、僕は大丈夫だから。 」 「……分かり、ました。 」 王族全員の話し合いの末に、一週間後の朝に元の世界へ戻るという事が決定する。 それまでに戦えるようになるさと穏やかに笑うタクミの黄金の瞳には、強い覚悟がきらめいていた。 白夜とは違う朝。 暗夜とも違う朝。 竜の加護がない普通の朝を、竜の加護に満ちた異界の地で迎えた。 タクミが目覚めて一週間が経過した。 今日は元の世界へ帰る予定の日である。 結局タクミのリハビリは万全とはいかないものの、何とか戦えるまでには回復していた。 どうか忘れないでください。 今回は本当にタクミを助けてくれてありがとう。 」 「リリス、僕からも礼を言わせてくれ。 ありがとう、君は僕の命の恩人だよ。 では、異界の門を開きますね。 確かにあの時と何ら変わらない風景がそこにあり、異界で暮らした日々が幻のようであった。 しかしあの時瀕死だったタクミは治療を終えており、カムイも竜石を手に正気を取り戻している。 地に降り立ったミコトは慌てて結界を張り直したが、その表情はとても険しいもので。 「結界が……今までより遥かに弱く……。 」 「ミコト?」 「あなた、あの謎の襲撃にて結界に干渉を受けてしまったようです、ごめんなさい。 」 「今の結界の範囲と強度はどれくらだ?」 「もう城下町くらいまでにしか範囲はありません。 調子の悪い日は王都内に敵兵の侵入を許してしまうでしょう。 強度や威力については以前と変わりありません。 」 「それは……、」 スメラギは顎に手を当てて考える。 白夜王国がいくら豊かな国であっても、王都を取り囲むように侵略されたらたまったものではない。 つまりもう、ミコトの結界を当てにした戦略は取れないという事だ。 「スメラギ王! ミコト王妃!! こんな所にいらっしゃったのですね!!!」 「む、どうした?」 異界に行く直前に話したスメラギの臣下とはまた違うスメラギの臣下が慌てて走って来る。 その表情から、ただ事ではないのが容易に察せられた。 「伝令です! 暗夜王国、暗夜軍が……!!」 「なに?」 「大軍勢を率いて、白夜王国に攻め込んできました!!!」 [newpage] [chapter:【外伝・白夜の勇者】] ミコト王妃の絶対的な結界に守られていた白夜王国はもうどこにも無い。 今でこそ王都内は安全だが、結界の中に篭もる籠城作戦など一時凌ぎにしかならないだろう。 それどころか兵糧攻めをされ、待っているのは確実な破滅だ。 ならば、白夜王スメラギの取るべき行動はただ一つ。 「暗夜の大軍勢!? それは本当か!?」 「間違いありませんスメラギ様、国境に大量の暗夜軍が展開されつつあります!!」 「おのれ暗夜王国、ノスフェラトゥに飽き足らず人型の意志なき兵まで作り出すとは……!」 「如何いたしますか?」 先程の透明な兵は恐らく暗夜王国が作り出した新型のノスフェラトゥだったのだ。 ミコトの故郷の魔術の気配もしたが何かしら技術提供をしているのだろう。 臣下も分かっててスメラギに問うているらしく、その表情の奥底には怒りの火が燃えていた。 「我が国民やタクミを此処まで蹂躙した悪逆非道の軍だ、勿論迎え撃とう。 」 「もう戦の準備は出来ています、スメラギ様は陣頭指揮を……、」 「待った。 」 待ってましたとばかりに伝令に駆けて行こうとした臣下をスメラギは止める。 今すぐにでも準備をしなければならないような逼迫した状況であるにも関わらず。 スメラギは、悠然とリョウマに向き合う。 その迫力にしり込みしそうになるリョウマだが、何故か逃げてはいけない気がした。 「この戦の陣頭指揮はリョウマに任せよう。 私とミコトは守衛に専念する。 」 「父上!?」 「断じてこれは保身ではない。 傷ついた国民を癒す為であり、お前たちが帰る家……国を守る為だ。 」 「しかし、今の俺にそんな……!」 「自信を持てリョウマ! お前は私の息子だろう。 それにただで戦地に赴かせるわけではない。 」 そう言いながらスメラギは腰に帯びていた雷神刀を鞘ごと抜き取り、リョウマの前にかかげて見せる。 スメラギの行動に呼応するように一筋の雷光がパチリと弾けた。 スメラギの真意を察したリョウマの顔が驚愕に彩られていく。 「今ここで白夜の神器が一つ、雷神刀をリョウマに継承する。 」 「!!!!」 「そして暗夜王国との決着がついた後……王位も継承しよう。 リョウマ、お前が次の王だ。 」 轟くようなスメラギ王の宣言が、壊された炎の広場に木霊した。 誘われるように両手を差し出すリョウマの手に受け継がれる刀の名は雷神刀。 風神弓の対たる神器がようやっと今代の主を得たのである。 雷神刀もリョウマの手の渡った瞬間に雷光を一つだけ発して挨拶のようなものを新たな主へを向けた。 これからは未来の王として雷神刀に認められる立派な王族にならなくてはならないと、リョウマの心は引き締まるばかりである。 「行ってこいリョウマ、誇り高き白夜第一王子として……未来の王として!!!」 「承知した、父上!!」 宣言を受けるリョウマは、誇り高き白夜の王子として、雷神刀を継ぐ新たな勇者として、間違いなくここにいるのだ。 弟と肩を並べ、白夜の宝たる神器をその手に持って。 [newpage] [chapter:【終章・全てを壊してしまおうか】] 雷神刀を新たに継承したリョウマを将に、白夜王国軍は進軍する。 白夜と暗夜の国境沿い、しかし白夜側のその平原は常に黄昏に包まれていた。 名を、白夜平原という。 有事は王族も要として戦場に出撃するのが常であるが、別に全員出払う必要はない。 というより、王家の血の全滅を避ける為に誰かが残る事すら推奨されていた。 そう、推奨である。 強制ではない。 「僕も行くよ、風神弓を継いでる王族として!」 「何言ってるのタクミ! あなたさっき死にかけたばかりなのよ!?」 「さっきも何も怪我は完治してるよ!! 姉さんこそ竜に目覚めたばかりなんだ、お願いだから大人しくしてて!」 「出来る筈無いじゃない!! 私だって白夜王家の一員なのよ!!!」 「そんな事は分かってる!! 違うんだ、お願いだから!!!」 「タクミの言葉そっくりそのまま返すわ!! 病み上がりの弟に無茶させられるわけないって言ってるの!! 何で分からないの!?」 「ああもう!!」 「だから!!」 進軍中に尚も続く口喧嘩。 カムイはタクミに、タクミはカムイに休めと言うのだ。 周囲の者は両者の言い分も分かるために基本的には口出ししない。 そもそも、二人とも本来は出兵するべきではないのだ。 しかし、タクミは白夜の守り竜として長らく勤めてきた経緯があるし、カムイも派手に竜として覚醒して見せている。 彼等を前線で失うという事は、兵への士気に直結するのは火を見るより明らか。 それでも、この軍をまとめる将としてリョウマは二人を諌めようとする。 「カムイ、タクミ!! お前達、喧嘩はよさないか!」 「リョウマ兄さん、これは姉さんの聞き分けが悪いのがいけないんだよ。 」 「でもタクミがわがまま言うのよ、リョウマ兄さんも何か言ってあげて。 」 「だから先程決まっただろう! お前たちはどちらも連れて行く、ただし中衛から後衛にかけての支援に徹しろと!!」 「そうは言うけどやっぱり姉さんは引くべきだ、戦場を鼓舞する守り竜は一体でも十分なんだから。 」 「私だってタクミと形は違うけど竜になれたのよ、 ここで利用しない手はないと思うの。 」 「いい加減にしろ! タクミもカムイも、お互いがお互いを心配しているのはよく分かった!! だが今は遊びに来てるんじゃない、ここは戦場なんだぞ!!!」 しかし、二人の口喧嘩は一向に収まらなかった。 リョウマは既に、カムイもタクミも連れて行くという決断を下している。 というより、強大な肉体と空を駆ける翼を持つ生き物が大人しく留守番なんて出来るはずがないだろう。 タクミはカムイの為に命を懸けられるという証明を立てたばかりで、またカムイもそんなタクミを見て錯乱する程に、お互いがお互いを大切に思っているからこそ。 そうして最前線へと白夜王子王女たちが到着した時、すでに白夜平原は白夜暗夜の両者の兵がにらみ合っていた。 「……リョウマ兄さん、あそこに誰かいる!」 「む!? あれは暗夜第一王子か!」 タクミが小高い丘の上を指さす。 そこには黒い聖騎士が黒い剣と携えて佇んでいた。 脳裏にあの優しく強い声が響いた。 お前の力、私に見せてみよ! リョウマではない兄と鍛錬をする夢。 あれは、暗夜での出来事だったのか。 つまりあの光景は、カムイがもしも暗夜へ攫われていたら紡がれた物語だったのだろうか。 しかし今は初めて出会った赤の他人、兄弟でもなんでもない。 その筈だ、そうでないと人を捨ててまで救ってくれたタクミに失礼だから……なのに。 どうして、初対面の相手に懐かしさを抱かなくてはならないのだろう。 苦しい、苦しい。 『あるべき未来』がカムイを必要以上に責め立てた。 脳裏にあの生意気で可愛げのない声が響いた。 なるほど、タクミは素直で可愛げがあって怖いくらいにカムイに懐いている。 あんな生意気な態度を取ったりしないので、違和感を覚えたのだ。 兄であるあの聖騎士や、夢の中の姉であるカムイに嫉妬心を燃え上がらせていたのは、あの金の髪の王子なのだろう。 しかし今は初めて出会った赤の他人、兄弟でもなんでもない。 その筈だ、そうでないと人を捨ててまで救ってくれたタクミに失礼だから……なのに。 どうして、初対面の相手に懐かしさを抱かなくてはならないのだろう。 苦しい、苦しい。 『あるべき未来』がカムイを必要以上に責め立てた。 脳裏にあの淑やかで母性溢れる声が響いた。 彼女を姉と呼ぶあの夢。 しかし姉とはこういう生き物だっただろうか。 あれは姉というより母のような……と言おうとして、ミコトにあんな包容力があったかと悩むほどにあの夢の姉は大きかった。 それはもう色々と。 しかし今は初めて出会った赤の他人、兄弟でもなんでもない。 その筈だ、そうでないと人を捨ててまで救ってくれたタクミに失礼だから……なのに。 どうして、初対面の相手に懐かしさを抱かなくてはならないのだろう。 苦しい、苦しい。 『あるべき未来』がカムイを必要以上に責め立てた。 脳裏にあの元気で愛らしい声が響いた。 今日『も』会いに来てくれた。 これはあの子を見た夢で最初に思った事である。 つまり、あの子は頻繁に『あるべき未来』のカムイに会いに来てくれていたらしいのだ。 しかし今は初めて出会った赤の他人、兄弟でもなんでもない。 その筈だ、そうでないと人を捨ててまで救ってくれたタクミに失礼だから……なのに。 どうして、初対面の相手に懐かしさを抱かなくてはならないのだろう。 苦しい、苦しい。 『あるべき未来』がカムイを必要以上に責め立てた。 そこには、大人しいながらも芯の強い表情をしたサクラが祓串を握っていた。 「私だって王族なんです、なので覚悟は出来ています。 」 そんなサクラを守るように薙刀を構えるヒノカ。 赤い長髪は黄昏よりも真っ赤に燃えていた。 「私が守る。 だからサクラは安心して負傷兵の治療に専念しろ。 」 もう一度カムイは正面へ向き直る。 そこには黒い聖騎士に対峙するリョウマの姿があった。 その手には、継承されたばかりの雷神刀が稲光を纏っている。 「ヒノカ、カムイ、気を抜くな! タクミ、アクア、サクラは援護を頼んだぞ!!」 目を開いている時の兄と、目を閉じている時の兄がにらみ合う光景を見ていたら、視界にちらりと動く影があった。 カムイの弟たるタクミが風神弓を構えて、カムイに寄り添うように警戒態勢を敷いている。 病み上がりが何を前線にと今でも思うが、弓兵の有り方として咎める気はカムイには無い。 何故なら懐に仕舞われたタクミの竜石は淡い光を放ち、黄昏色に染まる平原にタクミの周囲だけはまるで真昼のような明るさを伴っていたからだ。 「姉さんは、僕が守る……僕が、みんなを。 」 アクアもまた何も言わないがカムイのすぐ後方にて薙刀を握っている。 今ここに、白夜と暗夜の王族全員が集結したのだ。 ……はて? カムイは強烈な違和感に見舞われる。 ここで大切な事をしなければいけない筈なのに、どうしてかそれが思い出せない。 今にも破裂してしまいそうな緊張感の中、誰も動く事が出来なかった。 白夜平原は白夜と暗夜の国境線上にあり、常に黄昏色の世界である筈なのにこれは一体どうした事か。 しかしそれは一瞬の出来事で、いきなり上空から一閃の光と闇が両軍の中央に迸った。 黒い聖騎士と白夜の侍のちょうど中間に落ちた光と闇から浮かび上がったのは、たった一振りの黄金の刀。 どうしてこの地にこんな物が、なんて言う者は誰も居ない。 その煌びやかな輝きは両国の王子それぞれが持つ神器に相当する雰囲気を醸し出していたからだ。 「な、これはまさか、夜刀神!?」 「なんだと白夜第一王子!? それは伝説の神器ではないか!!!」 所在が全く知れなかった神器が突如現れた事に、侍も聖騎士も訝しがる。 しかし夜刀神と呼ばれた神器は、まるで友を見つけた幼子のような雰囲気すら漂わせて一目散に白夜軍へと身を翻した。 くるりくるりと踊る刃。 その終点にある人影は……白夜王女カムイの姿に他ならない。 そしてカムイは誘われるように利き手を上げて、その手に夜刀神を迎え入れる。 『世界を救う英雄』が誕生した瞬間だった。 [newpage] [chapter:【六章・白夜王女カムイ】] 青い竜が、救いの刃に選ばれる。 更に傍には白い竜が寄り添うように並んでおり、その光景は神々しさを通り越してある種畏怖すら覚えるものだった。 カムイ自身も状況を把握しきれず茫然としており、どこか懐かしくも新たな相棒となった夜刀神をぽかんと見上げている。 「あ……え……?」 「夜刀神に選ばれたんだよ、姉さんは。 こればかりは『あるべき未来』と同じなんだね。 」 「タクミ……私、は……、」 まるで姉に噛み砕くように説明する白い竜。 タクミの手にもまた、白夜が誇る神器が握られていた。 その事に思い至った一般兵たちの士気は最高潮へと達する。 救いの竜が、救いの刀が、そして正義は我が御旗の元にあるのだと!!! 「我こそは白夜王国第一の王子、リョウマ! 暗夜軍の将よ、一騎打ちを所望する!」 リョウマは最早収めきらぬと判断した士気に突撃命令を出しながら、暗夜の将だけは押さえておく必要があると判断して雷神刀を振りかぶって叫んだ。 「暗夜王国第一王子、マークス。 一騎打ち受けよう。 ……我が剣の露と消えるがいい!」 黒い聖騎士……マークスもまた、暗夜軍を白夜軍の進撃に呼応して指揮を出す。 彼自身も白夜の将たる雷神刀の継承者……リョウマへ突撃せんと愛馬を駆った。 訓練を疎かにしたつもりはないのだが、生まれて初めての戦にも関わらず、不思議と恐怖を抱かなかった。 何故こんなにも容易く命のやりとりが出来るのだろうかと自分に問いたいカムイだが、しかし今揺らがない心は好都合。 ちらりと後ろを見るとサクラまでもが攻撃手段は持たないものの王族として補助役をこなしており、立派な戦士として戦っていた。 剣を握るカムイの本来の戦場は最前線。 しかしその少し後ろ辺りに位置して敵を減らしているのには理由がある。 カムイとて前に出て思いきり暴れたいのだが……。 『前に出過ぎだよ! 姉さん!』 「タクミ! お願いだから私を庇うのはやめて!! 大丈夫だから!」 こうして、タクミが矢面に立ってカムイへの凶刃を庇うのだ。 嫌でもタクミが倒れた所を思い出す。 不意打ちされたあの時とは違いタクミの鱗はしっかりと逆立っており、どんな攻撃からも身を守れると知っていながらも。 なのでカムイは一歩下がる他ない。 『姉さんが前に出るのがいけないんだろ。 リョウマ兄さんとの約束忘れたの?」 「忘れてないわ。 私とタクミは一緒に出撃してお互いを見張るのが連れてく条件だって、そう言ってたけど!」 「じゃあ諦めて支援に徹する事だね! 僕を前線に出したく……ないならっ!」 カムイの傍に浮遊してきた白い竜は一瞬の光の元に人の形をとって、彼女に寄り添うように着地した。 自身の安全を盾にしながらカムイを抑えつつタクミは風神弓を構えて緑に光る矢を放つ。 戦場で見る弟は暴風そのもので、その矢を身に受けた暗夜の一般兵は例外なく八つ裂きにされて地面に赤い花を咲かしていた。 こうしてカムイとタクミは前衛と中衛の中間あたりで戦っていたのだが、不意に殺気を感じて二人でそちらの方を向く。 そこには、先程遠くで見た暗夜の闇騎士……暗夜王子レオンが鋭い眼光でカムイを見ていた。 手には暗夜の神器、ブリュンヒルデが重たい波動を発している。 「救いの刃かなんか知らないけど、殺してやるよ。 暗夜の深い闇に、そんな光なんて通用しないんだって思い知るがいい!!」 「うるさい!! 僕の姉さんに傷つけたら許さないからな!!」 既に魔道の間合いに入ってしまっているカムイを庇うように、タクミが風神弓を構えていた。 竜になれば体は頑丈になるが、間合いが狭まってしまう。 なので相性不利を承知でタクミは人の姿のままでいる。 カムイもそれを察し、自身の懐から青い涙の竜石を取り出してタクミの前に躍り出た。 「……ちぃッ!! 今度はそっちの竜を盾にするか……くそっ!!!」 『タクミには指一本触れさせないんだからっ!』 「ありがとう姉さんっ、……当たれェ!!!!」 姉に庇われた嬉しさと申し訳なさを糧に、タクミは極限までに引き絞った緑の矢を放つ。 それはレオンの脇腹にぶち当たり、大きな怪我を刻みつけた。 分が悪いと悟ったのだろうレオンは脇腹を押さえて後方に引き下がる。 すぐに馬を走らせて彼に治療を杖を振るうのは、暗夜王族の末妹である暗夜王女エリーゼだろう。 彼女はレオンが受けた傷を痛ましそうに見つめた後、その傷を与えた弓使いを焼き殺さんばかりに睨んでくる。 タクミもまた一人の王族として、その視線を受け止めていた。 ……と、急に感じた殺気にカムイとタクミは同時に上空を見やる。 するとそこには彼等へ急降下する魔竜騎士……暗夜王女カミラが妖艶な笑みを浮かべながら斧を振りかぶっていた。 まるでカムイとタクミを分断するかのような一撃は、咄嗟に竜化したタクミの角によって真正面から受け止められている。 角の根元から持っていかれそうな衝撃に、タクミは空中で辛うじて堪えた。 『っぐ、う……、』 「あら、可愛いわね。 仲睦まじい兄弟愛。 お姉さんそういうの大好きよぉ。 」 カミラの色香がぐっと深くなる。 僅かに振り上げられた斧を横なぎに構え、まるで性交を誘う手のように二撃目を繰り出した。 「でも、敵国の勇者だから殺してあげるわ。 」 さすがに無傷というわけに行かなかったタクミに降りかかる攻撃は、白い竜の鱗を叩く事は無い。 代わりに黄金の刀が横なぎの斧をいなしたのだ。 「分断されずに済んだわね! ありがとうタクミ、助かったわよ!」 『それよりも姉さん、少し我慢してて!」 「分かったわ!」 「逃げられ……しまっ、」 カムイを盾にタクミは距離を取り、すかさず人に戻って風神弓を構えて矢を穿つ。 斧を受けた角の根本に走る痛みなど気にしていられなかった。 人の身体よりも大きな的になる翼に光る矢を受けた魔竜は、苦悶の咆哮を上げながら墜落する。 地面に叩きつけられた衝撃に動けなくなっていたカミラに、タクミは更にその命を奪わんと再び矢を瞬かせた。 カムイは既にタクミのすぐ傍まで戻ってきて、油断なく黄金の刀を構えている。 「調子に乗るなよ? ぶっ潰してやる。 」 「我が妹カミラを殺させるかぁぁぁ!」 「え、うわぁっ!?」 「きゃぁぁぁ!!」 カミラを殺さんと翻る風は、放たれる事は無く霧散する。 なんとリョウマと一騎打ちを演じていた筈の暗夜王子マークスが、一目散にカムイとタクミの方向へ突っ込んできたのだ。 タクミは暗夜の将の特攻に唖然とするが、マークスの背後で膝をつくリョウマを確認して納得する。 どうやらリョウマとの一騎打ちに決着がつきそうな展開で、すぐ傍にマークスにとって妹の命の危機に思わず加勢しに来てしまったのだろう。 結果的に兄を助ける事になったようだが、タクミの意図した所では無くただの偶然だ。 だがリョウマを逃がす好機には変わりない。 なので比較的近くにいるサクラへ指示を飛ばした。 「サクラ!! 今のうちにリョウマ兄さんを!!こっちは僕達で時間稼ぎするから!!」 「分かりましたタクミ兄様!!」 サクラも戦局を理解していたのだろう、タクミの叫びを聞くとすぐに自分の臣下とヒノカとアクアを護衛にしてリョウマの元へ駆け寄る。 そしてそれは暗夜側でも変わらない。 黒い聖騎士がにらみを利かせる中でカミラが魔竜も含めて撤退させられている。 カミラが安全な所に運ばれて改めて、マークスは神器ジークフリートを二体の竜に向けた。 「救いの刀だろうが伝承の竜だろうが、そんな物は関係無い。 まとめて我が神器で切り捨ててやろう。 」 「……やれるものならやってみろ。 』 「私も、守ってみせるわ。 』 暗夜最強の騎士であるマークスを相手に、竜に変じられるとはいえただの剣士と弓使いの二人では分が悪い。 しかしタクミは気付いていた。 リョウマとの死闘を演じておいて無傷でいられる筈が無いと。 よく見るとマークスは肩で荒く息をしており、鎧もかなりの傷を抱えていた。 『姉さん。 あいつ……暗夜王子マークスは強い。 正直僕達に勝ち目は薄いよ。 』 『分かっているわ。 私たちが受けれる攻撃は竜の身で一撃ずつがいい所、でも竜になってる限り射程はあちらが上なのよね。 』 『そうだね、だからチャンスは一度だ。 』 タクミはそう言いながら長い首をしならせて前方へ目を向ける。 カムイがそれに呼応するように地面を前脚で一つ踏みしめてタクミより一歩前に出た。 『私が前へ、文句は言わせないわよタクミ。 』 『文句なんて沢山あるに決まってるじゃないか、姉さん。 』 不承不承といった体なのは口調だけで、タクミは大人しく身をくねらせて半身だけ下がる。 弟の……男の矜持より生存性を上げるべきなのだと、タクミも分かっていた。 「覚悟!!!」 鬼気迫る表情で叫んだマークスは二体の竜へ向かって神器を掲げる。 その攻撃をタクミは後ろへ、カムイは前で移動する事によって躱す。 カムイは躱した勢いそのままにマークスの懐へ入らんと駆けるが、勿論マークスの剣と対峙してしまった。 『きゃぁぁぁあああ!! あぐっ!』 「くっ、まさか青い竜自ら突っ込んでくるとはっ!!」 だが、それでいい。 一瞬でもマークスの攻撃が止められたならばカムイとタクミの勝ちなのだから。 彼女が庇うように立ってしまっているマークスという敵に向かって、緑の矢が放たれる。 だがカムイは信じていた。 タクミを、白い竜を、勝利を。 青い竜ごと打ち抜かんばかりの緑の矢は、彼女の翼の付け根を掠めるように竜の身体をすり抜けて、ジークフリートに叩きつけられた。 その衝撃でマークスの手から剣が弾かれて宙を舞い平原へと突き刺さるが、タクミがそれだけにとどまる事はありえない。 攻撃手段が大幅に減じたマークスからカムイは早々に退避した為に、タクミとマークスの間に遮るものは何も無いのである。 だが今追撃を加えても、マークスに対して決定打を与えられないだろうとタクミは分かっていた。 なので草原遠くに突き刺さっているジークフリートに再び緑の矢を当てて、更に遠方へ吹き飛ばす。 ここまで来て初めて、タクミはマークスへと風神弓の矢を向けた。 「引け、暗夜の将よ。 」 タクミ自身が驚くほどに、冷たい言葉が喉から滑り出る。 将同士の一騎打ちは事実上マークスの勝利で収まったが、今の状況で暗夜軍は将の首を取られたも同然になってしまった。 試合に勝って勝負に負けた事を悟ったマークスは、苦々しい表情で撤退を命じる。 妹の命と引き換えにした、敗北だった。 「……撤退だ、兵を戻せ。 」 この戦の勝負はここで決する。 しかし、これが長きにわたる開戦の狼煙なのだと誰もが気付いていた。 タクミの記憶はここで途切れている。 身体を横たえながら光が入り込む窓辺から景色を眺めて気が付く、どうやらリリスの異界に運び込まれたらしい。 おもむろに起き上がってみると、頭と両腕に走る鈍痛にタクミは顔をしかめた。 「いってて……。 あぁそうか、頭はカミラ王女の攻撃を角で受けてたな。 」 両腕の状態を軽く確認するも、怪我は無いようだが物凄く痛い。 恐らく病み上がりにも関わらず激しい戦闘を演じたからだろう。 戦闘中は極度に集中していたので気にならなかったが、どうやらタクミは身を削りながら戦っていたらしい。 それでもタクミに後悔は無かった。 何故なら、姉と共に戦えたから。 「姉さんを守る盾になれないのはもどかしいけど、そしたら薙刀でも持たないといけないからなぁ……風神槍として扱うのは流石に風神弓が可哀そうだし。 」 「あら、私はさっきのスタイル大好きだけど?」 「そりゃ姉さんは僕を思う存分まも……れ……え?」 独り言のつもりが返事があってタクミは停止した。 そのまま壊れた絡繰人形のようにギギギと声をした方向に顔を向ける。 満面の笑みを咲かせるカムイがそこに居た。 「う、うわぁぁぁ姉さん!?」 「やっと目が覚めたのね、無茶しちゃダメって私言ったじゃない!!」 満面の笑みは一瞬で悲しい怒り顔となり、カムイは目尻に涙すら溜めて叫ぶ。 「仕方なかっただろあれは。 中衛で戦ってたら暗夜の王族が次々と突っ込んでくるなんて思わないじゃないか。 」 「それは、そうだけど……。 」 タクミは改めてカムイを見る。 彼女はタクミの隣のベッドに横になって体を起こしていた。 服の袖や襟から覗く包帯が痛々しい。 仕方ないとはいえ、基本的にカムイで受けてタクミで倒す戦法を多用したが故に、カムイの負担がかなり大きくなってしまったのである。 序盤の一般兵を相手にしている時はまだ良かった。 前に出過ぎたカムイを追いかけるようにタクミは率先して盾になる事で、カムイの単騎駆けを抑えていられたから。 しかし暗夜王子レオンに襲い掛かられた辺りからそうも言ってられなくなる。 終いにはカムイを囮同然に利用しての辛勝。 試合に勝って勝負に負けたとはまさにこの事だ。 「姉さん、守れなくてごめんね。 」 「そんな事言わないで、ちゃんとタクミは仕留めてくれたじゃない。 」 「そりゃ僕が僕であるうちに姉さんを射るなんて事があったら発狂するから。 当たり前じゃないか。 」 「まぁいいじゃない。 私は信じてたわ、タクミが敵だけを射る事を。 」 「……ありがとう、その言葉が僕は何より嬉しいよ。 」 「ふふ、どういたしまして。 」 タクミは腕の痛みを押して、カムイの方に手を伸ばす。 カムイもまた、怪我をして痛いはずの腕を掲げてタクミの指に触れてくれた。 触れている箇所はとても狭いのに、カムイの温かさがタクミの指を通して体全体に広がっていくようでたまらない。 気のせいだとは分かっていても、タクミは呟かずにはいられなくて。 「あったかいね。 」 「……えぇ。 」 ……その行為は、カムイの背後のベッドに横になっているリョウマの咳払いが聞こえるまで続けられた。 [newpage] [chapter:【異伝・徒労の文】] 話は花見の日の朝にまで遡る。 カムイが遅刻するのは皆が覚悟していた事なのだが、今日が何の日かミコトとタクミは知っていた。 勿論、この場に居ないアクアも。 ミコトは謁見の場からそこそこ遠くに離れた場所に設置されている呪い部屋へと来ていた。 ただでさえ人気のない場所に、さらに幾つかある個室のうちの一つのふすまに手をかけて迷いなく滑らせる。 ……いや、滑らせようとした。 「待ってたよ、母上。 」 開かれてもいないふすまの中からミコトへ声がかかったのである。 ミコトをこの状況で『母』と呼ぶ人物など二人しかいない。 そして、その片方の人物と間違いなくここで待ち合わせをしている。 「タクミ、開く前に声をかけるのはどうかと母は思いますよ。 」 「いいじゃないか、呪い師ぽくて雰囲気でるし。 」 なのでミコトも負けじと、ふすまを挟んで声を発した。 ちゃんといけないことを指摘しながら。 だが部屋の主は悪びれもせずに冗談を言ってのける。 ここでミコトは改めてふすまを開いた。 「さ、入ってよ母上。 」 「はいはい。 」 部屋で彼女を待っていたのは、白い竜の化身たる白夜第二王子タクミ。 彼は慣れた手つきでミコトを手招きして、それにミコトも澱みなく従った。 呪い用に用意されている座布団に腰を降ろしているタクミは、机越しに置いてあった座布団を手で勧める。 「あまり長居はする気は無いのですがね。 」 「僕もそうだけど。 」 ミコトは口ではそう言いながらも、座布団に腰かけてタクミに向きあった。 どちらが上座でも下座でもない位置に置いてあった座布団に、母と子でもそれ以前に対等の立場なのだというタクミの強い意志をミコトは感じている。 やがてミコトが一息ついた頃合いに、まるで母に甘える幼子のような声を出しながら両手を差し出して何かを貰うような仕草をタクミは取った。 「じゃあ母上、あの手紙を頂戴よ。 」 「あの手紙に意味を失くしたのは、タクミじゃないですか。 」 「それでもやっぱり僕はあの手紙が欲しいんだ。 いいよね?」 その表情に彩られるのは、蜂蜜色の瞳を蕩けさせて満面の壊れた笑みを浮かべる飢えた獣の飢餓である。 およそタクミらしくない傲慢な態度になる理由をミコトは知っていた。 もうタクミは色々と限界が近い。 『あるべき未来』の始まりは、もう間もなくやってくるのだ。 その予兆に、カムイは頻繁に『あるべき未来』の夢を見ている。 タクミが否定したタクミが居ない過去の中にカムイが居るという事は、例え夢であってもタクミにとって許し難いのは誰の目から見ても想像に硬くない。 故にタクミも求める。 カムイとの絆を『あるべき未来』へと。 その対処法が歪んでいる事すら気付けない程に、今のタクミは壊れていた。 「……これですよね?」 「わぁ、ありがとう母上! やっぱこれが無いと始まらないよ!!」 観念したようにミコトが懐から取り出した手紙を、タクミはまるで硝子細工を受け取るように恭しく手に収めた後、壊れた笑みのままミコトの文に頬を寄せる。 まるで望郷の友人に出会ったかのような所作は、幼い子供を思わせた。 幼子のごとく可憐で、無邪気で、残酷な光が蜂蜜の瞳に宿る。 そうして壊れた瞳を一層輝かせているのだ。 「このたった一枚の手紙が、僕と姉さんの心を全て壊す。 例え今は徒労の文だったとしても、これはとても大切な物だと僕は思うんだ。 」 「はい、分かっているとは思いますが……今は一枚の手紙を開けるのは、恋に悩んだ時ですよ?」 「うん。 でも僕はこの手紙を一生読まない事も知っている。 だって僕は姉さんを迷わず愛していくから。 ……何度でも、永遠に。 」 新たな心臓を空虚な体に込めるように、タクミは文を右の懐へ仕舞い込む。 服越しに文へと当てられた手は、そこにある新たな息吹を感じているようだった。 [newpage] [chapter:【七章・朔望月】] 明るい夜が終わり、明るい朝が来る。 それが白夜王国の日常。 変わらない日々がそこにあった。 リリスの異界には限られた人しか招く事が出来ないので、あの場で養生出来たのは本当に僅かな人物だけ。 異界の管理者リリスの主たるカムイと、その兄弟であるタクミとリョウマ。 なので元の世界には、先の戦で負傷した兵や炎の広場にて負傷した一般人も大勢いる。 カムイはそこに治療を手伝いに行く事にしたのだが……、 「ねぇ、タクミは本当に私と一緒に来れないの?」 「うん、姉さんごめん。 僕にはどうしてもやりたい事があるんだよ。 」 どうやらタクミは別の用事があるらしく、すでに出発準備を整えてカムイに挨拶に来ていた。 カムイを庇って命の危機に晒された直後に、異界で傷を完治したとはいえいきなり戦争に放り込まれた弟。 それがまた忙しなく戦準備をしていたら姉でなくても心配というものである。 リョウマもまた既にイズモ公国の国境沿いに出兵しており、将として暗夜王国と交戦する予定だそうだ。 「ちなみに、どこに行くか聞いてもいい?」 「イズモ公国。 正確にはリョウマ兄さんが交える戦で、ある兵に会いたいんだ。 」 こんな大事も大事の時にタクミの勝手な行動が許された訳だ、とカムイは納得する。 リョウマと目的地が同じなら、白い竜が応援として駆けつけるという大義名分を掲げられるのだから。 それでも、納得できない事がカムイにはあるのだが。 「またタクミは、どうしてそんな無茶するの?」 「無茶はしてない……って言ったら嘘になるけど、でも見えるモノは助けたいから。 それにあいつの事はずっと気になっていたからね。 」 「そう、こういう時のタクミは止めても無駄だって私は知ってるからいいわ。 でも、」 「何? 姉さん。 」 何故だかカムイは、これでタクミとは今生の別れのような気がしていた。 もう二度と会えなくなるような悪い予感が止まらない。 だがカムイがそんな事を考えているのをタクミはお見通しのようで、安心させるようにカムイへ一歩近づいて頬を彼女の頭へ寄せる。 いつの間にか、タクミの方が身長が高くなっていたようだ。 「お願いタクミ、もう少しこのままでいて。 」 「……うん。 」 獣がすり寄るようなタクミの行為に、カムイは得も言われぬような安心感に満たされる。 思わずため息を零して目を瞑った。 無性に鳴きたくなるのは何故だろう。 カムイもまた無意識に、タクミの首元に頭を乗せた。 急ぐ旅とは言っても、姉大好きなタクミとしてもカムイと離れがたいのだろう。 またカムイも、あらゆる意味で真っ直ぐに好意を示すタクミと離れるのは寂しいようだ。 竜と竜が身を寄せ合う光景はどこまでも神々しく、人が触れてはいけない神話の物語の様相すら呈していたのだが。 「カムイ、タクミ! 全く……いつまでそうしているつもりなの?」 「あぁああアクアっ!?」 「うわっアクア姉さんいつから居たの!?」 「ついさっきよ。 カムイがいつまで経っても戻ってこないから様子を見に来てみれば、案の定ね。 」 カムイは出兵せずに後方支援として、サクラやアクアと共に治療を行うべくテンジン砦へ赴く予定である。 しかしタクミの見送りをすると言ったカムイがいつまでも帰ってこない事を訝しんだアクアが、様子を見に来たという所だろう。 先程までの、タクミと異様に近い距離感が今更ながら恥ずかしくなったカムイは一歩飛びのいてアクアへ必死に言い訳をする。 タクミがその瞬間、寂しそうな顔をしていたのを見たのはアクアだけだった。 「もうテンジン砦の周囲にミコトお母様の結界は無いわ。 近いうちに完全に結界は機能しなくなる。 」 「そ、そうね、だから一刻も早く負傷者の治療をしないとって話だったわね。 」 「ええ、覚えてるならいいのよ。 白夜王国の守り竜が姿を見せるだけで国民にどれだけ救いになるかは、先の戦でカムイも良く見て来たでしょう?」 「分かった、分かったからアクア、行くから服を引っ張らないでって、」 タクミがそこに居る事すら全く無視したように振る舞うアクアは、カムイの腕を掴んでぐいぐい引っ張る。 そうして完全にタクミとカムイの距離を開ける事に成功し、彼女は薄いながらも満足げな笑みを唇に乗せて一つ頷いた。 「タクミもこんな時に勝手に行動して、なんては言わないわ。 」 「一応僕はリョウマ兄さんへの援軍として、イズモ公国へ向かうんだけどね。 」 「あら、それが詭弁なのは知ってるわよ。 でもその用事が終ったら戦争に参加するみたいだし、いいんじゃないかしら?」 「まぁ姉さんと一緒じゃなきゃ嫌だけどね?」 「そう。 その言葉を聞いて安心したわ、だってあなたは必ずカムイの元へ帰ってくる。 」 「うん。 僕は姉さんの傍がいいから。 」 しかしタクミの寂しそうな表情はアクアと会話をしているうちに鳴りを潜め、そこには一つの決意を新たにする白い竜が居るだけになる。 もうカムイと離れがたいとわがままを言う少年ではなく、『あるべき未来』を見据える神秘の獣として。 タクミは竜の姿をとってその背に臣下たるヒナタとアサマを乗せてから、上空へと飛翔した。 』 吸い込まれそうな青空にタクミの姿が霞んでいく。

次の