すとぷりベノム。 我を貫いた歌。莉犬に提供された楽曲「ルマ」についてまとめてみた

莉犬 初のオリジナルフルアルバム!『タイムカプセル』発売決定!!

すとぷりベノム

歌い手やゲーム実況者としても人気のころんの4回目となるワンマンライブにはうれしいサプライズゲストも。 年始めを賑やかに彩る宴となった同公演のオフィシャルレポートをお届けしたい。 前日1月3日、大阪で行われたジェル すとぷり のワンマン公演と同じく、イチゴが載った立派な鏡餅オブジェが両脇に飾られたステージ。 バンドメンバーに続いて「みなさんこんにちは!」と元気よくころんが現れると、「ロケットサイダー」からライブがスタートした。 黒いシャツに黒いパンツを合わせたスレンダーなころんは、歌声に透明感があるのに「もっともっと!」とアオると男らしい、というギャップでいきなり心をつかんでくる。 「ダンスロボットダンス」では、「声足りねぇよ!」と客席にマイクを向けるころんに、大きなコールで応えるオーディエンス。 フロアにはころんのイメージカラーであるブルーのペンライトがたくさん灯って、とてもきれいだ。 「いやぁ、すごい! 裸になりたいくらい熱気がすごい」と興奮気味のころん。 お水を飲もうとするだけで「かわいい!」と反応するオーディエンスに「知ってる!」とすぐさま切り返したり、「日本の中でここが一番人口密度が高いんじゃない?」と語ったころんにオーディエンスが笑顔で応えたり、といったライブならではのやりとりも楽しい。 「ここだけの話にしてほしいんだけど……超有名俳優さんが来てくれています!」と呼び込んだのは、すとぷり内コラボの相方としておなじみのさとみだ。 お手製のころんのお面をつけて、ころんの声真似をして登場する遊び心に場内も大歓声で歓迎。 2019年末に行われたさとみのワンマンライブにはころんがサングラスをかけてゲスト出演し、さとみもサングラスをかけさせられたばかり。 そして今回は、お面をとったさとみがサングラス姿で、胸ポケットから取り出したのはころんのためのサングラスだった。 「自分で言うのもなんだけど、似合うと思う!」と自信満々のころん。 その結果は、さとみも太鼓判を押すほど似合っていた。 「せっかくだから」と2人でモデルっぽいポージングをしたあとはサングラスを外し、「この2人がそろったからにはバトルしちゃっていいですか!? 」と声を合わせて、「でこぼこげーむぱーてぃー」へ。 ブルーだけでなく、さとみのイメージカラーであるピンクのライトも揺れる中、背中合わせになっての歌い出しから、すれ違いざまのジャレ合い、コミカルなかけ合いや振付も、あうんの呼吸が目にも耳にも心地いい。 「めっちゃ盛り上がったね!」と笑顔を見せ、肩を組んで記念撮影をした2人は、やはり素敵なコンビだ。 アンコールを受けて再びステージに現れたころんは、ブルーではなく、貴重な水色のすとぷりパーカー姿。 「今日は本当にありがとうございました! 僕は配信とかYouTube動画投稿とか、いろんなことをやっています。 そして、みんなの顔を見られるライブはやっぱり好きやな! いろいろな準備、たくさんの方の協力があって、素敵なライブにできました。 みんなの声、つぶやきに、いつも勇気づけられています。 そのすべて、僕はちゃんと見ているから。 天井知らずのかわいさとたまに見せるあざとさや毒っぽさ、その芯を貫くリスナーへの誠実さなどなど、ころんの魅力が凝縮された一夜となった。

次の

さとみ(すとぷり) 愛と笑顔があふれたワンマンライブ『Memories』をレポート

すとぷりベノム

Y学園へ行こう 学園ドタバタ編 3. 恋のつぼみ 4. ルマ 5. ネガリズム 6. ツイートツイート 7. Happy Angle 8. Rainbow 9. Since 1998. Now or Never 11. 君の方が好きだけど 12. 最終列車 すとぷり 14. 8 DAY2 『僕たちすとぷり信号機組!』(2019年6月30日(日)NHKホール) 君の方が好きだけど すとろべりぃぬまじっく ちこくしてもいいじゃん ちこくしてもいいじゃん ~オーディオコメンタリー 莉犬ver. 莉犬くんの職業体験っ! 2. りけんくんによる莉犬にぃアルバム完成おめでとう会っ! 特別ゲスト! りけんくん&りいこちゃん&りねこくん オリジナル特典(初回限定盤・通常盤対象).

次の

我を貫いた歌。莉犬に提供された楽曲「ルマ」についてまとめてみた

すとぷりベノム

歌い手やゲーム実況者としても人気のころんの4回目となるワンマンライブにはうれしいサプライズゲストも。 年始めを賑やかに彩る宴となった同公演のオフィシャルレポートをお届けしたい。 前日1月3日、大阪で行われたジェル すとぷり のワンマン公演と同じく、イチゴが載った立派な鏡餅オブジェが両脇に飾られたステージ。 バンドメンバーに続いて「みなさんこんにちは!」と元気よくころんが現れると、「ロケットサイダー」からライブがスタートした。 黒いシャツに黒いパンツを合わせたスレンダーなころんは、歌声に透明感があるのに「もっともっと!」とアオると男らしい、というギャップでいきなり心をつかんでくる。 「ダンスロボットダンス」では、「声足りねぇよ!」と客席にマイクを向けるころんに、大きなコールで応えるオーディエンス。 フロアにはころんのイメージカラーであるブルーのペンライトがたくさん灯って、とてもきれいだ。 「いやぁ、すごい! 裸になりたいくらい熱気がすごい」と興奮気味のころん。 お水を飲もうとするだけで「かわいい!」と反応するオーディエンスに「知ってる!」とすぐさま切り返したり、「日本の中でここが一番人口密度が高いんじゃない?」と語ったころんにオーディエンスが笑顔で応えたり、といったライブならではのやりとりも楽しい。 「ここだけの話にしてほしいんだけど……超有名俳優さんが来てくれています!」と呼び込んだのは、すとぷり内コラボの相方としておなじみのさとみだ。 お手製のころんのお面をつけて、ころんの声真似をして登場する遊び心に場内も大歓声で歓迎。 2019年末に行われたさとみのワンマンライブにはころんがサングラスをかけてゲスト出演し、さとみもサングラスをかけさせられたばかり。 そして今回は、お面をとったさとみがサングラス姿で、胸ポケットから取り出したのはころんのためのサングラスだった。 「自分で言うのもなんだけど、似合うと思う!」と自信満々のころん。 その結果は、さとみも太鼓判を押すほど似合っていた。 「せっかくだから」と2人でモデルっぽいポージングをしたあとはサングラスを外し、「この2人がそろったからにはバトルしちゃっていいですか!? 」と声を合わせて、「でこぼこげーむぱーてぃー」へ。 ブルーだけでなく、さとみのイメージカラーであるピンクのライトも揺れる中、背中合わせになっての歌い出しから、すれ違いざまのジャレ合い、コミカルなかけ合いや振付も、あうんの呼吸が目にも耳にも心地いい。 「めっちゃ盛り上がったね!」と笑顔を見せ、肩を組んで記念撮影をした2人は、やはり素敵なコンビだ。 アンコールを受けて再びステージに現れたころんは、ブルーではなく、貴重な水色のすとぷりパーカー姿。 「今日は本当にありがとうございました! 僕は配信とかYouTube動画投稿とか、いろんなことをやっています。 そして、みんなの顔を見られるライブはやっぱり好きやな! いろいろな準備、たくさんの方の協力があって、素敵なライブにできました。 みんなの声、つぶやきに、いつも勇気づけられています。 そのすべて、僕はちゃんと見ているから。 天井知らずのかわいさとたまに見せるあざとさや毒っぽさ、その芯を貫くリスナーへの誠実さなどなど、ころんの魅力が凝縮された一夜となった。

次の