紫陽花 地 植え 時期。 アジサイの育て方 地植えに植え替える時期は?肥料の与え方

紫陽花の地植えは縁起が悪い?庭に植えたら本当にいけないの?

紫陽花 地 植え 時期

「スポンサーリンク」 あじさいの苗木が喜ぶ地植えの時期は アジサイの苗は通常、鉢の中で根がパンパンになると根詰まりを起こしてしまうので、1年に1度一つ大きな鉢に植え替えをします。 土の表面に根が見えていたり、底の穴から根が出てきているほどパンパンであれば、植え替えどきです。 早めに地植えをし成長をうながしましょう。 紫陽花の苗木を地植えする場合は、休眠期である冬に行います。 寒さの厳しい年や北陸の方なら、寒さが和らぐ3月〜4月でも大丈夫です。 真夏や厳しい霜が降りる真冬などの極端な時期を避けて植え付けをしましょう。 鉢への植え替えの場合は、鉢の中が上記のようにパンパンになってしまっていたら、ふた回り大きな鉢に植え替えをしてあげましょう。 鉢の植え替え時期は花が終わった7月あたりに行います。 それでは、どんな場所に地植えし育てるのが良いでしょうか? アジサイの地植えのへ植え替え アジサイの根がパンパンなようなら、すぐに植え替えをと書きましたが、このようにアジサイは大きくなるのが早い植物です。 数株を植えるときは、十分に間隔をとって植えます。 夏の強すぎる日差しは避けましょう。 葉が焼けて痛んでしまいます。 湿気がある程度あり、たまに日が当たるくらいの明るい日陰が色づきもよくなりベスト。 乾燥もよくありません。 冬の乾燥した風や西日がじゃんじゃん当たる場所は避けましょう。 かといって、じめじめと水はけの悪い場所も良くなく、いわゆる日陰でコケが生えているような場所は良くありません。 日当たりの良い乾きやすい場所あれば、地面にワラを敷いてあげましょう。 鉢植えの場合は特に乾燥しやすいので、表面が乾いたらたっぷりと水をあげます。 ジリジリの日光が苦手とはいえ、明るい日陰へ持って行き、ある程度は日光の恩恵を受けられるようにします。 また、土の酸性・アルカリ性の度合いによっても紫陽花の花は影響されます。 白色はその影響が少ないです ーー葉が茶色く変色してきた 紫陽花は落葉樹です。 冬になると一旦葉が全て落ちます。 寒さには強いので、枯れたと思わず春を待ってみましょう。 株元が乾燥しないように気をつけること、 これがポイントです。 「スポンサーリンク」 アジサイの苗の植え方 根っこに注意 地植えの時は、鉢から取り出したそのまま、土の中へ植えてしまってOKです。 植え替えの時はどうしても根が傷ついてしまいますので、根が活発に成長し始める前である冬〜暖かくなる頃、花が咲き終わった後などの休止期に行うのです。 根が傷つき、水がうまく吸い上げられなかったり乾燥したりして枯れてしまうこともあります。 植えたあとは周囲を軽く踏み固め、根が張るまでしっかり固定し水をやります。 あじさいの苗の地植え方法まとめ 紫陽花の苗を地植えする場合でも、乾燥と日照りに注意すれば、さほど難しくないことがわかりました。 地に根を張り繁るアジサイは一際美しいもの。 海外のお家のアプローチなどでも、小道の両サイドをずらりと紫陽花が彩る様子は圧巻です。 あなたの紫陽花も地面までつきそうなほど花が咲き、元気に彩るといいですね。

次の

アジサイの育て方!育てやすい品種と病気の時の対処法も知っておこう

紫陽花 地 植え 時期

アジサイ、お気に入りの品種がありますか? 気に入ったアジサイを増やしてみたいと思ったら、 挿し木をすれば、同じ品種をたくさん増やすことができます。 アジサイの生長を近くで鑑賞できるのも楽しく、 順調に生長すると、翌年か翌々年には花を咲かせてくれます。 アジサイの挿し木は、手順とコツを覚えると、容易にできます。 いろいろな植物に応用できますので、とても便利です。 中でも、湿度を保つことができ、日照時間も長い 梅雨の時期が一番適しています。 3月ごろには休眠枝ざしという方法で挿し木を行うこともできますが、 品種によっては発根しにくくなります。 9月に挿し木をする場合は、早めに挿しておくと冬の寒さに負けません。 用土:鹿沼土、パーライト、バーミキュライト、ピートモスなどを単体で使用します。 必ず新しいものを用意し、あらかじめ給水させておきます。 挿し穂を用意します。 今年伸びた枝で、花芽のついていないものを、15~20㎝程に切ります。 挿し穂から2節目の葉を取り、1節目の葉は半分くらいにカットします。 これは、葉から余分な水分が蒸発するのを防ぐためです。 茎は、よく切れるハサミやナイフで斜めにカットすると、 給水が良くなり発根しやすくなります。 挿し穂を水にさし、1時間ほど水上げします。 用土に、箸などで斜めに穴を開け、 挿し穂の切り口に異物が入らないように注意し挿します。 根元をしっかりと押さえます。 スプレーで 葉水を与えるのも良いです。 2週間から1か月で発根します。 しっかり発根する1ヶ月後くらいに5号鉢に鉢上げします。 鉢上げした後は、 徐々に日当たりのよい場所へ移しながら育てていきます。 そのように表示されたアジサイは、 自分で楽しむ程度に増やすのが良いかと思います。 2015年06月10日に、新芽が展開しているので、 おお~! 発根の兆しと思い覗いてみました。 今年の開花は無理ですが、来年には必ず咲いてくれるでしょう 梅雨の時期に挿し木をすれば、 2週間少しくらいで発根すると思います。

次の

紫陽花の鉢植えの植え替えの時期や育て方 長持ちさせる方法は?

紫陽花 地 植え 時期

Contents• アジサイの育て方 今回は、アジサイを地植えするときの育て方を紹介します。 鉢植えでの育て方は、このサイトの別のアジサイの記事を参考にしてくださいね。 アジサイ地植えの育て方• 多くの品種が並ぶ4月と5月に、枝葉が丈夫な苗を購入しましょう。 植える場所は適度に日があたる場所を選びましょう。 日陰でも育ちますが、花付きが悪くなります。 直植えの場合は、土作りの必要がありません。 どんな庭に植えても大体元気に育ってくれます。 直植えの場合は、根が張るまではたっぷり水をあげますが、それ以降は特に水やりの必要がありません。 簡単ですね。 「育て方が分かったし苗は手に入れたし、さっそく庭に植えてみよう」そう思った方、ちょっと待ってくださいね。 アジサイの植え替え時期は、花後の7月下旬か、剪定後の9月下旬~10月上旬です。 (剪定の方法は鉢植えと同じです) 苗のほとんどは、鉢植えで販売されていますが花が咲き終わるまでは、そのまま鉢の中で育ててください。 これから花の時期や花盛りの時期は、花に栄養を届けるのにエネルギーを注ぐので、根に負担がかかる植え替えは避けます。 では、鉢植えアジサイを地植えする方法についてお話していきましょう。 鉢植えアジサイを地植え(庭植え)する方法 用意する物は大きなスコップだけです。 土が貧弱だと感じる場合は、完熟の腐葉土も用意しておきましょう。 植える場所を決めて穴を掘ります。 大きさは根鉢より一回りほど大きくします。 必要だと感じたらここで腐葉土をたっぷりと混ぜ込んでおきましょう。 根が傷つくのを防ぐため、基本的には根鉢は崩しません。 アジサイ株を植えたら、根の周囲を軽く踏み固めて株を固定します。 最後にたっぷりと水をあげましょう。 アジサイの育てやすい品種はコレ! 日本が原産ということもあり、アジサイは比較的日本で育てやすいのですが、特に日本のアジサイが西洋で品種改良された、セイヨウアジサイ(ハイドランジア)がおすすめです。 セイヨウアジサイには多くの品種が存在しますが、どれも育てやすいので、 初心者はセイヨウアジサイの中から好きな品種を選びましょう。 では、セイヨウアジサイの中でも特に育てやすいとされる品種を紹介しますね。 アナベル セイヨウアジサイ(ハイドランジア)の中でも、特に育てやすいとされているのが「アナベル」です。 白く大きな手毬の様なアジサイでとてもかわいらしく、難しいお世話は必要ありません。 ブルーステッキ 鮮やかな青が特徴のセイヨウアジサイです。 丈夫で育てやすいのですが、きれいな青色を出すにはPh管理が必要です。 ピンキーウィンキー こちらも丈夫で育てやすい品種です。 白からピンクに花色が変化します。 一般的なアジサイとは違いとがった形が特徴です。 「アジサイの育て方」病気の対処法 丈夫で育てやすいアジサイですが、病気にならないわけではありません。 万が一病気になってしまった時のために、病気の種類と対処法を知っておきましょう。 青枯れ病 元気だったアジサイが、突然枯れ始めたら疑う病気です。 名前の通り葉が青いうちに枯れてしまいます。 原因は細菌感染で、高温多湿の環境になると起こりやすくなります。 雨後、急に気温が上がるときは注意して、日よけをしてあげましょう。 感染した株は、すぐに抜き取り処分し、ほかの植物への感染を防ぐために土壌を消毒しましょう。 そうか病 5月~7月ごろにかかりやすい病気です。 葉や茎に小さな斑点ができるのが特徴です。 茎にかさぶたの様なものができることもあります。 病気を見つけたら、その部分を取り除きましょう。 セイヨウアジサイはこの病気にかかりにくいと言われています。 葉腐病 葉や花が茶色に変色し縮れていきます。 高温多湿でかかりやすい細菌感染で、病気を発見したら枝を短く切り詰めましょう。 灰色カビ病 葉と、額が腐ったように溶け灰色のカビが発生する病気です。 低温多湿で起こりやすいので、春先の雨や肌寒い曇りの日が続く時は雨よけをする、風通しを良くするなどしてあげると、病気の発生が少なくなります。 病気は発生したら、その部分をこまめに取り除きましょう。 ウィルス病 株のいたるところにモザイク状のまだら模様ができ、やがて株が委縮していきます。 アブラムシが媒介することの多い病気ですので、アブラムシの対策をしておきましょう。 感染した株は、抜き取って処分するよりほかなくなります。 葉化病 花が葉のように緑になる病気です。 (緑色のアジサイもあるので注意が必要です) ファイトプラズマと呼ばれる病原体による感染症で、非常に珍しい病気ですが、一度感染すると治ることはありません。 他のアジサイや植物への感染を防ぐためにも、病気が発生したら株を抜き焼却し、土壌を消毒しましょう。 まとめ• アジサイは丈夫な苗を適度な日当たりの場所に植えればOK• セイヨウアジサイが特に育てやすい• 万が一病気になったときの対処法を知っておこう 多種多様な品種があり、様々な色や形の花を咲かせるアジサイは、見る者の心をつかんで離しません。 アジサイの地植えは、鉢植え以上に育てやすいので気軽に植えてみましょう。 苗が出回る季節に、お店に出向いて好みのアジサイを探してみてくださいね。 人気記事BEST10• 毎日元気に飛び回って遊んでいる子供たち、当然服もしっかり汚して帰ってきますよね。... カテゴリ: ,• 「子供に読み聞かせをしてあげたい」「出産祝いに絵本を送りたい」だけど、どれを選ん... カテゴリ:• そろそろ初夏の足音が聞こえてきますね。 五月前後は花粉症の私もやっと症状がおさ... カテゴリ:• 実は、私「雨が降ると水やりの手間がはぶけてラッキー」なんて浅はかなことを思ってい... カテゴリ:• 雨が続くと布団がジメジメしてきて寝心地が悪くなりますよね。 特に子供はよく... カテゴリ:• 子供を持つと多くの悩みがある中で多いのは『夏のお風呂』です。 特に初めてマ... カテゴリ:• 子供たちが待ちに待った夏休みがやってきましたね! 私の子供はまだ未就学児な... カテゴリ: ,• オークションやフリマアプリ、衣料品店などで気に入った服。 「フリーサイズ」... カテゴリ:.

次の