僕は君が好き焼けた肌にいい匂い別に。 MALICE MIZER Brise 歌詞

ss

僕は君が好き焼けた肌にいい匂い別に

僕の恋する彼女、15歳。 テスト前と言うこともあり、日曜補習を行った。 今日はどういうわけか、校舎には僕らしかいなかった。 僕ら二人の校舎。 いやはや・・・。 ただ、「君の事が好きだよ~~」って言うだけなのに、どうしてこんなに疲れるのだろう。 どうしてこんなにも震えてしまうのだろう。 どうしてこんなに何度も同じ言葉を飲み込んでしまうのだろう。 どうしていざと言うときに、言葉が音になってくれないのかな・・・言葉は何度僕の口の中で音をなくしていったのだろう。 たった一言「君の事が大好きだよ~~」ってそれだけを伝えるために。 13:40 約束の時間からだいぶ遅れて彼女はやってきた。 相変わらずの破けたジーンズ。 そして見た事の無いくたびれたコットンシャツ。 普段はめったにかける事の無い赤いメガネをしていた。 表情に曇りは無かった。 明るい笑顔。 描かれた眉。 僕らは僕らの席・あの机に並んで座って、僕らはテスト対策を行った。 僕は彼女の髪を触れていた。 僕の右側に座る彼女。 僕は右手で彼女の髪を触っていた。 首筋から髪の奥へ手を回して、うなじから後ろ髪をそっと持ち上げては離す。 あるいは、彼女の肩に僕の肘を乗せて彼女の髪をそっと束ねてはねじる。 そして彼女の顔を隠す耳元のサイドの髪をそっと耳元にかきあげる。 彼女は嫌がることも無く、時々、自分で髪をかきあげたり、髪の乱れを直しながらテキストに向かっていた。 頬へと垂れ下がる髪を耳元にかきあげる。 見える彼女の横顔。 不器用に描かれた眉。 乾いて荒さの目立つ肌。 日に焼けた肌はコーヒー牛乳の色。 僕はそっと尋ねた。 『くすぐったくない?あるいは嫌じゃない?』 彼女は笑いながら答えた。 「別に嫌じゃないよ。 美容院だと首筋とか耳元とかくすぐったいけどね。 今日は平気みたい。 」 彼女の表情は分かりやすい。 その表情を伺う限り、恐らくそれは本音なのだろう。 僕は彼女の耳元の髪を大きくかきあげて彼女の左耳を見ていた。 耳の入り口と、耳の中にほくろをみつけた。 入り口のほくろは少し大きくて色が薄い。 そして耳の中のほくろは小さくて色が鮮やかだった。 『ほくろ!!』 僕は目を凝らしながら、そう言った。 同時に彼女はくすぐったがった。 少しだけ彼女に近づきすぎたのか、おそらく息が耳にかかったのだろうと思った。 笑う彼女。 身をよじる彼女。 僕の恋する彼女。 恐らく今日、僕が好きだと言ってしまう相手。 15歳。 猫のようだと思った。 僕はずっと彼女の髪をもてあそんでいた。 時折、彼女の髪の匂いがした。 時折、彼女がこちらを向いて微笑んだ。 僕のなすがままに彼女はなり、僕のなすがままに彼女の髪は踊っていた。 笑う彼女が僕の右手の中にいる。 前かがみになってテキストに向かう彼女の髪を僕は弄んでいた。 彼女の肩甲骨あたりに、僕の肘を置きながら、ずっと彼女の髪に触れていた。 彼女の首筋をそっと触れてみた。 彼女の頬から耳元に髪をかきあげながら、そっと首筋をなでていた。 しっとりとした暖かさ。 彼女の髪の中に手をもぐらせて、彼女の首を支えるように触れていた。 湿り気。 暖かさ。 手のひらに感じる人間特有の皮脂感。 僕の右手の中に。 僕は時折そっと尋ねた。 『こうやって頭をなでられるのと、髪と一緒に首筋を触られるのはどっちが嫌?』 彼女の横顔を覆っている頬にたれた髪をかきあげながら僕は尋ねた。 「う~~~ん、どっちでもいいかな?」 『ふ~ん』 「痛!!!」 僕は彼女の髪の下にもぐらせていた手、首筋を触れていた手を、そっと持ち上げて彼女の後頭部をかるく叩いた。 笑う彼女。 時折、彼女の座るいすの背もたれに自分の肘を置いて、彼女の背中に手を置いた。 冷たい服。 冷房に冷やされたコットン。 しばらくして感じられる彼女の体温。 そして、およそ人のぬくもりと呼ばれるはずの、かすかな湿度。 されるがままの彼女。 僕は彼女のやや後ろから、自分の両手を伸ばして、彼女の肩口から、そして後ろから彼女を抱くように髪の毛を両側から自分の方へ引き寄せた。 同時に身をそらす彼女。 縮む距離。 僕は彼女の髪から両手を離して、そっと背後に回って、自分の両手を広げて、彼女の華奢な両肩に触れた。 そして、また彼女の髪を両手でかきあげた。 されるがままの彼女。 テキストも見ることなくされるがままに身をそらせ、僕に髪を弄ばれる彼女。 コットンシャツの後ろの襟元に、吹き出物が見えた。 肝心な言葉は常に先送りされ、想いもよらない言葉は全てに先んじる。 僕の口は音を発していた。 『彼氏はいないの?』 時間の止まる彼女。 彼女の後ろ髪の下にもぐって首筋を触れていた、僕の右手がそれを感じた。 一瞬、髪の中の温度、首筋から発する湿度が上がったように感じた。 「いないよ。 」 彼女は朴訥に答えた。 僕は彼女の後頭部に回していた手を離して、そして彼女の頬にかかった髪をかきあげた。 彼女の表情が見えた。 彼女はいつもより、心持り硬い表情で笑っていた。 僕の心は少しだけグラツイタ。 彼女の付いた嘘以上にに、彼女の澄み切った表情を汚してしまった気がした。 そんな嘘を付かせるべきではなかったのだ。 そんな表情をさせるべきではなかったのだ。 僕は少しだけ後悔した。 「彼氏がいたら、日曜日にこんなところに来ないしね・・・」 『たしかに・・・』 僕は力の限り、声に音を与えた。 僕の中で巻き起こる全ての動揺を隠すようにして。 僕はもうすでに、自分の発しようとして発することが出来なくて、飲み込んでしまった言葉におなかがいっぱいだった。 自分の両目に普段よりも大目の水分を感じていた。 彼女の髪をかきあげる。 嫌がることなくされるがままに、髪を弄ばれる彼女。 僕は話題を転じようとして言葉に再び音を与えた。 『よく髪を触られていて集中できるね。 感心しちゃう。 』 おそらく、ほんの少しだけ、ちょっとだけ声が震えていただろう。 僕には、自分にはそう感じられた。 「そうだね~。 別に嫌じゃないしね。 」 彼女はテキストを見ながら、淡々と答えた。 僕は彼女の目を見ていた。 乱れたまつげ。 瞬きをする彼女。 そして僕は髪をかきあげる。 僕は、今日、すでに何度と無くかきあげた彼女の髪を、再び頬から耳元にかきあげた。 彼女の左の横顔を見えるように。 そして僕は言った。 『好きだよ。 』 そして僕はそのまま自分の右手を彼女の右肩まで伸ばしてその肩を軽く抱いた。 振り向く彼女。 そっと笑う。 「ようやく、気づいたの?」 彼女はそういって僕の目を、普段よりも大目の水分を含んでいたであろう僕の目を見た。 そして優しく笑った。 彼女の瞳も少し、いつもよりほんの少しだけ水分を多く含んでいるような気がした。 それは僕の目に水分が多かったためかもしれない。 そう、ようやく気づいたのだ。 僕はこんなにも彼女の事が好きで、そして『好きだよ』って言うのにこれほどの決断と勇気がいるだなんて。 忘れていたのかもしれない。 僕は彼女の髪から手を離した。 僕の手の平は、彼女の髪の脂分や彼女の首筋の水分が、僕の手汗と結びついたためなのか、ひどくべた付いていた。 僕はその右手で鼻をこするようにした。 僕の右手は彼女の髪の匂いがした。 華奢な背中を僕に向けながら、電子辞書を必死に引く彼女が、そこにいる。 僕は彼女の首筋に手を伸ばして髪をそっと、愛情の限りをもってかきあげた。 彼女が微笑んでいるのが分かる。 ただその真意は分からなかった。

次の

ぽこた be foolish/// 歌詞

僕は君が好き焼けた肌にいい匂い別に

これを塗ると黒く焼けるんじゃありません・・・綺麗に小麦色に焼けるんです! 言うならばフライパンに敷く油と同じです、いきなり食材を空で焼いたりするとくっついたり焦げたりと、色々とうまくいかないですよね? 人間の肌も同じで、日焼けは最初が肝心なんです。 肌が赤くなる紫外線B波を抑え、肌を黒くする紫外線A波は通す・・・こうすることで肌へのダメージを抑えつつ黒くしようといったのがサンオイルの効果なんですね。 早い話が肌が赤くなるのを防ぎつつキレイに黒くする事が目的で、決して日焼けを促進させるって言う事ではないんです 極端な話し、真っ黒に焼くなら塗らないほうがいいです、その場合痛みや犠牲を伴いますが・・・ 長くなりましたが、こういう知識を前提にコレを使う事で負担を抑えながら綺麗に肌を焼く事がこの商品の目的なのです・・・性質を理解して上手にハッピーな夏を楽しみましょう。 オーストラリア旅行用に購入しました。 私は肌が白く日に焼けると肌が痛みと共に真っ赤になり、なかなか日焼けをするのに勇気がいります。 今回社員旅行でオーストラリアに行く機会があり、せっかくなら黒くなって帰ってこようと思い、ネットで痛み無く焼けるサンオイルを探してこの商品にたどり着きました。 まず匂いですが南国らしい爽やかな香りがします。 とても良い香りで、匂いも強くないのでその点は気に入っています。 塗り心地も全くべたつかずとても良いです! とここまでは良いことしか書いていませんが、問題はサンオイルとしての効果です。 私の体質かもしれませんが、7日間のオーストラリア旅行で日本より遥かに強い紫外線を浴びているにも関わらず、全く焼けませんでした。 一緒に行っていた同僚は明らかに小麦色に日焼けしていますが、写真を見ても私は日本を出国した時と色が変わりません。 確かに痛みも無かったですが、これではただの日焼け止めです。。。 しかも朝に一度利用しただけで、特別多く塗っているわけでもあり�.

次の

twitterのリア垢で何を呟いていますか?

僕は君が好き焼けた肌にいい匂い別に

僕の恋する彼女、15歳。 テスト前と言うこともあり、日曜補習を行った。 今日はどういうわけか、校舎には僕らしかいなかった。 僕ら二人の校舎。 いやはや・・・。 ただ、「君の事が好きだよ~~」って言うだけなのに、どうしてこんなに疲れるのだろう。 どうしてこんなにも震えてしまうのだろう。 どうしてこんなに何度も同じ言葉を飲み込んでしまうのだろう。 どうしていざと言うときに、言葉が音になってくれないのかな・・・言葉は何度僕の口の中で音をなくしていったのだろう。 たった一言「君の事が大好きだよ~~」ってそれだけを伝えるために。 13:40 約束の時間からだいぶ遅れて彼女はやってきた。 相変わらずの破けたジーンズ。 そして見た事の無いくたびれたコットンシャツ。 普段はめったにかける事の無い赤いメガネをしていた。 表情に曇りは無かった。 明るい笑顔。 描かれた眉。 僕らは僕らの席・あの机に並んで座って、僕らはテスト対策を行った。 僕は彼女の髪を触れていた。 僕の右側に座る彼女。 僕は右手で彼女の髪を触っていた。 首筋から髪の奥へ手を回して、うなじから後ろ髪をそっと持ち上げては離す。 あるいは、彼女の肩に僕の肘を乗せて彼女の髪をそっと束ねてはねじる。 そして彼女の顔を隠す耳元のサイドの髪をそっと耳元にかきあげる。 彼女は嫌がることも無く、時々、自分で髪をかきあげたり、髪の乱れを直しながらテキストに向かっていた。 頬へと垂れ下がる髪を耳元にかきあげる。 見える彼女の横顔。 不器用に描かれた眉。 乾いて荒さの目立つ肌。 日に焼けた肌はコーヒー牛乳の色。 僕はそっと尋ねた。 『くすぐったくない?あるいは嫌じゃない?』 彼女は笑いながら答えた。 「別に嫌じゃないよ。 美容院だと首筋とか耳元とかくすぐったいけどね。 今日は平気みたい。 」 彼女の表情は分かりやすい。 その表情を伺う限り、恐らくそれは本音なのだろう。 僕は彼女の耳元の髪を大きくかきあげて彼女の左耳を見ていた。 耳の入り口と、耳の中にほくろをみつけた。 入り口のほくろは少し大きくて色が薄い。 そして耳の中のほくろは小さくて色が鮮やかだった。 『ほくろ!!』 僕は目を凝らしながら、そう言った。 同時に彼女はくすぐったがった。 少しだけ彼女に近づきすぎたのか、おそらく息が耳にかかったのだろうと思った。 笑う彼女。 身をよじる彼女。 僕の恋する彼女。 恐らく今日、僕が好きだと言ってしまう相手。 15歳。 猫のようだと思った。 僕はずっと彼女の髪をもてあそんでいた。 時折、彼女の髪の匂いがした。 時折、彼女がこちらを向いて微笑んだ。 僕のなすがままに彼女はなり、僕のなすがままに彼女の髪は踊っていた。 笑う彼女が僕の右手の中にいる。 前かがみになってテキストに向かう彼女の髪を僕は弄んでいた。 彼女の肩甲骨あたりに、僕の肘を置きながら、ずっと彼女の髪に触れていた。 彼女の首筋をそっと触れてみた。 彼女の頬から耳元に髪をかきあげながら、そっと首筋をなでていた。 しっとりとした暖かさ。 彼女の髪の中に手をもぐらせて、彼女の首を支えるように触れていた。 湿り気。 暖かさ。 手のひらに感じる人間特有の皮脂感。 僕の右手の中に。 僕は時折そっと尋ねた。 『こうやって頭をなでられるのと、髪と一緒に首筋を触られるのはどっちが嫌?』 彼女の横顔を覆っている頬にたれた髪をかきあげながら僕は尋ねた。 「う~~~ん、どっちでもいいかな?」 『ふ~ん』 「痛!!!」 僕は彼女の髪の下にもぐらせていた手、首筋を触れていた手を、そっと持ち上げて彼女の後頭部をかるく叩いた。 笑う彼女。 時折、彼女の座るいすの背もたれに自分の肘を置いて、彼女の背中に手を置いた。 冷たい服。 冷房に冷やされたコットン。 しばらくして感じられる彼女の体温。 そして、およそ人のぬくもりと呼ばれるはずの、かすかな湿度。 されるがままの彼女。 僕は彼女のやや後ろから、自分の両手を伸ばして、彼女の肩口から、そして後ろから彼女を抱くように髪の毛を両側から自分の方へ引き寄せた。 同時に身をそらす彼女。 縮む距離。 僕は彼女の髪から両手を離して、そっと背後に回って、自分の両手を広げて、彼女の華奢な両肩に触れた。 そして、また彼女の髪を両手でかきあげた。 されるがままの彼女。 テキストも見ることなくされるがままに身をそらせ、僕に髪を弄ばれる彼女。 コットンシャツの後ろの襟元に、吹き出物が見えた。 肝心な言葉は常に先送りされ、想いもよらない言葉は全てに先んじる。 僕の口は音を発していた。 『彼氏はいないの?』 時間の止まる彼女。 彼女の後ろ髪の下にもぐって首筋を触れていた、僕の右手がそれを感じた。 一瞬、髪の中の温度、首筋から発する湿度が上がったように感じた。 「いないよ。 」 彼女は朴訥に答えた。 僕は彼女の後頭部に回していた手を離して、そして彼女の頬にかかった髪をかきあげた。 彼女の表情が見えた。 彼女はいつもより、心持り硬い表情で笑っていた。 僕の心は少しだけグラツイタ。 彼女の付いた嘘以上にに、彼女の澄み切った表情を汚してしまった気がした。 そんな嘘を付かせるべきではなかったのだ。 そんな表情をさせるべきではなかったのだ。 僕は少しだけ後悔した。 「彼氏がいたら、日曜日にこんなところに来ないしね・・・」 『たしかに・・・』 僕は力の限り、声に音を与えた。 僕の中で巻き起こる全ての動揺を隠すようにして。 僕はもうすでに、自分の発しようとして発することが出来なくて、飲み込んでしまった言葉におなかがいっぱいだった。 自分の両目に普段よりも大目の水分を感じていた。 彼女の髪をかきあげる。 嫌がることなくされるがままに、髪を弄ばれる彼女。 僕は話題を転じようとして言葉に再び音を与えた。 『よく髪を触られていて集中できるね。 感心しちゃう。 』 おそらく、ほんの少しだけ、ちょっとだけ声が震えていただろう。 僕には、自分にはそう感じられた。 「そうだね~。 別に嫌じゃないしね。 」 彼女はテキストを見ながら、淡々と答えた。 僕は彼女の目を見ていた。 乱れたまつげ。 瞬きをする彼女。 そして僕は髪をかきあげる。 僕は、今日、すでに何度と無くかきあげた彼女の髪を、再び頬から耳元にかきあげた。 彼女の左の横顔を見えるように。 そして僕は言った。 『好きだよ。 』 そして僕はそのまま自分の右手を彼女の右肩まで伸ばしてその肩を軽く抱いた。 振り向く彼女。 そっと笑う。 「ようやく、気づいたの?」 彼女はそういって僕の目を、普段よりも大目の水分を含んでいたであろう僕の目を見た。 そして優しく笑った。 彼女の瞳も少し、いつもよりほんの少しだけ水分を多く含んでいるような気がした。 それは僕の目に水分が多かったためかもしれない。 そう、ようやく気づいたのだ。 僕はこんなにも彼女の事が好きで、そして『好きだよ』って言うのにこれほどの決断と勇気がいるだなんて。 忘れていたのかもしれない。 僕は彼女の髪から手を離した。 僕の手の平は、彼女の髪の脂分や彼女の首筋の水分が、僕の手汗と結びついたためなのか、ひどくべた付いていた。 僕はその右手で鼻をこするようにした。 僕の右手は彼女の髪の匂いがした。 華奢な背中を僕に向けながら、電子辞書を必死に引く彼女が、そこにいる。 僕は彼女の首筋に手を伸ばして髪をそっと、愛情の限りをもってかきあげた。 彼女が微笑んでいるのが分かる。 ただその真意は分からなかった。

次の