アキュビュー オアシス トランジションズ スマート 調 光。 光の量で色が変わる! 世界初の「調光機能付きコンタクトレンズ」が誕生

【最新】もうサングラスは必要ない?!アキュビュー スマート調光オアシスのコンタクトがおすすめ!【レビュー】

アキュビュー オアシス トランジションズ スマート 調 光

このたびナチュラルコンタクトでは、 光をあやつるコンタクト 「アキュビューオアシストランジションズスマート調光」 以下「オアシス調光」 の取り扱いを開始しました。 以下ではオアシス調光を使ってみた感想を書いてみたいと思います。 アキュビューオアシストランジションズスマート調光 結論から言うと、 ・現在コンタクトを付けてて、主に光の関係で見えにくい人 ・ゴルフなど野外スポーツをする人 ・車の運転をする人 ・夏や西日などでまぶしい時 はオススメです! (ただ、 劇的な変化があるわけではないので、 今現在コンタクトでそんなに困ってない人は、今まで通りのコンタクトで十分だと思います。 さて、メインの調光機能についてですが、1か月弱使ってみて主に以下のことを感じました。 正直、眩しいのは眩しいため、 サングラスほど光をカットしてくれると期待してしまうのは禁物です。 ただ、車の運転時やゴルフ、テニスなどの野外でのスポーツをやっている時などに目をそむける必要がなくなるのはとても快適でした。 特に現在、光で見えにくさを感じている人ほど、見やすいといった感想をもらうことが多く、私の知人では、 「部屋の中などの手元や遠くなど、全体に見えやすくなった」と好評でした。 イメージとしては下記の感じに近いのではないかと思います。 カラコンのように見えることもないので、もちろんオフィスなどのお仕事用につけていっても問題ないと思います。 まとめ 調光機能だけではなく、酸素透過率やUVカットなどの機能はとてもハイスペックで快適です。 調光機能に関しては、見た目に違和感はなく、眩しさなどによるストレスだけが軽減されるコンタクトレンズだと思います。 個人的にもおすすめできるのと、使った方からの評判も良いレンズと言えます。 店頭ではでトライアルをお配りしていますので、この機会にぜひお試しください。 レンズデータ概要• 販売: ジョンソン・エンド・ジョンソン株式会社• ベースカーブ:8. モジュラス 柔軟性 :0. 72MP• 中心厚 -3. 00時 :0. 085• UVカット:あり• 素材: シリコーンハイドロゲル素材 senofilcon A•

次の

J&J、調光機能付きコンタクトレンズ「アキュビュー オアシス トランジションズ スマート調光」を発売 :日本経済新聞

アキュビュー オアシス トランジションズ スマート 調 光

は、調光機能付き「アキュビュー オアシス トランジションズ スマート調光」(以下、アキュビュー スマート調光)を12月12日より国内で発売します。 「アキュビュー スマート調光」は、同社いわく世界初という調光機能付きのコンタクトレンズ。 紫外線に反応する調光材を調合し、明るい環境では色が濃くなり、サングラスのような調光効果を発揮。 屋外のまぶしい日差しなど、不快な光を軽減します。 見た目は自然で違和感なく、日本人に多い茶色や黒の瞳では装着時も目立たないとしています。 調光機能は強い光にさらされた時に作用し、紫外線や有害な高エネルギー可視光を防ぎます。 一度調光材が強い日差しの中で作用した場合には、透明に近い色に戻るまでに10分ほどかかるとしています。 調光コンタクトレンズが日本上陸。 アキュビューブランドから12月12日に発売されます。 紫外線などに反応して色が濃くなり、目へのダメージを軽減する仕組みです。 pic. twitter. 雪山やビーチなど日差しの強い場所ではサングラスとの併用が推奨されています。 アキュビュー オアシスの素材を採用しており、2週間で交換するソフトコンタクトで、メンテナンスにはコンタクトレンズ用のケア製品を利用できます。 この製品は構想から製品化まで10年を要しており、製品化にあたって調光メガネレンズを製造するTransitions Optical社の技術協力を得ています。 調光剤はフォトクロミック分子と呼ばれ、光に当たると分子構造が変化する性質を持ちます。 フォトクロミック分子が光に当たることで、構造が変化し、色が濃くなるというメカニズムです。 製品化にあたっては、調光材を均一に分布させ、安定して製造させる点に技術を要したとしています。 また、顔の表面に装着するサングラスと違い、コンタクトレンズでは眉毛など光が届くまでの障害物が多く、調光材の変化に影響を与える温度変化も大きいといいます。 こうした理由からTransitions Optical社のメガネに使われている調光材をそのまま使わず、コンタクトレンズ用の調光材が新たに開発されています。 なお、アキュビュー スマート調光は視力矯正機能がついた医療器具となっています。 ジョンソン・エンド・ジョンソンの海老原育子社長は、度なしで調光機能のみを備えた製品について「現時点では検討していないが、今後の製品展開の可能性の1つとして検討していく」と述べています。 外部サイト.

次の

光の量で色が変わる! 世界初の「調光機能付きコンタクトレンズ」が誕生

アキュビュー オアシス トランジションズ スマート 調 光

じわーーっと暗くなるのかな? 日本でも、日差しの強さに サングラスが欠かせない人は少なくないかもしれません。 ですが色素が薄く、日光の健康被害を受けやすい白人にとってサングラスは、 より必要なアイテムなんですよね。 そしてこのたび、コンタクトサングラス「」がようやく発売にごきつけます。 コンタクトレンズユーザーで、その上にサングラスをかけるのが億劫だった人々には嬉しいニュースかもしれませんね。 コンタクトサングラスに使われるのは、Transitionsの フォトクロミック・レンズ。 これは、紫外線量に応じて濃さが変わるレンズです。 もっと詳しく言うと、紫外線に反応して構造を変え、光を吸収しようとする 光変色性分子を活用したレンズです。 これまで、この技術は メガネのレンズにしか適用できませんでした。 そして何千人と臨床実験を行ない、やっとFDA(アメリカ食品医薬品局)のことができたのです。 レンズは 2週間の使い捨てになるとのこと。 なのにちゃんと調光してくれるスグレモノ。 フォトクロミック・レンズの技術は 1962年からあるものの、電力に頼らずに色を変化させるようすは、宇宙時代の超技術みたいですよね。 ということで来年以降、太陽の下で黒目がやたらと黒い人々が続出することと思われます。 Tags :•

次の