アラジン トースター ジャパネット 違い。 【がっちりマンデー】千石トースター口コミや種類・レシピは?バルミューダとの違いは?

【楽天市場】Aladdin CAT

アラジン トースター ジャパネット 違い

こんにちわ!かっちゃんです。 この記事はがっちりマンデーで 取り上げた千石グラファイトトースター の情報についてまとめたモノです。 がっちりマンデーで 今回一芸家電として 千石のアラジングラファイトトースターを 紹介します。 普通に焼くだけでコンビニ等で売っている トーストがホテルのパンの様に おいしく焼けるというモノ。 私も以前から気になっていました。 そこで千石トースターの 種類や口コミ・レシピ、 更にはライバルのバルミューダとの違いに ついて調べてみました。 【がっちりマンデー】紹介されたアラジングラファイトトースターとは? 今回、がっちりマンデーで 家電特集をやり今注目されている家電を 紹介したのですが、ぞの中で気になるのが 千石のトースター アラジングラファイトトースターです。 グラファイトトースター!? グラファイトトースターとは 一体どんな商品なんでしょうか? グラファイトトースターとは 「遠赤グラファイト」というもので 発熱がわずか0. 2秒で行われ しかも1300度まで上がり (公式サイトでは330度と記載されています。 ) 一気にパンを焼きあげる事で パンの中の水分を飛ばさずに 外はカリッと中はもっちりと 焼き上げる今話題になっている トースターの事です。 グラファイトトースターの中でも 千石のアラジントースターは ジャパネットたかたさんがラジオ等で 販売している事から急激に 販売台数と認知数が上がってきています。 実際私もその存在はジャパネットたかたの ラジオショッピングで知りました。 千石トースターの価格(値段)や種類は? そして今回がっちりマンデーの 番組内で千石トースターで 焼いた食パンを食べたMCの加藤浩二さんは 大絶賛! 出典 TBSテレビ そんな千石グラファイトトースターですが 一体いくら位なんでしょうか? また種類は一つだけなんでしょうか? 価格(値段)に関しては 安いモノでは 8000円台後半から 2万円を超えるものまであります。 そして種類ですが 千石トースター(アラジン)には 2枚焼きタイプと 4枚焼きタイプの 2つの種類があります。 ただ4枚焼きタイプの方は2018年に 新しく新型が発売されました。 2枚焼きと4枚焼きどっちがいいの? って迷われる方もいると思います。 大きな違いはやはり、 当然一気にたくさん焼けるか(4枚) そうじゃないか?(2枚) それと価格です。 アマゾンなどで1万円を切って売っているのは この2枚焼きタイプです。 そして2万円を超える商品が4枚焼きの 新型になります。 ん~まぁ使う人次第ですが やはり高価格・新型という事で 4枚焼きの新型は中の網が外せて 洗えたり、庫内が広いので使いやすかったり 付属品の使い勝手が良かったりと 言う部分で便利なので 予算に余裕がある方は 新型・4枚焼きタイプがおススメですが、 「トースターにそこまで出せない」 という人は2枚焼きのタイプで十分 美味しい食パンが毎日食べられます。 千石トースターの口コミ評判は? さて、ここまで話題になって注目されている アラジングラファイトトースターなので やっぱ購入した世間の声というか 口コミ・評判が気になる所ですよね。 アマゾンでの口コミ・レビューは 概ね良いモノばかりで やはり新型・4枚焼きのものの 評価は高いようですね。 綺麗に美味しく焼ける、 ピザがおいしくできた。 オーブンいらず・・ といった意見がある一方で 焼きムラができるとか すぐ壊れたといった少数意見もありました。 ん~綺麗に焼けるという人と 焼きムラができるという人 個人的には単にその商品が不良品だったのでは? と思っちゃいますが その辺りは結構高い商品なので検討してから 購入した方がいいかもしれませんね。 アラジントースターのおすすめレシピは? アラジングラファイトトースターでは 食パン以外にもおいしく作れる レシピがあるようです。 私の個人的な好みにはなりますが おいしそうなモノを紹介しますね。 まずは 春キャベツとウインナーの カレーマヨトースト 出典 アラジントースターで作る 専用レシピサイトです。 そして小倉ホイップトースト 出典 更にパン以外に 北欧風サーモンスープ 出典 これホントに アラジン千石トースターで作れるの? 超美味しそうですね笑 詳細レシピは こちらの アラジンおすすめレシピサイトで ご覧ください。 小倉ホイップトースト・・ ん~やってみたい・・ 食べてみたい・・です笑 バルミューダとの違いは? 高級トースターでよく千石トースターと 比べられrのがバルミューダという トースターです。 こちらがバルミューダ。 どちらもデザインがシンプルという部分では 問題ありません。 色々違いはありますが、 大きな違いは価格とパンの焼き方です。 アラジントースターが 8千円から2万円位までと 幅広いのに対して バルミューダはとりあえず 2万円越えが基本です。 それとアラジン千石トースターが グラファイト遠赤で焼き上げるのに対して バルミューダはスチーム高温で 焼き上げます。 どちらも外はカリッと中はふんわりという 結果は同じですが バルミューダはパーツが多いので 掃除が手間だったり スチームが壊れやすいという声も・・ 反面焼き方をモード変更できたりするので 最終的には好みの部分も 大きく影響してくると思いますね。 まとめ いかがでしたか? 今回はがっちりマンデーで 紹介された千石・グラファイトトースター(アラジン) のグラファイトトースターとは? 種類や口コミ・評判は? バルミューダとの違いは?について書きました。 私はひとまず2枚焼きの安いタイプの ものから朝のおいしい食パン生活を エンジョイできるかどうか試してみたい と思います。 でもコンビニ食パンがそこまでおいしくなるとは・・ ホントに最新家電恐るべしです! 最後までお読み頂き有り難うございました。

次の

【楽天市場】Aladdin CAT

アラジン トースター ジャパネット 違い

アラジンのトースターは2枚焼きモデルと4枚焼きモデルがあります。 今回比較しているのは4枚焼きモデルの方です。 7kg 約3. 75kg 付属品 角型グリルパン・グリルネット 丸型グリルパン・グリルネット 焼き網 外せるし高さを変えられる 外せる カラー ホワイト、グリーン、 ホワイト、グリーン、ブラック 私のレビュー記事 新モデルと旧モデルと徹底的に比較してみた では新モデルと旧モデルを様々な観点から比較していきたいと思います。 ちなみに旧モデルは1年以上使い込んでいるのでそれなりの使用感がありますので其の点ご容赦ください。 外観編 気づいた変更点1:本体の大きさ まずは外観を比較してみましょう。 まず顕著な変化として高さが若干違うのが分かりますね。 新モデルの方が1. 5cm程背が高くなっています(新型の高さ250cm。 旧型は235cm。 スイッチ類も新型の方が若干大きくなっています。 重量に関しても新型のほうが1kg程度重くなっています。 気づいた変更点2:扉の形状 続いて目を引いたのが扉の形状です。 旧型はガラス窓付近が平面です。 新型は全体的に丸みを帯びています。 窯っぽくなったといいましょうかね。 確実に可愛くなっている! また扉の厚みも変わりました。 旧型は扉の厚みがおよそ1. 5cmなのに対し、新型はおよそ2. 5cmと1cm程アップしています。 より熱が外に逃げくくなっているのではと思います。 ぶっちゃけ新モデルのほうが高級感や重厚感が増しましたね。 これはいい変化だと思います。 また細かい変更点ですが、扉についているクッション材の形も変わりました。 旧型のクッション材は一部のユーザーから「取れやすい」と不評でした。 小さくて頼りない感じですね。 新型のは大きくより取れにくくなってます。 細かい部分まで進化しているのが分かりますね。 気づいた変更点3:本体後ろまで白くなった! 続いて後ろを見てみましょう。 新モデルは後ろまで白い! アップで見てみるとアラジンのロゴマークも見えます。 続いて側面。 後ろまで白くなったおかげでやはり高級感と質感が向上しています。 新モデルに360度死角なし! 気づいた変更点4:コードホルダーがついた 底面も地味に進化していましたよ。 こちらは旧モデル。 コンセントがブラブラしています。 新モデルはコードホルダーがついています。 コードがスッキリ収納できるようになりました。 気づいた変更点5:コンセントの形状が使いやすくなった! もひとつ細かな点ですがコンセントの形状も使いやすく進化しています。 新型は平らになったのでコンセントに挿しても邪魔になりにくくなっております。 こういった細かい配慮は嬉しくなりますよね。 、 外観で感じたことまとめ 新モデルは全体的に質感や高級感がアップ!360度どこを見ても可愛く進化を遂げました。 デザインに関しては好みもあるかと思いますが、私は新モデルのほうが好みです。 庫内の比較 続いて庫内の比較してみましょう。 と思ったのですが、旧モデルは1年以上ガッツリ使い込んでいるので相当汚れている(汗) というのも私パンから惣菜までありとあらゆる食材でアラジンのトースターを活用しておりまして……。 餃子も唐揚げも電子レンジで温めるよりアラジンで温めが方がカラッと仕上がって美味しいんですよね。 なのでこの汚れには目をつむっていただきましょう。 まあ掃除してから撮れよって話なんですが(汗) と思ったら新品の頃にとった写真が出てきたのでそれを使いましょう。 ヒーターの数が増えた 庫内の広さなどは変更はありませんが、ヒーターの数が変わっています。 旧モデルは庫内下のヒーターが2本なのに対し、 新モデルは庫内下のヒーターが3本になりました。 ヒーターが増えたことにより、焼きムラがさらになくなり、下面もしっかり焼くことができるようになりました。 素晴らしい。 この記事の後半で食パンの焼き加減なども比べているので参考にしてみてくださいね。 焼き網の高さを変えられるようになった 庫内のもう一つの変更点は「焼き網」です。 こちらは旧モデルの焼き網。 まあ普通です。 なんと新モデルでは焼き網を置く方向で「高さ」を変えられるようになりました。 こちらが標準の高さですね。 旧モデルと同じ高さとなります。 写真で見ると少しの差に見えますが、これだけでもパンの焼き加減などがだいぶ変わってくるんですよ。 もちろん旧モデルにこの機能はありません。 私はアラジンのグリルパンをかなり多用しているので、個人的にはこの変化が一番嬉しかったです。 また高さにも変化が。 新モデルのほうが高さがあります。 もう一方のグリルパンも比較してみましょう。 こちらは底面に溝があるので油の多いお肉料理に適している方ですね。 こちらは逆に旧グリルパンのほうが高さがありますね。 新型は浅いのでトレーみたいな用途でも使えます。 蓋をしたときの高さは同じです。 どちらにせよ形状が四角いほうが入る量が多いのでこれは素晴らしい改良だと思います。 実際に鮭を4切れ入れてみましょう。 旧グリルパン。 4切れいれるとそこそこ窮屈。 新グリルパン。 4切れがすんなり入ります。 そのまま野菜を入れて蓋をして加熱してみました。 こんなに手軽なのに身の中までホクホクで超絶美味! 新型グリルパンは蓋をスライドしてはずせるようになった もう一つ細かいところですが改善点を見つけたので紹介しましょう。 旧グリルパンは蓋を外すとき上に持ち上げないと外れませんでした。 グリルパンは加熱後ものすごく熱くなるので、鍋つかみが必須ですが、滑りやすくて地味に外しにくかったんですよね。 新グリルパンは横にスライドするだけで蓋がずらせるようになりました。 動画も撮ってみたのでごらんください。 細かいですがこの改善点は個人的にかなりポイント高いです。 新旧トースターでパンの焼き加減をチェック! さて前置きが長くなってしまいましたが、いよいよお待ちかね。 パンの焼き加減をチェックしていきましょう。 旧モデルの口コミには「パンの下面の焼き加減が甘い」という口コミがそこそこありました。 新モデルはその辺りは改善されているのでしょうか?徹底的にチェックしていきたいと思います。 まずは普通に食パンを焼いてみる まずはこちら。 皆大好き超熟の8枚切り。 パンをセットします。 スイッチオン! スイッチを回した瞬間に発熱するのがアラジンのトースターの特徴です。 2秒で発熱しますからね。 この速さを体感してしまうと他社製のトースターにはもう戻れません。 時間になったので焼き加減を見てみましょう。 新モデルの焼き加減がどうなっているのかワクワクドキドキ。 いい感じに焼けてますねー。 こちらもいい焼き加減です。 正直表面に関しては差はほとんどないですね。 続いて裏面です。 こちらは旧モデル。 全体的にまだ白いです。 人によってはもう少し焼き色をつけたいという人もいるでしょう。 ちなみにですが旧モデルの口コミを見ると、不満点のほとんどがこの裏面の焼き加減に集約されていました。 私は結構この焼き加減好きなんですけどねー。 そして皆さんお待ちかね。 新モデルで焼いたパンの裏面です。 おおおお!表面と同じくらい綺麗に焼けています。 こんがりきつね色! 並べて比較したほうがわかりやすいと思います。 こっちが表面の新旧比較。 そしてこちらが裏面。 新モデルは表面も裏面もしっかり綺麗に焼けています。 ぜんぜん違う! 肝心の味は? 味に関してはどちらも美味しいです。 ただ新型のほうが両面がカリッとしている分、中のふわっと感がより際立つようになりました。 ふんわりサクサクでめっちゃ美味しい! アラジンのトースターはヒーターが0. 2秒で発熱するので短時間でパンを焼き上げることができます。 そのため食パンの水分が中に保持された状態になり、外はカリッと、中はもちっとした理想的なトーストの焼き加減になるんですね。 トースターといえばバルミューダなんかも人気がありますよね。 ただ毎回水を入れる必要があって少々面倒。 お手入れだって大変。 アラジンは水入れ不要で外カリッ中フワッの美味しいパンを焼くことができます。 今回の新モデルで下面もカリッと焼けるようになったことで、 アラジンのトースターに弱点がほぼなくなったように思います。 網の高さを変えて焼くとどうなる? 上でも書きましたが、旧モデルにはない新モデルだけの機能として 「焼き網を回転させることで高さを変えられる」というものがあります。 ということで今度は焼き網を回転させて高い位置で食パンを焼いてみたいと思います。 表面はそこまで差はありませんが、 裏面はさきほどより若干白くなっています。 じつはこの焼き方は公式で 「アラジン焼き」と呼ばれています。 食パンの上面をカリッと、下面をほのかに焼くことで外カリ中モチのギャップを際立たせることができるそうな。 アラジン焼き! まあ「物は言いようだな」感が若干ありますが(笑)、 食べてみると確かに先程より明らかにしっとりしています。 歯ざわりからして違います。 私はどちらかというと「両面カリッと派」ですが、こちらの焼き方も美味しいなぁ。 色々な焼き方でパンが食べられるのは純粋に嬉しいですね。 チーズ乗せ食パンを焼いてみる 続いてチーズのせ食パンを焼いてみましょう。 完成したので取り出してみましょう。 トースターの中ではチーズがいい感じに沸騰していましたよ。 表面に関してはどちらもほぼ変わりなしです。 先程より時間をかけて焼いたので外側がカリッとしています。 もちろんチーズはとろとろです。 裏面はやはり新型の方がしっかり焼けています。 味に関してはもはや説明不要。 チーズもとろっとしていて最高に美味しい。 新型のほうが両面しっかり焼けている分、パンのカリッと感とチーズのとろとろ感がより際立ちますね。 旧モデルから買い換える価値はある? 正直言いましょう。 アラジンのトースター自体安いものではないので、 旧モデルを現役で使っている方は無理に買い換える必要はないとは思います。 だって旧モデルでもめっちゃ美味しくパンが焼けますからね。 ただ、新モデルは細かいところが地味に改善されており使い勝手は間違いなく向上しています。 トースターが古くなってきたので買い替えたい なんて少しでも思っている方は購入すると間違いなく幸せになれると思います。 両面カリッと焼けるし、従来の焼き加減も再現できるし、グリルパンも角型になって容量アップで使いやすくなっているし、色々と最高です。 写真は公式サイトから トースターって一度購入したら長く使うものですし、毎朝パンを食べる人はちょっと奮発してアラジンのトースターは購入して絶対に損はないと思いますよ。 おすすめの機種は? アラジンのトースターは2枚焼きモデルと4枚焼きモデルがありますが、もちろんオススメはグリルパンが使える4枚焼きモデルです。 また旧モデルより新モデル(AGT-G13A のほうが細かい部分が進化しているので絶対的にオススです。 アラジンのトースターを買うなら型番 「AGT-G13A」を買えば間違いありません(きっぱり)。 パンやお餅、ピザなどを焼いた写真をのせているので参考にしてくださいね。

次の

アラジンのトースターを1年使ってみた感想!裏面もちゃんと焼けるの?

アラジン トースター ジャパネット 違い

見た目は対照的。 デザイン性重視で好みがハッキリとしていれば選ぶのは簡単そうです。 「バルミューダー ザ・トースター」はスタイリッシュ。 【2015年度グッドデザイン賞 金賞 日本 】や【2016年度iFデザイン・アワード ドイツ 】などの受賞歴もあり、国内のみならず国際的にもデザイン性が評価されています。 代表的な色の種類は4種類。 ブラック・ホワイト・グレー・ショコラ。 限定カラーもありますが価格が高くなってしまうので、よほど気に入った色でない限りは割高な気がします。 より引用 続いては「アラジンのトースター2枚焼き」です。 レトロ調でどちらかというと可愛らしい。 2019年4月1日に発売された、2枚焼きの新型はグリーンとホワイト。 CAT-GS13B G とAET-GS13B W。 どちらのトースターもパンを美味しく焼き上げてくれますが、焼き上げる仕組みは全く違います。 「バルミューダー ザ・トースター」はスチームオーブントースター。 パンを焼く前に専用の5ccカップで水をいれます。 より引用 スチームが庫内に充満して、パンの表面に水分の膜が出来ます。 水分は気体よりも加熱が早いため、外側がカリカリで中がもちもちに焼きあがる仕組み。 「バルミューダー ザ・トースター」で忘れてはいけない機能が「4つのモードとクラシックモード」パンの種類によって適切な温度制御を行い、美味しさを最大限にまで引き出してくれるという優れものです。 こちらはグラファイトトースターになります。 より引用 アラジンは電気暖房のメーカーとしても有名。 電気暖房で使われている「遠赤グラファイト」という特許技術があり、わずか0. 2秒で立ち上がるという技術です。 そしてこの技術はトースターにも使われていて、0. 2秒で発熱し高温で一気に焼き上げてくれので外側はカリカリ、中はモチモチのトーストを焼き上げてくれます。 2つのトースターの仕組みと特徴を纏めるとこうなります。 特徴比較まとめ ・モード選択で焼き上がりにこだわれる。 ・温度制御で様々なパンに対応。 ・水を入れるので手間がかかる。 ・焼き上がりが早いので、慣れるまで焦がすことがある。 ・バルミューダと比べると機能がシンプル。 【バルミューダとアラジン】サイズ比較 ここからはサイズや大きさの比較になります。 そしてアラジンには4枚焼きのトースターがあります! 「バルミューダー ザ・トースター」の大きさは。 本体寸法で横357mm、奥行き321mm、高さ209mmとなっています。 より引用 続いてアラジンのトースターになりますが、4枚焼きの大きいサイズのトースターもあります。 本体寸法で横350mm、奥行295mm、高さ235mm。 本体寸法で横幅360mm、奥行355mm、高さ250mm。 この3つの大きさをまとめて比較するとこうなります。 トースターに汎用性を求め、トースト以外でも使いたいという方はアラジンのトースターで4枚焼きがおススメです。 手間が少しかかってもパンの焼き上がりにこだわりたい。 もしくは朝は忙しいから時短したい!どちらを選びますか? 手間や労力といった時間を基準に、バルミューダとアラジンのどちらかを選ぶのも良いと思います。 トースターで手間がかかるのはバルミューダの方。 スチームオーブントースターという構造から、トーストを焼く際には専用の5ccカップで水を入れる必要があります。 大した手間ではありませんが、めんどくさがり屋には億劫に感じるかもしれません。 それからお手入れについても、手間がかかります。 焼き網やパンくずトレイは共通していますが、ボイラーカバーに給水パイプの取り外しや掃除は、スチームオーブントースターであるバルミューダだからこそ必要になる作業。 ちょっとした手間をかけるからこそ愛着もわきますし、その手間ですら楽しく感じさせるのがバルミューダです。 MEMO総括 ・価格が高くても、モード設定で色々なパンを美味しく焼き上げたい!多少の手間はおしまない! そう感じたのであれば、バルミューダのトースター! ・価格が安くて、面倒な手間はかけたくない!それでも美味しいトーストを食べたい! アラジン2枚焼きのトースターがおすすめ。 ・4枚のトーストを一気に焼き上げたい!パン以外にも使いたい! 汎用性を求めるならアラジン4枚焼きのトースター! バルミューダもアラジンもデザイン性は抜群で、トーストも美味しく焼き上げてくれるという共通点があります。 構造や特徴については全く違っていて、オリジナリティに溢れています。 どちらを選ぶかは、あなたの好みや性格、更に言えば時間の余裕で選んで下さい。 どちらも人気のトースター! 生活を豊かにしてくれる商品です。

次の