アナザー ヒロイン。 Another

アナザーヒロインのイベント

アナザー ヒロイン

簡単に言えば、主人公変えて、数年後(?)の世界って感じ。 主人公は(貧乏)建築会社社長の息子。 PS(パワースレイブ)の操縦が得意。 外伝と聞き、今までのフルメタのキャラが出ないと思いきや、メリッサ・マオとオノDは居ました。 軽くネタバレですが、メリッサは今後も絡んでくるかも。 ヒロインはアデリーナという金髪少女。 適当にあとがきに似たようにまとめますが、今までの「戦争バカの日常」ではなく 「ごく平凡の一般人が巻き込まれていく」感じだと思います。 一応言いますが、買って損する人はいるかも。 宗介が今後出る気がしないので。 というか本家フルメタを、アニメみたけど原作あんまり読んでない私ですけどね。 私は損しませんでしたし、買いそろえたいと思いましたが。 結論から言うと、既存ファンの中には 「フルメタルパニックだから読める人」と 「フルメタルパニックだから読めない人」がいそうな作品。 私の場合は前者。 やっぱりフルメタは単なるロボットものではなく、戦場帰りの相良宗介が、 平和ボケした日本の日常で巻き起こす珍事件と、 そのギャップからくる絶妙なギャグが魅力の一つだった。 本編終盤のシリアス展開は、作品前半や短編の日常があったからこそより際立ったと思える。 おそらく、学園・アクション・ミリタリー・SF・ギャグ、ラブコメと、 これだけ多くの要素がうまく融合していたからこそ、賀東招二のフルメタルパニックは 素晴らしい作品だったのだろうと私は考える。 一方、本編アナザー1はロボットもの一押しである。 文章の違和感はそれほどないが、展開はロボットものとはかくあるべし、というほどベタな展開。 登場人物も、宗介やかなめの個性には及びもつかず、ありきたりで平凡。 ヒロインはもう少し魅力的と想像していたけど、コスプレと軍事うんちくを垂れ流していたことしか覚えていない。 もう少しキャラの心理描写がほしかった印象。 正直、この作品からフルメタに入る人は、フルメタを特別な作品とは思わないだろう。 こんな感じのロボット作品なら巷にはたくさん溢れてる。 だがASの戦闘描写は結構細かくてよかった。 宗介の過去ネタや、前作キャラクターの現在など、過去作ともそれなりにリンクしているところも ファンには好感が持てると思う。 しかし、ラムダ・ドライバやウィスパードもなくなった世界観で、 この先どう物語が展開していくのか不安でもある。 なにより最新短編で描かれていなかった宗介・千鳥のその後が気になるので、 次巻以降も購買予定である。

次の

「朝ドラヒロイン8人のその後」バラドル化、不倫疑惑で引退も…

アナザー ヒロイン

簡単に言えば、主人公変えて、数年後(?)の世界って感じ。 主人公は(貧乏)建築会社社長の息子。 PS(パワースレイブ)の操縦が得意。 外伝と聞き、今までのフルメタのキャラが出ないと思いきや、メリッサ・マオとオノDは居ました。 軽くネタバレですが、メリッサは今後も絡んでくるかも。 ヒロインはアデリーナという金髪少女。 適当にあとがきに似たようにまとめますが、今までの「戦争バカの日常」ではなく 「ごく平凡の一般人が巻き込まれていく」感じだと思います。 一応言いますが、買って損する人はいるかも。 宗介が今後出る気がしないので。 というか本家フルメタを、アニメみたけど原作あんまり読んでない私ですけどね。 私は損しませんでしたし、買いそろえたいと思いましたが。 結論から言うと、既存ファンの中には 「フルメタルパニックだから読める人」と 「フルメタルパニックだから読めない人」がいそうな作品。 私の場合は前者。 やっぱりフルメタは単なるロボットものではなく、戦場帰りの相良宗介が、 平和ボケした日本の日常で巻き起こす珍事件と、 そのギャップからくる絶妙なギャグが魅力の一つだった。 本編終盤のシリアス展開は、作品前半や短編の日常があったからこそより際立ったと思える。 おそらく、学園・アクション・ミリタリー・SF・ギャグ、ラブコメと、 これだけ多くの要素がうまく融合していたからこそ、賀東招二のフルメタルパニックは 素晴らしい作品だったのだろうと私は考える。 一方、本編アナザー1はロボットもの一押しである。 文章の違和感はそれほどないが、展開はロボットものとはかくあるべし、というほどベタな展開。 登場人物も、宗介やかなめの個性には及びもつかず、ありきたりで平凡。 ヒロインはもう少し魅力的と想像していたけど、コスプレと軍事うんちくを垂れ流していたことしか覚えていない。 もう少しキャラの心理描写がほしかった印象。 正直、この作品からフルメタに入る人は、フルメタを特別な作品とは思わないだろう。 こんな感じのロボット作品なら巷にはたくさん溢れてる。 だがASの戦闘描写は結構細かくてよかった。 宗介の過去ネタや、前作キャラクターの現在など、過去作ともそれなりにリンクしているところも ファンには好感が持てると思う。 しかし、ラムダ・ドライバやウィスパードもなくなった世界観で、 この先どう物語が展開していくのか不安でもある。 なにより最新短編で描かれていなかった宗介・千鳥のその後が気になるので、 次巻以降も購買予定である。

次の

新ジャンルのロールプレイングチャットゲーム『アナザーヒロイン』を遊びつくせ

アナザー ヒロイン

好評だった前作『梅ちゃん先生』と比較されるプレッシャーもあり、撮影時は「毎日飲まなきゃやってられなかった」「現場でキレまくっていた」ことをテレビ番組で告白しています。 現在はバラエティで見せるぶっちゃけキャラが功を奏し、視聴者ウケも上々。 5年ぶりに主演したドラマ『ハケンのキャバ嬢・彩華』(AmebaTV・朝日放送共同制作)ではお色気ムンムンのドレス姿を披露し、「こっち(キャバ嬢)のほうが性に合ってる」と語り、第二のキャリアを邁進中のようです。 瀧本美織カレンダー2018(SDP)「ソニー損保保険」のCMが印象的な瀧本美織も、10年の『てっぱん』のヒロインを務めた朝ドラ女優。 応募者1424名の中から選ばれた瀧本は当時18歳でした。 翌11年にはTBSドラマ『美男ですね』で民放ドラマ初主演。 以降も連ドラに出演し、トーク番組『アナザースカイ』(日テレ)ではMCに挑戦するなど清楚な魅力で仕事の幅を広げていました。 ところが15年6月、『美男ですね』で共演したKis-My-Ft2の藤ヶ谷太輔との熱愛を『週刊文春』に報じられてしまいます。 その後は舞台やバラエティなどを中心とした活動に。 今年はテレ朝やWOWOWの連ドラ、舞台『Endless SHOCK』に出演しており、V字回復の予感です。 しかし役者ではないため当然演技はトホホな状態。 17年放送のフジドラマ『セシルのもくろみ』出演中には、一般男性との結婚を発表。 式には『天花』で両親役だった香川照之や片平なぎさも出席し、交流が続いていることがわかりました。

次の