障るとは。 癪に障る人の18個の特徴

「触る」と「障る」の意味と違い

障るとは

「癪に障る」の語源と意味は? 最初に「癪に障る」の語源と意味からみていきましょう。 「癪に障る」の読み方は「しゃくにさわる」 「癪に障る」の読み方は「しゃくにさわる」となります。 「癪(しゃく)」という字は難しく見えますが、部首「やまいだれ」の中に「積」という字が入った漢字で、「障る(さわる)」は「障害」「故障」などの「障」となります。 「癪に障る」の語源は「胸部に激痛が走る意味の癪」から まず「癪に障る」の語源を把握する上で大切なのは、「癪」という言葉の意味から理解することでしょう。 「癪」とは、胸部や腹部が急にけいれんを起こし激痛が走る病状「さしこみ」または「疝痛(せんつう)」のことを指しています。 人は不快で腹が立つと、胸部や腹部が痛むことがありますが、この症状にちなんで「癪に障る」という表現が生まれました。 「癪に障る」の意味は「不愉快で腹が立つこと」 「癪に障る」とは「不愉快な気分で、腹が立つこと」を意味する言葉です。 何か気に入らないことがあり、気持ちがむしゃくしゃすること、またイライラ、ムカムカする状態を指しています。 そのため、間違っても心は穏やかな状態ではありません。 一般的に「癪に触る」時は、言動が粗野で暴言を吐きがちになることがほとんどでしょう。 もちろん、言葉にもトゲがあり、表情もしかめっ面です。 「癪に障る」は英語で「be irritated」「feel offended」 英語で「癪に触る」を表現するときは、腹が立つ、気持ちがイライラするという意味の「be irritated」や「feel offended」を使うのがよいでしょう。 その他、不快な気持ちを表現するなら「be annoyed」「be frustrated」も状況によって使うことができます。 Her attitude really annoyed me. あの子の態度、本当に癪に障るわ。 癪に触るようなことはするな。 「癪に障る」の使い方で気を付けたい点と例文 続いて「癪に障る」の使い方で気を付けるべき点を挙げながら、わかりやすい例文とあわせて解説します。 「癪に障る」を「癪に触る」と表記するのは誤り もともと「癪」は腹痛を表す「病状」のことで、特定の場所やものを指す言葉ではありません。 そのため、何かに触れるという意味の「触る」を使うのは誤りとなります。 ちなみに「障る」には「差し支える」「支障ができる」という意味があり、この場合はイライラすることによって引き起こされる「癪」という病状が行動に支障をきたすというニュアンスで「障る」が使われていると解釈できます。 「癪に触る」と「癇に障る」を混同しない 「癪に触る」に似た言葉に「癇に障る(かんにさわる」がありますが、この二つは意味が多少異なります。 「癪に障る」は「腹が立ち、気に障る」ことですが、「癇に障る」は「気に入らないことが原因で腹立たしく思う」ことを意味する言葉です。 たとえば、「癇に障る」の例文を挙げると「気取った話し方が癇に障る」「堂々とし過ぎる態度が癇に障る」などになり、純粋に腹が立つという意味の「癪に障る」とはニュアンスが少し異なります。 混同しがちな二つの表現ですが、文章に用いる時は正しい意味合いの方を選ぶようにしましょう。 「癪に障る」を使った例文 「癪に障る」を使った例文をいくつか挙げてみます。 癪に障るようなことをするべきではない。 感情のままに部下を叱る上司が、とても癪に障った。 癪に障るようなことはした覚えがないのに、彼女は一日怒っている。 今日はデートの日。 満員電車で足を踏まれたが、なぜか癪に障らなかった。 「癪に障る」の類語は? 最後に「癪に障る」と言い換えのできる類語についてみていきます。 状況やイライラの度合いによって上手に使い分けをしてみて下さい。 「癪に障る」と言い換えのできる類語は「気に障る」や「鼻につく」 「癪に障る」の類語には「気に障る」「鼻につく」「気分を害する」「不愉快に思う」などがあります。 「癪に障る」には腹立たしく不快な気分になるという意味がありますが、程度によっても表現が少しずつ変わってくるでしょう。 「鼻につく」なら「何となく不快で気になる」程度ですが、「気分を害する」となると「楽しい気持ちが妨害される」という意味になります。 状況によってふさわしい類語を選び、言い換えをするようにしましょう。 不快な気持ちを強く表す類語なら「むしゃくしゃする」や「うっとうしく思う」も 「癪に障る」を特徴的な表現を使って言い換えるなら「むしゃくしゃする」「うっとうしく思う」などが挙げられます。 また、本当にイライラして胸中が不快感だらけという意味では「胸くそ悪い」も類語の一つでしょう。 しかし、言葉が与える印象がやや暴言的な表現であるため、使う相手には十分気を付けるようにして下さい。 まとめ 「癪に障る」は「しゃくにさわる」と読み、意味は「不快に思う」「腹が立つ」となります。 日常ではイラっとしたり、気分を害された時に「癪に障る」という表現をよく使いますが、そもそも「癪」とは胸部や腹部に激痛が走る病状を指し、腹が立った時に胸や腹に不快な痛みのようなものを感じるところから生まれた表現となります。 ビジネスシーンや職場でも「癪に障る」言動に出くわすことがあるでしょう。 その時は大きく深呼吸をして「癪」を鎮めるようにすることも大切です。

次の

「癪に障る」とは?「癇に障る」との違いと正しい使い方も解説

障るとは

貴方の周りに癪に障る人、いませんか? なんとなく悪い人ではなさそうなのに、なんとなく癪に障るような人もいますよね。 なぜ癪に障るのでしょうか。 今回は癪に障る人に特徴をご紹介したいと思います。 実は自分が癪に障る人という場合もありますよね・・・。 癪に触る人ってどんな人? まずは癪に障る人ってどんな人なのかをご紹介しようと思います。 癪に障るという言葉は知っていてなんとなく意味はわかっているものの、詳しく説明してと言われると・・・。 という方も少なくないでしょう。 癪に障る人がどんな人なのかを知っていきましょう。 癪に触るとは まず癪に触るの意味を確認していきます。 癪に触る人と接した時に受け取る気持ちという事ですね。 気に入らない 癪に触るの一つ目の意味は、気に入らないという意味があります。 例えば、美容室で自分が注文していた髪型、髪色のイメージとは異なる髪型、髪色になった際、気に入らないなと思いますよね。 それと似ていて、自分の自我と関係し、自分の意志にそぐわないような行動や言動をする人と接していると、認められない、認めたくない、接したくない、嫌いと気に入らないという気持ちになるのです。 また、美容室でしてもらった髪型が気に入らないと、それを受け入れどうにかしようと思うのは先の話で、切りたてはどうしよう、もういやだこんな髪、信じられない、受け入れられないという気持ちになるでしょう。 それと同様で、癪に触る人と接していると、受け入れたくない、受け入れられないというような気持ちになるということですね。 不快に感じる 癪に触るの二つ目の意味は不快に感じるという事になります。 何だかこの人と居ると時間が長く感じるな、出来れば会いたくないな、一緒に行動していると気分が落ち込んでくるなどということですね。 癪に触る人と一緒に居たり、会話をすると、気分がとても悪くなるのです。 カチンとくる 三つ目の意味としては、カチンとくるという意味があります。 癪に触る人が発言する言葉が、自分にとって苛立ちを覚える言葉であったり、悲しくなり、なぜこの人に悲しませられなければいけないのだという気持ちに変わりカチンとくることもあるでしょう。 癪に触る人は、他人の触れられたくない部分や、相手の気持ちを考えていないような言葉をかけてしまうのですね。 また、言葉がきつく、特に悪口などを言われている訳ではないのに、なんとなく話しているとむかついてくる、カチンとくるというタイプの癪に触る人もいるでしょう。 腹ただしい 四つ目の意味としては、腹立たしいという意味があります。 癪に触る人と接していると、行動や言動に対してだんだんイライラしてくるのです。 なんとなく人の怒りに触れるような言葉や、イライラする行動をしてしまうため、腹ただしく思えてくるのですね。 癪ってなに? 癪に触るの間って何なんだろうと疑問に思ったことはありませんか? 癪とは一体何なのでしょうか。 腹痛のこと 実は癪に障るの癪には、胸やお腹の当たりが痛むという意味があります。 この場合癪 かん では無く、癪 さしこみ と読みます。 さしこみとは、お腹や胸の付近が急激に痛むことを指し、胃潰瘍や胆石症である可能性が高く、痛むようです。 また、普段の食事で食べ過ぎてしまい。 発作的に腹痛などが襲ってくる症状もさしこみと言います。 痛みとしては、なんだか痛むなと思うくらいから、激痛により冷や汗をかいたりうずくまるほどの腹痛まで全般の腹痛をさしこみと表します。 主に、時代劇などでは腹痛の事をさしこみと言うので古い言い回しといえるでしょう。 良く緊張した時や精神的苦痛を感じたときに、お腹が痛くなったことはありませんか? そういったことから、本来癪 さしこみ とは腹痛の事を表していましたが、怒りや精神的苦痛を感じる時の状況を癪に障ると表すようになったのでしょう。 腹が立つこと もう一つの意味としては、癪 しゃく です。 癪に障るは腹が立つ、不快、イラつくなどの意味があります。 ちなみに、腹が立つの語源としては、昔から腹にいちもつを抱えるという言葉があったように、お腹の中に感情を隠している、収めていると言われています。 そのお腹の中に収めている感情が何かしらの原因により、激昂するということで、腹になる感情が激するということで、腹が立つという言葉ができたのですね。 癪を腹痛とたとえたように、腹にある感情も癪とたとえることで、癪に障る=腹が立つという意味になったのですね。 癪の強い子 癪は子供に対して癪の強い子という言葉で使われることもあります。 一般的に泣いてばかりだったり、寝なかったり、育てにくいと言われる子どもを癪の強い子と表すことがあります。 癪が強い子という事ですね。 多少神経質で気分が良くないことが多く、泣いてしまったり穏やかに寝ることが出来ないのです。 子供の個性であり、成長につれ治まっていくものですが、時に、あまりにも泣きすぎていたり、眠ってくれず、ママやパパが睡眠不足、育児ノイローゼになってしまいそうなときは、治療が行われることもあります。 神経を鎮める漢方が処方されたり、お寺で癪の虫封じというおまじないを唱えてもらう事で治療され、癪が治まるようになります。 癪に触る人とは 癪に触る人とは、相手の事を指す場合もありますが、自分の癪に障るという意味として使われることもあるのですね。 癪に触る人の18個の特徴 では癪に触る人の18個の特徴をご紹介いたします。 自分が人の癪に触る人にならないようにするためにも参考になりますね。 また、なんとなく苦手だなと思う人は癪に触る人なのかもしれませんね。 言い方がキツイ 癪に触る人は言い方がキツイことが多いですね。 実は言い方がキツイ人は、自分の発言がキツイと自覚していないことが多く、どんどん相手の癪に触るような言葉を言ってしまっている人が多いのです。 言い方がキツイ人と話していると、気分がどんどん滅入ったり、自分が悪いのではないかと悲しくなったり、話すのが億劫に感じてしまう事もあり癪に触りますよね。 自分が使う言葉がキツイと自覚していなかったり、自分の育った家族の使う言葉がキツイなどという場合も、その言葉が普通だと思っているので、相手の癪に触っているなど思いもしませんよね。 言われた方からすると、不快に感じたり、付き合いづらいと思ったり、癪に触る人と感じるのですね。 言い方がキツイ人の心理としては、自分の事を相手からすごいと思われたいという深層心理が関係している事もあります。 相手よりも自分が正しい、自分は間違えていないと相手に思ってもらいたいあまり、言い方がキツくなってしまうのです。 また、実は自分に注目されたいさみしがり屋である可能性もあります。 自分の意見を貫き通したいという心理がある場合もありますし、人見知りしてしまい、態度や言動が冷たくキツくなってしまっていることもあります。 更にあまり周りくどく長く話すことが苦手で、必要なこと、重要な事だけを話す人も言い方がキツイ人だと感じられることがありますね。 ようは心に余裕が無かったり、自分が偉いと思ってしまっていたり、相手にこびて自分の立場を下げたくない、長い話が嫌いという人は言い方がきつくなってしまう事が多いのですね。 嫌味ったらしい 癪に触る人が嫌味ったらしいという事もあります。 嫌味ったらしい人と話していると、何でこんな嫌味を言われなければいけないのかと腹が立ってきますよね。 嫌味を言う人はなぜ嫌味を言ってしまうのでしょうか。 まず1つ目の原因としては、自分に余裕が無いためイライラしてしまい、その結果嫌味を言ってしまうのです。 自分が精神的に安定していれば、ストレスがたまっている事もなく、人に嫌味を言おうとも思いませんよね。 ストレスなどが溜まり嫌味が我慢できず言ってしまうほど余裕が無いのです。 2つ目は嫌味を言うほど相手がうらやましく、嫉妬しています。 自分も相手のようになりたい、自分も幸せになりたい、充実している相手がうらやましいという気持ちが嫌味ったらしい言葉として口から出てしまのです。 そういったひとは、噂話も大好きなのです。 なぜなら、周囲の人が幸せであるという話よりも、人の不幸は蜜の味と、人の不幸を聞いていることが楽しくてしょうがないのです。 嫌味ったらしい言葉を使う人に相談に乗るよと言われても、あまり詳しく話さないほうが良さそうですね。 3つ目は、人の下に立ちたくないという原因であることもあります。 うらやましいと嫉妬してしまう人と似ていますが、自分が相手にうらやましがられる立場でありたい、プライドが高く、マウンティングしてしまうという人は、自分よりも素敵だったり、幸せそうな人を見ると嫌味を言ってしまうのです。 悪口を言う 悪口を言う人も癪に触る人だと言えますね。 悪口ばかりを話していると気分が下がってきませんか? 会うたびに誰かの悪口ばかりで楽しい話をしたいのにと癪に触りますよね。 また、自分もあの人に陰では悪口を言われているのでは?と思い腹立たしく思う事もあるでしょう。 悪口ばかり言ってしまう人は、実は自分に自信がない人が多いのです。 自分に自信がないあまり、他人からの評価が気になり、悪口を共有することで、自分の立ち位置を守ろうとしています。 また、自分を守るために、張りあうのではなく、相手を攻撃することで身を守っているのです。 自分にネガティブな人も悪口を良く言います。 自分に対してあの人は悪口を言っているのではないか、あの人は自分の事を嫌っているのではないか、自分がいつターゲットにされるのかと不安になりネガティブな思い込みから悪口が生まれてしまいます。 寂しがり屋である場合もあります。 さみしがり屋ゆえ、自分の発言に耳を傾けてほしい、仲間が欲しいという事で、悪口を言って同調を得ようとしたり、自分の話に注目してもらおうとします。 誰かとの絆を確かめるために、悪口を言い、秘密事を共有しようとしたり、同感を得ようとしているっこともあります。 悪口を言う人は、この悪口を言って仲間を増やそうという考えが、間違えているとは到底気づいていません。 この方法が敵を増やしてしまうことだとも気づいていないでしょう。 このやり方で自分を守ることが出来る、仲間が出来ると思っているため、悪口はどんどんエスカレートしている事でしょう。 ただ単にすぐに怒りやすいタイプであるという場合もありますし、自分と相手を比べ、自分よりも相手が劣っている部分を貶そうとしている場合もあります。 平気で嘘をつく 平気で嘘をつく人と話しているとなんでこんなに嘘をつくのだろう、嘘ばかりだと信じられなくなってしまったり、話していても嘘ばっかじゃんと癪に触りますね。 その嘘に振り回されたり、騙されてばかりだと疲れてきますし腹が立つこともありますね。 平気で嘘をつく人は、目をあまり合わせようとしなかったり、話し方が早かったり、肩書を大いに活用して話をします。 また、嘘をついているときはまばたきの回数が増えたり、自己弁護をしなければいけない時に口数が一気に多くなってくるという特徴がありますので、気を付けてみてください。 嘘をつく人の心理としては、常に自分が完ぺきであるという事を嘘で作り上げ認められたいと思う心理が働きます。 また、努力してその達成したい自分を作るのではなく、現実逃避のはて嘘をついて理想の自分をつくりあげてしまっている場合もあります。 理想通りに作るためには努力が大切ですが、一度努力をショートカットし、嘘で作り上げてしまうとかなり簡単で楽に感じ、癖で嘘ばかりつくようになってしまうのですね。 さらに相手に嫌われたり、相手と異なる意見を持っているという事は、嫌われてしまう原因となるのではないかと自分の意見や考え方に自信を持てず、同意しようとするあまり嘘を平気でつくようになってしまうのです。 相手の話が盛り上がるための優しさで嘘ついてまで相手に気持ちよく話させようとしている場合もありますよ。 【嘘をつく人の特徴は、こちらの記事もチェック!】• 人を見下す 人を見下す人は癪に触りますよね。 何でこの人に見下されなければいけないのと腹が立ったり、中には悲しい気持ちになってしまう人もいることでしょう。 人を見下す人の心理としては、自分の経験と相手の経験を比較した際、劣等感を感じてしまうと人を見下してしまいます。 過去の自分よりも努力せずに成功した人等を見てしまうと、対抗心やうらやましいという気持ちから劣等感をかんじてしまうのです。 小さい頃から兄弟と比べられて過ごして人も良く人を見下してしまう傾向があります。 承認欲求の塊があるという人も人を見下してしまう癖があります。 認めて欲しいという気持ちが強いうえ、相手の事を認めてあげる余裕が無く認められずに癪に触わるような見下し方をしてしまうのです。 自分に自信がないことで、自分にコンプレックスを感じ、人を見下すように接し自分の地位を守ろうとしている場合もあります。 要領が悪い 容量が悪い人を見ているとイライラしたり、もどかしい気持ちから癪に触ったり、相手の容量の悪さが自分の活動に支障をきたすことになる場合も癪に触るという気持ちになることがあるでしょう。 要領が悪い人の特徴としては、全体の動きを把握できておらず、目の前にあることに捉われてしまい、機転が聞かなかったり、自分の遅れに気づくことが出来ないのです。 また、優先順位の付け方が下手、苦手であり、急用とゆっくり取り掛かっても良いことの区別が出来ません。 そのため順位を間違えることで、急用なことを済ませるのがますます遅くなり、バタバタしてしまったり、機嫌に間に合わなかったりという事になってしまうのです。 更に何もかも自分で頑張ろうという責任感が強く、誰かに上手く助けてもらうことが出来ず、その結果周囲の人にとっては、要領が悪く迷惑な人になってしまうのです。 間に合わないくらいなら手伝ってくれと頼んでほしいとおもってしまうのですね。 オドオドしている オドオドしている人を見ていると癪に触るという人も多いですね。 オドオドしている人の特徴としては、相手の言いなりになります。 自分の意見を全く言わないので、ちょっとは自分の意見もいいなよと感じたり、なんだか真剣に考えていないように見えてしまうのですね。 また、自分の事を恐れているの?嫌いなのという気持ちも抱かされてしまうことで、癪に触るのですね。 また、オドオドしている人は声が小さいですね。 声が小さいともう少し大きな声で話してほしい、聞き取るのが大変だと思い癪に触るのですね。 また、間違えた方向に進もうとしているときに小さな声で言われても、そのことが言葉が相手の耳にに届かず、もっと早く言ってよ~と言いたくなってしまうことから、声が小さすぎて話すのが面倒、なんとなく腹が立ってくると癪に触るのです。 落ち込みやすいという特徴がある人もいます。 何を言ってもすぐに落ち込んでしまったり、冗談が通じない為、付き合うのが苦手、めんどうなどとおもい癪に触ってしまうのです。 何か発言するとオドオドとされてしまうと、次に話す時により気を遣わせてしまうのですね。 更に決断力が無く、自分で何も決めることが出来ない、いちいち判断をゆだねてこられてしまうと、癪に触りますね。 これくらいのこと自分で決めてほしいなと思ってしまうのですね。 また、相手が失敗した時に、決断したのはあなたでしょうと責任を押し付けられてしまうのもいやになり、付き合うのが疲れてしまうのですね。 特に自分の事をしっかりと考えられる人にとってはオドオドした人癪に思えてしまうのです。 細かい 細かい人も癪に触る場合があります。 自分がしたことを手直しされたり、自分よりも細かく綺麗にしたものを見せられると腹が立ったりむしゃくしゃしてきてしまいます。 特に自分は細かいことが苦手で大ざっぱにこなしてしまう人からすると、細かい人は癪に触る人に感じてしまうのですね。 また、いちいち細かいために、時間をかなり必要とし、ここは大雑把にさっさと終わらせてくれ~とイライラしてしまうのですね。 細かく作業出来るという事は特権で必要とされることもありますが、時に相手によってはイライラさせてしまったり、癪に触る人だなと思われてしまうこともあるのです。 いちいち指摘する 細かい人と共通する部分がありますが、いちいち細かくチェックして指摘してくる人は癪に触りますね。 いちいち指摘してくる人は、あなたに対して嫉妬しているのかもしれません。 一度嫉妬心をもってしまうと、あなたの悪い部分にばかり目が行くようになってしまうのです。 そうして相手を指摘することで、自分は大丈夫自分は優れていると思い込むようにしています。 また、ストレスが溜まっているという事も考えられますね。 いわゆる八つ当たりともいえます。 ダメなことを指摘したり怒ることで、自分のストレスを発散できているのです。 とにかくダメなところを少しでも見つけて、自分のストレスを発散しているのですね。 完璧主義者である場合もあります。 こうあるものはこうでなければいけないという事でやわらかく柔軟に考えることが出来なくなってしまっているのです。 相手のたまにのミスや偶然起きたミスにおいても許すことが出来ずに、指摘してしまうのです。 世話焼きというパターンもありますね。 自分の為ではなく、相手のためにいちいち指摘しているのです。 しかしそれは相手にとってはありがた迷惑であり、時に癪に触るなと感じてしまうこともあるのですね。 同じミスを繰り返す 同じミスを繰り返す人も癪に触るなと感じますね。 同じミスを繰り返してしまう人は失敗した時のリスクや迷惑を考えることが出来ていません。 また、以後気を付けますという反省している様子を見せるくせに、再度同じミスを繰り返されるとイライラしてしまいますよね。 本当に反省しているのか、本当にきを付けようとしているのかと癪に触る人だなと思ってしまうのですね。 必要な連絡をしない 必要な連絡をしない人がいるとイライラしてきますよね。 とても癪に触るでしょう。 必要な連絡が無いことで、迷惑しているのに、それを感じていない人、次は連絡してくださいと伝えているのに改善されない人には、重要な連絡や重要な仕事などは任せられませんね。 また、休むときや集合時間に遅れるというようンば連絡もしてこないような人とは関わりたくないなと思うほど癪に触ることでしょう。 言い訳する 言い訳ばかりする人も癪に触りますね。 なんでも噛んでも謝ればよいという事ではありませんが、時に言い訳せずに素直に率直に謝るという事が必要である場合もありますよね。 自分が悪い訳ではないと主張して莉、嫌われたくないという理由から言い訳をしてしまう人は居ますが、言い訳をされても取り返しがつかないという場合や、いい訳なんて聞きたくないというほど落ち込ませてしまった場合は、素直に謝ったほうが良いかもしれませんね。 責任を押し付ける 責任を押し付ける人とは距離を置きたくなりますよね。 何度も責任転嫁されてしまうと癪に触りますね。 責任を意図的に押し付けている人もいますが、実は自分は悪くないと思い相手に責任を押し付けてしまう人もいます。 また、自分だけが責任を持ち自分だけ責められるのが怖いという人も責任を押し付けてしまいます。 自分のミスが受け止められない完璧主義さんもいますね。 色々な理由があったとしても、人に責任を押し付けられて、誰かの代わりに怒られたり攻められたりすることは、気分が良くありませんよね。 腹が立ってきますよね。 態度が大きい 態度が大きい人といると一緒に居て疲れてしまったり、周りからの目が一緒に居ると気になって仕方がないという気持ちが癪に触るという事もありますね。 実は態度が大きい人は自信のなさを隠しているケースが多いのです。 自分の態度を大きくすることで、自信を無理に付けているのですね。 又は、自分の事を高く見積もり、周囲の人は自分とは違う、自分は周囲の人よりもレベルが高いと思っていると、態度が大きくなってしまいます。 更に自分を大きく見せることで、周囲の人が気を使うようになったという経験をしてしまうと、態度を大きくしていればストレスが少なくすごすことが出来るという事で、態度を大きくしているという場合もあります。 大きな態度を取っていれば、自分の意見が思うように通るという事で、大きく見せてい人もいますね。 ネガティブすぎる ネガティブな人と関わっていると自分までネガティブになってしまったり、ネガティブな人と付き合うのは難しいなと思ってしまうことでしょう。 徐々に癪に触ってきてしまいますね。 何を言っても自信が付かず、ずっと自分を責めているような対応をされてしまうと、自分が何を言っても意味が無いじゃんと思ってきますね。 ネガティブ過ぎる人と上手く接することは難しいですね。 自分の話ばかり 自分の話ばかしてくる人は、自信がありすぎているため自己主張が強いのです。 自分よりも優れている人の話を聞くのが嫌いで、自分が一番だと多くの人に知ってほしいのですね。 また、逆に自分に自信が無く、相手に自分の話をすることで承認欲求を満たしたいという気持ちから、自分の話ばかりをしてしまっている人もいます。 ストレスが溜まっていて、ストレスを発散するために自分の話ばかりをしてしまう人もいます。 人の話を聞いていると、自分に関係ない話でより悩んだり疲れてしまい、ストレスがよりたまるのを避けるため、人の話を聞こうとせずに自分の事ばかりを話してしまうのですね。 相手が自分に興味があると勘違いしている場合もありますね。 沈黙に耐えられずに、自分の話を次々としてしまう人もいます。 しつこい しつこい人は癪に触りますよね。 しつこい人は自分の欲求を満たすために必死です。 また、しつこくしないと心配で仕方がないという場合もありますね。 しつこい人と接していると、何回も同じことを言わないで、考える時間を頂戴よとイライラしてきてしまいます。 【しつこい人の対応の仕方は、こちらの記事もチェック!】• 空気が読めない 空気が読めない人も癪に触ります。 空気が読めない人は、自分を必死に守ろうとすることで、自分が相手にどう見られているのか、自分をどうアピールすればいいのかとばかり考えてしまっています。 そのため、相手の反応や相手の雰囲気を察することなく、自分の事ばかり考えてしまうので、癪に触るような空気の読めない行動や言動を行ってしまうのです。 また、自分は空気が読めない、読むのが苦手だという事にも気づいていないので、より空気の読めない事をしてしまうのです。 改善もされません。 更に周囲の人の雰囲気にのまれたくない、自分が中心でありたいという人は、頑なに人に合わせないようにするのです。 その結果空気の読めない人になってしまいます。 癪に触る人には振り回されちゃダメ ここまで確認してもらい、少々察しているかと思うのですが、癪に触る人は癪に触る行動や言動をしている原因がその人自身にあるのです。 その為、癪に触る人に自分の気持ちを振り回されてしまうという事は、良くありません。 あなたは悪くありませんので振り回されないようにしましょう。 言い方がキツイ人に対しては、出来るだけ接しなくても良い人とは接しなくても良いのですが、絶対に関わらない人である場合は、重要な部分のみをしっかりと聞き、後は受け流し振り回されないようにしましょう。 また、直面から言葉がキツイ人と話していると癪に触りますが、この人は上記でご紹介したような心理の中で、キツイ言い方になってしまっているのだという事を理解し、聞くことで癪に触りにくくなるのではないでしょうか。 悪口ばかりを言う人に対しては、一緒になって悪口を言うのではなく、聞き流し違う話題を提供してみたりすると良いです。 しかし、自分の悪口も言われる可能性も少なくないので、詳しい話などはあまりしないほうが良いでしょう。 要領が悪い人には、優先順位までを説明し、これは後回しにしても良いよなどというアドバイスをしてあげると良いですね。 ネガティブな人には自分までもがネガティブな考えになりすぎないように気を付けると良いですね。 連絡が足りない人には悩んだ時は報告・連絡・相談をするということをアドバイスし、連絡が来た時はうっとおしがらずにしっかりと対応してあげるようにしていると、連絡が稀にしやすくなり、必要な連絡をしっかりと出来る人になっていくでしょう。 などなど、癪に触る人に対して、真剣に向き合いすぎると癪に触りすぎ、自分が振り回されてしまいます。 そのため、癪に触る人の心理を理解することで、自分が振り回されることなく、上手く立ち回り接することが出来るようになるでしょう。

次の

癇に障る人の特徴と心理とうまくかわす対処法19選!

障るとは

触る・障るの意味と違い 「触る」と「障る」は、どちらも「さわる」と読む言葉です。 一見使い分けには迷わないように見えますが、「気にさわる」などのように、意外に使い方が難しい場合もあります。 両者の意味合いを詳しくつかむことで、そうした悩みも解決しやすくなるでしょう。 今回は、「触る」と「障る」の意味と違いについて解説していきます。 触るとは 「触る」の意味合いは、主に2つあります。 1つは、「あるものに手などを軽くつける」というものです。 何かに軽く手をふれたり、身体の一部が当たるなどして、その存在を感覚的に把握することを言います。 具体的には、「彫刻に触る」「髪に触る癖」「うるしに触ってしまった」のように使われます。 もう1つの意味合いは、「かかわりを持つ」「関係する」というもので、こちらは「その話題には触らない方がいい」「うかつに触るのが面倒な問題」のように使われます。 「触る」の「触」は、「つの」「つづく」を表す象形から成っています。 ここから「つのがつく」「ふれる」を意味する漢字として成り立ちました。 「触る」のポイントは、物理的・比ゆ的な「接触」を表すという点にあります。 この点に留意すると、後述する「障る」との違いが分かりやすくなります。 障るとは 「障る」の主な意味合いは、「妨げられる」「邪魔になる」というものです。 何かが引っかかったり、行く手を遮られたりすることを指しています。 例えば、「無理をすると体に障る」「ゲームのやりすぎは勉強に障る」のような使い方になります。 「障る」の「障」という字は、「丘」「隠しおおう」を表す象形から成っています。 そこから「(丘で)へだてる」「差し支える」を意味する漢字として成り立ちました。 冒頭に挙げた「気にさわる」の場合、「障る」と「触る」の両方を使うことができます。 しかし一般的には、「気分を阻害される」という意味で、「気に障る」と書くことがほとんどです。 使い分ける場合は、「支障」や「障害」という言葉に置き換えると、「触る」との違いが明確になります。

次の