確定申告 郵送 切手代。 確定申告を郵送!封筒の大きさ・切手代は?源泉徴収票折るのはだめ?

確定申告の返信用封筒とは?どんな封筒を用意すればいいの?

確定申告 郵送 切手代

郵送で確定申告を送るメリット 確定申告には電子申告、直接持ち込むなど、郵送の他にも方法があります。 電子申告が一番手間が少ないですが、導入までのハードルが高く、特に確定申告を初めたばかりの初心者には難しいです。 直接持ち込むのが確実ですが、多忙な毎日に数時間を費やして持参するのも面倒です。 郵送であれば、完成した申告書類をポストに投函するか、郵便局に持ち込むだけで、申告が完了するため、手間が少ない点が大きなメリットとなります。 確定申告に必要な書類 最低限必要な書類 確定申告に最低限必要な書類として以下の3点となります。 ・青色申告決算書(画像左)・・・2枚つづり ・確定申告書B(画像中)・・・4枚つづり ・確定申告添付書類(画像右)・・・1枚(控除証明書・マイナンバーカードの写しを貼り付ける) 控えの返信が欲しい場合に必要な書類(任意・オプション) 確定申告書類に控えが欲しい場合(各種申請等で利用する場合必要)は、返信用封筒と確定申告控え用書類を同封しておけば、税務署が押印をして、返信してくれます。 ただし押印は「受け取りましたよ」という意味で、申告内容に関しての承諾ではない事に注意して下さい。 控えの返信に必要な書類は以下のとおり。 ・青色申告決算書(控え)(画像左)・・・2枚つづり ・確定申告書B(控え)(画像中)・・・4枚つづり ・返信用封筒(画像右)・・・1通 返信用封筒の種類・書き方・切手料金 同封する返信用封筒の種類 確定申告の控えを収めてもらう封筒は「長形3号」であれば「A4」を追って収めれるので問題ないと思われます。 (毎年これで返信されてきてます。 ) 定形郵便用のサイズなので切手は82円で済みますが、枚数が多い場合は重量オーバーとなり過不足が発生します。 青色申告決算書と確定申告書Bの両方の控えを必要とする場合は、念のために 94円分の切手を貼っておきましょう。 82円切手では料金不足になる可能性があります。 普通に個人の確定申告ではない極端に大きな書類や膨大な書類がある場合は、更に大きな封筒とそれに合った切手を準備しましょう。 返信用封筒の書き方 返信用封筒には自分の郵便番号・住所・名前を記載しておきます。 名前の後は「行」で問題ありません。 「控え用返信封筒」と記載しても良いですが、確定申告にこの封筒を同封しておけば、ほぼ担当者は理解するので必須ではないと思います。 (毎年これで控えが返ってきてます。 ) 確定申告書類を収める封筒のサイズ・書き方・切手 案内に同封されている封筒を袋状にする 確定申告書類を収める封筒は、こだわりがなければ、税務署からの確定申告の案内に同封されている専用の封筒を利用する事で問題ありません。 キリトリ線にそって、ハサミかカッターで形を点線どおりに整えていきます。 あとは案内に従って、山折、谷折りを行い、セロパンテープなどで固定すれば封筒が完成します。 確定申告封筒の住所の書き方 送付先の住所は、税務署からの案内の封筒の右下に「返還先・連絡先」と記載されている税務署に送れば問題ありません。 作った封筒の宛先が「税務署行き」となっているので「行き」を打ち消し線で訂正して、「御中」に直しておきます。 (日本の返信する際のマナー) あとは確定申告書類を同封して、封をすれば完成です。 封を行うまでに 記載漏れ、押印漏れがないか最終確認をしたほうが良いでしょう。 (とくに押印漏れ) 確定申告書類の封筒の送り方・切手料金 確定申告用の封筒は、通常郵便か信書で郵送できます。 通常郵便の場合、通常郵便料金ですが重さによって必要な切手代が変わります。 50gまで・・・120円 100gまで・・・140円 150gまで・・・210円 250gまで・・・250円 500gまで・・・390円 今回の様に控えを同封すると最低料金の50gを軽く超えます。 同封する封筒によってもグラムが変わるので、一番確実なのは 郵便局の窓口に持っていき「こちら郵送お願いしたいのですが」と述べると、重さを図って切手代を計算してくれます。 その場で切手代を払うと、窓口の形が張って発送してもらえます。 自宅に計量図りがあれば、自分で測って切符を別途容易しても問題ないですが、締め切りギリギリという事情出ない限りは、窓口に持ち込んだ方が手間は小さいでしょう。

次の

確定申告の返信用封筒とは?どんな封筒を用意すればいいの?

確定申告 郵送 切手代

郵送で確定申告を送るメリット 確定申告には電子申告、直接持ち込むなど、郵送の他にも方法があります。 電子申告が一番手間が少ないですが、導入までのハードルが高く、特に確定申告を初めたばかりの初心者には難しいです。 直接持ち込むのが確実ですが、多忙な毎日に数時間を費やして持参するのも面倒です。 郵送であれば、完成した申告書類をポストに投函するか、郵便局に持ち込むだけで、申告が完了するため、手間が少ない点が大きなメリットとなります。 確定申告に必要な書類 最低限必要な書類 確定申告に最低限必要な書類として以下の3点となります。 ・青色申告決算書(画像左)・・・2枚つづり ・確定申告書B(画像中)・・・4枚つづり ・確定申告添付書類(画像右)・・・1枚(控除証明書・マイナンバーカードの写しを貼り付ける) 控えの返信が欲しい場合に必要な書類(任意・オプション) 確定申告書類に控えが欲しい場合(各種申請等で利用する場合必要)は、返信用封筒と確定申告控え用書類を同封しておけば、税務署が押印をして、返信してくれます。 ただし押印は「受け取りましたよ」という意味で、申告内容に関しての承諾ではない事に注意して下さい。 控えの返信に必要な書類は以下のとおり。 ・青色申告決算書(控え)(画像左)・・・2枚つづり ・確定申告書B(控え)(画像中)・・・4枚つづり ・返信用封筒(画像右)・・・1通 返信用封筒の種類・書き方・切手料金 同封する返信用封筒の種類 確定申告の控えを収めてもらう封筒は「長形3号」であれば「A4」を追って収めれるので問題ないと思われます。 (毎年これで返信されてきてます。 ) 定形郵便用のサイズなので切手は82円で済みますが、枚数が多い場合は重量オーバーとなり過不足が発生します。 青色申告決算書と確定申告書Bの両方の控えを必要とする場合は、念のために 94円分の切手を貼っておきましょう。 82円切手では料金不足になる可能性があります。 普通に個人の確定申告ではない極端に大きな書類や膨大な書類がある場合は、更に大きな封筒とそれに合った切手を準備しましょう。 返信用封筒の書き方 返信用封筒には自分の郵便番号・住所・名前を記載しておきます。 名前の後は「行」で問題ありません。 「控え用返信封筒」と記載しても良いですが、確定申告にこの封筒を同封しておけば、ほぼ担当者は理解するので必須ではないと思います。 (毎年これで控えが返ってきてます。 ) 確定申告書類を収める封筒のサイズ・書き方・切手 案内に同封されている封筒を袋状にする 確定申告書類を収める封筒は、こだわりがなければ、税務署からの確定申告の案内に同封されている専用の封筒を利用する事で問題ありません。 キリトリ線にそって、ハサミかカッターで形を点線どおりに整えていきます。 あとは案内に従って、山折、谷折りを行い、セロパンテープなどで固定すれば封筒が完成します。 確定申告封筒の住所の書き方 送付先の住所は、税務署からの案内の封筒の右下に「返還先・連絡先」と記載されている税務署に送れば問題ありません。 作った封筒の宛先が「税務署行き」となっているので「行き」を打ち消し線で訂正して、「御中」に直しておきます。 (日本の返信する際のマナー) あとは確定申告書類を同封して、封をすれば完成です。 封を行うまでに 記載漏れ、押印漏れがないか最終確認をしたほうが良いでしょう。 (とくに押印漏れ) 確定申告書類の封筒の送り方・切手料金 確定申告用の封筒は、通常郵便か信書で郵送できます。 通常郵便の場合、通常郵便料金ですが重さによって必要な切手代が変わります。 50gまで・・・120円 100gまで・・・140円 150gまで・・・210円 250gまで・・・250円 500gまで・・・390円 今回の様に控えを同封すると最低料金の50gを軽く超えます。 同封する封筒によってもグラムが変わるので、一番確実なのは 郵便局の窓口に持っていき「こちら郵送お願いしたいのですが」と述べると、重さを図って切手代を計算してくれます。 その場で切手代を払うと、窓口の形が張って発送してもらえます。 自宅に計量図りがあれば、自分で測って切符を別途容易しても問題ないですが、締め切りギリギリという事情出ない限りは、窓口に持ち込んだ方が手間は小さいでしょう。

次の

確定申告の郵送方法|同封する書類と封筒や切手の種類

確定申告 郵送 切手代

その年の収入から費用を引いて所得を計算し、その所得の金額とその所得の金額に対して課される所得税額を必要書類に記入して、税務署へ提出するのが確定申告書。 確定申告書を税務署に提出するための方法には、3種類の方法が用意されています。 一番手軽でかつ間違いがあった場合も、その場で指摘してもらえることもあり、安心な方法ですが、確定申告時期の税務署には納税者が長蛇の列を作っています。 そのため、確定申告書を提出するだけでも、一日仕事になってしまうほど時間がかかるのが難点だと言えるでしょう。 近年のインターネットの発達で用いられるようになった申告方法で、一番手軽な申告方法です。 しかし、住基カードを取得する必要があったり、ICカードリーダライタを購入する費用が掛かるなど、電子申告を始める前の段階において手間や費用が掛かる事が難点になっています。 この方法は、パソコンが苦手な人にとって一番手軽な方法になるかもしれません。 しかし、申告書を郵送する場合には控えの申告書を同封する事を忘れないようにしましょう。 以下の文章ではこの控えの申告書について記載していきます。 確定申告書には提出用と控え用の2種類がある 確定申告書を確認していると、確定申告書には提出用と控用という2種類がある事に気づきます。 この違いはどのようなものなのでしょうか? 読んで字のごとく提出用は税務署に提出するもの控え用は控えとしての書類 提出用というのは、その名の通り、税務署に提出する確定申告書となります。 確定申告書を税務署に受け取ってもらう場合、この様式の確定申告書に記載する必要があります。 一方、控用というのは控えとして手元に置いておく必要がある確定申告書になります。 確定申告書の控えは提出したという証明のために保管しておく この確定申告書の控えがある事により、トラブルがあった時や様々な証明が必要な書類などで、確定申告書を提出したという証明が出来る事になります。 また、確定申告書を郵送する際には控えの申告書も同封する事にします。 この控えの申告書が、税務署から返送という形で郵送されてくることで、税務署がしっかり、申告書を受け取ってくれたという事を確認する事が出来ます。 税務署に確定申告書を郵送して提出する場合は控えを同封し郵送する 税務署に確定申告書を郵送して提出する場合には、控え用の確定申告書と、切手を貼った返信用封筒を同封しておく必要があります。 この返信用封筒には自分の住所と郵便番号及び自分の名前を記載しておきます。 しっかり押さえておきましょうね。 控え用の確定申告書は税務署で収受日付印を押されて返送される また、切手としては82円切手を貼っておけば大体問題はないでしょう。 この返信用封筒を同封して、確定申告書を郵送すると、税務署で控えの確定申告書に税務署が受け取った日付を示す「収受日付印」というものを押した上で、返信してくれます。 これによって、税務署が確定申告書をその日付で受理してくれたという事が分かります。 このように郵送で確定申告を実施する場合には、必ず控えの確定申告書の同封を忘れないようにしましょう。 確定申告を郵送で行った際の控えは提出の証明になるので保管しておこう ここまで、確定申告を郵送で行った際の控えについて紹介してきました。 確定申告をするための方法の一つとして、郵送によって確定申告をするというものがあります。 郵送で、確定申告する場合、必ず郵送する申告書は提出するものと、控えとして手元に保存するためのものの2部を準備するようにしましょう。 また、控え用として手元に保管する申告書を返送してもらうため、返信用封筒を同封するのを忘れないようにしましょう。

次の