ホロライブ ソニー。 キズナアイ、ホロライブ、にじさんじ…2020年もVTuber市場拡大 地上波番組&CM進出、音楽ライブ・リアルイベント物販展開進む

ホロライブの任天堂著作物収益化問題に関わる一考察|三笠|note

ホロライブ ソニー

バーチャルライバーブランドのホロライブを運営するカバー株式会社によって、所属のライバーのゲーム実況の一部が任天堂株式会社をはじめとしたメーカーの許諾を得ずに配信されていたことを認める声明を発表したことで、ホロライブのみならず、バーチャルライバー界隈、更にはゲーム実況界隈全体が揺れている。 この問題について、企業勢ライバーのゲーム実況収益化の問題について、主に任天堂のガイドラインとカバー株式会社の声明を元に個人的な考察をしてみたい。 なお、筆者は大学時代に法学部に在籍していたが、知的財産関連の知識については専ら独学によるものであることをあらかじめ断っておく。 1.問題の簡単な経緯 2020年6月1日、業界においてホロライブと双璧といえるバーチャルライバーブランドのにじさんじを運営するいちから株式会社から、任天堂株式会社の著作物の利用に関する包括的許諾契約を締結したというリリースを発表した。 2.ゲーム実況と著作権 今回の問題を読み解いていくにあたり、まず前提条件となる著作権について簡単に触れてみたい。 著作権とは、文学作品や芸術作品、映像やゲームといったエンターテイメント作品など、作者の考えや気持ちが表現されたものを「著作物」として、その著作物を財産として保護するための権利である。 発明のような技術的アイディアや、工業製品などのデザイン、トレードマークといったものは著作物とは別に「産業財産権」とされ、著作権などとともに「知的財産権」というより大きな括りを構成している。 youtubeなどのインターネット配信において、ゲーム実況は主にこの著作権の中の「公衆送信権」が関係してくる。 この公衆送信権というのは、不特定多数が閲覧・視聴できるような形で著作物を送信する権利であり、著作権者が認めない限りは第三者が勝手に行うことはできない。 映画などの同時視聴などで、映画そのものを配信に乗せられない理由がこれである。 ゲーム実況の場合は、その実況がゲームにとって販促効果が期待されることがあり、またeスポーツなどゲームプレイを「魅せる」ことがエンターテイメントとして確立されつつある昨今の状況もあって、メーカー各社が独自の指針を設けてプレイヤーによる公衆送信を一部認める場合が増えつつある。 PS4やSwitchなどではゲーム自体にシェア機能が搭載されており、あらかじめメーカーの認めた範囲で配信が可能なようにされている。 このようにゲーム実況の敷居は以前と比べ格段に低くなっているといえるが、注意しなくてはならないのはあくまでゲームの第三者による公衆送信は無条件に認められている訳ではないことだ。 まだまだ明確な許諾を出していないメーカーや作品は多く、また認められているものの多くも個人が非営利に行う場合に限定されていたり、配信プラットフォームが指定されている場合が多い。 他者の著作権を侵害した場合は著作権侵害という犯罪になる。 なお、著作権侵害は親告罪だから、著作権者が訴えない限りは問題ない、という主張がときたま見られる。 しかし親告罪というのは権利者が告訴しない限りは検察が起訴できないというだけであり、親告罪で権利者の告訴がなければ違法性がなくなるというわけではないので注意が必要である。 3.任天堂のガイドライン改正によって明確になったホロライブの収益化問題 さて、やっと本題である。 任天堂のガイドラインでは、個人が非営利目的で配信を行うことは可能であることを前提とした上で、例外的な対応として、youtubeやニコニコ動画など、あらかじめ指定された動画共有サイトの収益化システムによって配信を収益化することは可能としている。 原則として収益化についても個人を対象としたものとしているが、UUUM(提携した吉本興業所属を含む)、ソニー・ミュージックマーケティング、ガジェット通信、そしていちからの4社については別途締結した契約に基づき、個人同様当該ガイドラインに従って配信・収益化が可能としている。 これに対してカバーの声明では、 弊社では個人事業主のクリエイターを支援する業態のため、任天堂株式会社 以下、任天堂様 の著作物を利用したゲーム配信については、任天堂様が公開している個人向けの『ネットワークサービスにおける任天堂の著作物の利用に関するガイドライン』を参照し、法人として個別に許諾を得ることなく、無許諾で配信を実施しておりました。 としている。 つまり、カバーとしてはホロライブライバーの投稿は各ライバーが個人事業主として行っているものであって、法人による投稿にはあたらないと解釈していたという、見解の相違があったことを暗に主張したものとなっている。 実は任天堂のガイドラインにおける法人に関する扱いの部分である「A9」において、6月1日更新の文章では 法人等の団体による投稿や、投稿者が所属する団体の業務として行う投稿は、このガイドラインの対象ではありません。 となっているが、インターネットアーカイブで参照したこの更新以前のガイドラインの文章では 法人等の団体による投稿は、このガイドラインの対象ではありません。 とだけされていた。 6月1日の更新で挿入された「投稿者が所属する団体の業務として行う投稿」という文言は、明らかに企業と契約した個人事業主としての配信者を意識したものである。 これによって個人事業主として企業と契約している配信者が、個人向けガイドラインを利用して収益化配信をすることは明確に不可能となってしまったため、カバーとしても声明を出した上で所属ライバーの配信収益化について見直しをせざるを得なくなってしまったのが実態であろう。 4.企業勢配信者が個人であるという主張の妥当性 では、そもそもの問題として、配信者が個人事業主であることをもって、仮に企業に属していても法人による配信ではないとすることは、果たして妥当なことなのだろうか。 ライバーが企業勢であるか個人勢であるかと、個人事業主であるかどうかの違いについては、筆者の別項記事を参照していただきたい。 給与以外の報酬や料金において源泉徴収が必要とされるものは、国税庁のホームページにて参照できるが、企業と契約を結んだバーチャルライバーの場合はこのうち ホ 映画、演劇、テレビジョン放送等の出演等の報酬・料金や芸能プロダクションを営む個人に支払う報酬・料金 に該当すると思われる。 これらのことから分かるのは、ホロライブライバーのチャンネルはカバーに収益が入る形になっており、各ライバーはそのチャンネルでの活動の報酬としてカバーから対価を得ているということである。 つまり、配信によって直接的に収益を得ているのは法人であるカバーであり、個人事業主である各ライバーの収益は、あくまでカバーから得ているものなのだ。 流石にこれを、youtubeの配信収益は各ライバーが個人事業主として得ている、と言うのは無理があるのではないだろうか。 これがもし、youtubeのチャンネル収益が一旦ライバー個人に振り込まれ、そこからライバーがカバーに対して報酬あるいはマネジメント手数料などを支払う形式であれば、まだ誤解や見解の相違といった釈明の余地はあるだろう。 しかし、チャンネル収益を直接得ているのがカバーである以上、声明にあるような見解の相違や誤解などが成り立つ余地は無いというのが筆者の判断である。 5.任天堂のライセンスに込められた意義 そもそもの問題として、任天堂のライセンスにはどういった意義が込められているのであろうか。 ここで改めて、任天堂のライセンスの冒頭を振り返ってみたい。 任天堂は当社が創造するゲームやキャラクター、世界観に対して、お客様が真摯に情熱をもって向かい合っていただけることに感謝し、その体験が広く共有されることを応援したいと考えております。 この一文にはゲーム実況者に対し、クリエイターあるいはパフォーマーとして任天堂のリスペクトが込められている。 そして、そのクリエイターやパフォーマー自身が任天堂作品から得られる体験を多くの人々に共有することが、対価を得るにふさわしい行為であると考えているからこそ、収益化について一定の条件で認めたものだと解されるべきではないだろうか。 配信によって生計を立てるということが特別ではなくなってきている昨今、その収益自体を否定するつもりは筆者にはない。 生業として限られた時間の中で配信を成り立たせるには、収益性について無頓着でいては配信業を継続することは難しいだろう。 しかし、そんな中にあっても、ゲームの製作者と配信者の間には、互いにリスペクトがあってほしいし、であればこそ、ゲーム配信において配信者は、そのゲームに対してまさに真摯に情熱を持って向き合ってもらいたいと感じている。 糸井重里先生が見てくださった上にコメントしてくださって……、足元がフワフワしている……、こんな嬉しいことがあるだろか……。 改めて、見てくださる皆さんとMOTHER3を完走したいって思いが強くなりました。 素晴らしい作品が素晴らしい配信を生み出し、多くの人がその体験を共感する。 ゲーム実況というのは、配信者を通じて多くの人が喜びや悲しみを共有できるものだ。 そしてそれが製作者にとって新たな創造の原動力になる。 そうした正のサイクルの中でそれぞれが報酬を得ていけるのであれば、こんな幸せなことはないだろう。 配信業の界隈というのは、まだまだ法的な部分が未整備なところが多い。 今回のカバーの件に限らず、他の配信者を抱える企業もまた、市場拡大にガバナンスやコンプライアンスが追いついていない部分は多々あるだろう。 しかし、今後もバーチャルライバーが拡大し、メディアへの露出も増え、市民権を獲得していくには、こうした問題をクリアにしていく努力が不可欠である。 それには、運営する企業のみならず、個々のライバーもまた一人の事業主としての自覚と、何より配信の対象に対するリスペクトを欠かすことはできない。 であればこそ、個人的に今回の問題が発覚した前後に、関係者からやや自覚に欠けるように思える言動が散見されたのが残念でならない。 バーチャルライバー界隈を楽しむ一個人としては、今回の件で各企業や配信者が今一度自分たちのエンターテイメントが何に立脚して提供されているかに立ち戻って、今後の発展の糧とすることを願ってやまない。

次の

コラボ

ホロライブ ソニー

止まるんじゃねえぞ。 現在の日本VTuber界を牽引するHololiveの記念すべきライブがいよいよ円盤化 来たわね、円盤化。 「ホロライブプロダクション」は、カバー株式会社が開発した配信システム「HoloLive」を端緒としたVTuber事務所。 女性VTuberグループ「ホロライブ」、男性VTuberグループ「ホロスターズ」、音楽レーベル「イノナカミュージック」に所属するバーチャルタレントのみなさんが活動しています。 ・ホロライブプロダクション公式Twitter: ・ホロライブ公式YouTube: ・ホロスターズ公式YouTube: 先頭を切ってデビューした「ときのそら」さんをはじめとした超個性的なメンバーが揃っているのが大きな特徴で、Youtubeファン数で事務所内トップにいる「白上フブキ」さんがつい先日ファン数70万人を突破、. Live所属の電脳少女シロさんを抜き、VTuber黎明期を支えた「四天王」の一角に食い込んだことは、歴史的転換点としても記憶に新しいところです(現在全体でもキズナアイ、輝夜月、ミライアカリに続く第4位(ユーザーローカル調べ))。 さて、そんなホロライブさんが当時の全技術、総力を尽くして開催した初の全体イベントが「hololive 1st fes. 『ノンストップ・ストーリー』」でありました。 開催までに当時活動していた所属タレント(~3期生)全員の3Dアバターを揃え、かつ全員の「ライブ用衣装」を仕立てたメインビジュアル(上写真)は、大きな驚きを呼びました。 まさか、この勇姿を3Dでライブに投入するんじゃあるまいか。 ファンは期待に心躍ります。 かくして1月24日、豊洲PITにてその勇姿たちは地上に降り立ちました。 しかも全員が、同じ舞台に立って。 一言「壮観」でありました。 () ホロライブ勢の大躍進を目の当たりにしていた筆者にとって、昨年末にと同じように、このライブはホロライブが到達した一つの頂点だな、と当時は感涙にふけったものです。 スバルちゃん、しっかりとアイドルしてたぞーーー! さて、そんな今年念頭の大エポックとなりました当ライブ、いよいよBlu-rayとなって円盤化しますよ。 以下商品概要! hololive 1st Fes. 『ノンストップ・ストーリー』Blu-ray 詳細 【映像内容】 2020年1月24日、豊洲PITで開催されたホロライブ初の全体ライブ「hololive 1st fes. ノンストップ・ストーリー」のライブ映像を収録。 【 Blu-ray価格】 ¥8,000 税込 ホロライブ公式BOOTH限定で販売。 再編集こそされていますが、もちろん余すところない全部入りでございます。 しかも! トレイラー映像街頭ビジョン放映情報 本Blu-rayのトレイラー映像が下記街頭ビジョンにて放映されますよ。 『ノンストップ・ストーリー』Blu-ray フォロー&RTキャンペーン 本Blu-ray発売を記念し、本日7月16日(木)~24日(金)にホロライブプロダクション公式Twitterのフォロー&RTキャンペーンが実施されます。 — ホロライブプロダクション【公式】 hololivetv お、このツイートが対象のようですね。 そして、ついさっき…… 【「ノンストップ・ストーリー」BDについて】 想定を大きく上回る予約をいただき先ほど予定数に達しました。 急遽追加のご予約を開始致します。 こちらの発送は9月初旬~末頃となる予定です。 引き続きホロライブBOOTHにて予約を受け付けております。 — ホロライブプロダクション【公式】 hololivetv 早い!!! さすがホロライブ、人気を裏付ける盛況っぷりですね。 すでに4期生の3Dお披露目配信が続いているだけでなく、ついにはホロスターズの皆さんの3D化もスタート(律可さん)、そして「舞スバ」で知られるにじさんじの舞元啓介さんも3D化決定と(これはホロライブと関係ない)、とにかく勢いが、すごい! 今後のホロライブから、目が離せません!!! 記事元:.

次の

キズナアイ、ホロライブ、にじさんじ…2020年もVTuber市場拡大 地上波番組&CM進出、音楽ライブ・リアルイベント物販展開進む

ホロライブ ソニー

カバー株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役:谷郷元昭)は、当社が運営する「ホロライブプロダクション」傘下の女性VTuberグループ「ホロライブ」において、所属VTuber「姫森ルーナ」の3Dモデルお披露目放送を、2020年7月19日(日)20時より、本人のYouTubeチャンネルにて実施することをお知らせいたします。 [画像1: ] 本3Dお披露目配信では、3Dボディを惜しみなく活かした企画を実施いたします。 また、「ホロライブ」のメンバーも交えた企画も行われ、賑やかな内容となる予定です。 姫森ルーナ [画像2: ] お菓子の国のお姫様。 甘えんぼで人懐っこいがわがままを言ってたびたび執事に怒られている。 月のアクセは、異世界の国のマークらしい? ・YouTube登録数 :約19. 1万人(7月16日現在) ・Twitterフォロワー:約14. ライブ配信での応援やTwitterでの交流ができる次世代のバーチャルタレントが所属する事務所であり、精巧な2D・3Dキャラクターモデルを使用した実況・配信を得意としています。 ライブ配信での応援やTwitterでの交流ができる次世代の二次元アイドルグループであり、精巧な2D・3Dキャラクターモデルを使用した実況・配信を得意としています。 com.

次の