アドビ 動画。 解決済み: アドビPremiere Elementsで動画を作成した場合

アドビ、Premiere ProのアップデートでAIを活用したオートリフレーム機能を搭載。16:9の映像を縦長や正方形のコンテンツに最適化が可能

アドビ 動画

高価なアドビを購入するまではいかないけど、ちょっと試してみたい人におすすめです。 体験版の期間はダウンロードするソフトによりますが 7日〜30日間となっています。 もちろんすべて無料で購入版と同じ製品を試すことができます。 ダウンロード手順は簡単ですので割愛します。 体験版の期間が終了すると無料でなく有料になりますので注意が必要です。 ただし、自動更新ではないので放置していても大丈夫です。 体験版を永久的に使い続ける方法については以下の記事で紹介していますので、そちらを参考にしてくだい。 入手方法2 2つ目に紹介する方法はadobeCS2を無料でインストールする方法です。 cs2の認証サーバーに誤作動などの問題があって現在はシリアルナンバーが公開されています。 これを使うと簡単に無料インストールできます。 現在と比べて数年前のadobeです。 しかし、イラストレーターやフォトショップ、動画編集など基本的な操作は可能です。 気にならない人は自己責任で無料インストールしましょう。 アドビCS2インストール方法 アドビcs2 インストールと検索するとインストールページに移ります。 インストールリンクと各シリアル番号が載っています。 日本語を選択してインストールしたい製品を探します。 今回はイラストレーター CS2を例としてインストールします。 bin」をクリックします。 exe」をクリックします。 シリアル番号はインストール時に必要なので、このページは閉じずに開いておきましょう。 インストールできたら完了です。 インストール関しては手順に従ってください。 そのとき、先ほどのシリアルナンバーの入力が必要になります。 入手方法3 3つ目の入手方法は無料ではありません。 ただし、アドビをもっとも激安で合法的に購入する方法を紹介します。 その上豪華得点もついていますのでおすすめの方法です。 最新のアドビクリエイティブクラウドが現状で最も格安で利用できるので、僕は現時点この方法を3つの方法の中で1番おすすめします。。 「デジタルハリウッド」というオンラインスクールをごぞんじですか。 実は、このオンラインスクールを受講すると、 受講代金を含めてアドビ製品を半額の値段で入手できます。 デジタルハリウッドはアドビから正式に認定されたオンラインスクールなので、アドビ 製品も格安で提供かつ、アドビに関する講座まで受講できるのです。 つまりアドビの使い方まで学ぶことができます。 最後にこんな失敗談を紹介します。 今回紹介したAdobeは比較的バージョンの古いAdobeです。 でもネットで調べると最新のAdobeもダウンロードできないか?と検索していました。 でもそこには思わぬ落とし穴がありました。 以下の記事ではAdobeクリエティブクラウド最新版ダウンロードとダウンロード後に僕に起こった不幸な出来事をまとめています。 絶対に読んで欲しい参考資料です。 まとめ アドビ製品は仕事でもプライベートでも活躍してくれるソフトです。 まだ使ったことない人やフリーソフトしか体験したことがない人は検討してみてください。 僕もプライベートでアドビを使っていますが、慣れるとほんとに使いやすくて便利です。 編集にアドビなしでは語れません。 最後にちょっとした追加情報をイラストレーターやフォトショップをある程度操作できるようになったらあなたの仕事でもスキルアップは間違いなし。 転職もそうですが、独立、在宅ワークなど幅広く活動できるようになります。 最後まで読んでいただいてありがとうございました。

次の

Adobe Premiere Elements2018の使い方(1) 機能の紹介 動画編集ソフト アドビプレミアエレメンツ入門

アドビ 動画

対応動画 AVCHD(読み込みのみ)、DV-AVI(Windowsでは読み込み/書き出し、Mac OSでは読み込みのみ)、DVD、H. 264、HDV、MPEG-1(読み込みのみ)、MPEG-2、MPEG-4、MP3、QuickTime、Windows Media(Windowsのみ)など。 一部のファイル形式の読み込み/書き出しには、インターネット経由でライセンス認証をおこなう必要があります。 ライセンス認証の手続きは無料で、短時間で簡単に完了します。 対応写真 対応音声 Adobe Premiere Elements2018を使ったみた感想 とても良い動画編集ソフトだと思います。 他のソフトと比べても、高機能かつ使いやすいです。 より高度な編集をしてみたい方、将来プロを目指してみたい方などにはおすすめのソフトです。 もちろん初めて動画編集する方でもOKです! 最近では、自動編集や写真抽出など、初心者にもカンタンに使える機能がどんどん追加され、毎年レベルアップしています。 これで1万円台は安すぎるといっても良いでしょう。 ただし、Adobe社のソフトウェアの多くは『動作が重い』のも特徴です。 パソコンのスペックに自信がない方や、パソコンが古い方は一度体験版で試してみてください。 それで問題なければ購入を検討してください。 また、2018から ブルーレイディスクへの書き込みができなくなっています。 DVDは可能です。 料金と種類について 『Adobe Premiere Elements2018』単体と、写真加工ソフトである『Photoshop Elements2018』セットの2種類があります。 有料の家庭用動画編集ソフトはどれも1万円前後なので、妥当な価格といえます。 新機能について また、最新のバージョン2018では、様々な機能が追加・強化されました。 特に、指示に従うだけでプロ並みの動画を作ることができる『ガイド機能』や、 動画から最高の瞬間を自動で写真化する機能、 Elements Organizerを使ったカンタンに作れる自動スライドショー機能などが特徴です。 以下、試しに作った自動スライドショー動画です。 11~v10. 264、HDV、MPEG-1(読み込みのみ)、MPEG-2、MPEG-4、MP3、QuickTime、Windows Media(Windowsのみ)など。 一部のファイル形式の読み込み/書き出しには、インターネット経由でライセンス認証をおこなう必要があります。 ライセンス認証の手続きは無料で、短時間で簡単に完了します。

次の

Adobe(アドビ)が提案する近未来のクリエイティブの動画がなかなかヤバい!

アドビ 動画

こんにちは、山田どうそんです。 僕は、Udemyでベストセラー講師として毎日のように動画制作と編集を行なっています。 僕が普段使っている動画内に文字を挿入する方法と、テロップに動きをつけるやり方について解説します。 こんな感じで映像に文字を挿入していきます。 Premiere Proでは文字挿入の方法は大きく2種類あります。 バージョンアップ前のテロップの入れ方と、新バージョンに変更になってからのテロップの入れ方です。 バージョンアップ前は、レガシータイトルとして今でも利用できますが、レガシーなので、今後はなくなる可能性もあります。 なので、新しいバージョンの文字挿入のやり方をベースとして覚えて、サブでレガシータイトルのやり方も学んで両方使えるようにしてもらたらと思います。 YouTubeチュートリアル 1.新バージョンのテロップ挿入方法 新バージョンのテロップ挿入は直感的に操作ができるのでとても操作がしやすくなっています。 編集画面に直接文字を打ち込んで編集できるので、イメージも湧きやすいと思います。 長押しすると、図のように「横書き文字ツール」と「縦書き文字ツール」を選択することができます。 使いたい文字ツールを選択します。 選択されている状態で、動画編集画面をクリックすると、タイムラインに「グラフィック」というクリップが挿入されているのがわかると思います。 これが、テキスト専用のクリップです。 ここで、テロップの表示長さを変更したり、動きをつけるトランジションを設定したりします。 文字の位置を変更する場合は、ツールバーの選択ツールに切り替えてテキストを移動させることで、設定したい位置を調整することができます。 ただ、もしかしたら、文字化けや自分が思ったようなフォントではない場合があるとお思います。 その場合は、文字の大きさや色、フォントなどを変更します。 メニューの「ウィンドウ」>「エッセンシャルグラフィックス」を選択してください。 すると、画面内に「エッセンシャルグラフィックス」というウィンドウが表示されます。 そこで、「編集」をクリックします。 右側のアイコンをクリックして「テキスト」を選択します。 そうすると、文字に関するプロパティを設定できる画面が開きます。 あとは、色を変えたり、フォントを変更したりすることができます。 そうすることで、一度設定したスタイルをいつでも読み出すことができます。 エフェクトパネルから、「ディゾルブ」>「クロスディゾルブ」か、もしくは「ディゾルブ」をを選択してテキストクリップの端にドラッグアンドドロップします。 もし、エフェクトが表示されていない場合は、「ウィンドウ」>「エフェクト」にチェックを入れて表示させてください。 テキストクリップの端にトランジションをドラッグアンドドロップすると、このように「ディゾルブ」と書かれたトランジションが挿入されているのがわかると思います。 これを設定することで、文字がフワッと表示できるような設定が可能です。 こちらを活用することで、素早くデザイン性のある文字を挿入することができます。 すると、モーショングラフィックステンプレートのクリップがタイムラインに挿入されました。 このクリップを選択している状態で、エッセンシャルグラフィックスの「編集」をクリックしてください。 すると、モーショングラフィックステンプレートのフォントやスタイルを調整することができます。 ちなみに、モーショングラフィックステンプレートの中の文字は、画面に直接打ち込めば変更できます。 ただ、日本語対応していないフォントがデフォルトで設定されていると表示されないので、その場合は、エッセンシャルグラフィックスのウィンドウから、フォントの種類を変更する必要があります。 素早く、おしゃれでかっこいいテキストを挿入したい場合はとても便利です。 2.レガシータイトルでテロップを挿入する方法 これは、以前のPremiere Proで使われていた文字を入力する機能です。 以前のに使い慣れている人向けにまだ利用できます。 基本的な使い方をざっと解説していきます。 「ファイル」>「新規」>「レガシータイトル」を選択することで、テロップファイルをプロジェクト内に挿入することができます。 このように、ビデオ設定として、解像度とフレームレートなどを設定することができます。 名前は任意のわかりやすい名前をつけてください。 このように別ウィンドウでレガシータイトルが表示されます。 現在の編集している画面とリンクしてテキストを挿入していくことができます。 セーフマージンが表示されているので、この枠内にテキスト入力することで、見栄えよくテキストを挿入することができます。 画面右側にあるレガシータイトルプロパティで文字に装飾を設定したり、フォントを変えたりすることができます。 画面下側にあるレガシータイトルスタイルで、テキストのスタイルテンプレートから文字を挿入することができます。 普通のクリップと同じように長さを調整したり、切り取ったりして映像に合うように調整していきます。 まとめ レガシータイトルよりも、新しいテキストツールの方が使いやすいと思いますので、積極的に新しい方をぜひ使ってみてください。 モーショングラフィックステンプレートもかっこいい動きのあるテキストを素早く作れるのでぜひ活用してみてください。 直感的で簡単に設定できるはずです。 それでは。

次の