えきねっと コロナ。 えきねっと得だ値の払い戻しについて教えてください

新型コロナウイルスを理由として新幹線等の予約をキャンセル・払い戻しする場合の取扱いについて

えきねっと コロナ

一方、航空券の場合は航空会社のサイトだけでなく、旅行会社などのサイトでも予約でき、さらに航空券とホテルなどをまとめて予約できる例が多い。 これは予約システムがオープン化されており、外部の企業のサイトからも参照できるようになっているためだ。 「えきねっと」に限らず鉄道各社の予約サービスは、自社で囲いこんでいるという問題があると太田さんは指摘する。 本来ならば、外部の乗換検索サービスから空席照会などが参照できるようにするべきである。 現在は多くの人が乗換検索アプリで利用する列車を検索していることを考えれば、そこからシームレスに予約ができてもいいはずだ。 JR東日本も改善は行っている。 「『えきねっと』が使いづらいという声はあるか、改善の予定はあるか」と問い合わせたところ、「頂戴いたしましたご意見・ご要望につきましては、サービス改善の参考とさせていただいております」との返答があった。 利用者からの意見を受けた改善の一例としては、従来は登録できるメールアドレスが携帯電話のキャリアメールのみだったのが、その他のメールアドレスでも可能になった点がある。 「2017年6月1日からスマートフォン版、携帯版『えきねっと』の会員登録について、すべてのメールアドレスで登録を可能にし、スマートフォン版、携帯版『えきねっと』でのみサービス提供している『チケットレスサービス』、『ライナー券予約』について、すべてのメールアドレスでご利用がいただけるように改善しました」という。 えきねっとだけの問題ではない だが、「えきねっと」の抱える課題は、国鉄以来のマルスシステム自体が抱える課題にもかかわってくる。 それゆえに上記のサービス改善も、「えきねっと」のシステムのみで解決する部分で行われている。 太田さんは「システムが巨大すぎて手をつけられない」と語る。 「予約の仕組みが開放されてもいないし、標準化されてもいない」と太田さん。 「えきねっと」の抱えるさまざまな課題に対して太田さんは「昔のものを引きずっている」と指摘し、「中の人は歯を食いしばっても直すべき」と厳しい評価をする。 現行のマルスシステム「マルス501」は、2002年10月から稼働し、いまも使い続けられている。 その間にJR各社はさまざまなネット予約システムをつくり出し、きっぷの仕組みはより複雑化した。 「えきねっと」やJR各社の予約システムとマルスシステムとを合わせた改善を、JR東日本と各社には検討していただきたい。 それだけ予約システムは利用者にとって複雑なのだから。

次の

JR東日本:東日本旅客鉄道株式会社

えきねっと コロナ

製品評価技術基盤機構 NITE は、新型コロナウイルスへの消毒目的として利用されている「次亜塩素酸水」について、現時点において「新型コロナウイルスへの有効性は判断できない」との中間結果を公表した。 特に、噴霧での利用は安全性が確認されていないと注意喚起している。 新型コロナウイルスに対して有効なアルコール以外の消毒方法の有効性を検証する調査の一環で、界面活性剤 11種とともに、次亜塩素酸水 電気分解で生成したもの で検証試験が行なわれた。 国立感染症研究所の次亜塩素酸水の検証試験では、一部のサンプルで感染価減少があったが、北里大の検証試験では、ウイルス不活化効果は認められなかったという。 NITEは今回の試験では「次亜塩素酸水 電気分解によるもの についての有効性は判断できない」とし、引き続き評価を進める。 また、次亜塩素酸水として販売されている製品は、製法 電気分解、混和等 や原料が明記されておらず、液性をpH値によって明記しないものも多く、安全性も根拠不明なものが多いと指摘。 特に噴霧での利用について、注意を促す文書を公表。 NITEの調査で販売状況を確認できた81品目中、66品目が空間除菌を謳って販売しているが、空間噴霧については、ウイルス除去性能の評価方法が国際的に確立されておらず、また、次亜塩素酸水の噴霧が「換気によるウイルス排出や、『3密』回避による感染防御よりも有効とする分析は、発見されていない」としている。 同様に消毒液噴霧による人体への安全性についても、確立された評価方法が無く、消費者からの事故情報データバンクには「次亜塩素酸 水 の空間噴霧による健康被害」と捉えられる報告が届いていることなどを指摘している。 【訂正】記事初出時に、タイトルを「新型コロナへの有効性は確認されず」としておりましたが、継続して評価が進められるため、タイトルを変更。 追記しました 30日1:00 新型コロナに有効な界面活性剤を追加 なお、新型コロナウイルスに対して有効な界面活性剤の検証も進めており、新たに塩化ベンゼトニウム 0. 01%以上 も有効と判断。 有効と判断された界面活性剤は、以下の7種。 直鎖アルキルベンゼンスルホン酸ナトリウム 0. アルキルグリコシド 0. アルキルアミンオキシド 0. 塩化ベンザルコニウム 0. 塩化ベンゼトニウム 0. 塩化ジアルキルジメチルアンモニウム 0. 01%以上• ポリオキシエチレンアルキルエーテル 0. 2%以上 これらを含んだ住宅・家具用洗剤のリストも公開している。 ただし、これらは身近な物の消毒用で、手指・皮膚には使用してはいけない。 スプレーボトルでの噴霧も行なわないよう呼びかけている。

次の

JRおでかけネット:トップページ

えきねっと コロナ

ウイルス感染拡大の状況が落ち着いたとき、旅に求められるものは、安心して非日常を楽しむことだと星野リゾートでは考えています。 日々ウイルス拡散の不安と戦い、ストレスを抱えているお客様のためにも、心を解放して過ごせる滞在を用意することが、今後の観光産業にできることだと信じています。 星野リゾートでは「衛生管理」と「3密回避」の2つの対策軸を掲げ、各施設において今後のサービスを進化させてまいります。 「衛生管理」では館内の除菌対応、スタッフやお客様の健康面の確認を主に行います。 「3密回避」としてはお客様とスタッフ、お客様同士の視点で「3密」が発生しづらい環境づくりにこだわり、従来のサービスを変化させて真摯に取り組んでまいります。 具体的な新型コロナウイルス感染予防策について 特徴1 「衛生管理」対策 星野リゾートでは、今般の新型コロナウイルスによる感染への対策の一環として、お客様の健康と公衆衛生を考慮し、以下の対応を行っております。 また、37. 5度以上の発熱が認められた場合、保健所の指示に従い、ご宿泊をご遠慮いただく場合がございます。 <全施設共通> ・滞在中、混雑が確認された場所での、入所・入店規制 ・レストランの混雑状況を管理し、入店時間の分散化を実施 ・チェックアウトのフロント精算時に、入列規制を適宜実施 <該当施設での対応> ビュッフェレストランのある施設 ・ビュッフェ形式からセットメニュー・テイクアウト形式への転向 ・レストランテーブル席の間隔を2m程度に拡張 プールのある施設 ・ロッカーの数を間引き、間隔を空ける ・混雑状況の事前案内 「星のや」、「界」の施設 ・人との接触を避けるため、フロントでのチェックインを一時的に中止いたします。 お部屋まで直接ご案内し、チェックインはお部屋にて行います。 星野リゾート ラグジュアリーブランド「星のや」、温泉旅館「界」、リゾートホテル「リゾナーレ」、都市観光ホテル「OMO」、ルーズに過ごすホテル「BEB」の5ブランドを中心に、国内外で42施設を運営。 URL :.

次の