得意 な こと が ない。 得意なことがない人の悩みが一瞬で解決する!強みの見つけ方4つ紹介

得意なことわからないはウソ!自分の才能を見つける方法はシンプル!|さよみみ部屋

得意 な こと が ない

これは普通の言い方で、日常会話に相応しいです。 これはちょっと硬い言い方です。 例文一: He is good at drawing, but it is just a hobby. 彼は絵を描くのが得意だけど、趣味にすぎません。 例文二: He is skilled at drawing, but it is just a hobby. 彼は絵を描くのが得意だけど、趣味にすぎません。 例文三: He is a good drawer, but it is just a hobby. 彼は絵を描くのが得意だけど、趣味にすぎません。 私は絵を描くのが得意です。 I am good at drawing pictures. 彼女は数学が得意です。 She is good at math s. "good at" は良く使われています。 自分のことについても使って構いません。 便利な表現です。 日常会話でこれを言った方が良いです。 もっときちんと「得意」と言いたかったら "talented at" とか "skilled at" も言えます。 "talented" は「タレント」ではなくて「才能がある」と言う言葉です。 "skilled" は才能とは関係ないかもしれません「上手」と言う意味です。 He is talented at rugby. 彼はラグビーの才能があります。 He is skilled at basketball. 彼は上手にバスケットボールができます。 この2つは自分のことについてあまり使われていません。 "good at"より強いですので自慢話になります。

次の

得意なことがない人必見!強みを見つける方法4選|ひろよりブログ

得意 な こと が ない

この記事を読むのに必要な時間は約 8 分です。 面接で、得意なことはなんですか? と聞かれたらなんと答えます? もちろん、面接官は得意な学科を聞いているわけではありません。 どんなことが「得意」か? ということです。 得意なスポーツでも良いのですが、面接官が聞きたいのは、じつはそれよりも、生活態度とか生き方の面で、得意なことなんです。 例えば、 ・人と話すのが得意 ・人の意見を引き出すのが得意 ・ひとつのことに集中するのが得意 ・早起きが得意 ・人の顔と名前を覚えるのか得意 とか・・・。 しかも、得意なことそのものよりも、その「答え方」を重視しています。 ここでは、面接で得意なことを聞かれたらどう答えるのが良いのか、また、得意なことがないと思っている人はどうしたら良いのかについて、採用担当者の視点からお伝えしたいと思います。 面接で得意なことを聞かれたら 面接で得意なことを聞くには理由があります。 それが分かれば、どんな答え方をするのが良いかもわかって決まます。 順にご説明しますね。 聞く理由 面接で得意なことを聞く理由は何でしょう? それは、長所や短所を聞くのと同じで、あなたが自己分析のできる人かどうかを知りたいからです。 それと、性格を垣間見ることもできます。 自信のある人か、あまり自信のない人かが答え方に現れます。 「得意なこと」を自身たっぷりに話す人、「あんまり得意じゃないんですが・・・」と控えめに話す人。 答え方に性格がでるのです。 面接官はあなたがどんな人かということに興味があるので、何が得意かよりも、「答え方」を見ています。 では、どんな答え方が望ましいのか、次でお教えしましょう。 得意なことは控えめに 「人とのコミュニケーションが得意です」 これは、学生さんがよく答える回答です。 でも、いま現に面接官とコミュニケーションの最中です。 それでも、コミュニケーションが得意ですと言いきれますか? 相手はコミュニケーションのプロとも言える人たちです。 少し控えめに言った方が良いでしょう。 「決して得意とは言えませんが、人と話すのが好きです。 初めての相手でも抵抗なく話せます」くらいがよろしいかと・・・。 そうです。 意なことを自慢げに話すのは、「自信過剰」とみられるのでNGなんです。 得意なことは、少し控えめに答える方が、面接官に好印象を持ってもらえますよ。 得意なことがない! 自分には、「得意なことはない」と思っている方もいますね。 得意なことが思いつかない場合はどうしたら良いでしょう? 「自分には、得意なことはありません。 」 と答えますか? これだと「かたくな」で、面白みのない人間ととられてしまいます。 なにかひとつ、答えましょう。 得意なことって? むずかしくない 「得意なことなんてない! 」と思うのは、「得意なこと」を「ほかの人より優れていること」と考えているからではないでしょうか? 好きなことで良い 例えば、英語が好きだけどTOICの点数が低いから「得意」とは言えないと思いますよね。 でも、TOICの点数が低くても、外人さんと楽しく会話ができるなら、「得意なこと」と言っても良いのです。 ただ、先ほど得意なことは控えめに言った方が好印象を持たれるとお伝えしましたね。 なので、この例だとこう答えれば良いのです。 「TOICの点数が低いので、決して『得意』とは言えませんが、英会話が好きで、外人さんと話す機会があると会話を楽しんでいます。 」 逆にTOICの点数が高い人は履歴書にさりげなく書いておくにとどめて、得意なこととして英語をあえて出さない。 履歴書を見れば「英語が得意なんだな」ということは分かります。 ことさら言うと嫌味な人間とみる面接官もいますから注意してください。 きっとそういう面接官は、英語にコンプレックスを持っているのでしょうけれど、マイナスになることは言わない方が無難ですよ。 自分の性格から答えが見つかる どうしても思いつかなければ、自分の性格を考えて見れば良いです。 「自分はおとなしい性格」だと思っているなら、その分人の話を聞く側に回ることが多いでしょう。 それなら、こう答えます。 「自分は、『人の話を聞くこと』が得意です。 」 「人の話に耳を傾ける方なので、友人からは、『話しやすい相手』だとよく言われます。 相手の話を良く聞くことも、大事な「コミュニケーション能力」の一部ですよ。 上司の指示を良く理解する。 お客様の要望をしっかり聞き取れる。 どちらも、「人の話を聞く」ことで成り立ちます。 なので、これは自信を持って「得意なこと」としてあげて良いです。 逆に、自分は少々「おしゃべり」だと思うなら、 「私は人とすぐ仲良くなるのが得意です。 」 「誰とでもすぐに話ができます。 」 と、こんなふうに自分の性格や日頃の行動、クセなどを別な見方をすれば、すぐに「得意なこと」が見つかりますよ。 おわりに いかがでしたか? 面接で得意なことわ聞かれたときの答え方についてお伝えしてきましたが、参考になりましたでしょうか? 最後にまとめておきますね。 ・「ありません」はNG ・得意なことは「人よりすぐれて」いなくても良い ・得意なことは控えめに話す ・思いつかなければ自分の性格を別な見方をしてみる あなたが面接にうまく対処できますように! 最後までお読みくださってありがとうございました。

次の

得意なことを見つける方法とは?得意なことと好きなこと違うことを理解しよう!

得意 な こと が ない

私の得意科目は数学です。 他人より単純な計算が早かったり、微分積分を用いる統計学の考え方も周りのゼミ生に教えたりしているからです。 私はもともと数学が苦手でした。 数学は実際の生活には必要ないと思っており、興味が湧かなかったからです。 しかし、大学生になって経営学を学ぶにつれて、統計学における数学の重要性に気づきました。 そこで微分積分や数列など、高校数学の重要な部分を勉強し直しました。 その結果、私が属している財務会計のゼミで、他のゼミ生に統計学の基本を教えるようになりました。 経営学や心理学など、どんな学問にも数学は欠かせないものです。 そのため、実際の仕事でも、感覚的に業務遂行するのではなく、数学的に分析しながら進めていきたいです。 エントリーシートの得意科目は、たまたま成績が良かった科目でもいいですが、それでは面接で質問されたときに困りますよね。 エントリーシートの中でも後回しにしがちな得意科目ですが、きちんと書いて抜け目ないエントリーシートにしましょう。 「就活の教科書」編集部 天野 エントリーシートの得意科目は、「成績が良い」かつ「好きな」科目がふさわしいです。 文章からでも就活生の主体性が見えてくるからです。 企業は主体性のある学生を積極的に採用します。 成績が良く好きな科目であれば、マイナーな科目でも構いません。 得意科目には成績が良かった科目を書くと説得力があります。 得意科目は、学チカと違って行動の結果を企業に評価されることがなく、就活生の興味関心を重視して書くことになります。 エントリーシートの得意科目の書き方のポイントを押さえていれば大丈夫です。 また、成績の良し悪しで採用担当者の評価が変わることは、ほとんどありません。 成績が就活でどの程度影響があるのかは、「」で分かるので合わせて読んでみてください。 なぜ得意なのか• 得意科目で何を学んだか• 研究室でやってきたことを書いていれば、研究の過程や結果が明確なので、理系の学生は文系の学生よりも書きやすいはずです。 企業は、その科目を得意になったきっかけや就活生が興味関心を持っていることを知って、就活生の人間性を評価したいからです。 就活生の人間性を知って、企業の雰囲気に適しているかを審査しています。 企業は文系の学生に対して、得意科目そのものを仕事で活かしてほしいと思っていません。 馬鹿正直に得意科目の概要をただ述べているだけのエントリーシートはやめましょう。 エントリーシートをもとに面接で得意科目について質問されることもあるので、エントリーシートの時点でしっかりまとめておきましょう。 自己PRや学チカで書いている人柄や興味関心を裏付けできるからです。 自己PRや学チカでは意識して書く就活生は多いですが、得意科目でここまで考えている学生は少ないです。 得意科目でアピールする人柄や興味関心は、学チカや自己PRでアピールするものと同じものがいいです。 得意科目でもアピールすることで、 エントリーシートに書いてある人柄や興味関心に一貫性を持たせることができます。 例えば、自己PRで「一つのことを突き詰める性格だ」とアピールしたのに、得意科目に興味関心を持ったきっかけで「取り組んでいたものを中断して…」という風なエピソードだとエントリーシート全体に一貫性がなくなってしまって説得力に欠けてしまいます。 「就活の教科書」編集部 天野 文系学生が書く内容としては、得意科目で学んだことを役立たせる内容よりも、 その科目を得意になったきっかけや興味関心を仕事にどう役立てたいか書くほうが好ましいです。 文系の学生は、実用的なスキル以外、大学で勉強したことがすぐに会社で活かせることはないからです。 学んで得た知識よりも、 就活生と企業の適性がわかる人柄や興味関心のほうが効果的です。 そのため、文系の学生は、得意になった科目自体はエントリーしている企業の業界や職種と関係がある必要はありません。 就活生の学習方法を知りたい• 就活生の勉強に取り組む姿勢を知りたい• 成績が良かった科目• 理系:研究内容• なぜ得意なのか• 得意科目で何を学んだか• 結論から書く• なにが得意科目か答える• なぜ得意科目だと思うか答える• どんなエピソードがあるか答える• 「好き」と「得意」を混同する• 専門用語が多くて面接官に伝わらない• 得意なことを科目に結びつける• 好きな科目や興味のある科目を極める• 家族や友人に聞いてみる 得意科目で企業が知りたいことは、就活生の人柄や興味関心です。 得意科目は、学生時代をただ自堕落に過ごしてきた就活生では、書けない質問です。 学チカや志望動機に合わせて、得意科目もしっかり書けていればとても良いエントリーシートになります。 そして、面接で得意科目を聞かれたときは、 ただ得意科目を答えるだけではなく、面接官の意図に沿って答えるようにしましょう。 この記事を参考にして、面接で得意科目を聞かれた時はしっかり答えてみてくださいね。

次の