ワン チャン の 意味。 「ワンチャン」の意味、語源・元ネタは?使い方は「ワンチャンあるで」が定番!

ワンチャンの意味や使い方を例文解説!誰が流行らせたの? | コトバの意味紹介サイト

ワン チャン の 意味

【ワンチャンス】 『戦術系用語』 ワンチャンスとは 場に同じ種類の 数牌(シューハイ)が3枚見えており、それにより両面待ちに対応した安全牌の壁スジが出現し、その牌を打牌して ロンを回避する守備の戦法のことです。 ただ、残りの1枚で両面待ちに構えているプレイヤーがいる可能性が残っている為注意が必要です。 同様に、同じ牌が4枚見えている状態はノーチャンスと言われ、壁スジとしてはワンチャンスよりも安全度が高いです。 このスジは壁とも呼ばれ、壁スジは安全牌読みに活用できます。 壁(カベ)=ノーチャンス [安全牌読み] 壁(カベ)が出来たら安全牌が見えます!• 壁(カベ)=ノーチャンス 安全牌読み• 壁(カベ)は リャンメン待ち に対する防御方法• 同色の 数牌(シューハイ)が4枚見えている=壁• 壁は 他家全員 に対して有効 壁(カベ)とは 壁 は、自分の手牌、河(ホー)、ドラ表示牌、 カン や ポン などの 鳴きによる開かれた牌など、なんらかの形で 同じ種類の 数牌が4枚すべて見えている場合に使用する リャンメン待ち用の防御方法です。 4枚同じ種類の牌の場所が把握出来て 壁 が出現した場合、 その牌が絡んだ塔子を作ることが出来なくなり、その待ちの可能性がなくなるので、通称 ノーチャンスとも言います。 また、壁 は、 他家全員に対してのリャンメン待ちに有効な守備です。 なぜなら、ノーチャンスと言われるように、同色4枚の 数牌の内1枚も利用できなければ、どのプレイヤーもその牌絡みの塔子を作ることが出来なくなるからです。 そして、自分の手牌にも が1枚あるとします。 こうなると、 は 牌山にも他家の手牌にもなくなります。 すると、 索子の両面塔子 や での - や - のリャンメン待ち の可能性はなくなります。 ここで 壁 の防御方法を利用できるようになります。 重複して説明します。 索子の が1枚も利用できないということは、 と での待ちはなくなります。 従って、 - のリャンメン待ちや - のリャンメン待ちの可能性がなくなります。 注意する必要があるのは、両面塔子 での リャンメン待ち - 待ちや、両面塔子 での リャンメン待ち - 待ちはありえるので、 や の待ちの可能性は残っています。 つまり、 で壁が出来た場合は、リャンメン待ちにおいて、 と での待ちがなくなります。 これが壁スジのメカニズムです。 リャンメン待ち対策の安全牌読みとしては有効な守備方法です。 壁7種 上述した壁理論で考えられる安全牌 壁スジ7種です。

次の

「ワンチャン」の使い方や意味、例文や類義語を徹底解説!

ワン チャン の 意味

ワンチャンの意味とは?下ネタ的な意味も? 新語や流行語は次々に登場してきますから、なかなか覚えきれませんよね。 そんななか、今回は、「ワンチャン」という言葉について、見ていきたいと思います。 どうしても犬をイメージしそうですが、そっちではなく、もともとは「ワン・チャンス」の略。 つまり、もしかしたらとか、ひょっとしたら、といった意味だったのです。 こうして見てみると、そこまで複雑だったり、特殊な意味を持った言葉というわけではなかったのですね。 会話での汎用性も高い言葉だと思いますから、ぜひ、積極的に使ってみてはいかがでしょうか? しかし、その前の1つだけ、ぜひ、気を付けておきたいことがあったのです。 それは、ワンチャンには、下ネタとしての意味もあったということ。 まったくそういう意図がないのに、ワンチャンを使って、異性から引かれたりしたら嫌ですよね。 繰り返しますが、ここの部分はくれぐれも、間違いが起こったりしないよう、注意しておくようにしましょう。 ワンチャンを下ネタ的に使うときは?意味は? もしかしたらとか、ひょっとしたら、といった意味だった、「ワンチャン」。 しかし、ワンチャンには、意外なことに、下ネタとしての意味もあったとか。 これはいったい、どういうことだったのでしょうか? 間違って恥をかくようなことがないよう、ぜひ、あらかじめ、意味を知っておきたいものですよね? 実は、下ネタとしてのワンチャンも、そもそもの意味自体は、いっしょだったのです。 つまりは、もしかしたらとか、ひょっとしたら、といった意味ですね。 要は、意味というよりも、使い方が問題なのでした。 たとえば、異性を念頭において、ワンチャンといった場合、うまくいけば、いかがわしい展開に持っていけるかも、といった使い方になってしまうというわけだったのですね。 そんな意図はまったくないにも関わらず、こんなふうに受け取られたらたまりませんから、気を付けておきたいですね。 ワンチャンを使う場合には、相手が自分とどういう関係なのか、事前に理解しておく必要性があるといえるでしょう。 スポンサーリンク ワンチャンの使い方を例文でチェック! ここからは、そんないろんな意味があった「ワンチャン」について、使い方を見ていきたいと思います。 例文としては、相手から、「これからサッカーしない?」と誘われたとします。 この場合、「ワンチャンいけるかも」とあなたが返します。 そして、それに対して相手は、「ワンチャンいけたら、グラウンドに来て」と返す。 だいたい、こんな感じになりますね。 いちおう、普通の使い方だけではなく、下ネタになってしまう使い方も、覚えておきましょう。 もしも、間違って使ってしまうようなことがないように…。 例文としては、異性の相手から、「これから飲みに行かない?」と誘われたとします。 この場合、「君とだったらワンチャンいけるのかな」とあなたが返します。 そして、それに対して相手は、誤解してしまった場合、あなたと口をきいてくれなくなる…かもしれません。 だいたい、こんな感じになりますね。 こんな使い方をしてしまわないよう、一息ついて頭をしっかり整理してから、話しかけるようにしましょう。 ワンチャンだけじゃなく、ツーチャンもある?意味や使い方は? このような意味、使い方があった「ワンチャン」。 しかし、実は、ワンチャンには、さらに、「ツーチャン」という進化系もあった?というのです。 調べてみたところ、これはうわさなどではなく、本当にあったみたいですね。 「ワンチャン」が「ワン・チャンス」の略だというなら、「ツーチャン」というのは、いったい、何の略だというのでしょうか? これは、まさしく、そのまんまで、チャンスが1度ではなく、もっとあるという意味なのでした。 つまり、ワンチャンどころではなく、もっとチャンスがあることが期待できる場合に使われるという言葉だったのですね。 しかし、実際のところ、ワンチャンと比較してみると、ツーチャンの使用頻度はそこまで多くないようですけどね。 ということで、ツーチャンに関しては、念のため、使えそうなケースに備えて、頭の片隅に置いておくくらいの感じでいいのではないでしょうか? スポンサーリンク ワンチャンの元ネタや由来は麻雀だった! そんな「ワンチャン」は、意味だけではなく、元ネタや由来も気になってきますよね。 これは「あげまる水産」のように、若者が勝手に作り上げた用語なのでしょうか? 実は、そういうものではなく、まったく予想外のものだったのでした。 「ワンチャン」の元ネタや由来はなんと、あの、若者のイメージとはかけ離れた麻雀だったのでした。 麻雀の中にワンチャンという言葉があって、それをゲームの世界で若者が使い始めて、若者用語となったのですね。 若者が流行らせたことに変わりはなかったわけですが、まさか麻雀用語が若者用語に転化したとは、何事であっても、いちおう、調べてみないと分からないものですよね。 カテゴリー• メタ情報•

次の

ワンチャンあるかも?流行語ワンチャンの意味と使い方を3分で理解

ワン チャン の 意味

雑談です。 国語辞典編集者の飯間浩明氏によって、が選ばれています。 なかなか面白かったので、ちょっとした感想を。 ワンチャン まず、栄えある1位は「ワンチャン」でした。 一部では昔から使われていましたが、確かに最近大学生などを中心に広がって、定着しているイメージ。 ワンチャンとはどういう意味なのでしょうか。 おそらく、この言葉の源流は「麻雀」です。 例えば、8萬が4枚見えている場合、7萬・8萬の両面待ちはあり得ないから、9萬は可能性の薄い単騎やシャボ待ち以外で当たることはない。 よって、リーチしている人がいるとしても、9萬はわりと安全に切ることができる。 これが「ノーチャンス」 そして、8萬が3枚見えている場合は、7萬・8萬の両面待ちの可能性が1枚分だけあるから、これを「ワンチャンス」と呼びます。 他に捨てる牌が無いときに、「ワンチャンス!(だから大丈夫だよね!)」と言いながら切るという使い方です。 そんな、麻雀打ちの間だけで使われていたワンチャンスですが、おそらく一般への流行に寄与したのは、「格闘ゲーム」業界だと思います。 多分、麻雀打ちと格ゲー好きには、被っている層が多いんですね。 私もそうですが。 格ゲーにおいては、似ているけど少し違う使い方がされます。 意味としては同じで、「可能性は低いけど0ではない」という感じ。 主な使い方は、体力では大幅不利で今にも死にそうなんだけど、ゲージが溜まっていたり、相手を端に追い詰めていたり、ピヨり値をためていたりして、「まだ勝つチャンスはある!」という場面で使います。 「あと1回読み勝ったら、ワンチャンあるよ!」みたいな。 そして、これは知らなかったのですが、ワンナイトラブ、つまり一夜限りの関係を持つことをワンチャンと言うらしいです。 言葉って色々変わっていきますね。 あーね 2位の「それな」は飛ばして、3位の「あーね」 これはびっくりしたのですが、私が中学生くらいのときに「あーね」は流行っていました。 ん?今頃?と思ったら、もとは九州の方言だったものが全国(主に関東?)で流行っているらしいです。 なるほど、九州すごいな。 紹介されているサイトを見ると、ああ、なるほど、そうだね、位の意味で使われているらしいです。 意味は同じだけど、福岡での使われ方とはだいぶ違うように思います。 なるほどね、そうだね、くらいの軽い感じでも使っていましたが、もっと強い意味と口調で、「はいはい!」「分かった分かった!(から黙れ!)」くらいの使われた方がされていたように思います。 大分マイルドで使いやすいように広まったのかな? その他、4位の「安定の」はネット用語ですよね。 5位~8位の自撮り、プロジェクションマッピング、NISA、危険ドラッグは、ちょっと他とは趣旨が違う新しい言葉ですね。 9位の「~み」はむしろ古くて消えつつある言葉では。 次点の「壁ドン」は、本当に2つの全く異なる意味でそれぞれ流行しましたよね。 言葉遣いの変遷って面白いですね。 興味深いまとめでした。

次の