世界の料理ショー。 世界の料理ショーとは (セカイノリョウリショーとは) [単語記事]

世界の料理ショーとは (セカイノリョウリショーとは) [単語記事]

世界の料理ショー

さてみなさん、ようこそいらっしゃいました。 ところで、料理番組と言えば何を思い出します? 「料理の鉄人」? いいねえあれ、抜群に面白かった。 和食は道場先生がいた頃が最高だった。 その後はいいや。 「料理天国」? 提供は世界の名酒サントリー、このフレーズも懐かしい。 「浅草橋ヤング洋品店」? あれ料理バラエティと言っていいのかな。 さて、今回僕が紹介する 最高にゴキゲンな料理番組。 料理をしながらとにかく喋る、喋る。 バツグン! の味付けをしながらも口はとにかく動く、動く。 凄いねこれ! ただのバラエティタレントと思わせておいて、ぺティナイフ捌きは間違いなく一流の技。 溶かしバター作りもプロフェッショナル。 出来上がった料理は日本人から見たらちょっと大味っぽく見えるけど、それがまたいいの、細かいこと気にしないの! ここで貼ったのはタスマニア風のポーク煮込み、凄いね! タスマニアなんて日本人が知ったの、映画の 『タスマニア物語』が史上初なんだから(ウソ)。 この番組。 日本で放送されたのは何と何と昭和50年代前半。 さすがにオッサンとなった私でも、その時期はまだテレビ見てた記憶はない。 じゃ何で知ってるかって? それは 料理番組なのに、夜中に何度も再放送されていたから! これ凄いでしょ? 普通料理番組なんて一回放送したら終わり。 NHK「きょうの料理」が再放送されてたらどう思う? 今日のじゃなくなるよねえ? つまりはこの番組、ただの料理番組じゃない。 料理をモチーフにした飛び切りゴキゲンなアメリカン・バラエティーだったって訳。 制作はカナダだけど。 それにしてもこの番組、子供の頃憧れたね。 だって当時の日本の台所、こんなキレイじゃなかったから。 カラフルな鍋にフライパン、でっかい冷蔵庫にオーブン、これを見て憧れない日本人なんていなかった! ……と思うの。 しかも加熱する所が電磁調理器になってる。 今じゃ当たり前? 昔はこれ「火を使わない未来の料理道具」だったのよ、凄い時代。 道理で東京電力がスポンサーしてたはずだ。 そして何より、最後の試食の時のグラハム・カーの顔……本当に美味そうに食べるから、夜中なのにお腹がすいてしまう。 今の言葉で言えば飯テロって奴。 会場に来ていたお客さんから一人選んで食べさせてくれるんだけど、あれが羨ましかったねえ…… 何故かグラハムは女性ばかり選んでた記憶あるけど。 でも当時の視聴者が思ったこと! 出てくる材料が日本で手に入らないものが混じってるから、ご自宅でお試しをと言われても出来ないケースが多い。 セラノチリって一体何者だいスティーブ? メキシコの唐辛子? あっそ。 そんな訳で今日紹介した「世界の料理ショー」。 Youtubeでもいくつか見ることが出来ますし、「The Galloping Gourmet」って名前で検索すれば英語版だって見られるから驚き。 そうそう、私はこの番組が大好きすぎて、思わずDVDBOXまで買っちゃったぐらい。 4万円ぐらいしたけどね! ……え? このDVDBOX買取値段が2万円超えてる? 売らないよ! 皆さん、興味があったら是非「世界の料理ショー」で検索を。 ご家庭でもお試し下さい、それじゃまた。

次の

世界の料理ショーとは

世界の料理ショー

『世界の料理ショー』とは、放送協会の番組である。 本ではからまで・放送され、その後全に輸出された。 においても後半に(現:)系列で放送され、その後も断続的に各放送局でされた。 概要 内で放送されたものはがなされており、は当初はや、のちが務めた。 出来上がったものを観客のうち一人と食べる、というもの。 画面には登場しない番組「」との掛け合いなど、的要素もふんだんに含んでおり、においてもが多い。 では、の賞にノミネートされた。 『世界の料理ショー』は、採り挙げるがかなり高なものが多く、「」「生」の出現率がともいえるほど高い。 とくに登場率は、番組開始時間前にを溶かしておいてもないほど。 「笑える番組」の先駆けでもあり熱なが多く、おおくのの、番組やなどにされる。 とくにでは、の「」に()が登場した際、が『世界の料理ショー』のキッチン(どう見てもそうとしか見えないであった)で、からをメンに注ぐがあった。 長らくもなく、視聴の機会は各種で、が初期の録画版を違法したものを見るほかなく、「幻の番組」となっており、『』でも商品化が多かった。 そうしたを受け、より「世界の料理ショー -BOX」が発売された。 関連商品 待望の『世界の料理ショー』-BOX.

次の

世界の料理ショー レシピ|テレビ東京

世界の料理ショー

他の商品とあわせてご注文されますと、それらの商品の発送可能時期によりましては、初回特典付をお取り置きできない場合がございますので、ご了承ください。 各国のレストランに足を運び、そのレストランの料理をスタジオにて再現する。 グラハム・カー独自のユーモアセンス光る軽妙な会話と観覧視聴者の笑いで綴る料理ショー。 まさに、現代のさまざまな料理ショーの原点となった作品である。 ワインを飲みながらキッチンに立つ姿や、顔見せないスタッフ・スティーブとの掛け合いは当時の視聴者にインパクトを与えた。 当時、欧米の食卓への憧れを持って見ていたファンも多く、溶かしバター、生クリームなどをふんだんに使った高カロリーな料理を作ることも特徴であった。 料理例:「ガチョウの丸焼きデンマーク風」「マッシュルームスープイタリア風」「フライドフィッシュロンドン風と生たらのマリネタヒチ風」「春のひざしポーク煮込みタスマニア風」など。 ・1974年からテレビ東京 当時東京12チャンネル で放送され、各国の料理をワインを片手に料理を作るスタイルは今の料理番組の礎となった。 ・今回の52話は、当時の制作会社に現存する日本語版のすべてであり、他に日本語版の存在を確認できていないことから、貴重な商品と位置づけられる。 英語音声が途切れる収録サブタイトルは「帆立てのコキールパリ風」 3 、「ビーフ辛味いためメキシコ風」 4 、「ローストポークパインソースジャマイカ風」 4 、「ハムと玉子のゼリーパイオーストラリア風」 4 、「カニのチーズ焼とスープニューオリンズ風」 4 、「ビーフステーキ・ワインソースアカプルコ風」 4 、「焼き蛤イギリス風」 5 、「タルトタタンフランス風」 5 、「テンダーロインステーキアムステルダム風」 5 、「若鶏の辛煮ジャマイカ風」 6 、「マトンのカレーシチュージャマイカ風」 6 【 内はDISC. ナンバー】となっております。 当該箇所には画面右上にロゴマークが出るように設定されております。 またDISC8に収録されております本編7話につきましては英語音声が現存しないため、日本語音声のみの収録となっております。 予めご了承ください。 内容(「キネマ旬報社」データベースより) 日本ではテレビ東京系で74年より放映された、各国レストランの料理をスタジオで再現する「世界の料理ショー」のBOX。 料理研究家、グラハム・カーのユーモアあふれるトークが炸裂する。 「ガチョウの丸焼き デンマーク風」などを収録した8枚組。 かつてエリック・サティが「家具のような音楽」という類にない音楽の聴き方を提示した。 このグラハムカー『世界の料理ショー』は、まさにその類に当たるものだと勝手に思ってる。 どこまで冗談か分からないグラハムカーのおしゃべり。 本当に存在しているのかさえ分からないスティーヴ。 離婚に発展しかねないぐらい散々いじられる奥さん。 とってつけたような観客の笑い声。 ひどく安っぽいBGM(一部再録と思われる)。 色調の関係であまり美味しくなさそうな料理。 なんとも猥雑の連続。 現代人が不足気味の大衆性がこのTVプログラムに集約している。 この映像群はじっと見るべきじゃない。 掃除、洗濯、料理、家族との会話、お見合い、離婚調停等々…。 様々な日常のシーンのすき間で流し見するのに最適な作品だと思う。 何十年と絶版であったこのTVプログラムを再販してくれた人たちに感謝!.

次の