映画 糸 舞台挨拶。 「糸」(映画)前売り特典は?試写会や舞台挨拶もチェック!|Secretary's room

映画「糸」製作支援プロジェクト〜 福岡県糸島市を舞台に 「人の縁」を紡ぎたい

映画 糸 舞台挨拶

公開期間は「 2週間」の予定です。 人気に火がついて、この期間が延びるといいなぁ。 初日・舞台挨拶は満席 初日は、13時からと15時からの上映回のお客さんは、舞台挨拶も見れました。 13時、15時のどちらの回も会場は満席! 東京から主演の 田中美里さんと 直江喜一さん、出演者でRKBラジオパーソナリティーの 門馬良さんも駆けつけてくれて、公開初日に華を添えてくれました。 物語のあらすじです。 糸島で生まれ育った主人公絢(あや)。 しかし東京でデザイナーになることを夢見た絢は糸島を飛び出し東京へ。 そこで初めて絢は厳しい現実を知ります。 傷ついて故郷に戻ってきた絢と結に複雑な心境の父と母。 絢は幼い頃から気にかけてくれていた明治より続く糸島の醤油蔵の六代目、町おこしに燃える町の若者たち、そして強く生きる故郷のみんなの明るい笑顔にいつしか前向きな気持ちを取り戻していく。 そしていつしか絢と結の心の糸も、また強く紡がれていく。 参照: 私たちと映画「糸」との関わり そもそもこの映画製作の発端となったのは、私たちが運営に携わる、糸島屋外映画祭「」です。 2017年5月3日に初開催した映画祭ですが、そこにたまたま村岡プロデューサーがいらっしゃったのが縁です。 それから一年も経たないうちに、糸島を舞台にした映画が一本出来たわけですから、本当にびっくりな話です。 「 糸島で一緒に映画を作りましょう」 ある日突然、村岡さんにそう言われて、私たちも「 ノリ」で映画製作のお手伝いをしよう!となりました。 だから当初、資金集めのクラウドファンディングからシナリオ探し、ロケ場所探し、必要な衣装や小道具探し、撮影時のフォローまでこなすような話だとは、全く思っていませんでした。 正直、今回のいとシネマは 私的なフィルムコミッションみたいな役回りだったと思います。 だいぶ無理しましたが、出来ちゃうところがすごい。 1000名を超す、多くの方に集まって頂き、大変な好評を得ました。 ただ、この時も運営に一生懸命で、実は私たちは映画をよく観れていません。 だから、3月31日(土)の今日が、私たちにとっては初めて映画をじっくりと見る日になりました。 私の個人的な感想(*以降、ちょっとだけネタバレあり) 結論からいえば、 本当に素晴らしい映画でした。 主演の田中美里さん、直江喜一さんをはじめ、春風ひとみさん、渋谷天外さん、畠山明子さん、小祝麻里亜さんなど、俳優陣は本当に実力派ばかりで、それぞれのキャラクターが際立つ素晴らしい演技をされておられました。 色々な映画を観ていると、演技があまり上手ではない俳優さんがいらっしゃると、やはり微妙な違和感を感じて、なかなかストーリーに没入出来ないこともありますが、映画「糸」に関しては、 素直にストーリーに入り込めます。 特に田中美里さんは、東京生活が破綻して故郷へ戻るUターン者の、苦悩や居心地の悪さ、未来への希望をしっかり表現されていて、 多くの人の共感を呼ぶと確信しております。 案外、東京在住の地方出身者の心にも響くと思います。 ぜひ、東京でも公開してほしいな〜。 そして、子役の 赤松えみなちゃんの演技も素晴らしく、感動さえ覚えます。 田中美里さんと「 本音」でぶつかるシーンや、ラストのクライマックスは本当に涙が出ますね〜。 映画の撮影は2017年の11月にたったの「 5日間」で撮り終えましたが、その際はえみなちゃんは当宿に宿泊していたこともあり、勝手ながら、親戚の女の子が出演しているかのような気分で、出演シーンを見守っていました。 ちなみに、映画の上映時間は約60分ありますが、普通、このぐらいの尺の映画を撮るには最低2週間は必要みたいです。 何も知らずに映画を観ると、とにかく出来栄えが良いので「 映画って5日もあれば撮れるのね〜」って思ってしまいますが、そんなことありません。 相当、 強運で、奇跡的な映画だと思います。 映画によっては「天気待ち」で5日くらい使ってしまう映画もあるでしょうから。 映画「糸」撮影時は基本、最高にいい天気でした。 でも、別れを感じさせる微妙なシーン撮影の時は、うまい具合に曇ってきたり、竹灯籠に明かりが灯る幻想的なシーンでは、風が吹いてきて、炎の揺らめきが強くなったり、天気が色々味方してくれた映画だったと思います。 各所で映る、 糸島の風景の美しさは格別ですね。 ただの風景ではなく、出演者の生活の背景にある景色です。 人の生き様が投影されているかのよう。 これは脚本の里島美和さんが、物語を一から作り出す、素晴らしい才能のなせる技ですね。 そしてそれをしっかりと映像に焼き付ける、荻野欣士郎監督や、カメラの古屋幸一さんをはじめとしたスタッフのみなさんの凄さがあってこそ!ですね。 実際に映画を完成・公開させた、村岡プロデューサーも凄いです。 映画を一本作るには大変なお金が必要だし、様々な調整も必要です。 映画の企画って、公開に至るまでのどこかの段階で大抵中止になってしまうらしいので、公開にこぎつけるだけでも実は凄いのです。 映画は 奇跡の結晶ですね〜、まさに。 最後に、私が好きだった、映画「糸」の場面を思い出してみると・・・ 本当にアナログな「 糸電話」が使われるシーンは印象的ですね。 今や、スカイプなどの音声アプリを使えば、地球の裏側にいる人とも無料で会話ができる時代です。 ほんの数mの距離しか届かない、糸電話・・・ 忘れがちですが、本来、私たちが大切にすべき、人と人との「距離感」を象徴しているように感じました。 煩わしくもあり、近すぎる距離感。 家族って何だろう? 人生で一番大切なものは何だろう? つい、そう考えてしまいますね。 「北の国から」の音楽でおなじみの、坂元昭二さんのノスタルジックなギターの音色と、「となりのトトロ」でおなじみの歌手・井上あずみさんが歌う主題歌も映画に彩りを添えています。 また、直江喜一さんの役割も大きかったなぁと思います。 直江さんは金八先生の腐ったミカン役でもおなじみの俳優さんです。 直江さんの演技は、荻野監督独特の、クスッとした笑いを入れる演出と、不器用で素直じゃないキャラクターのバランスをいい具合に取っていて、映画の流れにメリハリを付けています。 最後に一言 とにかく、ロケ地は糸島でしたが、映画「糸」が扱うテーマは、糸島という小さな枠に収まってはいないと思います。 もっと、広く、遠くへ・・・ 映画を観られた方の感想のシェアが大切です。 映画は別名「活動写真」と呼ばれます。 その名の通り、 膨大な写真が音とともに連続で流れるのが映画の本質だと思います。 低予算・短期間撮影で出来た映画なので、制作側も「もうちょっと時間と予算があればな〜」と思う場面もきっとあったと思います。 それにも関わらず、 ハッとするような美しい写真が全編に渡って散りばめられているのが、映画「糸」だと思います。 細い、細い糸がどこまで伸びていくか・・・ ぜひ応援してくださいね。

次の

映画・試写会・舞台挨拶のチケット一覧│チケット流通センター

映画 糸 舞台挨拶

詳しくは 併せて、「2020年4月9日 木 」に開催予定だった、auスマートパス会員限定試写会 キャスト登壇無 も中止となりました。 86」 応募方法:雑誌内の応募券を貼り、はがきで応募 招待数:5組10名 締切:2020年3月23日 月 必着 当落発表日予想:2020年3月26日頃 「月刊テレビナビ 4月号」 応募方法:雑誌内の応募券を貼り、はがきで応募 招待数:3組6名 締切:2020年3月24日 火 必着 当落発表日予想:2020年3月27日頃 「TV LIFE 7号」 応募方法:雑誌内の応募券を貼り、はがきで応募 招待数:3組6名 締切:2020年3月24日 火 必着 当落発表日予想:2020年3月27日頃 「月刊テレビナビ 4月号」 応募方法:雑誌内の応募券を貼り、はがきで応募 招待数:3組6名 締切:2020年3月24日 火 必着 当落発表日予想:2020年3月27日頃 「TV STATION 7号」 応募方法:雑誌内の応募券を貼り、はがきで応募 招待数:3組6名 締切:2020年3月25日 水 必着 当落発表日予想:2020年3月28日頃 【締め切り】「シネマスクエア vol. 118」 応募方法:雑誌内の応募券を貼り、はがきで応募 招待数:5組10名 締切:2020年2月28日 金 消印有効 当落発表日予想:2020年3月6日頃 or 3月25日頃 【締め切り】「キネマ旬報NEXT vol. 31」 応募方法:雑誌内の綴込みはがきにて応募 招待数:5組10名 締切:2020年3月2日 月 必着 当落発表日予想:2020年3月6日頃 or 3月25日頃 【締め切り】「Movie Magazine vol. 「公開記念舞台挨拶」については、ほぼ100%の作品で開催するため、映画『糸』についても開催されるものと思われます。 当サイトとしては、映画『糸』はキャストも豪華で話題性も高いので開催がある可能性が高いと思っています。 「追加舞台挨拶」は公開から1ヶ月を目途に開催されるため、「2020年5月末頃」までは公式サイトをチェックして下さい。 「舞台挨拶」は発表から締め切りまでの期間が短い傾向にありますので、情報お見逃し無いようにご注意下さい 「舞台挨拶」についても最新情報入り次第、随時お伝えしてまいります。 スポンサーリンク 映画『糸』作品情報 最後に、映画『糸』の作品情報をご紹介します。 タイトル 糸 予告 引用:東宝MOVIEチャンネル 公開日 2020年4月24日 金 あらすじ 平成元年生まれの高橋漣と園田葵。 北海道で育った二人は13歳の時に出会い、初めて恋をする。 そんなある日、葵が突然姿を消した。 義父からの虐待に耐えかねて、町から逃げ出したのだった。 真相を知った漣は、必死の思いで葵を探し出し、駆け落ちを決行する。 しかし幼い二人の逃避行は行く当てもなく、すぐに警察に保護されてしまう。 その直後、葵は母親に連れ去られ、北海道を去ることになった。 その事を知らなかった漣は見送ることすらできないまま、二人は遠く引き離された・・・・。 それから8年後。 地元のチーズ工房で働いていた漣は、友人の結婚式に訪れた東京で、葵との再会を果たす。 北海道で生きていくことを決意した漣と、世界中を飛び回って自分を試したい葵。 すでに二人は、それぞれ別の人生を歩み始めていたのだった。 そして10年後、平成最後の年となる2019年。 運命はもう一度だけ、二人をめぐり逢せようとしていた・・・。

次の

映画「糸」製作支援プロジェクト〜 福岡県糸島市を舞台に 「人の縁」を紡ぎたい

映画 糸 舞台挨拶

J Movie Magazine vol. 映画『糸』試写会の当選確率は 『糸』の試写会の当選倍率はどのくらいになるんでしょうか? 映画の俳優さんの人気や、映画の知名度などで、倍率はかなり変わってくると思いますが、 昨年7月26日に全国公開された同じく菅田将暉さん主演の映画「アルキメデスの大戦」の完成披露試写会では、Twitterや公式サイト合わせて315組630名が募集されていました。 ペアで当選することが多いので、当選は約300くらい。 応募総数が1万通だったと仮定すると33倍となります。 『糸』は菅田将暉さん、小松菜奈さんと人気のある俳優さんに加えて、歌の人気度・共演者が豪華・大勢いること。 などを考えると、応募はもっと多数になるかもしれません。 応募総数が増えれば、40倍くらいに上がるかもしれませんね。 当選総数がまだわかりませんので、あくまで仮定の話になりますが、当選倍率が高いことは予想されますね。 また、 当選確率を上げる為には、とにかく目立たせること。 映画好き・どれだけ観たいか!をアピールしたり、イラスト・シールで目立たせることが当選確率アップにつながるとの情報もあります。 ぜひ参考にしてみてください。 映画『糸』の舞台挨拶は? 試写会での舞台挨拶はある。 と発表されていますが、公開日においての舞台挨拶はまだ発表されていません。 発表がありましたら、また随時追記していきたいと思います。 映画の公式ホームページも載せておきますね。 名曲『糸』の映画、きっとヒットするのではないかと、今から楽しみです。 それでは今回はここまでとさせていただきます。 最後までお読みいただきありがとうございました。

次の