ボディ ビル 大会 2019。 自衛隊”肉体NO.1″決定戦!【自衛隊プレミアムボディ2019】募集要項

スケジュール

ボディ ビル 大会 2019

2019年度 日本ボディビル選手権が開催されました。 男子日本ボディビル選手権大会および、女子日本フィジーク選手権大会が同時開催され、男女共に日本一のボディビルダーを決めるハイレベルな大会です。 ダイエットコンシェルジュ編集部が、大会の様子をお届けするために取材に向かいました。 女子フィジーク 予選審査 42名もの参加選手から、ピックアップ審査の狭き門を通過した12名の選手が舞台に並びました。 予選では定められた4種類の「規定ポーズ」をとり、審査が進んでいきます。 規定ポーズ1 フロントダブルバイセップス 規定ポーズ2 サイドチェスト 規定ポーズ3 バックダブルバイセップス 規定ポーズ4 サイドトライセプス 決勝審査 決勝審査では、12名の選手がそれぞれ音楽に合わせて1分間のプリーポーズをとります。 規定ポーズ以外の芸術的なポーズや、その選手の魅力が生きるポーズが見どころです。 昨年の東京オープンで衝撃のデビュー、なんと2年目にして東京選手権を制した佐藤英己選手。 2年連続で日本選手権を制した、女王・澤田めぐみ選手 今年も優勝なるか!? 圧倒的な筋肉量の持ち主、阿部優花選手。 ステージに登場するたびにどよめきが起きる。 数年振りの日本選手権の舞台への復活を果たした、高原佐知子選手。 長い手足を活かしたポーズが大迫力。 とてもフィジーク初挑戦とは思えないバルクの相馬貴子選手。 男子ボディビル 予選審査 男子も規定ポーズの審査から始まりますが、ポーズの種類が7種類です。 上半身背面の逆三角形を強調するポーズ「ラットスプレッド」そして腹筋の凹凸と大腿部のカットを強調する「アブドミナルアンドサイ」が加わります。 規定ポーズ1プロントダブルバイセップス 規定ポーズ2プロントラットスプレッド 規定ポーズ3 サイドチェスト 規定ポーズ4バックラットスプレッド 規定ポーズ5バックダブルバイセップス 規定ポーズ6サイドトライセプス 規定ポーズ7 アブドミナル アンド サイ 決勝審査 年々実力を上げていく、加藤直之選手。 その広い背中に憧れる人も多い、須江正尋選手のバックポーズ 今年の話題選手、若干19歳の相澤隼人選手。 筋肉の形やポーズの取り方に、昨年までの絶対王者・鈴木雅選手からの影響が垣間見えた。 対してこちらは最年長、合戸孝二選手。 予選での相澤選手との大接近サイドチェストはとても盛り上がった。 全日本選手権には初参戦の、嶋田慶太選手。 筋肉のバランスがとても美しい。 ジュラシック木澤こと、木澤大祐選手。 今年は特に迫力が増して見えた。 優勝候補、横川尚隆選手。 日本トップレベルの選手たちの中に並んでも圧倒的な完成度を誇っていた。 ここ数年でトップ3への壁を突き抜けたように思われる、須山翔太郎選手。 今年の順位はいかに? 表彰 表彰では順位の低い選手から順番に、名前が呼ばれていきます。 名前がどんどん呼ばれていって、上位選手だけが残ると観客は大盛り上がりです。 女子フィジーク結果 12位 相馬 貴子 11位 阿部優花 10位 野間春美 9位 佐藤英己 8位 原田理香 7位 久野礼子 6位 矢野かずみ 5位 村山彩乃 4位 清水恵理子 3位 橋木明子 2位 澤田めぐみ 1位 高原佐知子 男子ボディビル結果 12位 松尾幸作 11位 嶋田慶太 10位 須江正尋 9位 相澤隼人 8位 木村征一郎 7位 髙梨圭祐 6位 合戸孝二 5位 田代 誠 4位 木澤大祐 3位 加藤直之 2位 須山翔太郎 1位 横川尚隆 男女共に新チャンピオンが決まりました。 近年の日本選手権は上位選手の顔ぶれがほぼ固まっている印象でしたので、新しい時代の到来に興奮したファンの方もいるのではないでしょうか?これからのボディビルの動向にも目が離せません! 取材協力:公益社団法人 日本ボディビル・フィットネス連盟•

次の

選手権大会写真

ボディ ビル 大会 2019

ミスター日本順位結果:横川尚隆選手が初優勝• 横川尚隆• 須山翔太郎• 加藤直之• 木澤大祐• 田代 誠• 合戸孝二• 髙梨圭祐• 木村征一郎• 相澤隼人• 須江正尋• 嶋田慶太• 松尾幸作 ミスター日本2019を制したのは、25歳の横川尚隆選手! 予選審査、決勝審査ともに、すべてのジャッジが1位と評価し、合計得点は10点。 2位に2倍のポイント差をつけました。 同時に、モストマスキュラー賞とベストアーティスティック賞も受賞。 これはもう「完全優勝」といっても過言ではないでしょう…! なお同選手は2018年でもモストマスキュラー賞を受賞しているため、2年連続受賞となりました。 2位は須山翔太郎選手。 20ポイントを獲得しました。 2018年は3位だったため、順位をひとつ上げました。 加藤選手は3位。 2018年は7位でしたが、初のトップ3入り。 順位が4つアップしています。 4位には「ジュラシック」こと木澤選手。 6位だった2018年から2ランクアップ。 毎年トップを競っていた田代選手と合戸選手はそれぞれ5位、6位となりました。 若い世代が台頭しつつある男子ボディビル ミスター日本を9連覇中の鈴木雅選手が怪我のため出場できず、「ついに横川選手が優勝するのでは・・・?」なんて囁かれていた(かもしれない)男子の部でしたが、それが現実になりました。 なんといっても、横川選手はまだ25歳。 それでいて素晴らしい完成度を誇ります。 さらにおそろしいのは、9位にランクインした相澤隼人選手は弱冠20歳! え・・・はたち?うそだろ・・・ 世代交代は、どんなスポーツでも必ず起こるもの。 とはいえ、鈴木雅選手の連覇をずっと見てきた世代からすると、「ついに世代交代がくるのか・・・」と感慨深くなってしまいますね。 2020年、横川選手はもちろん連覇を狙ってくるはず。 そこでもし、鈴木雅選手が復帰できたなら(復帰するかどうかは未決定ですが)… ここ数年のミスター日本で、もっともエキサイティングな対決になるのは間違いないでしょう。

次の

自衛隊”肉体NO.1″決定戦!【自衛隊プレミアムボディ2019】募集要項

ボディ ビル 大会 2019

Today's Contents• 昨日は都合により観戦することができませんでしたが、 良い結果の知らせを聞くことができてうれしかったですね。 結果 本日観戦した各クラスの結果は以下の通りです。 恐らく数日はかかる、はず 観戦記 危うく観戦できない所だった!? 本来は指定券を前もって購入して行く予定でしたが、 ちょっとトラブルがあり購入できず。 ここ近年はボディビル人気ということもあってか 当日券の購入が困難だったりするのですが運よく購入できました。 大会Tシャツの販売のみでしたね。 また今回を含めここ数年同じ会場で行われているのですが、 会場周辺には会場内のレストラン牛丼屋があるのみで コンビニやファミレスへ行くにも10分近く歩かないとないほどなので、 先日の横浜オープン大会の時のような販売があるとありがたいですね。 協賛企業もあったのかないのかよく分かりませんでしたが、 横浜オープンでも協賛企業の紹介等をしていたように 今大会でもやってもよかったのでは?と感じました。 このままならいずれ横浜オープンの方が賑わっていたりしているかも!? 若い選手の台頭 先日の東京クラス別選手権で75kg超級を制した選手が 非常に若いことで話題にもなりましたが、 今大会でも20代選手が優勝したりと上位に入っていました。 今年の神奈川県のナンバーワンとなった選手はなんと23歳。 誕生日次第ではジュニア選手権にも出場できます。 ボディビルは時間がかかる競技だから20代の優勝は難しい・・・ と言われたのはもう過去の話か。 終わりに 年に一度の神奈川県選手権大会。 今年は関東クラス別選手権も併せての開催でした。 2日間にわたるコンテストでしたが 皆さまお疲れ様でした。 また来年はどのようなコンテストになるのか楽しみです。 佐賀県出身、神奈川県在住。 ボディビル、ボディコンテスト歴4年。 趣味:筋トレ、スポーツ関連 学生時代8年半アメリカで過ごした元ITサラリーマン。 サプリメント購入割引コードがございますので、ぜひご利用ください。 iHerb: MGH192 MyProtein: 関連する記事• 2019. 21 Today's Contentsフィットネスクラブでそう滅多に起きない事1. 緊急連絡先の確認2. AED設置場所の確認なぜ知っておくべきか終わりに フィ[…]• 2019. 20 今年もアメリカのラスベガスで行われた『ミスターオリンピア』。 世界最高峰のプロボディビル大会の結果をお伝えします。 また日本人選手が多数出場した『オリ[…]• 2019. 2018. 06 Today's Contents今年も行ってきました個人的ハイライトボディビルフィジークフィットネスビキニその他来場者の激増意外・・・!? 今年も行っ[…]• 2019. 10 Today's Contents今年もいくつかボディコンテストが開催され、まだ全体的にデカくしないといけないはずデカすぎる部位は長所であるはず評価とし[…]• 2018. 27 Today's Contentsフィットネス関連企業が集まるイベント全体の印象特に印象に残った分野将来的には・・・意外だったのが フィットネス関連企業[…].

次の