プリコネ 魔法防御バフ。 プリコネRe クランバトルをもっと楽しむためのデバフ攻略編 | 冴えたスマホアプリの始め方

プリコネR(プリンセスコネクト)の質問

プリコネ 魔法防御バフ

画像的に先ほどの方ですね。 単純に物理系キャラで構成するのが物理パ、魔法系キャラで構成するのが魔法パですね。 このゲームは基本的にバフ、デバフが物理、魔法で分けられていますので、中途半端に混合編成を組んでしまうとどちらも火力が不足してしまいます。 なので基本的には ・攻撃を受ける役割のタンク(前衛の高防御キャラの採用が一般的があえて中衛のコッコロやユカリ、グレアなどを疑似タンクとして起用する戦法もあります) ・サポーター(ヒーラーやバフ役、デバフ役を1~2) ・アタッカー(単純なアタッカーを2~3) でメンバーを編成します。 バフ、デバフが種類で分けられていますのでサポーターはどちらかに特化したキャラと両方で使えるキャラがいます。 アタッカーはどちらかに特化しています。 デバフの量は敵の防御力次第で決めるしかないです。 なので、物理パ、魔法パで編成を分けます。 アリーナになると混成が多くなりますね。 アリーナは考え方が違ってまず相手を崩したほうが優位に立つ場合が多いです。 なので阻害能力を持つカスミ、アユミ、ツムギ、イオなどは火力役の種類にかかわらず採用することが多いです。 >このキャラの中でそれぞれの編成を組むとしたらどのキャラを入れればいいのか教えてください。 正直なところ敵に合わせるしかないのでクエストを挑む際は右上のクリア編成をみてどんな編成でみんなが挑んでいるのか確認するといいですね。 参考になるはずです。 物理で考えると アタッカーやデバフ役として クリスティーナ:防御デバフ、火力 水着マコト:防御デバフ、火力(単体の敵用) ムイミ:火力(防御デバフも一応持っていますが天楼覇断剣モードを維持するのが基本なので火力役の側面が強い ジータ:ゲージ加速兼サブアタッカー がデバフとアタッカー タンクはクウカ(オーエド)以外で必要に応じて変更。 ペコリーヌ(プリンセス)は火力もあるタンクで耐久は平均より低め、ミヤコは物理に非常に強いが魔法に弱い、クウカは魔法に強く引付を持っていますが、引付のせいで打たれ弱い。 サポーターとしては 物理専用のバフ役として ユニ:一番火力の高い味方に強力なバフとTP配布、魔法バリア展開、UBの強力な物理バフと魔法に弱い物理キャラを補助しつつバフを撒ける。 ミミ(ハロウィン):バフを撒きつつ自身も範囲攻撃を行います。 バフ役としてはそれほどでもないですが、サブアタッカーもこなせます。 万能型としてコッコロ(プリンセス):ヒール、TP回復、物理魔法バフ、物理魔法デバフ、クリティカル時のダメージをアップとできることが非常に多く、どちらで使っても最高クラスのサポートが可能。 ヒーラーとしてはユイやコッコロ(プリンセス)やコッコロ(星6)などの起用が多め。 大体このあたりから選んで上記の数でパーティを組みます。 魔法パ こちらは数が少ないですが ネネカ:アタッカー兼サポーター兼デバフ役。 万能に近い性能です。 ユイ(プリンセス):高回転のUBに加えて、効果は小さいものの魔法キャラへの永続バフや長時間持続の自己バフを持っています。 長期戦向きですが優秀なアタッカーです。 アン:アタッカー兼バフ役。 TPも加速できます。 専用装備が前提にはなりますが非常に優秀になりました。 キョウカ:最近取り残され気味ですが、数がそろっていない段階ならアタッカーとして使用可能です。 グレア:対複数用アタッカー。 疑似タンクとしても利用されます。 デバフ役として専用アンナも起用できますが、UBは大抵の場合打つとまずいので手動操作限定。 タンクとしてはデバフ持ちで魔法攻撃を持つクウカ(オーエド)が向いています。 ただ、敵によっては物理で紹介したミヤコやペコリーヌ(プリンセス)などを起用してもいいです。 サポーターとしては 魔法防御大ダウンを持つカスミやコッコロ(プリンセス)、キョウカ(ハロウィン)が優秀です。 ヒーラーとしてはコッコロ(プリンセス)、コッコロ、ユイ、ミサトの起用が多めです。 このあたりから選出してパーティを組みます。 曖昧に聞こえるかもしれませんが、こういった答え方しかできない内容になります。 編成は何を重視するか、敵の防御はどのくらいか敵の構成はどんなものかできまるので大体上記で組んでみて敵によって調整するのがいいかなと。 少しわかりにくい回答になってしまいましたが参考にしてみてください。

次の

リン(プリコネ) (りん)とは【ピクシブ百科事典】

プリコネ 魔法防御バフ

概要 カスミはのスマートフォンRPG『』のキャラクター。 無印版のにあたる。 プロフィール 年齢 15歳 身長 152cm 体重 41kg 誕生日 11月3日 血液型 AB型 種族 獣人 ギルド 趣味 読書、推理 CV 人物 頭脳明晰で推理が趣味の獣人族の女の子。 を生業としており「~たまえ」「~なのだよ」といった口調で話す。 ランドソルにはびこる謎の存在『シャドウ』の調査を主としている。 シャドウ調査の一環でを助手として迎い入れ、それ以来彼のことを「助手くん」として接している。 本能に従った行動が多い獣人の中では比較的冷静な頭脳派であるが、ロード画面の1コマ漫画では【】の仕事をほっぽって推理しに行くなど、本能に従う点で言えば獣人っぽさがあるといえる。 キャラソンCDのドラマパートにおいては探偵としての直感か、仕事をほっぽったりなど危機回避のために行動することもあるが、そんな感じでその時々ではカスミのみ危機回避に成功しても、後々にその他ギルドメンバー達から仕返しを食らうことも多い。 だがそこには互いに悪意は無く、互いに信頼しあっており、後腐れは無い模様。 モチーフとなっている動物は、警察犬としても知られている。 彼女のキリッと立った獣耳から想像がつくほか、リリース1. 5周年記念のにはドーベルマンについて言及しているイラストがある。 ちなみに実際のドーベルマンの立ち耳は自然なものではなく、生後数ヶ月以内に「断耳」というものを行うことであの見た目になっている。 自警団の中でメインストーリーにはあまり絡んでこないが、ルナの塔の初回のストーリーでは・とともに行動している。 ちなみに当時の時点だとカスミはまだプレイアブルキャラとしては未実装だった。 そのためか同時期公開の公式4コマではマコトにまるで道具であるかのように担がれている。 キャラストーリー5話にて、自身と同じ姿の『シャドウ』を見つけ捕獲、このシャドウに「 キーリ」と名付け、監房内にて世話をすることになった。 通常ならすぐに消えてしまうシャドウとしては例外的に長く存在を保ち、カスミもキーリと接するうちに親しみの感情を抱くようになったが、やがて…。 また、キーリの具現化には「あちら」の世界における、とある存在が関わってる模様。 イベント『』ではマコト・と共にメインキャラクターに抜擢された。 そのイベントと同時にカスミが実装されピックアップガチャが開催、エンディングテーマも担当するなど同イベントの主役的ポジションである。 最初は魔法少女やそれの変身に対して恥ずかしがっていたが、たちの手助けをきっかけに魔法少女としての活動を全うするようになり、と共にランドソルに迫る危機を救った。 ノリノリのシオリと違い恥ずかしがる姿が面白かったのか、会話中に何の脈絡も意味も無くただなんとなくでとりあえず変身させるという遊びが主人公の中で流行った。 なお、カスミによると主人公の力で魔法少女としての力が増大されるせいか 変な気持ちになるとのこと。 束縛や混乱を付与するスキルで相手の行動を妨害し、魔法防御力ダウンのフィールドを展開して王手をかける。 魔法タイプのサポート系キャラ。 説明文通り、束縛や混乱といった敵キャラへの妨害が得意である。 ユニオンバーストの魔法防御ダウンが非常に強力であり、実装キャラの中でも魔法防御ダウンのデバフ量はピカ一と言っても過言ではない。 ほとんどの相手の魔法防御を0にできる。 、、などの強力な範囲魔法の使い手と組ませると、凄まじい総ダメージを叩き出せる。 アリーナ防衛における+のタッグもその組み合わせで突破可能。 変わった使い道として、アリーナで相手イリヤの自傷ダメージを増やして自滅を誘うことができる。 ルートオブバインドは行動の出が非常に速いため、敵の1ターン目のスキルを妨害することが可能である。 クウカの挑発、の引き寄せなどを潰せるので前衛やの攻撃を通しやすくなる。 2019年7月31日に実装された専用装備「ディテクティブルーペ」を装備させると、範囲内の敵の数に応じて束縛時間が増加する効果が追加されるため、アリーナで更に活躍させやすくなった。 その他、後衛キャラの中でも比較的物理防御と魔法防御が高いため打たれ強い。 それを生かしたカスミ先頭の魔法パーティも存在するほどである。 このように主にアリーナ向けのキャラとしてこれまでは活躍してきたが、プリコネR史上 規格外の火力を持つが実装された2020年1月のクランバトルでは、彼女のサポートとして クランバトルでも活躍するようになる。 カスミはUBによる高い数値の魔法防御デバフを持つため、正月キャル特化パーティの防御デバフ枠を1人で埋めれるキャラして採用されるようになった。 実装時はプラチナガチャ以外の入手方法がなかったが、後にメモリーピースがハードモード25-3に追加された。 ただし2019年9月時点ではかなり終盤の位置であり、攻略難度は高い。 マジカル 【魔法】 後衛の妨害に特化した能力を持つ魔法探偵。 相手のTPを大きく減少させるスキルや、遠くの敵を束縛するスキルを操り、相手の連携を大きく乱す。 イベント『』に合わせて登場した、マジカルバージョンである魔法少女姿のカスミ。 別衣装バージョンだが恒常キャラのパターンである。 スキル説明文を見て分かる通り敵のTP妨害を得意としている。 プリコネRの戦闘では1回行動するごとにTPが溜まるので、それを基準にするとこの減少量は行動数約4回分に相当する。 つまり 相手のユニオンバースト発動を4ターン遅らせるスキルであると言える。 TPは被弾でも増加するので、敵の集中攻撃を受けるタンク相手だとあまり効果が感じられないが、そうではない後列のキャラに対してはかなりの損害を与えることができる。 支援行動ではTPは回復しないので、合間にバフや状態異常付与などが入るキャラが相手だと被害はもっと大きくなる。 ミスティラッピングは通常カスミの束縛と同様に、相手の1ターン目の行動を潰すことができる。 ただし発動が若干遅めなので、潰せる行動は通常カスミよりも限られる。 1ターン目の全体TP支援が強烈なあたりが狙い目か。 また素の魔防が高めでEXスキルが物防アップであるため物魔どちらに対しても強く、のコロナレインも互いのバフデバフの有無にもよるが耐えることがある。 以上の性質から、やのTP支援を利用した開幕ユニオンバーストへの対策として大変優秀であり、特にのコロナレイン一発で勝負を決める「リノ砲」に対してはこれ以上ないほど強力なメタとして働く。 そのほか、TP吸収・減少を得意とするとの相性が非常に良く、二人で延々とTP妨害し続けるコンボがアリーナの攻め・防衛双方で猛威を振るっている。 天敵はで、初期位置の画面外が最後尾と認識されているためか1ターン目の束縛がリマ一匹に吸われ(束縛が発動する位置とタイミングも少しおかしくなる)、最初の行動が無駄撃ちとなってしまう。 また挑発持ちのタンクも苦手。 …こちらは物理防御の方を大ダウンさせるフィールドを操る。 …カスミと同じく『シャドウ』と関わりが深いキャラ。 …誕生日が一緒で読書が趣味な点も共通。 後にイベントで共演した。

次の

カスミ(プリコネ) (かすみ)とは【ピクシブ百科事典】

プリコネ 魔法防御バフ

概要 ユカリはのスマートフォンRPG『』のキャラクター。 無印版のにあたる。 プロフィール 年齢 22歳 身長 164cm 体重 55kg 誕生日 3月16日 血液型 A型 種族 エルフ ギルド 趣味 ウインドーショッピング CV 人物 金融業ギルド【】に所属するお酒が大好きな女性。 かつての父のもとで経理を担当したことがあり、アキノがメルクリウス財団を結成し商売を始めた時もギルドの財政を受け持っている。 ランドソルの法にも精通しており、法という武器を以て悪徳商売を撲滅する裏の顔をもつ。 かつて聖騎士を務めたことがあり、その実力は健在で同僚のと共にギルドに忍び込んだを捕獲した。 評して曰く、「お医者さんも裸足で逃げだす優秀な癒やし手」。 仕事に関しては実直で実際頼りになるものの、プライベートではややズボラな面もあり、特に酒癖の悪さは本人も自覚するほど酷い。 イベント『』ではまやかしの楽園の島の中にある酒をすべて飲み尽くしてしまった。 ちなみに本人曰く「両親に厳しく躾けられた」との事。 解放された反動でこうなってしまったのだろうか。 私的な人付きあいに億劫なのも手伝い、恋愛に中々一歩踏み出せないでいる22歳である。 に対しては「頼れるお姉さん」であることを見せようとするがだいたい裏目に出る。 アキノとがギャンブルで浪費癖を悪化させたときにはギャンブル勝負でミフユと組んで、主に場の雰囲気をうまく操作することでアキノ・タマキを誘導することで二人を敗北に追い込んだ。 ギルド内お説教案件においては二戦全勝。 二戦目の解決方法については完全に「毒を以て毒を制す」方法でありむしろお説教が必要だったような気がするが。 ちなみに得物の剣は何気に主人公のものとおそろいである。 主人公の得物に関してはのキャラストーリーが一番確認しやすい。 イベント『激走! ランドソルギルドレース』では、【】として第4区を走った。 第4区は火山の区間だったためヘトヘトになってしまい、隠してたをレースの途中で飲んでしまう。 もちろん飲酒直後の運動は大変危険なため真似しないように。 その後、直接描写はされてないもののユカリは案の定出してしまい、体調面も考慮した結果【メルクリウス財団】はリタイアという形で終わった。 ストーリーが追加される度に 酒癖がどんどん悪くなっていくようで、特にイベント『』では 講義前に飲んでいるような様子だったり、が一度だけバイト先で見かけた折には蔵の中の酒まで飲み干すユカリのその様を「 超えて」と形容され、なかよしXが召喚したユカリのシャドウが「魔法のジョッキから間欠泉のように吹き上げる黄金の奔流を一滴残さず飲み干す様が酷い」とから指摘されミフユが「 本物はもっとすごい」とこぼしたりと酒豪っぷりがこれでもかと描写されている。 アニメ版の第9話にも登場。 酒癖の悪さはここでも健在である。 気になる人は調べてみよう。 キャラステータス 【物理】 中衛から、バリアや回復で味方を守る元聖騎士。 傷ついた味方のHPやTPを回復するスキルを操り、打ち合いで消耗した所をピンポイントでサポートする。 そもそも序盤は回復がなくても割とサクサク進めてしまえる。 しかし、ゲームが進み、メインクエストエリア8に差し掛かると魔法ダメージを与えてくる敵が急増し、魔法ダメージをある程度カットできるヒーラーとして彼女がお呼びにかかる。 特に 詰みポイントの1つに数えられる8-10の攻略は彼女を起用するだけで難易度が劇的に下がると言われるほど それでも高いことには変わりないが…。 また、エリア9以降も2番目狙いの魔法アタッカーがうじゃうじゃ登場するため、EXスキルで魔法防御力を上げられるユカリを2番目に配置して上げるとかなり楽に攻略できるだろう。 配置は中衛の中でも前よりなため、3番目狙いの敵に強い同じギルドメンバーのとも組み合わせやすい。 ちなみに「ユカリより前に配置されるキャラクターの中で、通常EXスキルで魔法防御力を上げられる他の恒常キャラ」は、メモリーピースの入手が非常に難しい・と、挑発で物理攻撃まで引き受けてしまう・しか存在しない。 限定キャラを含めるとやも該当する。 ただしレイに関しては挑発持ちであるため物理攻撃も吸い寄せる。 このため「対魔法サブタンク」という役割はユカリ以外にはやや任せにくいポジションである。 ダンジョンのベリーハード・エクストリーム攻略にも適した一人でもある。 道中ではユニオンバーストを使うアタッカーにTPを供給するサポートを、ボス戦では自身のユニオンバーストで回復役の後衛を守るorデバフを防ぐなど。 特に初心者の場合は攻略に欠かせないキャラである。 メモリーピースはダンジョンコインで交換できるので、才能開花の難易度がとても低いのも重要なポイントの一つ。 また、HP回復のアクアヴィットは初動が遅いものの、以降の使用頻度は5回に1回で、8回に1回であるよりも多く使う。 そんなユカリにも、2018年12月31日に他の財団メンバーと共に専用装備が実装された。 「エターナルジョッキ」という ビールジョッキなのだが、彼女のスキル名は全て酒の名前から取られているので妥当かもしれない。 専用装備は、スキル「アクアヴィット」を強化するのだが最大まで強化することでなんと 20000以上回復する上に、魔法防御上昇バフと継続HP回復状態(いわゆるリジェネ)を付与する。 エターナルを冠するだけあってお酒にとんでもない効果が付与されているのだろう。 ちなみに後日、シズルにも回復スキルを強化する専用装備が実装され、こちらと対になるようにあちらには物理防御バフがついたが、あちらにはリジェネがないため単純な回復だけならこちらに軍配が上がる。 元々アリーナでそこそこ防衛に採用されていたのだから、専用が実装された時期にアリーナ防衛のトップメタを張っているのは言うまでもない。 例え が実装され物理の暴力の嵐が襲ってきても。 2020年1月現在は他にも優秀なヒールキャラが多く追加されているが、やはりHPとTPの両方を回復できるという点は大きく、キャラが充実してなお様々なコンテンツが活躍ができるユカリの存在は多くのプレイヤーにとって心強いだろう。 ユニオンバーストが「セブンベールズ」から「 セブンスヘブン」に変化し、セットボーナスによって回復量上昇が大きく上昇する。 2上昇させ、更に HPを7707 Lv151Rank15 回復させるというに次ぐ壊れスキルとなった。 既に実装されているに対する強力なメタになるのはもちろん、魔法に対してパーティー単位でカチコチになり、魔法での突破を困難にさせる。 耐久も大幅に増えたためユカリを先頭にする運用でもにゴリ押しされにくくなった。 アリーナで強力なのは上記の通りだが、イベントやクランバトルなどのボス戦でもHP回復・TP回復・魔防バフが刺さることが多い。 キャラストーリーは禁酒に励むユカリにお酒を薦めるという突っ込みどころ満載なものである。 ミフユでさえ「他の人のを奪う勢いで仕事をこなして困っている」とまでこぼす有り様である。 Shadowverse 同じ製作の対戦型デジタルカードゲーム『』では、プリコネRがテーマの一つとなっているカードパック「アルティメットコロシアム」にて参戦した。 カード名 聖なる守り手・ユカリ 種類 フォロワー クラス ビショップ レアリティ ゴールドレア コスト 3 進化前 攻撃力:2 体力:3 能力 ファンファーレ 自分のリーダーを2回復。 ユニオンバースト 10; 相手のターン終了まで、自分のリーダーと自分のフォロワーすべては「能力によって受けるダメージは0になる(攻撃によるダメージはそのまま)」を持つ。 手札にあるとき自分のフォロワーが進化すると-1される。 回復能力を持つため、回復を軸としたデッキである「エイラビショップ」にも起用させやすい。 セブンベールズを再現したユニオンバーストは、などの全体除去や、の直接ダメージなどに対して強力な性能を発揮する。 関連イラスト.

次の