スイカ iphone 登録。 SuicaをiPhone(Apple Pay)に登録&移行する方法。デポジット500円はどうなる?

iPhoneのSuicaアプリで「モバイルSuica会員」に登録する設定方法

スイカ iphone 登録

このページでは、iPhone Apple pay アップルペイ でSuicaを利用し、そのSuicaへチャージ及びオートチャージできるクレジットカードについて解説していきたいと思います。 まず、Apple pay アップルペイ でSuicaを利用する方法として、 【Walletアプリ】または 【Suicaアプリ】があります。 【Walletアプリ】は、あらかじめApple pay アップルペイ に入っているアプリです。 【Suicaアプリ】は、App Storeでダウンロードできます。 おサイフケータイ機能が付いたアンドロイドスマホや携帯で従来から使われていた 『モバイルSuica』に近い機能を持っています。 それでは、【Walletアプリ】へ登録できるクレジットカード、【Suicaアプリ】へ登録できるクレジットカードを、順にご紹介していきたいと思います。 【Walletアプリ】は使えるサービス、使えるクレジットカードが限られている 【Walletアプリ】は、手持ちのSuicaカードの情報を読み込ませて移行できるという便利さはあるのですが、使えるサービスが限られています。 交通機関利用とSuica決済できる店舗での買い物だけとなっています。 最小限の機能です。 Suicaグリーン券やモバイルSuica特急券などのサービスは使えません。 定期券を使いたい場合も、Suica定期券を取り込んでの継続購入のみ使えます。 また、登録できるクレジットカードも限られていて、Suicaへのチャージは都度のチャージのみで、 オートチャージはできません。 【Walletアプリ】に登録できるクレジットカード 【Walletアプリ】に登録できるクレジットカードは、イコール、Apple payに登録できるクレジットカードです。 Apple payに登録できるクレジットカードは、現在のところ、、、、、 ポケットカード 、 、、JCBカード、三井住友カード、三菱UFJニコス、クレディセゾン ・UCカード 、、dカード、TSキュービックカード、auウォレットカード、ソフトバンクカードとなっています。 上記のクレジットカードでも、Apple payに登録できるクレジットカードは、 JCB、Mastercard、アメックスブランドだけとなっています。 VISAとダイナースクラブは登録できません。 つまり、JR東日本のビューカードであっても、VISAブランドだと、【Walletアプリ】に登録できないということです。 【Suicaアプリ】は使えるサービス、使えるクレジットカードが多い JR東日本は、iPhone Apple pay アップルペイ ユーザー向けに、【Suicaアプリ】を提供しており、App Storeでダウンロードできます。 前述しましたように、【Suicaアプリ】は、アンドロイドスマホや携帯で従来から使われていた 『モバイルSuica』に近い機能を持っています。 したがいまして、【Walletアプリ】では利用できないサービスも使えるのが魅力です。 例えば、Suica定期券、Suicaグリーン券、モバイルSuica特急券 チケットレスで新幹線 、オートチャージなどのサービスも使えます。 【Suicaアプリ】に登録できるクレジットカード 【Suicaアプリ】に登録できるクレジットカードは、『モバイルSuica』同様に、国内発行のほぼ全てのクレジットカードが登録できます。 【Walletアプリ】だと登録できない VISAブランドやダイナースクラブカードも登録できます。 もちろん、JCB、Mastercard、アメックスブランドも登録できます。 また、以下の 「VIEW」のロゴと「Suica」のロゴが付いているクレジットカードなら、 オートチャージもできますし、クレジットカード利用で 貯まったポイントをSuicaへチャージして使うこともできるのです。 クレジットカードからSuicaへのオートチャージ 自動入金 およびチャージ 手動入金 分もポイント付与対象です。 や や も発行• 上記のクレジットカードの他にも、日本国内で発行されているほぼ全てのクレジットカードが【Suicaアプリ】に登録できます。 発行されているほぼ全てのクレジットカードが登録できるとはいえ、Suicaチャージ分をポイント付与対象としているクレジットカードは少ないのです。 どうせなら、 Suicaチャージ分もポイント付与対象としているクレジットカードを登録するほうがお得です。 Suicaチャージ分もポイント付与対象としている一例として、以下のクレジットカードがあります。 なお、下記記載のポイント還元率とは、Suicaチャージ分に対するポイント還元率です。 【Walletアプリ】でも無料です。 iPhoneだと無料なのに、アンドロイドだと年会費がかかるというのは、不公平だという感がありますが、アップルとJR東日本が日本でのApple pay アップルペイ 導入にあたって強いタッグを組んだということの表れなのか。 iPhone Apple pay SuicaもPASMOや全国の相互利用エリアで使える iPhone Apple payでのモバイルSuicaも、首都圏のPASMOエリアをはじめとして、全国の相互利用エリアで電車・地下鉄・バスの乗降の際にIC乗車券として使えます。 首都圏以外のエリアとしては、Kitaka JR北海道 、manaca 名古屋交通局地下鉄・バス他 、TOICA JR東海 、ICOCA JR西日本 、SUGOCA JR九州 、nimoca 西鉄など 、はやかけん 福岡市交通局地下鉄 があります。 ビューカードなどのオートチャージ設定できるクレジットカードを登録してご利用の場合でも、オートチャージ利用可能エリアは、首都圏・新潟・仙台の各SuicaエリアとPASMOエリアのみとなっていますので、ご注意ください。 オートチャージ利用可能エリア以外でSuicaを利用される場合は、残高をこまめにチェックすることをおすすめします。 残高が少なくなった場合は、【Suicaアプリ】を開いて、手動でのチャージをすればOKです。 買い物の支払いも相互エリアでOK Suicaは、「駅ナカ」「街ナカ」加盟店でお買い物の際にSuica電子マネーでのお支払いができますが、相互利用エリアのお店でもお支払に使うことができます。 また、ほとんどのコンビニチェーンでも、Suica電子マネーでのお支払いができます。 ただし、どのコンビニチェーンでも、Suica電子マネーで支払ってもポイントが貯まらないのが残念です。 Suicaの「駅ナカ」「街ナカ」加盟店にてSuica電子マネーでお支払いの場合は、 「100円または200円毎に1ポイント 1円相当 」のJREポイントが貯まります。 つまり、Suicaチャージでポイントを貯めて、「駅ナカ」「街ナカ」加盟店のお支払いでもポイントが貯められる、ということになるのでお得です。

次の

iPhoneXSにSuicaを入れ登録する方法と使い方|チャージのやり方やコンビニなどの使い方|iPhone村

スイカ iphone 登録

登録できないSuicaが存在する。 なぜかiPhone7にSuicaが登録できない!と思って調べてみると、事前に取り込めないSuicaが告知されていました。 それがこちら。 ・ビュースイカ等のクレジットカード一体型 ・ゆうちょ等キャッシュカード一体型 ・Suica定期券(高校・中学・小学生用通学定期) ・小児用My Suica ・社員証・学生証と一体になったSuica ・JR東日本以外で発売されたSuica (引用元:) 私の場合、「ビックカメラSuica(クレジットカード一体型Suica)」をApple Payに取り込もうとしていたため、iPhone7にSuicaが登録できない事態になっていました(涙)これが出来たらすごい便利だったのになぁ。 Suica定期をApple Payに登録する方法。 ちなみに、Suica定期を登録したいという方も多いようです。 ノーマルのSuica同様、下記に該当するSuica定期以外はApple Payへ登録することができます。 ・ビュースイカ等のクレジットカード一体型 ・ゆうちょ等キャッシュカード一体型 ・Suica定期券(高校・中学・小学生用通学定期) ・小児用My Suica ・社員証・学生証と一体になったSuica ・JR東日本以外で発売されたSuica (引用元:) 上記に該当するSuica定期を持っている方は、そのSuica定期を登録することは出来ません。 上記の条件に該当しないSuica定期を、新たに作る必要があります。 JR東日本の窓口で新たにSuica定期を作ってApple Payに登録しても良いでしょうし、「Suicaアプリ」内でSuica定期券を作っても良いでしょう。 ちなみに、「Suicaアプリ」でSuica定期を購入する方法はカンタン。 支払い方法もApple Payで登録済みのクレジットカードか、新たにクレジットカードを登録するか選べます。 ただ、定期券の使用期限が切れるのはまだ先…という場合、今すぐ新規のSuica定期へ切り替える方法もないとは言えませんが、結構労力がかかるでしょう。 Apple Payに新たにSuica定期を登録したい場合は、次回の定期券更新を待つのが現実的かもしれません。 Apple PayではVISAのクレジットカードが使えない? 現状、Apple PayにVISAのクレジットカードを取り込むことは可能でした。 しかし、Suicaアプリの支払い方法でApple Payを選択した場合、 VISAのクレジットカードは「App内の支払いはできません」と表示されます。 しかし、これにも裏技が存在します。 Apple Payに取り込んだVISAカードでのアプリ内の支払いはできませんが、「Suicaアプリ」に登録できるクレジットカードは 「ビューカード(VIEWマークのついたカード)」のほか、「VISA」「JCB」「MasterCard」「American Express」「Diners Clubs」「JR東海エクスプレス・カード」の計7ブランドとなります。 (引用元:「Suica」アプリ内) つまり、Apple Payに登録してもアプリ内では使えない「VISAカード」が、この「Suicaアプリ」内であれば使えるということなんです。 ちなみに、上記の画像にもありますが、私はVISAつき楽天カードをApple Payに登録してみたら出来ました!噂ではVISAはApple Payに登録も出きない可能性があるという噂もあったので、かなり感動です。 もちろん VISAつき楽天カードはSuicaアプリに登録もできましたし、コンビニでも使うことができましたよ。 今なら「楽天カード新規入会&1回利用でポイントプレゼントキャンペーン」と題して、楽天カード新規入会と利用で、もれなく5,000円相当ポイントが得られるキャンペーン中のようです。 私の時もあったのかなぁ。 楽天カードでコンビニの買い物が簡単に出来ただけでなく、Suicaアプリで新たに作ったSuicaをApple Payに登録し、改札を通ってみた結果…スッと通れて、かなり快感でした!無駄にテンション上がっちゃいましたよw 今までモバイルSuica使ってた人は「やっとiPhoneもモバイルSuica対応したのかー」という感想かもしれませんが、今までiPhoneを使ってきた私としては、すごく新鮮な気持ちで、改札を通るたび感動の1日となりました。 あなたも是非、試してみてくださいね。 0 mm 幅71. 4 mm 厚さ8. 1 mm 重量188 g ・iPhone11 Pro MAX:高さ158. 0 mm 幅77. 8 mm 厚さ8. 1 mm 重量226 g ・iPhone11高さ150. 9 mm 幅 75. 7 mm 厚さ8. 3 mm 重量194 g.

次の

iPhoneXSにSuicaを入れ登録する方法と使い方|チャージのやり方やコンビニなどの使い方|iPhone村

スイカ iphone 登録

電車やバスの乗車• 買い物の支払い• 定期券、グリーン券の購入• JR東海のエクスプレス予約サービス• Suicaへのチャージ• オートチャージ(ビューカード登録時) ただしiPhoneのSuicaは、年会費無料&複数のSuicaを登録して使い分けできるのがメリットです。 iPhoneでSuicaを利用するには、大きく分けて以下の2通りの方法があります。 SuicaアプリからSuicaを新規発行する• Walletアプリから手持ちのSuicaカードを取り込む どちらも電車やバスの乗車、お店の支払い、チャージなど、基本的な機能は同じです。 ただし「SuicaアプリでSuicaを発行(その後Walletアプリに自動登録)」と「WalletアプリにSuicaカードを取り込み」では、Suicaの使い勝手が少し違います。 今回は初めてiPhoneでSuicaを利用する人向けに、設定方法や使い方を分かりやすく解説します。 Apple Pay対応の機種かどうか確認 iPhoneやApple WatchでSuicaを使うには、その機種がApple Payに対応していることが必須条件です。 iPhone:iPhone7以降• Apple Watch:Apple Watch Series2以降 Apple PayはiPhone7以降やApple Watch2以降に標準搭載されている機能です。 キャリア(au、docomom、Softbank)、SIMロック解除済み、SIMフリー、いずれの端末でも問題なく利用できます。 ただし、iPhone7とiPhone7Plus、Apple Watch2は、国内発売されたモデルのみFeliCaに対応しています。 海外製のiPhone7を購入しても、Suicaは使えないので注意してください(iPhone8・Apple Watch3以降は海外版も対応)。 SuicaアプリとWalletの違いと登録方法 iPhoneでSuicaを利用するには、 Suicaアプリから発行と WalletアプリからSuicaカードの取り込みの2種類の方法があります。 Suicaカードやクレジットカード(プリペイドカード)の有無で、どちらの方法が使えるかが決まります。 Suicaアプリから発行 ・Suicaカードを持っていない ・Suica一体型のクレジットカードを使っている ・Walletに取り込めないSuicaカードを使っている ・手持ちのSuicaカードは今後も使いたい WalletアプリからSuicaカードを取り込み ・Suicaカードを持っている ちなみに、Suicaカードとクレジットカード(プリペイドカード)の両方とも持っていない場合は、Suicaカードを入手後、Walletアプリから取り込みます。 クレジットカードなどを登録していないので、アプリ上からチャージはできません。 駅のチャージ機やコンビニなどで現金チャージをする必要があります。 SuicaアプリでSuicaを新規発行 Suicaカードがない、取り込みができないSuicaカードを持っている、手持ちのSuicaカードを今後も使いたい場合は、Suicaアプリから新規発行をします。 Walletアプリに取り込みができないSuicaカードは以下のとおりです。 Suica機能付きのクレジットカード(ビューカード)• 高校生以下の通学定期券• 割引定期券(障害者、特定者、普通職業訓練)• JR東日本以外で発行されたSuica• Suica付き学生証・社員証• ゆうちょICキャッシュカードSuica SuicaカードをiPhoneへ取り込みが完了すると、手元のSuicaカードは二度と使えません。 残高や定期券などを元のカードに戻せないので、注意してください。 SuicaアプリからSuicaを利用できるまでの手順をざっくり説明します。 App StoreからSuicaアプリをダウンロード• Suica発行をタップ• モバイルSuica会員規約・特約に同意する• 会員登録(メールアドレス、氏名、電話番号などを入力)• SuicaアプリやApple Payに登録したクレジットカードからチャージ金額を支払う• Apple PayにSuicaアプリを追加• エクスプレスカードにSuicaを設定• Suicaの発行が完了 App Storeからをダウンロードします。 Suicaアプリを起動すると[機種変更][Suica発行]の選択肢が表示されるので [Suica発行]をタップします。 新規発行のSuicaは、 Suica(無記名)、My Suica(記名式)、Suica定期券から選べます。 Suica(無記名)は会員登録なしでSuicaを発行できますが、 iPhoneの故障・紛失時に会員サポートが受けられません。 そのため、My Suica(記名式)またはSuica定期券を選択するのが無難です。 (My SuicaやSuica定期券を発行すると、今後、Suicaを追加するときに無記名Suicaは発行できません) 後からSuica定期券の購入は可能なので、しばらく定期券を利用する機会がなければ、My Suica(記名式)を選びます。 後は「モバイルSuica会員規約」「モバイルSuicaによる鉄道利用に関する特約」に同意して、会員登録画面で必要事項を入力します。 Suicaの新規発行には、 最低1,000円のチャージが必要になります。 会員登録画面で入力したクレジットカードやApple Payで支払いをします。 ちなみにJR東日本グループが発行するクレジットカード「ビューカード」を登録すると、Suicaのオートチャージ機能が使えます。 ビューカードにはSuica一体型もありますが、WaLletアプリで取り込んでも、クレジットカード情報のみ登録されてで、Suica機能は使えません。 またクレジットカードを持てない未成年の方でも、Apple Payに国際ブランド付きプリペイドカードを登録すれば、それからチャージ金額の支払いができます。 Apple Payに追加可能なプリペイドカードは3枚です。 au PAY プリペイドカード• dカードプリペイド• ソフトバンクカード いずれもau、docomo、SoftBankの各キャリアが発行する国際ブランド付きプリペイドカードです。 12歳以上ならば、審査不要で発行できます(年会費・発行手数料は無料)。 クレジットカードやプリペイドカードを持っていない方は、 Suicaカード(無記名式でOK)を購入して、iPhoneに取り込むのが最も手っ取り早い方法です。 Suicaカードの入手方法は下記の記事で詳しく紹介しています。 Suicaアプリを起動後、Suica発行から「Suicaカードの取り込み」を選択して、Suicaカード情報をFeliCaを通して取り込みます。 Suicaを取り込むと、 Suica ID番号(JEではじまる17桁の英数字)が変わります。 JRE POINT WEBサイトやタイムズなどでSuica ID番号を登録していた時は、変更手続きをします。 iPhoneでSuicaカードを取り込むと、Suicaカードは「無効」になり、今後、一切利用できません。 Suicaカードのデポジット代(預り金)の500円は、取り込み後に500円分の電子マネーとして加算されます。 デポジットはSuicaカードの使い捨て防止にあるので、無効になったSuicaカードはJR東日本に返却する必要はなく、自分で処分してOKです。 また記念Suicaカードの券面デザインは アプリに反映されないので、今後も使い続けたい場合は別カードを登録します。 iPhoneでSuicaをチャージする方法 iPhoneでSuicaにチャージする時は、以下の支払い方法が使えます。 Suicaアプリに登録したクレジットカード• Apple Payに登録したクレジットカードまたはプリペイドカード• オートチャージ(ビューカード限定)• 現金 VISAブランドのクレジットカードは一部を除き、Apple Payには登録できません。 一方で、SuicaアプリではVISAブランドのクレジットカードが登録できるので、手持ちのカードから簡単にチャージできます。 ビューカードを登録すると、Suica・PASMOエリアの改札口を通る際に、Suica残額が設定金額以下だと、一定金額が自動的に入金される オートチャージも使えます。 ちなみにコンビニやスーパーの店頭レジや、駅構内にあるICカードチャージ専用機・読み取り部付き券売機では、現金チャージも可能です。 その他Suicaへのチャージ方法については、下記の記事も参考になるかと思います。 あわせて読みたい: ビューカードからチャージでポイント還元率1. 5% JR東日本グループのビューカード株式会社が発行するクレジットカード ビューカードは、 Suicaと最も相性の良いクレジットカードです。 Suica定期券の購入、クレジットチャージ、オートチャージの利用で 1,000円ごとに15円相当のポイントが貯まります。 ポイントはJR東日本グループの共通ポイント JRE POINTで、Suicaに1ポイント=1円としてチャージできます。 ポイント還元率は1. 5%と、一般的なクレジットカードと比較してかなり高いです。 そのため、Suicaを積極的に活用したい方は、ビューカードがあると更にお得に使えます。 年会費が実質無料で使えるビューカード 数あるビューカードや提携カードの中でおすすめなのが ビックカメラSuicaカードです。 基本的にビューカードシリーズは年会費が有料ですが、ビックカメラSuicaカードは初年度無料、 2年目以降は 年1回以上のカード利用で無料になります。 カード利用が0回だと477円+税かかりますが、クレジットチャージを1回でも利用すれば無料になるので、非常にお得度が高いです。 SuicaアプリにビックカメラSuicaカードを登録することで、オートチャージも使えます。 ビックカメラやコジマ、ソフマップでの買い物が少ない人でも• iPhoneのSuicaでオートチャージが使える• 年会費実質無料でビューカードが持てる の2点だけでも持つべき価値は高いと思います。

次の