バイオハザード 中段チェリー。 バイオリべレ ART中に中段チェリーを引くと…確率や恩恵等 | タンクロウ412のパチンコスロット、について

パチスロバイオハザード5 確定役(中段チェリー・確定ベル)を引くタイミングと恩恵

バイオハザード 中段チェリー

ボーナス&ART間810G消化orART非当選のボーナス15連続でARTに当選します。 0 97. 5 98. 1 101. 3 103. 8 106. 9 108. ボーナス中の効果音発生時はレア役示唆となるので、小役狙い手順で消化するよう注意です。 モードA滞在時 設定1~6 モードA モードB モードC ハズレ 98. 弱チェリー・スイカがモード昇格のメイン契機となるので、成立時は戦慄状態移行に期待ですね。 また、設定変更後はモード移行率が優遇されています。 設定1 0. 毎ゲーム成立役不問で移行抽選&転落抽選を行い、低モードほど戦慄Rへ移行しやすく、高モードほど戦慄移行時の滞在G数が長くなるという特徴があります。 モードA滞在時 設定1~6 非当選 戦慄S 戦慄D ハズレ 99. 設定変更・ボーナス・ART後は偶数かつ高設定ほど戦慄状態へ移行しやすくなっているので、一応覚えておくといいと思います。 移行時は最低10~30Gの保証ゲーム数があり、成立役に応じて保証ゲーム数上乗せ抽選を行います。 ボーナス成立時のART当選率 状態 当選率 通常 0. 1~6. ART間のボーナス回数に応じて戦慄状態抽選も行われていて、当選した場合は戦慄状態中に成立したボーナスと同じ扱いを受けることが出来ます。 基本的にはハマるほどチャンスとなっていますが、高設定は3回以内の戦慄状態当選率が優遇されていますね。

次の

【バイオハザード リベレーションズ】初打ちからの中段チェリー果たして結果は?

バイオハザード 中段チェリー

バイオハザード6 リール配列 リール配列について 前作の赤7の立ち位置が青7に変化して、赤7は純粋なボーナス絵柄となりました。 その他に目に付く部分は、特にありません。 まず、左リールはBAR狙いでチェリーをフォロー。 停止型によって上記を参考に打ち分けましょう。 ちなみに、中段チェリーを除くチェリーは内部的にリプレイ。 なので、ジュアビモード中はリプレイからチェリーに変異する場合があります。 また、チャンス目が成立した際はリールフラッシュが発生するので覚えておくと良いでしょう。 に きくし より• に ベン より• に きくし より• に ベン より• に きくし より• に ベン より• に きくし より• に バナナまん より• に きくし より• に 通りすがり より• に きくし より• に きくし より• に きくし より• に きくし より• に アカギ より• に 沖ドキ負債30万円 より• に より• に にゃーさ より• に きくし より• に きくし より• に ゆん より• に たなか より• に きくし より• に ゆん より• に きくし より• に ナカム より• に きくし より• に ピーチは学習能力の無いクズ より• に きくし より• に rh より• に きくし より• に はらだ より• に きくし より• に はらだ より• に きくし より• に たけお より• に より• に きくし より• に きくし より• に 星 より• に 星 より• に きくし より• に 道流 より• に きくし より• に 道流 より• に きくし より• に 道流 より• に 道流 より• に きくし より•

次の

ボーナス概要:パチスロ バイオハザード リベレーションズ

バイオハザード 中段チェリー

【ボーナスがART当選のメイン契機】 ボーナスは当選時と消化中にARTが抽選され、終了後の判定演出(4種類)で当否が告知される。 消化中の抽選は成立役に応じて期待度が異なり、バトルの展開で期待度が示唆される。 [ボーナス告知時のパターン] パーカー出現(ミッション)<ボスクリーチャー出現(バトル)の順で期待度がアップする。 昇格するほど期待度がアップしていき、エピソードまで行けばART確定!? 基本的に判定演出中の小役は通常時と同じ抽選値だが、強ベルorボーナスを引けばART確定となる特典がある。 [各判定演出の種類は複数アリ] 大まかな系統は4種類だが、滞在ステージなどによって以下のように見た目が変化する。 クリーチャーは3種類で、それぞれに弱点となる小役が存在する。 また、消化中は設定示唆だけでなくアビスシリンダーの色で成立役などが示唆される。 青く発光すればチェリー以上濃厚。 レインボーになれば結合以上濃厚となる。 4 同色ボーナスの2割以上がリプレイとの同時当選! 【マシンガンの初期弾数に注目】 パンデミックバトルでマシンガンが選択かつ勝利以上の時にのみ設定示唆のゾロ目初期弾数が表示される可能性アリ。 限られた条件下のみの要素だが、確認できれば設定6濃厚となる。 また、設定6はどの契機でも戦慄状態移行が優遇されているところがポイントといえる。 高設定ほど通常3の割合が多いためチャンスとなる。 モードアップのメイン契機はチェリーとスイカで、転落はレア役以外で抽選される。 戦慄状態Dなら長い規定ゲーム数が選ばれやすくなる。 「通常モードごとに変化するのはレア役以外の移行率」 レア役における戦慄状態移行率は一律となっており全モード共通(メインはスイカ)。 モードごとに異なるのはハズレ/リプレイ/押し順ベル/共通ベルの4種類となる。 1契機での移行率はモードごとに0. 3〜4. 戦慄状態ごとに保証ゲーム数が決まっており、消化中は小役による継続ゲーム数上乗せ抽選がおこなわれる。 ラスト4〜6G目の告知は設定4以上でのみ発生する可能性がある。 2つとも赤なら上乗せ以上、1つでも紅葉柄があれば(必ず右側に出現かつ選択)ボーナス以上、2枚とも紅葉柄ならアビスモード濃厚となる。 スルー回数に応じて期待度が異なり、15回目まで行くと天井=ARTが確定する。 「スルー回数のポイント」 ・5回目/7回目/9回目/11回目以降は期待大 ・設定変更時は内部的に10回目からスタート(ボーナス6回で天井) ・設定変更後のART終了後もリセット抽選に当選するまで上記状態をキープ 「設定変更後はかなり狙い目」 設定変更後は内部的にスルー回数10回目からスタートするため6回目のボーナスが天井。 さらに期待度の高い11回〜14回目で当選することも多い。 また、ART終了後は約40. 最終的にARTレベル・PBモードに応じてART中のステージが選択。 ステージはセット開始時に決定! 「ARTレベル4時はA or Bのどちらかが選択」 最上位のレベル4が選ばれた時は、さらに抽選でA or Bのどちらかに分岐。 ARTレベル4-Bは上位のPBモードの選択率が高く、ARTロング継続の期待度が非常に高い。 正確には甲板が2連続して、3連目が内部的に甲板になった場合に抽選されるという流れだ。 これらの書き換えパターンによってARTレベルを推測することができる。 また、変化したBGMでARTレベルを推測することが可能だ。 43 期待度…90. 76 期待度…42. 34 期待度…73. 68 期待度…87. 73 期待度…63. 発生した時点で勝利以上となる。 ショットガン以上では必ずPUSHボタンが表示され、色で期待度が示唆される。 勝利時の大半は最終ゲームでの告知となるが、最終ゲーム以外の振り分けも存在する。 20 44発…0. 【下パネルが消灯すれば勝利濃厚!】 パンデミックバトル中に下パネルが消灯するタイミングは5つあり、いずれも勝利以上濃厚となる。 前者は赤以上なら継続確定、紫や虹は継続確定だけでなく「高継続率」であることが示唆される。 PZ中の演出パターンは「演出なし」と「最終ゲーム煽り」を含め全部で5パターンとなる。 「演出ごとにフリーズ濃厚法則が満載」 最終ゲームで煽りが発生しなければボーナス、ウインドウ会話でベルが揃えばフリーズ確定、ゼノビアシャッターはほぼフリーズ以上などなど超激アツパターンが多数存在している。 全契機共通で第3停止時の割合が高くなっている。 【成立役と演出の組み合わせに注目】 アビスモード中は基本的に白7揃いで上乗せとなるが、その他の役でも抽選がおこなわれている。 期待度は成立役と演出の組み合わせによって異なり、心音や感染PUSHは発生した時点で上乗せ濃厚だ。 楽しくて仕方ない!.

次の