髭 剃り オススメ。 【2020年版】超深剃りしたい人だけにおすすめな電気シェーバー5選

【2020年版】超深剃りしたい人だけにおすすめな電気シェーバー5選

髭 剃り オススメ

By: ヒゲのお手入れには、T字カミソリや電気シェーバーがよく使われます。 それぞれ特徴が大きく異なるため、自身に合うモノを選んだり、用途や肌の状態によって使い分けたりするのがおすすめです。 T字カミソリは、価格が安く手軽に使えるのが大きな魅力。 小回りが利くほか、手の力加減で剃れるため、剃り残しを防げます。 また、頻繁に刃を交換しても、金銭的な負担になりにくいのもメリット。 さらに、シェービングフォームなどと組み合わせて使用することで、爽快感を得られるのもポイントです。 一方電気シェーバーは、刃を直接当てないため、肌を傷つけにくいというメリットがあります。 T字カミソリよりも高価な製品が多いですが、その分優しい当たりでしっかりと深剃りできるのが魅力です。 T字カミソリの選び方 刃の枚数で選ぶ 髭が薄い方は「3枚刃以下」がおすすめ By: 3枚刃以下のT字カミソリは、しっかり深剃りできるのが魅力。 ヒゲが濃くしっかり剃りたい方におすすめです。 また、刃の枚数が少ないほどヘッド部分が小さいのが特徴。 もみあげやフェイスラインなど細かい部分も快適に剃れます。 さらに、刃の隙間が広めなので剃ったヒゲが詰まりにくく、手入れも簡単。 3枚刃以下のT字カミソリはシンプルな構造なので、使い捨てや安価なモノに多いタイプです。 ただし、1枚刃は力がダイレクトに伝わるので刃の角度や加減が難しく、横すべりするとスパッと切れることがあるので注意が必要。 T字カミソリに慣れていない方は2枚刃以上がおすすめです。 圧力が分散できるうえ、前の刃の剃り残しを後ろの刃がカバーします。 髭が濃いめの方は「4枚刃以上」がおすすめ By: T字カミソリは刃の枚数が増えるほど1枚の刃にかかる圧力が分散され、肌への負担が軽減されます。 例えば5枚刃なら、1枚の刃にかかる圧力は5分の1程度。 1枚の刃が剃る力は弱いものの、後の刃がヒゲを起こしながら剃り残しをカバーできるので、よりキレイな仕上がりが期待できます。 テクニックを必要とせずラクに剃れるため、T字カミソリを使い慣れていない方は刃の枚数の多いモノを選びましょう。 スムーズな切れ味と剃った肌への負担が少ないのが魅力の4~5枚刃ですが、替え刃の価格が1〜3枚刃に比べて高いのがデメリット。 また、刃の枚数が多いほどヘッドが大きくなるため、細かい部分が剃りにくいのが難点です。 手動か電動かで選ぶ By: T字カミソリを使用するシチュエーションによって「替え刃タイプ」と「使い捨てタイプ」で選ぶのもポイントです。 替え刃タイプは、ヘッドの取り換えが可能。 切れ味がよく、肌へのダメージを軽減する構造に設計されている刃や、持ちやすく操作しやすいグリップなど、機能面に優れているのが特徴です。 切れ味が落ちてきたら、新しい刃に取り換えて使用できるので、家庭用に適しています。 使い捨てタイプは、ヘッドが本体と一体化したカミソリです。 刃が劣化すれば、カミソリそのものを取り替えます。 コンパクトで軽量なので、携帯に便利なのが特徴。 性能や機能は替え刃タイプよりも劣るものの、価格も安いため、外出先などでの簡易カミソリとして重宝します。 首振り機能の有無をチェック 5層構造の特殊な刃により肌の負担を軽減する、3枚刃のT字カミソリ。 薄く高性能な刃を採用しているため、無理なく快適な深剃りが可能です。 さらに、スプリング機能も搭載し、肌に合わせて圧力を調節。 剃り心地のよいシェービングを実現します。 また、人間工学に基づくハンドル構造で、濡れたグリップでも握りやすい設計。 本体は裏から水で洗い流せるので、目詰まりをしにくく、手入れが簡単なのも魅力。 肌に優しく、3枚歯以下のタイプでも手軽に深剃りができるT字カミソリを使用したい方におすすめのモデルです。 振動を3段階に調節できる、電動タイプで5枚刃のT字カミソリ。 肌の調子やヒゲの生え具合によって「低」「中」「高」の振動レベルに設定可能です。 電源をONにした状態でもワンタッチでレベルが切り替えられるので、スムーズにシェービングできます。 濃厚なジェルで、刃と肌の摩擦を軽減し、滑らかな剃り心地を実現します。 また、スキンガード付きの5枚刃により、刃の間に肌が入り込むのを抑え、波打つ肌の動きもコントロール。 さらに、ヘッド下部に備わっている「パラレルフィン・ガードバー」が、肌に吸い付き、深剃りを実現。 ヘッド上部は後ろに倒せばコンパクトになり、鼻の下や唇周辺、モミアゲといった剃りにくい部分の使用におすすめです。 By: 当然のことながら、カミソリは使えば使うほど刃が劣化します。 水を使用するとサビてしまう場合もあり、一定期間で刃の交換が必要です。 交換の目安は、毎日使用したとして2週間程度。 しかし、使った後のメンテナンスによっては、T字カミソリの寿命を伸ばせます。 ヒゲを剃った後は、流水や溜めた水でしっかりと刃に詰まった毛や皮脂などを振り落としましょう。 このとき、カミソリを洗面台などに叩きつけると、ヘッドやボディのパーツを損傷させてしまう場合もあるので注意が必要です。 洗い流したらタオルなどの生地に、剃るのとは逆方向で刃の背を沿わせるように滑らせて水分を拭き取ります。 刃の表面や隙間に残っている毛やゴミなども取り除き、乾かした状態でケースに保管しましょう。

次の

T字カミソリのおすすめランキング30選。深剃りもできる優れモノ

髭 剃り オススメ

Table of Contents 目次• はじめに 目を覚まし朝食を食べ歯磨きをし、ヒゲを剃る。 しかしどこか満足できない。 何に? 髭の剃り跡にだ。 鏡で髭があった箇所を見ると、青っぽくなっており、触ってみるとまだ少し剃れそうな気もする。 そこでもう一度剃ってみるが、先ほどと見た目や触り心地は変わらない。 なぜなのだろうか? 自分のヒゲの生え方や濃さが悪いのだろうか? 確かにその可能性もある。 だがもっと大きな原因が存在する。 シェーバーの質だ。 質の良いシェーバーに換えれば剃り跡は大きく変わる。 ひげが濃ければ濃いほど、その分変化は大きくなる。 ではどんなシェーバーを選べばよいのだろうか。 新しく買い換えようと思っても、たくさん種類があり、どれを買えばよいのか迷ってしまう。 通販サイトを探してみると評価の高いシェーバーは山ほどある。 その中から手ごろな値段のものを適当に選んでしまったりする。 しかし考えてもらいたい。 それら評価の高いシェーバーはすべて深剃りができるのか。 違う シェーバーの中にはヒゲが薄い人を対象にしたものも存在する。 ヒゲが薄い人はそのようなシェーバーを買い、肌への優しさに満足し高く評価する。 しかしそのシェーバーは深剃りには向いていない。 今回この記事で紹介するのはヒゲが濃い人だけに向けた 超深剃りが出来るシェーバーだ。 ヒゲを剃った後のザラザラがなくなるような。 カミソリで剃ったのではないかと間違えてしまうような。 清潔感のある男は モテる。 その清潔感に大きな影響を与えるのが ヒゲだ。 毎朝行う髭剃りを今までより快適にするため、 これから出会うすべての人に清潔感のある人だと思ってもらうため、 シェーバー選びには決して妥協しないでもらいたい。 今回超深剃り出来るシェーバーを選出するにあたって、重視したポイントが 3つある。 そのポイントについて説明した後、超深剃り出来るシェーバーを発表していく。 選ぶポイント 先ほど言った3つのポイントとは以下のものである。 切れ味は良いか• 肌にやさしいか• 手入れがしやすいか 詳しく解説する。 実はそれは間違いである。 深剃りが出来るか否かは シェーバーの形による。 深剃りできるものは 毛をうまく肌から押し出せるような形になっているのだ。 つまり切れ味が良くても、形状が悪ければ、深剃りは出来ない。 では深剃りが出来る形状ではあるが、切れ味の悪い場合にはどのようなことが起こるだろうか。 実は深剃り出来ない。 深剃りうんぬんの前にヒゲが切れないのだから。 上記の理由により、切れ味を深剃り出来るシェーバーを選ぶポイントの一つとした。 肌にやさしいか 髭剃りをして顔から髭が消えたとしても、そのせいで肌が荒れてしまうのなら意味はない。 肌荒れした男に清潔感を感じる者はいない。 肌に傷をつけ、そこに菌が繁殖し、ニキビが出来てしまうシェーバー。 剃った後に顔が真っ赤になってしまうシェーバー。 そんなものは今すぐに買い替えるべきだ。 手入れがしやすいか 手入れが難しいシェーバーを使っていたら、どのようなことが起きるのであろうか。 まず手入れをする頻度が下がる。 面倒くさいからだ。 その結果シェーバーには菌が繁殖し、刃の切れ味は落ちてしまう。 そして深剃りできなくなる。 もともとのスペックがどれほど高かったとしても、手入れをしなければ急激に質は下がっていく。 あなたは今現在週にどれくらい手入れをしているだろうか。 中には1度もしていないという人がいるかもしれない。 しかしそれはあなたが悪いのではない。 手入れが面倒くさいシェーバーの方が悪いのだ。 以上3つのポイントを加味してシェーバーを今回選んだ。 シェーバーの種類 シェーバーの種類を述べる上で2つの観点がある。 それが形状と刃の枚数だ。 形状 シェーバーの形状は大きく2つに分けられる。 往復式と回転式だ。 往復式 往復式のシェーバーは以下のような形をしている。 良く見かけるシェーバーだ。 このタイプは 深剃りがしやすく、剃りたい箇所を往復させるだけなので使いやすい。 回転式 回転式のシェーバーというものもる。 見た目はこんな感じだ。 こちらは往復式に比べて 肌にやさしく、 音が静かなことが特徴的である。 回転式の場合は円を描くようにしてシェーバーを動かして剃る。 どちらの方が深剃りに向いてる? 私はどちらのタイプのシェーバーも使ったことがあるが、 深剃りと早剃りにおいては往復式が勝っていると感じた。 「ピンポイントでここを剃りたい」と考えた時にも剃りやすいのは往復式だった。 また回転式を使ったことのない人は剃り方のイメージがわかないかもしれない。 実際往復式よりも使い方は複雑で使用説明書にも「慣れるまでには2週間ほどかかるかもしれない」と書かれていた。 回転式を使ったことのない方や、どちらを買おうか迷っている方は往復式を買うことをすすめる。 刃の枚数 また 刃の枚数も選ぶ際の基準になる。 刃の枚数は多い方が 早く剃ることが出来、さらに 肌への負担が少なくなるのでおすすめだ。 しかし高性能な分値段も高くなるので、慎重に選ぶ必要がある。 オススメのシェーバー 以上、選ぶ際の3つのポイント、形状、刃の枚数をふまえて、購入すべきシェーバーを「肌が強い人向け」と「肌が弱い人向け」にピックアップした。 ヒゲが濃く、肌が強い人むけ ブラウン シリーズ7 7893s 3枚刃。 肌に密着しやすい形状をしていることに加え、異なる形状をした3つの刃によって、どのような生え方をしている髭に対しても深剃りを可能にする。 人工知能のテクノロジーを利用し、髭が濃い部分では自動的に出力パワーが増す。 また押し付けすぎによる肌へのダメージを防ぐためのガードも付いており、肌への優しさも持っている。 防水設計になっており本体を水で丸洗いできるため、手入れに手間がかからない。

次の

ブラウンのシェーバーのおすすめ人気ランキング15選【2020年最新版】

髭 剃り オススメ

Table of Contents 目次• はじめに 目を覚まし朝食を食べ歯磨きをし、ヒゲを剃る。 しかしどこか満足できない。 何に? 髭の剃り跡にだ。 鏡で髭があった箇所を見ると、青っぽくなっており、触ってみるとまだ少し剃れそうな気もする。 そこでもう一度剃ってみるが、先ほどと見た目や触り心地は変わらない。 なぜなのだろうか? 自分のヒゲの生え方や濃さが悪いのだろうか? 確かにその可能性もある。 だがもっと大きな原因が存在する。 シェーバーの質だ。 質の良いシェーバーに換えれば剃り跡は大きく変わる。 ひげが濃ければ濃いほど、その分変化は大きくなる。 ではどんなシェーバーを選べばよいのだろうか。 新しく買い換えようと思っても、たくさん種類があり、どれを買えばよいのか迷ってしまう。 通販サイトを探してみると評価の高いシェーバーは山ほどある。 その中から手ごろな値段のものを適当に選んでしまったりする。 しかし考えてもらいたい。 それら評価の高いシェーバーはすべて深剃りができるのか。 違う シェーバーの中にはヒゲが薄い人を対象にしたものも存在する。 ヒゲが薄い人はそのようなシェーバーを買い、肌への優しさに満足し高く評価する。 しかしそのシェーバーは深剃りには向いていない。 今回この記事で紹介するのはヒゲが濃い人だけに向けた 超深剃りが出来るシェーバーだ。 ヒゲを剃った後のザラザラがなくなるような。 カミソリで剃ったのではないかと間違えてしまうような。 清潔感のある男は モテる。 その清潔感に大きな影響を与えるのが ヒゲだ。 毎朝行う髭剃りを今までより快適にするため、 これから出会うすべての人に清潔感のある人だと思ってもらうため、 シェーバー選びには決して妥協しないでもらいたい。 今回超深剃り出来るシェーバーを選出するにあたって、重視したポイントが 3つある。 そのポイントについて説明した後、超深剃り出来るシェーバーを発表していく。 選ぶポイント 先ほど言った3つのポイントとは以下のものである。 切れ味は良いか• 肌にやさしいか• 手入れがしやすいか 詳しく解説する。 実はそれは間違いである。 深剃りが出来るか否かは シェーバーの形による。 深剃りできるものは 毛をうまく肌から押し出せるような形になっているのだ。 つまり切れ味が良くても、形状が悪ければ、深剃りは出来ない。 では深剃りが出来る形状ではあるが、切れ味の悪い場合にはどのようなことが起こるだろうか。 実は深剃り出来ない。 深剃りうんぬんの前にヒゲが切れないのだから。 上記の理由により、切れ味を深剃り出来るシェーバーを選ぶポイントの一つとした。 肌にやさしいか 髭剃りをして顔から髭が消えたとしても、そのせいで肌が荒れてしまうのなら意味はない。 肌荒れした男に清潔感を感じる者はいない。 肌に傷をつけ、そこに菌が繁殖し、ニキビが出来てしまうシェーバー。 剃った後に顔が真っ赤になってしまうシェーバー。 そんなものは今すぐに買い替えるべきだ。 手入れがしやすいか 手入れが難しいシェーバーを使っていたら、どのようなことが起きるのであろうか。 まず手入れをする頻度が下がる。 面倒くさいからだ。 その結果シェーバーには菌が繁殖し、刃の切れ味は落ちてしまう。 そして深剃りできなくなる。 もともとのスペックがどれほど高かったとしても、手入れをしなければ急激に質は下がっていく。 あなたは今現在週にどれくらい手入れをしているだろうか。 中には1度もしていないという人がいるかもしれない。 しかしそれはあなたが悪いのではない。 手入れが面倒くさいシェーバーの方が悪いのだ。 以上3つのポイントを加味してシェーバーを今回選んだ。 シェーバーの種類 シェーバーの種類を述べる上で2つの観点がある。 それが形状と刃の枚数だ。 形状 シェーバーの形状は大きく2つに分けられる。 往復式と回転式だ。 往復式 往復式のシェーバーは以下のような形をしている。 良く見かけるシェーバーだ。 このタイプは 深剃りがしやすく、剃りたい箇所を往復させるだけなので使いやすい。 回転式 回転式のシェーバーというものもる。 見た目はこんな感じだ。 こちらは往復式に比べて 肌にやさしく、 音が静かなことが特徴的である。 回転式の場合は円を描くようにしてシェーバーを動かして剃る。 どちらの方が深剃りに向いてる? 私はどちらのタイプのシェーバーも使ったことがあるが、 深剃りと早剃りにおいては往復式が勝っていると感じた。 「ピンポイントでここを剃りたい」と考えた時にも剃りやすいのは往復式だった。 また回転式を使ったことのない人は剃り方のイメージがわかないかもしれない。 実際往復式よりも使い方は複雑で使用説明書にも「慣れるまでには2週間ほどかかるかもしれない」と書かれていた。 回転式を使ったことのない方や、どちらを買おうか迷っている方は往復式を買うことをすすめる。 刃の枚数 また 刃の枚数も選ぶ際の基準になる。 刃の枚数は多い方が 早く剃ることが出来、さらに 肌への負担が少なくなるのでおすすめだ。 しかし高性能な分値段も高くなるので、慎重に選ぶ必要がある。 オススメのシェーバー 以上、選ぶ際の3つのポイント、形状、刃の枚数をふまえて、購入すべきシェーバーを「肌が強い人向け」と「肌が弱い人向け」にピックアップした。 ヒゲが濃く、肌が強い人むけ ブラウン シリーズ7 7893s 3枚刃。 肌に密着しやすい形状をしていることに加え、異なる形状をした3つの刃によって、どのような生え方をしている髭に対しても深剃りを可能にする。 人工知能のテクノロジーを利用し、髭が濃い部分では自動的に出力パワーが増す。 また押し付けすぎによる肌へのダメージを防ぐためのガードも付いており、肌への優しさも持っている。 防水設計になっており本体を水で丸洗いできるため、手入れに手間がかからない。

次の