意向 意味。 「ご意向」の意味と使い方・例文と尊敬表現|沿う/お聞かせ

意思と意志と意向と意図と遺志の違い|起業・独立ガイド

意向 意味

意思の意味と用法 意思(いし)は、何かをしようとするときの元となる心持ち(思い・考え)、また法律上は、一定の法律効果を発生させようとする意欲をいいます。 これは、心の中の思い、気持ち、考えを意味する「意(い)」と、細々と考える、おもいめぐらすを意味する「思(し)」からなる用語で、日常的には、思いや考えの意味に重点を置いた場合に用いられるほか、法律用語としてもよく用いられます。 <意思の用法> ・今後協議を重ねても、住民の意思は変わらない ・本人の意思を尊重し、引退を受け入れることにした ・自分の意思をしっかりと持って活動することが大切だ 意志の意味と用法 意志(いし)は、英語では「will」が該当し、目的のはっきりした考え、物事をなしとげようとする積極的なこころざしをいいます。 これは、心の中の思い、気持ち、考えを意味する「意(い)」と、こころざしを意味する「志(し)」からなる用語で、日常的には、「意志を貫く」や「意志を固める」、「意志が強い」など、何かをしよう・何かをしたいという気持ちを表す場合に用いられます。 一般に意志は、心理学では、価値の感情を伴う目的動機に促され、その目的の実現によって終わる一連の心的プロセス(精神の働き)などと定義され、知性や感情に対立する精神作用の一つとされます。 また、 哲学では、ある目的を実現するために、自発的で意識的な行動を生起させる内的意欲などと定義されます。 <意志の用法> ・意志あるところに道は開ける ・大切なのは本人の意志を尊重すること ・最後まで自分の意志を貫くことができた 意向の意味と用法 意向(いこう)は、どうするつもりかという考えをいいます。 これは、心の中の思い、気持ち、考えを意味する「意(い)」と、心がめざすを意味する「向(こう)」からなる用語で、日常的には、人だけでなく、政府や行政機関、企業などの主体でも使われます。 <意向の用例> ・原因究明と再発防止を図る意向を表明した ・再選を目指して無所属で立候補する意向を表明した ・上司の意向に逆らうことができない企業風土が存在した 意図の意味と用法 意図(いと)は、何かをしようとすること、こうしようと考えていること、何らかの狙いをいいます。 これは、心の中の思い、気持ち、考えを意味する「意(い)」と、思いはかるを意味する「図(と)」からなる用語で、日常的には、何らかの行動と関係のある狙いなどを述べる場合に使われます。 また、「意図的」といった場合、何かの目的があって、わざとそうするさまをいいます。 <意図の用例> ・発言の意図については明確にしていない ・相手の意図を先読みしながら対応していく ・領空侵犯は意図したものではないと説明を受けた 遺志の意味と用法 遺志(いし)は、生前の意志や故人が果たさないで残したこころざしをいいます。 これは、死後に残すを意味する「遺(い)」と、こころざしを意味する「志(し)」からなる用語で、通常、意思や意志などと異なり、生きている人に対しては使われません。 <遺志の用例> ・父の遺志を受け継ぎ、店を継いだ ・僕らが遺志を引き継いで伝えていきたい ・故人の遺志を尊重し、最後は静かに送り出した 意思と意志と意向と意図と遺志の違い 最後に「意思」と「意志」と「意向」と「意図」と「遺志」の違いをざっくりとまとめると、以下のようになります。 また、「意思」は、法律用語として用いられることも多い。

次の

「ご意向」の意味と承知・確認の使い方、類語・同義語、英語とは?

意向 意味

教師用メモ 意向形の作り方 変換練習はFC フラッシュカード が便利です。 以下のリンクを押すと、無料でダウンロードできます。 形式はpdfです。 できるクラスなら丁寧形普通形と言ってもいい 2.「」の普通形は「V意向+か」になる。 近くても明日が限度。 しかし Q:学校が終わったら何する? A:本屋に行こうと思ってるんだけど、一緒に行かない? などはいい。 誘われた人が来るかどうかまだ決まっていないからだ。 導入・練習 T:いつか私は外国に住みたいです。 10年前に中国に住んでいたとき、決めました。 板書 外国に住もうと思っています T:2000年に思いました。 それから、ずっと思っています。 今も外国に住もうと思っています。 「住もう」はV意向ですから、将来です。 将来外国に住もうと思っています T:皆さんはどうですか。 Qもう~ましたか Aいいえ、まだVテいません。 L31では非扱。 お正月は国へ帰りますか• 国まで船で帰りますか• 先生が結婚したら、結婚式に行きますか• 結婚したら、両親と一緒に住みますか• やめますか S:たばこが高くなっても、やめないつもりです• たばこが高くなったら、やめるつもりです• 今度国へ帰ったとき、友達に会いますか• 学校を卒業したら、大学に入りますか• 日本語が上手になったら、アルバイトを始めますか• 30歳までに結婚しますか• 公的意味の日程など。 本人の意志とは関係なく決定した事、最終的に決定したのが本人ではない場合に用いられる 以上秘訣より だが、そうでない場合も実際にはある。 しかし、あまりそうでない場合を言うと、ツモリとの区別があいまいになってしまうので、控える。 「思っている」「つもり」は日時など確定していない。 火曜から働きません 火曜から働いていません ではまったく意味が違う。 この2文を使って練習後などしっかり説明しないと、大変なことになる.

次の

「意向」の意味とビジネスでの使い方、類語「希望」との違いは?

意向 意味

ビジネス文書で、相手の期待通りに取り組むことを伝える時、「意向に沿う」と書くか「意向に添う」するか。 どちらの漢字を使うのが正しいのか迷った方はいらっしゃいませんか。 筆者の場合、どちらでもいいだろうと軽く考えていたのですが、電子辞書 SHARP・パピルス の広辞苑で「意向」と引くと、「意向に添う」とありました。 しかし、辞書にこう書いてあるのだから「添う」が正しい、ハイ終わり。 ではあまりにも味気ないと思いました。 これは「意向」の言葉をどのように使うか、というあくまで一例が書かれているだけであって、「沿う」を使うことを否定する記述は一切ないからです。 もしかしたら、「意向に沿う」でも全く問題がないのかもしれない可能性もありますし、一方で「意向に沿う」は誤りなのかもしれません。 では、ここではあえて2つの違いを調べていきたいと思います そもそも「意向」とは? 「意向」とは、ある件について、これからどのようにするかというその人の考えを示すものです。 どちらかというと、この言葉は改まった会話や文書に用いられるケースがほとんどです。 「意向に沿う・添う」の「意向」と似た意味の言葉で「意図」という言葉があります。 しかし、「意図」だとその人の計画性や積極性が高い語感が生まれてしまいます。 「意向」はそこまで強い計画性を帯びる言葉ではありません。 また、「意思」も「意向」に似ていますが、「意思」よりも「意向」の方が心の向かう先が未来へ向かっていて、その時点に対する期待・願望の意味合いが濃くなります。 つまり、現時点から未来へ向かって能動性・積極性がやや抑えられた期待や願望を「意向」と言います。 ではそうした「意向に沿う」のが正しいのか、はたまた「意向に添う」か。 「沿う・添う」は同じ? 辞書によっては、これらを並べて同じ意味とするものもあります。 もちろんそれは間違いではないのでしょう。 となると「意向に沿う」も「意向に添う」もどちらでも正解のような気がしてきます。 ただ、この2つ、細かく見ていくと違いがありました。 対象から離れないように何かが移行する際は「川に沿った道」「車が海岸線に沿って走る」と書き、「添う」では不適切です。 「添う」は対象から何かが外れずに付け加えられるときに使います。 「子の付き添い」や「身に威厳が添う」などです。 これに「沿う」を使用すると不自然です。 特に対象が線状である必要はありません。 「沿う」を使用する際は、「長く連なるものから離れずに進んだり続いたりする場合に「沿」を使う」と辞書には記載されていました。 また「沿う」は「添う」に比べて対象となるものが線状のものを連想させます。 では、「意向」は長く連なるものか、線状のものか否かという話になってきます。 もし意向が線状のものでしたら「意向に沿う」方が「意向に添う」よりしっくりくることになります。 そんなことは決められませんよね。 ただ、「意向」を長いものとみるかどうかは正直分かりません。 誰にも決められないのではないでしょか。 自分や相手の希望を長い線状のものと、そもそも意識していないでしょう。 現時点から未来へ向かって能動性・積極性がやや抑えられた期待や願望を「意向」というので、この言葉には時間の流れもわずかに含まれるという側面があります。 その時間の流れをまっすぐ線状のものと解釈し、「意向に沿う」とすることも可能かもしれませんが、時間の流れが主体ではないので、「意向」そのものが線状のイメージがあるかと問われると、やはり薄いでしょう。 しかし、あえて「意向」を長い線状のものとした場合、何とも感じないという方もいらっしゃるかもしれませんが、一方でなんだか冗長なイメージになり不快感を抱く方もいらっしゃらないとも限りません。 ここはいっそ「意向」を何らかの形としてイメージする見方をやめてみたほうがいいです。 キリがないですしね。 そうなると「意向」の言葉のイメージよりも「意向に沿う」と「意向に添う」。 これらの2つの相違点を見ていく方向で話を進めます。 「意向に沿う」の味 こうして見てみると、「意向に沿う・添う」というのは、「意向」が外部の方のものか、身内のものか、また「沿う・添う」のは誰なのかと考えてみると、使い方が変わってくるといえないでしょうか。 敬語表現は本当にややこしいですね。 気を付けているつもりでも、間違えてしまうこともあります。 自社内で、平の社員から上司や先輩に資料を渡すときに「部長、こちらの資料をご覧ください。 」と言います。 ただ、外部の方へ身内のことをお話する際、どんなに身内が自分より目上の立場であっても謙譲語を使うのがマナーです。 例えば、上司が外出しているときに突然の訪問客がやってきたとします。 こういったケースでは、お客様へ返答する際、「あいにく、〇〇 上司の苗字 はただいま社内におりません」と表現します。 上司は自分より目上ですが、「いる」の謙譲語「おる」を使わねばなりません。 身内をお客様に対して高めるような表現は避けたいものです。 当然のことをわざわざ書いて申し訳ないのですが、このことから考えると、「意向」が誰のもので、どんな相手に対して使うかで「意向に沿う・添う」を使い分けてみるのも一考を要すると言えます。 使い分けの一例を挙げてみました 例を挙げると、お客様や目上 身内 の方宛の文書で「意向に沿う・添う」を表現する場合。 「お客様のご意向に添うように努めてまいります」とすると、「添う」のおかげで、へりくだった奥ゆかしい雰囲気が出ます。 また「お客様のご意向に沿うように努めてまいります」とすると「意向に沿う」ぞ!というアクティブな印象になるのではないでしょうか。 また、お客様宛の文書で「意向」が身内の上司のものであるときには、これに従う社員が「添う」と使うと、どうでしょうか。 おそらく間違いではないのですが、さも社員は外部の方よりも自分の上司を第一にするというニュアンスになってしまうかもしれません。 また事と次第によっては、相手にこちらの方針に従っていただきたいケースもあるでしょう。 そうした際、「意向に沿う」を使うとよいでしょう。 「弊社・部長〇〇がお客様の要望をすべて伺いたいという意向を示しておりまして、私共もこれに沿いたい所存でございます」や「この件については、こちらの意向に沿っていただけると幸いです」と表現すると、敬語の問題もクリアしていると言えます。 そんなに神経質になる必要もない.

次の