グレン リベット 18 年。 グレンリベット18年を飲んでみた

グレンリベットの種類、味、値段、飲み方は?リンゴや洋ナシを思わせるウイスキー

グレン リベット 18 年

グレンリベットの歴史 長い歴史と数ある銘柄で多くのファンを魅了するスコッチウイスキー。 現在稼働しているだけでも100以上ある造り手のなかでも元祖として多くの飲み手から敬意を表されるのがグレンリベットです。 1824年、グレンリベットはスコットランドのハイランドにあるスペイ川流域にあるリベット川の近くに創設されました。 当時 スコットランドではお酒の製造に莫大な税金がかかり商売にならなかったため密造酒製造業者が盛んでした。 そこで政府は1823年に税率を緩和する政策をとり、続々と政府公認の酒造りが開始されます。 グレンリベット蒸留所の生みの親であるジョージスミスはいち早くこの政策を受け入れ、 スコッチウイスキーの蒸留所として初の政府公認となったのです。 言い換えればグレンリベットは 最古の公認蒸留所という名誉ある地位を得ることになったのです。 昔のグレンリベット12年の裏ラベルにはジョージスミスの肖像が載っている 政府公認のお墨付きを得たことでグレンリベットはいちやく スコッチウイスキーの代表格へとのし上がります。 グレンリベットは今も続く蒸留所のなかではじつとりわけ古い蒸留所ではありません。 たとえば有名なボウモア、ラフロイグといった蒸留所はもっと先に創業しています。 あくでも 政府公認蒸留所として初めてということなのですが、いまではスコッチの父、親などという表現がされるほどになりました。 良い悪いは別にしても国の公認で物事を進めるということの重大さが垣間見える面白いエピソードでもありますね。 高品質の証?グレンリベットの"ザ" 名誉ある政府初公認蒸留所になったグレンリベット。 しかしそれだけで今の地位に登りつめることはできないでしょう。 グレンリベットは発足当時から高いクオリティを持つウイスキーとして愛好家にも注目されていました。 政府公認でそのうえクオリティも高いとなっては同業者は太刀打ちできず、とにかく自社製品に箔を付けたいという一心で グレンリベットという名をグレンリベット蒸留所以外でも勝手に使うようになってしまいます。 ようは「グレンリベットとついていれば売れる」という発想に至ってしまったわけです。 そこまでブランド化されていたグレンリベットもすごいですが、結果的にグレンリベットを名乗るウイスキーがたくさん生まれてしまいます。 そこで1880年には2代目当主であるゴードン・スミスが GLENLIVETから THE GLENLIVETと名称を変更、THEをつけても許されるのは正真正銘のグレンリベットのみということで偽物は淘汰されていったそうです。 グレンリベットを味わってみよう グレンリベットは 非常にフルーティで華やか。 スムースな飲み口で飲みやすいのも特徴です。 基本となるのはグレンリベット12年。 まさしくすべてのスコッチングルモルトウイスキーのなかでも王道中の王道といった味わいで、洗練されているけれど芯のある味わいです。 香りを嗅いでみると 花の蜜や シトラス、 樽由来のバニラのような甘い香りもわらかく感じられます。 じっさいに味わってみると非常に メローで甘みがあり、すっと口に入っていきます。 クセはなく、 洋ナシやリンゴの分かりやすいフルーツが口内を支配したあとスッキリと切れ上がるように消えていくため飲み疲れしません。 クセもないのでウイスキーをはじめて飲むという方にもひとまず安心して勧められるというのは間違いないでしょうね。 グレンリベットの飲み方 グレンリベットは種類にもよりますが、特にスタンダードなラインナップであれば どんな飲み方にも適したオールラウンダーです。 ストレートでじっくりと香りと味を楽しむのもよいですし、ソーダや水で割っても分かりやすく味が伸びてくれるため美味しく楽しめます。 ウイスキーのなかにはプロが作らないと水割りやソーダ割りが美味しくならないウイスキーもありますが、グレンリベット12年などは比較的初心者が作りやすい バランスがとりやすい 銘柄だと思います。 特にウイスキー慣れていない方でこれからウイスキーを楽しめるようになりたいという方はグレンリベットを一本購入し、まずは水割りやソーダ割り、しだいにロック、ストレートと飲み方を変えて、まずはウイスキーに慣れ親しんでみるのもありでしょう。 Amazonでの買い物の機会が多い方はいちどAmazonチャージでAmazonギフト券で買い物するのがオススメ。 じつはいま 現金で5000円以上チャージするとチャージ額の最大2. 特にプライム会員だともらえるポイントが多くなるので、とよりおいしいです 1ヶ月の無料お試し期間中でも適用! で初回チャージのさいに1000円分のポイントまでついてきます。 現金払いなどいくつかチャージするさいの注意点はありますが、Amazonで買い物される方はメリットしかないのでぜひチェックしてみましょう。

次の

『ザ・グレンリベットシングルカスク2020』日本限定発売

グレン リベット 18 年

オリジナルはザ・グレンリベットであり、全てはそこに戻ってくるという内容 5秒でざっと読める目次• 洋梨やレモンを感じる。 味は ハチミツ。 口溶けなめらかなバニラ感。 一見複雑そうに見えるが、ザ・グレンリベット12は、最も高級かつ洗練されたモルトの一つです」-ポール・パカルト、Kindred Spirits社 追記:ファンダーズリザーブ 色 淡い金色 香り 甘いオレンジ 味 12年と比べるとピリっとした味わいが印象的。 樽材の味わいをよく感じる。 補足すると12年はそれでアリだと思う。 爽やかなシングルモルトかな。 15年は期待した通りのテイストだった。 結論、両方ともオイシイわ — Terry Suzuki terrythefunk 逆に、やや苦手な人の意見も 今年初買いはグレンリベット12年です。 開栓1番はワイン的な香りしました。 口に入れた直後は一瞬甘くその後は辛さとやや苦さで胃に行く感じです。 このタイプは初めてです。 私は量飲めないかも。 — ひまたに namitaro533 改めて『ザ・グレンリベット12年』はこんな人におすすめ!• ウイスキー初心者でスコッチウイスキーをまだ知らない人 スコッチ入門に最適• スモーキーさは苦手だから すっきり甘めが好きな人•

次の

ザ・グレンリベット18年

グレン リベット 18 年

ウイスキーを生産するのに完璧な自然環境にあったスコットランドのグレンリベット。 荒涼として人里離れた場所にあったその地は、19世紀の初め、酒の密造業者の隠れ場所にもなっていました。 ところが1822年、英国王ジョージ4世がスコットランドを公式訪問した際、名指しで所望したのがグレンリベットのウイスキーでした。 それを聞いた地元の男ジョージ・スミスは、1824年いち早く蒸留酒造業者のライセンスを取得し、公式にグレンリベットのウイスキーの製造と販売を開始。 そこから「ザ・グレンリベット社」の歴史が始まります。 創業時から変わらぬ伝統の製法と風土、選び抜かれた原材料と200年変わらぬマザーウォーター、そして熟練した職人たち、どれ一つ欠けても「ザ・グレンリベット」は生み出されません。 ピュアでクリーンな味わいと原料の風味を損なうことのないよう、風味や色のつきやすいシェリー樽の使用量を抑え、バーボン樽を多く使用。 樽熟成にこだわることで、エレガントで繊細な味わいの「本物のシングル・モルト・ウイスキー」を造りだしています。 ITEM INFORMATION 数々の品評会での受賞歴が品質の証し フルーツや花の甘美な香りに スパイシーな風味が溶け合った逸品 The Glenlivet 18YEARS OF AGE ザ・グレンリベット 18年 ザ・グレンリベット18年の豊かな味わいは、いくつか異なるタイプの熟成樽を組み合わせて熟成させることから生まれます。 ヨーロピアン・オークは香ばしさを、アメリカン・オークがトロピカルなフルーティさを加えるなど、それぞれの樽が役割を果たすことで、複雑味のある味わいに仕上げられます。 Tasting Note 凝縮されたフルーツと花の甘美な香りが調和し、完熟した洋ナシの香りも漂います。 軽いオーク香をベースにスパイスやオレンジの風味が溶け合い、ナッツの香ばしさやハチミツの味わいなど、多彩な味わいが重なります。 インターナショナル・スピリッツ・チャレンジ、ザ・スコッチウイスキーマスターズなど、数々の国際的な品評会で、金賞に輝いています。

次の