ロマサガrs 能力上限。 【ロマサガRS】ステータスの意味は?上限はある?愛や魅力について解説!【ロマサガ リユニバース】

小ネタ・必須知識

ロマサガrs 能力上限

「サガ」シリーズの歴代キャラクターが登場するスマホ向けRPG『ロマンシング サガ リ・ユニバース(ロマサガRS)』に、七英雄「ロックブーケ」の新スタイルが実装されました。 ロックブーケは『ロマンシング サ・ガ2』(1993年発売)において、皇帝であるプレイヤーの前に立ち塞がったボスであり、かつては世界を救った七英雄。 敵キャラクターにも関わらず、中二病の心をくすぐるパワーワードも相まって未だに高い人気を集めています。 紅一点のロックブーケは『ロマサガRS』で過剰なほど推されています。 『ロマンシング サ・ガ3』の主人公たちを中心にピックアップされたキャラクターを開放するシナリオですが、ここに「魔塔」ロックブーケが登場しました。 『ロマサガRS』では、シリーズ人気キャラクターほど多くのスタイルが登場します。 同じキャラクターでもスタイルが違えば、見た目や覚える技・術、元となる能力値の成長しやすさも変わるので、コレクション要素があります。 当然ながら、スタイルが多く実装されるのは歴代主人公やヒロインの女性。 しかし、例外的なのがロックブーケでした。 イラストのクオリティーも一際高い気がします。 ・SS[お兄様、見守っていて].

次の

『ロマサガRS』七英雄の紅一点・ロックブーケを語りたい!最強の美貌は見る者全てを虜にしてしまうのだ

ロマサガrs 能力上限

7月16日• 次回サガスカUDXガチャ スタイル、技、アビ、装備 追加。 詳細は実装後。 7月13日• 「最果ての決戦島」実装。 R杯はお休み。 SSボストン詳細入力済み• 「オルロワージュとの戦い」「ロマンシング大激戦 オルロワージュ 」攻略完了• 5月11日〜 無期限【緩募】• データの編集者を募集しています!(登録ユーザーの方々へ呼びかけ中)• このサイトはWikiのように複数の編集者でデータベースの編集ができるようになっています。 これまであまり積極的に増やしてきませんでしたが、最近アクセスも増えてきましたので募集いたします。 登録して使っていただいている方の中から、ぜひやってみたいという人いましたら までDMをください。 よろしくおねがいします。 とくに義務等はありませんが報酬もありません。 こまごました作業が好きでマジメな人は向いているかもしれません。 編集者でないと見れないデータもあります。 恒常的にプログラムの追加・修正をしています。 バグが多めかもしれません。 こまめにリロードしてご利用ください。 挙動がおかしい、反応しない、など気になるところありましたらお知らせいただけると助かります。 データの「削除」はあえてできないようにしているので、間違って登録したなど、消してほしいものがあれば連絡ください。 ステータス成長上限情報は「自身で直接確認したデータ」および「戦闘後の成長確認表示のSS(使用スタイル確定しているもの)」のみを信用して下さい。 カッコ「 」は半角で統一しています。 ふりがなはすべてひらがなで統一しています。 長音は読みに忠実にひらがなに変換してください。 当然ながらサイトプログラム作成、データベースroot管理• ここは僕しかできないことなので、できればここに集中したい。 新要素実装直後のキャラ・スタイル・スキル・アビ・攻略データ新規作成• ヒストリデータ作成• dpsデータ入力(時間がなくて手が回ってない)• 間違っている情報の修正 [全データ]• 見つけ次第、修正していただいてかまいません。 当面はDMなどでよろ)より提案してください。 「報告」タブの処理• 「処理中」のものを発見したら内容を吟味して、データに反映するか却下するかしてください。 成長限界値の調査、適用• 自分で育てたのはもちろん、ネット上に上がったスクショを見かけた場合、それ単体で確定できるものは反映してください。 その他足りないデータの補完(いろいろ)• アビリティの説明文が古いままになっているのを直す• メインの6話あたりまでの敵データがない• 各スタイルを街でつついたときのセリフの収集• ステータス成長限界データの編集方法• 作成中っス 日付 更新内容 2020年6月12日 出撃前エフェクトによる成長限界値判定の説明書を作成。 2020年5月29日 DPS計算のいろいろに対応。 補助技も発動するように。 2020年5月27日 コメント機能実装。 あらゆる情報に対してコメントを共有できるように。 2020年5月21日 テーマカラー変更。 壁紙変更。 2020年5月14日 全体レイアウト調整。 モバイルにゆるく対応。 2020年5月14日 スタイル表示調整。 ダメージ計算で敵データの選択ができるように。 2020年5月11日 報告タブを追加。 ステ成長限界値、連携ワード、サイト要望の報告ページを作成 2020年5月1日 装備の強化。 検索やオプションスタック機能など。 2020年4月28日 制圧戦『Romancing佐賀県』 リアル旅行マップ作成(リンクにあります)。 2020年4月23日 ステージ攻略において、敵配置画像を設置(一部)。 2020年4月9日 スタイル所持数集計強化。 2020年3月7日 カスタムPT登録数を10に。 複数登録を可能に。 2020年3月4日 まとめて登録(技覚醒)追加 2020年2月29日 まとめて登録(裏能力値)追加 2020年2月28日 まとめて登録(HP/ステータス)追加 2020年2月26日 ユーザーデータの登録処理を変更。 登録ボタン削除 2020年2月23日 ヒストリの大規模修繕。 2020年2月22日 キャラ検索・並べ替え強化。 2020年2月16日 連携名・行動順シミュレーションの追加。 2020年2月6日 DPS計算の結果を保存、集計機能の追加。 2020年2月5日 BGMのSpotify視聴プレイヤー設置開始。 2020年1月30日 行動順補正、ODゲージ量データ運用開始。 2020年1月7日 成長限界に下限データを追加。 全体レイアウト幅増加。 2019年12月26日 制圧戦の仕様にいろいろ対応。 2019年12月16日 ステージデータに背景とBGM追加。 敵画像追加。 2019年12月4日 ヒストリ追加。 2019年12月3日 すべての画像を軽量最適化。 2019年11月19日 データDLタイミングの変更。 2019年11月3日 敵タブを追加。 敵や敵の技データのサーチが可能。 2019年11月1日 技・術検索を強化。 2019年10月31日 キャラ・スタイル検索を強化。 2019年10月30日 練気シミュレーション追加。 2019年10月10日 ループ指数導入。 2019年10月8日 DPS計算まとめページを追加。 2019年10月7日 技ランクを保存できるように。 2019年10月7日 DPS計算機、バフアビに対応。 2019年10月6日 バフアビ期待値計算機実装。 2019年10月3日 DPS計算機実装。 2019年9月12日 ダメージ計算機アップデート。 主防具聖石、軽減項に対応。 2019年9月4日 キャラ表示を改良。 新規スタイル一覧、ガチャ絞り込み、現在ステ並べ替え 2019年8月25日 キャラ表示を改良。 2019年7月24日 ダメージ計算機大幅バージョンアップ。 アビ・耐性自動反映。 聖石に対応。 敵のバフに対応。 2019年7月20日 バフ・デバフ計算式完成 2019年7月1日 技・術とアビリティのレイアウト変更。 2019年6月27日 ダメージ計算機を3人陣形に対応。 マスターレベル、OD、連携等選択可能に。 2019年6月24日 アビリティメニュー実装。 2019年6月17日 「育成度」導入。 登録キャラ一覧で見ることができます。 2019年6月5日 ダメージ計算機にて装備と敵を選択できるようになりました。 2019年6月2日 ダメージ計算機を「銃」に対応 2019年6月1日 技・術の表示、検索機能を強化。 「直接・間接」に対応 2019年5月27日 敵の出現数集計、アイテムドロップ検索追加。 2019年5月27日 攻略表示改良。 ダンジョンごとの初回報酬を集計。 2019年5月22日 キャラ表示改良。 絞り込み OR検索 を強化。 PT保存機能追加。 2019年5月20日 ユーザーデータ表示改良。 スタイルにステ追加、ソート・フィルタ強化。 戦闘力を表示。 2019年5月17日 キャラ表示改良。 成長のデータ追加。 戦闘力を表示。 2019年5月15日 攻略にドロップアイテム追加(とりあえずメインとデイリーのみ) 2019年5月15日 ネタバレモード追加。 怪しい情報を表示するかどうか選べます。 2019年5月5日 ユーザーデータ集計機能追加 2019年4月30日 技の表示調整 2019年4月28日 「みんなの最大ステ」追加 2019年4月27日 オープン• このウェブサイトは「いものき」が所有・運営しており、サイトデザインおよびソースコードの著作権は「いものき」に帰属します。 事前の承諾なく複製・加工・配布・再出版等することを禁止します。 このウェブサイトに掲載されている画像、動画、音楽、音声、テキスト等の著作物は株式会社スクウェア・エニックスに帰属します。 それらの著作物を同社の事前の承諾なく複製・加工・配布・再出版等することを禁止します。 , LTD. All Rights Reserved. Powered by Akatsuki Inc. ILLUSTRATION: TOMOMI KOBAYASHI.

次の

小ネタ・必須知識

ロマサガrs 能力上限

裏能力値について まず、裏能力値がどういうものかを簡単に紹介です。 裏能力値は上限を開放 道場の裏能力値開放は「上限」を開放するだけです。 その時点ではステータスには「何も変化はありません」 戦闘で裏能力値を上げる 「裏能力値上限」を開放した状態で「戦闘をする」と「裏体力2アップ」というように「裏能力値」がアップします。 これは 通常のステータスを同じように 「戦闘により確率でアップ」していきます。 例えば、SSウィルの「裏体力が2」上がると、Sウィルでも「裏体力が2」上がっています。 全裏能力値開放でボーナス 裏能力値を全て開放するとボーナスとして「裏HP」がアップします。 (裏腕力、体力、器用さ、素早さ、知力、精神、愛、魅力のすべて開放) 他の裏能力値は「戦闘によって確率でアップ」でしたが 「裏HP」は「全開放した時点で20アップ」します。 つまり「複数のキャラをバラバラに開放する」よりも、「ひとりのキャラを全開放してHPボーナスをもらったほうがお得」ということです。 裏能力値アイテムの交換 1日の入手数をまとめると 紫 36個 緑 128個 交換ペース 強者の称号は1日1個 各宝珠は2日で1個 およそですが、これくらいのペースで交換できます。 裏能力値の解放には、「強者の称号3個」「宝珠2個」を使うので、 4日で1ステータス開放、 およそ 1週間で2ステータス開放というペースになります。 ステータスは8種類あるので、 全開放には「およそ4週間」ですね。 この裏能力値を誰に振り分けるか?がポイントとなります。 誰の裏能力値を上げるのか? これは結構悩む人も多いと思います。 私の場合は「単純に好きなキャラ」ということで「ウィル」を上げました。 とりあえず「ウィルの裏能力値を全開放」する予定です。 HPボーナスも気になるので、まずは試しに「ウィルを全開放」します。 それでは「誰の裏能力値を上げるか?」と「全開放以外の上げ方」を見ていきます。 誰を全開放するのか? 活躍する場面が多いキャラ せっかく裏能力値を上げるなら 「活躍する場面が多いキャラ」の方が上げる意味が大きいですね。 「強いキャラ」 「限定スタイルが追加されやすい(人気、女性)」 「回復役」 などは、色々なクエストで活躍できて、数か月後でも使い続けらている可能性が高いです。 ギュスターヴ、カタリナ、アザミ、キャット、アルカイザー、コーデリア、白薔薇、ロックブーケ、などなど 無駄なステータスがないキャラ 全開放はすべてのステータスを上げることになりますが、 キャラによっては「上げる意味がないステータス」も存在します。 たとえば、器用さ武器(弓、小剣)の腕力など。 そう考えると、 「体術」は「腕力と素早さの両方」が火力に繋がりますし、「知力」もサブミッションや空気投げの成功率につながるので「全開放の恩恵が大きい」です。 あとは、 回復役(白薔薇、ロックブーケ、など)がオススメです。 知力が「火力とデバフ、状態異常の成功率」の両方に効果があり、愛も回復量に影響します。 回復役は「特に倒されたくない」ので、「体力や精神の高さも非常に重要」 ですし、「全開放」でHPが上がることも、他のキャラに比べて、大きな意味を持ちます。 微々たるものですが、腕力も通常攻撃のダメージにはつながります。 無駄なステータスが全くなく、全開放のメリットが一番大きいと思います。 好きなキャラ 好きなキャラで 「弱くても必ず使い続ける」なら、上げた裏能力値が無駄になる事は無いです。 私の場合はウィルですし、Twitterでもキャラ愛にあふれた選択をしている方が大勢いて、面白いですね。 キャラの強さは、変わる可能性がありますが、 好きなキャラは変わることがないので「自分の好きなキャラを強くする」というのが一番後悔のない選択かもしれません。 ステータス特化もアリ 「HPボーナス」を狙って1体のキャラを全開放も良いのですが、 「ステータス特化」させるのもアリだと思います。 たとえば、 「腕力や知力」といった火力に影響するステータスだけを開放していくプランです。 HPは今のところ「ほぼ上限なく上がっていく」ことと、「ボーナスでHPが20上がったとしても強くなるわけではない」です。 HPは「倒されない分」さえあれば「それ以上はいくつあっても意味がない」です。 (あくまでも極論です。 ) しかし、 5人全員の火力を上げれば「実感できるレベルでダメージがアップ」します。 今は「1段階までの解放」ですがこれが「2段階(裏能力値+8)」まで解放された場合、その恩恵はさらに大きくなります。 1キャラを全開放させるよりも、パーティ5人の火力を上げたほうが強い場面は多いと思います。 もちろん、HPは高い方が良いですが、すでに十分なHPがあり、火力で押し切る!という場合には有効な方法かもしれません。 各ステータスのメリット ステータス特化をする場合の各ステータスを上げるメリットを紹介です。 体術の火力。 術の火力。 (間違っている部分があったらすみません) 素早さを早くすることで恩恵があるキャラ 火力の高いキャラ 敵より先に動いて、攻撃される前にまず1体を倒しやすくなります。 全体攻撃 敵や他の味方よりも速く動いて、より多くのダメージを与えたり、周回速度が上がります。 デバフや状態異常 敵が行動する前に、デバフやマヒスタンを入れられる可能性がアップします。 回復 敵が行動する前に回復することで、「倒されて、そのターンに行動できなくなる」ことを防ぎます。 (回復は素早さが低いことで、攻撃を喰らってから回復するという使い方もできます) 知力を上げる ロックブーケやルージュのマヒはもちろんですが、ギュスターヴの流し斬りなど「デバフの入りやすさ」も知力が影響しています。 ですので、物理キャラでも、マヒスタンやデバフを使えるのであれば「知力を上げる意味」があります。 精神を上げる たとえばボクオーンのマリオネットで混乱するかどうか?は「混乱耐性」以外にも「精神の高さ」が影響しています。 実際に、精神が高い白薔薇なんかはマリオネットで混乱しづらいです。 そういったボス対策に全員の精神を上げるというのもアリです。 今後の難易度次第 ただ、 現状の最善策は「温存しておく」ことだと思います。 今はまだ「裏能力値」を上げなくても、クエストクリアには問題ないですし、交換アイテムも少ないので、少ししか上げられません。 おそらく、 これから 「裏能力値での強化も視野に入れた難易度」になってくると思うので、 その時に「必要な分を上げる」のが最善です。 これから情報が蓄積されていけば 「最適な上げ方」も見えてくると思います。 今回、「裏能力値の上げ方」をいくつか紹介しましたが、 いま強いと言われているキャラも変わってくる可能性もあります。 「キャラ愛」があり「このキャラは何があっても使い続ける!」と 決めている人以外は、来るべき時に備えて、交換アイテムを温存したほうが良いです。 解放さえしてしまえば、最大まで上げること自体は、簡単なようです🙌 — ボストン ロマサガRSウィル強化希望 BostonSaga いずれ、2段階目の裏能力値開放が追加されたら「貯めておいたアイテムで一気に交換する」ということが出来るかもしれません。 全体攻撃で一気に倒し切る 最大9体の敵がいるので「全員全体攻撃」で一気に倒す方法です。 マヒで動きを止めながら1体ずつ倒す マヒが効く敵が半分位いるので、マヒ役2人で止めつつ、単体火力が高いキャラで1体ずつ減らしていきます。 パリィで無効化しながら1体ずつ倒す 敵の数は多いですが、「単体攻撃ばかり」なので「パリィ」ですべて防いでしまえば問題ないです。 鳳天舞の陣がオススメ。 毎日報酬が貰えるので、なるべく上の難易度をクリアしていきたいですね。 死合は「3をクリアすれば全報酬が貰える」ので、1と2をクリアする必要はありません。 裏道場用のキャラを育成するのもアリです。 まとめ 長々と書いてきましたが、「好きなキャラなら構わず上げる」「性能を重視するなら貯めておく」が結論となります。 今回の記事は、いざ「裏能力値を上げるとき」の参考にしていただければと思います。 裏能力値の上げ方が人によって違うので、面白い育成システムになりましたね。

次の