練馬 区 避難 情報。 練馬区の大雨警戒情報

東京都練馬区の避難所・避難場所!大震災で自宅に住めないときはココへ!

練馬 区 避難 情報

練馬区防災対策に関する情報について紹介した、 練馬区防災対策情報です。 このページからリンクされた練馬区のホームページへ直接アクセスし、防災対策に関する情報を閲覧することができます。 練馬区の防災への取り組みを、インターネットというメディアを利用し地域の皆様へ情報サービスをしていますのでご利用いただければ幸いです。 練馬区の防災対策情報 練馬区の防災に関するページについての紹介です。 大地震が発生すると、ライフライン 電気・水道・ガス・電話など がストップする可能性があります。 そのとき慌てないためにも、日頃から地震に対する備えをする必要があります。 地震対策 地震はいつ起こるかわかりません、止めることもできません。 被害を最小限にとどめるために次のようなことを心がけましょう。 地震でこわいのは火災です。 日ごろから火気器具の点検・整備をして、家から火を出さない環境づくりに心がけましょう。 非常用持出品を確かめ、飲料水・食料・救急医薬品・生活必需品・防災用品を備えましょう。 避難場所や避難経路の確認や役割分担など、防災についての家族会議を開きましょう。 ブロック塀や石垣はくずれないように補強しましょう。 不安定なアンテナや屋根瓦は補強しましょう。 プロパンガスのボンベは鎖でしっかり固定しましょう。 家具や大型家電製品などの転倒防止策を行いましょう。 地震発生時の防災心得 自分の身の安全を守る。 揺れを感じたら、すばやく火の始末をする。 火が出たら、まず消火する。 あわてて戸外に飛び出さず、出口を確保する。 避難は徒歩で、持物は最小限にする。 狭い路地、塀のわき、がけ、川べりに近寄らない。 山崩れ、がけ崩れ、浸水に注意する。 避難時には、ブレーカーを切り、ガスや水道の元栓を締めましょう。

次の

練馬区防災対策情報

練馬 区 避難 情報

講座名 ねりま防災カレッジ 自助クラス 講座の目的 発災時の行動や、日頃の備え、自分や家族を守るための自助対策に取り組むことを目指す講座です。 また、外出時に被災した場合に備えた帰宅困難者対策についても学びます。 会場 防災学習センターほか 修了生の活動の場 家族を守る防災リーダーとして 練馬区災害ボランティア 問い合わせ先 防災学習センター 電話: 03-5997-6471 FAX 03-5997-6472 講座名 ねりま防災カレッジ 共助クラス 講座の目的 地域における防災活動の重要性や、避難拠点の運営の仕組みや支援方法等を学び、発災時に自ら行動し、共助活動ができるようになることを目指す講座です。 また、災害時に配慮が必要となる災害時要配慮者への支援について学びます。 会場 防災学習センターほか 修了生の活動の場 ・練馬区災害ボランティア ・避難拠点運営連絡会や防災会などの区民防災組織 ・防災イベント等での運営補助 問い合わせ先 防災学習センター 電話: 03-5997-6471 FAX 03-5997-6472 講座名 ねりま防災カレッジ 区民防災組織向けクラス 講座の目的 防災の分野における最新の知見を学ぶとともに、組織運営にかかる手法等を習得し、日頃の防災活動のレベルアップを目指す講座です。 受講要件 区民防災組織で活動されている方 申込開始時期 区民防災組織代表者等へ直接お知らせいたします。 開講時期・受講回数 【開講時期】未定。 会場 防災学習センターほか 修了生の活動の場 区民防災組織 問い合わせ先 防災学習センター 電話: 03-5997-6471 FAX 03-5997-6472 講座名 ねりま防災カレッジ 女性防災リーダー育成講座 講座の目的 災害時における女性の視点・ニーズを取り入れた防災体制づくりを構築するため、現場で女性自らが声を挙げることができるようになることを目指す講座です。 受講要件 練馬区在住・在勤・在学の女性 申込開始時期 区報やホームページ等でお知らせいたします。 会場 防災学習センター 修了生の活動の場 ・練馬区災害ボランティア ・避難拠点運営連絡会や防災会などの区民防災組織 ・地域での防災活動 問い合わせ先 防災学習センター 電話: 03-5997-6471 FAX 03-5997-6472 講座名 ねりま防災カレッジ 中高層住宅向け防災講習会 講座の目的 大地震発生時における中高層住宅特有の被害を最小限にするための知識を学び、自助対策のきっかけ作りを目指す講座です。 開講時期・受講回数 【開講時期】令和元年10月頃に3地域で開催予定 【受講回数】2時間 受講料 無料 主な学習内容 発災時の中高層住宅特有の被害について理解し、日頃の備えや防災訓練等のヒントとなる知識を学びます。 会場 防災学習センターほか 修了生の活動の場 地域での防災活動 問い合わせ先 防災学習センター 電話: 03-5997-6471 FAX 03-5997-6472 講座名 ねりま防災カレッジ 中学生向けカリキュラム 講座の目的 災害発生時に、中学生に求められる役割と、その役割を果たすための技術や知識を学び、自ら考えて活動できるようになるための講座です。 開講時期・受講回数 【開講時期】令和元年10月開催予定 【受講回数】区報やホームページ等でお知らせいたします。 受講料 無料 主な学習内容 災害発生時の状況をイメージし、災害時要配慮者への配慮の必要性などを学びます。 また、過去の災害で中学生がどのような活動をしたのかを学び、今自分にできることを考えます。 会場 防災学習センター 修了生の活動の場 地域での防災活動 問い合わせ先 防災学習センター 電話: 03-5997-6471 FAX 03-5997-6472 講座名 ねりま防災カレッジ 小学生向けカリキュラム 講座の目的 防災に関する基礎的な知識の習得を図るとともに、「自分の身は自分で守る」ことの大切さを学び、家族と防災について話し合うきっかけ作りを目指す講座です。 また、学んだ知識を家族をはじめ、いろいろな人に伝えられるような製作物を作製します。 会場 防災学習センター 修了生の活動の場 地域での防災活動 問い合わせ先 防災学習センター 電話: 03-5997-6471 FAX 03-5997-6472 講座名 ねりま防災カレッジ 乳幼児の保護者向け防災講習会 講座の目的 乳幼児のいる家庭における日頃の備えや防災に対する知識、スキルを学び、子どもや家族を守るための在宅避難が出来る環境づくりを目指す講座です。 受講要件 練馬区在住、在勤の未就学児の保護者 申込開始時期 区報やホームページ等でお知らせいたします。 開講時期・受講回数 【開講時期】年度内にテーマと会場を変えながら4回実施 【受講回数】1時間30分 受講料 無料 主な学習内容 在宅避難を可能とするための食事のあり方や、備蓄品、被災後の生活など、乳幼児を育てている世帯ならではの防災対策を学びます。 会場 防災学習センターほか 修了生の活動の場 地域での防災活動 問い合わせ先 防災学習センター 電話: 03-5997-6471 FAX 03-5997-6472 講座名 ねりま防災カレッジ 食と防災 講座の目的 災害時にカセットコンロを使い、自宅にある食材でバランスのよい、温かい食事が摂れることを目指す講座です。 受講要件 練馬区在住・在勤・在学の方(小学生(4年生以上)は、保護者同伴で受講可) 申込開始時期 区報やホームページ等でお知らせいたします。 開講時期・受講回数 【開講時期】年度内に2回実施 【受講回数】3時間(調理・実食含む) 受講料 300円程度 主な学習内容 災害が起きても在宅避難を可能とするための食事のあり方や、普段からのローリングストックの重要性を学び、カセットコンロを使った調理法を習得します。 会場 防災学習センター 修了生の活動の場 地域での防災活動 家族を守る防災リーダー 問い合わせ先 防災学習センター 電話: 03-5997-6471 FAX 03-5997-6472 講座名 ねりま防災カレッジ 事業所向け防災講習会 講座の目的 災害発生時に事業運営を停止させないために、講義や演習を通じて、事業所での防災対策の推進を目指す講座です。 受講要件 練馬区内の事業所にお勤めの方 練馬区在住で区外の事業所にお勤めの方 申込開始時期 区報やホームページ等でお知らせいたします。 開講時期・受講回数 【開講時期】未定 【受講回数】2時間 受講料 300円程度 主な学習内容 災害に対する事業所ならではの備えを講義で学び、災害時をイメージするための演習を実施し、事業所での防災対策を促します。 会場 防災学習センター 修了生の活動の場 地域での防災活動 家族を守る防災リーダー 問い合わせ先 防災学習センター 電話: 03-5997-6471 FAX 03-5997-6472 講座名 練馬区農の学校 初級コース 講座の目的 農家を支える人材を育成し、支え手を必要とする農家とつなぐ役目を担っています。 初級コースを修了した受講生は、「ねりま農サポーター」として、農家の支え手として活動してもらうことを目指す講座です。 区内農業者のほ場の見学や農作業のお手伝いなどの体験を通じて、農業の支え手としての心得を学びます。 会場 練馬区農の学校(高松一丁目35番2号)ほか 修了生の活動の場 ほ場(畑や農場のこと)等 問い合わせ先 都市農業課農業振興係 電話:03-5984-1403 FAX 03-3993-1451 講座名 練馬区農の学校 中級コース 講座の目的 農家を支える人材を育成し、支え手を必要とする農家とつなぐ役目を担っています。 初級コースを修了した受講生は、「ねりま農サポーター」として、農家の支え手として活動してもらうことを目指す講座です。 受講要件 初級コースを修了した方 申込開始時期 終了(初級コースを修了した方に個別に案内を行っています。 実際に区内農業者のほ場での実習も行います。 会場 練馬区農の学校(高松一丁目35番2号)ほか 修了生の活動の場 ほ場(畑や農場のこと)等 問い合わせ先 都市農業課農業振興係 電話:03-5984-1403 FAX 03-3993-1451 講座名 練馬区農の学校 上級コース 講座の目的 農家を支える人材を育成し、支え手を必要とする農家とつなぐ役目を担っています。 初級コースを修了した受講生は、「ねりま農サポーター」として、農家の支え手として活動してもらうことを目指す講座です。 受講要件 中級コースを修了した方 申込開始時期 終了(中級コースを修了した方に個別に案内を行っています。 野菜栽培に加え、果樹栽培と花き栽培の実習も行います。 会場 練馬区農の学校(高松一丁目35番2号)ほか 修了生の活動の場 ほ場(畑や農場のこと)等 問い合わせ先 都市農業課農業振興係 電話:03-5984-1403 FAX 03-3993-1451 講座名 練馬区農の学校 農とのふれあい・体験コース 講座の目的 農家を支える人材を育成し、支え手を必要とする農家とつなぐ役目を担っています。 初級コースを修了した受講生は、「ねりま農サポーター」として、農家の支え手として活動してもらうことを目指す講座です。 会場 練馬区農の学校(高松一丁目35番2号)ほか 修了生の活動の場 ほ場(畑や農場のこと)等 問い合わせ先 都市農業課農業振興係 電話:03-5984-1403 FAX 03-3993-1451.

次の

東京都練馬区の避難所・避難場所!大震災で自宅に住めないときはココへ!

練馬 区 避難 情報

「建築基準法による道路等(試験公開)」のご利用規約について 本情報は、建築基準法(昭和25年法律第201号。 以下「法」といいます。 )第42条の規定による道路の種別および法第43条第2項の適用が受けられる通路(以下これらを「道路等」といいます。 )の概ねの位置を試験的に公開しています。 「建築基準法による道路等(試験公開)」のご利用規約 ・本情報は、法の道路の種別および概ねの位置を試験的に公開しています。 ・本情報は、道路のほかに非常用および避難通路ならびに法第43条第2項の適用が受けられる通路の概ねの位置についても試験的に公開しています。 ・本情報は、道路等を種類ごとに色分けして概ねの位置を表示しています。 ・本情報における道路等の種類ごとの色分けについては、下記「道路等種別」をご確認ください。 ・法の道路の種別、位置および幅員は、本情報ではなく、練馬区役所本庁舎15階、都市整備部建築審査課道路調査係でご確認ください。 なお、法の道路種別、位置および幅員の判断を円滑に行うため、各種道路の図面を複写等してお持ちください。 ・国道または都道の位置および幅員につきましては、国土交通省または東京都の担当部署で道路の区域図等によりご確認ください。 ・練馬区道および練馬区有通路の位置および幅員につきましては、練馬区役所本庁舎14階、土木部管理課道路台帳係の区域図等によりご確認ください。 ・道路等の位置および幅員は、本情報ではなく上記担当部署の窓口で(各種道路の図面により)ご確認ください。 ・一つの路線に重複して種類の異なる道路がある場合があります。 (例:法42条第1項第1号および法第42条第1項第5号など)このような場合、できる限り重複をしていることが分かるような表示に努めておりますが、道路の線をクリックして属性を表示させるか、分かりにくい場合は下記の操作を行ってください。 上記の操作方法により、法の道路種別の重複の有無をご確認ください。 ・一つの路線に種類の異なる道路等がある場合があります。 (例:法第42条第2項および法第42条第1項第5号など) ・行政境に位置または横断する道路等については、本情報だけではなく、当該特定行政庁にも法による道路等の種別、位置および幅員をご確認ください。 ・本情報、道路の位置、幅員および道路後退の有無は、電話、FAXまたはメール等でのお問い合わせにはお答えしておりません。 ・本情報の利用範囲を、著作権法等に定める個人的な目的の利用に限らせていただきます。 ・本情報は特に明示の無い限り、その著作権等を練馬区都市整備部建築課が保有するとともに、商業目的、営利目的でのご利用はできません。 ・本情報は、敷地が道路に接していると判断する資料として用いることはできません。 ・本情報は、土地の所有権の境界を判断する資料として用いることはできません。 ・本情報は、内容を証明するものや権利や義務の発生するもの、取引の資料とするもの等のための資料として用いることはできません。 重要な情報は、必ず担当課の窓口でご確認ください。 ・本情報の利用により発生した直接または間接の損失、損害および障害等について、練馬区は一切の責任を負うことができません。 ・本情報で表示されている「法第43条第2項の適用通路」のみに接する敷地における建築物の建築には法第43条第2項の規定に基づく認定または許可が必要となります。 建築にあたっては、交通上、安全上、防火上および衛生上の審査が必要となります。 そのため、建築物の敷地、構造、設備および用途によっては不認定または不許可となる場合があります。 ・本情報で表示していない道は、区が現時点で道路等として取り扱っていません。 十分に注意をして本情報を運用していますが、疑義がある場合、判断できる資料をお持ちのうえ、練馬区役所本庁舎15階、都市整備部建築審査課道路調査係までご来庁ください。 ・最終更新日以降に法による道路等の指定や認定、道路等の変更や廃止となっている場合があります。 最新の情報は、練馬区役所本庁舎15階、都市整備部建築審査課道路調査係にご来庁のうえ、ご確認ください。 ログイン 上記のご利用規約の全てに同意しますか。

次の