何 か あっ た 未来。 未来のマンションには3つの「つながり」のヒントがあった

近い未来あったらいい物

何 か あっ た 未来

「レジリエンス」とは、強い風にも重い雪にも、ぽきっと折れることなく、しなってまた元の姿に戻る竹のように、「何かあっても立ち直れる力」のこと。 私はよく「しなやかな強さ」と訳します。 レジリエンスの入門書である本書では、もともと生態系と心理学の分野で発展してきたレジリエンスの考え方や、そこから教育、防災や地域づくり、温暖化対策など、さまざまな分野で広がる取り組みをみていき、人生と暮らしのレジリエンスを高めるための考え方を紹介します。 先の見えない激動の時代をたくましく、しなやかに強く生き抜いていくためには、ひとり一人も家庭も、組織も、地域も社会も、レジリエンスの強化を考え、実行していくことがとても大事です。 持続可能性と幸せにつながるレジリエンスを高めるために、本書がお役に立つことを心から願っています。 まえがきより もともとは物理用語のひとつだった「レジリエンス」という言葉が、「外的な衝撃にも、ぽきっと折れてしまわず、しなやかに立ち直る強さ」という概念として、さまざまな分野で使われるようになったのは、それほど昔のことではありません。 しなやかな強さという意味での「レジリエンス」の概念は、生態系の分野と心理学の分野でそれぞれ発展してきました。 今ではそれらが重ね合うような広がりをもって、教育、子育て、防災、地域づくり、温暖化対策など、さまざまな分野で使われるようになっており、数多くの「レジリエンス向上」のための取り組みが展開されています。 レジリエンスの入門書である本書では、生態系と心理学の分野のそれぞれで、レジリエンスという考え方がどのように生まれてきたのか、そこから広がって、教育、防災や地域づくり、温暖化対策などのさまざまな分野で、どのようなレジリエンスへの取り組みが進められているのかを見ていきます。 英国や米国、オーストラリアなどでは、日本では考えられないほど、国としてレジリエンス強化に力を入れて取り組んでいるようすがわかっていただけると思います。 日本でも最近、政府の「国土強靱化」 ナショナル・レジリエンス の取り組みなど、「レジリエンス」という言葉を聞くようになってきました。 「国土強靱化」というと、国をコンクリートや堤防でがっちり固めるようなイメージもありますが、レジリエンスとは、ハード面を強固なものにすることではありません(強固すぎるとレジリエンスは失われます)。 東日本大震災でも、「東洋一の堤防」などハード面を強固なものにしたことで、「大丈夫」と安心していたところ、それが決壊して大惨事につながった地域もあります。 逆に、「かつてここまで津波が来たから、この下には家を建てないように」という石碑の教えを守り続けて、全員の人命を守った地域もあります。 本当のレジリエンスとは何なのか、どういった要素からつくり出すことができるのかを見ていきましょう。 また、米国などで盛んになりつつある、企業向けの「レジリエンス研修」が日本にも紹介されるようになってきました。 しかし、「折れない社員をつくる」、つまり社員のレジリエンスを高めるとは、どんな過酷な状況下でも会社のために働き続ける人をつくるためのものではありません。 同様に、いじめに対して、本人のレジリエンスを高めて、いじめられてもめげない強さを培うことも大事でしょうが、いじめが起きる環境をそのままにして、本人のめげない力を高めることで解決しようという取り組みは、自己責任論につながるだけで、真の問題解決にはなりません。 このように「レジリエンス」という言葉が日本でも使われるようになってきた現在、十分に理解されていないと感じるのは、「レジリエンスとは、システムの特性である」ということです 1。 システムとは、さまざまな要素が互いにつながったり影響を与え合ったりして、全体として何らかの営みをしたり機能したりしているものです。 レジリエンスとは、個別の要素の特性ではなく、そういった要素がつながってできているシステムの特性のひとつなのです。 組織のレジリエンスを高めたいのであれば、「社員のレジリエンスを高めればよい」と考えるのではなく、社員も経営陣をはじめとする内外のさまざまな環境・動機・行動など、さまざまな要素から成り立っている「組織」という「システム」のレジリエンスを高めるアプローチを考えなくてはなりません。 システム思考の第一人者のドネラ・メドウズ氏が言うように、「従業員がうまくいっていないのに、会社はうまくいくということは不可能」なのです。 のちに紹介するオーストラリア政府の「レジリエンス教育」プログラムは、日本と同じ悩みである、いじめ問題への対処として立ち上げられたものですが、その内容は、単にいじめられている子やいじめている子だけではなく、ほかの子どもたちも含めたクラス全体、教師、学校、地域などからなる、「システム」への働きかけを重視するものです。 完璧ではないでしょうが、よいお手本のひとつになると思います。 今後の不確実で不安定な世界に生きていく上で、個人にとっても組織や地域、社会にとっても、「レジリエンス」は、大事な考え方であり、日本でもさまざまな分野で取り組みが広がってほしいと強く願っています。 その際に、「レジリエンスの意味するもの」について、誤解や部分的な理解ではなく、「レジリエンスとは本来どういうものなのか」をしっかり理解した上で、取り組みを進めてほしいと思い、本書を書きました。 これからの激動の時代をたくましくしなやかに強く生き抜いていくために、私たち一人ひとり、それぞれの組織や地域、そして社会全体がレジリエンスの大事さを理解し、持続可能性と幸せにつながる「本当のレジリエンス」を高める取り組みが広がることを願ってやみません。 枝廣淳子.

次の

「未来少年コナン」の原作本には何が書いてあったか? | 未来予測の部屋

何 か あっ た 未来

本日も、 子どもたちは、「期待、夢」をカバンにいっぱい詰めて、笑顔で登校してきました。 元気いっぱい・・・・。 これを見ていた地域のおばあちゃんが、今日も頑張れ・・・、おばあちゃんも頑張るからねと・・・。 温かい空気が・・・・、深い絆が・・・・。 理想的な地域社会と・・・・。 くき学園の子どもたちが、地域づくりに大きく貢献しているように思います。 子どもたちが、教室に入ると、指導員に対しても、きちんと挨拶、手の消毒を自ら・・・・、当たり前のように・・・・。 これも、「自助」、ある意味「習慣」・・・。 更に、ある子どもは、指導員に対し、いつもありがとうございますと・・・。 先生は、早く学園に来て、机、椅子を消毒アルコールで拭いているんだよねと。 僕たちを守ってくれているんだよねなんて言ってくれるのです。 心面の成長と・・・・。 子どもって、よく指導員を見ているのですね。 保護者の方々の言動も、家庭でよく見ていると思います。 我々大人は、子どもの手本的存在であらねば・・・・ 家庭、学園、地域にて、 今、大きな問題である「新型コロナウイルス情報との付き合い方」 決して間違ってはダメです・・・。 新型コロナウィルスに負けないために この時間(一瞬)を、最大限に有意義に生かせるように・・・・、 大人としてやるべきなのでは・・・・・・ 正確な情報を手に入れる *日々、更新される情報のうち、正しいものを手に入れましょう *不正確な情報(デマ)にまどわされないようにしましょう *信頼できる情報源かどうか確認しましょう *今、何が起きているの? 子どもたちに、不安を仰ぐようなことは *感染はどのようにして起きるの? 大人として、絶対によくないことです。 *何 が危ないの? *地域・国・世界は何をしなければならないの? *家族ひとりひとりにできることは? 大切な人や家族に聞いてみましょう 居心地の良い場所でひとりひとりに聞いてみましょう 子どもたちの声を聞く *分かりやすい言葉で、正しい情報を説明しましょう *怖い気持ちや間違った思い込みがあれば聞いてあげましょう *どんな気持ちも否定せず、まず聞いて、共感しましょう (「そうだね。 ちょっと不安だね」など) そうすることで、子どもたちは安心感を取り戻すことができます 大人の声を聞く *テレワークや在宅勤務など、大人にとっても非日常の連続です *仕事の時間、家族との時間、プライベートの時間など、家族 それぞれの時間割を作ると良いかもしれません 感染予防のために家族でできること 予防方法の確認 *せっけんと水で 20 秒間手洗いをしましょう *アルコール消毒液を使うことも有効です *体調が悪いときは家にいましょう *咳やくしゃみをするときは、口と鼻を覆いましょう(咳エチケット) ストックを確認する *せっけん、アルコール消毒液、体温計などの衛生用品 *常用薬、在宅医療物品 大切な人とのコミュニケーション(絆)を維持する 家族やお友達 *電話、メール、 SNS などで コミュニケーション をとり、つながりを保ち、お互いに支えあいましょう 幼稚園や学校 *電話、メール、 SNS などで コミュニケーション をとり、つながりを保ち、お互いに支えあいましょう *先生やクラスメートとつながる方法がないか聞いてみましょう こんな時だからこそ、電話や手紙など、もともとあった方法でコミュニケーションがとれるといいのでは・・・・。 自助 共助 公助 そして、近助 この大切さを子どもたちに・・・・・。 子どもたちにとって、悪い時間(不安不安、ストレスストレス・・・)とするのではなく、 意義ある時間にするのが、家庭であり、くき学園と考えています。 子どもたちのために、トコトン頑張りましょう。 本日も、運動療育的スポーツを、学年別、短時間ですが・・・、 子どもたちに、 「適度な運動」ということで行いました。

次の

【2017NHK杯SP】あの・・・長洲未来選手は何かあったんでしょ...

何 か あっ た 未来

「レジリエンス」とは、強い風にも重い雪にも、ぽきっと折れることなく、しなってまた元の姿に戻る竹のように、「何かあっても立ち直れる力」のこと。 私はよく「しなやかな強さ」と訳します。 レジリエンスの入門書である本書では、もともと生態系と心理学の分野で発展してきたレジリエンスの考え方や、そこから教育、防災や地域づくり、温暖化対策など、さまざまな分野で広がる取り組みをみていき、人生と暮らしのレジリエンスを高めるための考え方を紹介します。 先の見えない激動の時代をたくましく、しなやかに強く生き抜いていくためには、ひとり一人も家庭も、組織も、地域も社会も、レジリエンスの強化を考え、実行していくことがとても大事です。 持続可能性と幸せにつながるレジリエンスを高めるために、本書がお役に立つことを心から願っています。 まえがきより もともとは物理用語のひとつだった「レジリエンス」という言葉が、「外的な衝撃にも、ぽきっと折れてしまわず、しなやかに立ち直る強さ」という概念として、さまざまな分野で使われるようになったのは、それほど昔のことではありません。 しなやかな強さという意味での「レジリエンス」の概念は、生態系の分野と心理学の分野でそれぞれ発展してきました。 今ではそれらが重ね合うような広がりをもって、教育、子育て、防災、地域づくり、温暖化対策など、さまざまな分野で使われるようになっており、数多くの「レジリエンス向上」のための取り組みが展開されています。 レジリエンスの入門書である本書では、生態系と心理学の分野のそれぞれで、レジリエンスという考え方がどのように生まれてきたのか、そこから広がって、教育、防災や地域づくり、温暖化対策などのさまざまな分野で、どのようなレジリエンスへの取り組みが進められているのかを見ていきます。 英国や米国、オーストラリアなどでは、日本では考えられないほど、国としてレジリエンス強化に力を入れて取り組んでいるようすがわかっていただけると思います。 日本でも最近、政府の「国土強靱化」 ナショナル・レジリエンス の取り組みなど、「レジリエンス」という言葉を聞くようになってきました。 「国土強靱化」というと、国をコンクリートや堤防でがっちり固めるようなイメージもありますが、レジリエンスとは、ハード面を強固なものにすることではありません(強固すぎるとレジリエンスは失われます)。 東日本大震災でも、「東洋一の堤防」などハード面を強固なものにしたことで、「大丈夫」と安心していたところ、それが決壊して大惨事につながった地域もあります。 逆に、「かつてここまで津波が来たから、この下には家を建てないように」という石碑の教えを守り続けて、全員の人命を守った地域もあります。 本当のレジリエンスとは何なのか、どういった要素からつくり出すことができるのかを見ていきましょう。 また、米国などで盛んになりつつある、企業向けの「レジリエンス研修」が日本にも紹介されるようになってきました。 しかし、「折れない社員をつくる」、つまり社員のレジリエンスを高めるとは、どんな過酷な状況下でも会社のために働き続ける人をつくるためのものではありません。 同様に、いじめに対して、本人のレジリエンスを高めて、いじめられてもめげない強さを培うことも大事でしょうが、いじめが起きる環境をそのままにして、本人のめげない力を高めることで解決しようという取り組みは、自己責任論につながるだけで、真の問題解決にはなりません。 このように「レジリエンス」という言葉が日本でも使われるようになってきた現在、十分に理解されていないと感じるのは、「レジリエンスとは、システムの特性である」ということです 1。 システムとは、さまざまな要素が互いにつながったり影響を与え合ったりして、全体として何らかの営みをしたり機能したりしているものです。 レジリエンスとは、個別の要素の特性ではなく、そういった要素がつながってできているシステムの特性のひとつなのです。 組織のレジリエンスを高めたいのであれば、「社員のレジリエンスを高めればよい」と考えるのではなく、社員も経営陣をはじめとする内外のさまざまな環境・動機・行動など、さまざまな要素から成り立っている「組織」という「システム」のレジリエンスを高めるアプローチを考えなくてはなりません。 システム思考の第一人者のドネラ・メドウズ氏が言うように、「従業員がうまくいっていないのに、会社はうまくいくということは不可能」なのです。 のちに紹介するオーストラリア政府の「レジリエンス教育」プログラムは、日本と同じ悩みである、いじめ問題への対処として立ち上げられたものですが、その内容は、単にいじめられている子やいじめている子だけではなく、ほかの子どもたちも含めたクラス全体、教師、学校、地域などからなる、「システム」への働きかけを重視するものです。 完璧ではないでしょうが、よいお手本のひとつになると思います。 今後の不確実で不安定な世界に生きていく上で、個人にとっても組織や地域、社会にとっても、「レジリエンス」は、大事な考え方であり、日本でもさまざまな分野で取り組みが広がってほしいと強く願っています。 その際に、「レジリエンスの意味するもの」について、誤解や部分的な理解ではなく、「レジリエンスとは本来どういうものなのか」をしっかり理解した上で、取り組みを進めてほしいと思い、本書を書きました。 これからの激動の時代をたくましくしなやかに強く生き抜いていくために、私たち一人ひとり、それぞれの組織や地域、そして社会全体がレジリエンスの大事さを理解し、持続可能性と幸せにつながる「本当のレジリエンス」を高める取り組みが広がることを願ってやみません。 枝廣淳子.

次の