さん かく 窓 の 外側 は 夜。 「さんかく窓の外側は夜」全巻レビュー

さんかく窓の外側は夜 最新刊(次は9巻)の発売日をメールでお知らせ【コミックの発売日を通知するベルアラート】

さん かく 窓 の 外側 は 夜

ヤマシタさんは「BUTTER!!!」のような一般向けの漫画以外に、 BL系の漫画も多数手がけられています。 この「さんかく窓の外側は夜」にもBL系のネタが織り込まれていますが、そんなに濃い目ではありません。 私はBLジャンルはそこまで得意ではありませんが、本作は楽しく読めました。 BLが苦手な方にもおすすめです。 「さんかく窓の外側は夜」レビュー あらすじ 書店員・ 三角(みかど)は、死人が視えてしまう体質。 それゆえ、幼い頃から恐怖の数々を体験してきた。 その体質を見抜いたのは、 除霊師・冷川(ひやかわ)。 書店より霊退治の依頼を受けた彼は、除霊のために三角の体を通して、いきなり 「霊をつかんでぶん投げる」。 自身の体を突き抜けるその除霊方法に、不覚にもエクスタシーを感じてしまう三角。 事件をきっかけに、冷川にスカウトされる。 「店長さん、三角くんを私にください!!」 冷川の勢いに、成り行きで除霊のアシスタントをすることになる三角。 恐ろしい目にあいながらも、嫌よ嫌よも好きのうち?おっかなびっくり、本格的に除霊に関わっていくことに。 そんな中、冷川と懇意の刑事・半澤の依頼による案件で、 呪術師による「呪い」に遭遇する三角たち。 呪いに関連しているのは 「非浦英莉可(ひうらえりか)」という女性なのだが、今までとは何やら雰囲気が違い…? 軽妙なノリが楽しいホラー漫画 …という出だしのオカルト・ホラー漫画「さんかく窓の外側は夜」。 いろんな意味でおっかなびっくり読みましたが、感想は… めっちゃおもしろい!そして怖い! BL要素の濃さが心配だったのですが、想像していたほど直接的な表現はありませんでした。 どちらかというと、三角と冷川のユーモラスなやり取りの「ネタ」としての扱い。 ヤマシタトモコさんの漫画は、 キャラクターの表情や会話に大きな魅力があります。 本作でも彼らの掛け合いが、実にユニーク。 笑いをさそいます。 落差の激しい恐怖シーンが怖い しかしそのノリに油断していると、 ふいにあらわれるショッキングなシーンで、大ダメージ必至。 作中の随所で描かれる、「三角の視ている世界」。 死者やそれ以外の「何か」の、見た目がありえない程ねじれていたり、顔の中央に黒い穴が開いていたり。 その表現が、怖すぎる。 切った貼ったという、ホラー漫画定番の直接的なグロテスクさではなく、 人に不安感を与えるそれらのイメージ。 淡々と進む、ややもすると笑いのこぼれる話の中で、気を抜いていると ふっと描かれる恐怖の、予想外のショックを受けます。 ヤマシタトモコさんの恐怖表現、ものすごく臨場感があるんですよね。 読んでいて鳥肌が立つ、心臓に悪いぐらいの怖さ。 深みを見せる物語 1巻中盤では、 単なる心霊現象にとどまらない恐ろしい事件に遭遇する、三角と冷川。 そこに関係しているのは、呪術師・非浦英莉可という存在。 3巻の表紙に描かれている女性です。 物語が進むにつれ、徐々に接近していく三角たちと非浦。 彼女の背後に存在する怪しげな人物。 冷川と刑事・半澤のつながり。 そして 三角自身にも出生の秘密が…? 巻を重ねるごとに深みを見せ、いや、読者を深みに引きずり込んでいく「さんかく窓の外側は夜」。 恐怖もその手をゆるめることなく、凄みを増していきます。 まとめ というわけで漫画「さんかく窓の外側は夜」。 バツグンのおもしろさ、そして怖さを持つオカルト・ホラーでした。 怖い漫画は好きだけどBLはちょっと苦手、という方も、 コメディ部分と恐怖描写のバランスが絶妙で楽しめること請け合い。 読むときっと満足する内容だと思います。 ぜひ恐怖の世界を楽しんでください。

次の

さんかく窓の外側は夜の平手友梨奈さんはかわいいですが誕生石は?

さん かく 窓 の 外側 は 夜

あらすじ [ ] 書店で働く三角康介は、一見普通の青年だが、幼い頃から霊が見えてしまう特異体質に悩まされていた。 ある日、書店にやってくる除霊師・冷川理人にその体質を見出され、勧誘されて彼の除霊事務所の助手となった。 様々な依頼を受けて除霊業務を行う中、2人は刑事の半澤より、一年前に起きた連続殺人事件の話を持ち掛けられ、その謎を追うようになった。 登場人物 [ ] 声はドラマCDの声優。 演は実写映画の配役。 冷川理人(ひやかわ りひと) 声:、演: 有能な除霊師。 三角康介(みかど こうすけ) 声: 、演: 霊が見える書店店員。 勤務中に冷川に見出されて、彼の助手となった。 非浦英莉可(ひうら えりか) 演:。 裏では「呪い師」をしている。 半澤日路輝(はんざわ ひろき) 演: 殺人事件担当の。 霊の話をいっさい信じていない。 迎系多(むかえ けいた) イケメン。 逆木(さかき) 英莉可の付き人。 先生 正体不明ののトップ。 山井(やまい) 三角が勤務する書店の店長。 康介の母。 康介の特異体質を全く知らない。 書誌情報 [ ]• ヤマシタトモコ 『さんかく窓の外側は夜』 〈〉、既刊8巻(2020年2月10日現在)• 2014年 02月10日発売、• 2015年 02月10日発売、• 2016年 03月10日発売、• 2016年12月10日発売、• 2017年 08月10日発売、• 2018年 07月10日発売、• 2019年 04月10日発売、• 2020年 02月10日発売、 映画 [ ] さんかく窓の外側は夜 The Night Beyond the Tricornered Window 監督 森ガキ侑大 脚本 原作 『さんかく窓の外側は夜』 出演者 主題歌 『暗く黒く』 製作会社 「さんかく窓の外側は夜」製作委員会 配給 公開 製作国 言語 とによる共同製作プロジェクトの第1弾作品 として、に公開予定。 監督は森ガキ侑大、主演はと。 キャスト [ ]• 冷川理人:• 三角康介:• 非浦英莉可:• 半澤日路輝:• 石黒哲哉:• 非浦松男:• 逆木一臣:• 半澤冴子:• 三角則子: スタッフ [ ]• 原作:『さんかく窓の外側は夜』(刊)• 監督:森ガキ侑大• 脚本:• 主題歌:『暗く黒く』()• 配給:• 製作:「さんかく窓の外側は夜」製作委員会 出典 [ ]• コミックナタリー ナターシャ. 2013年3月7日. 2020年3月16日閲覧。 SANSPO. COM(サンスポ) 2020年1月13日. 2020年1月13日閲覧。 BLマンガ基礎講座. 2020年1月13日閲覧。 ORICON NEWS 2020年1月13日. 2020年1月13日閲覧。 スターダスト オフィシャルサイト 2020年1月13日. 2020年1月13日閲覧。 ニコニコニュース 2019年4月10日. 2020年1月13日閲覧。 ナターシャ. 2020年3月4日. 2020年3月4日閲覧。 映画ナタリー 株式会社ナターシャ. 2020年3月30日. 2020年3月30日閲覧。 株式会社MANTAN. 2020年1月13日. 2020年3月4日閲覧。 コミックナタリー ナターシャ. 2020年1月13日. 2020年2月22日閲覧。 株式会社ナターシャ. 2020年5月6日. 2020年5月7日閲覧。 外部リンク [ ] 漫画• sankakumadoeiga -• sankakumadoeiga -.

次の

「さんかく窓の外側は夜」ネタバレと感想!読むと笑いが耐えない漫画|ささやんのマンガ倉庫

さん かく 窓 の 外側 は 夜

内容紹介 書店員の三角は、昔から不気味なモノを視てしまう体質で、 除霊師の冷川にその才能を見い出され、 無理やりコンビを組まされてしまう。 冷川はすご腕ではあるが、情緒や生活能力に欠けており、 お茶出しや「空気読み」など三角の出番は多い。 そんな中、ある殺人事件に遭遇し…。 日常に潜む恐ろしくかつ不思議な現象を見つけてはズバリ解決。 凸凹コンビの霊感エンタメ! 殺人現場に残されたのは「呪い」の気配だった。 手掛かりは死者がつぶやいた「非浦英莉可」という名。 除霊を生業にしている冷川とその助手・三角。 2人はある女子校で起こった心霊被害の調査中、 思いがけず「非浦英莉可」と遭遇する。 英莉可の正体が高校生だということに衝撃を受けながらも、 あることに引っかかりを覚える冷川。 それは三角が霊能力の高い人間と「ひかれ合う」ということだった。 「きみは私が見つけたんだから、私のものです」 冷川はいったいどんな手段に出るのか…? 理由もわからず突如行方不明となった失踪者たち。 彼らの最後の目撃場所はまったく同じ「場所」だった。 しかし失踪者同士に関連性はなく、土地に因縁もなし。 刑事の半澤は捜査に行き詰まり冷川に助けを求めるが、 そこは何やら「罠」の気配がするようで……。 冷川と三角の凸凹霊感コンビに無邪気に絡んでくる英莉可の 「呪い」を操る日常がはじめて明かされる! 冷川が自分にかけた「束縛」の呪詛 おれはあんたの道具じゃねぇよ。 「呪い」をかけておき、その「除霊」を仕事にすれば、合理的に儲けられる。 あっけらかんと言う冷川に三角は怒りとさびしさが湧いてくる。 冷川の無自覚な悪意の方向性を、変えていくことをできないか? 「おれはあんたのことが知りたい」 そう思った三角はとことん冷川に関わろうと挑んでいくが…。 エセ占い師・迎とのコンビも相性バツグン! 心霊探偵シリーズ第4弾! 著者 ヤマシタ トモコ ヤマシタ トモコ ヤマシタ トモコ ヤマシタ トモコ 内容紹介 謎多き冷川の過去 想像を絶する生い立ちを知るのは…刑事の半澤だけ 犯罪の芽を嗅ぎ付ける能力、 どんな事件にも整然と対処する冷静さ、 半澤が強いのは、あやしげな超常現象はもちろん、 人という存在すら「信じず」に「疑う」から。 そんな半澤がずっと気にかけてきた冷川は、 今や三角という助手(兼、唯一の友人)と出会い 心霊探偵として順調な様子だ。 しかし冷川を過去に揺り戻す事件が…! よく考えてくれ 「呪い」という行動の先に「人間」がいるってことを 殺人現場に残されていた 「ヒウラエリカに騙された」という死者の言葉。 証明のできない霊現象など、まったく信じない刑事の半澤だったが、 ある事件現場の跡地で、その「ヒウラエリカ」を偶然見つける。 一方、裏の稼業として淡々と呪い屋をこなしてきた英莉可は 「実社会」から自分の罪が問われる恐怖に、初めて怯えるのだった。 そして英莉可は自分を売った裏切り者は誰かを考え始める。 もしかして…三角康介くん? 「おれがいちばん力もねーし世間知らずだから、 積極的に皆さんの心配をしていきます」 金勘定に走りがちで、安易に「悪いモノ」を利用しようとする冷川。 だから三角は自ら「心配係」を買って出る。 冷川の「帰る場所」になれることを目指して。 そんな中、呪いの大元である闇の教団から英莉可を救い出すため、 ついに「先生」と対決することになった2人は、 迎、逆木、半澤と協力体制を作っていく。 先生宅への潜入には、結界と結界を ネットでつなげるという突飛で最先端な手段を用いるが…。 「あんたが悪い感情をずっと抱えてるなんて、 そういうことが悲しいんだ」 冷川と三角の事務所に暗号メモが届く。 それは英莉可からのボイスチャット招待アドレスだった。 英莉可は無事、教団から身を隠すことができたのだ。 「先生」の正体を明らかにしようと、チームが結託して動く中、 一人冷川は別のことを考えていた。 「金も力も何もかも、直接奪いに行けばいいんですよ」 冷川の考え方の稚拙さを指摘した三角だが、 そんな三角を冷川は冷たく突き放し、 呪いの池へとぶっ飛ばして…!? 著者 ヤマシタ トモコ ヤマシタ トモコ ヤマシタ トモコ ヤマシタ トモコ 7巻まで一気に読みました。 BLらしいですが、ほとんど要素はなくて、少なくともBLの王道展開みたいなものはなくて、それ以外のジャンルの漫画として読み進められます。 なかなか闇が深いです。 視覚的なグロさは少しで、メンタルがやられるエグさ混みのホラーでしょうか。 全体像は5巻あたりで掴めます。 そこで好みかどうかが分かれると思います。 子供と親との関係性、子供の成長過程での躓き、人間の弱さやマイナスの感情など、難しいところがいっぱい描写されています。 かつ"陽"足り得るキャラが何人かいるので、どんどん続きが気になり読んでしまいます。 色々救ってほしい。 個々のキャラクターがしっかりしていて、個人的にはとても魅力的です。 なのでハッピーエンドを期待しますが... どうでしょう。 面白い漫画に出会えたので、次巻も楽しみです。 映画化おめでとうございます。

次の