ぐらんぶる 実写 化。 SixTONES松村北斗×森七菜W主演で「ライアー×ライアー」実写映画化!

漫画『東京卍リベンジャーズ』来年テレビアニメ化 実写映画の公開控える人気作

ぐらんぶる 実写 化

映画『窮鼠はチーズの夢を見る』90秒予告 近日公開 でもご紹介した、『窮鼠はチーズの夢を見る』。 原作マンガの作者は、『失恋ショコラティエ』の水城せとな先生。 作品の詳しい内容はぜひ前回の記事をご一読ください。 本作はとにかく、何もかもガチ。 配役はもちろん、監督は『GO』や『世界の中心で、愛をさけぶ』など数々の名作映画を手がけてきた行定勲監督。 本気で作品を作って売りに来ている気概を感じます。 個人的には、『おっさんずラブ』以来の大ヒットを飛ばしてしまうのではないか……と大いに期待している作品です。 原作マンガには、男女それぞれ性的な描写が含まれています。 主役のふたりが肌を重ねる行為そのものや行為に対する姿勢にも、深い意味が込められています。 読者へのサービス、物語の盛り上がりのためだけに用意されたわけではない性的なシーンは、本作に込められた大切なメッセージそのもの。 一方で、映画は全年齢向け。 性描写自体もですが、作品に込められたメッセージが映画でどのように表現されるのかが気になるところです。 『さんかく窓の外側は夜』 映画『さんかく窓の外側は夜』超ティザー映像 本格ホラーBLの本作。 映画として実写化され、10月30日公開予定です。 わかりやすいBL表現はかなり控えめな、 ブロマンス(性的な関わりがない)作品です。 メディアミックスのニュースが流れると、ファンからよく「(原作と)配役のイメージが違う」といった声が上がります。 その点で本作はどうかと言うと、幽霊が見えちゃう怖がり・三角庸介役が志尊淳さんで100点満点中1億点。 サイコパスな一面のある優男除霊師・冷川理人役が岡田将生さんで10億点。 さらには、ふたりの関係性に大きな影響を与える女子高生呪い屋さん・非浦英莉可役に平手友梨奈さん、主題歌を担当するのはずっと真夜中でいいのに。 で ボーナスポイント含め総合5000兆点です。 特に平手友梨奈さんの配役はイメージどおりどころか非浦英莉可本人降臨レベルになってしまうのでは……? 原作は8巻まで発売されており、現在も連載中。 BL的な表現の少ない作品ではありますが、メインキャラクターたちの関係性の深さを匂わせる表現はしっかりあります。 例えば、冷川から三角への執着や束縛。 さらに、 除霊時にふたりで魂と触れ合うと快感を得てしまうという設定も(笑)。 志尊さんの喘ぎ声が飛び出てしまうかもしれません。 しかし、あくまで魂であって性的ではない! ので、エロくない! 友人と観に行っても気まずくならない! 魂シーンがどういう表現になるか、我々は期待に胸をときめかせてさらなる情報公開を待ちましょう。

次の

「賛否両論」実写化映画を見るメリット・デメリット

ぐらんぶる 実写 化

小説『異世界居酒屋「のぶ」』がドラマ化され、5月からWOWOWプライムで放送される。 蝉川夏哉による『異世界居酒屋「のぶ」』シリーズは、異世界の古都・アイテーリアに繋がってしまった居酒屋「のぶ」を舞台にしたグルメファンタジー作品。 『異世界居酒屋~古都アイテーリアの居酒屋のぶ~』のタイトルでアニメ化もされている。 ドラマ版では、のぶの大将・矢澤信之役を大谷亮平、のぶの給仕・千家しのぶ役を武田玲奈が演じる。 監督・脚本は品川ヒロシ。 撮影は昨年11月から東京都内を中心に行なわれ、12月末にクランクアップ。 のぶや異世界の街並みのセットは、見学に訪れた原作者の蝉川が「撮影のセットも小道具も大道具も本当に見事なできばえで、早く皆さんにご覧頂きたいです」と太鼓判を押している。 大谷亮平のコメント 脚本の印象、オファーを受けた際の気持ち ファンタジー系の作品に参加させていただくのは初めてでしたが、日本式の居酒屋は海外でも人気があり、今や世界に誇れる日本文化の一つとも言えると改めて思いました。 その居酒屋を舞台に、初めて足を踏み入れる客との滑稽なやりとりに笑わせてもらい、ウルッとくるエピソードに心温まる事もありましたが、同時に様々な出来事が巻き起こる居酒屋の大将として、やりがいのある重要な役どころだなとも感じました。 しのぶ役の武田玲奈、品川ヒロシ監督の印象 武田さんとは初共演になりますが、第一印象で和装が似合う方だなと思いました。 作務衣や頭巾がとてもお似合いで、居酒屋の雰囲気に馴染んでいたので、初日から違和感なくセットに溶け込まれていた様に思いました。 品川監督はお笑い芸人さんというイメージが強かったですが、今回は監督として場を盛り上げ、引っ張って下さいました。 料理のシーンに関しては特に熱を入れられていて、時には監督自ら料理を振る舞って下さることもあり、素敵な人柄も見られました。 視聴者へのメッセージ 料理シーンでは、思わずつまみ食いをしてしまう程に、美味しく見応えのある料理が沢山出てきます。 その一つ一つの料理から広がる数々のエピソードによって、ご覧いただくみなさまにも、まるで異世界居酒屋に迷い込んだ様な感覚で堪能して頂けると思います。 新たなグルメファンタジーの物語、是非楽しんで観て頂けると嬉しいです。 しかも心が温かくなってじんわり泣ける』でした。 この原作を僕が脚本・監督でというお話をいただいた時は正直ビックリしました。 まず、「このヨーロッパ的な世界観をどうやって実写化するんだ?」ということと、「今までアクションの多い作品を撮ってきた僕がほっこりとする作品を撮れるのか?」という2つのクエスチョンが頭を巡りました。 日本人が異世界の人間を演じるので安いコントになってしまわないように、とにかくセットと絵作りにこだわりました。 そして料理を美味しそうに撮る。 全キャストを魅力的に撮る。 原作を最大限リスペクトしつつ、実写ならではの良さが出るようにこだわりました 大将役の大谷亮平、しのぶ役の武田玲奈についての印象 大谷亮平さんは、見た目は無骨な格好いい男でありながら中身は関西人なので、とても陽気で明るい人でした。 寒くてハードスケジュールな中、文句も言わず、いつも明るく現場に立っていてくれた。 まさに大将。 武田玲奈さんは、とにかくお芝居が器用で、台本に書いていない居酒屋内での動きを自分なりにずっとしていてくれた。 居酒屋のシーンがリアルに撮れたのは武田さんの細かい動きのおかげ。 まさにしのぶちゃん。 視聴者へのメッセージ 原作がそうであったように、このドラマを見終わったら、 きっと大切な誰かと居酒屋に行って、美味しい料理を食べながら酒が飲みたくなるはず。 蝉川夏哉のコメント 実写ドラマ化すると聞いた際の気持ち 信じられない、というのが率直な感想でした。 居酒屋を舞台にしているとはいえ、異世界のお話ですから、いろいろと実写には難しい面もあります。 それをクリアしてもドラマにしたいとおっしゃって頂けることが、とても嬉しかったです。 大将役の大谷亮平、しのぶ役の武田玲奈、品川ヒロシ監督についての印象 大谷亮平さんは本当にダンディで、以前別のドラマで拝見したときから「かっこいいなぁ」と思っていました。 武田玲奈さんはとてもかわいらしく、撮影現場にお邪魔したときも「ほ、本当にしのぶがいる」と驚かされたくらいです。 品川ヒロシ監督はお笑いのイメージが強かったのですが、はじめてお目にかかった時からとても優しく、それでいて撮影の際には凜々しく、プロフェッショナルとしての気概を感じました。 実際に撮影現場を訪れた感想 この作品を実写にする際に一番のネックになるのが異世界の文物だろうなと思っていたのですが、撮影のセットも小道具も大道具も本当に見事なできばえで、早く皆さんにご覧頂きたいです。 そして、居酒屋「のぶ」!この内装が実に拘っていて、とても細かいところまで入念に作られているのが実に素晴らしかったです。 撮影現場は肌寒かったのですが、ちゃんと美味しいご飯も用意されていて、食への拘りを感じました。 視聴者へのメッセージ 美味しい肴と美味しいお酒の登場する、少し不思議なほっこりと温まる物語です。 やさしい物語を是非ご賞味ください。

次の

映画『ぐらんぶる』公式サイト。8月7日(金)全国ロードショー

ぐらんぶる 実写 化

映画『』が5月29日(金)に公開されることが決定し、ビジュアルと初の映像となる特報が解禁された。 また、とのふたりがW主演をつとめることも明らかになっている。 『』は、『good! アフタヌーン』(講談社)にて2014年4月から連載中の原作・井上堅二氏、漫画・吉岡公威氏によるコミック。 その実写化でメガホンをとるのは、『貞子3D』『ヒロイン失格』で知られる英勉監督。 2019年11月に実写化が発表された際には、キャストふたりの半裸の後ろ姿だけが公開されていた。 『獣電戦隊キョウリュウジャー』や連続テレビ小説『ひよっこ』などで知られるが演じるのは、北原伊織。 男子高出身で夢の大学生活を目指してきた新入生だ。 また、『仮面ライダービルド』などで知られるが演じるのは、同級生の今村耕平。 あるきっかけで伊織と衝撃的な出会いを果たす人物だ。 公開された特報では、竜星と犬飼ともにほぼ全裸で登場。 なぜか、素っ裸のまま姿を現し、キャンパスで騒ぎを起こす様子が収められている。 同じく解禁されたビジュアルでも、二人は一糸まとわぬ姿に。 一貫して、ほぼ全裸で登場している。 なお、映画公式サイトでは、別ハージョンの特報も公開される予定だ。 主演の竜星、犬飼、それぞれのマネージャー、エグゼクティブプロデューサー・関口大輔氏コメントは以下のとおり。 竜星 涼(北原 伊織 役) 青春ダイビング映画をつくるとオファーを受け、聞くと男2人のバディもの。 2人を取り巻く友情や恋愛など、キラキラした大学生活を想像し、即オファーを受けました。 それからの撮影期間とても濃厚な時間を過ごすことが出来ました。 来る日も来る日も裸。 裸、裸、裸。 ん?最初に想像していたイメージとは少し、いやだいぶかけ離れてしまいましたが、かけがえのない裸の先輩と裸の相棒に出会うことができました。 キラキラな青春ダイビング映画「」是非劇場でお確かめ下さい。 何度もいいます。 キラキラな青春映画です。 竜星涼 担当マネージャー はじめてオファーをいただいた時、最大のチャンスと最大のピンチが同時に来たなと思いましたが、彼なら全力でやり遂げると信じてお引き受けしました。 竜星が文字通り体を張った作品なのでマネージメントも気合を入れて大ヒットを目指します!ただ、イベントに裸で出てくださいと言われたらどうしようと思うと怖くて眠れません・・・。 犬飼 貴丈(今村 耕平 役) 僕は漫画アニメが好きで、この仕事をしてる以上は漫画アニメ原作の作品に携わりたいと常々思っていました。 この「」も漫画原作ということで携われたことに大変嬉しく思います。 ほぼ裸でしたが。 それだけではなく、明るく楽しい現場、好きなことをさせてくれる監督、スタッフの方々、面白い共演者。 沢山の素敵な出会い、撮影期間が夏だったということもあり、かけがえのない夏の思い出ができました。 ほぼ裸でしたが。 夏と海という青春成分満載な映画で、男ってバカだな~というようなことばかりやってるので是非劇場に足をお運びください。 犬飼貴丈 担当マネージャー この度は千載一遇のチャンスを頂き、参加を即断即決させて頂きました。 僕が立ち会った撮影現場では裸、ポスター撮影でも裸、僕は服を着た犬飼をまだ見ておりません(笑) ジュノンボーイから始まり、仮面ライダー、朝ドラなど、今まで培った経験だけは身に纏い、 犬飼は文字通り裸一貫頑張りました。 皆様にも観て頂きたいと思い、今後は宣伝活動を頑張って参ります! それにしても特報やポスター大丈夫かな。 社長、申し訳ございません!! 関口大輔(エグゼクティブプロデューサー) 英監督からプロデューサーへの唯一の質問は、「振り切っていいですか?」という一言でした。 もちろん、「振り切ってください。 」と答えました。 原作通り、主人公達はほぼ全編裸。 さすがに竜星さんも犬飼さんも、ここまで裸の撮影が続くとは思っていなかったのではないでしょうか。 でも、二人は最後まで嫌な顔ひとつせず全力・全裸で撮影に取り組んでくれました。 私には二人がまるで原作から飛び出してきた伊織と耕平のように見えました。 原作を知らない方も原作ファンの方も楽しんでいただける、今まで見たことのない男の友情、青春コメディ映画となっています。 2020年の初夏に、ぜひこの映画をご覧いただけたらと思います。 映画『』は5月29日(金)全国ロードショー。

次の