リカオン ハイエナ。 【グロ注意】リカオンの群れが生きたままのクーズーを貪る狩り動画

リカオン

リカオン ハイエナ

ライオンは、食肉目ネコ科ヒョウ属に分類される大型の肉食動物で、トラと並びネコ科では最大となります。 オスの立派なたてがみが特徴的であるライオンは、百獣の王として古くから強さや王の象徴とされてきました。 古来では王家の紋章として使われたり神格化した彫像物として、また現代でもプロスポーツチームの名前やディズニー映画のタイトルとしてなども使われており、人間にとって一番メジャーな野生動物といっても過言ではないかもしれません。 スポンサーリンク 現在は2種類のライオンが生息しており、 アフリカのサハラ砂漠以南のアフリカ大陸に生息しているアフリカライオンと、 インド北西部の森林地帯などに生息しているインドライオンです。 アフリカのライオンは、サバンナや乾いた平原、茂みのある岩地などを生息地としています。 ライオンの体の大きさですが、 体長はオスで170~250cm、メスで160~180cm程度、体重はオスで150~250kg、メスで120~180kg程度と、オスの方がメスよりひとまわりもふたまわりも体つきが大きいのが特徴です。 さらにオスのライオンにはたてがみがあり、外見的にメスとは容易に性別の違いを認識できますが、これはネコ科動物では非常に珍しい事です。 ライオンの寿命は、動物園などの飼育環境では寿命は20年程となりますが、野性での寿命はそれよりも短く10~15年程度です。 中でもオスのライオンが野生で10年以上生きるのは稀です。 縄張りやプライドの座を争って他のオスライオンと争う事が頻繁にあり、その争いで負った傷によって寿命を縮める原因となっています。 オスのライオンには、頭部から首、肩、胸にかけてごわごわした長いタテガミが生えており、このオスライオンのたてがみはライオンだけでなく野生動物そのもの全ての象徴的なものとして取り上げられることも多いです。 オスライオンのたてがみは、他のオスライオンや生息域を共有するハイエナやリカオンなどの他の肉食動物に対して、自分の体を大きく見せ威嚇するのに役立ちます。 また、メスへの性的アピール効果も強いと言われており、フサフサとたてがみの量が多くより黒っぽい濃い色をしたたてがみを持ったオスライオンほど、健康的で強いという証となり多くのメスライオンと交尾できる傾向が強くなります。 スポンサーリンク 生息するアフリカのサバンナにおいて、食物連鎖の頂点に君臨する百獣の王であるライオンは、主にヌー、インパラ、シマウマ、バッファロー、イボイノシシ などを捕食しますが、地域によっては子どものゾウやキリンなど大型の動物を襲う事も多々見られます。 大人のゾウやサイ、カバ、ナイルワニなど非常に大型の動物になると怪我を負う危険もあるので襲う事は稀です。 大食漢のライオンは、大人のメスで1日におよそ5kg、オスで7kgの肉を必要とします。 そのために多くの動物を倒さなければなりませんが、狩りの仕方もネコ科の多くの肉食動物と異なり、ライオンは仲間同士などで協力して狩りを行います。 狩りの多くはメスライオンたちのみで行いますが、狩りの成功率は20~30%ほどとサバンナの王者に似つかわしくない低い成功率です。 そのため獲物が捕まらず食べ物に困窮する時などは、子供のライオンにまで食べ物が回らず餓死するといったケースも多く、生後1年以内に約50%のライオンの子供が死亡します。 ライオンは、暑い日中のほとんどは木陰などで休んでいて、夕方から夜にかけて獲物を取りに活発に動き出しますが、獲物の数が少ないときは1日中活動します。 また他のネコ科の肉食動物は通常群れを作らず単独行動しますが、ライオンはプライドと呼ばれる群れで生活しています。 ライオンのプライドは通常、1~2頭のオスと数頭のメス、そしてその子供たちが集まって10~15頭程度となります。 プライドはそれぞれ20~400平方キロメートルの縄張りを持っていて、他のプライドと縄張り争いをすることもしばしばあります。 現在は世界的に保護の機運が高まっており、保護プログラムや国立公園の設置、地元住民への啓蒙活動などが進められており、ザンビアのエトーシャ国立公園、タンザニアのセレンゲティ国立公園、南アフリカのクルーガー国立公園などはナショナルジオグラフィックなどのメディアにも頻繁に取り上げられ、ライオンの保護活動地域として有名になっています。 スポンサーリンク 新たにプライドを奪い取ったオスライオンは、前のオスライオンの子どもを殺すことが頻繁にあり、「ライオンの子殺し」として知られています。 これは、子供を持ったメスは発情しないため、他のオスライオンの子どもを殺すことによってメスの発情を促すことが目的です。 野生のオスライオンがプライドのリーダーとして最盛期を迎えている期間は3,4年程度しかなく、その間により多く自分の子孫を残すためこのようなライオンの子殺しが行われています。 生物ピラミッドの頂点に君臨するライオンですが、大人には自然界に天敵とよべる野生動物はいません。 ですが赤ちゃんライオンは、飢えやジャッカルやハイエナなど他の肉食動物に捕食されたり、バッファローなど草食動物たちにも将来の脅威を排除するために殺されるなどするので、2才までにはだいたい80%もの子どもライオンが死亡してしまいます。 陸上最強の捕食動物のひとつであるライオンですが、人間との間に生じた人食いライオンの事件も多く残っており、その中でも1898年にケニアで少なくとも28人が犠牲になった「ツァボの人食いライオン」が最も有名です。 現在でも人間がライオンに襲われるケースも頻繁に起こっており、ナイルワニ、カバなどと並び地元アフリカでは人間の生命を脅かす危険な野生動物であることに変わりありません。 本日の動画は、百獣の王ライオンとサバンナの横取り屋ハイエナとの獲物や縄張りを争うバトル動画です。 通常はライオンが来ると逃げるハイエナですが、時にはその数にものを言わせて逆にライオンから獲物を奪い取ったりしてしまいます。 アフリカのサバンナで繰り広げられている、肉食動物同士の戦いの迫力ある動画です!.

次の

【グロ注意】リカオンの群れが生きたままのクーズーを貪る狩り動画

リカオン ハイエナ

【動画】リカオンvsハイエナ 集団同士の戦いの行方は(解説は英語です) 8月のある夜明け、南アフリカ共和国のサビサンド動物保護区で、リカオンの群れがインパラを仕留め、獲物をむさぼっていた。 「こっちにもあるよ」と、1匹が獲物を置いたまま仲間を呼びに行った瞬間だった。 1匹のハイエナが草やぶから忍び寄り、インパラにかぶりついた。 直後、リカオンたちが群れで戻ってきてハイエナを追い払う。 と思いきや、今度はハイエナが護衛付きで現れた。 背後には少なくとも5匹のハイエナが控えている。 (参考記事: ) これは生きるための戦い。 結局、どちらがごちそうにありつくのだろう? 似ているが違う 今回の貴重な映像は、動物保護区内にある民間のロッジに宿泊していたロディー・ワトソン氏が撮影した。 「太古から変わらない、動物たちの営みです」と、ボツワナに拠点を置くグレート・プレーンズ・コンサベーション財団の最高保護責任者で、獣医師でもあるマーカス・ホフメイヤー氏は語る。 とハイエナは、似ているようで違う。 どちらも食物連鎖の頂点にいる捕食者で、外見もともにまだら模様とよく似ている。 だが、体重はハイエナの方が重く、リカオンはイヌ科だがハイエナはむしろネコに近い。 そのうえ、両者は評判も異なる。 リカオンは絶滅危惧種で、ハイエナは泥棒のイメージがある。 どちらも優れたハンターだが、リカオンは狩りの成功率が高く、腐肉を食べることはめったにない。 一方、ハイエナは腐肉食動物で、狩りをしなくても生きていくことができる。 ホフメイヤー氏によれば、ハイエナは数を武器に、ほかの動物が仕留めた獲物を横取りするという。 ライオンやヒョウ、チーターの獲物を奪うこともある。 動物保護区のレンジャーとして長年働く動物学者のジェームズ・ティレル氏は「ハイエナとリカオンに関しては、どちらが勝つかを予測するのは困難です。 拮抗したスポーツの試合を見ているようなものです」と話す。 (参考記事: ).

次の

ハイエナとヒョウが1対1のガチンコ勝負したらどちらが勝ちま...

リカオン ハイエナ

ブチハイエナとは ブチハイエナの生態• 科名:ハイエナ科• 体長:95~165cm• 分布:アフリカ大陸• 環境:草原• 危険な部位:顎の力がとても強い。 噛みついた相手の骨まで砕くことが可能。 ブチハイエナは大きくて丸い耳と体のブチ模様が特徴です。 見た目はイヌに似ていますが、ジャコウネコ科の近縁なので、中身はネコに近いタイプです。 腰が引けているように見えるのは、ハイエナの仲間が後肢より前肢の方が長い脚を持っているためです。 一見走りにくそうにも見えますが、ブチハイエナは前肢の筋肉が発達しており、 最高時速65kmで走れます。 また、スタミナがあるので長距離を走ることも得意です。 マラソンランナーのようですね。 また、ブチハイエナは完全なメス社会です。 5~15頭ほどのクランと呼ばれる群れを作って生活します。 体の大きさもオスよりメスの方が一回り近く大きくなります。 リーダーは必ずメスで、生まれた時から次にリーダーになる個体が決まっています。 また、オスは他のどのメスよりも下っ端です。 群れの順位が明確に決まっており、高い団結力があります。 仲間内の無駄な争いを避け、傷ついた仲間の世話や子供の世話をみんなでするという協力的な生活をしています。 コミュニケーション能力も発達しており、12種類の鳴き声を使い分けています。 人の笑い声に似た声を出すこともあり、「ワライハイエナ」とも呼ばれています。 夜行性で、昼間は木の茂みなど木陰に隠れていて、夕方~夜にかけて活発に活動します。 食事のおよそ60%を狩りによって確保し、残りの40%ほどは他の動物から横取りしたり、死肉を漁ったりします。 消化器官が優れているため、死肉を食べても消化不良を起こさず、狩りで捕獲した獲物の残りを後で食べるために水中などに沈めて保管することもあります。 ブチハイエナは両性具有?実はブチハイエナは、オスとメスの判別が難しかったため永らく両性具有だと信じられていました。 メスの出産は命がけになり第1子のほとんどは死産になってしまいます。 なぜこのような両性具有であるかのように判別が難しい生態なのかは、はっきりとは分かっていませんが、ブチハイエナは完全なメス社会でメスが狩りもするためオスのような攻撃性が必要になり、男性ホルモンが高まりオス化したのではないかと考えられています。 ブチハイエナの狩り ブチハイエナには他の動物から獲物を横取りするというイメージがあるかもしれませんが、 ブチハイエナは聴覚、嗅覚そして視覚も発達しており非常に優れたハンターです。 狩りの成功率もライオンより高く、ライオンから獲物を横取りするというよりは、ライオンがブチハイエナから獲物を横取りすることの方が多いようです。 狩りの獲物は、シマウマやヌーそしてカバやサイの子供などです。 弱肉強食の世界ですので、子供や病気・ケガで弱っている個体が狙われます。 足が速く、スタミナがあるため、獲物をしつこく追い回し、獲物が疲れて油断した一瞬のスキを見逃さずに群れで襲い掛かります。 また、人も襲われることがあります。 子供や女性、お年寄りが狙われやすく、夜に屋外で無防備に眠ってしまったりするとハイエナが容赦なく襲ってきますので注意してください。 ブチハイエナの強さは?ライオンを食べることも ライオンキングにも悪役として登場しているブチハイエナ。 作中でもライオンとブチハイエナ達は仲が悪いですよね。 実際の野生のライオンとブチハイエナも仲が悪く対立関係にあります。 ライオンはブチハイエナから捕らえた獲物を横取りし、ブチハイエナはライオンの子供を食べてしまうからです。 ライオンが他のネコ科のヒョウやチーターと違い、群れで行動するのはブチハイエナを警戒しているからと考えられています。 時にライオンはブチハイエナを食べる目的以外で襲い、ブチハイエナもライオンに仕返しをし、お互いに強さを見せつけ合っているようです。 ブチハイエナとライオンはサバンナのトップを争う動物ですので、お互いにライバル意識があるのかもしれません。 まとめ いかがでしたか? ブチハイエナの強さの秘密は、 強力な顎、なんでも消化できる強靭な胃袋、そして長距離を走ることができるスタミナでしたね。 ずるい人のことをハイエナのような奴だと言いますが、これからはなんでもよく食べる人のことをハイエナのような奴と言った方がいいかもしれませんね。 また、仲間内でのコミュニケーションが活発で仲良しさんみたいですね。 ただ、オスに生まれてしまったらちょっと悲しい人生になってしまいそうです。 百獣の王ともいわれるライオンとも対等に渡っていけるブチハイエナは、野生下では絶対に遭遇したくない超危険生物ですが、生態などを知るととても魅力的な動物ですね。 ハイエナは、ブチハイエナの他にも、シマハイエナ・カッショクハイエナ・アードウルフという全部で4種類存在しますので、これをきに是非ハイエナの魅力を知っていただければと思います。 動物園でブチハイエナを見かけたら、ぜひじっくり観察してみてください。 きっと新たな発見があると思います。 昼間は寝ていることが多いので、夕方ごろに行くのがおすすめです。

次の