トイレ スッポン 使い方。 トイレのつまりをラバーカップで直す!スッポンの正しい使い方

いきなりトイレが詰まったらやるべき「3つの直し方」【完全版】。原因と対策も解説。

トイレ スッポン 使い方

Contents• すっぽんの正しい使い方 すっぽんの正しい使い方は、ゴム部分を水平に排水口に押し当てることから始まります。 この時、トイレの水がゴム部分を浸している状態か確認しましょう。 すっぽんは、ゴムカップの中を真空状態にして吸引力を高めるため、カップ全体に空気が入る余地をなくすよう水に浸す必要があるのです。 次に、ゆっくりと押し込みカップをヘコませます。 この時はゆっくり静かに押し込みます。 カップの内側全部をトイレの排水口に密着させるイメージで行ってください。 限界まで押したら、次は勢いをつけて引きます。 これを何度か繰り返しましょう。 ラバーカップ洋式はゆっくりと押し込んで便器に密着させ、一気に引き上げてください。 トイレットペーパー以外の物が詰まった場合、配管が詰まる可能性がありますので、詰まりを押し流すのではなく、引き出してください。 引用:) 水はねや逆流に備えて雑巾の準備 すっぽんを使う際の準備として、水が跳ねたり逆流してもいいように、床にビニールや雑巾を敷いておきましょう。 トイレ用のすっぽんは、飛び散りにくい構造になっているため、汚水や汚物で汚れることはほとんどありません。 しかし、詰まりが解消するタイミングで、水が逆流することもありますので念のため用意しておいた方がいいでしょう。 また、汚物を回収できるようビニール袋やバケツなども備えていた方がいいかもしれませんね。 ゴボゴボ音や水が引けば詰まり解消のサイン すっぽんを排水口に吸引させ、押して引いてを何度か繰り返し、水が引いたりゴボゴボと音が鳴ったら、それは詰まりが解消された証です。 この時詰まりの原因となったものが逆流する可能性があるため、その場合は便器から取り出して処分しましょう。 また、「詰まりが解消した!」と思ってもすぐにタンクの水を流さないようにしてく。 もし完全に詰まりが直っていない状態で水を流してしまうと、便器内の水が溢れ出すことも。 バケツで少量ずつ水を流し、詰まりなく流れるかを確認してから、タンクの水を流すようにしましょう。 ゆっくり行わないと便器が破損するかも すっぽんの使い方のポイントは、ゆっくりと正確に行うこと。 すっぽんは押すためではなく強く引くことが目的の道具でなので、しっかり排水口にゴムカップを押し込まないと効果が半減します。 また、老朽化したトイレで使う場合、すっぽんを押す際に負荷をかけすぎたり、何度も小刻みに押しつけると、便器が破損する恐れが・・・!! あくまで排水口にゴムカップを密着させるのが目的なので、強く負荷をかける必要はありません。 押す動作で真空状態を高め、引く動作で異物をカップに吸い込ませてください。 力を込めるのは、引く動作の時であることを注意しましょう。 「和式用」と「洋式用」の2種類ある 一般的に市販されているすっぽんにはいくつか種類があり、大きく分けると和式用と洋式用の2種類に分かれます。 排水口は、洋式より和式の方が大きいため、洋式用のゴムカップには和式用のお椀型の下に出っ張りがつき、小さめな排水口にも対応できる構造です。 一般的な和式用と洋式用のすっぽんのサイズは大・小ありますが、洋式の場合、便器のデザインや仕様によってサイズやデザインも複数展開されています。 例えば節水用トイレの複雑な構造にフィットするツバつきのすっぽんも販売されています。 洋式の場合は、事前にトイレのタイプと排水口のサイズを確認してから購入をおすすめします。 すっぽんはゼット孔付きの便器にも使える ゼット孔とは、便を勢いよく流すために水を噴出する穴になります。 すっぽんは元々ゼット孔がない便器に適していますが、ゼット孔がある便器にも対応することができます。 ゼット孔がある便器の場合、上記で紹介した洋式用のものが最適です。 洋式用がない場合は和式でも問題ありません。 (引用:) すっぽんは「トイレ詰まりにはコレ!」と言われるほど、ほとんどのトイレ詰まりを解消できる万能アイテムです。 昔からあるアイテムのため、適当に使いがちですが、正しく使わないと効果がありません。 トイレ詰まりにも慌てることなくすっぽんひとつで解消できるといいですよね。

次の

トイレで使う「すっぽん」の使い方と収納方法!100均アイテムが大活躍!

トイレ スッポン 使い方

Sponsored Links トイレのスッポン(ラバーカップ)の使い方とコツは? トイレのスッポン、 なかなか 使い方のコツが必要ですよね。 一般的な スッポン(ラバーカップ)には、 ・トイレ用 ・排水・お風呂場用 とおおまかに2つの種類があり、トイレには トイレの排水部分の形状に合うものが必要です。 トイレ用のものはきちんと排水口に密着する様に 底が出っ張った形をしています。 排水口用などは被せて使うので平らになっています。 また、複雑な形や節水型の便器などにも しっかりフィットするツバ付きの ラバーカップなどもあります。 トイレのスッポンがない!代用になるものは? トイレのスッポンの 代用には、 ペットボトルを使う事ができます。 500mlペットボトルが丁度良く、 直接便器に手を入れるのでビニール手袋が必要です。 ペットボトルの底を切り取って 蓋は外し、切り口側を突っ込みます。 程よく置くまで突っ込んだら口を付ける部分を 指や手で塞いで引き抜くという動作を数回行ってみてください。 Sponsored Links トイレのスッポンを使っても詰まりが直らない場合は? トイレのスッポンでも詰まりが直らず困ってしまった・・・ という場合には、多くは溶けにくい紙を多く 流してしまった事によって起こっていると思いますので、 ほとんどはそのままでも水分を吸って いずれはやわらかくなって流れて行く様になります。 もう少し速く溶ける様に お湯と重曹を混ぜたものをトイレに流し込む! という方法があります。 他には、 苛性ソーダを溶かした溶液を流したのち、 お湯を流してみるという方法も効果的です。 苛性ソーダは手作り石けんを作られる方が 購入したりするので薬局などで手に入ります。 ただ、 劇薬なので その後の管理には十分注意してください。 どうしても 直らない!という時は 致し方ないので業者を呼ぶしかありませんが、 基本料金が 5,000~8,000円とかかり、 時には部品代など別途かかることがあります。 ダブルのトイレットペーパーを大量に丸めて流したり、 トイレットペーパー以外の ティッシュペーパーなどでは詰まり易くなります。 そうならない様に日頃から流してはいけない紙は 流さない様に注意しないといけないですね。

次の

トイレのつまりをラバーカップで直す!スッポンの正しい使い方

トイレ スッポン 使い方

トイレが詰まった!スッポンの使い方&コツ【洋式・和式で使い分けよう】 トイレが詰まると流すことができないため、水が溢れてしまうことがあるのです。 トイレが使えないと困ってしまいますよね。 まずは、考えられる詰まりの原因から、対処法を試してみましょう。 なぜトイレで詰まりが起こるの? トイレが詰まる原因には、軽度なものから重度なものまで、いくつかの可能性が考えられます。 軽度なものであれば、水に溶けるトイレットペーパーなどが詰まっている状態です。 重度な場合は、水に溶けない固形物が詰まっていたり、配管に問題があったりします。 もし重大な問題によってトイレが詰まっている場合は、すぐに業者に確認してもらったほうがよいでしょう。 しかし、トイレットペーパーなどが詰まっている程度の軽度な原因なら、スッポンを使って自分で修理することもできます。 トイレ詰まりをラバーカップで解消する方法 ラバーカップ スッポン を使って、実際どのようにトイレの詰まりを解消するのでしょうか。 トイレの詰まりをラバーカップで解消するためには、以下のことに注意をしましょう。 ・トイレの種類を確認 カバーラップには種類があり、それぞれ特徴や対応しているトイレがことなります。 カバーラップは、トイレの排水部分にかぶせて部分的に真空状態にし、引き上げることで詰まりの原因を引き出すというものです。 部分的に真空状態を作るため、トイレの形にあわせてカバーラップの形がことなります。 詰まりを解消したいトイレが、和式なのか様式なのかにあわせてカバーラップを使用しましょう。 ・【飛び散り防止】水に浸す ラバーカップを使用してトイレの詰まりを修理する場合には、水の飛び散りに注意が必要です。 ラバーカップを使う前にトイレの水位を調整しておくと、作業中の飛び散りを防止することができます。 ラバーカップの効果を最大限使うには、しっかり水に浸かっている必要がありますが、多過ぎると溢れてしまいます。 逆に少なくし過ぎると、ラバーカップを上下させたとき、水が飛び散りやすくなってしまうのです。 そのため、ラバーカップがちょうど浸かるくらいの水位にするとよいでしょう。 ・押すのではなく引く トイレの詰まりを修理するとなると、詰まっているものを流そうと、ラバーカップを押してしまう方もいることでしょう。 しかし、ラバーカップの正しい使い方は、押すのではなく引くのです。 詰まったものを押し出そうとするのではなく、引いて取り出すように使いましょう。 そうすることで、より効果的にラバーカップを使うこともできます。 汚水が飛び散るのをキッチリ防ぐコツ ラバーカップを使用することで、汚水が飛び散ることがあります。 トイレの水が飛び散ると周囲が汚れてしまう原因になるのです。 ・水の量を調節 上記でも説明したように、汚水が飛び散らないようにするためには、水の量を調整しなければなれません。 トイレの中に残った水が多過ぎる場合は、バケツなどを使って減らしましょう。 少ないようであれば、水を足すことで飛び散りを防ぐことができます。 トイレの中に残す水の量は、ラバーカップがちょうど浸るくらいまでにしてください。 ・便器をビニールで覆う カバーラップ内の空気を抜いても、引くときの勢いで汚水が閉じ散ることがあります。 汚水が飛び散っても周囲を汚さないようにするためには、便器をビニールで覆ってしまうのがおすすめです。 トイレを覆うことができるゴミ袋などに穴を空けて、そこにラバーカップを通します。 そうすることでトイレ全体を覆いながら作業もできるため、汚水が飛び散るのを防ぐことができるのです。 ラバーカップ使用後のお手入れと収納法 トイレの詰まりを解消してくれるラバーカップは、直接汚水の中に入れるため手入れをして正しく保管しておく必要があります。 汚水のついた状態で保管してしまうと、臭いや劣化の原因になってしまうのです。 ラバーカップは、使用後に水で洗い流すようにしましょう。 汚れが水洗いで取れない場合は、スポンジなどでしっかりとこすって汚れを落とすようにしてください。 汚れを落としたら、水分をよく切りましょう。 水気を切らないと、カビが生えてしまうおそれがあります。 きれいにして乾燥させたら、カバーなどを被せて保管しておきましょう。 スッポンでも解消できない?これが原因かも 場合によっては、スッポンを使ってもトイレの詰まりが解消されないことがあります。 スッポンではトイレの詰まりが解消されないときは、排水口の奥のほうで詰まっている可能性があります。 ほかにも、排水口に問題が起きている可能性も考えられるのです。 このようにトイレの奥で問題で起きているような場合、自力での対処は難しいでしょう。 もしスッポンを使っても詰まりを解消できないようであれば、一度業者に確認してもらったほうがよいかもしれません。 詰まりの原因がわからないときは調査してもらおう トイレが詰まったとき原因を突き止めなければ、適切な対処をすることは難しいです。 ラバーカップですべての詰まりを解消することはできず、原因によっては事態を悪化させるおそれもあります。 そのため、トイレ詰まりの原因がわからない場合は、一度業者に調査してもらうのがおすすめです。 弊社では、無料で現地調査をおこなっている業者もご紹介していますので、困ったときにはお気軽にご相談ください。 ラバーカップの代用品で解消する方法・手順 ラバーカップが家にない場合は、どのようにトイレの詰まりを解消すればいいのでしょうか。 ラバーカップがなくても、トイレの詰まりを解消する方法はあります。 焦らずにまずは、できることを順番に試してみましょう。 【ラバーカップがない人必見】詰まりの解消方法 ラバーカップがなくても家にあるものを代用して、トイレの詰まりを解消することもできます。 そこで、ラバーカップを使わない方法を5つ紹介します。 ・身近なもので解消 トイレ詰まりの原因が軽度の場合は、ラバーカップがなくても解決できるかもしれません。 ひとつ目の方法としては、トイレ内の水をなるべくなくし、そのあとお湯を入れるというものです。 これを繰り返すことで、詰まりの原因が流れていくことがあります。 また、重曹とお酢を使って、トイレの詰まりを解決することができるかもしれません。 まずは、先ほどと同じように汚水を減らしてください。 そのあと、トイレの半分くらいまでお湯を加えて、そのままの状態で1時間ほど様子をみましょう。 水が減っているようであれば、様子をみながら水を流してみてください。 詰まりが解消されていれば、通常通り使うことができるでしょう。 ・ペットボトルで解消 ペットボトルの下の部分を切り落としたものを用意します。 用意したら、ゴム手袋をつけて口を手で押さえ部分的に真空状態を作りましょう。 真空状態を作って、ペットボトル全体を出し入れして異物を取り除ける場合があります。 ・手で解消 トイレの詰まりを手で解消する場合、ビニール袋2枚と手袋を使います。 手袋をはめて、二重にしたビニール袋を手にかぶせましょう。 その状態で、手を「グー」の形にして出したり引いたりします。 そうすることで、ラバーカップと同じような効果があり、トイレの詰まりが解消されることがあるようです。 ただ、無理にやるとケガや手が抜けなくなることもあるようなので、注意してください。 ・詰まりに穴を空けて解消 針金ハンガーを使って、詰まっている部分をつつくことでふさがっているところに隙間を空けることができます。 ハンガーの取手部分をペンチで切って、先を輪にしてください。 できたら、トイレの中に入れていき詰まったものを掘ります。 掘って隙間を作ることで、流れをよくすることができるのです。 ・洗剤で解消 水に溶けるものが少量詰まっていることが原因であれば、洗剤を使って問題を解消することもできます。 詰まった水をある程度抜き、100cc以上の洗剤をその中へと入れてください。 次にお湯を加え、20分ほど放置します。 お湯が減っているようであれば、詰まりが解消されたかもしれません。 詰まり解消後の確認方法と手順 トイレの詰まりが解消していないのに、水を流すと溢れることがあります。 溢れさせないためには、以下のように詰まりが解消されたかを確認するようにしましょう。 汚水のみを流す トイレの詰まりが解消できたか確認するために、まずは少量の汚水を流すようにしましょう。 汚水が流れない場合は、詰まりが解消されていないことがあります。 水に溶けるものは流す 水に溶ける紙などを流しても、詰まらないかを確認します。 このとき、水が溢れないようにするため、まずは一回だけ流すようにしてください。 ラバーカップを洗う 使用したラバーカップを洗いましょう。 汚水がついたラバーカップを放置しておくと、悪臭の原因になり虫などが寄ってきやすくなります。 時間がない人は24時間受付の業者にヘルプを! とにかく早くトイレの詰まりを解消しなくてはならない場合は、すぐに業者に依頼するようにしましょう。 弊社では、24時間365日電話対応をさせていただいています。 一刻も早く、トイレの詰まりを解消したいときはお任せください。 スピーディーな対応力とサービスで、トイレの悩みを解決させていただきます。 トイレ詰まりを業者依頼で早く安全に解決! トイレが詰まり水が溢れてしまった場合、床から下の階に水が流れていくこともあります。 水が下の階に流れていってしまうと、損害賠償ということにもなりかねないのです。 そうならないためにも、早めに業者に依頼するようにしましょう。 業者に依頼するメリット トイレ詰まりの原因によっては、余分な費用をかけずにラバーカップを使って自分で解決することもできます。 しかし、業者に依頼することは、費用がかかる以上のメリットがあるのです。 ・状況を悪化させない トイレが詰まる原因にはさまざまな可能性が考えられ、知識のない方が正確に判断することは難しいものです。 原因が特定できないままラバーカップを使うことで、事態を悪化させることもあります。 しかし、知識と経験のある業者なら、原因をしっかりと特定してから作業をするため、事態が悪化することはありません。 ・ほかのトラブルも解消できる トイレが詰まって自分で対処しているとき、取り除けないものが詰まっていたり、配管に問題があったりした場合、自力ではどうすることもできません。 しかし、業者ならさまざまなトラブルに対応できるため、より確実に問題を解消することができるでしょう。 ・迅速に対応 トイレのトラブルはいつ起きるかわからず、すぐに対応してほしいと思う方が多いことでしょう。 24時間受け付けている業者も多く、迅速に対応してもらうことができるのです。 夜中にトイレが使えなくなったときでも、すぐに駆け付けてくれるでしょう。 優良業者を見分けるポイント トイレの詰まりに対応している業者といっても、全国にたくさんあります。 早く詰まりを解消したいとはいっても、少しでも安く丁寧な業者にお願いしたいと思うはずです。 そこで、優良業者を見分けるポイントを、いくつかご紹介していきます。 ・サイト内に会社概要が記載 依頼を考えている業者の企業サイトに、会社概要があるかを確認してみましょう。 細かく自社について書かれていれば、ひとつの信用できるポイントにできます。 ただ、会社概要が書かれていなくても、必ずしも信用できないというわけではありません。 あくまでも、ひとつの目安として考えておくとよいでしょう。 ・実績がある 実績の件数は、信頼性を確かめる1つの目安になります。 サイト内に口コミがかかれていたら、チェックしておくとよいかもしれません。 口コミは利用したお客さんの感想を直接見ることができるため、サービスや業者の対応力などを確認することができます。 ただ、口コミサイトには誰でも書き込みができる、ということは覚えておきましょう。 ・電話相談が可能 業者に電話相談ができるほうが、見積りや業務内容などを細かく聞くことができます。 ネットでの情報は限られるため、電話相談を受け付けている業者のほうが安心感があるでしょう。 ・無料で見積りが出せる 見積りを出すだけである場合は、無料でおこなってくれる業者を選びましょう。 見積もりは、業者によってことなります。 何社かに見積りを取って、内容と料金が納得できるところに依頼するようにしましょう。 ・無料で現地調査ができる 実際にトイレの状態を確認してくれる現地調査も無料でおこなってくれるかも、業者選びにおいて大切なポイントです。 現地調査を依頼することで、より正確なトイレ詰まりの原因や必要な作業内容を知ることができます。 ・追加料金がかからない 見積りをもらっていたとしても、作業内容によっては追加料金がかかってしまうこともあります。 しかし、細かな見積りを出している業者であれば、作業後に追加料金がかかることはほとんどないようです。 そのため、業者に依頼する際には、追加料金がかかる可能性があるかも確認しておくとよいでしょう。 業者に依頼してかかる費用相場 トイレが詰まったときにかかる費用は、業者によってさまざまです。 そのため、あくまでもひとつの目安になりますが、修理にかかる費用相場をご紹介していきます。 また、見積りを出してもらったときなど、費用が適正であるかの目安にもしてみてください。 詰まりなど簡単な修理……5,000円ほど• 便座を取り外しての修理……12,000~15,000円• 高圧洗浄機などを使用しての修理……一戸建て:15,000~20,000円、マンション:35,000~40,000円 早めに相談をしてトイレや配管の故障を防ごう トイレの簡単な詰まりであれば、スッポンなどを使って修理できるかもしれません。 しかし、問題が深刻な場合、自分で修理しようとすると事態が悪化してしまうこともあります。 そのようなリスクを避けるためにも、トイレ修理はプロの業者に任せたほうがよいこともあるのです。 弊社では、無料で見積り・現地調査をおこなっている業者を、全国にある加盟店からご紹介することができます。 トイレの詰まりでお困りでしたら、ぜひ一度ご相談ください。 あわせて読みたい 水漏れ修理お助け隊では、水回りでお困りの方からのご相談をお待ちしております。 日本全国、いつでも、どんなお困りごとでも、水漏れ修理お助け隊へご連絡ください。 ご家庭の水回りのトラブルで困ってしまった…そんな経験はございませんか?水回りの部品のほとんどは消耗品です。 普段からきちんとお手入れをしておく必要がありますが、なかなか細かいお手入れも難しいものですよね。 また、きちんと手入れをしていたとしても、いつかは部品交換をしなければいけません。 定期的に、水回りの部品が劣化していないかを点検する必要があります。 キッチン・トイレのつまりや水漏れといった、目に見えてわかる水トラブル以外にも、目に見えないところでトラブルや異常が発生しているかもしれません。 目に見えないところで水漏れが起きていて、急に高騰した水道料金の請求を見てトラブルに気づいた、というケースも後を絶ちません。 また、マンションにお住まいの場合は、知らないところで起きていた水漏れによって近隣住人に迷惑をかけてしまうこともあります。 そうなる前に、できるだけ早めに異常に気づいて、修繕をおこなう必要があります。 いつ起こるかわからない水回りのトラブルに対応するため、水漏れ修理お助けは24時間365日、常に受付対応できる体制を整えております。 日本全国どこからでも、ご連絡いただければ一番お近くにいる修理スタッフがすぐに折り返しの電話を差し上げ、お客様のもとへ駆け付けます。 水トラブルでお困りの際は、全国各地にプロの技術を持ったスタッフを派遣し、確かな実績を持つ水漏れ修理お助けにぜひお任せください。 Copyright 水漏れ修理お助け隊 All rights reserved.

次の