ささみ 保存。 【みんなが作ってる】 ささみ 保存のレシピ 【クックパッド】 簡単おいしいみんなのレシピが335万品

離乳食のささみって冷凍保存できる?すりおろしが便利!

ささみ 保存

武蔵裕子 料理研究家。 両親と息子2人、3世代の食卓を切り盛りしてきた経験から生まれた和食をベースとしたレシピは多くの支持を集めている。 雑誌、書籍、web、企業のメニュー開発などで活躍中。 『フライパンに材料を入れてから火にかけるだけ!レシピ』(学研)、『味つけ冷凍で作りおき』(PHP研究所)、『15分で一汁一菜 毎日のごはんはこれでいい!』(講談社)など著書も多数。 ささみの正しい冷凍保存&解凍方法 鶏肉・ささみの冷凍保存方法をご紹介。 丁寧に冷凍保存をすれば、食感も損ねにくいですよ! ささみの冷凍保存方法 冷凍するささみは、必ず新鮮なものを選んでください。 乾燥防止にラップでしっかり包んでから保存袋に入れるのがコツです。 今回はささみを生で冷凍保存する方法をご紹介しますが、蒸してからでもOK! 【ささみの冷凍保存方法】• ささみに筋があれば包丁で取り除く。 2本ずつラップの上に置く。 ささみ同士が重ならないように1枚のラップで1本ずつくるむ。 ラップにくるんだささみ8本を保存袋に入れ、空気を抜く。 冷凍保存した日付を記入する。 【保存期間】約3~4週間 ささみの解凍方法 ささみは、自然解凍か凍ったまま調理ができます。 半解凍までなら、電子レンジを使ってもOK。 また、一度解凍したささみを再冷凍するのは避けてください。 ささみの下味冷凍保存もおすすめ! 味付けをして冷凍すれば、解凍後の調理が断然早くなります! 「2種類の下味をつけておけば、飽きずに食べきることができますよ」(武蔵さん) 【ささみの下味冷凍保存方法】• ささみに筋があれば取り除き、3つにそぎ切りにする。 半分のささみは、酒、梅肉とともに保存袋に入れる。 もう半分はみりん、しょうゆとともに先とは別の保存袋へ。 それぞれ、空気をぬき、軽くもむ。 冷凍保存した日付を書くのもお忘れなく。 【保存期間】約3~4週間 こちらも自然解凍か凍ったまま調理ができます。 下味がついているので、焼くだけでおかずの完成! 冷凍ささみのレシピ&活用法 冷凍ささみをフル活用するアイデアを武蔵さんに考案してもらいました。 【冷凍ささみのレシピ】蒸しささみときゅうりのエスニックあえ 甘辛いエスニックテイストな味わいがクセになること間違いなし! 「お好みでパクチーを添えるのもおすすめです」(武蔵さん) 【作り方】• きゅうりはビニール袋に入れ、めん棒などでたたいて適度な大きさに割る。 Aは混ぜておく。 ささみはラップしたまま電子レンジで4分加熱し、そのまま冷まして、大きく裂く。 ボウルにささみときゅうりを入れ、 Aであえる。 たくさん余った時に!冷凍ささみの活用法 冷凍保存したささみの活用法をご紹介します。 使い道に困ったらぜひ試してみて。 お雑煮やうどんの具材に冷凍ささみを使う• 塩焼きそばに入れる• ささみをフライにし、お弁当のおかずにする ささみの冷凍保存方法はいかがでしたか? 買ってきたトレイのままではなく、正しい冷凍保存をすれば、美味しさをキープできますよ! 撮影/菅井淳子.

次の

常備したい!ささみの冷凍保存術・レシピ【プロ監修】| Pacoma パコマ | 暮らしの冒険Webマガジン

ささみ 保存

下味で砂糖をふって、余熱で火を通せばパサつかず、びっくりするほどしっとりした仕上がりに! まとめて下処理して冷凍ストックしておきましょう。 【冷凍方法】 1 耐熱皿にささみを並べ、調味料をまぶす ささみはペーパータオルで水けを拭き取り、耐熱皿に並べる。 POINT 塩・こしょう・酒で臭みを取り、下味を付ける。 砂糖の保水性でささみのパサつきを防ぐ。 2 電子レンジで2分30秒加熱する ふんわりとラップをして、4本(約240g)につき電子レンジ(600W)で2分30秒加熱する。 3 余熱で火を通す 加熱後、庫内でそのまま5分ほど置き、余熱で火を通す。 取り出してそのまま冷ます。 POINT 余熱で火を通すことで、ささみがパサつかず、しっとり仕上がる。 4 食べやすい大きさにほぐす 粗熱がとれたら、ささみを食べやすい大きさに手で裂く。 POINT 筋がある場合は、裂いている途中で取り除く。 中がうすピンク色だった場合、10秒ずつ様子を見ながら再加熱する。 5 小分けに包み、冷凍する ほぐしたささみは1回に使う分ずつ小分けにしてラップで包み、冷凍用保存袋に入れる。 空気を抜いて袋の口を閉じ、冷凍する。 冷凍庫で1ヵ月程度保存可能。 【解凍方法/使い方】 凍ったままスープや炒め物に加える。 または電子レンジ(600W)で1本分(約50g、加熱状態での重量)につき40秒加熱して解凍したあと、そのままサラダや冷やし中華のトッピングなどに使う。 解凍後はさまざまな料理に活用できる方法です。 【冷凍方法】 1 筋があれば除く ささみは筋があれば包丁で取り除く。 筋に沿って両側に包丁で浅く切り込みを入れる。 筋が下になるようささみをまな板の上に置き、片手で筋を持ちながら、もう片方の手で包丁の背を下にして持つ。 包丁を上下に動かし、筋を引っ張りながら身と筋をはがす。 2 ペーパータオルで水けを拭く 臭みの原因となるドリップ(水分)はペーパータオルでしっかり拭き取る。 3 1本ずつラップで包む ラップでぴったりと包む。 POINT 面倒でも1本ずつラップで包むこと。 肉同士がくっつかず、乾燥を防ぐこともできる。 4 冷凍用保存袋に入れて冷凍する 冷凍用保存袋に入れ、空気を抜いて袋の口を閉じ、冷凍する。 冷凍庫で3週間程度保存可能。 【解凍方法/使い方】 電子レンジ 600W で1本(約60g)につき20秒〜30秒加熱し、半解凍してから調理する。 または冷蔵庫で1本分(約60g)につき4時間ほど自然解凍(半解凍の状態)し、ペーパータオルで水けを拭き取ってから料理に使う。 POINT 半解凍状態だとドリップが出るのが少なく、切りやすいというメリットも。 【番外編 冷凍ささみフライ】衣を付けて冷凍しておくと便利!お弁当にも大活躍 お弁当やごはんのおかず、カツカレーなど、日々の献立に活躍すること間違いなし! 衣を付けてから冷凍すると、そのまま油で揚げればできあがるので簡単です。 材料(2人分)• 鶏ささみ…4本• 塩・こしょう…各少々• 小麦粉…大さじ2〜3• 溶き卵…1個分• 揚げ油…適量 【冷凍方法/使い方】• ささみは筋を除いて半分の長さに切る。 さらに太い方のささみを縦半分に切る。 塩・こしょうをふる。 3個(ささみ1本分)ずつラップで包み、冷凍用保存袋に入れる。 空気を抜いて袋の口を閉じ、冷凍する。 3週間程度保存可能。 凍ったままのささみフライを入れ、両面がきつね色になるまで揚げ焼きにし、最後に少し温度を上げて、カラリと仕上げる。 POINT 低めの温度でじっくり揚げることで中まで火を通す。

次の

ささみの賞味期限はどれくらい?消費期限切れでも加熱すればOK?

ささみ 保存

味付けしてしっかりとしたメイン料理になったり、ほぐしてサラダに加えたりと料理しやすいささみ。 比較的安価なささみは高たんぱく質で低カロリーなので、アスリートもよく食しています。 脂肪分が少なめなのでパサパサするイメージもありますが、旨みたっぷりの使える食材。 今回はそのささみの栄養・冷凍・冷蔵保存方法、そしてレシピついてご紹介します。 ささみの基礎知識 ここではささみの基礎知識についてお伝えします。 栄養や効果、選び方や旬などを参考にしてください。 ささみとは? ささみは鶏の両手羽に1つずつある深胸筋のことです。 脂肪分がほとんどなく、さっぱりとした味が魅力。 比較的消化が良いので食べやすく、胃腸が弱い方には重宝します。 ささみの栄養 ささみは高たんぱく質で低カロリーのためダイエットや筋肉量を増やしたい人にもってこいの食材。 ビタミンAやビタミンB群が多く含まれ、ナイアシンが多いので肌や髪を健康にし、血流を促し働きがあります。 またささみに含まれるトリプトファンは、心を安定させ睡眠の質を高めてくれる力があります。 ささみの選び方 ささみは傷みやすいので、鮮度のよいものを選びましょう。 見た目のピンク色が美しく、その色に透明感がありツヤのよいものが新鮮と言えます。 鮮度が落ちると肉の色が白っぽくなるので目安になります。 ささみの肉全体にボリュームがあり、ふっくらしているものを選びましょう。 パックなどに入っている場合はドリップがないかもしっかりチェック。 古くなるとドリップが多い傾向にあるのでしっかりと見極めましょう。 ささみはどのくらい日持ちする?賞味期限は2〜3日! ささみを冷蔵で保存した場合の賞味期限は2〜3日と短く、日持ちしない食材です。 買ったその日に使い切るもの、冷凍保存するものと分けることが大切です。 ささみの保存方法 ささみに適した保存法を、冷蔵・冷凍に分けてお伝えします。 最後までささみを使い切る方法を試してみてください。 この時に使った茹で汁はスープなどに利用できるので、捨てずに活用しましょう。 消費期限の目安:1ヶ月 ささみの解凍方法 味や食感を大切にするには、生も加熱したささみも自然解凍がベストです。 冷凍ささみを使う場合は、前日に冷凍室から冷蔵室(チルド室)へ移動させ自然解凍しましょう。 常温解凍は傷みの原因となり、ドリップも多く出てしまいます。 電子レンジで解凍するのもよいですが、均等に解凍されないので自然解凍の方をおすすめします。 ささみ保存の注意点 ささみを保存する場合に注意して欲しいのは「冷凍焼け」です。 食材を長い間冷凍保存すると水分が抜けてしまい、食感もパサパサになり風味も落ちます。 1ヶ月保存できますが、なるべく早く調理して食しましょう。 ワンポイントアドバイス ささみを冷蔵保存するには急速冷凍することが大切です。 冷蔵庫に急速冷凍の機能がない場合は、金属製やアルミ製トレイ、アルミホイルをのせた皿を使いましょう。 保存バックに入れたささみが重ならないようにトレイに置くのがコツです。 食材の上に保冷剤を乗せるとさらに急速されます。 ちょっと手間がかかりますが、ささみを美味しく食べるためにおすすめです。 まとめ ささみの冷蔵の保存方法とレシピを紹介しました。 上手に保存すれば長持ちして、いろんな料理に使えて便利です。 ささみを最後までしっかり使い切るために、できるところから始めてみましょう。

次の