ミミズ 繁殖。 餌ミミズの繁殖方法は?餌や飼育箱の作り方・繁殖のポイントを解説 [爬虫類・両生類] All About

怪奇・血だらけのミミズ

ミミズ 繁殖

みなさん、家で出た生ごみはどうされていますか? 多くの方が可燃ごみとして出されていると思います。 汚い・臭いなどと敬遠されがちな生ごみですが、もともとは私たちの生活に欠かせない栄養分をたくさん含んだ食べ物なので家庭菜園やガーデニング堆肥として利用することができます。 そこで、私たちに出来ることは何なのか?と考え、この家庭から出される生ごみを少しでも堆肥化(リサイクル)して頂くための手段として環境に優しいミミズを使った生ごみコンポスト容器をこの度開発しました。 1人ひとりの行動が地域を変えます。 未来を変えます。 小さいことからコツコツと、地球の為に始めてみませんか。 光和商事株代会社 代表取締役 久保 利幸 ミミズの説明 ミミズは世界中に何千種類もいますが、ミミズコンポストができるミミズはシマミミズです。 庭から掘ると出てくるような大きさのミミズは有機物を食べません。 体長は5cm~10cm程度(大人) と意外と小さいです。 調理くずや食べ残しなどの有機物を食べて堆肥に変えます。 年中無休で働く、地中の働き者です。 ミミズは雄雌胴体の生物で、2匹のミミズが交尾後、卵(卵包) を産みます。 卵包は約3週間でふ化し、約8週間程度で大人になります。 そして卵包を作れるようになるのがその2週間後です。 卵包を産み始めるとそれから6ヵ月から1年くらい1週間に2~3個卵を産み続けます。 しかも1個の卵包から2~3匹のミミズは生まれます。 広島ミミズの会の代表、加用さんは4月に、500匹からミミズコンポストを取組始め、秋には毎日500g ほどの生ごみを処理できたそうです。 この時には、ミミズは2500匹(1kg) くらいに増えていたのではないでしょうか。 このようにミミズの繁殖力は大変大きいですから、最初は500匹くらいから徐々に増やしてもいいようです。 (弊社では500g 程度のミミズを最初に提供します。 ) ミミズ一匹の体重は約0.4 g で、一日に食べる生ごみは自分の体重の約半分です。 平均的は4人家族では一日に約500gの生ごみがでます。 これを処理するには、1kg (2500匹) 分のミミズが必要になります。 ミミズは半年で5~10倍に増えますから、半年もすると1家族4人分の生ごみを十分に処理できるまでに増えます。 ミミズはココナッツ繊維が大好きで、最初はあまり生ごみを食べません。 初めは生ごみが無くなったら与えるというように、少しずつ生ごみ(えさ) を与えていって投入量を増やして下さい。 *ミミズは自分の住み家が落ち着くまで生ごみを食べません。 徐々に慣れさせる必要があります。 ミミズコンポストとは? ミミズの繁殖力やミミズの食欲は環境によってさまざまです。 16㎡ です。 深さが20 cm~ 45 cm程度• 不透明な容器• 通気性に優れる容器• ふた 一般的には牛フンだったり、腐葉土だったりと有機物がミミズは大好きです。 今回は家庭用ということもあり、早くミミズが環境になれるように、ミミズ堆肥とその他の堆肥をブレンドしたミミズの詰め物(ミミズの床) を用意しました。 詰め物の役割は、炭素の供給、水分調整、酸素を貯めるなどです。 ミミズは新しい環境にはすぐには慣れません。 ミミズの床を入れ徐々に生ごみを入れるようにして下さい。 (意外とでデリケートな生き物です。 ) ミミズコンポストの特長 1.臭わない ごみが臭うのは酸素が無い所でごみが腐るからです。 ミミズコンポストでは酸素が行き渡った状態で生ごみを腐らせ、ミミズが食べるので臭いはほとんどしません。 一度臭いを嗅いでみて下さい。 驚かれると思います。 2.電気を使わない ミミズで生ごみを処理する為、電気は全く使用しません。 又、ランニングコストなども全く掛りません。 3.安くて手頃 ミミズコンポストは電動処理機のように、イニシャルコストもかかりません。 4.場所をとらない ミミズコンポストは、小さなスペースで生ごみを処理できます。 ベランダ、庭、軒下等のスペースで出来ます。 5.いつでも処理できます ごみステーションまでのごみの運搬、生ごみの出し忘れ等、生ごみの諸問題から解放されます。 6.良質な堆肥が出来る ミミズコンポストで生ごみを処理すると大変良質な堆肥ができます。 入れていいもの 野菜くず、果物、お茶、コーヒーかす、煮物、乾物、草花、新聞紙、ダンボール、ご飯、パン、麺類、残飯、キャベツ、肉、魚 骨は食べませんが、内臓はOKです 、お菓子、納豆、コンニャク、etc… あまり入れない方がいいもの ねぎ類、油、ガム、柑橘類、etc… 入れてはいけないもの 液体 ジュース、牛乳、みそ汁 、刺激物、味付けの濃いもの、etc… ミミズの豆知識 <参考文献> 『貴方もしませんか?ミミズで生ごみリサイクル』加用 誠男…著 P13 『生ごみリサイクルハンドブック』 広島市環境局 編・発 P25 (2008年) 『だれでもできるミミズで生ごみリサイクル』 メアリー・アッペルホフ…著 佐藤 みどり…訳 P158 (合同出版株式会社1999年) 『土の生きものと農業』 中村 好男…著 P103 (株式会社創森社2005年) 『ミミズの博物館』 ジェリー・ミニッチ…著 河崎 昌子…訳 P200 (株式会社現代書館1994年) 『徹底攻略eco 検定 テキスト&問題集』 藤倉 良…監 P263 (株式会社ナツメ社2007年).

次の

ミミズの飼育方法

ミミズ 繁殖

進化 [ ] ミミズは、手足、、等、目につく顕著なが体表に何もないので、ごく下等な動物と思われがちであるが、これらはむしろ顕著な頭部器官やを持つ同じ環形動物門の(の仲間)のような複雑な形態を持った祖先から、地中生活への適応として二次的に単純化を起こす方向でしたものとみるべきである。 体の構造 [ ] 一般にミミズ類では体表面には目立った器官が見られないが、下等ななどでは容易に頭部器官を認識でき、また、相対的に小さなこともあり、も目立つ。 などではが発達する。 大型の典型的なミミズ類であっても、体表には微小なが散在し、の方向を感知することができる。 一般的なミミズの体の特徴は、細長く、たくさんのに分かれていることである。 最先端にはがあり、ミズミミズ類にはここに眼点等があって、と認識できる例もあるが、殆どのものでは極めて退化的で確認が難しい。 体表をよく見ると、体節ごとに短いながらも頑丈なが生えているのが分かる。 この剛毛がとして機能することで、ミミズは体のを前方への移動へと結びつけることができる。 性の微小なミズミミズやでは、体のサイズと比べて相対的にかなり長い剛毛を持つ。 剛毛はまっすぐに近く単純な毛状剛毛と、先端が曲がっており往々に先が二分する鉤型剛毛などの違いがあり、それらの特徴は分類上重視される。 なお、剛毛がから直接に出て、が見られないのは多毛類との大きな違いである。 成熟したミミズは、体の前の方にいくつかの体節にまたがった肥大した帯状部分を持つ。 この部分は外見では中の体節が区別できなくなっているから、そこだけ幅広く、また太くなった節があるように見える。 これをと呼んでいる。 多くの大型ミミズ類では、環帯より前方の腹面に雄性生殖孔が、環帯の腹面に雌性生殖孔がある。 なお、多毛類においてははより多くの体節にまたがって存在する例が多い。 ミミズにおいてそれがごく限られた体節にのみ存在することは、より異規体節制が進んだものとみなせるから、より進化した特徴と見ることができる。 ミミズの体内は、体節ごとに隔壁によって仕切られている。 このような、細かい部屋に仕切られた構造は、壁が柔らかい材料でできていても、そこに液のをかけることでずいぶん頑丈なものになる。 ミミズにはもないのに、土を掘れるのはそのためで、このようなものをと呼ぶ。 としてがあり、背行血管と腹行血管が体幹を縦走している。 5つの血管がそれぞれ別々の働きをしている。 傷の修復能力が高く損傷を負うと血管から細胞を移動させて瞬時に修復できる。 しかしはなく、はのみで行なう。 皮膚の毛細血管から酸素を取り込み二酸化炭素を排出している。 そのためガス交換の速度・量に限界があり、ミミズの太さは直径2. 6 cmが限度である。 は体の先端部に口があり、そこから体幹の全長にわたってが伸びて、砂嚢及び小腸を通り、後端部のに続く。 咽頭腺から粘液を分泌し口から入った食物を移動させる。 腸に入ると、、を分泌し、、、を吸収する。 ひだの多いミミズの腸は、栄養の吸収の効率が良い。 は、各体節ごとにによって排出される。 大きさ [ ] 最大種の() 手前に大きさ比較のためのが置いてある。 ミミズはがなく、移動に際して伸縮するため、正確な全長を測定するのは難しいが、種類ごとの大きさは極めて変異に富む。 ミズミミズの仲間は1 mm以下のものもあるが、大きなものは数十 cmを超える。 では、原産とされ、からにかけてのみ分布する が60 cm以上にも達する が、伸縮の度合いが大きい。 以西にいる は、最大のものは45 cmになる。 やでは2mを超える種類があり、に住むは3. 35m又は3. 5mと言われ、世界最大種とされる。 生殖と発生 [ ] 上記のように、多くのミミズ類はである。 時期になると、二頭のが体を逆方向に向けて環帯部分の腹面を接着することによりをおこない、を交換する。 交接後、ミミズは環体の表面に筒状のを分泌し、これと体の隙間に複数のを産卵して栄養物質を分泌する。 産卵と分泌が完了すると、を脱ぐように卵包を頭部の方向に送りだし、頭部から離脱すると、筒状の卵包の前端と後端が収縮して受精卵と栄養物質を密閉する。 はで、ほぼ親と同じ姿のが生まれる。 やミズミミズではも盛んに行われる。 横分裂によって前後に二個体にするのが普通である。 増えた二個体がつながって活動するが見られることもある。 これらの類ではちぎれた場合もそれぞれが再生して一個体になる。 なお、より高等な類では無性生殖は行われない。 大形のミミズを捕まえると、よく体がちぎれることがあるが、これはいわゆるである。 この場合、前半身から後半身が再生するが、後半身からは再生が行われない。 生育環境 [ ] 一般にミミズといえば陸の土の中に棲息するものと考えられている。 しかしながら、水中生のものもある。 イトミミズ類は汚泥中に多く生息し、ミズミミズ、アブラミミズはごく普通の水域に多く棲息する。 アブラミミズ、ミズミミズは沈殿物中を這い回って生活するものが多い。 一部には体をくねらせてよく泳ぐものがある。 ごく少数ながら海産種も知られる。 イトミミズと陸生のミミズの多くは泥の中に穴を掘って暮らしており、食である。 孔を掘り進み、土を飲み込んで暮らしているものもあるが、決まった棲管を作り、そこから体を伸ばして落ち葉を取り込んで食うものもある。 雨になると地上にミミズが出てくることがよくあるが、これは雨水が土壌中にしみこむと、不足になるためであるらしい。 はすることが知られている。 ミミズの働き [ ] 土壌改良 [ ] ミミズは土を食べ、そこに含まれるや、小動物をした上で粒状の糞としてする。 それによって、形成の上では、特に植物の生育に適したの形成に大きな役割を果たしている。 そのため、では一般にとして扱われ、のために利用される。 ただし、同じミミズとは言ってものように腐敗有機物を主食とするものと、類の多くのように腐植を含んだ土壌を主に摂食するものでは、土壌との関係も異なっており、且つ土壌の環境によって出現するミミズの種類も大きく異なってくる。 また、ミミズは1日あたり体重の半分から同量程度の餌を摂取し、その糞が良質なやとして利用できることから、積極的に等の有機物をミミズの餌として与え、その糞を肥料として利用する化という手法がある。 で有名なは、晩年、ミミズの研究もおこなっている。 ミミズの土壌形成に果たす役割は人類社会において古くから知られていたが、それを最初に学術的に研究したのは彼であった。 進化論の中で「植物が生えている土はミミズの体を何度も通ってきている」と述べている。 最近では、このエピソードを紹介する子供のためのも出版された。 ただし、の Allobophora japonica のように、糞として排泄した土塊がの苗を覆って機械による稲刈りに支障を与えたり、などは草地に生息し、地表に多くの糞塊を積み上げるのでの芝生を汚損することから、として扱われるものもある。 また、の北部では、ミミズの増加による森林地帯の土壌荒廃が問題となっている。 即ち、北米大陸の高緯度地方では、1万年余り前までに覆われていたため、ミミズは分布しておらず、氷床が消失して回復した森林は、ミミズによる土壌変化が不要な形で形成されてきたが、近年、釣り客が捨てたミミズが増殖したことにより、結果的に土壌を荒らされることとなり、被害が出ている。 食物連鎖 [ ] のに捕食されるミミズ 動物界のの最下位に属し、やなどの小動物からなどの中型種、更にはやのような大型のものまで、多くの動物の重要な食物として大きな役割を果たしている。 ミミズは、やなどのに汚染された土壌に生息すると、それらの汚染物質をし、捕食した生物が中毒を起こす場合がある。 ミミズ自身は、捕食者が死ぬような汚染濃度にも極めて強い耐性を示して生存し、毒ミミズ化することがある。 このため、野生のミミズを捕まえて人間が食べる場合は注意を要する。 また、このようなミミズを食べた鳥やの体内でさらに生物濃縮が進み、人間に害が及ぶこともある。 では、このを逆に利用して、重金属に汚染された土壌の浄化を行っている。 利用 [ ] 釣り餌 [ ] ミミズは主に淡水でのとしてよく用いられる。 ミミズは優秀なであり、日本で一般的に2種類が売られている。 「キジ」と呼ばれているツリミミズ系と「ドバミミズ」()と呼ばれるフトミミズ系になり、キジという呼称は釣り針を刺した時に黄色い体液が出ることに由来している。 流通量の多い前者は、主にやなどの繊維、製紙メーカーが副業として行っている。 これは、繊維や製紙の廃棄物として出るコットンリンターやをミミズの餌としているためである。 後者は流通量も少なく高価であるが、、釣りには非常に効果的である。 にもフトミミズを模したものがある。 も普遍的に釣り餌に用いられ、その分布域の広さの一因は釣り餌用に運ばれたためではないかとの説がある。 は鑑賞魚等の餌としても用いられる。 堆肥 [ ] ではミミズが土地改良に役立っていることが知られるが、これをより積極的に利用する方法として、容器に残飯や枯れ草を入れ、ミミズをここに飼ってを作る、という方法がある。 薬 [ ] では「赤竜」・「地竜」 または「蚯蚓 きゅういん 」と称し、ミミズ表皮を乾燥させたものを、やののとして用いる。 なお、民間療法が、日本各地に伝承している。 また、特定のミミズには、を溶かすを持つことも知られている。 血栓を溶かす酵素を持つミミズであるの粉末を入れた()が発売されている。 日本のの研究で、されて効果も発表されている。 そのための専用のミミズを育成している。 その発表で血管にできたをも溶かすと言われているが、広く認められたものではない。 飼料 [ ] の他、や、などの、などの、や、、などの、、小型などの肉食動物の餌としても利用される。 食材 [ ] や、、など、栄養価豊富なミミズは世界各地でとして使用されている。 また、アメリカのなどでは、ミミズを使った料理コンテストなども行われている。 ()の 1973 は、現代アメリカのとも言える作品である。 一方で「ゲテモノ食い」のイメージが強いミミズ食は、しばしばワイルドさを演出する手法として用いられる。 アメリカ最大のプロレス団体のスーパースター・はミミズを食べるで活躍している。 にに在籍したは、「ミミズをした男」として知られていた。 作の漫画「」の作中で、主人公の少年が空腹に耐えかねてミミズを食べる描写があり、当時読者であった少年たちに大きな衝撃を与えた。 作の漫画「」の作中で、主人公の麻宮サキが美味しそうにハンバーグを食べる描写があるが、同じ部屋にいた女性がミミズで出来ていることを教えると吐き出す光景が描かれている。 一説では、これを描いた作者もハンバーグやスパゲティが食べられなかった時期があるのだという。 作の漫画「」の作中で、中にアクシデントで山を下りられなくなった主人公達がミミズとキノコの煮物で飢えをしのぐ場面がある。 また、有名なに大手ハンバーガーチェーン店の「の肉には実はミミズが使われている」というものがある(。 しかし、今日では食用ミミズは高価であり、その上調理する際の手間を考えると現実的でない。 また、食用ではないミミズを使うにしても、ドロ抜きに相当な時間がかかる上、臭いを消すには大変な手間暇がかかる。 その手間や人件費等を考えれば牛肉などの食肉の方が安価である。 よって、この都市伝説は全くの嘘である。 ミミズに纏わる伝承 [ ] 小便とミミズ [ ] 古くから「ミミズにをかけるとが腫れる」と言われるのは、が尿を伝わって陰茎に付くかも知れないという説と、田畑に養分を与えるミミズへの尊敬と感謝に由来する迷信であるとする説が主流である。 ミミズの鳴き声 [ ] 「ジー・ジー」と虫のような声で鳴くと言われているが、一般に「ミミズが鳴く」と言われる地面の下から響く鳴き声は、の声であるとされる。 ミミズには発声器官は存在せず、音を出すことはない。 犬の好きな匂い [ ] 犬は干からびたミミズの匂いが好き、という説があり、猫(あるいはネコ科の動物全般)に対すると同様の効果があるらしいことは、古くから知られていた。 また1960年代に発表された白土三平の漫画『カムイ外伝』及び『サスケ』において、忍術に使用されるアイテムの一種として「犬万」なるものが紹介されている。 敵忍者に犬万を数滴つけ犬に追跡させたり、敵に囲まれた際犬万で大量の野犬を呼び寄せその混乱に乗じて逃走するなど様々な活躍をする。 犬万の正体はミミズ(大量のミミズをすり潰したドロドロの液体、あるいは乾燥させたミミズの粉?)である。 分類 [ ] の分類についてはやや混乱がある。 - 、• - 、、、• - 、、• - 、• - 、• - 、(日本最大種)• - 、、• - 、、、、、、、 オヨギミミズ目 Lumbriculida [ ]• ジュズイミミズ目 Moniligastrida [ ]• ナガミミズ目 Haplotaxida [ ]• 脚注 [ ] []• 『 : サイズの生物学』〈〉、1992年。 胃に当たる消化管がくびれてをつないだようになっていることからこう呼ばれる。 ヤマミミズ、ノラクラミミズ等のがある。 文献によっては、のという種類を6. 7mとしているが(例えば)、ミミズは骨がなく、直径2. 6 cm以上になることはできないので、そのような長大な体では、動くだけで切れてしまう恐れがある。 7mではなく6. 7フィート(およそ2m)の誤記の可能性も考えられる。 『ミミズと土』訳、〈〉、1994年。 柳田理科雄. 栄光ゼミナール. 2020年5月16日閲覧。 文、絵『ダーウィンのミミズの研究』〈たくさんのふしぎ傑作集〉、2000年。 一貫堂• 『信州の民間薬』全212頁中23頁 57頁医療タイムス社昭和46年12月10日発行信濃生薬研究会林兼道編集• 美原恒、 脈管学第50巻 2011-1-17• 中島伸佳、須見洋行、 日本農芸化学会誌 Vol. 67 1993 No. 5 P868-870• 邦訳は、 『ミミズ・フライの食べ方』訳、〈ハリネズミの本箱〉、2003年。 参考文献 [ ].

次の

みみず君、繁殖実験(観察小屋1号)

ミミズ 繁殖

<目次>• ミミズ繁殖の基本:飼育箱をつくる 今回は、釣り餌用に普通に流通しているミミズである俗称「赤ミミズ」 L. rubellusと、私の友人が長年、餌用に自家繁殖を行っているフトミミズ科の一種の養殖法を考えていきますが、どちらも基本的な方法は同じです。 特に L. rubellusはさまざまな用途のために大量に養殖されていますので、その方法も確立しています。 確立された一般的な方法は、商業ペースのための大規模養殖法ですから、それを私たち飼育者の個人レベルにアレンジしてみます。 飼育容器 30~40cm四方の深さのある発泡スチロールの箱がもっとも安定して飼育できるようです。 その他にも70cmの大きさの衣装ケースなども利用できるようです。 rubellusの飼育ケース(衣装ケースの利用) フトミミズ科の一種の飼育ケース(発泡スチロール箱の利用)• フタ ミミズは脱走の名人ですので、何らかのフタが必要になります。 発泡スチロール箱の場合は、その箱に普通についているフタがいいでしょう。 特に空気穴は必要ないようです。 床材 基本的には畑の土や山の森の中の土のような黒土の類が好まれるようです。 土の深さは容器の大きさにもよりますが、20~25cmほど。 rubellusの場合は柔らかめの土が好まれますが、フトミミズ科の場合はやや硬くしたほうがよいようです。 これはフトミミズ科の種類は、比較的深い巣穴に依存する生活を送るからと考えられます。 ですから彼らの快適な巣穴を壊さないような心遣いが必要になるわけです。 餌 ミミズは土の中の有機物を食べて暮らしています。 ただし種によってはそれが植物体の分解しかけた残骸を好んだり、完全に分解して土と同化した有機物を常食としていたり、若干、差があるようです。 今回、私が L. rubellusのことを聞いた方は、大学病院で大量に発生する実験動物の排泄物、つまり動物の糞の処理にミミズを使うところから、その研究が始まっているのですから、そういうものも餌として使えるわけです。 ちなみに、研究の結果では牛糞がもっともミミズが好み、鶏糞はあまり好まなかったという結果が出ているそうです。 さらに分解しかけの植物体を食う場合も、多少の植物の種類に対する選り好みがあることがわかっています。 特に、基本的にミミズがあまり食べようとしないのは針葉樹の残骸であることがわかっています。 というわけで、餌ははじめによく熟成された腐葉土を利用し、その後は野菜のくずや茶の葉などを与えればいいようです。 何にしても発酵が進んでいるほど、つまり分解が進んでいるほどミミズは餌を食べやすくなるのは当然です。 広葉樹の枯れ葉はもちろんいい餌ですが、硬いままでなく数日間水に浸しておいたものを使うといいでしょう。 水分 結構悩むのが水分の補給です。 あまり与えすぎてもミミズに悪影響があると考えられるからです。 しかし水の与えすぎは、容器内の床材を深く保つことでクリアできます。 したがって、結局は適当ですが、表面が乾いてしまう直前に、ジョウロやペットボトルなどで給水すればいいでしょう。 ミミズの飼育繁殖のポイントと注意点その1:日常の管理• 日常の管理 日常の管理は ・給水 ・餌の補給 ・土の掘り返し の三つです。 給水は前述しましたので省きます。 餌の補給は、目で見て餌が少なくなったら与えます。 ミミズは土の中に餌が混じっていなくても、土の表面に餌があれば、それを食べます。 一方、糞もまた表面に排泄しますので、表面の餌と糞の割合を見れば餌をつぎ足すタイミングがつかめます。 土の掘り返しは重要な管理です。 これは土の中の通気性を維持することが目的です。 容器内の土を一週間に一度くらい掘り返します。 ただしフトミミズ科の種類は、巣穴を作っていますので、表面の柔らかい部分だけを掘り返しましょう。 ミミズの飼育繁殖のポイントと注意点その2:脱走対策 発泡スチロール容器などの場合はしっかりとフタができますので心配いりませんが、衣装ケースなどのようにフタに隙間がある場合は、夜間に大量に脱走されることがあります。 朝起きたら、部屋中に数千匹のミミズがうようよ...などというのはシャレになりません。 目の細かいネット状のものをかぶせることで防げます。 またミミズは明るいところが嫌いですから、電気が点けっぱなしならば脱走はしません。 今回、私がうかがった方の飼育部屋も夜間の点灯が義務付けられていました。 もっとも有効な脱走対策? ミミズの飼育繁殖のポイントと注意点その3:アリとカビ 屋外などで飼育すると、飼育容器内にアリが入り込んできますので、容器の外壁に忌避剤などを塗っておくと効果があります。 さらに、容器内の餌にカビが生えてくることがあります。 カビは種類によっては餌植物の熟成を助けますが、生えるよりは生えないほうがいいようです。 私の友人は、「木炭」を床材に混ぜておくことによってカビを防いでいるということです。 というわけで、基本的な飼育法は以上のような感じです。 むー、やっぱり結局は、テキトーという感じではあります。 ミミズの繁殖力はどのくらい? 適切に飼育をしていれば、勝手に殖えていくのがミミズですし、そうでなければ餌動物として成立しません。 ミミズの繁殖を考えて見ましょう。 繁殖生態、繁殖速度 卵から生まれたミミズはおおむね4ヶ月程度で性成熟し繁殖が可能になります。 ミミズは雌雄同体ですので、特別にペアリングをしなくても勝手に交尾をします。 交尾後、一週間ほどで産卵をします。 卵は 卵包という卵を保護する殻のようなものの中に入って生み出されます。 ひとつの卵包に卵はフトミミズ科で1つ、 L. rubellusで10個ほど入っているのが普通です。 一匹のミミズの産卵数は、明らかにされてはいないようです。 rubellusの卵包• ミミズの寿命 さて一匹のミミズはどのくらい生きているのでしょう。 これは結構昔からデータがあるようで、さまざまな種についての飼育下での記録が残されています。 基本的にフトミミズ科の種類は一年生で、春に生まれて、秋に繁殖し冬までにはほとんど死滅するのが普通です。 ただし、中には越冬する個体も知られています。 私の友人宅でも毎年3割程度は越冬しているそうです。 一方 L. rubellusを代表とするツリミミズ科の場合は越冬します。 記録では5~6年も生きたそうです。 日本のシマミミズでも3年以上生きた記録があるそうです。 ミミズの繁殖力 どのくらい殖えるのか? 餌動物としては、どれくらいのペースで殖えるのか、興味があるところです。 私が以前、紹介したデュビアのように、巷で「全然、殖えねーじゃねーか!! 」みたいに言われちゃいけませんから。 今回、ご教授いただいた先生のところでは良好な条件下ならば L. rubellusはおよそ1年間に600倍に繁殖しているということです。 また、友人宅のフトミミズ科の場合は、両爬の給餌のピークである初夏や初秋に一週間に80匹のミミズを与えても翌年の繁殖に影響はない程度は殖えているようです。 というわけで、二回にわたって両爬の餌としてのミミズの養殖の可能性を考えてきたわけですが、私的な結論は ・両爬が食うのならば L. rubellusを ・ L. rubellusを食わないのならば、冬に殖えないことを見越して大規模にフトミミズ科のミミズを 養殖すること、であります。 いかがでしたか?これで少しミミズを餌にすることに具体的なイメージができたのではないでしょうか? これを読んで試された方のレポートなどを、ぜひお聞かせ願えたら、と思っております。 【関連記事】•

次の