お盆 の お供え 料理。 沖縄のお盆、お供え料理☆知っておきたい基礎知識

お盆に食べる料理の定番9選!地域によって食べ物が違うって本当?

お盆 の お供え 料理

スポンサーリンク これによると、飯椀は白飯、汁物、漬物皿、平皿、膳皿、つぼ、猪口、小皿と いろんな大きさの椀に精進料理を少しずつお供えすることが分かりました。 基本的には、二汁五菜のフルセットです。 しかし、これが大変という場合には一汁三菜の御馳走でも十分なごちそうになりますね。 実際に、私が実家に住んでいたことは祖母と母でこの 二汁五菜の御馳走を一日三食お供えしていました。 大変そうだなと子供ながらに、感じていました。 お下がりをみんなで分けて、いただくのがとても美味しかったのを思い出の一つとして覚えています。 こちらの、ホームページに詳しいレシピや作法も載っていますのでぜひ参考にしてみてください。 そこで、今回は地蔵盆をテーマに地蔵盆は京都だけのイベント!?時間等では定着しなかった!? 地蔵盆提灯の処分方は!?ゴミとして処分しても大丈夫なの!?についてご紹介します。 地蔵盆は京都だけのイベント!?時間等では定着しなかった!? 地蔵盆は、8月23日24日あたりに行われる子供たちが主役の行事です。 京都、神戸、大阪などの関西地域を中心に行われます。 発祥の地である京都では、町内ごとで地蔵尊の前で屋台を組み花やお餅をお供えします。 そして、ゲームや福引などの遊びをするのです。 私も、関西が出身なので近くで地蔵盆があり昔なじみの祭りで楽しんだ思い出があります。 地蔵盆は、 関西の他では北陸や新潟、信州、長野市周辺で行われています。 定着がなかった 関東地方では、信仰が違ったから広まらなかったのだという見解があります。 京都では、室町時代で地蔵盆が多く広まりました。 しかし、関東では江戸時代になってやっとお地蔵が作れました。 そのような、違いから広まりの違いが出てきたのでしょうね。 地蔵盆提灯の処分方は!?ゴミとして処分しても大丈夫なの!? 地蔵盆で使った提灯はどのように処分するのが良いのでしょうか。 提灯を処分する際の方法としては、京都場合には送り 火の際に一緒に焼いて処分する方法。 または、 お寺でお焚きあげをしてもらうこと。 ゴミとして処分する方法があります。 ゴミとして処分する際には、お盆の際にお供えした精霊馬と一緒に塩で清めてから白い紙などで包んでゴミに出しましょう。 ゴミに出す場合には、各自治体の分別法を良く調べてから出しましょう。 我が家の場合には、お寺の焚き上げをよく利用しています。 とんどがあるのでその際に、焼いたりもしてもらいます。 気持ちよく処分したいので、このような方法が一番良い方法だと感じています。 まとめ 今回は、地蔵盆をテーマに地蔵盆は京都だけのイベント!?時間等では定着しなかった!? 地蔵盆提灯の処分方は!?ゴミとして処分しても大丈夫なの!?についてご紹介してきました。 地蔵盆は、関西を中心にしたものの他長野県や新潟などでもあると知り驚きました。 小さいころの懐かしい思い出が、よみがえりますね。 地蔵盆には、お供えをしますが地方や家によって大きく変わるということも良く分かりました。 日本の伝統行事ですね。 このような、風習を大切にしたいものですね。

次の

お盆のお供え料理について。正しいメニューや配置があるの?理由は?

お盆 の お供え 料理

お盆の初日のことを 「盆の入り」(迎え火) 最終日のことを 「盆明け」(送り火) と呼びます。 「お盆」は、昔から「お正月」と同じくらい重要な行事として日本で行われてきました。 外に働きに出ている者も、お盆や正月には家族が集まれるように昔から休みになっていたそうです。 ちょうどお正月から半年後がお盆にあたるので、年に2回は実家に帰れるようにされていたようです。 今でも、 先祖を大切にする行事が日本では重要とされているので、お盆は休みになり全員でご先祖さまに感謝してお墓参りをしましょう、という意味が込められていると思いますよ。 お盆の時期は地域によって異なる もともとのお盆の行事は、旧暦の7月15日(現在の8月15日)に行われてきました。 ところが、明治時代に新暦が採用され、それ以降は「お盆の期間」は地域によって大きく3つに分けられました。 歴が切り替わる時のその土地の事情(農作業や漁業など)などによって「お盆」の時期に違いが出来て、現在もその時期でお盆が行われています 全国のお盆の時期 旧暦7月15日(旧盆)・・・ 沖縄地方など 新暦7月15日(新盆)・・・ 東京、横浜、静岡など 新暦8月15日(月遅れの盆)・・・ その他の地域 お盆に食べる食べ物とは? お盆には先祖の霊をお迎えし、一緒に食事をして供養するといわれています。 お盆には、 「食べるべき」食べ物に決まりはありません。 地域や家庭によって食べるものは異なりますが、 お盆にはぜいたくな食事は避け、質素な精進料理を仏様にお供えして、家族も同じような粗食を食べるのが本来のお盆の食事だとされています。 他には、 先祖の好きだった食べ物を仏壇のお供えして供養したりします。 仏教では殺生を避けることから、• 夏野菜• いなりずし• うどん• そうめん などの精進料理が用意されるそうです。 家庭によっては、 白玉団子をお供えして、それをいただくこともあります。 団子や麺類などには、 作物の収穫に感謝するという意味が込められているといわれています。 お盆に食べる食べ物の意味 お盆によく食べられている食べ物には、意味があるものもあります。 いくつか、その意味をご紹介したいと思います。 白玉団子 「白玉団子」には、浄土へのお土産という意味があります。 8月13日にご先祖様を迎えるために供えられる食べ物とされています。 供えた物はお下がりとしていただきます。 私の実家(関西)でも、お盆には白玉団子を毎年お供えしています。 そうめん そうめんは、細くて長いことから、 「長生き」「家運の長続き」の願いが込められており、縁起物としてお盆にお供えされることが多いです。 そうめんを食べると熱病にならないという言い伝えもあるそうです。 夏野菜・旬の果物 その時期に美味しい食材を使ったものをお供えすることで、豊作を祈願することができると言われています。 実際にお盆によく食べられている食べ物は何? お盆に食べると良いとされるものはお分かりいただけたと思いますが、実際のところ他の方がお盆にどのようなものを食べているのか気になりませんか? 「お盆によくたべるものは?」という質問に対して、以下のような食べ物をよく食べるという結果が出ています。 他には、親戚などがたくさん集まるということで、ご馳走を食べるという方も。 バーベキュー• お寿司 など 準備が大変なので 外食するという方もいらっしゃいました。 ちなみに、私の実家のお盆の定番は• 混ぜご飯• から揚げ• 枝豆 親戚が集まった時に、一気に作れてみんな好きだからという理由らしいです。 お盆とか関係ない食べ物でした…。 お盆に肉を食べてはいけないって本当? 「お盆にはお肉を食べてはいけない」ということを聞いたことがありますか? 宗派によってはお盆は、 肉、魚、卵 など殺生に関わる物は口にしてはいけないと言われていました。 なので、今でもお盆期間中はこれらの食べ物を食べないという人もいるようです。 最近ではそこまで宗教の考え方を実行する人は少なくなっているので、お盆期間であっても肉、魚、卵を食べている方が多いでしょう。 お盆には仏教の教えに基づいた「精進料理」を食べる 「精進料理」とは、肉や魚、豚、鳥などの肉類を使わない、豆類や野菜を使った料理のことです。 殺生が禁じられた修行僧などはそのような食べ物を食べられています。 「精進料理」は「五味・五色・五法」の考えに従った作法があります。 五色: 「赤」「青」「黄」「黒」「白」見た目の色。 五法:「 煮る」「焼く」「蒸す」「揚げる」「生食」の料理法です。 今年のお盆には、「精進料理を作りたい!」という方のために、いくつか精進料理をご紹介しておきます。 お盆のお供え物にもおすすめですよ。 基本のけんちん汁 高野豆腐の炊き合わせ ごま豆腐 茄子の生姜醤油 じゃがいもの精進料理 まとめ お盆に食べる食べ物には特に決まりはありませんが、夏に旬を迎える野菜や果物は栄養価が高いですし、元気に夏を過ごすために体にも良いと思いますよ。 久しぶりに親族で集まれるという場合にはご馳走を食べても良いと思いますが、「仏様や先祖の霊に感謝し、供養する日」ということは忘れないようにお盆の期間を過ごしたいですね。 関連記事.

次の

お盆に食べる精進料理の定番やおすすめメニュー10選!

お盆 の お供え 料理

亡くなった祖先の魂があの世から 帰ってくるとも言われているお盆。 お墓参りに行ったり、実家に帰省したり する人もいる行事になっています。 そんなお盆ですが行事食はあるのでしょうか? お正月にはお節やお雑煮。 クリスマスにはケーキやチキンなど 決まって食べるものがありますが お盆にも決まって食べるものは 存在しているのでしょうか? 気になるお盆の行事食に ついて紹介していきます。 お盆の行事食といえば何?決まったものはある? お盆の時期は行事食として そうめん、精進料理が食べられていました。 精進料理とは野菜、豆、穀物を 工夫して調理された料理のことで 主に僧が食べる食事でした。 ~なぜそうめんだった?~ そうめんは盆棚の供える品物の1つ。 平安時代は七夕にそうめんをお供えすることで 1年間無病息災でいられると信じられていて それがお盆にそのまま 引き継がれたと言われています。 そうめんは細長い食べ物で 幸せが長く続くとも言われ 縁起が良い食べ物だったことが そうめんが食べられる理由になりました。 ~なぜ精進料理だった?~ 仏教の教えで殺生をしてはならない。 という教えがあったので それに従って精進料理が 食べられていた説。 祖先と共に生きた動物に感謝するために 肉や魚を使わないようにするために 精進料理が食べられていた。 という説があります。 以上2つがお盆の行事食ですが 現在ではこれらの行事食は それほど食べられて無く 家族そろって好きな食べ物を食べる。 というのが一般的になっています。 お盆期間はいつからいつまで?行事食を食べるならいつがいい? お盆期間は一般的に 8月13日~8月16日の 4日間がお盆期間になります。 16日には帰省する人が多いので 行事食を食べるのであれば 8月15日に食べるのが一般的です。 地域や宗派によって食べるものに 決まりがある場合もありますが どうしても都合が合わないのであれば 8月13日~14日で 食べてしまってもよいでしょう。 お盆期間に食べてはいけないものはある? お盆の時期に食べてはいけないもの。 というのものは特別ありません。 精進料理は行事食として 食べられてはいますが 肉・魚・卵などを食べて悪い決まりは無いので 好きなものを食べて家族揃って 楽しい時間を過ごしましょう。 なのでスーパーでも普段は食べる機会が無い ステーキやお刺身など豪華な食べ物が 数多く販売されることが多いです。 まとめ お盆はそうめんや精進料理が 行事食とされていますが お正月とは違い行事食を しっかり食べている人は少なく 食べてはいけないものも無いので 「家族揃って好物を食べる。 」というのが お盆に食べるものの定番になっています。 行事食は15日に食べるのが一般的ですが どうしても都合が合わなければ 13日~14日で行事食を 食べてしまってもよいでしょう。

次の