サポカー 補助 金。 【保存版】サポカー補助金制度スタート!【対象車種と申請方法解説】|Driving Pleasure向上委員会

サポカー補助金のご案内_サポカー補助金_サポカー補助金交付を行う次世代自動車振興センター

サポカー 補助 金

出典: 経済産業省 より サポカー補助金の対象車を「新車・中古車」ごとににリストにしてみましたので購入の参考にしてみてください。 サポカー補助金の申請方法 新車をディーラーで購入した場合は、販売店に聞くと親切に教えてくれると思います。 ご自身で申請する場合には、「」をご覧いただくと詳細がわかります。 とはいえ、少しわかりづらいかと思いますので、ここでは簡単に要点を解説いたします。 申請したら気長に待ちましょう。 サポカー補助金はいつまで? サポカー補助金は、予算が終わり次第終了となっています。 予算総額は約1,100億と莫大な金額が組み込まれていますが、いつ終了するかはわかりませんので、購入を考えている方は早め行動すると良いでしょう。 しかし、ディーラーの下取りよりも、「 車一括査定サービス」を利用すると査定額が大幅にアップする可能性があります。 車一括査定系サイトはたくさんありますが上記2サイトのどちらか1つで十分。 安心しておすすめ出来る大手サイトです^^ 僕も最近利用しましたが、 各社対応も親切で好印象でした。 一括査定は無料で出来て数10万得することもあるので、車買い替えの際は、ぜひ利用してみてください^^ まとめ:サポカー補助金制度でキャッシュバックを受けよう 本記事は「【保存版】サポカー補助金制度スタート!【対象車種と申請方法解説】」について書きました。 サポカー補助金は、予算が終了次第終了してしまう制度。 そのため、車の購入を検討されている方は早めの行動をおすすめします。 先進装備のついたサポカーは万が一の時に、 誤操作を抑制する保険のような役割があります。 もしご家族で心配な方がいたらこの機会に制度を利用して購入するのもいいかもしれませんね^^ それでは、ドラプレ君 がお送りいたしました。

次の

【随時更新】サポカー補助金 いつから? 【絶賛受付中】

サポカー 補助 金

ペダル踏み間違い事故の実態 少子高齢化が進み、ペダルの踏み間違いなどによる高齢運転者の交通事故が増えています。 2005年から、75歳以上の高齢運転者が起こした死亡事故の比率は、死亡事故件数全体に対して年々上昇しており、2016年には13. 5%を占めています。 同じく2016年の警視庁の発表によると、75歳以上の高齢運転者が起こした死亡事故459件のうち、アクセルとブレーキの踏み間違いによる死亡事故は5. 9%にのぼり、ハンドルの操作不適なども含めると、28%が車の操作不適による死亡事故ということがわかりました。 このような事故を減らすため、国土交通省と経済産業省が指導をおこない、各自動車メーカーは安全運転サポート装置の開発を進め、多くの新型車で搭載されるようになりました。 高齢運転者に対して技術的サポートを可能とする車の普及が、事故を減少させるための課題となっているのです。 サポカー補助金の交付額 「サポカー補助金」の交付額は、搭載される安全装置や購入方法などによって異なります。 「対歩行者衝突被害軽減ブレーキ」と「ペダル踏み間違い急発進抑制装置」の両方を搭載し、審査委員会の審査を経ている車種・グレードの場合、下記の補助金が交付されます。 ・新車の普通車:10万円 ・新車の軽自動車:7万円 ・中古車:4万円 そして、「対歩行者衝突被害軽減ブレーキ」のみを搭載し、審査委員会の審査を経ている車種・グレードの場合、下記の補助金が交付されます。 ・新車の普通車:6万円 ・新車の軽自動車:3万円 ・中古車:2万円 また、すでに所有している車両に、審査委員会の審査・認定を受けた「ペダル踏み間違い急発進抑制装置」を後付けする場合は、2万円の補助金を受け取ることができます(障害物検知機能付きは4万円)。 他のカテゴリから記事を探す• メーカーから記事を探す• 関連情報から記事を探す•

次の

サポカー補助金の申請方法(自家用新車)_サポカー補助金_サポカー補助金交付を行う次世代自動車振興センター

サポカー 補助 金

65歳以上の高齢運転者による衝突被害軽減ブレーキやペダル踏み間違い急発進等抑制装置が搭載された安全運転サポート車の購入等を補助する「サポカー補助金」の申請受付を、3月9日より開始します。 これに先立って、補助の対象となる車種・装置、申請に必要となる書面等の概要をとりまとめましたので、公表します。 対象となる車種・グレード を御参照ください。 ロ)中古車• 対象となる車種・グレード 令和2年3月6日に公表予定です。 対象期間 令和2年3月9日以降に中古車として登録(登録車)又は検査証交付(軽自動車)された自動車が対象です。 申請書• 申請者本人の運転免許証の写し• 自動車検査証の写し• 車両を購入したことが分かる書類(領収書の写しなど)• 補助金振込先金融機関の通帳の写し• 対象となる装置はを御参照ください。 令和元年度中に満65歳以上となる高齢運転者 *に後付け装置を販売する者であって、「後付け装置取扱事業者」として認定を受けた者が対象となります。 (高齢運転者は、後付け装置の設置に要する費用から補助金分が控除された額を支払うこととなります。 「後付け装置取扱事業者」については、令和2年3月6日に公表予定です。 令和2年3月9日以降に販売・取付された後付け装置が対象です。 申請書• 後付け装置を設置しようとする高齢運転者本人の運転免許証の写し• 自動車検査証の写し• その他センターが定めるもの (*)事業用自動車については、令和元年度中に満65歳以上となる高齢運転者を雇用す る事業者。 3.留意事項• サポカー補助金の概要は、補助事業執行団体であるにおいて公表しています。 交付申請書の様式は、上記ホームページにおいて令和2年3月6日に公表予定です。 事業用自動車については、1事業者につき雇用する満65歳以上の高齢運転者の人数を超える数の車両または後付けペダル踏み間違い急発進抑制装置の補助の交付は受けられません。 中古車について、対象車種に該当しても「衝突被害軽減ブレーキ」「ペダル踏み間違い急発進等抑制装置」の機能を備えていない車両は補助の対象外となります。 後付け装置について、認定を受けた取扱事業者以外が取付を行ったものは補助の対象外となります。 申請総額が予算額を超過次第、募集を終了しますので御了承ください。 関連リンク• (サポカー補助金の申請について) (一社)次世代自動車振興センター サポカー普及促進部 電話:0570-05-8850 03-6831-0615 03-3527-9669(FAX)• (事業用自動車について) 国土交通省自動車局技術政策課長 野津 担当者:玉屋、伊堂寺、八田 電話:03-5253-8111(内線 42254) 03-5253-1639(FAX)•

次の